湯田川温泉たけのこのブログ~つかさや旅館若旦那の巻~

山形の鶴岡の奥座敷・湯田川温泉。
平成21年2月に12年ぶりに帰ってきました。
帰郷して丸7年経ちました。

湯田川温泉の情報、お酒の情報(多めw)、娘の成長&ぼくらの成長などなど、当たり前の日常と非日常をお届けしたいと思います!!


テーマ:
ご無沙汰です。
若旦那です。日々のお伝えしたいことがたくさんあってもなかなか動けないのがこのブログ(笑)
不定期連載も不定期のまま、スペイン研修もどこに行ってしまったのか…。
 
とはいえ、ただ何もしないでいたわけではなく、色んな事を考えたり、やっていたりしたわけです。
 
今回は長文いきますよ!
月山ワインの醸造責任者の阿部さんを迎え、
旅館の若旦那を中心に、私の友人の調理人の方と一緒に月山ワインを勉強いたしました!
「Welcome to 月山ワイン in 湯田川」を開催!
 
ソレイユルバン ロザートフリッザンテ2015
{ED5F6028-B650-41CF-9718-CB503F29701A}
乾杯はヤマソービニオンで作られたロゼのスパークリングです。
甘さが程良く、乾杯にはとてもいいと思います。
 
前菜とお造り
{D891BF9A-D241-48F3-BDC1-91A282180DA5}

今回の料理は、当館の料理とベッダシチリアのシェフにお願いし、

ワインと飲むために親和性を出すために、お肉料理を中心に洋食のサポートをして頂きました。

一方で、通常の旅館でもそのままワインを出せるのか???

ということも試してみたかったので、胡麻豆腐のあんかけを始め、お刺身、ばんけ味噌なども用意しました。

サラミや生ハムなどでもやはりロザートフリッザンテはいいですね~。

 

ソレイユルバン ビアンコフリッザンテ2016

{F1FDC966-0E9C-446B-8B62-C553F8D23226}
甲州ブドウを原料にした辛口のスパークリングです。
今年からのワインということでとても楽しみでした!
僕はあまり感じなかったのですが、他の参加者からは香りが広がる~、ということ。
個人的には、飛島の塩辛と非常によく合いました。
当初は飛島の塩辛では生臭くなると思いましたが、いやはや。
 
二つのフリッザンテの説明をする、月山ワイン醸造責任者の阿部さん。
{A47C65A8-7ABF-4A41-B8AF-3DD0CDAD52A8}
 
はじめは堅苦しかった雰囲気も美味しいワインと共に明るくなってきました(笑)


今回のメニュー
{7B2CBE17-777A-46B7-8BA6-04567F350A23}

このメニューでは分かりにくいんですが、

「ソレイユルバン」ではなく、「ソレイユルパン」と記載してます(笑)

「ルパン」とずっと読んでましたし、旅館のドリンクメニューもそう書いてました。

すいませんm(__)m

 

今回のランナップ

{29512907-7764-4B84-9CEA-14FE282F2D43}

 

ソレイユルバンとは朝日、日の出の意味。

朝日村にあった月山ワインは、この名前を看板にしたということです。
 

ワイン会風景

{FC3D9F93-1AC1-47A2-BBBD-EDEACF0BFC43}

今回は月山ワイン山ぶどう研究所の加藤所長も参加して頂きました。

 

今回のテーマは、「月山ワインを知る」ということ。

 

通常私たちは、お客様に対価を頂き食事を提供しているわけです。

とはいえ、自分たちが分からないものは提供できません。

そこで、仲間と一緒に食文化を学び、味わいや食事の相性などを検証して、

自分のものにして、その先で自分たちがしっかり提供できるようにしていく仕組みを作りたい。

 

私はこれを「寺小屋ガストロノミー」と勝手に呼んでおります。

自分たちで学びの場を作り、多くの皆様と連携し、お客様に質の高い食を提供できるようにする。

そして、そこで学んだ私たちがもっとこのすそ野を広げていく。

つまり、自分たちのお客様にどんどん還元していく、という流れです。

 

