尚さんの本棚
ぱりさんの本棚
実際にボトルを見て、感じるチャンス!

古都、鎌倉でオーラソーマと出会いませんか?


オーラソーマカラーダイアリーお茶会

 1日で学ぶ「はじめてのオーラソーマ」




5月20日(土)にシンプルなお茶会を開催します。



オーラソーマは、自分を思い出したい人のためのツールです。

今回はそのツールの使い方を体験できます。

オーラソーマってどんなものだろう?

ちょっと体験してみたい・・・そんな軽い気持ちで参加できるイベントです。

オーラソーマを自分なりに使っているけど、もうちょっと知りたい人も大歓迎です。


お好きなポマンダーとクイントエッセンスのスプレーの両方がプレゼントにつきますので、帰られてからもたのしくオーラソーマに親しんでいただけます。

ゆったりとリラックスしながら、オーラソーマをみなさんとわかちあうことを楽しみにしています。


えつこ


------------------------------------

日程 2017年5月20日(土)

会場 鎌倉 和尚アートユニティ
費用 5,000円(お茶、お菓子、お好きなポマンダーとクイントエッセンスのスプレー、および小冊子「はじめて出会うオーラソーマ」付)
講師 遠藤悦子

*オーラソーマ未修学生にかぎりご参加いただけます。

5月8日(月)までにお申込みいただいた方は、早割りで500円割引となります。

http://artbeing.com/aura-soma/teaparty/


* * *


新しいメルマガ、ただいま配信中!




元祖メルマガ「オーラソーマ通信」ではあまり触れることがない、初心者の方でもおたのしみいただける内容をメインに、カラーでのお届けしています。


配信は、毎週火曜日の朝8時です。


毎月のクイズに応募すると、パソコン、iPhone、android の3種類で使える壁紙ももらえます!


ぜひ、カラーマジックを手に入れてくださいね!


メルマガ「はじめてのオーラソーマ~カラーマジックを味方につける~」は、オーラソーマカラーダイアリーより、お申込みいただけます。

http://d.aura-soma.co.jp/mail_magazine/

みなさまのご登録を、お待ちしています。 



* * *




1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-04-27 09:00:00

物質世界はエネルギーフィールド

テーマ:お知らせ

物質世界はエネルギーフィールド

「オーラソーマ 光と身体」から  ドミニク・ヨーマン


       …………○…………○…………○…………

物質の最小単位とされる原子のイメージが個体でなくなってからどれくらいなんでしょうね。

でも日常生活の上では、今でも個体とか液体とか気体という感覚的な分類が使われます。

そしてその世界の物質的対象物は感覚的にはより細分することができます。

たとえば、石ころは個体ですが、これは他の石にぶつければ割れますよね。

水なんかだと器に注ぎ分ければいくらでも細分化できます。

この感覚的物質世界には「破壊も分割も出来ない物質最小の粒子」があるはずと考えて、その最小粒子を「原子」と名づけたのは紀元前420年頃のデモクリトスだそうです。

現代人のわれわれだって、個人としては誰もがこんなことを思いつくわけではないですよねぇ。

そして、このデモクリトスの物質最小粒子(原子)のイメージを近代科学的な衣装で再構成したのが、19世紀初頭のイギリスの化学者ドルトンだそうです。

でも、当時の科学者だってその見解にはついていけなくて、「原子が存在するとは信じない」と言う科学者の方がむしろまともだと考えられていたそうです。

現代のわれわれは、子供のころから物質は原子と分子から作られていると教わりますから、なんとなくそういうものかと思っていますが。(^^;)

でも、そのわれわれも、感覚的にはもちろん、個体や流体や気体の世界を信じていて、現代の素粒子論の物質世界イメージとはほぼ無縁ですよね。

生活上は、それで別に困りませんし。(^^;)

でも、科学的知見では、原子より小さなスケールの世界は、われわれが普通体験している感覚的世界とはまったく様態の違う世界みたいです。

そもそも個体は個体であるものからなっているわけではなく、一種の魔法のエネルギー場みたいなものであるらしいですから。

オーラソーマのボトルの働きなども、そのような世界でしか本当は説明できないのかもしれません。

ではドミニク・ヨーマンの「オーラソーマ 光と身体」の記事からご紹介しましょう。

       …………○…………○…………○…………
----------------------------------------------------------------

