現在の息子たちの様子については

アメンバー記事が多いですが

受験ブログに関しては、ほぼ公開にしています。


多種雑多に書いてますので、

テーマ別に読んで頂くと読みやすいかもしれません。






  • 25 Feb
    • 受験会場での昼食:知らないことは怖いことw

        今日はいよいよ、国公立大学2次試験ですね。   過去記事でも書いてますが、 長男の時の、現役時東大受験の二次試験の昼食。   前日の下見で大学内にコンビニがあるのを知って ここで買えばいいやと思ってしまった(>_<)   コンビニ=365日24時間営業   この思い込みwwwwwwwwww   大学構内のコンビニは 営業時間も限られていれば休業日があることに 全く気付かずの、今から考えれば 信じられない程無知でおバカな親子でしたorz   初日は息子も昼食を大学構内で購入出来たようです。   それで問題がなかったのか、 2日目の試験も同じようにするつもりだった様子。   ところが、大学構内のコンビニに昼食を買いに行ったら 閉まってるww   理2の試験会場は、弥生キャンパスと言って 本郷キャンパスの奥の方の メイン道路から外れたところにある。   外に出てもコンビニはすぐになく 慌てて竹久夢二館でカレーを口にかき込んで 試験会場にギリギリ戻った息子でした(+_+)   もう、こんな気の毒なことありませんよ(:_;) うまくいく試験もうまくいくはずもなくwww 嫌、もともとの実力がなかっただけだけどwwwww   くれぐれも、こんなおバカなことに ならないようにしてくださいねw   こんな失敗するのうちだけか!orz     それから、それから・・・   センター試験の受験票も持参するの忘れずに!!    

      NEW!

      14
      2
      テーマ:
  • 24 Feb
    • 小中学生のテスト成績とテスト返却後の言葉

        コミュニティサイトはちょっと休憩(゜-゜)   もう休憩かい!? ww   このままフェードアウトか??   早すぎやろ(+_+)   と一人突っ込みですwww   だけど、コメントはどしどし受け付けてます。 どうぞ遠慮なさらずご参加ください(*^_^*)   ・・・・・・・・・・・・     知り合いの男の子が 高校受験で某私立高校に推薦で入学した。   その私立高校は、県内高校ランキングサイトの ある偏差値一覧を参考に見ると、 最高が偏差値75で最低が35 ランク最高がAで最低がGという表記の中で、   アドバンス、留学コースが偏差値54のDランク スポーツコース、進学コースが偏差値48のEランク   となっていた。   その男の子は、 私のバイト先にも中学1年途中まで来ていて 私もその子が解いたプリントを 採点したりしていたので知っているのだが、 結構優秀な子だと思っていた。   本人にも自分はそこそこ出来るという意識はあったと思う。   だから、その高校推薦を受けて合格したと聞いて 正直意外だった。 中学時代も短期留学に参加していたし、 英語をしっかり身に付けるための留学コースがあるから 実を取って、敢えてこの高校を選んだのかな? と思ってはみたものの、 もっと偏差値高めの高校でも 留学制度を設けている高校は他にもあるし 彼ならそういう高校は無理だったのかな? と一瞬ながら思った。   そのことを息子に話したら、   そうなんだよ!俺もその高校のことは、 イメージでそんなに優秀な学校でないと思っていたけど 個別で教えていた子も、その高校を目指していたんだよね。   結構飲み込みもいいし、頭もそんなに悪くない印象なのに、 その子でさえ、その高校に「受かるか不安ww」 なんて言ってるんだよね。   この子だけでなく、 教えていると、結構賢く思える奴、一杯いるんだよ! だけど、テストの点数は悪いんだよね(>_<)   うんうん、わかるわかる。   バイト先でも、成績がぐんと落ち込んでいて この子大丈夫?って思う子でも 丁寧に教えれば、飲み込みも悪くないし 結構頭いいじゃん!って思える。   だけど学校の成績は悪いのよ! テストで思うように点数が伸びないの!     そういう子たちの共通項があることに俺は驚いたね!   まず、自分のテスト結果を見ても感想が最悪w   「最初の問題がムズくて、てこずってたら 最後まで問題が解けませんでしたー! 終わりのほうは、問題すら読んでませーん(^_^メ)」   こんなことを、 さほど悔しそうな様子もなく、平気で言うんだよ!   それから、   「先生、ここ計算ミスしちゃったー!わかってたんだけどね」   「本当はここわかってたのに、勘違いしちゃいましたー」   つまり、地団太踏んで悔しがらないんだよ!   本当は自分は出来るもーん!やれば出来るんだもーん!   という意識が根底のどこかにあって そこで思考が停止してしまっているんだよw   その先、今後どうしたら、こういうミスを防げるかを 真剣に考えようとしないw   一言でいえば、全てに詰めが甘い!!     まさしくその通り!   出来る子と出来ない子の差って、 能力差というよりも   小さなミスも自分に許すか許さないか! の違い   ミスを「うっかり」で終わらせてしまうか   ミスは重大な欠点と意識して改善しようと努力するか   私はこの差だと思う。     「うっかりミスなんだからもう~~! あんたはやればできるんだからね! がんばりなさいよ!」   と生徒を励ます大人を見るにつけ、   それ違うやろ! もっと叱らんかい! うっかりミスを許すような言葉を言うな!   って私は内心思ってます(-_-;)     小学時代は塾に通っており、 校内でも皆から優秀と認められていて この子なら、トップ校に行けそうだな・・・ と思えるような子でさえも、蓋を開けたら そこそこの進学校には入学していきますが 上位4に入るようなトップの高校に入学するのは 見たことがありません。   最上位の高校に入るには、 何かもう一つ、秀でた何かが必要なのだろうな・・ と思わされます。   その何かもう一つが、『詰め』というものなのでしょう。     詰めが甘いというのは、自分の大きな欠点だと思え! 逆にそこを克服すれば、成績が上がる!   このように強い口調で 詰めの意識を子どもに植え付けないと 理解力ある子でも、案外学校のテストでは 思うような点が取れないことってあるんだなー とつくづく思いますw     お宅のお子さん、 そのようなパターンに陥ってませんか?  

