オーガニックなスイス生活

スイス・フランスのオーガニックコスメ・Eco・旅行記など


テーマ:


■スイス留学について■

☆スイス・フランスの オーガニックコスメ オンラインショップ☆

    
  

こんにちは、
Tsubakiです椿/中
 
先日、久しぶりに
のんびりとローザンヌへ
行ってきました。
  
 
天気が晴れていたら、
写真の色も映えるから
不思議です。
   

{8526B7C9-66F0-43E1-836E-57A42675C459}

 
目的は、日本食食材店で
「納豆を買うこと」w
 
日本食好きな
うちのフランス人ですが、
納豆だけは
毎回嫌がられます。
 
が、関係なしに
食べる私。
  
 

{24E0DA86-C4A4-4AA8-A60F-2652B72A4C90}

 
気温も高くなった
夏日だった為、
歩いているだけで
肌がジリジリ。
  
ヴァカンスのシーズなので、
朝はあまり人がおらず、
ゆったりとしていました。

   

{DDF9E7D2-E02D-4D32-AD65-B331C569E68F}

 
少し歩いていたら、

高級電気自動車

Tesla の展示品に遭遇。

  
車には全く詳しくない私ですが、
お値段を聞いてビックリ。
  
スイスでは、珍しい高級車も
よく目にしますので、
こちらを街で見かける日も
遠くないでしょう。
 
皆さんは、
見かけたことはありますか?
  

{37D55370-C4A5-4E69-9B83-489607DFFC20}

 
この後は、モリモリランチを

頂き・・・

   

{E59985ED-42F9-42BD-A44D-9D4C2AD5F65E}

 
この後は、暑さしのぎに
ジェラートまで頂きました。
久しぶりに本人登場ハート
  

{F4C992C0-F6C5-4ED0-89FC-E9D4C2FDB688}

 
こうやってフランス語圏に
出かけると、住みたいと
思ってしまいます。

 
  
この後、たまたま入った
ファーマシー(薬局)で
様々なオーガニック製品を
見かけましたので、
追ってご紹介していきますふわふわ
 
  
最後までお読み頂きまして

ありがとうございましたスイス

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:


■スイス留学について■

☆スイス・フランスの オーガニックコスメ オンラインショップ☆

    
   

こんにちは、
Tsubakiです椿/中  
  
いつもイタリアを
旅しているような
気持ちにさせてくれる
Emyさん⇗ のブログ。
  
おいしそうな
オリーブオイルや
イタリアのお料理が
よく紹介されていますワイン 
 
 
今回は、珍しく
北海道に
行かれた様子を
アップされていたので、
リブログさせて頂きます。
  
ラベンダー畑も素敵です⇗
  

Emyさんのブログの中で
気になったのが
青い池です。
 
  
山に囲まれたスイスにも
湖はたくさんあり、
澄み切った所が
たくさんあるのですが、
何故そこまで青くなるんでしょうね。
 
  
水の透明度が高いと
そうなるのでしょうか?
  
  
そして余談ですが、
スイスでたまたま知り合った
北海道出身の女性が
スイスの冬は暖かいと
言われてビックリしたことを
思い出しました。 
  
   
きっと北海道でも特に
寒くなる地方の出身者
だったのでしょう。

  
  
四国出身の私からすると、
雪が積もるだけで
すごいと思ってしまいますが・・・。
 
ちなみに、スイスは、
北海道よりも
緯度は高くなります。


    
将来、夏に帰国する機会が
ありましたら、
ぜひ涼しい北海道へ
出かけてみたいと思いますラベンダー
 
  
当ショップでも
アルコールフリーの
BIOラベンダーの
フラワーウォーター
や精油など

扱っております。
こちらからどうぞ ⇗

 

最後までお読み頂きまして
ありがとうございましたハート
  
  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ オーガニックライフへ
にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


■スイス留学について■

☆スイス・フランスの オーガニックコスメ オンラインショップ☆

   
  

こんにちは、  
Tsubakiです椿
 
  
最近、
家でパソコンに
向かう時間が
増えておりまして、
気になっているのが
「目の疲れ」 です。
  

 
夕方になると、
目が充血なんてことも
ザラですし、
朝起きた時に
目が腫れぼったいなんて
時も・・・。
  
朝にはブルーベリーを
食べるなど工夫は
しているのですが、
  
追いついておらず、
何とかせねばと
思っていたところ、
   

  

   

いつも拝読している
大矢かおるさんの
ブログ⇗
 で
目に良い薬膳茶
紹介されていたので、
リブログさせて頂きます。

  
  
  

  
スイスでもクコの実や
レーズンは入手できますが、
プーアル茶やハト麦は
どうでしょう?
  
