先日、「月刊 サイゾー」で


オリンパス事件は氷山の一角 現役産業医が語る「リアルでブラックなクビ切り術」と題し


http://www.cyzo.com/2011/10/post_8912.html  


集団ストーカーと呼ばれる「従業員を使い、コンプライアンスにより内部告発した優良社員に嫌がらせをさせ、精神的に追い込み社会的抹殺を図ろうとしたオリンパス側が裁判で敗訴した」事が記事に出た。


その記事の中で注目したいのは、ある宗教団体の行動部隊へ委託して行われた、一部の教団にはそういう"業務"を請け負う部隊があり、各企業のとのパイプを構築しているのです。道ですれ違いざまに『○○、死ね』とささやいたり、ホームの対面からじっと視線を合わせたりするとか。


そして、産業医で精神科へ行かせ、社会的抹殺を図るとか。

こんな悪質なことが、社会で平気で行われていいのだろうか?


私の記事でも「企業からの嫌がらせ」


http://ameblo.jp/azarashi5/entry-10476227166.html



の内容と酷似しているので、その頃から企業が委託していたのだろうか。


そういえば、その場合も「社員からの嫌がらせに対し、上司に訴えた」事から始まった誹謗中傷の嫌がらせだった。


ある宗教団体とは「皆さんもお解りだろう」


先日、私は創価学会信者と思われる10代の女性から、鞄がぶつかったという理由で、突然私の髪の毛を鷲づかみにし、振り回された。

そして、母親と思われる女性が、「止めなさい!止めなさい!」と言いながら襲ってきた自分の娘を押さえるのではなく、暴力を振るわれている私を押さえ「あなたもいい加減にしなさい」とドスのきいた声で脅してきたのだ。


そして、翌日電車の中で二度目の「信者に囲まれ、誹謗中傷された」事件が起こった。

最初は、他の宗教名をいって私をからかって周りにいた信者と思われる人達と冷笑していた、

おまけにそのリーダーと思われる男性が、「米へんの病院へ行った方がいいよ」と周りに居た人達と大笑いしたり、「デブ」「気持ちが悪い」と私へ投げかけた言葉もあった。

これでも、精神科へ行くように話している。

私が山口組系・後藤組 後藤忠正の書いた「憚りながら」の事を持ち出し、創価学会がヤクザを使い、汚れ仕事をさせていた事や、本人が池田大作と証人喚問に出てもいいと話した事などを取り上げた途端、何事もなかったかのように大人しくなり、知らない顔をしだしたのだ。


そして、駅で降りる時、そのリーダー格の男性は「そーだよ!創価だよ、デブ!」と言い降りて行った。


すごい開き直った態度だった。

彼等は「東村山」にある駅から乗車してきた連中だ。


東村山といえば、朝木 明代市議の謀殺事件があった場所でもある。








AD

池田大作の発言

テーマ:

公明党の福井県本部長で当時県議会だった田賀一誠氏は、池田大作が「脱会者や脱会しそうな信者を自殺に追い込め」と指示した真実を明らかにしている。


1989年3月12日に埼玉指導で「反逆者や敵対者に対しても「コノヤロー、バカヤローと怒鳴れ」と話している。


だから、私は「バカ・パボ」と言われ続けているのだと思った。

突然、知らない人物から「バカ・パボ・頭のおかしい人・キチガイ」と詰られれば、精神的に追い込まれ自殺する人も出るだろう。

恐ろしい、人を使い簡単に人を死に追いやろうとする創価学会は頭がオカシイ。


先日、私は地元のauショップでスマートフォンに替えたが、その時古い携帯電話をauショップの女性店員に預けた。


古い携帯電話には、創価学会信者であった以前勤めていた職場の同僚から無言電話が留守番電話に入っていたので、名前を付け嫌がらせの証拠として、その無言電話を残しておいたのだが、スマートフォンが使いづらく「ICカード」をまた古い携帯に移して使ったら、その無言電話のデータが失われていて、ぜか「TUTAYA」からの留守番電話が入っていただけだった。


その「TUTAYA」からの留守番電話の内容は、「もしもーし、もしもーし、あれ?もしもーし」とずっともしもしを繰り返す内容であった。

店員なら店の名前と自分の名前を名乗り、用件を伝えるのが普通だが、余りにも不自然な内容で驚いた。


auショップに着いた時、その店員は電話をしていたが、一言も発せず黙って聞いている様子で、私がカウンターの席に座ると、黙って電話を切ったので変だなーと思っていたら、その店員が私の所に来て受付したのだ。


古い携帯電話を手放したのは、スマートフォンに切り替えた時だけなので、その時に消された可能性が高いと思われる。

せっかくの嫌がらせされた証拠を消されて頭にきている。

勝手に顧客の大事なデータを消すなんて犯罪だ!!!


許せない!!!


そういえば、市役所職員が脱会者の転居先を調べ創価学会へ漏洩したのは事実だから、auショップの店員も創価学会信者を使い消した可能性はあるだろう。

それだけ、あの無言電話は創価学会にとってまずかったのだろう。



皆さんも気をつけてください。



AD