1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
テーマ:世界のビール☆(World Beers)
2016-08-26 06:21:21

”"旅人あやねえと飲む世界のビール"イベント開催☆Beer Party!”

One year ago, I wrote the blog... my first world beer party!
Now planning world beer tour also... let's toast on the earth!

1年前、あやねえと飲む世界のビールツアーの初企画、初開催をしたんだった☆
今は、世界のビールツアーも、計画中♪
読んでくださってるビール好き、
楽しいこと好きの皆様、地球の上でカンパイしましょ!!🍻


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
テーマ:ビールエッセイ(Beer Essay)
2016-08-18 22:16:34

1日1つ、ビールの話★ありがとうを300回

1日1回、ビールの話4☆

 

「・・・なんの音!?」

 

 バースデーの目覚めは最悪だった。すごい物音が聞こえて、時計を見ると午前2時半。部屋の外で、ばたばたばた・・・と走り回る音がしてる。

 

 好きじゃないから、普段口から出てこない「最悪」って言葉も、誕生日にこんな風に叩き起こされるその状況には、ぴったりに思えた。
 でも、イライラがつのって爆発する前に・・・いつものクセで考える。この状況も、後で何か面白い思い出のネタになるか、笑えるかも?落ち着いて、とりあえず耳をふさいで、もう一度眠りにつこう・・・

 

 そこは埼玉県、緑溢れるエリアの某宿泊施設。私を含む、あるイベントクルーメンバー以外に、30人ほどの中学生団体が泊まってた。夏休みを利用した、自然体験クラスが行われていたらしい。

 

 消灯は22時だった様で、その時間には教師達が注意していた様だった。が、話し声や歩きまわる音はその後も続く。先生はなんで注意しないんだろう?旅行会社のスタッフ(彼らの引率)らしき女性が

 

「いつまで騒いでるの!!静かにしてくれませんか!?」

 

見かねて廊下で叫んでいる声が23時半頃に聞こえ、その後静かになった。が・・・明け方に、その騒がしさが、もっとひどくなるなんて。

 今の子達は言っても聞かない、親御さんもあまり言わない、そして教師は以前より、厳しく生徒を叱ることが出来ない風潮・・・なんてニュースを見るけど、この現象がそういうこと?なんて思いつつ、いつの間にか記憶は無くなっていた。

 

 朝7時過ぎ、ねむい目をこすりながら朝食レストランに向かうと、既に元気な中学生達はバイキングの列に並んでいた。


「おはようございます!」

 

と挨拶してくれる生徒も、何人もいて、にくめない。ワイワイ食事してる姿を見てたら微笑ましく、まぁ中学生ってこんな感じなのかもね、なんて自分の修学旅行を思い出したりもした。

 

「ありがとうございました」

 

 引率に促されて宿の従業員に挨拶する生徒達に続いて、私達もお世話になりました、と宿を後にした。
 2日連続で行われた、町おこし夏フェス的イベントの仕事はうまく行き、ハッピーな気分。
 さらに、駅での別れ際、仕事仲間は皆でバースデーソングを歌ってくれた!

 

 ・・・そうだった、今日はバースデー!いくつになっても私には嬉しい日。

 

 皆と別れた後、電車に乗りこみ膝の上でPCを開く。数年続けているSNSのフェイスブックを開くと

 

「友達253人がタイムラインに誕生日のメッセージを投稿しました。」

 

そして、50通ほどのメッセージ・・・うわぁたくさん!と驚くが、ここ数年、これは毎年恒例。お祝いしてもらえるのはありがたいことだ。

 

 フェイスブックを始めたころ「司会の仕事をする、イベントやパ-ティを知ってもらう機会になるかも?」と友達リクエストには、全てOKしていた。そして実際にイベントが行われると、その後、新たにリクエストが。それもOK・・・気づけばSNS上の友達数は4000人を超え、本当の知人友人以外は、もう誰が誰だか判らない。

 

 最近は、実際にお会いしたことを意識できる方のみ、リクエストOK。又、もうしばらく会ってないことがハッキリ判る方で、投稿写真やコメントが、私とはどうも合わないかな?ということが判る時は、そっと「解除」させて頂いてる。

 とはいえ、基本的には「何かの出会いは全て何かのご縁」と思う。それはネット上であっても。

 

 そして、3年前のバースデーに、ふと思ったことがあった。

 

「以前の私なら、おめでとうって言ってくれる人には、必ずお礼を言ってた。今年はそんなに忙しくないから、Facebookにおめでとうをくれた人みんなに、お礼を書いてみよう」
 
 その3年越しの習慣で、今年もメッセージをひとつずつ確認しては、返事を書いた。

 

「ありがとうございます」

 

「Thank you!」

 

「良い年になるよう、頑張ります」

 

そういえば昔、ルームシェアしてたコが何かの本を読んで


「ありがとうって1000回言うと願いが叶うんだって」
「へえ、そうなんだ!じゃ、1分で何回言えるかなー。それを数えても良いの?」
「そうじゃない?数えてみる?」

 

そんな会話をしたことがあった・・・この、「ありがとう」の感謝を伝える度に増える幸せ感が、願いが叶うことに繋がるのかな?

