shishangのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
すことにする。そういえば、リッチはじめ多くの高位アンデッドは土属性を強く持つ精霊的な側面もあるのだとか。土と闇、とか土と火という具合に複数属性持ちの個体が多いんだそうな。

イメージ、全然湧いてこないんだけどね。土も、精霊的側面も。僕の定義は完全に意味を成さないようだった。唯一正解だったのは、魔力の供給以上に奪い続けて枯渇させれば消滅する、って所だけか。

「じゃあ、よろしくね。僕は行くから」

というわけで。パネライ 名古屋

僕は学園都市に向かうことにした。

商会の活動を早く本格的にしたいという目的もあった。知識の集まる場所なら両親の事を知る機会もあるんじゃないか、とも思った。

でも本当の目的は違う。

すぐにでも、と決めた切っ掛けは僕が殺めた彼女の記憶だ。

この世界はあの女神が管理しているから変で当然、くらいに思っていた。だけどそれじゃあ納得出来なくなったんだ。知りたい。世界の事、ヒューマンの事、女神の信仰や教えの事、亜人の事、魔族の事、魔法の事、グラントの事、他世界の事。

だから亜空も、ツィーゲも中途半端に手をつけた状態だけど出発を決めた。

レンブラントさんの所に挨拶に伺った時に、偶然に見る事が叶った未完の世界地図を見たときの衝撃も大きい。あのカタチ、意味。知りたい事は増えるばかりだ。

幸いにも、と言うかかなり奇妙な事にレンブラントさんは僕の出立を目を見開いて驚きながら、ほぼ即答で応援してくれた。商人の大先輩として苦言や辣言は相当に覚悟して邸に入ったというのに。本来、絶対にやるべきではないと思っていただけにお叱り無しは拍子抜けした。

何か、落とし穴が用意されている気もするけど、海千川千の彼と執事を相手に聞きだせるとも思えない。探索や調査の界も人の心は見通せないから無意味だ。

何故か学園都市の出願用の書類まで用意してくれていたから、彼らなりの思惑はどこかにあるんだろう。殺しの一件を経ても、僕はレンブラントさん一家にある程度の信用を置いている。きっと、呪病を患っていた家族への彼の気持ちを見ていたから。彼らはきっと違うのだと考えている。

僕はレンブラントさんから学園都市に提出する書類と、彼の推薦の添え書きを受け取り深く頭を下げた。まさか推薦までしてくれるとは思わなかった。辺境の都市ツィーゲの有力商人、程度にしか思ってなかったけど彼は僕が考える以上の人物なのかもしれない。パネライ 時計 価格

至れり尽くせりの対応に報いる意味も込め、僕は彼ら二人の前で遂に仮面を外した。もう決心はしていたことだ。なんやかんやで有耶無耶につけたままにしていた物だし。

初めて見る僕の顔は、やはり彼らにとっては結構不出来な部類に入るのか、かなり哀れまれた。だがこれには本当に苦笑しか出ない。貴方たち全員がおかしい、なんて言えないから。

すぐに慣れるから大丈夫、と地味にひどいことも言われた。それでも身内の変貌で容姿への耐性は高いのか、比較的普通にレンブラントさんは僕に対応してくれた。

結局、奥様や娘さんには会わせてもらえなかったけど、経過は順調とのこと。

安心してレンブラント邸を出ることが出来た。彼には、本当に感謝しないと。いずれ、亜空の商品は優先的に彼に流そうか、なんて考えるくらいには。

残るは亜空。というか巴と澪か。

あいつらは僕がいなくなってから識に話を聞かされて予想通り(識、ごめんね)に荒れたらしく。

識は結構グロッキーになっていた。気持ち体が透けて見え、口から何か出て見える程度に。

詰め寄られた物の、考えている事とお願い事を順番に
http://www.watchsrug.com
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード