尚さんの本棚
ぱりさんの本棚


新しいメルマガ、ただいま配信中!


「はじめてのオーラソーマ
         ~カラーマジックを味方につける~」


1年のはじまりといわれている立春にほど近い、2月2日(火)より、新しいメールマガジンがスタートしています。

元祖メルマガ「オーラソーマ通信」ではあまり触れることがない、初心者の方でもおたのしみいただける内容をメインに、カラーでのお届けです。

配信は、毎週火曜日の朝8時です。

毎月のクイズに応募すると、パソコン、iPhone、android の3種類で使える壁紙ももらえます!

ぜひ、カラーマジックを手に入れてくださいね!

メルマガ「はじめてのオーラソーマ~カラーマジックを味方につける~」は、オーラソーマカラーダイアリーより、お申込みいただけます。
http://d.aura-soma.co.jp/mail_magazine/

※登録しましたら、入力したメールアドレスに確認メールが届きますので、そこに掲載されておりますURL、もしくは確認ボタンをクリックすると、購読申込みが完了します。

みなさまのご登録を、お待ちしています。


* * *




1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-12-07 10:58:57

鮎沢玲子さんの季節で楽しむ日本の色≪【枯野・枯色】かれの・かれいろ≫

テーマ:色のいろいろ

 

紅葉の季節も終わり、木々は葉を落とし、野山はすっかり冬の景色です。

 

 

江戸時代の日本には「枯野見」というものがあったのをご存じですか。

 

冬の少し暖かい日、郊外に冬枯れの景色を見に出かける行楽行事。

 

東京の向島あたりが、枯野見の名所だったそうです。

 

花見ならわかりますが、なにを好き好んで、なにもない荒涼とした景色を見に行ったのでしょう。

 


さかのぼると平安時代に、今日ご紹介する「枯野」という色名が生まれました。

 

「枯色」ともいいます。

 

草木の生気がなくなり、かさかさに乾燥した野山を思わせる薄い茶色で、少しグレーがかっています。

 


平安時代には以下のような美的な概念がありました。

 

元は価値があり、生気があったものが衰退し、力を失い、変り果てるさまを美しいとする概念です。

 

あらゆるものごとは無常であるとし、しみじみとした哀愁を自然のなかに見出しました。

 

これを江戸時代後期の国文学者・本居宣長が「もののあはれ」として提唱しました。

 

本居宣長は、その頂点を「源氏物語」だとし、これを機に平安時代の文学が人々に再評価されるようになります。

 

 

江戸の人たちの風流な遊び「枯野見」は、このような背景から人気になったのかもしれません。


また、江戸前期の有名な俳諧師(はいかいし)松尾芭蕉が、人生の最期に、こんな句を残しています。

 

“旅に病んで 夢は枯野を駆け廻る”

 

ここでもまた「枯野」が重要なポイントになっているようです。

 

ちなみに「枯野」は冬の季語。


枯れる、にまつわる色名はいくつも存在します。

 

「枯草色」は枯野よりも少し緑色に近い色味です。

 

 

他には「枯葉色」「枯茶」「木枯茶」などもあります。


日本の色名で「朽葉色」も同様ですが、朽ちて衰退していくものには、意外なほど多くの色名がつけられています。

http://ameblo.jp/aurasoma-unity/entry-12091720837.html

 

紅葉を表す「紅葉色」(もみじいろ)がひとつだけなのに対して「朽葉色」のバリエーションは「赤朽葉」「青朽葉」「黄朽葉」「薄朽葉」・・・など、いくつもあるのです。

 


「もののあはれ」に象徴されるように、当時の日本人には、はかないものに対するしみじみとした感情がありました。

 

そこに細やかな観察する目を向けているのです。

 

愛情というほど熱くはなく、ただ見ている。現代の私たちにも、そのまなざしは受け継がれているでしょうか。


今の私たちには、冬になるとクリスマス・イルミネーションの楽しみがあります。

 

この時期は、日が短く夜の訪れが早いからこそです。

 

枯野を楽しめた風流な江戸庶民とは隔世の感がありますが・・・。


みなさま、どうぞすてきなクリスマス、そして年末年始をお過ごしください。

 

2016年も「季節で楽しむ日本の色」をお読みいただきありがとうございました。

 

 

