2013-01-14 07:39:23

真紀子落選

テーマ:病める日本・病める政治
 
  
真紀子落選


(makiko90.jpg)



ケイトー。。。 田中真紀子さんが落選したことを喜んでいるのォ~?



いや。。。 僕は真紀子さんの心情的支援者だったのですよ。

あらっ。。。 ケイトーは真紀子さんを応援していたのォ~?

でも応援していたのは、もうずいぶん昔のことですよ。

昔ってぇ、いつ頃のことなの?

真紀子節が日本国民の間で、もてはやされていた頃ですよ。


(makiko91.jpg)

真紀子節と角栄節





あらっ。。。 この当時は真紀子さんは日本国民の間で人気があったのねぇ~。。。



そうなのですよ。 お父さんの角さんの演説もロッキード事件の前には人気があった。


(tanaka51.jpg)





「門前の小僧習わぬ経を読む」という諺をシルヴィーは聞いたことがある?



お寺の門前に住んでいる子供が習わないのに自然にお坊さんのお経を記憶してしまうと言うことでしょう?

その通りですよ。 真紀子さんは角さんの血筋を引き継いでいるけれど、政治のことは角さんの演説を聴いたり、角さんの世間話を聴いたりしながら自然に身についたのですよ。

それで政治家2世として選挙に当選したのね。

そういうことですよ。 初めの内は真紀子さんに政治指導をしてくれる参謀のような人が居たのですよ。 だから、真紀子さんもその参謀たちの言うことを聴いて問題なく議員活動を続けていた。 真紀子節も国民に受けて、だんだんと人気が出てきたのですよ。

でも、やがてその人気が下火になってきたの?

そうですよ。 周りの参謀の人たちがやがて目障りになってきた。 いろいろと忠告をしてくれるのだけれど、自分の人気が出てくるにつれて参謀の忠告をウザいと思うようになってきた。 それで参謀の首を切り捨てるようになった。

つまり、真紀子さんに有益な助言をしてくれる人が居なくなってきたのね。

そうです。 角さんは自分には学歴もコネもないことが解っていたから助言をしてくれる人の言うことには耳を傾けるタチだった。 ところが真紀子さんは角さんと違って苦労したことがない。 だから、どうしても身勝手で我侭(わがまま)になりやすい。 そのようなわけで自分の息子とも衝突するようになってゆく。 家庭がうまくゆかなければ、政治の世界で人を惹きつけるような魅力のある人物になれるわけがないのですよ。

それで、真紀子さんは政治の世界でも問題を起こすようになったのね。

そうです。 外務省の官僚との諍(いさか)いも、元をただせば真紀子さんの見識不足なのですよ。

どういうこと。。。?

『角さんと原発と天罰』の中でも話したことだけれど、角さんは総理の座を原発の金で射止めたと言うのですよ。


(tanaka99.jpg)

『角さんと原発と天罰』

(2013年1月5日)




総理の座を原発の金で射止めたのォ~。。。? まさかァ~。。。 そんな事があり得るのォ~?

あのねぇ~、 角さんは学歴も金もコネも何もない人なのですよ。 その人が複雑で汚れた政界の中で頭角を現すには普通の事をやっていたのではとても総理大臣になれない。

それで原発に目をつけたの?

そうです。 なかなか目の付け所は良かった。 確かに日本はエネルギー問題で苦労していたのですよ。 オイルショックなんて事があってね。。。石油が出ない日本では外国の石油に頼るしか仕方がない。 その石油は主にアメリカが日本へ供給していた。 アメリカに石油を頼る限り日本はいつまでたってもアメリカの子分になって、何でもアメリカの言う事をハイ、ハイと聴かなければならない。 それじゃあ駄目だと角さんは思ったのですよ。


(tanaka64.jpg)



つまり、角さんは「日本のエネルギー自立」を考えた。 ちょうどその頃、アメリカ大統領のニクソンが日本の頭越しに中国と国交を樹立した。 日本国民はびっくりした。 アメリカがそう出るならば日本だって中国と国交を樹立しようじゃないかと言うので、角さんも中国で毛沢東と会った。


(tanaka63.jpg)



ところが、角さんの狙いは中国の石油にあったと言われているのですよ。


(tanaka65.jpg)



つまり、アメリカに頼らずに中国と石油を共同開発して日本のエネルギーの自立を図(はか)ろうとしたのね。



その通りですよ。 でも、それに気づいたアメリカはムカついた。


(tanaka57.jpg)



日本が石油を自力で開発することにでもなれば、アメリカの日本コントロールがうまくゆかなくなる。 それでアメリカは角さんを政界から追い落とす陰謀に出たのですよ。


(tanaka52.jpg)



その証拠でもあるの?