月山ワインの歴史を阿部さんが解説

{ABB259F2-5695-40ED-926F-7BD9B0A3F6D6}

月山ワインの特徴は、地元のブドウでワインを作っている、ということです。

当りまえのようですが、そうでなかったりします。

JAが母体ということも大きな影響があると思います。

日本酒でいえば、竹の露さんが地元のお米だけで日本酒を醸しておりますね。

米も地元で作ったものでできれば、とってもわかりやすいんですけどね。

 

「甲州ぶどう」というと、山梨のイメージですよね。

でも、ここ鶴岡の櫛引地区西荒屋で栽培されている甲州ぶどうは、250年の栽培の歴史かおり幕末の頃、酒井藩の家老が甲州を取り寄せ自宅に植えていました。ところがぶどうは房がたれさがるところから武士は武道に励むのが本業、武道(ぶどう)が下がるのは武士道の恥ということで、自宅で植えるのをやめ西荒屋の農家に伝授されたのが始まりとされています。甲州ぶどうか栽培される北限の土地でもあります(月山ワインHPより)。

 

ソレイユルバン甲州シュールリー2015

{9D1AD7D3-C169-4FD5-9939-17F383C67895}

 

 

こんなことを、ソレイユルバン甲州シュールリー2015を飲みながら聞けば、味わいも変わります。

ブランコフリッザンテの後に飲むと、酸味のうまさも感じます。

 

個人的にはヒラメの昆布〆も、飛島の塩辛にもいいなぁ、と。

天ぷらにもいいですね。

 

話も盛り上がります

{798D60ED-C8ED-447A-A9B2-88E9A2276EB9}

当館にはしっかりとしたワイングラスを揃えておりませんでした。

今回は、ベッダシチリアの古門シェフにグラスを20脚借りることで、

ワインの味わいもより美味しく感じることができました。

 

安心して下しさい!!

当館もリーデルのグラス入れますよ!!

 

ソレイユルバン ヤマソービニオン2014

{C8469005-EA18-4506-89BE-8C5904BFD5C3}

このヤマソービ二オンとは、山梨大学の山川祥秀氏が1990年に作り出した赤ワイン品種。山ぶどうとカベルネ・ソーヴィニョンの交配品種。月山ワインでは、1997年頃から朝日地区を主体とし栽培を行っています。非常に糖度も高く色づきもよく、山形ならではの切れのよい酸味を併せ持つ将来性を感じさせる日本ならではのぶどうです(月山ワインHPより)。

 

特徴は、山ブドウから来る淡い色合いです。

渋みが少ないので、和食全体に合わせ易い思います。

 

と、今回のワイン会でとても印象的だったのが、

ばんけ味噌とヤマソービニオンとの相性が抜群だったこと。

これは満場一致だったと思いますwwwww。

面白いですね!

 

大羽鰈と山菜の天ぷらと山伏ポークの角煮
{9E929C49-67F9-4B2F-BC68-FB7B81F1EECF}

 

ばんけ(ふきのとう)の天ぷらとはヤマソービニオンではあまり合わないんです。

味噌のうまみと、砂糖の甘みがもしかしたら合うのかもしれません。

 

さて、豚の角煮と合わせてみます。

ヤマソービニオンだと、やや負ける感じがします。

脂の味には少し弱い感じです。

 

ソレイユルバン カベルネソービニオン2013

{CAFE18A1-077A-4F38-B1BB-A1712B2D038D}

満を持して登場!

庄内空港近くの袖浦の砂地で栽培されるカベルネソービニオン。

程よくタンニンがあり、飲みごたえがあります。

 

いやぁ、豚の角煮も合いますね~。

 

 

山形牛イチボのグリル

{08CB622B-14FC-48EC-BA18-012F110D2A44}

カベルネソービニオンとはやっぱりあいますね。

肉も塩だけでシンプルだからこそ。

 

 

 

阿部さんと若旦那

{4139D177-9312-4444-933C-08896841D197}

完全に出来上がってます(笑)

本当にいい時間を過ごせました。

次回は、もっと多くの方に提供できるように致します!