      NEW!

      27
      2
      テーマ:
    • Q4受験:二浪以上の多浪について経験談をお聞かせください。

      ※コミュニティ記事です。 よろしければコメント欄にご参加ください。   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   皆さんからの質問を継続的に頂くのには、 ブログ村にも参加していない閉鎖的なブログ故に 限界があるかもしれませんww   そこで、過去の雑多なコミュニティの板より 部分的に拾ったものですが 自分で選んだテーマに沿って拾い集めたものを 放出させてもらいます。   引き続き、皆さまからのコメントが頂けることも 期待いたします<(_ _)>   テーマは表題の通り、 『多浪(含再受験)』 です。     【女医Aさん】   学費負担的に国公立医学部だけが目標という受験生も多く、 とにかく何が何でもと思っているうちに浪人を重ねる場合もあります。   あるいは別の理由で国公立だけが選択肢というかたも、おられるでしょう。   でも、受かればいいんです。 受験は結果が全てですから。   医学部、再受験で検索すると多浪生や 一般大卒後の受験生に寛容な大学、 厳しくてせいぜい一浪、よくて二浪までの大学、 それぞれのリストが出てきます。   直近の合格者を参考にしており、 大手予備校のなかには、 各医学部の入学者の年齢分布の表まで出してくれるところもあります。   面接や小論文で不利になるのではという不安が 年齢の高い医学部受験生にあり、 そういう情報はソースがしっかりしていれば 受験校の決定に大いに役立ちます。     二次の学力テストのあとに面接のある私の母校(近畿の国立医)も、 こういうリストでは常に高齢の受験生に寛容であるとされています。 もう30年もまえ、 大卒後に25歳で国立医に挑戦したときは、 駿台予備校の仲間の口コミだけで、 偏差値とにらめっこして受験大学を決めました。 いまは、ウェブ検索でわかりますから、隔世の感ありです。   臨床医として海外の臨床留学も経験して、 いまに至っていますが、 遅い年齢を不利を感じたことは一度もなく、 国立医卒のアドヴァンテージなのかなとも思っています。   研修医募集の試験や、就職に関する面接などで、そう感じました。 思い過ごしかもしれませんが。 ま、遅い年齢を不利と感じるかどうかは、人それぞれだとは思いますが。   学費は国立大学の学生のほうが 育英会の奨学金を借りたり受けやすいと、担当者に言われました。     【保護者Bさん】   子供が在籍する旧帝大医学部の同級生に 入学時の年齢が53歳の男性と41歳の男性がいらっしゃいます。   53歳の方は 子供の父親よりも年長です。   留年せずストレートでも研修医になるのは 還暦前の59歳です。   試験の点数のみで合否が決まるのですね。そんな大学もあるんです。     【女医Cさん】   当方も高齢医学生(30代後半で入学→40代前半で卒業)でした。   在学中はさほど苦労することはなかったのですが、 卒業して困ったのが「臨床研修制度」でした。   この2年間が本当に困りました。 (早く過ぎ去れ!と本気に思っていた落第研修医でした)   1年でも早く医師免許を取得されることは 本当に今の時代ますます有利になってきましたね。     【2浪目女子の保護者Dさん】   現役時はセンター試験失敗で医学部に出願することも出来ず、 国公立は歯学部に出願。   歯学部合格するも、 本人の医学部を再挑戦したいという強い希望により 入学辞退し浪人致しました。   今思えばなんと愚かなことと思いますが、 だからこそ何としても医学部に行かせてやりたい思いです。   1浪目は、藁にもすがる思いで 1浪まで出願可の地方国医の推薦入試を出願し不合格。   その後、前期後期も不合格。   私立医大については、 自治体の修学資金枠に出願し不合格。   一般枠でも合格でしたが経済的理由で辞退いたしました。   1浪時に通っていた大手予備校医学部専門校舎の 先生の「えええっ!!どうして辞退したのですか!!??」 との言葉が、今も胸に突き刺さります(苦笑)   経済的理由で辞退など有り得ない!という雰囲気でした(苦笑)   首都圏に住んでおりますが、 家から通える超難関の国医は手の届かぬ存在で到底無理です。   北から南まで全国どこにでも送り出すつもりです。   頼みの綱であった防衛医大は1浪時と今年と 2年続けて1次で不合格。 今年も、前期後期ともに全く縁もゆかりも無い 地方の国医に出願しています。   この様に書いてきて思うのは、 娘にはやはり学力が足りないのか… このまま夢で終わってしまうのか…。   しかし、浪人して上手くいくのは2割と言われる中で 成績は着実に上がっており、 2浪目の模試では夏前からA判定を取り続けていますので、 それだけが救いです。   2浪した女子となれば、医学部以外へ進学したらば、 もうまともな就職は出来ないことと思われます。 それだけが心配です。   今回が最後の受験と言い聞かせ、本人も納得済み。 今年は中期に医学部以外も出願しています。 本人曰く、 「もう十分にやり尽くした、 どんな結果になろうとも後悔はしない、 今度こそ納得して医学部以外でも進学出来る」 とのことです。     【2浪後医学生女子の保護者Eさん】     我が娘も二浪して地方の国立大学で学んでいます。   やはり、二浪するお子様はどうしても 秀才レベルで現役や一浪で突破するお子様と違いますね。 その分リスクが高い。 言わば人生をかけたギャンブルのように 今となれば思います。 そしてそれをどう納得するのかが大切だと思います。   我が子は後期に合格を頂きました。 最後の最後で彼女は合格を勝ち取りました。   でも、親として今思うのは、 彼女の人生なのだからその補助をしただけなのだから 親はただそれだけで十分子供に感謝しています。   現役合わせ三度の受験、 費用や精神的な負担それも子供と共に過ごせたのだから それだけで十分幸せだと思います。   二次の面接で二浪した事を聞かれたときは 親に二浪させて頂いた事を感謝していることを 面接官に伝えなさいとアドバイスしましたが、 どう返答したのか   ただ、感謝の気持ちで面接を受ける事って 精神的に優しい気持ちで、 医師になりたい強い思いで臨めたのかなと思います。          

