尚さんの本棚
ぱりさんの本棚
新しいメルマガ創刊!


「はじめてのオーラソーマ
         ~カラーマジックを味方につける~」


1年のはじまりといわれている立春にほど近い、2月2日(火)より、新しいメールマガジンがスタートしました。

元祖メルマガ「オーラソーマ通信」ではあまり触れることがない、初心者の方でもおたのしみいただける内容をメインに、カラーでのお届けです。

配信は、毎週火曜日の朝8時です。

メルマガ「はじめてのオーラソーマ~カラーマジックを味方につける~」は、オーラソーマカラーダイアリーより、お申込みいただけます。
http://d.aura-soma.co.jp/mail_magazine/

※登録しましたら、入力したメールアドレスに確認メールが届きますので、そこに掲載されておりますURL、もしくは確認ボタンをクリックすると、購読申込みが完了します。

みなさまのご登録を、お待ちしています。

☆☆☆


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-05-27 09:53:19

『この世に偶然はない』をオーラソーマで証明

テーマ:上野香緒里さんのオーラソーマカフェ
こんにちは、東京・アマーリエのティーチャー上野香緒里です。

ありがたいことに、たくさんの方がオーラソーマに興味を持ってくださって、私はもう12年以上、自分のサロンで、日々いろいろなコースやセッションをさせていただいています。

そうしていると、
同じコースやセミナー、
同じ日にセッションに来たクライアントさんたちのなかで、
同じボトルがたてつづけに選ばれたり、
同じ並びが選ばれたりするような偶然を、しょっちゅう体験します。

そういうことがあまりにも頻繁にあるので、(これは単なる偶然ではないのかも)と思わざるを得ないほどです。

今回は、私が体験してきた、そんな偶然のいくつかをご紹介します。

上野さん6

例1)

「同じ日にセッションに来た二人のクライアントさんが、まったく同じ並びでボトルを4本を選んだ」


これは、計算によると1/110,355,024の確率でした。

日本人全員にボトル選んでもらって、ひとりいるかというくらいです。

そんな二人が同じ日に、同じ場所に来るなんて凄い偶然ですね。

クライアントさん同士はまったく関係はなく、それぞれでご予約して来てくれた方でしたし、それぞれのお悩みも、一見まったく違うものでしたが、根底では今の経験を通して、自分の愛し方を学ぶという同じギフトがありました。

あまりの偶然に私は、お二人になにか縁があるのだろうと気になり、クライアントさんに事情を話し、お互いの連絡先を伝えてもいいかどうか、思わず聞いてしまったほどでした。


例2)

「コースの参加者5名全員が、同じポジションに同じボトルを選んだ」


これは1/121,550,625の確率。

5名に1日1回ボトルを選んでもらったとして、333年かかるみたいです。

ボトルを選ぶときは、お互いのボトルを見たりしないので、いざ、みんなが自分のボトルを並べるときにこれが発覚して、全員驚愕しました。

このとき、みんなが選んだボトルは47番「古い魂」

B047 Old Soul

http://aura-soma.co.jp/products/equi/B047.html

そのときのコースは、みんな初めて出会った気がしないと言っていて、あたかも古い魂の同窓会のようになりました。


例3)

「約3ヶ月の間に、セッションに来たほとんどのクライアントさんが、同じボトルを4本のどこかに選んでいた」


人数が明確でないのではっきりした数字が出せませんが、このときのボトルは25番「フローレンス・ナイチンゲール」でした。

B025 Convalescence Bottle

http://aura-soma.co.jp/products/equi/B025.html

4本のどこかではありましたが、90%ほどの方は1本目に選んでいました。

当時私自身も深くワークしていたボトルでもあり、10本近く使ったでしょうか。

私が使うのを終わりにするタイミングで、クライアントさんが選ぶこともなくなりました、これまた偶然?