物質世界はエネルギーフィールド

……
ここではオーラソーマのカラーシステムからの洞察とともに、光とボディーの関係を探ってみましょう。

まさにオーラソーマ(Aura-Soma)という名前が、このシステムがこの主題と親密にかかわっていることを示します。

 

この名前は最初のボトルが誕生した後、すぐインスピレーションで受け取られたものです。

 

「オーラ」とは「放射」、あるいは「エネルギーフィールド」を意味します。

 

この領域は光と色によって知覚されます。
「ソーマ」はたとえば精神身体医学においては「身体」を意味します。

 

オーラソーマという名前は、このシステムの意図とそれが与えることのできる可能性を表しています。

 

その可能性とは、エナジーフィールドと光と体のつながりです。

 

オーラ(Aura)とソーマ(Soma)が(英語表記では)ハイフンによってつながれています。

 

光のフィールドと体が分かれているものではなく、実際はより深い根底にある一つの調和の二つの側面であり、とぎれのない一つのエネルギーの一部であるからです。

この考えは科学の世界においてはもはや異質のものではなく、現実の中で、科学研究の先端で働く量子物理学者によって生み出されたものです。

 

今世紀の初頭から、彼らの発見は科学の理解における発展を見ることによって、生命をつくる最も小さな個は、まったくのところ固体ではなく、エネルギーの力であるという気づきを導いてきました。

 

私たちが、自分自身を、そして私たちを取り巻く宇宙をどのように見るかに最も深い関係を持った研究です。

 

体もその一部である物質世界というのは、固体ではなく、普遍のものでもなく、ただエネルギーフィールドでつくられたものです。

 

その領域では、エネルギーの力は不規則にONになったりOFFになったりするようで、それが最も小さな微粒子が現れたり、消えたりする原因となるのです。
 

物質世界のすべて、それは我々の肉体を含む、構造と固体を持つものすべてが、可能性として存在の中で瞬間に現れたり、消えたりしていると考えるのは、私たちの現実のレベルでは理解するのがほとんど不可能です。

 

最も深いレベルの現実において、科学は光と身体の関連性を発見しています。

  『リビング・エナジー』Vol.4(p77)
------------------------------------------------------------------


【物質世界のすべて、それは我々の肉体を含む、構造と固体を持つものすべて
が、可能性として存在の中で瞬間に現れたり、消えたりしている】……。

どうやら、たんなる「見かけ」の世界でわたしたちは生きているようです。(*^_^*)

pari 記

 

☆ランキング参加中です!!
クリックご協力、お願いします↓

にほんブログ村 健康ブログ オーラソーマへ
にほんブログ村

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-04-26 14:45:09

B41 Wisdom Bottle/El d’Orado(叡智のボトル/エルドラド(黄金郷))

テーマ:イクイリブリアムボトルを知る手引き

http://artbeing.com/aura-soma/equi/B041.html

 

今回は41番のゴールド/ゴールドのボトルです。

 

ボトルの名前は、ウイズダムボトル、エルドラド

 

ヴィッキーさんのボトルのメッセージは「カップは溢れている・・・あらゆるレベルでの知恵の真髄」


メインテーマは「同化」


アファメーションは「私は、虹が生まれる金の壷を探して見つけます」

 

ゴールドの色の意味については、これまで何度か書いてきているので、今回は少し別の観点から考えてみましょう。

ゴールドは知恵を表し、オーラソーマではインカーネショナルスターのある、ツルー・オーラ(真のオーラ)の領域ですね。

 

 

真のオーラ(ツルー・オーラ)というのは、その人の魂の色であり、人生の目的や使命、潜在的可能性を表すわけですが、インカネショナルスター(受肉の星)というのは、この地上に生を受けて、この肉体を持って、自分はなにを自己実現していくのだろうか、ということを意味します。

 

ですから、ゴールドというのは、真の自己実現とはなにかを表すボトルだともいえます。

ゴールドは、レッドイエロー(少しのレッドと多くのイエロー)でできていますから、このボトルは40番のアイ・アム(I AM)ボトル(レッドゴールド)も、そのボトルの色のなかに含んでいると考えられます。

 

 

ですから41番のこのボトルを考えるとき、40番のボトルも含めて考えると参考になります。

http://ameblo.jp/aurasoma-unity/entry-12260213128.html

 

アイ・アムというのは、「私は存在する」という意味ですが、このシンプルな言葉のなかには、いろいろな意味と次元があります。

みなさんは、「アイ・アム」、と言ったときに、どういうことを思いますか?

