申し訳ございませんが、現在のんびりと1人でやっております。
でも、このブログを誰かが読んでくれて何かの役にたてばいいなーと思ってます(笑)
家に関するまとめサイトはこちらです(・∀・)
  • 19 Feb
    • 施主立ち合いプレ検査 その2

      おはようさんです(・∀・)   昨日は二回目の施主プレ検査をして参りました。前回のプレ検査から10日経過していますが、室内の養生が取れ、外部の足場も撤去されていましたよ。   家自体はあと2週間ほどで仕上がると思いますが、外構を全部終えてからの引き渡しという段取りにして頂いてますので、3月中旬以降が引き渡しと想定されます。   さて、チェックの模様ですが、監督さんの竣工検査の前段階であり、まだ建付け調整等は終わってません。補修はこれからまとめて入ります。   画像から分かり難いと思いますが、青いテープが貼ってある部分は壁紙の継ぎ目が良く見えていました。これは前回のプレ検査時点から乾燥して収縮してしまったと思われます。   他にも数か所ありました。こんなのはスポンジにコークボンドを付けて拭いて、自分で補修できる程度の話ですが、まだ引き渡しまで余裕があるので、修正を依頼しました。   床の傷を監督さんが見つけてくれました。床をハイハイして全部確認しましたが、監督いわく養生のされていない、部屋の隅に傷がある可能性が高いそうです。そうですよね。   我が家だけか分かりませんが、床に全然傷がなくてビックリしました。棟梁の仕事や養生が丁寧だったのか、床材が硬いからなのかわかりませんが、もう少し傷があると思ってました。   次は外回りです。青いテープは壁のタイルが汚れていたり、浮いている部分です。タイルの浮きは5か所程度ありましたが、ボンドを付け過ぎているとの事で修正して頂けるそうです。   また、壁パネル同士の接合部分はタイルが浮いて見えますが、これは壁パネル同士の厚みに若干の差があり、木材の収縮の問題であり、修正しようもないので、OKとしました。   玄関ドア左側のタイルの浮いている場所に、青いテープで補修の指示がしてあります。この玄関ドアはK1.5の性能で、色はカフェボローニャです。この玄関ドアには実は縁があります。   一条工務店の設計士さんが最初の外観図に選んでくれたのが、現自宅に採用しようとした、この型式の玄関ドアで、なんと色まで一緒だったのです。私は何も言ってないのに。   この三協の玄関ドアを現自宅に採用できなかったのは、当時の三協のサッシに防火性能の偽装が発覚したため、サッシと共に玄関ドアまでリクシルに変更したためです。   その後、リクシルもYKKのサッシも防火性能が不足している事がわかり、大騒動になりました。私も役所の完了検査が下りず建物の引き渡しが1月ほど延びました。   きっかけは、一条工務店が自社開発した樹脂サッシの防火認定を国土交通省に申請したところ、他社の窓の防火性能が基準を満たしていない事が発覚したためと言われています。   真面目に窓を作った一条工務店を当時は恨み(?)ましたが、サッシの評価機関である国土交通省の天下り先が、業界と長年に渡り癒着して機能していなかったのです。   そんな、一条工務店とこの三協のドアが今回の私の家作りに登場していますから、何とも不思議なものです。そして、玄関ドアの性能は当時と同じ、K1.5から進化していません。   K1.5とは、昔は仕事率の単位が現在のワットではなくてカロリーで表現されていたので、熱貫流率も現在のU値ではなくてK値と表現していました。   1ワット=0.86カロリーなので、K1.5=1.74Wなのですが、当時のK値で呼び表した名前が現在の玄関ドアに残っているという事は相当前から性能が同じという事です。   トリプルサッシ単体のU値が0.8Wですから、玄関ドアは半分以下の性能なので、玄関のデザインの豪華さを求めなければ、面積の大きな親子ドアではなく、片開きをお勧めします。   K2.0のドアに至ってはU値は2.33Wとなり、アルミ樹脂複合サッシと同程度の性能になります。早く一条工務店にはU値が1.0W以下の玄関ドアを導入して欲しいものです。     さて、プレ検査自体は大した問題がなかったので、ここからはプレ内覧会です。   まずは、プレ温湿度検査の状況です。バラつきの少ないインクバード社の温湿度計4個とみはりん坊W1個を設置してから2時間経過した状態です。   換気装置は止まった状態です。短時間、エアコンと床暖房をテスト運転してみましたが、躯体がまだ温まってないので、まだ家の北側がヒンヤリと寒いです。   一階リビングの状態です。左のみはりん坊Wの絶対湿度は8.4g/m3を表示しています。このときの外気温が9.8℃、35%、3.3g/m3なので、5グラム外気より加湿されています。   実際に換気装置を動かなさないと何とも言えませんが、この状態に生活排湿を9.5リットル/日と想定して加えると、室内の相対湿度は49%になると想定されます。   やはり、初年度は建材からの放湿があるため、加湿器は要らなそうですね。というか私は現自宅で相対湿度が30%台でも気にならないので、加湿器は使ってないですけどね。   二階の南側の部屋です。20.9℃45%です。二階もエアコンを試運転しています。やはり、日射の入る南側の部屋は室温がそもそも高いですね。   これは二階の北側の部屋です。17.8℃54%です。日射が入らないので、南側の部屋より3℃低いため相対湿度が上がってます。この部屋は私が使う予定です(T_T)   換気装置の付いた各部屋に関しては、暖房を24時間連続運転して、躯体が温まって来れば、それほど室温の差は無くなると思います。 北側の玄関土間です。14.3℃と低い温度なので、冬はここで冷えた空気が一階リビングに流れてくるでしょう。玄関ドアを親子にしていない理由は断熱性能を優先しているからです。   床暖房の区画は、南側と北側で分けて、北側の設定温度を高くすると全館が均一になると思います。家中が均一の温度であれば暖房の設定温度を下げて省エネが図れるでしょう。   さて、このあとはオマケ画像です。   差圧式給気口の位置です。換気扇を強運転しても、この位置だと冷気は感じませんでした。なぜか一条工務店は冷蔵庫の上がデフォルト位置のようですが、それだと寒そうです。   一階リビングにある、我が家のリモコン達です。まだ、リモコンの設置が全部終わってません。リモコンの下は、固定電話を置くためにカウンターになってまして、上部は自在棚です。   先程のリモコン達の下はエアコンニッチになってます。床上エアコン試運転しました(・∀・)   二階の階段ホールに設置したエアコンです。この1台で夏は全館冷房します。階段手摺の青いテープは監督が壁紙の補修箇所を指示しているものです。   一階から二階のエアコンを見上げると、半分出ているのがわかります。一階にも二階にも冷気が均等に行くようにするための設計です。   以上、大した異常はありませんでしたの巻でした(*^ー^)ノ