 

 今年のおめでとうに添えられた一言には、ここ数年の私のビール写真投稿を受け、ビールに関するものが増えていた。写真、乾杯マーク、又飲もうねというコメント。ハッピーバースデーならぬ

「Happy Beerday(ハッピービアデイ)!」

という挨拶は米国の、仲良しクラフトビールマニアからのお約束のコメントだ。相手を思って、好きなものを、思い出してコメントに入れてくれるのって、本当に嬉しい。

 

 ・・・そんな訳で、最悪なスタートと思ったバースデーは、最高の日として、暖かい気持ちで終える1日となった。

 

 実は一昨年、去年も、コメントを書きながら思っていた。 

 これからの人生にどんな変化が起きるか判らない。忙しくなったり、住む場所が変わったりするかも。又、沢山メッセージを頂くことも無くなるだろうし、1人1人にお礼を書けなくなるかもしれない・・・でも、できるだけ続けられたらいいな。

 

 でも、今年も沢山ありがとうを頂けた。そして、ありがとうを300回以上伝えられた・・・3年分合わせたら、大きな願いごとが叶うのかな?

 

 誕生日は、1年で1番ありがとうを言える日なのだ。
 でも、そうでなくても、ふとした時に

 

「ありがとう」

 

って伝える日々を送りたい・・・そうして、素敵な1年にしよう。


<後書き>

 

まずは・・・独り言で「ビールの話はちょこっと」エッセイ、におつきあい頂き、読んで頂いてるあなたに「ありがとうございます」♪

 

Facebookを始めとしたSNS等、使ってる方も、使ってない方もいらっしゃると思います。そして、どんなつきあい方をするかは、年齢や立場やその方の考え方などで全く違うでしょう。頻度、書き方、どんなつきあい方をするかも。

 

私の「Facebookとのつきあい方」のエッセイみたいになりましたが、4000人以上フレンドがいる人は、普通は有名人の方だと思うので、ちょっと私の場合は特殊かな、とも思いますが・・・基本的に、心が通うコミュニケーションに活用できればと思います。

 

クラフトビールが好きなのも、それを通じてのコミュニケーションが楽しいから。以前はワインを良く飲んでたけれど、ビールの方がより気軽にワイワイ楽しめるような。パブ的な場所で周りと気軽な会話が出来たり、SNSでもビールのおかげでやりとりが広がって楽しめることが、たくさんあります。

 

「バースデービール」は、8月頭のバースデーの帰り道、仕事仲間がつきあってくれ、行ってみたかった氷川ブリュアリーさんで美味しく頂きました。ケーキ代わりの漬け物を、お店からプレゼントして頂きました・・・感謝!

 

よく、FBやブログ等で「誕生日、産んでくれた両親にありがとう」をよく見かけます。私には、なかなか恥ずかしくて言えない、書けないフレーズですが、最近ようやく、朝、目覚めた時に「両親の子供で良かったらな~」と寝ぼけながら思うようになったので・・・来年あたり?どうかな。

 

もし、今日がお誕生日、もしくはお誕生日が近い方が読んで頂いていたら・・・おめでとうございます!

お互い、素敵な1年にしましょうね♪

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
テーマ:日常♪(every day)
2016-08-13 22:18:16

夏休みの工作?!☆Calendar Arrangement

10日間の夏休み・・・嬉しい♪

そして、あえて、でかけず、大掃除&断捨離中です。

目標は1週間後に、居心地の良い

「マイオフィス・リビング・ビアパブ風」の部屋にする。

(欲張りすぎかしらw)

 

Summer vacation now!! 
So trying the arrangement.


 

ビールキャップが色々出てきたし、

ビールっぽい部屋にするには、

和風すぎるカレンダーをアレンジしてみようかな・・・

 

Putting some caps and beer mat on the calender.


 

こちら、小田原の人気かまぼこメーカー

「鈴廣」さんから頂いたカレンダー。

このままでも、充分可愛いのですが♪

(ちなみに、いつも、かまぼこでなく

いつも箱根ビールを買ってしまう私。。。)

 

Actually I like the original calender also. It's pretty.


 

シンガポールのブリューパブのコースターと

ビアキャップもくっつけようかなーと

はじめは思ってました。

赤~金~オレンジカラーで!

 

・・・でも、一般工作用のりじゃダメなのね。

 

Wished to put beer caps on the calender,

but could'nt...(Didn't have adhesive bond)


 

 Finally I like this♪

 

そんな訳で、シンプルに、できあがり~♪

 

「想像力は知識よりもっと大切である」

去年の和風カレンダーの言葉が

好きで取ってあったので貼り付け。

 

赤いハート2つは、雑誌広告の

グッチのバッグの模様。

サイズが良いので切り抜いて大活用!(笑)

・・・ビールだけでなく、

さすがに少しラブリーにしようと思って♪

 

木のビーズのチベットのブレスレット、

くっつけるのはやめ

かけるだけにしました。

 

良い感じにできたなー(満足)

 

気分転換は大成功。

断捨離も、続けて頑張りまーす。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
テーマ:ブログ
2016-08-13 11:53:38

今日は左利きの日☆International lefthanders Day

Today, August 13rd is International lefthanders Day...I just knew it now ! Beautifull:-)

https://en.wikipedia.org/wiki/International_Lefthanders_Day

http://www.lefthandersday.com/

We have another Japanese Lefthanders Day on Feb. 10th in Japan also.