・・・ほかにも、ある時期によく選ばれるボトルは、つねにあると言ってもいいですし、同じコース時の全員が、同じ色を魂の光線(1本目の下層)に選んでいたり。

こんなことは日常茶飯事で、まったく珍しいことではないのです。

「選んだボトルはその人の鏡」だとすれば、出会う人が自分と同じ色やボトルを選ぶということは、出会う人は自分の鏡なのです。

そして、こういう偶然が、自分のサロンだけで起きているとか、オーラソーマに関わる人たちの間だけで起きているとか、そんなことはないでしょう。

そう考える方が不自然ですよね。

こういうことがあまりにも普通にあるので、ふだん出会う人や遭遇する出来事も、きっと偶然ではないのだろうと、いつの間にか、そう思うようになりました。

オーラソーマの場合は、ボトルを選ぶことによって、自分や誰かの質がわかりやすく見えるだけ。

私自身もこういう偶然を通して、自分への気づきやメッセージをいつも受け取らせていただいています。

上野さん5

私は、もし世界中の人が毎日ボトルを選んで、ネームプレートのように、それを首からぶら下げていたら・・・なんて想像をよくします。(笑)

そうすれば、日々出会う人たちが自分と同じボトルを選んでいたり、世の中のアチコチで、そういう偶然が起きているのを目の当たりにできるかもしれませんね。

苦手だと思っていた人が自分の鏡だとわかったら、なにか別の感情が芽生え、「苦手」を超えることができるかもしれません。

好きな人・尊敬する人が自分の鏡だとわかったら、自分のことが今よりもっと好きになれるでしょう。

でも、ほんとうにそうなのだと思います。

オーラソーマを通して、ボトルを選ぶことを通して、まわりの人に、そして自分にもっとやさしくなれればいいなと心から願っています。

       ………○…………○…………○………

上野香緒里 プロフィール

オーラソーマスクール&サロン「アマーリエ」代表
英国公認オーラソーマティーチャー/レベル3(上級)
リコネクションプラクティショナ-/レベルⅠ・Ⅱ・Ⅲ
奇跡のコーススタディティーチャー
コズミックダイアリー(13の月の暦)講師
ユニオミスティオイルセラピスト、レイキヒーラー
HP:http://www.amarlie.com
FaceBook:https://www.facebook.com/amarlie.co.jp
メルマガ登録はこちら:http://www.mag2.com/m/0001540353.html
Staff Blog:http://ameblo.jp/amarlie/
Owner Blog:ttp://ameblo.jp/amarlie-kaori/
Tel:03(5228)4575/Fax:03(5228)4602
mail:info@amarlie.com


--------------------------------------
オーラソーマジュエリー体験イベント
「オーラソーマジュエリー展」


このジュエリーは「モバイルセラピスト」とも呼ばれ、身につけることで、ご自分を癒し、最善を引きだします。
店頭販売がなく、お好きなボトルのイメージやクリスタルを使って作れる、世界でひとつのオリジナルジュエリー製作イベントです。

日程 2016年7月22日(金)または23日(土)
時間 随時(ご予約制)
会場 東京都神楽坂 アマーリエサロン
費用 無料

お問合せ、詳細はこちら。

http://www.amarlie.com/


☆ランキング参加中!!
クリックご協力、お願いします↓

にほんブログ村 健康ブログ オーラソーマへ
にほんブログ村

Twitterボタン

いいね!(31)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2016-05-26 10:18:24

どうしてヌメロロジーのワークをするようになったのですか?

テーマ:リヴィングエナジーより
どうしてヌメロロジーのワークをするようになったのですか?

「マンガラのヌメロロジー」より  マンガラ

       …………○…………○…………○…………

人間はみんな自分が好みを持っているのだと思っています。

でも考えてみたら、自分の好みとか性格って、自分が選んたわけでもないですよね。

小さいころのちょっとした褒められた体験で、自分はそのことが得意なのだと思い込んでいたり、あるいはなぜかそのことが自分にとっては、とても当然のことように、分かりやすかっただけだ、といった感じじゃありませんか。

きっとDNAのどこかにそういう体験的な知恵が刻み込まれていたのか、あるいは成長してくる過程のどこかで、あることに対するポジティブな記憶やネガティブな記憶が刻まれてきただけではないでしょうか。

そういう人格的特性は誰でも持っているものですが、でもそれはけっして当人がいつかの時点でその人格特性を選択したというわけではありません。

マンガラは、タロットと出遭ったとき、これこそが自分が求めていたものだと思ったそうです。

人生にはそういう幸運な出会いもたくさん織り込まれているようですね。

そして人は、そのような幸運に出会えることを願って人生を歩んでいくのですね。

       …………○…………○…………○…………

------------------------------------------------------------------
編:あなたはどうしてヌメロロジーのワークをするようになったのですか?