      10
      テーマ:
  • 21 Feb
    • Q3親として:医学科受験で5浪決定しました。

      ※コミュニティ記事です。 よろしければコメント欄にご参加ください。   *************   昨日メッセージでコミュティへの質問を頂きました。 今回は質問者様は匿名とさせて頂きます。   *************     実は、お付き合いのあった方の子供さんが 5浪することになりました(泣)   この1年、少しでもお役に立てばと思って、 励ましたり、アドバイスをさせてもらってたので 私でさえ、辛いのに、 お母さまの心境は如何ばかりかと思います。   現在医学生で、過去に多浪した方、 再受験生のブログはよく見かけますが、 さすがに、そういう経験をされたお母さまのブログは ないように思います。 私自身は、子どもが2浪までの経験しかなく、 この先の1年、どうやってあげたらいいのか。。   やはり、重く、繊細なことなので、 コミュニティでアドバイス等は聞かないほうがいいですよね?   あゆみさんは、どう思われますか?   (Q)医学部受験は、期限を決めて挑戦するほうがいい。。。?   (Q)親は、子供にどう対応したらいい。。?   因みに、私の知り合いは一般家庭の方です。 私自身、多浪について、間違ってるとか、これが正しいとか、 他人がどうこう言えるものではなく、 あくまでそのご家庭の判断だと思ってます。 (Q)とは言え、4浪して絶対合格するとは言えないし、 先の見えない不安感と、 どうしても医学部へという気持ちと、 どう折り合いをつけるのか。。? 例えば、開業医のご家庭は、後継ぎとして、 何浪してもいいから医学部へと考える親御さんが 多いように思います。   金銭的にも余裕があるからだと思いますが、 一般家庭の場合、そうはいかないですよね(´;ω;`)ウッ…   なんでもいいので ご意見をお聞かせ下さればありがたいですm(__)m     ************   以上   ※私が、コミュニティで質問しても大丈夫だと判断し ご本人の了解のもとに掲載させて頂きました。   皆さまに先立ち、私自身の意見を書かせてもらいます。     (Q)医学部受験は、期限を決めて挑戦するほうがいい。。。?   息子は、一浪時も医学部受験しかしてません。 結果が全て不合格なら2浪させてほしいと頼まれてました。   けれど、 「2浪しても結果が出せないのなら 自分はそこまでのものだと思う。 だから3浪はしない!」 と決意の言葉を発してました。   それが自分自身の精神力の限界 自分の学力の限界と定めたのでしょう・・   それならそれでいいと私は思ってました。   これらのことは、息子自身の心一つ。   けれど人間の心は変化します。   その後も多浪を続けるも続けないも 全ては息子の気持ち次第。 そんなふうに、私は考えてました。   私自身は、息子が諦めない限り、 何浪してもいいくらいの覚悟で臨んでました。     (Q)金銭的にも余裕があるからだと思いますが、 一般家庭の場合、そうはいかないですよね(´;ω;`)ウッ…   この件に関しては、我が家の場合、 一浪目は予備校に通いましたが、 もしも2浪したら、 模試や夏期講習くらいのお金は出すでしょうが、 基本宅浪にしてほしいと思ってました。   しかし、息子が2浪めも予備校を希望したら お金が許せばそれを許していたかもしれません・・ 流石に3浪目以降に突入するようなことになったら 宅浪をお願いするかもw   子どもの辛そうな姿を見ることが、 親にとっては最も辛いこと。   親が心理的に子どもの辛そうな姿を見ることに 耐え切れないだけでなく、 自分自身も早く楽になりたいという心理が働きます。 そのことは、誰でもそうだと思います。 私だって多分そうw   子に多浪は許さないという理由を 経済的な印籠でもって 子どもに期限を言い渡す親御さんも多いと思います。   子どもに厳しい姿勢を見せることで 子どもに覚悟をもって必死に勉強してほしい という願いもあるでしょうが、 辛さから親も早く逃げたいという深層心理が 少なからず働いているケースもあるような気がします。   浪人には経済的な負担が少ない「宅浪」 という選択肢もあるのですから 親もどこまで覚悟を持てるか・・・なのではないかな? と思ったりします。     (Q)とは言え、5浪して絶対合格するとは言えないし、 先の見えない不安感と、 どうしても医学部へという気持ちと、 どう折り合いをつけるのか。。?   どんなことにも言えることですが、 当事者でなければわからない辛さというものがあります。 私には多浪の本当の辛さはわかっていないので 意見を申し上げる資格は本来ないのですが、 それでも、ご本人が納得するまで挑戦すればいいと思います。   以前ブログでご紹介しましたが、 現在医学生のブロ友さんがいます。 その方は5浪しています。 4浪めは予備校に通われましたが あとは自宅浪人だったそうです。   5浪の末に疲れ果て、 一旦、看護学科に入学して気持ちを立て直します。 そして再度エネルギーが湧いたところで 仮面浪人のまま再受験されて医学生になられました。   ご本人によると、 仮面浪人した理由は、   3浪目から勉強する意欲は低下していたそうですが 5浪目についに精神的な限界を迎えてしまい、   「勉強も手につかないし、集中力もない、 倫政の知識も全く入ってこないわで、 このまま浪人していても合格できない」   「今年医学科落ちたらとりあえず大学に入って 仮面浪人しよう! 一回気分転換した方が合格する可能性が高い!」   と思ったからだそうです。   何浪もしていることの後ろめたさ、 早く経済的に自立しなければいけない という気持ちもあったのだとか・・・     私は、そのブロ友さんが仮面浪人している 医学部合格年の受験ブログに出会ったのですが、、 その年必ず合格されると確信しました。   直感と言ってしまえばそれまでですが、 それは、それまでの成績という裏付けがあったからだけでなく チャレンジさせて貰える環境を与えてくれている 親ごさんだけにでなく、 周りの全てに感謝の気持ちを強くお持ちだったからです。 故に、この方なら大丈夫と私は思いました。   すべては、 多浪させてもらえる・・・ 夢を追い続けさせてもらえる・・・ そんな自分の恵まれた境遇に 感謝の気持ちを持てるかどうかに その後の成否のカギがあると思います。   けれど言うのは簡単ですw 私自身は子どもの一浪でも辛かったのですから 多浪当事者家族の辛さは想像するだけで 涙が出そうになります。   多浪生ご当人は、自分には勉強に対する甘さがあったと そうおっしゃる方も少なからずいるように見受けられますが、 それをもってしても、 多浪の末に夢を実現させた方の その粘り強さと精神力の強さに私は感服します。     皆さんなら、自分の子どもが5浪することを許しますか? 多浪することに対し、 どういうお考えをお持ちでしょうか?  