 

8月13日は、国際的な「左利きの日」・・・と今、アメブロ画面で知りました。もともとは、イギリスの「左利きクラブ」が左利き用の道具を作り誰でも安全に過ごせるようにという運動から始まったとのこと・・・素敵なことです。

 

なお、日本では、2月10日が(も?)左利きの日になってるとか。

(ウィキペディアより)

 

あなたは右利き?左利き?

 

私は・・・右手を使うことを教わって、そのまま育ったけれど・・・もともと、左利きだったのかもしれないと思うことがありました。子供の頃、左手を使うのが楽で、トランプ等のカードを切る時も、自然に左だったりしたので。

 

今は、右手ばかり使っているけれど・・・左手を使うと右脳が活性化するなんて聞くし、たまには使ってみようかな?・・・両利きも、良いかも!

 

あなたもスタンプをGETしよう

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
テーマ:ビールエッセイ(Beer Essay)
2016-08-12 23:50:31

1日1つ、ビールの話★待ち時間

1日1つ、ビールの話3☆

 

 日々の暮らしの中には、様々なシーンで何かを待つ時間がある。人と会う時、会議が始まる前、並んでコーヒーを買う時、レストランで、病院の検査時、人気テーマパークの人気アトラクションで・・・などなど。

 

 基本的に、人気店だから、というような行列で待つことは、ほぼしない私だが、好きな「待ち時間」がある。それは空港での時間。

 

 ここ数年、飛行機に乗る機会が増えた。なので、空港でフライト待ちを良くするのだけど、それは幸せなひととき。空港に一歩、足を踏み入れるだけでワクワクするのだ。

 

 何故って、そこにはいろんな人が行ったり来たりしてる。旅行、仕事、留学や研修に出かける人達。又はそこから帰ってくる人達・・・その雰囲気はなんとも言えない、いい感じ。

 そして、それをサポートする人達も大勢。パイロットや客室乗務員、空港スタッフ、レストランスタッフに、お土産販売スタッフ。そして、コンビ二バイトスタッフ、航空機やその他の乗り物・空港自体を管理する立場の方・・・てきぱきと働く方達を見るのは楽しい。


 水は常に流れていると濁らない、というけれど、空港も同じで、人や物、何かが常に動いていて、良いパワーが宿ってる・・・そんな風に感じるのだ。

 

 先日も、成田空港に2日連続で出むく、仕事の機会に恵まれた・・・それは、たまに受け持つ海外のVIP対応業務。

 

 お迎えしたのは、米国ジョージア州の某企業CEO。会社名とB氏の名前をグーグル検索すると、運良く写真付の情報にヒット。国際線の到着窓口で、迷わずお会いできた。そして、手配してあったハイヤータクシーにて、東京駅近くの5つ星ホテルまでお見送り。8年前に一度来日し、その時も東京駅付近に宿泊したそう。

「でね、仕事の合間に・・・どこだったかな?新幹線で原爆記念館がある所にも行ったんだ」
「広島かな・・・昨日、その都市の、原爆記念日だったんですよ」
「ああ、そうか。そうなんだね」

彼はしみじみした顔をした。

 

 CEOと聞くと、堅苦しい雰囲気を想像する方もいるかもしれない。が、会社役員などをはじめとする海外VIPの方は、飾らない気さくな方も多い。Mr.Bもまさにそう。私自身、ジョージア州はアトランタにステイしたこともあって、人気の寿司レストランやローカルクラフトビールの話で盛り上がり・・・あっという間に、ホテルに到着。夕方は取引先の方がロビーに迎えに来るのでよろしくと伝え、又明日会いましょう、とホテルを後にした。

 

 翌日も全てスムーズだった。会議も良かったし、和食も素晴らしかったよ、ありがとう、と握手をして、B氏はビジネスラウンジに消えていった。うーん、良かった。

 ・・・と思ったら、大事件が起きた。

 ニュースでも話題になったけれど、デルタ航空の本社にてメインコンピューターがダウン。その日15時半以降の全世界のデルタ便が遅れ、成田空港でも数機が欠航・・・その一機は、彼の乗る予定のフライトだった。

 

 メールで大丈夫か連絡。「機体から降りて対応待ち」と一回22時半頃に返信が来た。その次の返信は、真夜中の2時半・・・航空会社手配のホテルの部屋に、やっと入られた後だった。できるだけ早いフライトを段取りしてもらう手配を約束。そして数時間後、寝不足のまま私は別の仕事へ。そこで引き続き、合間に、電話したりメールしたり・・・

 

