宮城、山形県境の船形山(1500メートル)で遭難中に発見された宮城県内の男女3人が3日午後4時ごろ、自力で登山口まで下山し、待機していた救急車で病院に搬送された。3人も体調に問題はないという。

 宮城県警大和署によると、遭難していたのは、仙台市泉区、庭野勲夫さん(70)▽同、田中義宗さん(73)▽宮城県多賀城市、佐野千枝子さん(63)の3人。

 同日早朝、田中さんから「3人とも元気」と連絡があり、宮城、山形両県警と自衛隊の計200人態勢で捜索。登山道から山形県側に数百メートル離れた山肌に3人の足跡を発見し、警笛を鳴らしたところ3人が姿を現したという。

【関連記事】
船形山の遭難グループを発見 3人とも自力歩行可能か
船形山の遭難グループ「3人とも元気」 宮城県警、200人態勢で捜索再開
ロビンソン・クルーソー島に津波、5人死亡
山岳遭難、3割増 平成21年統計 群馬県警地域課
埼玉の山スキー客が遭難 山形・蔵王山で
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

参院予算委、仙谷・原口・前原の3閣僚が遅刻(読売新聞)
鳩山首相 小沢氏と参院選に向け会談(毎日新聞)
<米アカデミー賞>会員に「ハート・ロッカー頼む」とメール(毎日新聞)
衰弱死の4歳児、児童相談所が強制保護断念(読売新聞)
特別交付税、算定・配分方法など見直しへ(読売新聞)
AD