      16
      2
      テーマ:
    • Q2生活:下宿先探しについて

      ※コミュニティ記事です。 よろしければコメント欄にご参加ください。   ・・・・・・・・・・・・・・・・   前回のブログに対し、早速コメント頂いたブロ友さんがた 本当にありがとうございました(*^。^*)   TVに関しては、持っていない人のほうが どうやら多そうな感じですね^_^;   自分だったら、絶対にテレビは必需品です・・ 見てなくても多分、スイッチをつけてしまいそうです。 シーンとした部屋で、寂しくないのかな?と思いますね^^;   けれど、テレビ関係者は若者のテレビ離れに 相当な危機感を持っていると聞いたことがあります。 娯楽はネットに流れているのですね。 今の時代アンケートを取ったら、 もしかしたらテレビいらない派の学生は 相当数に上るのかもしれません。   ************   コメントはいつ頂いても有難いので、色々な質問に対し 過去ログだからと遠慮しないでコメント頂けると幸いです。   そして、読者様には「参考になった!」と思って頂けたら 「いいね」を押して頂けると嬉しいです(*^_^*)     *************   さて、今回も私から、代弁する形で 「下宿探しについて」 の質問をさせて頂きます。     下宿探しは何も新入生に限ったことではありません。   2年生になると、   私立医大だと、1年次住んでいた寮から、 下宿に移行しなければならないとか   国公立大だと、キャンパスが変わる為に 1年次終わりに下宿先を転居しなければならない というケースがあります。   現役生とかだと、まだ未成年。 浪人してからの入学だとしても まだ20歳そこそことか若いケースも多いです。   そこで質問です。   ①親も下宿先決定に関わりましたか? それとも子どもにほとんどを任せましたか?   ②皆さんはいつ頃、 下宿先を決めて引っ越されましたか?   ③その他、気になったこと、気をつけたことなど、 そのエリア独特のことがあったよ!など 特筆すべきことがあれば教えてください。   **************   例えば、①ですが、   我が家の場合は、長男現役時は親子で。   2年時に引っ越した時は、全て子ども任せ。   東京での大学院入学時も勿論 殆ど全て子どもが一人でやりました。 この年齢になる男子となると、 親の関与をはずがしがって受け付けません(+_+) 長男は特にそういう傾向が強いですねー(・・;) 私も物件探し、一緒に参加させてほしかったなーw こういうこと好きなんですよ(~_~;)   けれどですよ!ネットで色々調べ、 現地見学もいくつかした息子ですが 立地、家賃など、なかなか条件に見合う良い物件がなくw 私がこのことをブログで書いたところ、 あるブロ友さんから有益な物件情報を頂き、 結局その物件に息子は今住んでいます。 ブログのお蔭だね!と恩を着せている私です(ホッホッホ)     <金沢大学>   私が次男の受験時に下宿をネットで少し検討した時のことですが 金沢大学の下宿先を検討していた時は、 冬場の洗濯物干し場が部屋内に 物干しスペースとして設けられている物件があって 中部地方ではまずないスペースに「なるほどー」と感嘆しました(笑)     <北海道大学>   大学受験時の札幌で長男と下宿探しをした時は 西向きを私が嫌う発言をしたら 「冬寒い札幌では案外西向きも好まれる」 と不動産屋さんがおっしゃりました。   その理由はこちらに書かれているのをみつけたので 一応リンクを貼っておきます↓   部屋の方角って何向きがいい? http://www.ce-anabuki.jp/blog/information/1802/     入学できるかわからないけれど 物件探ししておくしかない後期日程の その時の状況は下記のリンク記事に書かれています。   そうなんです! 子どもの受験に親がついていくかどうか? 受験時の親の同行には過保護論がついて回りますが 場合によっては、子が受験している間に 親は下宿先候補の物件を下見に行ったり 子と一緒に検討する仕事があるのですよ(~_~;) その為に我が家は、一泊余分に宿泊しました。 飛行機で何度も足を運べませんから(+_+) それがこちら↓ 長男後期日程受験時の様子です。 ↓ 東日本大震災翌日の後期日程試験 その2 http://ameblo.jp/ayumi623poppo/entry-11628964587.html     そして、例え一般的に好まれる南向き物件でも 実際に見に言ったら、 部屋によって隣接のビルに窓をふさがれていたりしたので 現地に行って確かめることの重要性を感じました。   遠い場合、ネットだけで物件を決めてしまう人も 実際にいるんですよね~(・・;)   どこのどいつだ? こいつだ↓(笑)   <宮崎大学> http://ameblo.jp/ayumi623poppo/entry-11764614334.html     ************     こんなふうに、色々なケースを 経験を通じて具体的に 思いつくままに書いて頂けるとありがたいです。 コメント欄は字数制限がありますので 複数に分けて頂いても構わないですし、   自身のブログで下宿探しについて 公開記事でブログを書いたことがある人は リンクを貼って頂く形も大歓迎です!!     新1年生、新2年生になられる皆さん、 下宿探しについて何か具体的な質問はないですか?(゜-゜)    