探してみたいと思います。
  
  
飲む&食べるお茶と
書かれてありますので、
きっと甘みがある
味なのだろうなぁと
想像しております。
  
  
また、ヨーロッパの
ハーブでも
眼精疲労を癒す物が
あるようですので、
調べてみたいと

思います。
   
  
皆さんは、
目の疲れ対策で
何か工夫されていることは
ありますか?
  
 
最後までお読みいただきまして
ありがとうございました薔薇
  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代 自分らしさへ
にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


■スイス留学について■

☆スイス・フランスの オーガニックコスメ オンラインショップ☆

   
  

こんにちは、
Tsubkiです椿
 
 
妙なタイトルを
付けましたが、
私の話ではありません。
 
  
夫の同僚の
フランス人A君(30代半ば)が
1年間同棲していた
フランス人の彼女に
振られ、彼女は彼の元を
去っていったそうです。
 
  
A君は、以前も同じ
職場の女性と付き合いだして
すぐに同棲を始めたのですが、

長続きせずに三か月で
終わってしまった経験が
あります。
  
  
その後、彼は職場で
元彼女を見ても無視し
続けているという
大人げない様子も

夫から聞いておりました。
 
  
人の恋愛にケチをつける
気はないのですが、
今のA君を見ていると
  
今後、また同じことを
繰り返すのでは
ないかな?と
想像しています。
  
  
何故なら、
彼は肌の露出度の
高い女性や
外見が美しい女性が
近くを通るだけで目で追っているから。
 

 
  
これは、
彼女がいても露骨に
やっているんです・・・涙
 
  
自分が女性の立場だと、
自分と付き合う事に
満足していないのかな?と
不安になりませんか?

  
  
誰しも魅力的な

異性を見かけたら見てしまうと
思うのですが、彼の場合は
視線がスケベなのです。
下品な表現ですみません・・・。
しかし、事実。

 
  
彼は、ムードメーカー的
存在で、フランス語が
達者でない私のことも
気にかけてくれる
いい奴ではあるのですが、
  
絶対彼氏にしたくない
タイプ
です。
  
  
女性のお尻を追いかける という
表現が合っているかも
しれません。

  
  
彼女が出ていった
金曜の夜は、うちの夫も含め
仲の良いメンバーを集めて
慰めの飲み会?が
開かれたのですが、
  
  
次の日には、もうデートサイトに
登録し、彼女候補or
遊び相手を
探すという始末。
  
  
恋愛でもそうですが、
結婚をするしないにしても、
うまくいかなかった事を
分析する必要は
ある
と思います。
 
  
そうしたら、
次に活かせますよね?

 
  
私は、過去に同棲した人に
振られ、どん底に
陥ったことがあるのですが、
今振り返ると
とても良い経験でした。
 
 
何故なら、

自分と思いっきり
向き合うことが
できたからです。
  
  
次に付き合う人は、

絶対にこういう人は
止めておこうとか
自分の基準をクリアに
できましたし。

  
  
恋愛に限らずですが、
経験から学べることは
たくさんあると思います。
  
  
大事なのは、
自分でその点に
気づくこと
だと思います。
 
A君がんばれーフランス国旗
 
  
最後まで
お読み頂きまして
ありがとうございました。
 


 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代 自分らしさへ
にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:


■スイス留学について■

☆スイス・フランスの オーガニックコスメ オンラインショップ☆

   
  

こんにちは、
Tsubakiです椿

 
   
タイトルの
エリソン(Le Hérisson)ですが、
仏語で、ハリネズミの事を
指します。
  
  
  


実は、1か月前と
つい先日、偶然にも
近所を散歩中に
見かけたのです。
 
  
日本では、あまり
馴染みのない動物だと
思うのですが、
ヨーロッパでは
結構普通に
見かけるそうです。
  
  

写真を撮りたかったのですが、

タイミングよく

携帯を持っていなかったので、
画像は、上の写真は
お借りしました。
  
  
スイス情報さんの

ブログでもたまたま
紹介されていたので、
リブログさせて頂きます。

  
スイス在住のある方は、
近所で野生の親子連れ
三匹が歩いている所を
見かけたとか。
 
  
私が見かけたのは、
いずれも手のひらサイズで
とてもかわいかったです。
まあ、遠目で見ただけですが・・・。
  
  
夕方から夜にかけて
動く夜行性だそうです。
  
  
皆さんは、
どこかでハリネズミを
見かけたことは
ありますか?