 周りの仕事仲間には「大変だね~!」と同情されたけど、本当に大変だったのはMr.B。帰国後の仕事の予定も詰まっていたろう、なのに、8時間以上の待ち時間の後、飛行機から降ろされ、更に2日後のフライトを代替えにされたら、たまったものではなかったろう。
 
  そう、楽しいはずの「フライト待ち」も、何かが起きると、冷や汗ものの時間に早変わり。思い返せば、私自身も色々あった。

 

 米国からの帰国時、30分遅延予告が1時間、2時間、3時間・・・どんどんと伸びた時には、暇をもてあまし、いつ帰れるのか不安に。
 ラオスの郊外で国内線に乗るはずが、もう今日は来ないから、明日同じ時間に来てください、と言われた時はビックリ仰天。
 一番きつかったのは、一昨年のリスボン、空港でのあの瞬間。
「フライト遅延してるので、乗り換え地のドバイで一泊してください」
一緒にいた何人かのお客様は、ドバイ観光が出来る!と喜ぶ。別のお客様は帰らないとまずい!と焦る。アテンド担当だった、私のストレスは限界寸前・・・

 

 でも、そんな時に文句を言ってもどうしようもない。気持ちを切り替え、機転を利かせ、最善の方法を取るしかない。そして大変な経験こそ、後に良い経験になり役立つ・・・実際、自分の場合もそうだった。
 

 考えてみれば、Mr.Bは私以上に、そういった状況も度々経験されているはず。それを踏まえて行動し、すばやく対応し、メールで仕事を進め、うまく仮眠を取りながら、時間を過ごしたに違いない。

 

 最終的には、一日早いフライトのご案内ができ、無事に乗り込まれ(ただしそれも2時間遅れで出発したが)無事に到着したMr.Bは「本当にありがとう!今、ハーツフィールド空港だよ」と関係者全員に即、メールをくれた・・・さすがだ。疲労困憊してると、連絡がどうも遅れがちな私、学ばなくては・・・

 

 そういえば。忘れてたけど、フライト遅延をうまく使えたこともあった。
 ハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ空港にて。1時間半離陸が遅れたおかげで、地元クラフトビールであるSweetwater(スイートウォーター)を、バーでゆっくり味わった。当時、英語力も今より非常に低かったので、バーテンさんや隣の人達と話しながら、英単語のメモを取りながら飲んだっけ。

 

 考え方と工夫次第で、どんな時間も自分の物にできる。そして、それを後押ししてくれる設備や施設があれば、更に助かる。全ての空港のゲートのそばに、美味しいビールが飲めるカフェやバーがあれば・・・どんなフライト待ちの時であっても、助かる人が・・・特にこのエッセイを読んで下さってる人には、ありがたいこと・・・ですよね?

 

 もし、これを読んで頂いてる空港関係者&ビール関係者の方いらっしゃいましたら、美味しいビールの1ファンより・・・ぜひぜひ、そんな場のご検討をよろしくお願い致します!

 

<後書き>

 

ひさびさビアエッセイ。読んで頂いてるみなさま、ありがとうございます。実は、書きかけの「パート3」の候補がたくさん、たまってました。1つ前の「2」 http://ameblo.jp/ayanee/entry-12186607278.html が気に入ってて、その後に、何か書こうとしても、筆が止まり・・・でも、仕事中に大事件が起きてネタとなりました(笑・・・今だから笑えるけど)

 

なお、書いてるもの全般、ノンフィクションベースでちょいフィクション入れてます・・・例えば、Mr.BはAが頭文字で、企業でなくて研究所の方。アトランタでなくてサンフランシスコから来てて・・・って、この例えも別のことだったりして(笑)一応、個人情報保護のため♪

 

でも基本的には実話。あの日、デルタ乗る予定だった世界中の人は大変だったことでしょう。空港の方も、デルタの社員の皆さんも・・・今日はANAの荷物が後送り、なんてニュースも。今、関係者やスタッフさんは頑張っているんだろうなぁ。当たり前に乗っているけど、ほんとは飛べない人や物を運んでくれる飛行機ってすごい。それにまつわる仕事をする皆さんも、責任重大で、すごいと思います。

 

日本はまだまだ安全な国と言えるでしょう。空港は、そんな日本と国外を結ぶ境。海外はテロの危険も増えてきて心配、という方もいると思います・・・が、どこにいてもどんな時も、ベストをつくして動くしかないんですよね。もうすぐ明日が来るけど、明日は明日しかない。ベストを尽くして・・・今頑張ってる部屋の掃除を進めよう。私にもし、本当に明日しかないとしても、部屋を片付けたい今なので。時間を大切にして、頑張るぞ~。

 

では、おやすみなさい♪

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
テーマ:ご紹介☆(Recommend)
2016-08-08 11:02:17

My friend's Art Project in France☆こんなアートはいかが♪

It's my friend's art group activity! If you like the movie, 

how about to be kiss banker? :)

 

フェイスブックでは、紹介してたのに、

しまった~!!こちらでまだ紹介してなかった☆

 

パリに住む、アーティストのお友だちAmadou(アマドゥ)が

参加してるから観てみて~、って送られてきた映像を

YOUTUBEにてご紹介。

 

最初ピンと来なかったけど(笑)

三回観たら。。。踊りたくなりました。

 

いかにもフランスのアートっぽい?!