阿部さん、お時間ある時に付き合ってください~。

 

 

むかごごはん 真鯛の粕汁 おつけもの

{DD1834F2-2676-4B65-B124-0A476BB10E46}
粕汁とは何か合うかなぁ、と思いました。
あえて合わせなくてもいいのかもね、との意見も。

もう少し試してみます~。

 

色んなチャレンジ

{B73DE897-DF56-49E9-809D-C4376361F821}

 

{68234304-131C-4763-9DA0-A530C3E698D4}

セイベルや甲州のブレンド。

ワインはまだまだ大きな挑戦が続いています。

これからも楽しみです!

 

宴のあと

{1220CB1D-26AA-4EFA-8A21-B9BDD18AA5AD}

是非、皆様ワイン会を企画しますので、お越しくださいね!!

 

フェミナリーズ世界ワインコンクール2017金賞

{F26EBD34-5687-4932-B791-040E5FA66120}
タイミングを合わせるように、「ソレイユルバン ヤマソービニオン」が金賞を受賞。
これはまた鶴岡に大きな勲章が!!
 
月山ワインの阿部さん、加藤さん。
そして、写真を提供して頂いた、研一郎さん、みゆきさんありがとうございます!!
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、若旦那です〜〜。
先月2月12日から21日までスペインのバスク州にあるビルバオ市に滞在しておりました。今回は鶴岡市食文化創造都市推進協議会の世界料理人交流事業での派遣でした。

鶴岡市にある和食「庄内ざっこ」の齋藤亮一さんと、フレンチの「ポムデトール」の有坂公寿さんと私の3人。この期間中に2度ほど料理提供をすることになります。

私自身、今回の研修に入りにあたり、一番見てみたいことは
「食に携わる人々がどんな気持ちや想いで働いているのか?」
「そして、食べるということをどのように楽しんでいるのか?」
ということでした。
もちろん、色んな料理も食べてみたいし、見てみたいとおもっております。


さて、ほぼ待ち合わせ時間を含めると24時間のフライトでスペインのビルバオ空港に到着。

MELIA BILBAOが私たちの9日間お世話になるホテル。五つ星ホテルとのこと。
ここの厨房で調理し、お客様に召し上がっていただくことになります。
僕1人ビビっておりました(笑)

さて、ホテルに着いたのは23時前。
ホテルのレストランで少しご飯を食べようということになりました。
{31F9658F-4469-42EF-9A7F-D88EDC36F6D0}
イベリコブタの生ハム トマトそえ
{7C9A5FE4-3323-4C97-B3D6-AEDDE184DFA6}
アロッスボンバー(?)
キノコとトリュフのリゾット
僕は今回の旅で覚えた味はトリュフでしたね。効果的に使うと非常に美味しく感じる食材ですね!

そして、この日初めて、チャコリを飲みました。
主にスペインの北部で作られる、酸味が特徴の白ワイン。アルコール度数も低いと言われています。これからチャコリを飲み続けることになります。


{EB6D513E-4FE8-468F-83AE-004640E03F23}

吹き抜けのロビー。

{7EBEB34B-4169-4328-954E-91D588959148}

長時間のフライトで足はパンパンに膨れてしまいました(笑)

{82A6DBE1-8455-4822-A030-58098667A729}

ビルバオは8時にならないと外が明るくなりません。

{A71A09DA-75F6-4F0F-BCE7-2F8CE8ECFDCD}

朝七時半写真です。
僕は密かに、朝の特訓をこの川でしておりました。その成果が出ることに!