 

つまり、日本語に訳すと、「私は・・・です」という意味になります。

 

つまり「あなたは誰ですか?」と問われたとき、あなたはどういう人だと答えますか?

 

自分の名前を答えるでしょうか?「I am 太郎」とか。

 

あるいはイエス・キリストのように、「私は道であり、真理であり、命である」というふうに答えるのでしょうか?

ちなみに、イエスのお父さんは、なんと言ったでしょうか?

 

モーゼがシナイ山で神に邂逅したときに、神は「アイ・アム」と言ったとされています。

 

「私は在りて、在るものなり」というふうに訳されたりしています。

「アイ・アム」、「私は在る」


ニサルガダッタは「アイ・アム・ザット」・・・つまり、説明できないなにか。

 

 

それは深い静かな瞑想のなかにあるとき「私は在る」という状態に出くわすわけです。

 

それは言葉では言い表されない、ある体験そのものです。

では、自分はどのように在るのでしょうか?

 

その在り方が40番のボトルに表されているともいえます。

アイ・アム、ボトル。

 

40番のボトルは、星座では牡羊座と関連していますので、しかもレッドゴールドという色のイメージから考えても、とてもエネルギッシュで、目的に向かって突っ走るようなイメージもありますね

http://artbeing.com/aura-soma/reading/horoscope.html

 

「私のやりたいようにやるわ」というような、自分のやりかたを押し通すようなゴーイング・マイ・ウエイというイメージ。

 

それは自分自身であること(ゴールド)のエネルギー(レッド)を生きるという意味でもあります。

その自分の在り方、自分のやり方をエネルギーとして表現していくのが40番だとすると、41番は、自分自身であること、その自分というものの本質を、さらに純粋に深め、表していくようなボトルだともいえます。

 

つまり、自分のゴールドの領域、自分自身であることを、そのまま表しているボトルです。

 

本来、持って生まれた自分の運命を生きる。

自分の才能や資質を生かしていく。

 

自分自身であることのユニークさを生きる、自己実現していくということです。

 

日本の社会では、なかなか自分自身でいること、自分自身のユニークさを認めて、それを生きていくことは難しいところがあります。

しかし、一度しかない自分の人生。

 

今の時代に、この地球に生まれ、日本という国に生まれて、この肉体を持った本来の自分自身であることを生きるとは、どういうことかを考えさせてくれるのがこのボトルだともいえます。

 

それだけでなく、このボトルと瞑想したり、実際にこのボトルを使っていくことで、そのゴールドの領域を活性化させていくこともできます。

オーラソーマのいいところは、単に色を見るだけでなく、実際にそのゴールドのエネルギーを感じ、使っていくことで、そのオーラないしエネルギーを活性化させていくことができるのです。

 

ちなみにこのボトルの名前「エルドラド」というのは、伝説の失われた町で、その町には膨大な宝物が隠されているといわれています。

 

あなたにとっての隠された宝、ゴールドを発見してください。

 

それは外側に探しても見つかりません。

あなたの内側、ゴールドの領域に隠されているのです。

 

それを見出すのが、ゴールドの叡智、知恵の真髄ということです。

虹の生まれる金の壷をゴールドの領域に発見してくださいね。

ヴィッキーさんのメッセージ「カップは溢れている」

このボトルに対応するタロットは「カップの10」

 

 

カップは感情を表すので、感情的な満足を意味します。

 

ゴールドは感情を表すオレンジも含んでいますね。

 

満足は内側深くから溢れでてくるものです。外側から満たされるものではありません。

タロットカードのサインは魚座の火星

 

エネルギー、バイタリティ、感情的な情熱といったパーソナリティを表します。

「生命の木」は10番目のスフィアである、マルクト(王国)

 

尚 記

 

 

☆B41 Wisdom Bottle/El d’Orado(叡智のボトル/エルドラド(黄金郷))のボトルはこちらに詳細が掲載、ご購入いただけます。

http://artbeing.com/aura-soma/equi/B041.html

 

 

☆ランキング参加中です!!
クリックご協力、お願いします↓

にほんブログ村 健康ブログ オーラソーマへ
にほんブログ村

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-04-25 09:00:00

ピンクは無条件の愛の色

テーマ:ヴィッキーさん物語

ピンクは無条件の愛の色

 

『オーラソーマ 奇跡のカラーヒーリング』:【17 チャクラ】から
            ヴィッキー・ウォール

 

        …………○…………○…………○…………


男女の性別を決定する遺伝子を性染色体というそうですが、これにはX型とY型の二種類があって、「XY」のペアで男性、「XX」で女性になるみたいですね。

 