      22
      6
      テーマ:
  • 20 Feb
    • Q1生活:下宿先のテレビ購入するかしないかで迷っています

      ※コミュニティ記事です。 よろしければコメント欄にご参加ください。   **************     早速、私が質問者になって始めてみます^_^;   子どもが、下宿になってしまいました。   テレビを購入で迷っています。 皆さんは、テレビ購入しましたか?それともしませんでしたか?   テレビ購入しても必要なかったw テレビはあって良かったなど、色々経験談を教えてください。  

      19
      9
      テーマ:
    • ささやかな受験情報交換コミュニティの場を作ってみました

      実験的にですが、主に医学科受験生向けの ささやかなコミュニティの場を作ってみます。   コメント欄は、承認制を外し、自由に開けておきます! 但し、迷惑コメント防止の為に、 「アメーバーID登録している方のみ受け付ける」という設定は そのままにしておきます。   私も自由気ままにコメントすることもあるかもですが 律義にコメ返しません。   私よりもよっぽど知識や情報が豊かな方々は大勢いるからです。   差し支えなければ、従来からのブロ友さんたちも 体験談など先輩パパ、ママとしてご協力頂けたら幸いです。   実験的な試みなので、どうなるかわかりません。 コメントを自由に開放すると、 タイムリーさはクリアできますが、 荒らしが入るのが心配です。 また問題が発生するようなら再検討します。   どうぞ、ブログを書いていない人も参加してください。 そして、受験生本人も大歓迎です。 医学生本人からのアドバイスはもっと有難いです♡   そして、こんなことを質問したいというのも メッセージやコメントでください。   実験的にやってみたいと思います。   なるべく、テーマにそったブログに コメントしていただけると助かります。   ブログ名はどうしましょうね? 今はいいのが思いつかないし、うまくいくかどうかも解らないので 暫く様子見てから検討します^^;   全く、反応がない可能性も十分あり得ます(>_<) そういう場合は、ニーズがなかったかw と思って、元のブログに早々に戻ります(笑)  

      15
      6
      テーマ:
  • 19 Feb
    • 医学生:留年とお金

        またまた続けます。 短くまとめるのが苦手で長くてすみませんww   前のブログから、再試についてくどくど書いてますが 医学科では 一つだけ再試でも、それが通過できなければ留年。 9つ再試でも全部通過できれば進級です。 これも大学によって微妙に違うかもですが(・.・;)   なので、長男のときのように 単位を一つや二つ落としても 学年末時と卒業時それぞれに必要な単位数を満たしていれば 卒業できるというのとはわけが違うのですw だから長男のときは 再試の存在すら意識したことはありませんでした(~_~;)   けれど医学科では 再試=通過しなければ留年 ですから、子どもが再試にかかったと聞くと 親は冷や冷やして肝が縮む思いをするわけですw     特に、私立医に通わせていたりすれば、 留年時のお金の問題は言いたくないですが 避けては通れない問題ですよね。   私立医に通わせているご家庭は 裕福なご家庭が多いとは思いますが、 奨学金で学費を一部賄っているご家庭も ありますからねー。   私立医でなく国公立大でも1年延びれば 約53万+下宿代仕送り12万として 年間約200万円が吹っ飛ぶのですから 親もお金のことを言って、 プレッシャーをかけたくもなりますよね(>_<)   親にだって生活はある!だからそれは当然です!!   だからこそ、メッセージをくださった方のように 「留年は(経済的に)許さないからね」と どうせ言うなら、勉強が大変になる学年の 年度初めに釘だけは刺しておくのが肝要と思います(-_-;)   テスト真っ最中の子どもに それを言ってプレッシャーをかけるというのは 酷というものですw ましてや、再試になってしまったものを どれだけなじっても仕方ありませんw そこは「再試は頑張って」と応援するしかありません。 なじってはダメです! 子は子なりに頑張っているのが普通なのですから。   テスト真っ最中は、お金のプレッシャーは ぐっとこらえて封印し 「大変だよねー」「体は大丈夫?」と子に いたわりの声をかけてあげたいものです。     留年時のお金のことを言うなら、 それは入学時と 大変な学年になる年度初め!     「医学部は、留年率も高いらしいから、 万が一留年してしまっても仕方ないのかもしれない。 けれど我が家には 余分に大学に行かせる余裕がないことだけは知っておいてほしい。   それでもどんなけ頑張ってもダメなときもあるかもしれない。   だから、万が一留年してしまったとして 余分にかかった学費及び、下宿代は 親が借金してでも一時的に立て替えてあげるけれど、   その時余分にかかった学費は下宿代含めて、 あなたが親からの借金扱いで 自分で稼ぐようになったら返済してください!」   と私なら入学前に念の為に子には言うかもしれません。 というか、そういう会話を我が家はしました(-_-;)   「そんなこと当たり前だよ!わかっているよ!」   と言うくらいの子どもでなければ、 私はダメだと思います。   そうでなく、そう話す親を厳しい親だと思う子は 甘ちゃんだと思います。   例え親にお金があっても、 こういう厳しめのスタイルを貫くくらいで 子が成長する為には丁度いいと私は思います。     あくまでも私の個人的な意見ですが 私はシビアですかね?(+_+)   そこまで?と思うかもしれませんが、 留年率の高さを考えると医学部は そういうことも事前に話しておく必要がある学部だと 私は思っていますww     ・・・・・・・・・・・     今週末はいよいよ国公立大学二次試験ですね。 4月には医学生になっている受験生もいらっしゃることでしょう。   入学時は喜びに溢れ、下宿生の場合は準備に追われ それどころではないかもしれません。   そんな入学前からシビアな話は 脳裏をかすめることすらないかもしれませんが、 入学前だからこそ、 特に下宿させる場合は、 お子さんの様子が見えにくくなる前に こういう話を一度はしておいても良いのではないかなーww   などと思います(-_-;)     まだ受験結果が出る前の方もいる時期に このような記事を書くには 時期が少し早すぎましたが、 大学によってはもう春休みという大学もあるようなので 今のうちに子に喝を入れる為にも 大学1年生の保護者様に 少しだけこういうこと言ってる人がいたなーと 頭の片隅に入れておいて頂けたらと思い 公開記事で書いてみました(~_~;)   受験生家庭の方々は親のサポートもあと少し! もうひと踏ん張りですね! 頑張ってくださいね(^'^)