      13
      テーマ:
  • 17 Feb
    • Q値を計算してみましょう

      どーも、こんばんは。   先日、公開したF式Q値Ua値計算シートの入力手順を記載しました。   こちら ⇒ ヽ(`Д´)ノ   平屋やi-seriesZeroの計算サンプルも作りました。これでどんな断熱材の構成であってもQ値や電気料金が簡単に計算できます。   誰でも計算できると思いますので、ぜひやってみてください。   ちょっと、記事を書くのに疲れましたーー (*^ー^)ノ

      6
      テーマ:
  • 11 Feb
    • 追加【F条工務店】Q値Ua値計算シート

      どうも、こんばんは(・∀・)   Q値(熱損失係数)とUa値(外皮平均熱貫流率)が簡単に求められる計算シートを作りました。   こちら経由でダウンロードして下さい ⇒ (;・`ω・´)   17か所+窓を入力すれば誰にでも計算できます。ちょっとレイアウトがごちゃごちゃしていますけど。。   私の持っている市販の計算ソフトと比較して精度は確認していますが、もう少し使ってみてバグがあったら修正していきます。   ※2/17追記 吹抜がある家の場合の床面積の引き算が間違っていましたので修正しました。   よろしければご利用ください(*^ー^)ノ

      4
      テーマ:
  • 09 Feb
    • 仮契約してきました

      どーも、フエッピーです(・∀・) 本日は会社を休んで、竣工検査前のプレ検査のあとに、仮契約をしてきましたよ。   いつやるか?今でしょ(・`ω・)   昼間から仮契約の祝杯は栃木県はせんきんさんの「モダン仙禽 無垢」です。純米大吟醸にして一升瓶で2,500円(税抜)という破格のお酒です。独特の酸味があり、濃厚な味わいです。   何の仮契約かって?そうです、例の仮契約ですよ。常々私が申し上げている例の、 四代目のね。   そして、四代目を建ててくれるのは、皆様ご存じ、       契約金100万円は先ほど送金しました。着工予定が29年11月となってますが、もっと遅くなるでしょう。さらに、今回も三代目と同じメンバーで家を建てますヽ(*・ω・)人(・ω・*)ノ   まだ、三代目の引き渡し前に四代目の仮契約をしてしまうのは、少し生き急いでるなと自分でも感じますが、そんな人生も面白いと思いました。普段は堅実な生活をしてますけどね。   一条工務店の方から仮契約を迫ってきた訳ではありません。私から将来の夢を相談した結果、まずは坪単価が上がる前に仮契約となったのです。夢が叶うかはまだ分かりません。   どうやってお金を工面するかって?多少ある蓄えを取り崩しますが、残りは全部住宅ローンです。私はサラリーマンですから、まずは金策をどうにかせねばなりません。   一条工務店は15坪の平屋でも家を建てられるんですよね。てっきり、長期優良が取れる床面積がないとダメなのかと思ってました。まだ構想段階ですが平屋にしたいですヽ(`Д´)ノ   フラット35は70m2以上の床面積がないとローンが借りられないので、それ以下の床面積でセカンドハウスローンが借りられる銀行がないか、営業さんに確認して頂いてます。   憧れの建設地は自宅から100kmほど離れた他県の田舎なので土地は安いですが、予算は本当に少ないので、家というよりは小屋のようなものになるかもです・°・(ノД`)・°・  一条工務店の二軒目割引は現状では1.5%のようですが、今回はZEHの補助金を取りたいですね。そして、今度こそ工場見学の抽選会でカップボードを当てるぞヽ(`Д´)ノ   まだ、老後に移住するまで時間がありますが、考えていても未来は変わらないと思いました。土地は現地で本気で探さないと出てこないですし、土地探しは時間が掛かりますからね。   未来とは、今である(・∀・)   それに、いや、まてよ、そうか分かった。ご縁がないと思っていた、iシリーズⅡは寒冷地に建てる四代目のために神が私に遣わされたものなんじゃないか(・∀・)!! ← アホ   ほら、土台が4×4から6×6になって、床の断熱材の厚みが140ミリに変わったという事は、寒冷地に移住せよという神の啓示ではないかと思うのです(・∀・)!! ← アホ2   お金が調達できなくて失敗に終わる可能性もあるので話半分で聞いておいて下さい。何年か掛かる息の長い話になると思いますが、四軒目の家が建てられるように全力を尽くします。   夢は叶えるもの。我が人生に悔いなしです(・∀・)!! OK牧場。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。+゚   以上、一条工務店の現役施主続行しますの巻でした(*^ー^)ノ

      11
      テーマ:
    • 施主立ち合いプレ検査

      どーも、こんにちは(・∀・)   今日は寒いですね。温暖地なのに雪が舞っています。   さて、本日は仕事を休んで、一条工務店の竣工検査前に、監督さん、営業さんとプレ検査をして来ました。ハウスクリーニング後に行われる来週の竣工検査にも立ち合いをします。   いよいよ、足場が外れようとしています。   なお、今回のチェックは一条工務店側が検査する前の段階のものであり、今回不具合が見つかったからといって、問題だという事ではありません。   なるべく早く指摘した方が修正する時間を確保できるため、こちらも遠慮なく指摘できるという意味で、壁紙を貼り終わった段階で一旦確認する事にしました。   まずは室内です。まだ、室内は養生が付いていますが、鍵を引き渡されてからの補修となると、立ち会わないといけないため、引き渡しまでに全部修正して頂く予定です。   丸く見えるものはエアコン配管穴が壁紙に隠れているものです。不具合ではなく、気密のためにエアコン取り付けの際にこの穴の隙間にウレタンを入れてもらうようにお願いしました。   脱衣所の棚板に穴を空け忘れてました。これは電源コード等を通すための穴です。ま、これは穴を空けるだけの問題です。   私は一軒目に建てた家のトイレのクッションフロアが剥がれた事があるので、現自宅や今回の家は水回りの床であってもフローリング仕上げにしています。   階段の側桁に隙間があります。部品を組み立てる時に遊びが必要でしょうから仕方がないですが、何かで埋めてもらいます。青のテープは監督さんの修正指示のテープです。   階段の手すりがガタガタしています。クロス屋さんが壁紙を貼る時に外したのでしょう。そのあとの締め付けがちょっと足りてないだけです。   二階の壁が全体的にすこし膨らんでいる部分がありました。石膏ボード継ぎ目の下地処理のパテを盛り過ぎた可能性があるようですが、修正をお願いしました。   まだ、壁紙にはところどころ糊や手垢がついてますが、ハウスクリーニング前なので、致し方ないところです。あと、室内ドアの建付け調整がまだでしたので、調整をお願いしました。   それでは建物の外にでます。   これは不具合ではありません。外構が当初の構想から変わってしまい、BOXが余ってしまったので、コンセントに変更します。   エアコンの予備穴部分のハイドロテクトタイルの切り欠きが若干ズレてますので修正をお願いしました。私って心が狭い人間でしょうか:*:・( ̄∀ ̄)・:*:   正直にいうと、全体的にはぜんぜん大した問題がなかったです。まぁ、月に3・4回は来てましたから、当然とも言えます。   引き渡しまで1ヵ月ありますから、補修期間を長く取る事で、罪悪感なく指摘できます。通常は一条工務店側の竣工検査が終わったあとの施主検査になるようです。   ただ、それだと建物の引き渡し間近になってしまい、言いにくいとか面倒だと思って、補修を諦めてしまう奥ゆかしい方も多いのではないでしょうか。   でも、住んでからずっと気にしながら生活するのは精神的に良くありませんから、一条工務店がチェックして補修する前の粗々な状態で一旦確認しておく事をお勧めします。   監督さんは日曜休み(祭日も?)で土曜日は上棟の予定が入っている事が多く、なるべく早くアポを取るか、土日休みの方は自分が平日に休んで、チェックすると良いと思います。   先入観なのですが、他の方のブログを見て、一条工務店の壁紙の張り方が上手でないやに思っていたのですが、ビス頭も見えないですし、我が家はたいへん綺麗でしたよ(・∀・)   監督もこれで普通ですと言ってました。壁紙は懐中電灯を当てて全箇所を確認しましたが、壁紙に関しては壁自体が少し膨らんでいる箇所のみの補修だと思われます。   床や住設の傷は今日は養生が取れてなかったので次回確認します。   以上、順調に仕上がっているようですの巻でした(*^ー^)ノ