深い意味は無い様で、それが楽しい旅気分、

海外のストリートのひととき、お楽しみください。

気に入ったらキスバンカー(支援者)参加もよろしくどうぞ♪

 

今さっき、メールが来て、久しぶりにこの

支援サイトを覗いたら・・・あと1日で10パーセントの寄付を

達成できれば、ストリートフェスに参加できる!と知り

焦って、このブログ書いてます(汗・笑)

微力だけど、日本にいたときお世話になったお友だちに

役立つといいな~、ってことで・・・

 

映像&エウェブ、覗いてみて、こんな感じの

活動もあるんだなーって観てみていただければ幸いです♪

 

 

説明のサイトはこちら!

https://www.kisskissbankbank.com/fr/projects/le-laboratoire-de-madame-sonore-a-aurillac?utm_campaign=new_news_email&utm_medium=email&utm_source=user_mailer

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
テーマ:ビールエッセイ(Beer Essay)
2016-08-02 17:50:17

1日1つ、ビールの話★八重洲一丁目交差点で


 学生の頃、不思議な仕事をしてるなぁと思っていた人達がいた。
 それは「看板持ち」の人。

 例えば・・・空港の到着出口でずらっと並んでいる人達。年齢も性別も見た目も違うけど、それぞれの看板を出てくる旅人に向け、並んでじっと立っている。

 そして看板の内容も、バラエティ豊か。

「Mr. 〇〇〇〇(外人の名前)」
「〇〇〇〇様(日本人の名前)
「〇〇株式会社」
「〇〇県立〇〇高校のみなさん」
「×××××(読めない言葉)」

 いったいどんな人が、ここに立ってるんだろう・・・

 実際どんな人達であるのかを知ったのは、私もそこに加わる機会を持ったから。やることは同じでも、その職業は、実はバラエティに富んだものだった。
 
 会社で接待する取引先管理職の方を待ち受ける、営業担当の方。

 団体グループをバスまで引っ張っていく、バスガイドさんやドライバーさん。

 これから始まる関東近辺の旅のお世話するお客様担当の、旅行添乗員さん。

 外人グループを案内する、外国語堪能なガイドさん。

 その時だけ頼まれる臨時アルバイトや派遣会社スタッフの方・・・と、前置きが、相当長くなったが・・・先日、頼まれて、久しぶりに看板持ちをした。

 某スイーツメーカーの会議の受付、運営補助のお手伝いの一環。会社名のボードを持ち、お客様が迷わないように、良く見えるようにして、会場であるビルの近くに立ち、ご案内する仕事だ。時々、見知らぬ会社の看板持ち担当さんも、その辺をぐるぐる歩きまわっていて、3回目に目が合った時、普通にお互いが会釈をした。

 7月末に黒のスーツ上下を着て立って看板を掲げていたから、相当目立った様で、いろんな人がじーっと私の様子を観察しては、通り過ぎていった。

 真夏の昼過ぎ、八重洲の交差点の街角に、立ちっぱなしでいることなんて、まずない。だから、こちらも人間ウォッチングすることにした・・・これがなかなか面白い。

 日曜も仕事らしいスーツ姿のビジネスマン。旅行中の中国観光客ガールズ。浴衣姿の男女カップル。旅行中のご夫婦に、とってもお洒落な妊婦さん。色んな人が通り過ぎるが、そこまで急いでる人はあまりおらず、みなゆったりと歩いている。

「東京駅はどこですか?」

 何回も聞かれて説明をし、感謝もされた。
 私自身の実際のお客様は、別ルートで会場に入っていったのか、10人ほどをご案内した程度。他のスタッフと交代しながらの4時間はあっという間に過ぎた。

 控え室にそろそろ戻ろうか・・・と、その時。赤信号でストップしたバイクに、ふと目が留まった。

 乗り物には詳しくないから、なんのバイクか判らないし、そのデザインは新聞配達のバイクみたい(?)な昔の普通のバイク(?)なんだけど・・・落ち着いたゴールド系の車体が、ビンテージぽくてかっこ良かった。
 
 乗っていたお兄さん・・・60代位にも思えるその人の雰囲気は、お兄さんとしか言いようがない。ほどよい日焼けに合う白いメット。派手すぎない濃いサーモンピンクのアロハシャツ。そしてちょうど良い丈のデニムの短パンと、黒いビーサン・・・その感じが絶妙で。

