オーガニックなスイス生活

スイス・フランスのオーガニックコスメ・Eco・旅行記など


テーマ:


■スイス留学について■

☆スイス・フランスの オーガニックコスメ オンラインショップ☆

  
こんにちは、
Tsubakiです椿
  
今回は、
スイスから遠く離れた
オーストラリアにお住まいの
自然療法士・美智子さん
ブログを
リブログさせて頂きたいと思います。
  
まずは、
ブログをお読み下さいね薔薇
  

実際に美智子さんに
お会いしたことはないのですが、
女性として共感できる部分や

感情との向き合い方を
上手に説明されていらっしゃるので、
以前からブログを
拝読しています。
  
  
また、オーストラリアや
ニュージーランドは
オーガニック思考が高いようで、
憧れている地でもあります。
  
  

さて、その美智子さんの

書かれている
悟りカフェのLindyさん、
  

人生の辛酸をなめたからこそ
悟りの境域までいかれたのでしょうか。
  

「ただ目の前にあることだけに、
その瞬間瞬間、力を注ぐ、
それ以外は考えなくてよい」

 

現代社会において、
生きていると雑念が多く混じりますが、
自分の心の声に従って
今を生きる姿勢、見習うところが
あると思います。

  
ひたむきになれるのは、
人生を真剣に生きている
証拠でしょう。
  

  
 

「悟り」って最近では、
海外でも知られている
言葉なのでしょうかね。
  
空海生誕の地で生まれ育った
私としては嬉しい限り。

今後も"ZEN"並みに世界で
通じる言葉になって欲しいです。
  
 

そして気になったのは、

コンブチャ!
 
興味がありながらも
まだチャレンジしたことが
ないのです。
    

  
先日の5時間
ホームパーティーの後のような
楽しいけれど、身体には良くない
時間を過ごすと、必ず翌日は、
肌荒れを起こします。
  
  
暴飲暴食した時は、
まずは体の外にできるだけ
早く排出することを
心掛けていますので、

そういう時にも役立ちそうですね。
  
  
個人的には、味噌汁が
ベストだと思っていますが、
暑い時などは、お茶の方が
楽に飲め、臓器の回復力を
高めてくれることでしょう。
  
  
個人的に
食の贅沢の基本は、

採れたての新鮮・旬素材を
おいしい状態で
頂けることだと思います。
もちろん、有機栽培!
  
  
だから、
どんなに〇〇シェフ監修の
機内食や高層ビルに入る
高級ホテルの食事がおいしいと
されていても、鮮度の点で
まず劣ると私は思っています。
  
  
料理が得意ではない私ですが、
鮮度の良い物を選ぶと、
特に凝ったテクニックは必要ないと
思っています。
  
  
今は、
自給自足の生活を
実行するのは難しいので、
できるだけ有機マルシェで
食材を調達するようにしていますが、
リタイヤしたらフランスの
片田舎で実行したいと
今から企んでいますフフフふわふわ
    
  

いつか
Satoriカフェにも
足を運んでみたいです。
  
最後までお読み頂きまして
ありがとうございましたハート
  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ オーガニックライフへ
にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:


■スイス留学について■

☆スイス・フランスの オーガニックコスメ オンラインショップ☆

  
こんにちは、
Tsubakiです椿/中
  
先日、スイスで初めて

婦人科健診へ行ってきました。
  
予め書いておきますが、
妊娠した訳ではありませんよ^^
  
  
スイスに住む先輩日本人女性が

妊娠する前に一度、
診てもらっておいた方が良いと
アドバイスをくれました。
  

こちらでは、いざ妊娠した時に

一度も病院へかかったことがないと、

診察してもらえない場合も
あるとか。そして、予約の
電話をかけたのが6月。
     
しかし、夏はヴァカンスも
あったようで、予約がとれたのが
今月だったのでした。
  
  
英語が通じるなら大丈夫と
思ったのですが、
夫も付いてきてくれることに。
  
  
待合室や診察室に
たくさん絵が飾られていて、
リラックス効果を
高めてくれました。
     

{0124D00B-B173-4756-AB79-7F4AF6A8DB1A}

 

待合室では、

妊娠した場合、
スイスでは珍しいとされる?
3D・4Dのエコー撮影できますよとか

更年期障害の相談所の
広告などを見かけました。

     

{46ACF58F-7831-42F3-B022-983BCB0CA308}

  
その中で、
骨の強化(骨粗しょう症予防)の冊子を
見かけたので、
ペラペラめくっていたら、
アルファベットで
Daiichi-Sankyo (第一三共) と
書かれていてビックリ!
  