      6
      テーマ:
  • 08 Feb
    • やればできるぞ一条工務店

      おはようさんです(・∀・)   今日は小ネタなんですが、ネットで一条工務店の狭小住宅を探していたらこんな画像を見つけました。一条工務店のモデルハウスだった家との事ですが窓の日射制御がイイ感じです。   現在売り出し中のようで、画像はアースホーム様からお借りしました。   伊豆の熱海という別荘地なので、床面積が21坪弱しかありませんが、高気密高断熱住宅の良い設計方法が見受けられます。一条工務店もやればできるじゃないかと思いました。   画像をみると外観はハイドロテクトタイルですが、内装を見るとi-cubeでもi-smartでもないようなので、建売用のi-palette?i-smile?ってやつでしょうか?   まず、南側の屋根の軒が出ています。そして一階の窓にはバルコニーが庇代わりとなってます。このような窓の日射制御があれば春から室内がオーバーヒートしなくて済むのです。 外壁に設置されているのはこれは太陽光パネルなのでしょうか。それとも ソーラースパンドレルでしょうか。太陽光パネルだとすると、これなら雪国でも冬に発電できますね。   建物の裏側です。恐らくコストを下げるために窓を節約したのかも知れませんが、明り取りの窓は小さくて良いのです。部屋の高い位置に窓を付けると窓は小さくても明るいですから。   こういった家が高気密高断熱住宅のあるべき姿なのですが、どうしても日本人は窓を大きく取って風通しを意識したパッシブデザインをしてしまいます。   お客様ニーズというものがあると思いますが、ぜひこのようなデザインの高気密高断熱住宅が普及して欲しいものです。   また、i-paletteは2×4で外断熱材が無いようなので壁が薄く、土地が狭い都市部に好都合だと思います。耐震性は2×4で十分ですし、温暖地では断熱性能は十分過ぎです。   一条工務店が公表しているi-cubeのQ値と同じにした家をモデルに、i-paletteの仕様に変更してQ値を計算すると、Q値は1.2Wあります。   これは、ウレタン断熱材で外断熱なしの壁の断熱材の厚みを89ミリに変更して、トリプルサッシ+ハニカム付の場合です。家は当然真四角の形で計算しています。   ぜひ、これを注文住宅でも発売して欲しいです。平屋や規格型の住宅もぜひぜひ用意して欲しいです。一条工務店の本社の方にお会いした時も切々とお願いはしましたけど。   また、現状ではi-シリーズを希望しても建設地の前の道路が狭いと壁パネル等が搬入できず、セゾンなどの軸組みを選択している方もいるとの事なので、これを改良して欲しいです。   パネルを小さくするか、軸組みのように柱(枠組み)と壁パネルを分割して現地で嵌め込むなど、自宅前の道路が狭い方でも対応できるように2×4の家は工法を代えて欲しいです。   都市部攻略に特化した2×4のモデルがあれば、都市部でも一条工務店に敵う相手はいなくなると思いますよ。寒冷地は2×6、温暖地は2×4が良いのではないでしょうか。   北側斜線等の建築規制が厳しい都市部では、総二階でなくても建てられる商品にしてほしいですね。   以上、やればもっとできますよの巻でした(*^ー^)ノ

      16
      テーマ:
  • 04 Feb
    • ブログ村に登録しました

      おはようございます(・∀・)   いまさらですが、ブログ村に登録しました。もう、家作りの終盤ですが。。   私の家作りの方法をもっと早く知りたかったというご意見をいくつか頂き、色々考えましたが、ブログ村に私の家作りのまとめサイトを登録することにしました。   こちら ⇒ ヽ(`Д´)ノ   タイトルは私の設計の特徴である全館冷房という文字を入れて「24時間全館冷房 F条工務店」としています。まだ、ブログ村仕様に設定が足りてないかもなので今後修正します。   まとめサイトなのでこれから記事はあまり増えませんが、はじめて家を建てる方が順番に読めば家作りが分かるような構造にしているつもりでございます。   いままで、ブログ村に出なかったのは、一般に理解されないだろうと思っていたという事もあり、今後おかしな方向に向かってしまうようであれば、ブログ村からは脱退すると思います。   ブログ村の一条工務店カテゴリーのランキング争いには興味はございませんが、50位未満だとトップ画面から見切れてしまうので、50位以内を目標に頑張ります。   登録する住宅カテゴリーは以下になっており、メインターゲットの読者層は一条工務店以外を含めた、これらから注文住宅を建てようとしている方すべてを対象と考えています。   住まいブログ>一戸建 一条工務店>一戸建 一条工務店住まいブログ>一戸建 注文住宅(施主) 住まいブログ>一戸建 ローコスト注文住宅(施主)   私がブログ村に出ると、一条工務店というよりは、C値を測定しない他のハウスメーカーにインパクトがあるのかもしれません。 黒船襲来ヽ(`Д´)ノ   なんて、ことになるかもしれません(嘘)   以上、ブログ村でも細々とやっていきますので、よろしくお願いいたします(*^ー^)ノ

      16
      テーマ:
  • 03 Feb
    • フィリピン火災

      どーも、フエッピーです(-_-) フィリピンで発生した工場火災が気になります。怪我人の状況も心配です。 HTIという住宅設備の日系企業が被害に遭われたとのことで、一条工務店のフィリピン工場でもある、HRD(一条工務店と法人格は別)との関連はわかりませんが、この企業紹介の動画は明らかに一条工務店の家ですね。 火災の規模や一条工務店に関係があるのか事実関係はわかりませんが、深刻な状況の場合は工期の延期等について冷静な対応が必要になってくるかもしれません。 本日は以上です。