 
  
最後までお読み頂きまして
ありがとうございましたスイス
  

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


■スイス留学について■

☆スイス・フランスの オーガニックコスメ オンラインショップ☆

   
  

こんにちは、
Tsubakiです椿
 

日本は、
三連休なのですね。
  

どこかへ
お出かけされている方も
多いのでしょうか。  

  
  
さて先日、
インスタグラムにも
アップしていたのですが、
夫が花束を抱えて
帰ってきました。
  
何故か最近になり、
よく買ってきてくれます
ハート
  
  
ラッピングにもよるのですが、
透明の場合は、開けなくても
どんな花か分かりますが、
この日は、中が見えない
タイプの物でした。
 
  
開ける前は、
どんな中身なのか
楽しみですが、
この時は
開けた瞬間
笑ってしまいました・・・。
 
↓菊の一種?
だったからです。
  

{2A4CBECC-3125-42B9-A3DB-151339D2DA0F}

 

 
  
アジアンタイプの花は、
西洋人には人気なのか
菊は、ヨーロッパでも
よく見かけます。
 
  
しかし、
日本人にとっては
お仏壇とかお墓に供える
花ですよね・・・。
 
  
この手の話は、
国際カップルには
よくある話。
 
  
現にFBで
繋がっている
国際結婚されている方も
同じ経験をされているという
書き込みを頂きました。
 
  
白色じゃないだけ
良かったということでw
 
  
いつもなら
ブーケで喜ぶ私が
大人しかったからか、
  
それを見た夫は
翌日、バラの花束を
抱えて帰ってきました。

  

{1E521F58-C1E9-46F7-A710-5B7A6E2D853A}

 
  
こういう所は、
フランス人だなぁと
思いますフランス国旗
  
  
この話を実家の母と
電話で話した時にしまして、
写真も見せた所、
菊ではなく、
ダリアではないか?と
言われました。
 
  
確かに、
菊の葉っぱとは
違う形をしていたのです。
 
  
ネットで画像を検索したら、
確かにダリアにも
似ていますが、
菊とダリアの間に
思えました。
  
  
結局、何の花なのかは
分からないんですけどね。

   
  
いずれにせよ、
生花がある暮らしは、
部屋の中を明るくして
くれ、とても心地が
良いです。
  
  
ちょっとした気遣いを
してくれる夫に
感謝りぼん
 
  
母にもそんな相手を大事に
しなさいよと
言われました。
 
  
皆さんは、
こんな経験ありますか?
  
  
最後まで
お読み頂きまして

ありがとうございます薔薇
  

  

  


 

 

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:


■スイス留学について■

☆スイス・フランスの オーガニックコスメ オンラインショップ☆

  
  
こんにちは、
Tsubakiです椿/中
 
最初に一言。
  
またフランスで
テロが起こってしまいました。
 
ニースと言えば、
コートダジュールという美しい
海岸もあり、
観光客も大勢集まる場所。
 
過去にニースが出ているブログは
こちらからどうぞ⇗

  
  
この事件が
起こった事により、
パリ以外の地域でも
観光客が更に遠のいて
しまうかもしれません。
 
  
この負の連鎖を何とも
止めたいものです。
 
  
幸い、夫の家族や
親戚にも影響は
ありませんでしたが、
無念でなりません。
  
  
人の命は、
もてあそぶものでは
ありませんし、
復讐に使うような
粗末な生き方をする為の
ものでもありません。
   
  
本当に悲しい限りです・・・。
  
  
  
さて、先日、
いつも通っている
オーガニックマルシェで
新鮮なバジルが手に入りました。
↓(右側は、あんずハート)
  

{17925398-66DB-490D-8AAC-F67A3D3EDB1E}

  
たまたまスーパーでも
BIOのモッツアレラも

見かけたので、
カプレーゼを作る事に。
  
後で気づいたのですが、
トマトは、逆に切るべき
だったようですが・・・涙

  