 バイクの後ろの四角いカゴの脇には、アメリカンポップなデコレ-ションが、これまたうまい具合にいくつか貼られていた。その中で目を引いたのは

「Selling Cold Beer(冷たいビール売ってます)」

 まだ、信号変わってなかったから・・・迷いつつも、つい、声をかけてしまった。

「ビール売ってらっしゃるんですか?」

ちらっとこちらを見たおじさま・・・いやお兄さんは、

「あぁ、これは趣味。こういうの好きだからつけたの。普段は、畑の野菜積んでるんだよ」

 その日は野菜でなく、普通のミニ扇風機がそこに積まれていた。

 信号は青になり、軽く会釈した彼は、ブーンと永代通りを走り去っていった。

 数日経った今も、鮮明によみがえるあの午後、思った。
 日々大切にしたいのは・・・好きな服を着ること。好きな物を持つこと。そして仕事を丁寧にすること。それを楽しくする工夫をすること・・・

 そして、私も、お兄さんのバイクみたいな・・・ええと、バイクは無いから、そうだ、素敵な部屋にしよう。
 
 インテリアの本や友達の部屋のマネでなく、既に持ってる好きなものを整理して、自分のテンションの上がる雰囲気を作ろう。大好きな旅の想い出と、ビールのキャップを可愛く飾ろう。スコットランドの最北の島のブリュアリーからもらった、良くパブのカウンターに置いてある横長の敷物を、サイドテーブルに敷こう・・・それは、ビールを売るためではなく。

 東京の真ん中で、昔なら謎だった仕事をしていた時に、もう出会うこともないかもしれない人から、素敵なことを教わった・・・それも偶然に・・・人生って本当に素晴らしい。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
テーマ:ビールエッセイ(Beer Essay)
2016-07-31 09:06:38

1日1つ、ビールの話★どんなお礼がいいのかな

1日1つ、ビールの話 1☆どんなお礼がいいのかな

「ピピ、ピピ、ピピピピピー」

 小さくっても、電子音ってどうしてこんなにうるさいんだろう。
 チュンチュン、って雀の鳴き声は心地良いのに。
 
 どこか近所の家でなっている目覚ましらしき音が、6時半くらいから30分以上続いていたから、ベッドでごろごろしながら、うるさいなぁと思っていた。

 「あなたの目覚ましなの?」

同じように、隣の部屋で目が覚めてしまったらしい母が聞く。

「違うよ。私のなら消すもん。ちょっと、大きめの声で窓から言ってみようか・・・
『すみません、目覚まし止めてください』
・・・消えない。聞こえてないな」

起きだした母は、私達の寝室の前にまたがる、南側のベランダの床を拭き始めた。綺麗に保ちたいから、と、この家を建てた10年前からの、彼女の習慣だ。1年半前からの住人である私は、休みだからとゴロゴロしながら・・・の会話が始まる。

「まだ鳴ってるね」
「いつになったから消えるのかしらねー」
「うーん、消さずに急いで出かけちゃったのかな。それか、寝てる間に死んでたら、止められないね」
「そうね、寝てる間に亡くなる方いるもんね」

 実は・・・と母が切り出した話。10日ほど前、私が海外に仕事に出る前日の夜、母はあまりに頭痛がひどくて、もし翌朝死んでいたら、娘の私はどうするのかと心配していたそうだ。

 それから、父の話にもなる。父はこの8年近く、何かで入院しては退院し、を繰り返し、今のところは落ちついて家で暮らしている。生協のお姉さんがチラシにそえてた手描きイラストを、何気なく塗ったことがきっかけで、趣味は塗り絵。しかも、かなりうまい。暇さえあれば、各国から私が買ってくる塗り絵を、ドイツの色鉛筆で仕上げている。お気に入りはイランの塗り絵。又行く機会があるかなぁ・・・
 
 そんな父は、たまに少し、ぼけてきてる感じもするが、それでも、又翌日はしっかりしたり・・・を繰り返す。脳を含め、人間の身体は不思議なものだとつくづく思う。

「そういえば、この間、テレビで敗血症についての番組があってね。危ない病気なんですって。処置を素早くしないと半分は死に至るそうよ!でね、覚えてる?お父さんが最後に入院した時のこと。あれ敗血症だったのよ」

そう、そのときは私も家にいた。午前2時頃母が、父の息が荒く、熱も凄いから救急車を呼ぶ、と言って電話をしていた。真夜中だから気を遣ってくれたのか、サイレンの音を鳴らさずに、静かに家の前に停まった車から、2人の救急隊員が出てきた。
 こちらに、と2階の父のベッドまで私が案内したのだった。父は最初、大丈夫だから行かない、と言い張っていたが、行かなきゃダメ!という母の言い方が気に入らなかったから、だったのか、救急隊員の方が

「熱を計りましたが、かなり高いですね。じゃ、一緒に行きましょう!」

と、やさしく力強く話しかけてくれたら、すぐ起き上がって服を着替え始めた。

 病院に行くのだからパジャマで良いのに、とおかしそうな母とは裏腹に、隊員のお兄さんは、几帳面な方なんですね、素晴らしいと父を褒めてくれたのだという。そして、病院でも、レントゲンを取った医師はすぐに肺炎の可能性は少ないようだ、と話していたのだそうだ。

「血液検査もしました、って言ってたけど、3日後に細かい結果は判るって言うわよね。だから、可能性を考えて薬を投与したり、処置してくれたんでしょ。その判断が的確だったって事よ。でなかったら、お父さん死んじゃってたよね。」
「そうだね」