      9
      テーマ:
  • 02 Feb
    • 追加【F条工務店】設計

      おはようでござる(・∀・)   ちょっとさかのぼりますが、F式の設計についてまとめてみました。 まぁ、いままで散々書いてきたことです(・∀・)   ⇒ こちら。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。+゚  以上でございまする(*^ー^)ノ

      7
      テーマ:
  • 30 Jan
    • 追加【F条工務店】大工工事

      おはようございます(・∀・)   さて、大工工事を纏めました。   ⇒ こちら ヽ(`Д´)ノ   現在、室内は壁紙を貼ってます。   家作りが段々終盤に差し掛かり寂しい限りです・°・(ノД`)・°・   引き渡しは2月の中旬~下旬でしょうか(*^ー^)ノ

      5
      テーマ:
  • 28 Jan
    • フロアコーティング その3

      どーも、フロアコーティングシリーズ3回目です(・∀・)   コート剤がアルコール溶剤なので、毎日練習していると手が荒れてきました。本番環境ではビニール手袋をはめてやろうと思います。   さて、販売元からサンプルが到着しないと、塗りに関して、現在の自分のレベルが分らないので、その間にコーナー部分の練習をしておきたいと思います。   ホームセンターで購入した巾木を付けて、コーナー用のテスト環境を作ってみました。巾木は実際と違いますが、床板は一度も塗布していないi-cubeの純正品です。   舞台裏は寒々しいものです。ビス7本で固定してあるハリボテです(・∀・)   真ん中を区切り、コーナーを2箇所設け、巾木に養生テープを付けた場合と、そうでない場合の巾木の汚れを確認してみます。家中の巾木に養生テープを付けるのは面倒ですからね。   本番ではここには壁があるという事を想定しながら養生作業をしてみると、結構大変だという事がわかりました。プロもこの取り回しのしやすい細い養生テープを使うようですね。   さて、塗ってから3時間経過しました。   巾木なしで塗った方です。写真ではわからないと思いますが、板を持ち上げて斜めから見るとオイルが付いたようにテカテカしています。青い点は付着した塗料の形を表したものです。   床板を持って斜めから見てやっとわかる程度です。うう、正直こんなの誰も気が付かないと言えなくもないですが、新築の場合は養生の手を抜くのは勇気が要りますよね。   あと、どこまで真面目にやるか次第ですが、本当に真っ直ぐにテープを貼るのは難しいので、結局は下の方には少し隙間が出来てしまい多少なりともコート剤は付いてしまいます。   巾木にコート剤がベッタリつかない程度に養生という感覚でよいと思います。気を付けて施工すれば養生なしても行けそうですが、コート剤をひっくり返してこぼしたらアウトですしね。    さて、コーナー部分のゴミ噛みおよび刷毛目の具合です。塗りの起点となるコーナー部なので、塗料が溜まりやすく刷毛目が通常の部分より目立ってしまいます。   こちらは薄く塗った方です。赤い丸のゴミ噛みは少ないです。塗料が溜まるコーナー部は横に布で拭いてから縦に拭いてますから、すり傷のように縦の刷毛目が見えます。   こちらは厚く塗ったほうです。横向きの刷毛目が見えます。光沢と同時にゴミ噛みが増えて、空気が入って気泡のように白っぽく見える箇所が増えました。写真だと分からないですね。   後で端の部分をぼかす練習をしましたが、これは力を抜いて軽く布でふくと目立たなくなりました。見た事ないですが、リアル環境でのプロの施工レベルってどんなもんなんでしょうね。   メラニンスポンジでの塗布はスポンジがコート剤を多く保持できないのですが、布で塗るようになってからは布がコート剤を保持できるため、塗膜量のコントロールが簡単になりました。   それでは、現状の輝き具合をみてみましょう。写真は同じ時間帯に同じ場所で取ってます。   まず、i-cube純正の無コーティングの床板です。ぼんやりとしていて照明は映り込みません。   コーナーテスト環境の薄塗り一回の箇所です。照明が映ってます。   厚塗り一回です。やはり一番、照明が映り込んでます。   厚塗りは単純に塗るだけだと、ゴミ噛みが大量発生するため、布で沢山の塗料を延ばしてから表面を撫でるように拭いてます。ただ、特に薄塗も厚塗りも施工の手間は変わりません。   ただ、厚塗りはゴミ嚙みから逃げれないため、施工方法は、もう少し薄く塗るか薄塗りした後に塗装が乾いたら、乾いた布で磨いてさらに薄塗りするかの二択ではないかと思ってます。   塗りに関してはプロは下塗りしてからトップコートを塗ってます。ただ、材料費が上がったとしても下塗り工程の勉強が面倒なので、必要ならトップコートを下塗り剤にしようと思います。   各部屋を順番に施工していけば、軽歩行できるまで(3時間)ずっと待っている必要はないと思いますし、二回目は長靴等を履いて施工すれば、足跡も消せるでしょう。   販売元からのサンプル材はゴミのほぼない塗装ルームで塗ったものだと思いますから、ゴミ噛みはほとんどないと思いますが、光り具合を比較したいと思います。   さて、完全に乾いた後に日射に暫く当てて紫外線を浴びせてから、強度や防汚等の効果測定をして、最終的にコーティングをDIYでやるか判断しようと思います。   確かに、i-cubeの床材のままよりも、滑り難くなるのは間違いないと思いますが、ハードコーティングなので一旦硬化したら剥離するのが困難ですから、素人には一回勝負ですよ。   今回テストしているビアンコートにはUV対策品と普通品があります。一条工務店の窓はUVカットが94%?ですから、やるなら安価なUVなしで施工しようと思います。   また、艶アリと艶ナシタイプがあり、今回のテストは艶アリです。ムラが目立たないように艶ナシという選択肢もありますが、ムラを施工中に早期発見したければ艶アリも良いでしょう。   恐らく、100m2の家までなら、コート剤(2L)と希釈用のブタノール(500ml)で足りると想定され、総コストは5万円程度ですから、効果があるならやってもいいかなと思ってます。   床がピカピカになるとなんか嬉しくなってきます。もっと、表面が綺麗にならないかと日夜考えてしまいます。これがオサレというものの感覚なのでしょうか。   オサレは一日にしてならずの巻でした(*^ー^)ノ

