二人の息子と母ayumi

大学院生長男、医学部生次男
母として、息子たちを見守る記録日記です。

現在の息子たちの様子については

アメンバー記事が多いですが

受験ブログに関しては、ほぼ公開にしています。

思いつくままに日々考えたこともぐだぐだと書いています。





NEW !
テーマ:

ワイドショー的な話題には、あまり触れたくないのですが、

今回の世間を騒がしている高畑淳子さんの息子さん

高畑祐太君の事件は、そこに潜む闇を思うと

こういう子どもを持ってしまったとき

親としてどうしたらいいか?

考えてしまう事件なだけに、

私個人として関心は大きいです。

 

20歳を過ぎたら成人なのだから、親は関係ない!

彼は性犯罪事件を犯した愚か者に過ぎないと

突き放して考えるだけで、果たしてよいのか?

 

・・・・・・・・・・・・

 

まず、今回の事件は、本当に残念です。

 

TV好きの私は、高畑祐太君のことを結構以前から知ってました。

さんま御殿で彼の子ども時代から見て知っていたので

連ドラ「まれ」を見て、かっこよくなったなーと感嘆してました。

そして最近では「さんま御殿」「メレンゲの気持ち」

「モニタリング」、ウェンツとの食歩き番組etc

大活躍に、

グレーゾーンともとられかねない天然さと

ひょうきんな一面がある母親の

血を受け継いでいるとも思わせる

力量のようなものすら感じていました。

 

それだけに、今回の事件の報道を知った時は

やんちゃな時代もあった息子さんを苦労して

育ててきた高畑淳子さんの母としての気持ちを思うと、

気の毒でお辛いだろうなーとその心中を察して

同じ子を持つ親として胸が締め付けられる思いです。

 

また、折角うまく行きかけた仕事をふいにしてしまい、

息子さんの人生は今後どうなってしまうのだろう?

という暗澹たる複雑な気持ちになりました。

 

けれどこう思うのは、加害者側をTVを通じてとはいえ、

私が知っているからであり、

今まで好きだった人たちだから・・

 

これが一般人の報道なら、

普通に卑劣な犯人を強く責め、

被害者の辛さを一番に考えるのでしょう。

 

今回の事件もそういう意味で、

実際にはどこまでのことだったのか?

ということが判明していないまでも

世間は彼がした卑劣な行為を決して許してはいけない!

ということには間違いありません。

 

 

けれど、最も気が重いのは、

性犯罪を犯す人の大半が

認知障害を持っているという点であり、

今までバラエティなどを見ていて感じていた

祐太君への違和感は、まさしくそれなのだろうと感じます。

 

連ドラまれでも、高畑祐太君は、

ドラマの中で好きになる相手役の女優さんに、

ドラマが終了した後も、バラエティなどで

熱烈なラブコールを送っていました。

 

20歳過ぎたばかりの若者こそ

普通は恥じらいというものがあり、

あのような彼の態度は、

天真爛漫というだけでは済まされない何かがあります。

一視聴者である私でさえも

何か違和感を感じていました。

 

けれど、これも母親譲りの性格のように感じて

天然キャラくらいに軽く受け流していました。

視聴者として不快感を感じるほどではなく

むしろ面白い子として「才能あるわ!」と

笑って見ていたのが実際のところです。

 

けれど言い寄られていた女優さんは、

毅然とした態度で、これでもかと言うほど、

本気の強い口調で公然と祐太君を拒否してました。

 

あれくらい強い口調で拒否しないと

祐太君はわかってくれないと思ったのでしょう。

 

役と現実との区別がつかない

祐太君の異常な感情に

彼女は恐怖すら感じていたのだと思います。

 

 

彼が認知障害だと決めつけてしまうことは

まだ何も細かいことが報道されていない中では

問題がかなりあるような気もしますし、

逆に彼を擁護していると非難されかねないのですが、

一方的に決めつけていると思ってもらって構いません。

実際に一方的決めつけなのですからww

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

社会適応が難しい認知障害。

性犯罪者特有の認知障害者にとって女性の体は物でしかなく、

自分の性的欲求をセーブすることは難しいw

 

相手がどれだけ嫌がっていても

それも相手の喜びの表現としか認知できない。

相手は自分と違う気持ちなのだと認識できない脳内構造

 

これは持って生まれた性癖とも言えるもので

そこに親の育て方は関係ありません。

 

そういう意味で、甘やかしたからだ!とか

そういう類のバッシングはナンセンスだと感じます。

世間にはもっと甘やかして育てている人はいくらでもいます。

甘やかして育てたら、子どもが性犯罪者になるのかと言えば

そんなことは決してありません。

 

糠に釘、のれんに腕押しの性犯罪者の心理。

表面的にわかったフリをしていても、

彼の心に性犯罪にあった女性の悲しみが

真に届く日が来ない限り、彼の更生は難しいでしょう。

 

今後、芸能界が彼を受け入れる日が

来るかどうかわかりませんが、

来るとしても、母親が所属してきた劇団とか

そういう類になるのかもしれません。

 

けれど、このままでは、彼が反省するフリしても、

その本当の意味の反省は自分の仕事への影響、

親への迷惑に対してでしかないでしょう。

 

刑が確定してその後社会に復帰した後、

この点を、高畑淳子さん、あるいは身近な人間が

どれだけ彼の障害を認識し、

彼を精神科に連れていけるか・・

 

そして、忍耐強く認知療法を行う方向に

持っていけるかどうかが

本当の光を見出す鍵だと思います。

 

彼が、今回心底相手に悪いことをしたと認知できない限り、

彼と共演する女優さんにも

今後危険が及ぶ可能性が出てきますし

芸能界復帰はかなり険しい道になるのかな?

という気がします。

 

これはもう生まれついて持ってしまった障害であり、

後天的に学習させることが

非常に困難なものであるからこそ、

再犯率が高い性犯罪。

だからこそ、その闇はより深いです。

 

・・・・・・・・・・・・

 

今日息子さんと警察で対面された

高畑淳子さんの会見が、明日あるそうです。

 

そこでどのような話が出てくるのかわかりませんが、

自分の育て方を責めるのではなく、

「治療を受けさせたい」という言葉が

出てくることを期待しますが

現実には今はまだ無理でしょうww

 

高畑淳子さんが、親として

そのようなことに考えが至る日が

いつかくることを願います。

 

AD
いいね!した人

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。