そのときは、母も私も、万一のこともあるかもしれないね、と覚悟したのだった。

「ほんとにありがたいわね。お医者さんもだし、救急の方も。だってすぐ来てくれたのよ。何かお礼したいなと思うのよ。そう、お礼がしたいわね、ほんとに。」
「お礼って、どこに持って行くの?」
「近所の消防署」
「そうなんだ。何を持ってこうと思ってるの?」
「ビール券とかどうかしら」
「えっ・・・ビール券?」

 意外な答えに驚いた。何かあればすぐに車を運転して、出動しなくてはいけない公的機関に、ビール券ってどういう発想なんだ、と内心思いつつ

「・・・なんでビール券が良いと思ったの?」
「最近、毎日暑いじゃない。男の人が多いんだし、みんなで飲むこともあるんじゃないかと思って」
「そうか・・・じゃ、選べるギフトカタログとかは?あれでビールも選べるよ」

 実際、以前お返しにいただいたカタログに、いわて藏ビールとソーセージのセットがあったから、私はそれにしようと言い、母は大賛成。薬の関係で飲めない父は、ムスッとして機嫌をそこねていたことがあった。昔は毎日、飲んでたのにね・・・

 そう、お礼とか贈り物って意外に難しい。例えば仲良しの友達とか、カップル、家族同士ならある程度、好みも判って、サプライズプレゼントもできるけど・・・こういう時のお礼は何が良いのかな。

 皆さんだったら、どういう物を送りますか?
 もし、お奨めがあったら教えて頂けたらうれしいです。

 そんなこんなで今は8時半。階下で、両親は何かバトっている・・・なんだかんだ言って2人とも元気なのは、大きな声でコミュニケーションを取るこの習慣のおかげなんだろうか。
 近くで聞くとイライラするから、何か工夫しなくっちゃ・・・あと両親と居られる時間も、そんなに長くないかもしれないしね。

 そうやって、やっぱり家を出ようかと思っても思いとどまる私。優しくてうるさすぎる母と、昔から良く判ってて、すっとぼけるキャラにプラスし、更にとぼけてる素敵な父と、ご飯食べてくることにするか。

 あ・・・どこかで鳴ってた目覚まし時計は、もう消えてました。

+++++

<後書き>

 毎日(できるだけ)ひとつ、エッセイ書いてみようかな~と思って書き始めました。

 なぜかと言うと・・・先日ビールについて、記事を書いてみませんかというお声をかけて頂いたんです!!

 で、トライしてみたものの、納得のいく文章を書くのはなかなか難しい。仕事柄、国内外に移動することが多く、ばたばたすると、すぐ筆がストップ。コンスタントに記者として記事を書く方ってすごいな~と本当に尊敬!!

 同時に、以前から
「ビールエッセイみたいなものを書きたいな」
と思ってた自分を思い出し・・・書く習慣もつくしと思い立ったのでした。

よく雑誌とかで、女性が書いてるエッセイ風にしてみたつもり・・・どうでしょう?

 文章を書くことは、昔から好きで、何がきっかけか忘れてしまったけど、高橋恵治さんの日刊メールマガジン「365日の書く力!」も日々愛読中。昨日、仕事の合間に

「365日か、私も毎日、何かひとつ・・・そうだ、『1日1つ、ビールの話』がいいかも」

それをテーマにしました。高橋さん、ありがとうございます。

 こちらを読んで下さっている皆さまにも感謝!少しでも楽しんで頂けたら嬉しいです。

 なお、宣伝もしておこう・・・ビールエッセイの執筆ご希望、ビール他イベントのMCご希望等がありましたら、下記メールアドレスまでお願いします♪良かったらご感想と、「お礼」のおススメも。

matsuneee★yahoo.co.jp

(メルアドって載せられないのかな。★をアットマークにしてね、って書いているの良く見るので、マネ。)

 なお、地方や海外での仕事中、特に僻地にはネット環境がないこともあり、返信は気長にお待ちください。3週間経っても返信がない場合、再度ご連絡お願いします。内容に寄ってはお返事できないこともあります、ご了承くださいませ。

 なぁんて、最後どうも話が固くなっちゃったけど・・・とにかく。今日のビールは何にしようかな♪
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
テーマ:日常♪(every day)
2016-07-05 11:10:25

涼しげな音☆Cool Sound from Sud Swap Audio Brewing

7月5日、今日の日本、関東地方は昨日とうってかわって
涼しい朝を迎えています。

そんな今日の朝一番、目が覚めて、PCを立ち上げたら
フロリダはマイアミから、友達からのメッセージ。

クラフトビール&アート&音楽Unit
「Sud Swap Audio Brewing」
から、ミュ-ジックビデオが届きました。

こんな朝に、ぴったりな涼しげな音を
あなたにもお届けします♪

以下リンクをクリックしてみてね。

Check it out the music movie♪




※今日はラジオ風?にお届けしてみました♪
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
テーマ:日本の旅(Travel Japan)
2016-07-03 05:55:08

Fisrt time, First Cabin☆飛行機好きなら楽しい?赤坂の高級カプセルホテル泊

For the first time, I had stayed "First Cabin", one of new stylish Japanese  capsule hotel in Akasaka, Tokyo last night.