      7
      テーマ:
  • 27 Jan
    • フロアコーティング その2

      おはようさんです(・∀・)   夜な夜なコーティングの練習をしていますが、少し前進しましたよ。   塗装に関して私はド素人です。また、今まで住んだ家ではワックスを床に掛けた事がございません。特に現自宅は床がすごく硬くて光沢もあるため、ノンワックスの空拭きで十分です。   相変わらず、塗布作業におけるゴミ噛みに悩まされています。塗ってからゴミ(浮遊するホコリ)を削る修正をするべきか、塗る段階でゴミを除去するのが正解なのか、答えは如何に。   ローストビーフやラーメン屋さんの半熟卵の作り方のようなもので、理屈が分かってしまえばきっと、素人でもプロに近い味が出せるはずだと淡い期待をしています(・∀・)   では、まずは失敗例の報告です・°・(ノД`)・°・   塗料を厚塗りしてコンパウンドで磨いてみたら、ビカビカになりましたが、厚塗りしたのでムラもあるし、こんな面倒な工程を家中やってられないので、この方法は間違いでしょう。   1000番の細かい紙やすりで磨いて修正すると、塗料が薄くなってしまい殆どコーティング前の状態になってしまいました。これも間違いでしょう。   こんな粗めのスポンジが付いたもので、コート剤を塗ってみましたが、ゴミ噛みは止まず。   付属のメラニンスポンジで一生懸命、擦りながら塗るとゴミ噛みは減るものの塗膜が薄くなりすぎて塗った方向にスジが入ってしまいます。   八方塞がりです。自分の発想がきっと固くなっているに違いないと、単純に考える事にしました。シンプルな発想をした時は成功するという事は今までの人生で何回も体験してきました。   逆に失敗するときは、問題を自分でこねくり回して難しくしている時です。小型エアコン全館冷房の時も、振り返るとこんな簡単な事に悩んでいたのかと愕然と思った記憶があります。   ゴミ噛み除去という企業秘密(?)解読のために、漆塗りや自動車塗装、プラモデルの塗装など、ビカビカに光る塗装のゴミ噛みを参考に調べていましたが、それが間違いの元でした。   そうだ、あれは何層にも塗装する厚塗りだ。そうだ、違うんだ。こねくり回さずに、シンプルに考えるんだ。美しい数学の方程式のように優れたプロセスにはムダがないはず。   ゴミ噛みは塗膜がゴミよりも厚いから起きる現象なので、フロアコーディングの場合はゴミが噛めないほどに薄く塗るべきなんだ。ただ、薄すぎては光沢がでない。   塗膜を全部拭きとらないで表面のゴミが取れるもの。ゴムヘラではない。スポンジでもない。塗った後の修正が不要で、塗りながら塗装面からゴミが取れるものは何か。   塗料を含む事ができて、ゴミを拭きとれるものだ。はっちゃけーはっちゃけー   布だ ( ゚∀゚)!単純   早速、コート剤を染み込ませた綺麗な布で塗るとゴミが取れて表面が光ってます。使った布はオイラが着古したユニクロのTシャツをカットしたものです。   近寄るとこんな感じです。ゴミのブツブツがなくて滑らかです。結構、満足な出来です。光が3個見えるのはこの部屋の照明の電球が3個のものだからです。   養生テープをはがすと、塗ってないところとの差が歴然としています。しっとりと光っていて綺麗な出来栄えです。ワックスと違って、塗った後に光度が下がらず、このままだそうです。   ゴミ噛みの除去に関して、布が正解なのかわかりませんが、少し前進しました。現状だと二度塗りすると満足な出来なのですが、一度でこの輝きを出したいものです。   本番環境では広い面積をメラニンスポンジで塗るなんて有り得ません。今回の反省点は、商品に付属していたという理由だけでメラニンスポンジを使って練習していた事です。   広い範囲で使わない道具でテスト環境の練習を一生懸命していたと言う事が敗因でした。しかも、問題をこねくり回して単純な解決策までかなり遠回りしてしまいました(ノω・、)   (ΦωΦ)フフフ… 見える。私にも見えるぞ。もう少しでゴールだ ← 素早い勘違い   コート剤の販売元が塗布したサンプルを送ってくれるとの事なので到着したら、私が塗ったものと比較してみたいと思います。   練習して自分でコーティングが出来るようになれば、どこまでやるかは別として、フリーカウンターとかシューズボックスとかなんでもピカピカに塗り放題ですからね。   もし、塗布に失敗した場合は、塗料は紙やすりで擦って修正すれば剥がれますが、そんなの面倒なので、もっと練習して安全な施工方法を確立したいと思います。   以上、夜な夜な練習は続くの巻でした(*^ー^)ノ

      9
      テーマ:
  • 25 Jan
    • フロアコーティング その1

      おはようさんです(・∀・)   フロアコーティングの練習してみましたが、まだまだ腕が足りないようです。   ビアンコートのお試しセットです。スポンジが入っている容器は豆腐の容器です。ビアンコートはシンナーのようにサラサラしてました。手についてもベトつかずティッシュで拭けます。   色々なパターンで塗ってみました。養生テープにマジックで何をするのか事前に書いたのですが、そこにコート剤を塗ってしまって、汚い事になってしまいました。失敗。。   塗布して1日経った状態で、ドライバーを落としてみました。傷が付きますがトントンと跳ね返るようになりました。塗ってないところはトンとだけで跳ね返りません。   ここは塗ってない部分です。モンキーを落としてみました。傷になります。     塗った部分です。ちょっと見えずらいですが、傷になります。硬くて重たい金属を落下させた場合は、違いがわかりませんでした。i-cubeの床材自体がそもそも固いのかもしれません。   問題はこれ。表面にツブツブがあります。気泡かなと思ったのですが、調べるとゴミかみという現象のようです。これがコーティングで一番厄介な問題のようです。   修正するために、400番のサンドペーパーでコーティングを削りました。白い粉がでます。   表面を綺麗にしてから、再度塗布しました。どうすればゴミ噛みがなくなるんでしょうね。   刷毛でこすってみましたが、筋目が付いてしまいます。刷毛に付けるコート剤の量が少なかったのかも。   シリコンのヘラでゴミを除去しようとしましたが、塗膜にムラができてしまいました。   結局、メラニンスポンジ(激落ち君的な)で何回もこすりました。これが一番なのか。。   再度、塗って時間が経った状態です。ゴミ噛みが減っています。メラニンスポンジで何回もこすって塗膜を薄くしました。腕が少し上がったようです。   上が塗ってある部分、下が塗ってない部分です。輝きが違いますね。ただ、色々やってみましたが、元の母材がツルツルのものでないと、ギラギラは光らないようです。   ゴミ噛みの除去方法は企業秘密らしいですが、その対策が今後の課題でしょうか。もっと、面積を広げて本番に近い環境で練習しないとわからないので、また練習してみます。   以上、シリーズ化すると思いますの巻でした(*^ー^)ノ

      7
      テーマ:
  • 23 Jan
    • 追加【F条工務店】躯体工事

      おはようございます(・∀・) さて、遅ればせながら土台据え~上棟~屋根仕舞までを纏めました。 ⇒ こちら( ・`ω・) アメブロに掲載した以外の写真を載せようと思っていたのですが、アングルが悪くてアメブロのままの写真なので新鮮味がないかもです。 私はオサレ共にカメラワークも得意ではないのです(ノω・、)タスケテー 記事の内容は初めて家を建てる方が不安にならないように、事前に読んで頂く事を想定して書いております。注文住宅の工事は分からない事だらけですもんね。 あと2週間ほどで足場が外れそうです(*^ー^)ノ

