中央大理工学部教授の高窪統さん=当時(45)=が殺害された事件で、殺人罪で起訴された卒業生山本竜太被告(29)の公判前整理手続きが22日、東京地裁であり、検察側は、山本被告が事件当時、心神耗弱状態だったとする弁護側の主張に対し、争わない姿勢を示した。これにより、公判で責任能力が争点とならない見通しとなった。
 地裁によると、弁護側は、山本被告は当時妄想性障害にかかっており、心神耗弱状態だったと主張。検察側も、責任能力が限定的だったことは争わないと述べたという。 

<テレ朝>金属入り脅迫文届く(毎日新聞)
「ますぞえ新党」幻に=公選法違反? -新党略称(時事通信)
<条例違反容疑>捕獲禁止の魚捕った男逮捕 滋賀(毎日新聞)
女性の人生の幸福度「結婚7割、仕事2割?」(産経新聞)
【GW】首都高が渋滞予想を公開(レスポンス)
AD