      31
      6
      テーマ:
    • 医学生:再試の嵐?!

      前回ブログの続きです。     一つ前のブログに書いたように、 2年生は大変な学年と皆さんが言います。   折角、大変な受験を乗り越えて晴れて医学生になれたのに ゲームをやり過ぎたり色々な理由で、 大学生になった途端に 勉強が疎かになってしまうお子さんもいるやもしれません。 けれど、大半の学生は、 それなりに勉強も頑張ってやっていると思います。 それでも再試にひっかかるときはひっかかるというww   息子の大学は、新制度移行に伴い、 1月から既に3年生扱いでしたので、 年末に留年者は決定ww 一桁とはいえ相当数いますwwww   留年した家庭はお正月もドヨヨーンですよ(;_;)     息子の大学の場合 やはり、女子の方が留年する人は圧倒的に少ないです!   女子の方が男子よりも約三分の一と 人数がかなり少ないのですから、 再試者人数や留年者人数は女子のほうが少なくて当然ですが、 そうでなくて、(女子の再試者数÷女子の人数)の割合が 男子のそれよりも圧倒的にかなりかなり少ないのです。 強調しすぎのようですが(笑) 本当にかなり再試になる割合が少ないのです。   それだけ、医学部の勉強は、 コツコツやる真面目度が高い女子のほうが 向いているのかもしれませんね(・_・;)     よって、2年生を2回目もしくは 3回目という人も極々わずかですがいるのですから 1年時の入学者数よりも 2年時の学生数の方が当然ながら多くなります!      息子は幸いにも、大学入学以来、 今のところ再試ゼロで頑張ってくれてますが、 (こう書いてしまう時に限って、 次の試験は再試になったりするような気がするので、 本当は書きたくないですがww) 一緒に住んでいても勉強している姿を私は 一度もないと言っていいほど ほとんど見たことがないので不安になることもありますww   もうねー、そうなると 結果で評価するしかありません(・_・;)   ほぼ毎日のように部活があるとはいえ 多分、帰りがいつも10時過ぎばかりと遅いので どんだけ大学が好きやねん(笑)と思ったりしますが 大学で勉強するときはしているのでしょうね。 本人は勉強しているとは言ってませんが そう思ってあげるしかありません(^_^メ) 無勉でテストクリアできるわけがないし(>_<)   息子の大学の場合、2年になってから年末までの 各テストにおいて再試に一つもひっかからない人は 約三分の一くらいの人数でしたw   この数字も大学や学年によって様々だとは思いますが、 それくらい、一つや二つ再試にひっかかる人は 多いのです(・・;) 中には再試常連という人もいますし、 それはもう、いろいろですw   仮に今後再試にかかるようなことがあっても、 医学部はそれくらい再試者が多いのですから 大変な思いをしているお子さんを 不用意になじることはしないで   「再試をクリアできれば大丈夫なんだから・・頑張って(^_^.)」 とお子さんを是非励ましてあげてほしいなーと思います。 私も今後息子が再試にかかったら そういうスタンスで不用意に息子を追い込まないように してあげたいと思いますorz     珍しく息子の大学のことを公開記事で書いてますので、 まずいかなーw   冷や汗ものですが、ここまでは伏線^^;   最終的に言いたいことは次のブログですので 頑張って次も書いてみます。   さらにつづく^^;