      6
      テーマ:
  • 22 Jan
    • フローリングについて考える

      どーも、フエッピーです(・∀・)   本日はフローリングについてです。ちょっとお洒落ぶってみますヽ(`Д´)ノ   日本では無垢の床材(本物の1枚の木)を最上のものとして、HDF(高密度繊維板)といった、木の粉末を接着した木質系のフローリングは質が悪いと考えられがちですよね。   しかし、多くの家では無垢の床板は高額かつ反るために採用されず、合板の上に塗装のみか表面に薄い無垢材(ツキイタ)を乗せてから塗装されている床板が採用されています。   ただ、欧米だと釘を打たずに施工できるラミネートフロアという土足歩行でも傷が付かない表面が樹脂等でコーティングされた硬質な木質系フローリングの利用が圧倒的なのですよ。   この違いはなぜでしょうか?日本では突板の無垢材が厚いほど値段が高い傾向にあり、理屈ではなくて日本人には無垢の風合いを良しとする文化があるのだと思います。   無塗装の無垢材なら汚れたら表面を削れば新築の様に蘇ります。塗装をした無垢の突板の場合は木目が個別に違うという事と凹んだ時に下地材が見え難いという利点があります。   ただ、突板の厚みの目的が凹んだ時の下地の見え難さにあるとしても、表面を塗装している床材は、塗装より深い傷の場合はどの道、リペアが必要になってくると思います。   表面が無塗装の突板であれば、足裏の感覚が違うと思うので、私も杉や桐のような柔らかい素材の無塗装の無垢材なら、傷か付きやすい事を承知の上で、やってみたいです。   塗装してあるのに無垢材が多いほど高級で、木質系フローリングは安っぽいという概念を植え付けるのは、柱における集成材と無垢材と似たような話で、商売の手法なのでしょう。   そして、i-cubeの床材設定は正解だと思います。日本人が喜ぶ無垢材を最低限、突板に採用した上で、表面に硬い塗装をしているため、商売と実用面のバランスが良いです。     さて、i-cubeの床材を評価するに当たって、ホームセンターでフローリングのカットサンプルを4種類ほど買ってきました(100円/個)。   左側から価格順になっていて、一番左のものを実際に購入すると一番右の約3倍の価格です。どうりで、フローリングのオプションを選ぶと何十万円もする訳です。   左の2個は表面の無垢の突板部分が厚いですが、一番右のものは東洋テックス社のダイヤモンドフロアーという商品名で、無垢の突板のないHDF(高密度繊維板)です。   突板のないHDF(高密度繊維板)に絵柄をプリントした床材は、後からワックスやフロアコーティングが不要という事でマンションでは普及して来ています。   i-cubeの床材は左から3番目のミドルクラスと同じ構成でした。表面は薄いものの無垢の突板が貼ってあるため、見た限りでは木目がバラバラなので無垢なんだと思います。   ただ、塗装してある床材は無垢でもHDFでも私には分かりません。非常に塗装技術が進歩しているのでしょうね。むしろ、私には左から2番目の値段の高い床材が安っぽく見えます。   見た目では突板の厚さは分からないですし、ここまでレベルの高い塗装だからこそ、欧米ではプリント床材が流行しているのでしょう。よって、床材は好きな柄で選べば良いと思います。   私の主観ですがドライバーで引っ搔いて傷つき難い順に左から並べました。値段ではなく塗装の硬さの問題です。i-cubeは一番左のダイヤモンドフロアーに次いで第2位でした。   全て塗装してある床材であるため、塗装の厚み以上の傷が付くと木の下地が見えてしまうため、色の濃い床材ほど突板が厚くても傷が目立ちます。   断熱以外はローコストな現自宅は、実は一番左のダイヤモンドフロアーを採用してまして、商品名の通り硬くて傷が付きにくい欧米的な床材です。   これがダイヤモンドフロアーの断面図です。海外で主流なラミネートフロアに似てます。表面がガラスコーティングのようになっていて、非常に強い衝撃には割れます(欠けます)。     そして、シートフローリングのように多層の構造になっていない事から表面が剥がれるといったような事はありません。   日本人には無垢材信仰があると思いますから、無垢材はデカ窓や通風にも通ずる日本人の好みであり、無垢材を用いないラミネートフロアが日本で低く見られる理由なのでしょう。   そして、欧米では家の寿命が長いため、リフォームは当然ですから、ラミネートフロアように釘を用いないサネを嵌めるだけで設置できる工法は人気が出る訳です。   一条工務店でも床暖房に使える、硬質なラミネートフロアを選択できるようにして欲しいです。コストは下がるはずですから減額オプションとして(;・`ω・´)クワッ   日本だけに定着している建材は他にもあって、海外の寒冷地では外壁には凍害を受けない樹脂サイディングが普通ですが、日本では凍害を受ける窯業系サイディングが多いです。   アルミサッシが一般的なのも日本ぐらいでしょう。海外では木窓か樹脂窓が多いです。日本にもようやく樹脂窓が普及してきましたが、これぐらい日本の家作りは不思議なのです。   さて、i-cubeの床材は一条工務店の中では硬い方らしいですが、表面がカッチカチの塗装ではありませんからある程度の傷は付きます。このままでも悪くはないですけどね。   ただ、さらに表面を硬くするために、ガラスコーティングを試してみようと考えました。私にはやはり硬質な床材の方が使いやすいです。ワックスも面倒なので掛けたくありませんし。。   一条施主にはフロアーコーティングが流行っているようですが、一軒あたり20~30万円もするようなので、私はDIYでお手頃価格な製品を使って実験をしてみようと思います(ノω・、) ビアンコートパーフェクトセット艶有/希釈済/UV対策なし(100ml/ガラス容器)+塗布用スポンジ付 4,298円 Amazon       ガラスコーティングの傷防止効果が高ければ、i-cubeの床全体でやってみようと思いますが、塗り方でムラになるのが怖いので練習用に多めに床板の端材を貰っておきました。   コーティングは自分で上手に出来ないなんて噂もありますが、コーティング業者さんの風説の流布かもしれません。練習は必要だと思いますが果たして噂の真相はいかに(・∀・)   以上、テスト結果は今後書きます(*^ー^)ノ