このような形で今回の研修を振り返り、フィードバックしていきます!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちはー !
若旦那です〜。
とうとう生まれました〜。
第3子、長男の誕生です(^。^)
{C37D9159-B039-43DB-9237-ECC546A101BC}

だんだんお腹が大きくなる妻を連れ尻目に、実感がわかなかった、今回の妊娠期。
忙しさと慣れなのか、あまり寄り添うことの出来なかったと思います。

{31961551-77F6-4C73-975B-9795A9AE0E1A}

出産は長女、次女と立ち会いました。
しかし、今回ほど「立ち会う」とはこういうことなのか、ということを思いました。
今までは、あくまでも「出産の瞬間に立ち会った」ということで、その前段には触れていなかったのだと思いました。

長女は義理の母が、次女は実の母が陣痛の時から寄り添い、体をいたわっていたのだということを初めて感じました。

というのも、夜中に陣痛が始まり、一緒に病院に入り、出産までの間ずっと妻のそばにいました。
間隔をあけて、繰り返す陣痛。
2人の娘を育てながら、お腹の子を育てていた妻。そのため、姿勢に無理を強いられ、左腰が痛むようでした。

陣痛の際も、そこが痛むようで、そこをさすることでだいぶ楽になるのだと、助産師さんに教えてもらいました。
腰をさするだけでは体が揺れるので、肩に手を置き、痛みの波に合わせて腰をさすります。その繰り返しが8時間ほど続きます。
僕自身は妻が何か欲しいものを買いに行ったりすれば、何となしに気晴らしにはなります。逆に妻はずっと分娩台の上で耐えるのみです。
ちょうど正午ぐらいに検診があるため、分娩室から席を外しました。僕はウトウトして寝落ちしたはず。
そこに、助産師さんに声をかけられました。破水したとのこと。

すぐに分娩室に。
そこには形相が変わり、汗がにじみ出ている姿がありました。緊張感が 伝わります。
僕は渇いた口に一口の飲み物を提供しただけで、もう何もすることはありません。

さっきのほんわかな助産師さんが、うってかわって心強い顔つきでずっと妻を応援してくれています。何と心強いことでしょうか。
出てこようとする赤ちゃん。
何とか外に出そうとする母親。

その必死な姿を見ると、何だか込みあげてくるものがありました。

みなさんのお力添えがあり、無事、元気な男の子が誕生しました。

命をかけて産む、ということをまた見させてもらいました。

まだまだ名前は決めておりませんが、いい名前をつけてあげたいな、と思います。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
おはようございます。
若旦那です!
本日は京都からブログを書いております。昨日から県の旅館組合青年部の研修でこちらにお邪魔しております。
1日目を終えての感想。
やっぱ、京都は面白い。ということです。
今回は絶対自分では来ない!選ばない!というコースをしっかり組んでいただきました。
今回の1番の目的は

『茶の湯に触れる』

京都に着いて一番初めに向かったのが「下鴨茶寮」。
{85B326F5-4E2C-481C-89F7-9A2DDE62E5ED}



{C0AE4878-A811-4EA7-A16D-310757AAF8F5}

{0EB59FAD-4FC2-40D8-AE7E-61837B80EDEA}

茶事を体験するのが今回の目的。
茶事(ちゃじ)とは、茶の湯において懐石、濃茶、薄茶をもてなす正式な茶会のことです。 
習いたての身分でこんなことをするとは思いませんでしたが、何もかも新鮮でした。

{097ED827-3BFF-42E2-AE41-43A8ED183194}

{1DA8834B-FC15-4204-B3F6-0E2B3C11453E}

{E9266268-CC37-45B8-8249-F2883C21B247}

八寸は取り分けをします。
テレビで見ていた場面に自分がいます。
一つ一つの料理も美味です。

{259C7632-CC39-4A44-BBDD-E74C3596B70D}

{5518733A-167D-422F-B05C-5CCFFDA1D27E}

{0E07D2EB-779F-4488-879C-7ED2B80D8088}

{6CE9E653-9290-49DE-B4EF-8F6E8BF05F1F}


一通りお食事が終わると、しつらえを変え、やっと濃茶です。

懐石とお酒はは全て、この濃茶の為。

一つの茶碗でみんな(4人)でいただきます。

{DBE3E851-BA0C-403C-AA95-966D106056BB}

衝撃でした!