      14
      5
      テーマ:
    • 医学生:大変な学年・・試験中の子どもと親の態度

        医学部1年生の保護者様からメッセージを頂きました。 無事、進級決定されたとのこと、おめでとうございました(*^。^*)   2年生学年は大変だと聞いているので 今から 「留年は(経済的に)許さないからね」 とお子さんに釘を刺されているご様子。   2年生学年になったら1年生次以上に 心して勉強に取り組んでもらわなければならないから 親は子にそれくらい言っておいて、 丁度いいのかもしれませんね(~_~;)   実際に、怠け心で勉強が怠りがちになり 再試の嵐になってしまうお子さんもいるでしょうからw   今やスマホで無料でゲームがやれる時代です。 息子の大学でもスマホゲームをやっている人は本当に多く 授業中ですらやっている人もいると言います。   「それはダメでしょ(>_<)」と私が非難すると   「教授たちは教育学部出ている教師ではないからね。 つまり教育のプロではないということ。 教えるという点では上手さに個人差があるんだよ。 特に年配の教授に、パワポの取り扱いスキルが低い人が多いw 細かい文字をびっしりパワポで書いていたり 見やすく見せるという一定のパワポルールを知らないw その点は、若い教官のほうが、上手かな・・ 授業聞いていてもわからないものはわからないw」   と授業中にゲームをしてしまう人の気持ちもわからないではない ような発言をしてましたw     とは言いましても 息子の大学も2年時は勉強が本当に大変そうで、 息子も部活は色々やってましたが、 それ以外は受験生のような生活でした。   その分、テスト終了後の年度末は腑抜けのようになって それどうよ!(+_+) って親が思うくらい ぐだぐだに緊張の糸をおもいっきり緩めていましたが(~_~;) その時は私も最初のうちは黙認していました。 けれど、ぐだぐだがあまりにも長く続いたので ちくっと嫌味を言ったら、息子からの反撃をくらいました(>_<) それくらい緊張が強かったからこそ、 その緊張の糸をほぐすのにも時間がかかった ということらしいです((+_+)) 私もこのときは失敗しましたww 一緒に住んでいると、子どもも親がうっとおしい部分も あるでしょうねorz     このように 去年は鬱気味にすらなったとは本人の弁ですw テストが次から次に連続で続き苦しい時期、 息子のマイナス発言に対しては 「そんなの医学部だから大変なの当たり前だよ!」 ではなく、ひたすら 「大変だね。辛いよねーw」 と共感してあげることを私も心がけることができました(汗   また、「やばい!やばい!」男の長男とは対照的に 次男は昔から、もともと弱音を吐くタイプではないので そんな次男が、「辛い」と言うのだから相当辛いのだろうw と、思ってやることが出来たことも 失敗発言をしなくて済んだ要因かもしれません。   またそれは、私が息子と一緒に住んでいて 顔を見ることも出来るし、様子がわかる故に 息子の鬱気味状態を把握できたから ただそれだけが理由かもしれませんw   そうして息子も弱音を吐いてSOSを発してくれたからこそ、   「何を甘えたこと言ってるの! 辛いのは皆一緒だよ!」   「1年留年したらお金がいくら余分にかかるかわかる? うちにはそんな余裕ないからね!」   「再試だけにはならないでよ」   などという、ともすれば親が言ってしまいそうな 子どもを更に追い込む不用意発言をせずに 済んだのかな?と思います。 ブロ友さんたちも、少しでもお子さんの負担を軽くしてやりたいと 下宿しているお子さんの家の掃除に行ったり、 自分で作った料理を冷凍したものや市販の食材を送ったり、 出来る範囲で協力していらっしゃる人もいますね。 私は長男の下宿先には 大学1年次から一度も行ってなくて、 何か役に立ちそうなものを見繕って送るなどもしない 薄情なタイプの親ですから、 皆さん愛情深いなと感心しています♡ そういうことを嫌がるお子さんもいれば 快く「ありがとう♪」と受け入れるタイプのお子さんもいると思います。 それは、それぞれの性格とタイプの違いということだけですので お子さんから拒否されたらそれはそれで 「自分とこの親子関係は希薄なのかな?」などと寂しく思わないで 「うちの子は自立している」と思っていればいいとは思います(^_^.)     つづく  

      11
      テーマ:
  • 18 Feb
  • 15 Feb
    • 周りの環境

        長男の就活・・・ 今はIT,外資、ベンチャー希望の長男。 最終的にどういうところに落ち着くのかわかりません。 もしかしたら、上記とは全く違うかもしれません^_^;   息子がいいところまでいった外資は、 その分野のシェアでは世界一を占めるという外資でしたが 外資にしては珍しく離職率がかなり低く 企業側も大切に社員を育て、末永く働いてほしいと 思っている企業風土だったようです。 そんな社風の企業なのに、 息子はいずれ独立して起業したいようなことを話してしまったのだとかw 三次と進んだ面接で落とされたのは あの一言がまずかったと思うwと話してました。 アチャー(>_<) と思いましたが、 嘘を言って、後々心情的に変なことになるよりも 息子の嗜好性にあった社風の企業に行ったほうが 多分良いのでしょうね(・。・;   そうなんですよ~wwwww 息子は起業家精神旺盛なんです。 終身雇用で一つの企業に骨をうずめる気は全くなし(>_<)   今の大学でとても仲良くしている中国人の子と 一緒に起業しようという話も具体的に出ているようです。   「何も知らない学生が、今から起業の話をするのは時期尚早。 まずは、一度は企業に勤めて社会勉強するべき!」   親として基本、就活に口出しはしませんが、 これだけは、言わせてもらいました。 息子もその点は十分承知しているようです。   私が就活した30年前の時代は、 周りの優秀な男子の同級生たちは こぞって都銀、証券会社などの金融系に就職しました。 だからと言って、今はどうでしょう? 30年の間に金融業界を吹き荒れた嵐は皆さんご存知の通りです。   IT,ベンチャー、外資、東証一部上場企業、 中小企業でも頑張っていて将来性のある会社・・・   何がいいのか、どんな分野がこれからいいのか・・・ 目先だけいいのか? 将来にわたって・・・??   めまぐるしく変化する世の中にあって、 これがいい!などと子に押し付けることは私には怖くてできませんww   であるならば、自分が興味ある分野にエントリーするのが 一番賢明なのではないかな?という気がします。 外資でも日系でもなんでもいいです。 それぞれに傾向はあれど、十把一絡げにせず 一社一社と向き合って、自分が納得すればいいのでしょう^_^;   息子なりの考え方の軸を持ち 自分の嗜好性も踏まえたうえで、 各企業で出会った社員の雰囲気や社風を見て、 大学の仲間や諸先輩、ネット情報などを得て 息子もいくつかの企業にエントリーしているのだと思います。   それが私には、一見脈絡がないチョイスにみえても、 一本何かの脈らしきものは息子の中ではあるのだろうな・・・ そんなふうに思って見ています。     起業の件ですが、これもまた、 将来何をどう起業するのか 本人にもまだわかっていないと思います。   けれど、息子の血縁男性を見ると、   息子にとって母方の祖祖父2人と祖父も自営。 父方の祖祖父2人と祖父も自営。 そして息子の父親も自営。 つまり、息子の直近の直系血族にサラリーマンは一人もいません^_^;   他も見渡せば、大叔父、叔父、大半が自営業です。 起業して手広く商売を成功させた社長さんも数人います。   そのせいか、長男だけでなく、 次男も遠い将来は開業・・などということを口走ることもあります。   もう、これは、血筋、環境、としか言えないと思います。   多分、普通のサラリーマン家庭なら 何を甘いこと言ってるんだ! と変なことを口走る息子に眉をひそめるのでしょうが、 我々夫婦にも、その環境の血は流れているので、 長男から「いずれ起業したい」と言われても そこまで反発や不安感を覚えないのでしょうね^_^; 路頭に迷わずに何とか生きていけるなら、 思うようにやればいいんじゃない?とどこか達観しています。   とは言っても、時代は変わりました。   1年で銀行を辞めてしまった姪っ子とお正月に話していたら 同時期に同期3人が辞めたそうです。   長男の大学の友人たちも、 終身雇用を考えて就活している人は少ないらしいです。 息子が今は文系だからかもしれませんが・・・   技術系などの理系はまた違うのかもしれませんが、 それにしても不透明な時代。   心配しても始まらないので、 健康な体さえあればなるようになる・・・ と、傍で見ている親も腹を括るしかありません(+_+)     それよりも、自分たちの老後のほうが心配です(・_・;)  

