人は自分の寿命を知ったときに、その残りの人生をどう生きるかで

その真価が問われるのではないかと私は思う。

 

5月22日(日)に放送されたNHKスペシャル「人生の終い方」は

そんな自分の残された時間をどう生きたか、何人かの事例を紹介する番組だった。

30代にしてガンに罹り、二人の子供に何を残してやれるかを真剣に考える男性は

最後まで弱音を吐かず、痛みも見せず、頑張る姿を子供たちに見せ続けていた。

軽い障がいを持つ娘を残して逝かなければいけない90代の母親。

小さな居酒屋を経営し、常連客にお母さんと慕われていたその人望が

一番の心残りの娘を助けることになった。

しかし、こういう例は稀だろう。ひとりでは生きられない子供を残して命が尽きてしまうことに

心を痛める親御さんを思うと、私も胸が痛くなる。

漫画家の水木しげる氏は、近づく死を前に家族写真を何枚も撮りたがったという。

また、ある女性の兄は、ずっと独身で通し、病魔に侵されていることを誰にも告げずに

逝ってしまった。死の直前に趣味の乗馬で相棒だった馬にニンジンをたくさん持って

会いに行ったらしい。

 

いつか必ず人には死が訪れ、もちろん私にもいつかはその日が来る。

確実な命の期限を意識したとき、私は何をしたいのか、誰に会いたいのか

今は全く見当がつかない。

きっとそのまま、ぼんやりと死を迎えてしまうような気がする。

悔いのない生き方ができればいいな。今からその道は見つかるのでしょうか。

 

進行役は桂歌丸さん。

ちょうどこの番組の放送日が笑点司会の最終日にも重なった。

テレビや高座では軽妙な語り口調で務めていたけれど

高座を下りたとたん、車椅子に乗り酸素吸入が必要なほど

衰弱されているのにびっくり。反面ものすごいプロ魂を感じる。

彼も今、何を残したいのか伝えたいのかが明確で、それに向かって

死力を尽くしているのでしょう。本当に感銘しました。

AD

なんとなく恒例行事になってきました

ブログ友達、今やリアル友達とのアフタヌーン・ティ。

前回も昨年の5月に集っていました。


QUATRE SAISONS mocapearl さん
Buono Buono! chokucchi さん
In the Jewelry box ピーチ さん

 

今年の会場はコンラッド東京のTWENIY EIGHT

 

席に案内されたら、なんか不思議な並び!この左側にも同じような4人席。

2組が同じテーブルでした。隣と近い・・・

二人組だったら窓際にしてくれるんですね。

でもコンラッドベアのお土産は嬉しいです。

image

4匹が友情の証しみたいですね。ひとり1匹ずつお持ち帰りです。

他のテーブルを見たら、違う色の子もいたので、コレクションする人もいそうですね~

 

な~んて遊んでいたらプレートが来ましたよ~

image

こちらのATは、ガラスのプレートに乗せられてきます。

味は・・・・

美味しかったのもありますが、正直ちょっと苦手なのもありました。

見た目は初夏らしく涼し気なんですが、和なのか洋なのか、統一感がない気が・・・

でもバラエティに富んでいると考えればまあいいか。

アフタヌーン・ティも一般的になってきて、お値段もちょっとお高め傾向。

やっぱりそのお値段に見合う内容の充実をお願いしたいです。

私たちの目もちょっと厳しくなってきていますし・・・^^;;

 

それよりも、年に1度でもこうやって皆で会うと楽しいです。

普段はブログのお付き合いですが、記事についてのツッコミ質問もしたり・・・

一人お若いchokuちゃんが付いていけない芸能人の話もあり、、(すみません)

今日も楽しい時間を過ごせました。

来年もこの時期にぜひ集いたいですね。

 

AD

初めて、昭和女子大学人見記念講堂までやってきました。

image

今日は最近テレビでの活躍も著しいミュージカル俳優 石丸幹二の

デビュー25周年記念コンサート。しかもオーケストラを従えて、なのです。

私、石丸幹二(以下、勝手ですが親しみを込めて幹ちゃんと呼びます)のデビューを

見ています。

当時は劇団四季にとてもハマっていて、彗星のごとく現れた新人、というイメージでした。

甘い二枚目で歌も当然うまい、しかも自分とほぼ同年代、そして千葉出身

母の友達の友達の息子さん(遠いか・・w)ということで、とても一方的に親近感を

持っていました。

その幹ちゃんもデビュー25年かあ(26年目、と言ってましたが)。しみじみ・・・です。

image

今日のコンサートはそんな幹ちゃんの足跡をたどるコンサート。

幕開きは「美女と野獣」の「愛せぬならば」

「エリザベート」、「GOLD」の曲が続きます。

 

途中でゲスト登場。それは四季の先輩の保坂知寿嬢。

 

実はこのコンサートを見に行こうと思った決め手は知寿様の出演、でした。

知寿様は、黒のロングドレス。髪をアップにして大振りのシャンデリアイアリング。

相変わらずスタイルよく美しい登場!

知寿様との会話、面白かった~。幹ちゃんが四季のオーディション受けた話。

幹「オーディションの審査員でいらっしゃいましたよね」

知「そうそう、子犬みたいに可愛かった」

幹「今は子豚ですが・・・(笑)」 とかね。

初めての共演は「イリヤ・ダーリン」(はい!私それ見てますよー)

そして「アスペクツ・オブ・ラブ」「異国の丘」、映画版「ノートルダムの鐘」と

続きます。

知寿様のソロが1幕・2幕で1曲ずつあったのも嬉しい♪

なんと1幕目のソロは、キャッツの「メモリー」

幹ちゃんが説明もしてましたが、この曲を歌う老猫「グリザベラ」の役を

知寿様は9~10?回くらいだけ演じたことがあります。ファンの間では「幻のグリザベラ」

実はオペラ座の怪人でも小数回ヒロインのクリスティーヌを演じたことがあり

こちらも「幻のクリスティーヌ」

当時、いかに劇団が知寿様に期待していたか、ってことですよね。

その幻のメモリーを聴けて、本当に今日は来た甲斐がありました!

幹ちゃんとはデュエットでもちろん「アスペクツ・オブ・ラブ」の曲、

2幕は「異国の丘」のデュエットを披露。

本当に当時の四季ファンにとっては、貴重すぎる今回の共演でした!

 

2幕は終わりに向けて力強い、これからへ続く曲が多かった気がします。

そして主演が決まっている「スカーレット・ピンパーネル」から

「ひとかけらの勇気」先行して聞かせていただきました!

本当にステキな歌声。何だか惚れそうになりましたよ・・・・^^;;

上演がとっても楽しみです。

 

なんでもそうですが、地道に一つのことを続けていくっていうことは

大事なことだなあ。25年経って今、こうして幹ちゃんが大成しているのも

ひとつひとつの役の積み重ねなんだなあと思います。

同年代の人がこのように確実な地位を築き、確かな道を歩いているのを

見ると、自分は何をやっているのか、、と反省したり

ふがいなさを感じます。

 

とにかく石丸幹二さん、25周年おめでとうございます。

これからもいい舞台を楽しみにしています!

 

AD