鮎沢玲子(あゆさわ れいこ) プロフィール
有限会社「カラーズガーデン」代表。
英国オーラソーマ社公認ティーチャー。
栃木県宇都宮市生まれ 生家は染物屋を営む。
中学校美術教師を経て、インテリアコーディネータとして14年間住宅メーカーに勤務。
2002年よりオーラソーマ・プラクティショナーとして独立開業。
2006年より公認ティーチャーとして活動中。

http://ameblo.jp/aurasoma-c-garden/

 

 

色見本参考:

http://www.colordic.org/colorsample/2329.html

http://www.colordic.org/colorsample/2328.html

 

 

☆ランキング、参加中です!! 
クリックご協力、お願いします↓

     にほんブログ村 健康ブログ オーラソーマへ
にほんブログ村

Twitterボタン

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-12-06 09:00:00

「ワークショップはいつありますか」

テーマ:ヴィッキーさん物語

「ワークショップはいつありますか」

 

『オーラソーマ 奇跡のカラーヒーリング』:【13 オリンピア】から
                      ヴィッキー・ウォール

 

        …………○…………○…………○…………


オーラソーマはそれが何かを知らないヴィッキーさんの手を通じて、この世に姿を現したものです。

 

どんなものであれ、この世に姿を現すにはそれなりの理由があるとは思います。

 

でも、なかでも、このオーラソーマはどうやら個々人の意図を超えた宇宙的な意志によって誕生したのでしょうか、まるで磁石のように縁のある人々をまわりに集めはじめたようです。

 

いつの間にかオーラソーマのまわりには、そのエネルギーに引き寄せられるかのように、ヒーリングに関係のある人々が集まってきていました。

 

おそらくそれは、ボトルが発していた何かと、これまでオーラソーマに接した人たちが感じた何か、つまり、ヴィッキーさんのなかにある確信の波動だったのではないでしょうか。

 

ボトルが発するエネルギーを感じられる人が、同時にヴィッキーさんのなかにある内的な確信を感じて、それが強力な伝播力になっていったのでしょうね。

 

つまり、オーラソーマには広がっていくべき実力・必然性というか、運命があったということでしょう。(*^_^*)

 

まわりに集まってくる人たちのなかから、もっとオーラソーマについて体系的に教わりたいという機運が盛り上がってきたようです。

 

ヴィッキーさんのなかにもっと体系的な知識があるらしいと感じられたからでしょうね。


        …………○…………○…………○…………

--------------------------------------------------------------------
オリンピアの二週間後、私たちはケンジントンで開催された代替療法博覧会で、またスタンドを出していました。
これはさらに大きな催しで、あらゆる種類のセラピストが、まるで磁石に吸い寄せられるように、オーラソーマのスタンドへ押し寄せてきました


この博覧会は、ホリスティックな側面を持った古代のヒーリングの技術に携わるニューエイジの働き手、つまりヒプノセラピスト(催眠療法師)、鍼灸師、リフレクソロジスト、アロマテラピスト、などなどの人たちに捧げられていました。
たまに、西洋医や看護婦の姿も見えました。

 

今回は、たずねられる質問も深く、幅広いものでした。
彼らはオーラソーマの全体像を知りたがり、精神的、霊的な側面と同様に、肉体的な効果にも興味を持っていたのです。


私は、その時点までは、自分の意識のなかにのみ納まっていた知識を話しはじめました。
これをきっかけに、すべてのものがひとつにまとまりはじめ、虹のスペクトルに現れたコンセプト全体が明らかになったのです。


言葉が流れはじめ、記憶の扉が開かれました。
私はもう一度教師となり、それを生き直し、思いだしていました
ノートがとられ、質問が交わされました。


オーラソーマが提供するものは、彼らの提供するものに取って代るものではなく、それをさらに広げ、さらに豊かにするもので、わくわくと胸躍る脇役となるもの、それはただ色の持っている癒しの波動によるカラーセラピーであるにとどまらず、野や森の秘密・・・つまり、ハーブや花々や樹脂・・・に通じている古代の薬学の錬金術のコンセプトが、パワフルに新しい形で復活したものなのです。

 

背の高い、若い男の人がたずねました。

「もっとオーラソーマのことを知りたいのですが、ワークショップはいつありますか」

 

私は初めてセミナーの必要性を感じましたが、それには疑問の余地はなさそうでした。
博覧会の終わりまでに、各国からの名前と住所が山ほど集まっていましたから。
この博覧会から生まれたワークショップは、結局、イギリスを越えて、ヨーロッパ、さらにはアメリカ大陸へと広がっていきました。