      14
      テーマ:
  • 21 Jan
    • 大工工事 2017年1月21日

      ドーモ、こんばんは(・∀・) 大工工事は良い仕上がり具合で順調に進んでいます!! さて、本日は住宅ブログらしく、我が家の工事の風景をご紹介します。毎回、小難しい机上論ばかりでは読者の方もさぞご立腹の事でしょうヽ(`Д´)ノ まずは石膏ボードのビスのピッチです。耐力壁ではない雑壁の外周は規定通り200ミリピッチ以下で打たれています。耐力壁の場合は外周100ミリの中央が200ミリ以下です。 同じく雑壁の中央は規定通り200ミリピッチ以下です。雑壁は建築基準法の壁量計算には算入できませんが、品確法では両面石膏ボードの場合は1.2倍の準耐力壁と扱われます。 実は枠組工法の石膏ボードはもっと耐力があるらしいのですが、軸組工法と枠組工法の耐震性の差が出過ぎるために、わざと壁倍率が低く評価されていると言われています。 ダメだ、出だしから理屈っぽいヽ(`Д´)ノマタカヨ このままの路線では読者が絶滅してしまうので、本日は我が家の住設のご紹介をします。 ただし、住設はド・ノーマル:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。+゚ 資金はすべてエコジオ工法や空調に投入してしまいましたから(;・`ω・´)キリッ  キッチンです。i-cube標準のキッチンは無料で吊り戸とキッチンカウンターが付いて来るのでお得です。今回は90センチ高さのキッチンにしましたが、使いやすそうです。キッチン入口にベビーゲートを付ける関係で、袖壁のあるクローズドなキッチンにしました。開口部から見えるお方が、まだお昼ご飯を食べずに頑張っている我が家の棟梁殿です。 キッチンはオープンを好まれる方も多いと思いますが、ズボラな我が家はクローズドの方がお掃除が不十分でも、来客の目からキッチンを隠せるという後ろ向きな判断をしています。 そして、私はキッチンフードによく頭を強打するため、キッチンフード出っ張り恐怖症なのですが、i-cubeの標準フードは少し薄型で奥に引っ込んでいて、イイ感じです(・∀・) こちらは、脱衣所の上部です。洗ったYシャツ等を干しっぱなし(乾いたら着る)にするためのパイプ付きの棚板です。形態安定加工してあるYシャツだとアイロン要らずで楽ですよね。 現自宅が完全部屋干しなので、i-cubeはバルコニー無しにしました。部屋干しスペースが必要ですが、夏は全館冷房で除湿していれば室内の方が早く乾くため生乾き臭はしませんよ。 脱衣所の洗面台です。あれ?思っていたよりデカイ。間取りは設計の早い段階で固まっていたので、何を選んだのか忘れていました。なかなか素敵な洗面台ですね。 壁紙が到着していました。ビシッと全てオリジナル標準クロス IC-1000番に統一です。なんか勿体ない事したかな。。まさに私はインテリアコーディネーター殺し・°・(ノД`)・°・ 床には養生がされてました。そういえば、床板は色をカタログで選んでしまって現物のサンプルを見てなかった事にいまさら気が付きました。展示場にサンプル置いてあるのに(ノω・、) 初めて現物の床板を見ましたが、なかなかいい感じじゃないですか。断面を見たらプリントじゃないんですね。廃棄する床板の残りがあったので、色々試すために貰って帰りました。 いやー、空調の事で頭が一杯なので、お洒落まで頭が回らんのですよ(・∀・) ←言い訳 以上、4軒目はおしゃれにしますと誓った本日でしたの巻(*^ー^)ノ

      8
      テーマ:
  • 17 Jan
    • 【寒波】二重窓(・∀・)イイ!!

      いやー寒いですね(・∀・)   さて、これは昨日の1月16日の朝の状態です。私の住んでいるⅣ地域でも気温がマイナスになりました。シチズン殿では外気温は▲2.9℃と計測されています。   室温は20℃前後ですが、家中の温度が均一なのでそんなに寒くありません。省エネに拘る場合は全館を18℃~20℃の間で均一温度にしてコントロールすると良いと思います。   さて、窓の結露を期待したのですが、ガラスの隅が薄っすらと結露するだけで、流れるような結露は残念ながら起きませんでした、窓枠に結露吸水テープ貼っていますが出番なしです。   防カビ剤を染み込ませて、カビ菌よドンと来いと思っているのですが、無理そうなので、霧吹きで水を掛けて、わざわざカビを発生させないと実験できなさそうです。。   何で結露しないかというと、現自宅は二重窓になっているため、ハニカムより断熱性能は劣るのですが、ハニカムより水蒸気を通しにくいため、ほとんど結露しないのです。   一条工務店では商品シリーズによって、ハニカムが標準で付く商品とそうでない商品がありますが、オプションでハニカムを付けるより、内窓(後施工?)がお薦めです。   そして、内窓があると防音効果絶大ヽ(`Д´)ノ   さて、窓のすぐ横の壁の表面温度です。19.1℃です。   内窓を開けた瞬間の外窓のガラス中央部の温度です。5.4℃ですね。   外窓の窓枠の温度です。1.6℃です。   以前にも窓の結露計算はしましたが、今回も計算とあってるか見てみましょう。表のセルの色が水色(薄い青?)の部分(空気層)の外面温度は外窓のガラスの表面温度を表します。   面倒な方は水色のセルの行だけみて下さい。   外窓の平均表面温度4.7℃、露点が1.5℃と計算され、部分結露の判定が出ています。実測では窓ガラス中央部が5.4℃、窓枠が1.6℃で、窓ガラスの隅が薄っすら結露してます。   窓の気密等級に悩みますが、なかなか実測と計算が近いと思います。では、内窓(我が家はインプラス)から、ハニカムに交換して全閉するととどうなるか計算してみましょう。   窓ガラスとハニカムは全面結露の判定になりました。これは現自宅の外窓の断熱性能が一条工務店の樹脂サッシと比べると低い事が要因でしょう。   では、一条のトリプルサッシのハニカム全閉ではどうでしょうか。窓とハニカムが部分結露の判定です。相対湿度からみて恐らく窓やハニカムの下が若干結露する程度だと思います。   さらに、一条のペアサッシで計算します。窓ガラスは全面結露、ハニカムは部分結露の判定がでます。恐らく、温度の高い窓ガラスの中央部以外はガラス面が結露すると思います。   やはり、ハニカムシェードは断熱性能が高すぎて、窓の温度が下がりすぎると同時に、不織布で出来ているため水蒸気を通してしまう事から、窓の結露が起こりやすいようです。   対策として、ハニカムの下部を10~15cm開けている方が多いですが、これだと外からの冷輻射は防止できるものの、窓ガラスで冷えた空気が室内に入ってきてしまいますよね。   そして、一条工務店のペアサッシにハニカムではなくて、内窓を設置すると窓が結露しにくくなるようです。計算では露点までまだ余裕があります。   試しに、内窓-ハニカム-外窓で計算すると、トータルではトリプルサッシと同等な断熱性能ですが、やはりハニカムの断熱性能が高過ぎて外窓が冷えて、部分結露判定が出ます。   Q値を計算すると、ウレタン仕様で窓が小さいQ値0.51Wの家からハニカムを外すと0.53Wになるだけでしたから、もうハニカムはなくても良いとも言えます。   ただ、大きな掃き出し窓はトリプルサッシと言えども冬季は冷気が発生するため、ハニカムを閉めて冷気を抑える役目があると思いますが、全閉すると結露してしまいます。   やはり、高さのある窓でのハニカム全閉は冷気が下部に溜まって結露するため、大きな掃出窓は極力減らす方がハニカムの結露防止と住み心地が向上するのではないでしょうか。   現在建築中のi-cubeは完全に部屋干しの為、バルコニーがなく、一階に掃出窓もないため、FIXの細い縦長の窓以外は腰高の窓しかありません。南側以外は窓面積が小さいです。   また、冷気防止のために、勝手口ドアもなく、玄関ドアも親子ではありません。この辺は好みの問題ですが、現自宅では勝手口を開けた事がないため、今回は付けませんでした。   現自宅は前の家から比べると格段に暖かいため、最初は満足していましたが、そこがゴールではない事に暫くして気が付きました。家の中の温度のバラ付きに不満を覚えたんですね。   家の中の温度差は常時1℃以内が目標ですヽ(`Д´)ノ   室温をそんなに高くしなくても、全館を同じ温度にする事で空気の対流を防ぎ、省エネを図りつつ住み心地と両立させる事が、高気密高断熱住宅の冬の目指すべき姿と言えましょう。   前々回に、日本の家はなぜデカ窓になるのかと書きましたが、私の家は世間から見れば外観がそもそも非常識(個性的?)だと思います・°・(ノД`)・°・   以上、開口部(窓や玄関ドア)の設計は難しいですねの巻でした(*^ー^)ノ

