鳩山由紀夫首相は3日夜、前原誠司国土交通相ら3閣僚が同日の参院予算委員会の開始時刻を間違えて遅刻した問題に関し、「10年度予算案が衆院を通過し、緊張感が足りない。心から申し訳ないと思う」と述べた。一方で、原因については「事務方のミス。(時刻が)大臣まで伝わっておらず、役人の中に緊張感の足りないのがいる。大変けしからんことが起きた」と強調した。これを受け平野博文官房長官は同日夜に各省官房長を首相官邸に呼び、連絡を徹底するよう指示した。【横田愛】

【関連ニュース】
鳩山首相:「小沢氏と説明責任で合意」予算審議で明かす
鳩山首相:小沢氏と合意…政府と党、一体で政権公約策定
鳩山首相:公務員の労働基本権 11年から導入
鳩山首相:「規正法改正へ与野党協議を」 小沢氏に指示
普天間移設:「首相を信じる」福島氏 陸上反対を強調

<力士暴行死>「弟子ら信用できない」 名古屋高裁・控訴審(毎日新聞)
常務ら9人処分、再発防止策も=架線切断、新幹線停止で-JR東海(時事通信)
キツネ侵入による事故死、高速会社に「責任なし」 最高裁(産経新聞)
差し入れ制限規定は違法=二審も国に賠償命じる-福岡高裁(時事通信)
「まさに私利私益」離党の松田議員、除名処分へ(読売新聞)
AD