日本の製薬会社がヨーロッパにも
進出しているようです。

  
私が知らなかっただけですが、
製薬分野が秀でているとされる
スイスにもあるとは、
驚きでした。
    
{48D740B5-E483-4182-B012-D9FEACD04EAE}

  
そして、本題。
   
口頭でいくつか質問をされた後、
子宮のチェックへ。 
  
内容は、ほぼ日本と変わりません。 
  
でも何度受けても
好きにはなれませんが^^;
  

  

{770188D0-3FB0-40F9-8B1D-77114D843667}

  
診て頂いた結果、
とくに問題はないとのこと。
  
妊娠を希望して、
一年くらいかかるのは
普通だと言われ、
とりあえずはホッとしましたふわふわ
  
年齢的にも(ギリ30代前半)
ヨーロッパでは普通とのこと。
  
ですので、様子見になりました。
   
  
しかし、夫も私もべべの誕生を
望んでいますので、
早いに越したことはなく、
漢方の力を借りて
妊娠力を高めようと思い、
現在、日本の漢方薬局から
商品を取り寄せています。
  
  
それについては、
また書いていきたいと
思います。
  
  
私は子供の誕生を望んでいますが、

自分が不妊だとは思っていませんし、
他のママさんを羨ましいと思うことも
一切ありません。
 
  

その辺は、感情の
セルフコントロールができていて
良かったと。

   
できてくれたら、有り難いという
感覚で気長に捉えています。
  
  
妊娠に関係なく、
皆さんは婦人科健診に
行かれていますか?
  
最後までお読み頂きまして

ありがとうございましたスイス
  
  

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代 自分らしさへ
にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:


■スイス留学について■

☆スイス・フランスの オーガニックコスメ オンラインショップ☆

     
こんにちは、
Tsubakiです椿/中

  
  
海外に住んでいて
一番気になることが
お米の質です。
  
  
パンではなく、
米食の我が家では、
これまで日本食店で
購入していたのですが、
すぐに買いに行ける
距離ではないので、
代わりに使える物を探すことに。
  
  
ドイツブランド・Alnaturaの
有機米は良かったのですが、
なかなかBIOショップにも
売っておらず、
継続しての購入が難しく・・・。
   
↓こちらは、越境買い出しで
購入した時の物
  
{52B9B890-1AD1-42A1-9D4E-6684040C9197}
 
前出のAlnaturaのお米は
500g入りですので、
あっという間になくなり・・・。
  
他のイタリア米も試したのですが、
炊く時からお米が臭かったりで
まだ模索中です><
  
何だかなーと思っていた所、
Coopで発見した
ビオのリゾットライスを
試してみることに。
   
  
{997B1C46-B67B-41E6-AB4E-CA123C66D397}
  
いきなりですが、
ホームパーティーの
手巻き寿司にも
使ってしまいました。
  
フランス人に失礼ながら、
お米の味の違いが分からないかなと涙
     
{882FD762-CAE8-45D6-844D-145A5D642EAA}

  
匂いもなく、
お寿司は大丈夫だったので、
白米としても炊いてみたら、
許容範囲内でした。
   
そこで味を占めた?私は、
ずっとやってみたかった
トウモロコシご飯を
炊いてみることに。
  
    
マルシェで有機の物が
手に入りました。↓  
   

{917F5846-99D5-4F48-B465-5CC09343B38B}

  
出来上がったのがこちら↓

  

{22ECEB82-26D7-4335-8F48-790A42183D8D}

 
若干パサつきがあるので、
水分を多めにする必要があると
思いましたが、コーンの甘みがあり、
おいしかったですハート
   
ちなみにこの時は、
味噌汁のだしを作る際にも
トウモロコシの皮と身を削いだ
芯を使ってみました。
  
  
想像以上に甘かったので、
トウモロコシご飯とは
別の機会にしたらよかったと
思いましたが、こんなに
コクがあるのだなぁと驚きました。
  
  
残念ながら、
マルシェで購入した時は
ヒゲがない状態でしたが、
トウモロコシのヒゲ茶も
次回試してみたいところです。
  
  
今年は、知り合いのFBで
トウモロコシのかき揚げなどを
拝見したので、
流行っていたのでしょうか。
  
  
実を取るのが面倒臭いと
思っていた私ですが、
包丁で削いだらとても
簡単に外すことができたので
驚きでした@@
  
  
皆さんは、
試したことはありますか?
  
