オリゴ糖とは何からできているのでしょうか。便秘に困っている方がよく食べているようですが、調べてみると腸内のビフィズス菌の餌になるとのこと。普段使っている砂糖をオリゴ糖に変えることで、腸内環境を整えることができるのでしょうか。

私は普段砂糖ではなくてんさい糖を使っています。てんさい糖の中にもオリゴ糖が含まれているようですが、その程度の量では、食べる効果はないのでしょうか。オリゴ糖で代わりになるのであれば、今日から砂糖の代わりにオリゴ糖を使用しようと思っています。

また腸内のビフィズス菌は、オリゴ糖を食べるだけで増えてくれるのでしょうか。私の中では、ビフィズス菌というのはヨーグルトを食べることで増えてくれるようなイメージがあるのですが、ヨーグルトではなく、オリゴ糖の方がいいのでしょうか。

オリゴ糖にはカロリーがありますが、砂糖に比べるとかなり控えめになっています。ですからダイエットを心がけている女性の方が代わりにオリゴ糖を使っているケースも多いようです。なぜオリゴ糖がビフィズス菌を増やす働きがあるかと言われているかというと、腸内で消化されずに直接腸まで届くということで、ビフィズス菌のエサになってくれるようなのです。

もちろんヨーグルトも、ビフィズス菌を増やす働きがあります。それにオリゴ糖をプラスすることによってさらに腸内環境を整える働きがあると言うことです。色んなオリゴ糖を使ってみると分かりますが、非常にあまさを感じるものと全く甘さを感じないものがあります。

どちらが良いオリゴ糖というのは人によって評価が分かれますが、基本的にオリゴ糖というのは甘さがありません。甘さを感じるオリゴ糖ということは、それは甘さをプラスされているということです。純度100%に近いオリゴ糖には甘さがありません。

あまさがあるということは純度が低いということです。砂糖の代わりにオリゴ糖を使おうということであれば、どうしてもある程度のあまさが必要になるので、純度の低いものを選ばざるを得ません。でもお腹の調子のためにオリゴ糖を使うということであれば、できるだけ純度の高いものを使った方がいいと思います。

AD