      46
      4
      テーマ:
  • 13 Feb
  • 08 Feb
    • リブログ:”大阪医科大学の数学”

        続けて、前回と同じKiriさんのブログをリブログさせて頂きました。

      12
      1
      テーマ:
    • リブログ:”関西医科大学の数学”

        関西医科の一次は既に終了しましたが、 来年度受験という方々もいらっしゃるでしょうから こちらのブログをリブログさせて頂きました。

      1
      テーマ:
    • 国公立大志望受験者が私立医受験に苦戦する理由

        国公立大医学科志望で 私立医併願している人たちの中には、 模試もセンターも手堅く仕上げていたにも関わらず 苦戦している人も結構いらっしゃるのではないでしょうか?   ・・・・・・・・・・・・・・   過去記事を読んで頂いている方々はご存じの通りですが 息子は浪人時は、私立医受験対策も盤石とは言えませんが それなりに対策しました。   地元私立医2大に焦点を合わせましたが 予備校チューターとの面談で、 急遽、予備校すぐ近くで 一次試験が受験できるという理由で 関〇医科も受験しました。 結果は過去記事で書いた通りです。   関東圏の高偏差値の私立医受験はしていませんので 何とも言えませんが、 それでも私立医受験は侮っていては足元をすくわれます(>_<) 高校受験の滑り止めとは訳が違います。   息子も国公立大学が第一志望でしたので 勉強しなければならない科目も多く 私立医受験対策は無対策にどうしてもなりがちw   本当にこれでいいのか?と不安になった私は 息子の私立受験に供えて 某私立医専を利用させて頂きました。   検索に係ると困るので少しごまかしますが その医専とはメディカ〇ラ〇です。   この医専は、高額な学費で有名かと思います。   けれど、実際に国公立大が第一志望で、 大手予備校に通塾していることもお伝えしたところ、 変な勧誘は一切なし。   それどころか、大らかな態度で、 私立大学別の無料対策講習だけでなく 個別相談にも乗って頂きました。   その上、結局出願しなかったのですが 当時検討していた産業〇科大学の メディカ〇ラ〇独自の面接聞き取り資料まで ご親切に郵送して頂きました。   息子の通ったK塾は、私立医受験に対しては ほぼ無対策というかスルー状態だったので これには本当にありがたく、感謝しています。   ・・・・・・・・・・・・・・   その無料講習は親子参加が多く、 私も一緒に聴かせて頂きました。   大学別模試も格安で受検できました。 息子も地元の2大学のを受検したのですが、 この模試は当然ほとんどが、 私立医専の人たちしか受検していない模試です。   その模試の結果を受けて、 「これは、無対策では危ないかも・・・」 と危機感を強めた息子でした(>_<)   その講習会の中で印象的だった言葉がありました。   それは、 「旧帝など高偏差値の医学部を目指しており それなりの実力がある人でも私立医受験では 不合格になることはざらにある」 という言葉です。   その理由は、国公立大が第一志望の彼らは 私立医受験を舐めてかかっており 対策も過去問を数年分解いてくるだけのケースがよくある。 酷いケースだと1、2年分解いておしまいとか(・。・;   一方で当然ですが、 私立医専願者は問題傾向を研究しつくし 念入りに準備してきます!   ・・・・・・・・・・・   また、地元私立A医科大学の 合格者の出身地別合格率のグラフを見せて頂くと、 地元合格率が高く出ていました。   受験者人数が地元ほどどうしても多いですから 合格者人数が多くなるのは当然ですが、 人数でなくて、「地元合格者数÷地元受験者人数」の 合格率が高く出ているのです。   このことは、地元の人間ほど、 大学への思い入れが特に強まる傾向があるので、 より受験対策を念入りにしてくるから。   ただそれだけの単純な理由だそうです!   妙に納得がいきました(^_^;)  

      13
      テーマ:
  • 06 Feb
    • 春風が運ぶもの

        春先に花をつけ、夏まで葉をつけると、 あとは地下で過ごす一連の草花の総称を、 スプリングエフェメラル(Spring ephemeral) と言うそうです。 「エフェメラル」とは「はかない」という意味   そんなスプリングエフェメラルの中でも 季節名をズバリあらわすこの時期の植物と言えば 「セツブンソウ」(キンポウゲ科)       私は実際に見たことがないのですが、可憐でかわいい花ですね。   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   そして、先週末の茶道稽古場でのお花     蠟梅(ろうばい)と椿   掛け軸は「一陽来福」     もう一つの床は   「春風生福寿」   受験生家庭に春風と共に福が早く訪れますように・・・  

      10
      テーマ:
    • 今年も!?

      テーマ:

プロフィール

あゆみ

性別:
女性
血液型:
B型

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

ランキング

総合ランキング
5982 位
総合月間
11356 位
受験生
35 位
親子
36 位

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。