あるのですよ。 ジャーナリストがアメリカ政府の機密文書を手に入れた。


(tanaka62.jpg)


(tanaka61.jpg)



「日本が石油で自立してアメリカに依存しなくなると言うことはアメリカの国益に反する。 そのようなことになれば田中角栄の政治生命には重大な危機が訪れることになるだろう」 上の機密文書には、そう書かれてある。



つまり、これが後のロッキード事件に発展してゆくのね?

その通りですよ。


(tanaka54.jpg)


(tanaka55.jpg)


(tanaka56.jpg)



アメリカの目論見(もくろみ)通りに角さんは政界を追われることになったのですよ。 真紀子さんも、その辺の事情を知っていて次のように語っていますよ。


(makiko92.jpg)

CIA 検察問題 政権抗争





でもねぇ、それ以前から、角さんのやり方に外務省の官僚たちも反旗を翻(ひるがえ)していた。 アメリカのやり方に賛同している官僚が少なからず居たのですよ。 それで、何かにつけて角さんに嫌がらせをしていた。



嫌がらせってぇ、例えばどのようなことを。。。?

海外での会談などにかなり無理なスケジュールを組んで角さんの体調を崩すかのように冬のカナダから夏のオーストラリアに、そのすぐ後に厳寒のモスクワに、それが終わると夏のタイにと。。。

マジで。。。?

角さんも外務省官僚のやり方にムカついて真紀子さんにグチをこぼすようになる。

それで真紀子さんが外務大臣になると角さんの敵討ちで官僚イジメをしたのね!?

そういうことなのですよ。

つまり、外務省官僚とは親の代からの確執があったのね?

そうです。

でも、今回の選挙で真紀子さんが落選したのはどういう理由なの?

真紀子さんは民主党が駄目だと言っているのですよ。 つまり、民主党の政治家が駄目な事をしていたので自民党議員に国民がなびいてしまったと。。。





真紀子さんは文部科学大臣として知名度も充分あったのにもかかわらず新潟5区で自民党前職の長島忠美氏に敗れてしまった。 1993年の初当選から連続6回当選していたのに、支持者の高齢化もあり、角さん以来の地盤を崩されてしまったのですよ。



つまり、真紀子さんは民主党総裁のリーダーシップのなさを理由にしているの?

直接そう言った訳ではないけれど、野田総理は明らかに閣僚の人選を間違ってしまったのですよ。


(noda02.jpg)

日本記者クラブ主催 「党首討論会」

2012.11.30






野田さんもその責任を感じているのですよ。 要するに、民主党の人気は選挙前に急速に落ちてしまった。 でもねぇ、真紀子さんが落ちたのは自業自得なのですよ。 もともと政治的な才能があるわけではなかった。 だから、大学問題でヘマやってしまった。

田中真紀子に

『なんですかその態度は!?』

馳浩議員が激怒!






この映像をテレビやネットで見たら真紀子さんの人気はガタ落ちになってしまいますよ。 しかも選挙の直前ですよ。 真紀子さんが落選するのも当然のことなのですよ。 大学関係者や大学に入学しようとする人たちに迷惑をかけた。 しかも、心からその人たちに詫(わ)びてない。 国民に背を向けた政治をするとどうなるか? その見本ですよ! やっぱり、政治は自分のためじゃない! 国民のためにしなければならない!という教訓ですよ。


【ジューンの独り言】



ですってぇ~。。。
そうですわよねぇ~。。。
本来国民のために働くべき日本の政治家は党や利権のことばかり。。。
わが身大切と保身だけを考えている議員が多いようですよね。

官僚は自分の属する組織のためばかりを考えているようですわ。
政治家も官僚も日本国民の健康と幸福など、どうでもよいと思っているようです。

だから、一部の政治家と官僚が電力会社の重役とグルになって危険だと分かっている原発をこれまでに建造してきたわけよね。
原発が危険だという事は半世紀も前から解っていたことなのよ!
あなただって、解っていたでしょう?

やっぱり、駄目な政治家を国会から。。。自分勝手な官僚を霞ヶ関から追い出すことが大切だと思うわ。

ええっ。。。そう言うほどうまく行くもんじゃないってぇ。。。?



ところで、あなたは選挙に

行きましたか?


ええっ。。。?


誰を選んだって日本が良くなるわけじゃない?!
だから、選挙に行かないのだよ!


あなたがそのような考えだから、いつになっても日本が住み良くならないのよ!
幕末に明治維新を起こそうと立ち上がった「改革の志士」の事を考えてくださいな。
皆さん若かったのですわよ。
ほとんどの「改革の志士」が20代から30代でしたわ。


(ryouma2.jpg)

あなたも「改革の志士」になったつもりで、日本をこれ以上駄目な国にしないために立ち上がってくださいね。

ええっ。。。どうするのかってぇ。。。?