{E775DD38-36ED-4E99-9755-6AEAA14AC252}

  
別の日には、
パスタにも
合えてみました。

   

{FBC436C9-EE93-43B9-8681-BB413BCDE15A}

  
今更気づいたのですが、
バジルってかなり
濃厚な味ですよね。
  
オーガニックだからか
分かりませんが、食べた後も
身体の中からバジルの香りが
強く香っていましたw

  
私は、お料理が
得意ではないので、
あれ?と思われた写真も
大目に見てくださいねー456
 
  
夏の暑い日は、夫が全く
夕飯を食べないので、
ますます作る機会が減り・・・。
 
  
自分一人分だけだと、
手の込んだ料理を

作る気にもなれずといった
具合ですが、
牛歩のごとく学んでいきたいと
思います。
 

  
皆さんのお勧めの
バジルを使ったお料理がありましたら、
ぜひ教えてくださいねローズマリー
  
  
最後までお読み頂きまして、
ありがとうございますフランス国旗
 
  
 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ オーガニックライフへ
にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


■スイス留学について■

☆スイス・フランスの オーガニックコスメ オンラインショップ☆

  
    

こんにちは、
Tsubakiです椿/中
  
  
去年ブログに書いたのですが、
スペイン人の友人(女の子)と
ポーランド人の彼の
結婚式が9月に
行われますりぼん
 
  
私たち夫婦も参加する

予定なのですが、
それに絡めて
1週間程
休暇をとることに。 
(7,8月は大忙しですが涙)
 
  
  
彼女は、
テネリフェ島出身で、
彼はポーランドですので、
いずれかの場所or
バルセロナで式が

行われると思っていたのですが、
全く関係のないジローナ
(バルセロナのある
カタルーニャ州の
隣)と聞き、
拍子抜けしました。
  
↓テネリフェだったら
こんな所かもーと想像していたのですが・・・。
  

失礼ですが、
ジローナってサンフェリウ以外、
何もないイメージ・・・
涙
  
  
二人は山登り好きが
高じて知り合った
カップルですので、
山に囲まれた
場所を選んだようです。
  
  
私は、独身時代に

住んでいたバルセロナでは、
ピソ(アパート)探しがうまく
いかず、彼女の住まいに
居候させてもらったことも
あり、とてもお世話になった
友人ですので、

しっかり祝福してきたいと
思いますハート
 
  
↓写真は、当時勤めていた

バルセロナのSPAからの
地中海の眺め
  

  
  
地中海は、べたつきが
少ないので、
泳ぐのにも適していると
思います。
  

  
友人の晴れの姿を
目にできるのは、とても
光栄なこと。
今から楽しみです。
  
  
さて、その結婚式の後
ですが、せっかくそこまで
南下するのだから、
その後は夫の実家で
過ごそうという話に
なっています。 
  
  
だいたい休みになる前までは
〇〇へ行こうとか
話しているのですが、
  
実際休みに入ると移動が
面倒くさくなって
結局実家に入り浸りという
パターンですがw、
  
普段離れている家族と
過ごせる

良い機会でもあります。
  
  
実は、数か月前に
義理の父親に
前立腺のがんが
見つかりました。
 
↓ダンス好きな
おじいちゃんだけど・・・

image
  
70歳を越えており、
進行が遅い為、
手術はせずに、投薬だけで
過ごすことに

決めたのですが、
  
そういう話もあり、
家族に会える時に
会っておくのは

大事だなと思っています。
 
  
本当は、一日も
早く孫の顔も
見せてあげたいのですが、
  
こればかりは、
自分たちでは
決められないこと
ですので・・・。
  
  
年末年始は、
2週間共に過ごして
最後は、もう嫌だと
思っていたのに、
  
また訪れたくなるのは

自分でも不思議ですが、
  
夫の家族は
自分の家族でも
あると考えています。
 
  
適度な距離を
保って過ごすように
工夫したら大丈夫でしょうw。
 
  
まだ先の話ですが、

訪問した際には
ブログでその様子を
お伝えしたいと思いますフランス国旗
  
  
皆さん、ご家族は大事に
なさっていますか?
  
