重版出来!

なぜ今、去年の春ドラマ「重版出来!」なのか。


実は当時、好評を聞いて見逃したことをかなり悔しがったドラマが
昨日、TBSチャンネルで一挙放送することを知り、すべて録画。
土曜日に一気に見たわけです。全10話。一日でこんなにドラマ見続けたのって
冬ソナ以来かなあ?

当時は「じゅうはんでき」って読んでたら、妹に「しゅったい!」って直されて(笑)
まあそこからってわけなんですが。
噂にたがわず面白く良いドラマでした。
こちらを見ると、その後のクールで放送した「校閲ガール」と同じタイプ。
あ、校閲ガールが二番煎じなんだと思いますが。

とにかく、私の好きな要素が詰まっていてドンピシャ好みでした。見てよかった。
①主人公の女子が元気をくれるキャラ
ヒロインの黒沢心。新入社員で出版社に入社。マンガ雑誌編集部に配属。
純粋で熱い。今回、黒木華が主役だったのですが、今までの役のイメージを覆す
可愛くて明るい。元気キャラ。表情がクルクル変わる。
黒木華ってこんな役もできるんだね、とっても良かったです。
先日、私の大・大・大好きな時代劇小説「みをつくし料理帖」のドラマ化が発表されましたが
そのヒロイン澪の役が黒木華。ぴったりだな~、本当に嬉しい配役でドラマが楽しみです。
今回のドラマでまた期待が高まります。

②最初はみんな無関心なようで、実は熱い。最後は連帯感で結ばれる。
編集部の人たちは曲者ぞろいだけど、みんなマンガを愛していて、漫画家さんを
一心に応援しているというベクトルが一緒。唯一違う人がいたけど、その人さえ最後には
愛おしい存在に思える。こういうのが好き。
そして心たち編集者が担当する漫画家たちも一癖ある人ばかり。
本当に漫画家と編集が二人三脚でマンガを世に送り出しているその裏側もとても面白かった。

③ヒロインにはステキ男子がいる。
今回の場合、それが坂口健太郎だし、オダギリジョーだし、永山絢斗だし。
坂口くんの最初はやる気のない営業マンが、心の仕事への向き合い方に感化されていくところもリアルでよかった。副編集長のオダギリジョーも何だか人間味があってよかった。
オダジョー、こういう役すごくいいと思う!
そして永山絢斗、、もはや私の中では「紀夫くん」なんだけど、彼の暗い感じが天才的漫画家の役に合っていて、え、何だか永山絢斗が好きになってしまいました(笑)
恋愛要素はほとんどなかったのですが、それがまた清々しくてよい。
もう恋愛話はどうでもいいと思う年な私・・・・

④1話ずつ何かをクリアしていく
基本、1話完結なんだけど、このドラマは回毎にナレーションが変わるんです。
主役は黒沢心なんだけど、毎回のメインパーソンが違うというか。
その人それぞれの見方から入り、最後には話がつながって、まとまっていく。
面白い方法だなと思いました。

特に②の要素が重要。ストーリーがこういうの、本当にベタなんだけど大好きです。
ムロツヨシも小日向さんも良かったしね~、とにかく最終回はどの人も愛おしく思えちゃうというか。「人を動かすのは人」っていうようなドラマが本当に好き。
また登場する漫画家さんとそのマンガの背景、ストーリーがよくできているんですよね~


気が付いたら、どんどん先を見てしまい、夜中の2時頃。
たまには名作ドラマの一気見も楽しいですね♪

 
AD
銀座からさらに日本橋方向へ歩いていく途中の京橋。
普段はあえてここに来ることがないけれど、久しぶりに通ってみたら
すごくキラッキラなビルが建っていた。
image
写真よりももっとキラキラしてました。東京スクエアガーデンというビルらしい。
びっくりしたけどウキウキする気持ちにさせてくれるビルですね。
今日のお目当てはここではなく、その先の明治屋ストアに隣接している
エドグランというこちらも新築のビルの中にあるお店。
トシ・ヨロイヅカ東京
image
こちらでスイーツ3品のコースを頂けるということで、ずっと行きたくて。
でもスイーツ3品ですよ!かなりのスイーツ好き・甘党でないと!
ということで、一人該当するお友達がいるんですね~お誘いしました。
もちろん二つ返事でOK♪