最後までお読み頂きまして
ありがとうございましたスイス
    
  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ オーガニックライフへ
にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:


■スイス留学について■

☆スイス・フランスの オーガニックコスメ オンラインショップ☆

  
こんにちは、
Tsubakiです椿
  
  
先日、夫の職場の方の
お宅にお呼ばれしてきました。
  
  
50代のフランス人ご夫婦に
以前ブログで書いたことのある
職場のA君、
  
そして私たち夫婦とでしたので、

私以外、皆フランス人でした。
  
開始、が19:30と
スイスにしては、
時間が遅めでした。
  
    
↓かわいいテーブルセッティング
  

{DDF42633-2766-4567-B32A-1117202A4080}


  
その辺、フランス感覚だと
思っていたのですが、
ブログのタイトル通り、
  
お開きになったのが
00:30でしたので、
そこから5時間、
ひたすら食べて飲んで、
喋ってを続けていたのでした涙
  
スタートした時は、
まだ明るかったんですけどね。
    

{8B6D7D55-5CE7-4D32-B7B1-071FD9DF7739}

  
当初は、ベランダでBBQを
予定していたのですが、
気温も低くなったので
室内で過ごすことに。
  
  
Jura州の山の近くですので、
夜の気温は特に
低くなります。

  
  
私たちは、アペロ用の
手巻き寿司を持っていきましたが、
マダムがコースで
お料理を準備しておいて下さり、
おいしく頂きました。
  
肝心のメインの写真を
撮り忘れました・・・。

   

{10ABB99E-9B63-4B8D-9514-6638ABDD3DB1}

  
こちらのご夫婦は、
2年前にスイスに来たそうで、
会社は別ですが、お二人とも

時計関係時計
お仕事をされています。
  
  
旦那様は、パリジャンだそうで、

色々フランス流のこだわりがあるそうで、
話を聞いていて面白かったです。

  
   
↓この日の為に

フランスの
フロマージュを準備して
下さいました。
     

{EAA33A64-095A-4EA3-986B-5A1C85B024D1}

  
お酒を頂きつつ、
アペロからスタートして、

メイン、フロマージュ、デザート、
食後酒まで登場して
最後の方は苦しかったです・・・。

  

   
皆がそうな訳ではないですが、

フランス人って
お喋り好きな方が多い気がします。

  
  
だいたいスイスの物価が
高くて驚いた話とかスイスの仏語の
言い回しが違うとかそんな話は
毎回、出てきますスイス
  

{63122B19-3A28-490E-A188-127C07F48DB2}
  
まだまだフランス人の
ネイティブ同士の
会話にはついていけない私ですが、
聞いているだけで
勉強になりました。
  
  
ワインも赤やら白やら
スパークリングやら
たくさん見せてくれたのですが、
どれがどれやらサッパリ悔し泣き
  
{35D42961-00FB-4888-BD10-1171C41960F8}
  
デザートは、
↓ホームメイドの
あんずパイでした。
  
{AF81C359-F83A-4B72-A483-F72E4A295D20}
 
{BD254969-B5D7-446D-B37F-AF59B433DD4E}
  
最後は、
フランボワーズの
リキュールで〆。
  
{9BBAC774-EDDC-412C-8618-F131A532049A}

  
いつも22時半くらいには
布団に入っている
私には、とーっても長い夜で、

最後は睡魔との闘いでした。
   
     
しかし、こうやって
​交流して頂けることは
とても有り難く、
夫の職場の様子も
垣間見る事ができます。
  
  
たまにはこういう日が
あっても良いのでしょうね。
  
  
引っ越しをしたら、
私たちもこのような会を
開きたいなぁと
思ったのでした。
*早めのスタートで
  
皆さんは、

旦那様やパートナーの
職場の方と交流はありますか?
  
