1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-08-14 21:56:53

片づけてばかりのお盆。

テーマ:ブログ
こんばんは。
バタコです。

明日までお盆休みです。
一昨日から、ずーっと片づけたり、物を処分したりしています。

押し入れの中の天袋の中のものも、久しぶりに取り出してみました。
昔もらった手紙だとか、写真だとか、そういう捨てられないものや
わたしの着物類が入っていたんですが、選んで、捨てました。
安物の帯とか、安っぽい和装小物も捨てました。

夫のものは、全然思い入れのないものは捨てて、
夫を思い出すものは、まだ置いています。

ゴミ袋に7袋、不用品が出ました。
ひとにあげたり、フリマサイトとかで売ることもできないようなものです。

まー、さっぱり。
まだ、捨てられそうです。

古着屋さんとか、フリマサイトで売れそうなものを次にさがして、
処分します。

ホント、こういうことはまとまった休みがないとできません。

疲れたので、おやつに、自分のために買ったマカロン食べました。
ウマかったです。






何日か仕事休むと、体重増えてました。(汗
家事をする運動量って、たいしたことないですね。



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2017-08-13 19:44:12

お盆ですね。

テーマ:ブログ
こんばんは。
バタコです。

お盆ですね。

夫の初盆なんですが、部屋の一角に夫の追悼コーナーを作っただけで。
特にお盆らしいことはしていないんです。






「おりん」を買いました。
ちょっと大きすぎたんだけど、余韻が長く残る音色の綺麗なおりんです。

今年のお盆は、数日間連続のお休みをもらったので、
室内を片づけたり、お昼寝したり、普段できないことをしています。

夫は帰ってきていて、どこかで、見ているかもしれませんね。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-08-08 21:48:23

夫の、四十九日の法要が終わりました。

テーマ:ブログ

こんばんは。
お久しぶりです。

バタコです。

夫の、四十九日の法要が終わりました。





隣のA市のホテルで、親族で執り行いました。
ちょっと良い料理を食べました。






四十九日が節目かというと、そうではなく。

夫がこの世にいないことを思うと、空気が足りないような気持ちになります。





先の人生を健康な夫と過ごしたかった、という気持ちもありますが、
夫が、かわいそうでなりません。
看取ったのはわたしだけなので。


ブログを更新しても、面白いことの一つも書けそうになく、暗いことばかりなので、
このブログは、やめようかと思いましたが。

まぁひょっとして、読んでくださる方もいるかもしれないし。


表面上の立ち直りは早く、7月の上旬から仕事も戻っていますが、
ほんとに、毎日、泣かない日はありません。
海老蔵さんも、そうなんだろうなぁ。






頑張って、とか言わないでね。
言われるまでもなく頑張ってるから。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-06-24 18:10:40

ご報告。

テーマ:ブログ

こんばんは。

バタコです。

 

夫が、6月20日2時16分に、

闘病生活を終え、永遠の安らかな眠りにつきました。

 

夫は執念で生きようとしていました。

最後は、夫の苦痛を見ることを私が耐えられなくなり、

私が、「もうええやん、家に帰ろ。」と言った数時間後に、

心臓の鼓動が弱まり、最後の呼吸をしました。

 

悲しみより、夫が苦痛から解放された、という気持ちの方が強かったです。

 

看護師さんと一緒に、夫を綺麗にして、髭を剃って、化粧を少ししました。

 

その後、葬儀会館に移動しました。

そこで、スタッフの人に

「ご主人、ダンディで男前ですやん!」と言って頂けました。

それほど、安らかな顔になったんです。

 

お通夜には200人以上来てくださり、

大の男が、夫の棺をのぞき込んで号泣したり、集団で歌を歌ったり。

 

私と子供達で、その様子を見ていました。

「お父さんて、意外と人に好かれてたんやなぁ。」

家では、酒を飲んでだらしなかったり、怒ったりしていたけど、(笑

色んな方が惜しんでくださり、いろんな思い出話をしていただき、

家では見せない(外面が良いタイプです)、そんな一面があったのだと、

私も子供達も、夫の事を見直しました。

 

夫の会社の方が、非常に良くして下さり、

親族の助けを借りながら、無事に、喪主を務めました。

友人たちに心配されていたのですが、喪主の挨拶もきちんとできました。

お通夜も、お葬式も、すごく良かったんです。

夫に報告できないのが悲しいけど、どっかで見てるよね。

 

昨日、やっと、夫のお骨を家に連れて帰れたけれど、

今は、喪失感でいっぱいです。

かけがえのないものを失いました。

 

これからやることがいっぱいです。

夫に、「あとは、頼んだで。」って言われたし、頑張るつもり。

 

来月から少しずつ仕事も戻って、日常生活を元に戻そうと思います。

きっと、夫もそう願っていると思います。

 

このブログも、夫の四十九日過ぎたころからまた、

料理の画像とか、優待でもらったものとか、つまらない日常とか書いて、

再開したいと思います。

しばらくちょっと、お休みします。

 

この若さで未亡人になってしまいましたが、絶対に挫けませんから。

では、また。

 

 

 

 

 

バタコ

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-06-12 21:14:59

真夜中の出来事。

テーマ:ブログ

こんばんは。

 

昨日の深夜2時過ぎに、枕元に置いたスマホから突然着信音が響きました。

慌てて画面を見ると、父の名前が表示されてて、

電話を受けると、父ではなく、若い男性の声で、「○○警察署のものです。」って。

えーー!

 

深夜1時半に人気のないところで一人立っている父を、

パトロール中の警察が保護してくれたそうです。

 

危ないし、『自宅に妻がいる』と父がいうので、(母は17年前に他界してます)

自宅に送り届けたけど誰もいないので、

室内に貼ってあったバタちゃんの電話にかけたとのこと。

 

そして、「保護した場合は家族に引き渡す決まりになっているので、

今からそちらにお父さんをお送りします。」って言われて。

困ります、とも言えないし。(笑 

 

深夜の3時半に、サイレンを消したパトカーで

父は約1時間離れた実家から到着しました。バタちゃん平謝り。(汗

おまわりさんは、優しかったです。

 

朝起きた長女と次男が、寝ている父を見て、

「えーっ、なんでじいちゃんここにいるの!?」って。(笑

 

しばらく寝かせて、起きてきたからカンタンな朝ごはんを食べさせたら、

父、テレビ見ながらくつろいでました。

 

「もう、帰る?」と聞くと、「いいや」って。

お昼にはキーマカレーを作って食べさせました。

「また今度おいでね。夜中にパトカーで来んといてね。」というと、

帰ることに納得。父を送っていきました。

 

父のおかげで、今日は仕事を休んだし、睡眠不足だし、

夫の病院にいくのが遅くなったけど。

パトカーで深夜にうちに来るなんてまた伝説作って。

きっと寂しくてうろうろしたんだと思います。

 

画像は父を送った帰りに買った551です。

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。