新しい鎧塚氏のお店は、1階はカフェとパティスリー。パンも扱っています。
そしてコースが頂けるのは2階のサロンになります。
サロンはすべてカウンター席。仕事帰りに行ってスルリと入れました。
でも19時くらいには満席。カップルや女性同士が多かった。でも一人で来ているスイーツ男子も。
スイーツのコースは2種類。前菜+メインの2品のコースと、それに苺のリゾットが入る3品のコース。
もちろん3品コースをオーダー。メインは7種類くらいのスイーツからチョイス。
これがね~、悩ましいんですよ。チョコレート系、モンブラン、フルーツメインのものなど
この中から1つ、、どれを食べたいか悩みます。

image
季節のフルーツの前菜。温州みかんとあまおう(だったかな?)
中央のクリームがふんわりと美味しい。

image
2品目はいちごのリゾット。
食するまでどんな味が想像がつかなかった。甘いの?甘くないの?
ちゃんとチーズを使っています。しかし強くない優しいチーズの味。
ほんのりと甘い、いちごも強くない。なんか優しいお味です。
でも何だか余韻が残る。この味はなんだろう、と理解するために
次々と食べてしまうけど、やっぱり最後までよく説明がつかない、そんな味です。
新しいおいしさでいした。

そしてメインデザート。
供された途端に、頭の上から「こんばんは~」と鎧塚氏登場!
お店にいらっしゃると思ってなかったので、予期せぬ驚き!テンション上がりました(笑)
先日のサロン・ドゥ・ショコラでもお会いしている(一方的にw)ので
あら、またお会いしました!の印象(私が勝手に、ですw)
鎧塚氏って本当に感じのよい方ですね。親しくお話ししたわけではないのですが
いつも好印象を残される方です。

と、何だかテンション上がって早速メインデザート。
私は「浮島」という名前のモンブランを選びました。
image
いきなり「武田信玄!」と言ってしまった(笑)そういうイメージがパっと浮かんで。
(でもきっとこれを言うなら「伊達政宗」ですね。)
見るからに抹茶クリームが美味しそう!ツヤツヤプルンとしています。
モンブランの中にはビスキュイとか餡とかが隠されています。
アイスクリームはほうじ茶のアイス。
濃厚だけどそんなに甘すぎない。今まで食べたモンブランの中で
これが一番!と思ってしまいました。絶品です!

友人が選んだのはAssiette Equador エクアドル産のカカオで作られた
チョコレートムースとアイスクリーム、同じくエクアドル産のバナナ
image
一口食べたらやはり幸せなチョコレートの美味しさ。
うっとりとします。こちらも甘すぎず、濃厚だけど飽きない。
バナナも丸ごと。
お互い半分くらい食べたらお皿を取り換えていただきました(笑)
他にも惹かれるデザートばかり。
また絶対に来よう!コンプリートするまで!と誓い合いました(笑)

鎧塚氏のデザート、実は初めていただきました。
ミッドタウンのお店はいつも混んでて入れないし・・・・
京橋のこちらは案外、入れたので嬉しかった。
来て間違いのない味です。
本当に至福のスイーツでした!
 
AD

6.マリアンヌ

テーマ:
美しいブラピに再び会えた

マリアンヌ

このポスターのブラピはイマイチだけど、映画の中のブラッド・ピット様は
あまりにもステキでした。
やっぱりきちんとすると、この方はとてもステキ。というか、
何だか若返ってないかい?と思うくらい若々しく、50歳超えとは思えなかったです。
彼が素敵なので、その相乗効果でロマンチック度も50%は上がってるんではないだろうか。

ストーリーは思ったより単純明快。
愛し合っていたと思った妻が、もしかして敵国のスパイかも・・・
疑惑を打ち消したいが、真実を知りたい思い、そしてこの愛は本物なのか・・
愛していながらも、愛しているからこそ消えぬ妻への疑いを晴らしたい思い。
そしてマリアンヌが出した答え、、
愛するものを守るために彼女がとった行動に、やっぱりちょっと泣かされました。
そして最後のブラピの涙にも・・・・

そうだよね、こういうブラピが見たかったの!という
ブラピ・ロマンチスト党(私を含む)が待ちに待った映画と言えましょう。
マリオン・コティヤールも美しくて、何だかブラピと噂が立っていましたが
錯覚しても無理はない、と変に納得。
スタイルと衣装も美しい。サファリシャツの着こなしがステキ。
そして二人の赤ちゃん、アナも可愛かったしねえ~
久しぶりに映画らしい映画を観た感じがしました。
王道のラブストーリーっていう感じの映画でした。
AD