最近、話題になっているらしい、女性も宿泊OKなお洒落なカプセルホテルに、一昨日、初めてステイ。

「ファーストキャビン」

というお店の名前は飛行機のファーストクラスのキャビンスペースに泊まるイメージで、付けられたそう。



The hotel's theme is Staying like the first class flight! At the entrance.

今回宿泊したのは、赤坂店。

入ってすぐに目に飛び込んできた写真は空港風景!旅好きならテンション上がる写真です☆



They have First Class Cabin(7000yen) and Business Class Cabin(6000yen). I chose Business Class one this time.

チョイスしたキャビンは「ビジネスクラス」。

ドアはないのですが、ブラインドを下ろして一息つけば、くつろげる空間に。大きなTVがあり、ヘッドフォンも貸し出ししてくれます。キャビンがたくさんならぶ女性専用の部屋自体には、カードキーをタッチしなければ入れないので、セキュリティ対策もばっちり。

「ファーストクラス」は更に大きく、プラス1000円。





Washroom, simple and clean.

こちらが化粧室の入り口。シンプルで清潔な印象です。



They prepare hair dryer, skincare stuffs...nice.

そして、お風呂も完備。イオンドライヤーやアメニティも完備!



NCafe space, next to the reception.

フロントの脇はカフェコーナーでした。

水が流れ落ちる仕切りのようなインテリア、電子ピアノの自動演奏・・・なかなか凝ってます。

ちらと見えるねぶた祭りのデコレーションもスゴイ!と思ったら、こちらはお隣の一階にある青森物産館のものでした。そして・・・



I found YaMaYa liquor store at the other side of the street!!Usually they have wide selection of craft beers♪

心踊ったのは、通りの向かい側にある焼き肉やさん。
...
ではなくてその1階のYaMaYa(やまや)さんを発見した時!

様々な輸入商品が豊富で、クラフトビール・海外ビールの品揃えも良いこちらのお店、赤坂店には入ったことがなかったので、わくわくして向かいます。



Yes, they have nice selections.

そして、海外ビール&クラフトビールコーナーに一直線☆

コンパクトだけど、充実してる棚・・・見てるだけでも楽しい~。



I enjoyed the English one in the night.Well, if it's real business class flight, I could get a glass of champagne...

栓抜きがなかったので、缶商品の中で、何にしようかな~と考えて・・・

「お店のイチオシお買い得イギリスビール」だった
OLD SPECKLED HEN(オールドスペックルドヘン)初購入。

年取った斑点模様のめんどり・・・変わった名前だけど英語だと、なぜかしっくりくるから不思議です。

ちょっと甘い香りで飲みやすいビール、キャビンでゆっくり頂きました。
(一応確認したら、キャビン内で飲み物を飲むのはOKとか♪)




Anyways, I enjoyed the stay...interesting experience!

そんなこんなの体験記。

気になってた宿泊施設に泊まれて、楽しかった♪土曜の突然の問い合わせでも大丈夫だったし、便利な場所に手軽に泊まれるなんて素晴らしい!!

楽天トラベルから予約したので、60ポイントもつきました。

サブタイトルの「luxury」は・・・海外の人、勘違いしないかな(笑)

とはいえ、とっても綺麗だし雰囲気もなかなか良い♪

興味ある方にはおすすめです。こちらの系列店は羽田空港他にもあり、又違う会社の高級カプセルホテルも各地にオープンしているようです。日本独特の文化であるカプセルホテルの進化型、これからも、新しい形のものも出てきそう・・・楽しみ!!

東京から千葉に引っ越して、約1年半となりました。

以前は住み、働いてた近くに、旅気分で泊まるのも楽しいもの!
(なので、ブログテーマは「日本の旅」♪)

都内の仕事が遅くなってしまった、または朝早くからの仕事が突然入った、という時に気軽に泊まれる施設は、今充実しています。

お風呂にゆっくり入って、仮眠室で眠れるスパもいくつもあるし

「ネットカフェも悪くないよ」

と、なんと五つ星ホテルにお勤めしてた友達から勧められ(!)と色々試してみたり。バックパッカーとしての安宿に泊まった経験に比べれば綺麗でシャワーもついててジャズが流れてて・・・すごい!とビックリしたこともありました。

ゲストハウスやドミトリーにも、海外旅気分で泊まったり・・・

なんとなんと、お仕事の関連でラグジュアリーホテルに宿泊する機会にも恵まれてる昨今。

面白かった体験、又書いてみたいと思います!
宿泊施設を決める際等、みなさまの旅の参考になれば幸いです♪

Thanks for visiting ayanee's blog♪See you later!

読んで頂きありがとうございました♪
この7月はまたブログ更新するぞぉー!!(笑)


First Cabin
http://first-cabin.jp/
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。