味わいと風味。これがいつしか、美味いなぁ~と思える日が来るはず!
体の調子が悪い時は多分飲めません(笑)
僕はこのお茶で体調が良くなった気がします。

{0CAFBAD6-8D98-4CED-BA57-A28344BD053E}

{59903F4D-2938-44DC-92B4-52B9C1DF0EA7}

{86232349-7C03-4AB0-81A9-FA5E5A5A1A37}

{7AC56A03-E58E-46C7-B70F-3CC6EBD7DCC2}

本当に素晴らしい体験でした。

茶の湯とは、主人(おもてなす側)と、客(おもてなしを受ける側)の思いやる気持ちが相互に無いと成り立ちません。
どこにいっても、どこで食事をしても、どこに遊びに行っても、おもてなしを受ける人にも教養と配慮が必要なのだと改めて思いました。旅館をする上で、相手を思いやる気持ちを常に持つことを第一義としてながらも、そういった気持ちを持っていただける皆さまと末長くこの仕事でお付き合いしていきたいと、強く感じました。

さぁ、今日は嵐山で茶菓子作り体験です。
この場を作っていただいた研修委員会のつるやの山口裕司さんと、天童荘の伊藤豪さん、茶の深さを教えていただいた裏千家岩渕先生に感謝感謝です!

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは!
若旦那です。
孟宗シーズンがもうすご終わりを迎えます。いやぁ、今年も掘りましたね。
孟宗掘りは朝、ランチの提供は昼、ご宿泊のお客様は夜。
ということで、おかげさまで朝から晩まではたかせていただきました。そうなると、お昼に稽古していただいたお茶もなかなかできない状況でした。やっとのこさ、時間が取れまして、稽古に参加です!

{15F79D36-14E9-4C2E-9312-B3434C443BD1}

5月からは風炉釜に切り替わりました。
炉釜は炭をおこして、湯を沸かすため季節が良くなってきますと、暑くなってしまいますね。

{20EA0E56-0ED8-442B-8A90-2C6719FD9EC0}

茶菓子もあやめ。
このお菓子がいつも楽しみです。行く度に、季節とともに内容が変わってきます。
しかも、お菓子はいつも鶴岡の遠州屋さん。つかさや旅館のお茶うけも、遠州屋さんです。
いつか、風炉を求め、遠州屋さんの生菓子でお客さをお迎えできる日が来るのでしょうか??

{6DA0FE6E-9BAE-4E12-8818-44CF89A9D9FD}

いつも一緒にお茶を習っている。由利さん。
二回目に点てていただいたお茶が美味しかった。
{34C7BDE2-8286-4706-AB95-66F34466E740}

薫風自ずから南から来たる。
確かに、山に行っても田んぼに行っても草や大地の香りがしてきましたね。
これからは畑から人による大地の恵みがどんどん旅館の料理にもあがってきます。
たのしみですね。

{CBBAC24B-84C7-4198-B352-A45586A4275A}

今年のタケノコも竹になってきました。
今年はたくさんの親竹が立ちました。
再来年以降もいい孟宗が取れるように、元気の良さそうな竹を残しております。竹は約7年単位で間伐していかないといけません。
まだまだ、つかさやの山は本当に古い竹を全部切れてはいません。一昨年から竹の生年月日を、管理し始めましたので、上手に竹山を維持していきたいと思います!
{B14F3C25-E151-4659-B246-F7D05571B1D3}

まだ、こんな孟宗のタケノコが掘れます!
左手から上の部分しか地中に出ておりません。70センチは最低でも掘らないとこの全貌が見れません(^。^)
もう1週間、頑張ります、孟宗掘り( ̄^ ̄)ゞ
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。