  
最後までお読み頂きまして

ありがとうございましたフランス国旗

  
  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代 自分らしさへ
にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:


■スイス留学について■

  
  

こんにちは、
Tsubakiです椿
  

  

 

   
今年のスイスの
サマースクールは
全て終了し、

   
お子様も無事に

帰国されました。

  
 
  
さて今回は、

私が初めて訪問した
ドイツ語圏の
ザンクトガレンにある
The Europeanな学校、
  
インスティテュート・アウフ・デム・
ローゼンベルク校⇗
 
(Institut auf dem Rosenberg)の
様子をご紹介します。

  
  
学校の所在地は
ザンクトガレンという地域で

ドイツとの国境近くなのですが、

  
日本からの直行便のある
チューリッヒ空港からだと電車で
1時間という距離にあり、
とても便利です。
    
  
駅からは近いのですが、
小高い場所にある為、
送迎をお願いするのが
ベストです。
  

{483CC94E-B815-4715-9899-A9C05C888788}

  
建物は、

ヨーロッパの伝統的な様式。
  
しかし、何故柵がピンク色?と
思って聞いてみたところ、
敷地が広い為、どこまでが
学校の敷地なのか
分かりやすくする為とのこと。 
  
なるほどと思ったのでした。
現に、公道を挟んで
寮があったりするので、
初心者には分かりやすいです。
  
 

{862B00EC-67B8-4FFF-9A65-58154346A389}

  
人が写る写真の撮影は
NGでしたので、
あまり写真が
掲載できないのですが、

校内はとても美しく、
整備されています。
  
  
生徒数は少ないのですが、
小さなダンススタジオや
本格的なテニスコートは
備えられています。
   
また、教室の窓からは
牧草地や緑を眺めることが
でき、喧騒とは無縁の
のどかな場所で
過ごすことができます。

    
{1D6195CC-8166-4BB4-B1F6-92E51656A2F2}
  
こちらの学校の特徴の一つですが、
ドレスコードがあります。

  
サマースクールの場合、
まだ緩いようですが、
ジーンズはNGう。
(14歳~参加できるコースのみ)
  
男子生徒は、
シャツ&タイにズボン、
そして女子生徒は、
ワンピース着用です。

  
紳士淑女のたしなみを
普段の生活から
意識して取り入れている
ようです。
   
  
今回は、ランチタイムに
学長と共に
食事も頂くことができました。
 
家族経営の学校ならでは
と言いますか、夏休みで
保育所が開いていないということで、
小さなお子さん二人も
同席していました。

    
  
↓写真撮影が中途半端な
位置になってしまいましたが、
前菜+メイン+デザートと
昼と夜は、コースで提供されます。
  
  
サマースクールの間は、
サラダバーを自分で取りますが、

アカデミックイヤー(正規留学)では、
全てがスタッフにより
給仕されるそうです。
     
  

  
食事の間、
会話はしても良いそうですが、

他校と比べると、
とても静かでした。
  

  
  
食後は、別の授業の様子も
見せて頂きました。
  

先生一人に対し、
生徒が4人という状態でした。
  
サポートしたお子様の話によると、
最後の週は、
生徒2人という状態だったそうです。
  
ですので、

英語をみっちり学習したい
中学生以上の
お子様には特にお勧めです。
  
  
他校に比べ、
日本人の数も少なく、
参加して下さったお子様も
とても満足されていました。
  
  
最後は、↓寮室の様子です。
  
まるでホテルのような
清潔さ。
  
一人当たり、十分なスペースが
確保されていますので、

落ち着いた中で
滞在することができます。
   

   
↓シャワールームとトイレ
  

  
ローゼンベルグは、
清潔好きな日本人のお子様も
安心して過ごせる環境が整っている
学校と言えるでしょう。
  
  
インスティテュート・アウフ・デム・ローゼンベルク校
(ザンクトガレン)

  
サマースクールについて⇗
正規留学について⇗

  
学校訪問も随時受け付けておりますので、

スイス留学.com⇗ から
お問い合わせくださいませ。
  

{A74090B8-C8BA-4E68-AF02-4B416890E70C}

  
最後までお読み頂きまして

ありがとうございましたスイス

  