  
最後まで
お読みいただきまして
ありがとうございました。


  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代 自分らしさへ
にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
  
こんにちは、
Tsubakiです
  
  
今日は
文字を書く時間が
ないので、写真だけを
紹介。
  
  
最近の地元の
マルシェの様子です。
  
  
{C0693C6A-9556-4F14-8BF6-A9B6E2251FCC}


インスタにアップした
物とかぶっている物も
ありますが…。
  
  
{C3B14763-A203-4B99-AE51-F0D2758EE7EE}
  
↓ズッキーニの花
  
{D4182DD8-BDDD-4BFE-AA2A-0D872CA8A303}
  
ハーブ類↓
  
  

{4567A47D-A2CF-4817-884E-06A37EE5C834}
  
定番トマト↓
  
  
{24225DD5-BD6E-4A04-9912-666917FD7034}
  
レジに並んでいた
子供達が可愛かったです↓
 
  

{9862B93E-0743-4778-90C0-69138A221AF8}
  
最後までご覧
頂いてありがとう
ございます🇨🇭


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


■スイス留学について■

☆スイス・フランスの オーガニックコスメ オンラインショップ☆

   
    

こんにちは、
Tsubakiです椿
  
以前、スイス国内で
引っ越しを
考えている事を
書きましたが、
最近状況が
変わってきました。
 
image
   
  
それは、
夫の今の会社で
昇進できるチャンスが
浮上
してきたこと。
 

少し前までは、
フランス語圏に住むが為に
同じ時計業界で転職or
同じ会社の
ジュネーブ勤務を
考えていたのですが、
  
ある日突然、

ポストが空くことが
分かったという次第です。
  
  
フランス語圏に
移りたい、正確に言うと
Nyonと場所まで
私が指定していた程
なので、これに対し、
彼なりに私がどう言うかを

気にしていたようです。
  
  
私は、こういう時に
自分の意見だけを
押し付ける事は

絶対にしないように
心がけています。

まずは
二人でよく話し合う事
しています。
 
メリット、デメリットや
想定される問題なども
挙げますし、
  
相手の率直な
気持ちを聞き、
自分も伝えるように
しています。
  
時間をかけますので、
時には数日経過という
時もあります。
 
先日書いた
資産運用を決める時⇗ も
そうでした。

  
  
  
  
結論としては、
今の慣れている会社で
実績が積めるならば、

それを経験してからの
引っ越し(転職)でも
遅くないのでは?
という所に落ち着きました。
  
三十代半ばですし、
ちょうど良い
年齢なのかもしれません。
  
  
もし決まると、
最低2年はこの場所を
離れられないことに
なりますが、
  
その代わり

私は、今のアパートから
引っ越しすることを
提案
しました。
(同じ地域内で)
  
  
と言うのも、
現在の住まいは、
夫が独身時代から
住んでいる場所ですので、
手狭で人を招いたりが
できない状況なのです・・・。
環境的にはとても

気に入っているんですけどね。 
  
  
ヨーロッパは、
人を家に招くことを
よくしますので、
  
  
そうすることで、私が
フランス語に触れる機会も

多くなるのでは?と
期待しているからです。
もちろん
日本人のお友達もハート



マネージャー職での
人事募集はもう始まっており、
ヴァカンスシーズの終わる
9月中には面接が
あるとのこと。
   
  
そして、内気な

夫ですが、
  
こういう仕事の
ポジションなどは
基本的に自分で
立候補する

(人事部に直接
コンタクトを取る)
そうです。
 
  
今回の募集は、
社外からも
受け付けるようなので、
倍率は高くなるとか。
  
こういう時に
斡旋業者から連絡が
きたりするのです。
ヘッドハンティングという
やつですね。

 
   
 
私はスイスや
フランスの会社で
勤めたことが
ありませんので、
  
夫から聞く話に毎回
そうなんだねーと違いを
感じていますが、
それも会社の
規模にもよるようです。
 
まあ、当然と言えば
当然なのでしょうが。
 
  
今回のポジションでは、
社内事情や自社製品について
熟知していると言う点では、
  
社外候補者よりも有利な
訳ですから、ぜひとも
頑張って欲しいところです。
 
 
面接まではなるべく
プレッシャーを与えずに
メンタル面でのサポート+
アファメーション

しながら、
応援していきたいと
思います。
 
  
  
昇進したら、
チューリッヒにある
ヨーロッパ初の
割烹温泉旅館
「兎山」⇗ に招待しようと
考えていますニコちゃん

   
  
最後まで
お読み頂きまして
ありがとうございましたスイス
  
  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代 自分らしさへ
にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。