 

      『オーラソーマ 奇跡のカラーヒーリング』(p109-110)
--------------------------------------------------------------------

 

もっと体系的に教わりたいという人々が現れてくるのと同時に、ヴィッキーさんのなかにも、もっと体系的に伝えたいという知識内容と確信が生まれてきたのでしょう。

 

これはもう自然現象のようなものですから、この勢いは誰にも止められないのでしょう。

 

pari 記
 

☆ランキング参加中です!!
クリックご協力、お願いします↓

にほんブログ村 健康ブログ オーラソーマへ
にほんブログ村

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-12-05 10:45:15

オーラソーマ カラーダイアリーお茶会のお知らせ(12/6~2017/1/21)

テーマ:お知らせ

 

カラーダイアリーの相互リンクイベントとして、オーラソーマカラーダイアリーお茶会が各地で開催中です。

http://d.aura-soma.co.jp/teaparty/

 

オーラソーマってどんなものだろう。
ちょっと体験してみたい。


オーラソーマに触れてみたいという方は、ぜひ最寄りのオーラソーマカラーダイアリーお茶会に、お気軽に顔を出してみてください。

オーラソーマ初心者の方でも気軽にご参加できて、オーラソーマと触れ合える、楽しい集いです。

みなさまのご参加を心よりお待ちしております。

ちなみに「オーラソーマ・カラーダイアリー」は、ボトルを選んだり、タロットカードを引いたり、日記を書いたり、質問したり・・・オーラソーマをお茶の間から体験して、楽しんでみよう! という、どなたでもご登録いただけるサイトです。

http://d.aura-soma.co.jp/

 

 

 

次回のお茶会は、明日6日、東京都渋谷区であります。
http://d.aura-soma.co.jp/schedule/

≪オーラソーマカラーダイアリーお茶会スケジュール≫

------------------------------------
場所 東京都渋谷区

オーラソーマと、オーラソーマから生まれたカラーライトヒーリング(ビーマーライトペン)が体験できるどなたでも楽しめるお茶会です。
日程 2016年12月6日(火)
時間 11:30~13:30/15:00~17:00
会場 Love&Lightラボラトリィ(東京メトロ外苑前)

費用 2,200円(要予約、ポマンダースプレー&初めてのオーラソーマ小冊子プレゼント)*当日ご持参ください。
講師 ルミエーラ叶朋佳(ともか)

*どなたでもご参加できます。
お問合わせ http://ameblo.jp/lumiellatomoco/entry-12220788097.html

 

------------------------------------
場所 神奈川県横浜市神奈川区
日程 2016年12月17日(土)
時間 10:30~12:30/19:00~21:00
会場 横浜 カラフルK横浜(横浜駅より徒歩5分)
費用 2,700円(税込、オーガニックハーブティ・菓子付き)要予約
講師 Satya(柏村かおり)
お問合わせ http://www.colorfulk.com/schedule/

 

------------------------------------
場所 神奈川県鎌倉市
1日で学ぶ「はじめてのオーラソーマ」
日程 2017年1月21日(水)
時間 13:00~18:00
会場 鎌倉 和尚アートユニティ
費用 5,000円(お茶、お菓子、好きなポマンダーとクイントエッセンスのスプレー、および小冊子「はじめて出会うオーラソーマ」付)

*1月6日(金)までにお申し込みいただいた方は、早割で500円割引となります。

定員 8名
講師 遠藤悦子
*オーラソーマ未修学生にかぎりご参加いただけます。
お問合わせ https://aura-soma.jp/schedule/booking.cgi?code=170121EE_Evt

 

       ………○…………○…………○………


また、オーラソーマカラーダイアリーでは、「お茶会」が全国でオーラソーマの体験を楽しめる会として広がっていければと願っております。お茶会の主催と参加のご希望の方は下記サイトをご覧ください。
http://d.aura-soma.co.jp/teaparty/


「カラーダイアリーのお茶会」の概要とスケジュールはこちら。
(PC・Iphoneのみ)http://d.aura-soma.co.jp/teaparty/
オーラソーマ・カラーダイアリーのご登録は、こちらからどうぞ。
http://d.aura-soma.co.jp/

 

 

☆ランキング参加中です!!
クリックご協力、お願いします↓

にほんブログ村 健康ブログ オーラソーマへ
にほんブログ村

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>