  

  にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


■スイス留学について■

☆スイス・フランスの オーガニックコスメ オンラインショップ☆

  
こんにちは、
Tsubakiです椿
  
ヴァレー州を巡る
プチ旅行の続きです。

  
自宅を出発してから
3時間くらいたった頃

到着したのが
Moiry(モワリー)湖⇗ 。
  
これぞスイス!という

スケールの大きい
場所でした。

  
ちなみに公共の

バスもここまで通っていますが、
かなりクネクネの山道を
通過していきます。
  
湖と大きなダムが
印象的な場所です。
  
  
標高2,500m以上
気温は10度くらい
でした。
  

  
何といっても
美しいと感じたのが
水の色。
  
  
完全な雪解け水です。
  
  

{2BC23886-9BFC-44A0-B793-C37709E37870}

 
ダムの周りは
山ですので、
このような植物も生えています。
  
カラフルで可愛かったですふわふわ
  

{C6D46029-270A-4EC5-812B-FF87E913A2BB}

  
山側は、↓こんな感じ。
  

 
雨が降る前でしたので、
どんよりと暗かったのが
残念。
   

{2B15ACB4-0B17-4309-8762-E5733EF0C1F7}

  
山小屋もありましたよ。
  
商品を見ませんでしたが、
きっとジュース1本

500円とかそんな
レベルだと思います(笑)
  

 

{0C5C8B31-B79A-4E22-8FB8-330C7556EFC5}

  
更に山側へ行くと、
雪が見えました。

  

{30607A16-F090-4C7B-850B-4E807E29483D}

  
雪解け水は、
当然ながら冷たし。

  

{1FDDDF40-911C-44FB-A415-7EE2560189D3}

  
ここで、スイスの水が
カルキ(石灰分)が
多いことがよく分かりました。
   
水中の土が
真っ白だったからです。

  

{E0985E5C-B358-4157-B082-008BBEB339BB}

  
雨も降りだしたので、
ここで終了。
薄着では、寒かったです。

   

{6138BB8E-9FE8-411B-A0AC-A03D608412E8}

  
綿毛付きの
珍しい植物を発見。

   

{BC3EC9F3-242F-44BB-83F4-FF1AAFC12F67}

  
植物の生命力には、
驚かされるものがあります。
こんな寒い場所でも
西洋タンポポが咲いていました。

   

{28D75396-1461-448A-9E44-C6599FE9B6D4}

   
なかなか行ける場所では
ありませんので、
とても貴重な体験を
することができました。
  
皆さんは、
山はお好きですか?
  
  
最後まで
お読み頂きまして

ありがとうございました。
  
続きますスイス
  
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


■スイス留学について■

☆スイス・フランスの オーガニックコスメ オンラインショップ☆

  
こんにちは、
Tsubakiです椿
  
昨日は、
終戦記念日でしたね。
  
シリアや世界の一部の
地域では戦争が
今も続いておりますので、
平和の尊さを感じられずには
いられません。
  
またお盆もあり、
お墓参りこそできませんが、
ご先祖様に感謝する
大事な時期だと思っています。
  
  
    
さて、ヴァレー州を
回ったプチ旅行の
続きです。
  
今回も写真メインで
ご紹介ですキラキラ3
 
まずは、宿泊した
ロイカーバードという
温泉地から移動する
途中の山の様子。
  
通過した場所は、
とにかく山深い場所で、
車が転げ落ちたら
絶対に助からないという
印象でした涙
 
    

{D67D1629-F74B-4714-A896-C37B7ED31FBB}

  

{E1D4C0E1-24FD-472F-9058-D8D7E8526084}

  
続いて、州都である
Sion(シオン)に移動。
  

そこには、
二つの丘があります。
 
スイス観光局のHPの
写真が分かりやすいので、

こちら⇗ からどうぞ。


  
最初は、教会の方だけ
訪れるつもりだったのですが、
反対側の丘にも行ってみたくなり、
炎天下の中、行くことに。
  
目指すは、↓
写真奥に写る
トゥルビヨン城。
  

{76271208-E88D-40B9-A598-368649A84E61}

 

 