実は、すべてはタロットから始まったのです。
私は心理学の学位を取って、数年間ジャーナリストとして働き、それから進歩的な女性誌の編集者となりました。
何もかもとてもうまく行っていたのですが、突然でしたね、終わりがやってきたのは
私にとって、そういったことがまったく意味を持たなくなり、何の興味もなくなってしまったのです
それからの数年間は、自分が何を探しているかも分からないまま、あちこちを旅して回り、行きついた先がインドのプーナにある和尚のアシュラムでした。
そこで、だれかがタロットのリーディングをしてくれて、それで私はたちまちタロットカードに恋してしまったのです
私にとって、ずっと探していたものはこれだ、心理学を通して探していたのに見つからなかったものはこれだと感じたのです。
個々の人のマインドに分け入り、それを理解するこんな方法があったんだ、と、私はたちまちのうちに夢中になり、それからはどこへ行くにもカードと一緒。
私にとっては、使い方を学んだと言うよりも、思い出したという方が当たっている感じですね。

それから数年たって、ヌメロロジーに出会ったときも、そんな感じでした
ある意味では、すべて偶然の成り行きだったとも言えるんですが。
その頃には、友人にはタロットのリーディングをするようになってはいましたが、まだプロにはなってはいませんでした。
そんなあるとき、私は友人をたずねてハワイに行ったのです。

そこで彼女はサイキック・リーディングをしていて、私にもセッションをしたらどうかってことになって、面接の手はずを整えてくれたんです。
ところが、その店では、2つのツールを使える必要があると言う、でも私には、その頃はタロットしかありませんでした。
そんなとき、その彼女の家の大きな書斎に山ほどあったヌメロロジーの本を見つけて、すっかり入れ込んでしまったというわけです。
私にとっては、何かとてもなじみのある、深く埋もれていた記憶が蘇ってくるような感じでした
そしてその一週間後にはもう、そのお店でヌメロロジーとタロットのセッションをしていました。
そしてそれが今でも続いているというわけです。

それは25年ほど前のことなんですが、今思えば、ほんの始まりに過ぎなかったようですね。
それ以来、私はいろんなことを学んで、しかも今もまだ学び続けていますから。
自分自身についての新しい発見をするたび、私のヌメロロジーに対する理解も増していきます。
それは、人生を見つめるためのすばらしい道具です。
私はこの出会いにとても感謝していて、だからこそ、こうしたツールを教えるのがとても好きなんです。
私はいつも、こうしたグループで、何か非常に貴重なものを手渡していると感じているし、それは本当にすばらしい感じなんです。

        『リビング・エナジー』Vol.5(p89-90)

--------------------------------------------------------------------

【私にとっては、何かとてもなじみのある、深く埋もれていた記憶が蘇ってくるような感じでした】。

そういうものなんでしょうね。

【私はいつも、こうしたグループで、何か非常に貴重なものを手渡していると感じているし、それは本当にすばらしい感じなんです】。

これが旬(しゅん)の人生というものなんでしょうね。

pari 記


マンガラ・ビルソン著作『わたしを自由にする数秘』ただいま発売中。
誕生日で知る幼年期のトラウマからの解放と自由、あなたの数が示すヒーリングの旅。


わたしを自由にする数秘
http://aura-soma.jp/products/book/SBK02.html


☆ランキング参加中!!
クリックご協力、お願いします↓

にほんブログ村 健康ブログ オーラソーマへ
にほんブログ村

Twitterボタン

いいね!(39)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-05-25 12:34:39

B31 The Fountain(泉)