そして、どうやら性別を決めているのは「Y」染色体らしいのです。

 

もしかしたら、完全体の人間は「XX」を持っている女性で、男性を作るために「Y」を入れる都合で本来の「X」をひとつ削除した男性は、ちょっと欠けたところがあるのかもしれません。(*^_^*)

 

まあ、それは冗談ですが、実際、犯罪などを考えても明らかに男女間に格差はありますよね。

 

相対的な印象比較で言うと、女性は現状を受け入れて安定を求める傾向がより大きいように思われ、男性は現状に耐えられず、現状の破壊に向かう傾向がより大きいような気もします。

 

これは内面の問題なので、簡単に比較することはできませんが、もしかしたら、現状への欲求不満を感じる程度は、女性より男性の方が大きいのかもしれません。

 

だから、そのはけ口を暴力的表現に求めてしまうのかも。

 

とはいえ、男性と女性は、性染色体以外はすべて同じなのでしょう。

 

それで、これだけの違いが出てくるんですね。

 

もしかして、その大部分が文化的なものなのかもしれませんね。

 

オーラソーマでは、レッドに光の入ったピンク「無条件の愛の色」だと言われます。

 

すべてを受け容れ、許し、無条件に愛するエネルギーが、色として表現されるなんて、なんだか不思議なような気もしますね。

 

ではレッドの色相に光が入った「ピンク」について、ヴィッキーさんのおっしゃることを聴いてみましょう。


        …………○…………○…………○…………

------------------------------------------------------------------
レッド/レッド は以下の症状によい。

 

悪性貧血
インポテンツ
しもやけ
筋肉のけいれん
エネルギー不足/体温の下降

 

巻頭のオーラソーマのチャクラチャートを見ると、レッドのエリアのなかで、性器の部分だけはピンクになっています。

 

 

http://www.aura-soma.co.jp/intro/subtleanatomy.html

 

レッドは情熱と関係がありますが、情熱を使い尽したとき、慈しみが現れてきます

 

ピンクは無条件の愛の色であり、世界がもっとも必要としているもの。
それは人間だけでなく、植物も動物もすべてそうです

 

大切なのは、「ピンク色で考える(ポジティヴに考える)」ことであり、無条件に愛するとき、すべての卑俗なものは、もっとずっと偉大な深いものへと変容するのです。

 

ピンクは、ヒーリングのプロセスにおいて、非常に重要だということが分かってきています。

 

これは子宮の色であり、子宮の病気や婦人病にすばらしくよく効きます。

 

また、最近の自由な風潮のなかで、男性も内面の女性性を表せるようになり、必ずしも男らしいイメージに従う必要がなくなってきており、ピンクは、その認識を表す色でもあります。

 

彼らはオール・マン(すべてが男)ではなく、ウーム・マン(子宮の男)でもあるのです。

 

今日の世界においては、欲求不満のはけ口としての暴力が氾濫していますが、それに対しても、ピンクは重要な役割を演じることができます。

 

デンマークでセミナーを開いたときのこと、あるスイスの教授が、ピンクのライトは気分を落ち着かせる効果があると話してくれました。

 

アメリカのセント・クイントン刑務所では、囚人がいらいらしてくると、巨大なピンクのアークライトがスイッチ・オンになり、すると間もなく彼らは落ち着きを取り戻す、ということです。

 

また、最近耳にしたことですが、ハンバーサイドのハル刑務所では、実験的にある独房の壁をピンクに塗り、暴れた囚人をその部屋に移すようにしたところ、みんな数分で落ち着きを取り戻したとのこと。

 

所長さんの話によると、実際相手に謝った人もいるとのことで、まさに前代未聞の出来事です。

 

この成功を聞きつけて、他の刑務所も、同じような方法を取り入れることを考慮中だという話、それも理解できますね。

 

      『オーラソーマ 奇跡のカラーヒーリング』(p141-142)
------------------------------------------------------------------

 

男性も【オール・マン(すべてが男)ではなく、ウーム・マン(子宮の男)でもある】……。

 

男性も女性もそれぞれのなかに男性性と女性性を持っていて、その違いはほんの1%程度のさじ加減なんだそうですね。(*^_^*)

 

pari 記

 

 

☆ランキング参加中です!!
クリックご協力、お願いします↓

にほんブログ村 健康ブログ オーラソーマへ
にほんブログ村

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>