{9B5A9AFA-E52B-4B9C-8168-DCC4D9E9DD2C}

 
一度、丘を下り、
次の丘を登るというコース。
  
いつも通り、
バッグ持ってくれてますよ
ハート

  

{0ACCC443-E048-49EB-8D4B-937E8F84063C}

 
この日は、真夏日で
いくらスイスと言えども
暑かったです。
  
おまけに遮る物も
ないですから、

直射日光を直に
受けました。

  

階段がありますが、

不安定な為、
スニーカーや靴でないと
歩けない場所です。
  
  
  
こちらが、
反対側の丘からの様子↓
  
携帯の写真では
上手に表現できませんが、
小高い場所にある為、
街や山を遠くまで
眺めることができました。
  

{9E29BBE5-7775-4510-A2DC-D578FB93F716}

 
途中、サボテンも
見かけてビックリ。
  
そして、一般的には
スイスにいないとされる

セミの声まで耳にしました。
 

  

{97C0BF94-C84C-40F9-84D9-2472AFC743D8}

 
旧城ですので、
特に何もないのですが、
今も残る城壁から
歴史を感じることができます。

  

{A6C24CFA-2017-4CE4-AC92-927220B9D544}

 
そして、なーんにもない
場所ですが、公衆トイレが

ありビックリしました。
  
行きませんでしたが、
有料でしょうね。
  
丘の端からは、
スイスワインで知られる
ヴァレー州のぶどう畑を
眺めることもできました。

  

{223E2CBD-C3BD-4752-93AC-00F0E5C9987F}

  
炎天下の中でしたが、
夫と登り降りして、
良い思い出となりました。
    
  
最後までお読み頂きまして

ありがとうございました。
  
順番がバラバラになっていますが、
まだ続きますスイス
  

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


■スイス留学について■


  

こんにちは、
Tsubakiです椿
  
  
昨日、サマースクールに
参加していた最後のお子様を
送り出し、今年の移動の
お仕事は終了しました。
 
   
初海外で
日本人があまりいない
スイスの学校を
わざわざ選んできた
十代の女の子。
  
  
思った以上に英語が
通じなくヤキモキした事も
あったようですが、
  
この3週間の経験が
今後の人生に影響を
及ぼすかもしれないと思うと、
貴重な体験ができて良かったねー!と
第三者ながら思います。
  
  
留学の学校紹介は、
追々していきますね。
  
もしサマースクールや
スイス留学にご興味のある方で
こういう事が知りたいという
質問があれば、コメント欄に
お書きくださいね。

   
 
さて、昨夜は

夫と打ち上げに
行ってきたのですが、

その様子ではなく、
  
以前足を運び、まだ写真を
アップしていなかった
タイレストランでの様子を
ご紹介します。

  
  
こちらの
タイレストランは、
Bienneの旧市街にあります。
  

{635C9F0F-9CAD-43A6-A8F2-DFE7A2A79300}

  
花が出てきたら
こんな事をする人が・・・んんっ
  

{DBE2AA72-9A48-479F-A954-2260E89D7602}

 
前菜は、
べジ春巻き。

  

{0F569D4A-BE7F-4F98-8CAE-91C88C6152C7}

  
私はメインに
大好きなエビ入り
パッタイを。
  
写真が暗い&あまり
上手に撮れなかったけど。

   

{797C9D23-1D04-4571-B74F-5AE7CA619A77}

  
夫は、豆腐の
炒め物?を注文。
無類の豆富好きです。

   

{4287928E-DCFC-4C42-950A-73D2F2127EB3}

  
たくさん頂いた為、
デザートはなし。
  
20時過ぎに外に出ても
まだ明るく、
こんな素敵な扉を
発見ハート

    

  

{8301457B-7DE4-44F9-8BE6-AF3039B853CA}

  
最近ブログを書く時間が
確保できておりませんが、
いつも訪問&お読み頂きまして

ありがとうございます。
  
  
皆さんのブログにも
お邪魔してきますねーニコちゃん
  

 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

またまた
インスタからの投稿ふわふわ

    
今週末は、
スイスも昼間は
暑いですが、
お風呂上りに
柑橘系のさっぱりオイルを
付けると、心も身体も
元気になりますニコちゃん
     

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。