まず、あなただけは、私服をこやしたり、権力欲に駆られて組織を私物化するような事がないようにしてください。
それから、そのような人を見かけたら、断固として立ち向かってくださいね。

ええっ。。。そんな事をしたら今の職場を追い出されるって。。。?

あなたは、チキンなのねぇ~。。。だから、日本が良くならないのよ。

幕末に明治維新を起こそうと立ち上がった「改革の志士」の事をもう一度考えてください。



角さんの立身出世物語



ところで、シルヴィーさんの事をもっと知りたかったら次の記事を読んでくださいね。




『シルヴィー物語(2011年4月27日)』

『波乱の半生(2011年4月29日)』

『シルヴィーとネット革命(2011年5月6日)』

『シルヴィーとデヴィ夫人(2011年5月30日)』

『シルヴィーとケネディ夫人(2011年6月15日)』

『バンクーバー暴動と平和(2011年6月25日)』

『ビルマからの手紙(2011年7月3日)』

『ブッシュの戦争(2011年7月7日)』

『国際的愚か者(2011年7月11日)』

『あばたもえくぼ(2011年7月14日)』

『あなたも国際市民(2011年7月18日)』

『リビエラ夫人のハンバーグ(2011年7月22日)』

『芸術とブルックリン(2011年7月26日)』

『思い出のパリ(2011年7月30日)』

『海外志向とおばさんパンツ(2011年8月5日)』



『地球の平和(2011年8月9日)』

『愚かな写真狩り(2011年8月13日)』

『死の写真狩り(2011年8月17日)』

『キモい写真狩り(2011年8月21日)』

『生パンツと床上手(2011年8月25日)』

『ヌードと写真狩り(2011年8月29日)』

『あなたの平和と幸福(2011年9月2日)』

『あなたの平和な日々(2011年9月7日)』

『奈良の鹿と憲法9条(2011年9月11日)』

『文は人なり(2011年9月15日)』

『キモい戦争(2011年9月19日)』

『バカの歴史(2011年9月23日)』

『ムカつく検査(2011年11月1日)』

『アッシジからの平和(2011年11月5日)』

『中国からの怪電話(2011年11月9日)』

『気になる英単語(2011年11月18日)』

『戦争を知らないの?(2011年11月23日)』

『熟女ヌードとデンマン(2011年11月29日)』

『山形とバンクーバー(2011年12月8日)』

『ねえ、ねえ、ねえ見て(2011年12月10日)』

『URL スパマー(2011年12月20日)』

『坂の上の平和(2012年1月4日)』

『平和と武士道(2012年1月10日)』

『スカートをはいた兵隊(2012年1月15日)』

『レモン戦争(2012年1月16日)』

『常連さん、こんにちは(2012年1月23日)』

『チョコレートと軍産複合体(2012年1月28日)』

『壁に耳あり障子に目あり(2012年2月3日)』

『チョコレートと世界銀行(2012年2月10日)』

『チョコレートと甘い権力(2012年2月22日)』

『CIAの黒い糸(2012年3月6日)』

『CIAの黒い手(2012年3月12日)』

『平和が一番(2012年3月29日)』

『オツムの中の英語(2012年4月17日)』

『誰?あなたなの?(2012年5月5日)』

『ジャンボのエンジンが全部停止!』
(2012年5月15日)

『日本の良心は停止したの?』
(2012年5月17日)

『愚かな詭弁を弄する東電』
(2012年8月16日)

『僕のお父さんは東電社員』
(2012年8月20日)

『小学生でも知っている国のウソ』
(2012年8月25日)

『ん?オバマ大統領暗殺?』
(2012年9月3日)

『なぜ戦争するの?(2012年9月15日)』

『なぜ原発作ったの?(2012年9月19日)』

『国際感覚ダントツ(2012年11月11日)』

『国際化できてる?(2012年11月19日)』

『国際化とアクセスアップ(2012年11月23日)』

『国際化とツイッターと国際語(2012年11月27日)』

『お百度参りも国際化(2012年12月1日)』

『期待される人間像(2012年12月13日)』

『角さんと原発と天罰(2013年1月5日)』


とにかく、今日も一日楽しく愉快に
ネットサーフィンしましょう。
じゃあね。バーィ。






ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事





■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』



■ 『軽井沢タリアセン夫人 - 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』



『夢とロマンの横浜散歩』

『愛とロマンの小包』

『下つきだねって言われて…』



『銀幕の愛』

『パリの空の下で』

『愛の進化論』

『畳の上の水練(2011年3月15日)』

『軍隊のない国(2011年3月21日)』

『アナクロニズム(2011年3月27日)』






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

barclayさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。