テーマ:イクイリブリアムボトルを知る手引き
B031 The Fountain

http://www.aura-soma.co.jp/products/equi/B031.html

ヴィッキーさんのボトルのメッセージは「知ること──自分自身のスペースを見いだすことを通して知ること」

メインテーマは「深い恐れに打ち勝つ」

色との関わりでヴィッキーさんのボトルのメッセージを見てみましょう。

ヴィッキーさんのメッセージも色の言語で読み解いていくことができます。

知ること…ゴールドの「知ること」とは、真の自己を知ること

ゴールドはツルー・オーラのある領域でしたね。

サトルアナトミーではインカーネショナルスターの場所でもあります。

サトルアナトミー

ゴールドは内なる知恵をも表します。

また、ゴールドはイエローにオレンジが含まれている色ですね。

知るといっても、知識として知るのではなく、より深いフィーリング、感情的レベルも含んで知るということでもあります。

腹の領域、より存在に根ざした深い領域で、自分自身を知るということを表しています。

グリーンはハートのスペースを表します。

自分自身を深く知るには、ハートのスペースを見いだすことが必要でもあるということを、このボトルは教えてくれています。

マインドで、頭で、心理学を学んだり、精神分析などで自分自身を知るのではなく、ハートのスペースを見いだすことを通して自己を知ること。

そうして、はじめて本来の真の自己に出会うことができるのですね。

メインテーマの「深い恐れに打ち勝つ」というのは、色の言語から考えて、どうしてそういう言葉が出てくるのかは、自分で考えてみてください。

タロットは「ワンドの6」

ウエイト版では、馬に乗った青年が月桂冠をかぶり、右手に持ったワンドにも月桂冠がかけられています。
彼には、それぞれの手にワンドを持った人々がつきしたがっています。

ウエイト版 ワンドの6

ワンドの2で城に立っていた人物が、今では勝利をおさめて凱旋しているような図です。

クロウリー版では、ヴィクトリー「勝利」のタイトルがついています。

クロウリー版 ワンドの6

6本のワンドが3本ずつ整然と交差し、それぞれのワンドの頭には知覚を表すホルスの目が開き、復活を表すフェニックスの頭が調和を持って向きあい、そして愛を表す蓮の花が金色に輝いています。

ワンドの交差するところでは、炎が秩序正しく燃えています。

この勝利は、勝ち負けの勝利ではなく、みんなが勝利をおさめている、ウィン・ウィンの状況のようです。

このB31のボトルは、生命の木では「ティファレット」と呼ばれている6番目のスフィアに位置しています。

生命の木のスフィア

この「ティファレット」というスフィアは、生命の木の中心にあり、すべてのスフィアに直接、間接につながっています。

ここはキングのコートカードの位置するところであり、すべての神経が集まっている、太陽神経叢に該当すると考えられます。

ボトルの色がグリーン/ゴールドというのはおもしろいですね。

まさに、このスフィアに現れてくるのにふさわしい色です。

ティファレットは「美」「調和」「バランス」「アポロ」「太陽」、中心、パーソナルな自己、パーソナルアイデンティティ、真の自己、エゴ、魂、純粋な自己意識、私、汝自身を知る、などの言葉で語られています。

ただ、ティファレットのスフィアが一般に「美」と呼ばれているのには特別な理由はないのだそうです。

ティファレットは人間の本質的な性質、人が生まれながら持っているもの、その人自身の意識、個人の中の最も真実な部分に焦点を当てているようです。

ティファレットはケテル(冠)からマルクト(王国)を行ったり来たりする意識の軸の上、均衡の柱にあります。

人間にあっては、この柱のどの高さに意識があるかで、その人の存在レベルが決まるともいえます。

私たちは、ほとんど日々の生活に巻き込まれて本当の自分を忘れていますが、いつもどこかで、人は本当の自分自身を知っているのです。

その本当の自分自身を思いだすことが瞑想でもあります。

人間にあっては、本質的性質というものが大事な鍵となります。

「汝自身を知れ」とすべての哲学者が言っているように、ティファレットにこの汝自身があり、天と地の釣り合いをとっているのです。

ティファレットは、見えるものと見えないものの接続部分ともいえます。

生命の木では、まさにイエローの自己を獲得した人間を表しているようです。

人間の可能性のすべてが、この生命の木で表されているようです。

尚 記

☆ランキング参加中です!! 
クリックご協力、お願いします↓

     にほんブログ村 健康ブログ オーラソーマへ
にほんブログ村

Twitterボタン


いいね!(41)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>