      6
      テーマ:
  • 15 Jan
    • 【寒波】暖房費用を下げる対策

      いやー、今回の寒波は今週一杯は続くようですね(ノω・、) 寒波到来で暖房費用の高騰が想定されるため、皆様に少しでもお役に立てたらと思いまして、雑な記事ですが少し書いてみます。ヒートポンプ機器の特性についてです。 外気温が低い時に床暖の設定温度を上げ過ぎるとCOPが悪化してしまうため、他のヒートポンプ機器と分散した方が良いです(電気料金プランがご家庭で1つの場合)。 北海道の現状の三菱の床暖房はそもそも、これを想定して2台の室外機を搭載していますが、温暖地だと室外機が1台なので、具体的にはエアコンを動かすという事になります。 長府の床暖の製品仕様書をみていると、こんなグラフがあります。 7℃の時に6300Wの能力があるという事ですが(恐らく室温は20℃)、外気温が下がるとどんどん部屋を暖める能力が悪化していきます。消費電力は全て1500Wです。 室内外の温度差が13℃の時に、6300Wの暖房能力で消費電力が1500Wですから、COPは4.2となり、Q値が1.0Wの場合、暖房可能床面積は485m2にもなります。 グラフを表にするとこんな感じです。グラフの数値を目視していますので誤差があると思いますが、ご容赦ください。また、本来は時間毎の室内外の温度差で計算するべきでしょう。 外気温が▲5℃の場合、内外温度差は25℃になり、COPは3.1ですが、床暖の他にエアコンをもう1台動かして負担を半分に分け合えば、1台当たりの負担は12.5℃になります。 そうなるとCOPは4.2となりますから、消費電力は3.1÷4.2=73%になると計算されます。つまり、1台より2台の方が4分の3程度の消費電力になるのです。 すごーく、荒っぽい簡単な計算ですが、ヒートポンプ機器は内外温度差を複数台で分担しあう程に省エネになりますので、床暖の設定温度を上げると消費電力が増えてしまいます。 想定ですが、二階建ての場合、一階の床は床暖房を入れないと床が冷たいと思いますが、二階の床は一階から熱が上がってくるため、そんなに冷えませんよね? それなら、二階はエアコンで温めて一階は床暖もありかもしれません。すみません、床暖の制御が良く分かってないもので。。入居してから研究します(・∀・) ヒートポンプは室外の熱を集めるため、1台で沢山集めるとなると負担がかかるのですが、沢山のヒートポンプを機器を動かして、少しずづ熱を集めると燃費が良くなるわけです。 室外機が雪に埋もれているとダメですが、家中のエアコンを全部22℃の低い設定温度で動かしても面白そうですね。 また、高い温度設定だと、室外機が冷えて霜がついて、霜取り運転の回数が増えてしまうため、低い温度設定で長く運転すると良いと思います。私は24時間運転しています。 あと、冬季はエコキュートの沸き上げる量を減らすのも消費電力の削減に効果がありますよ。また、半身浴をすれば湯船に張るお湯の量は最低限で済みますよね。 以上、ヒートポンプは分散処理が得意の巻でした(*^ー^)ノ

      3
      テーマ:
    • なぜデカ窓が好きなのか考える

      ドーモ、冷え込んでますね(・∀・)   最近は家作りが順調な事もあって、現自宅の記事や高高住宅についての誤解や経緯についてを考える記事が増えてますが、興味の無い方はスルーして下さいね。   昨日も現場にいってきましたが、外気温が4℃だったので寒いのなんの。我がi-cubeは断熱性を優先させているため、窓が少ない上に遮熱ガラスですから日射熱が取れないのですよ。   さて、本日は日本人はなぜデカイ窓を好むのかを考えます。保温性の良い高気密高断熱住宅と熱損失と日射熱の侵入が多いデカ窓はあまり相性のよいものではないですよね。   でも、ダメと言われても日本人はデカ窓と通風が好きヽ(`Д´)ノ   そこで、エコハウスのウソという何年か前に話題になった本の中の話を1つ。私が現自宅を建てた後に出た本なので、もっと前に読めていたら、私の苦労も減っていたでしょう(ノω・、)   この本は高高住宅を快適にするヒントが沢山入ってますので、ぜひ設計の前に読んでみてください。最初は衝撃的な内容に感じると思いますが、現在の私には当然に思える内容です。 エコハウスのウソ 増補改訂版 2,484円 Amazon   ちょっと、お値段高いですが、高額な家を建てるのですから、これぐらいは出費しても良いですよね。図書館に置いてあるかも知れません。   筆者は研究者であるためか、小型エアコン全館冷暖房のようなノウハウはお持ちでないと見受けられますが、測定されたデータに対する分析は非常に納得のいくものが多いです。   さて、本の冒頭にこのような文があります。 エコハウスはみな、快適で地球環境に優しいことを主張している。しかし、その手法はみな似たり寄ったり。つまり、「定石」があるのだ。壁を埋め尽くす「大きな窓」に、開放的な「吹き抜け空間」。通風バッチリで暑い夏も風だけでしのげるから、憎きエアコンはもういらない。そう、かの吉田兼好も言っていたではないか。「住まいは夏を旨しとすべし」と・・・・。 そして、このような家は不便で全然快適ではなく、実際に世間のエコハウスを沢山計測した結果は、「残念」な例が多く、定石の大部分が「ウソ」である事に気付いたと書いてあります。   ハウスメーカー選定中の方も読んでみてください(;・`ω・´)   海外で発展した高高住宅においても日本人が味付けすると決まった方向に高高住宅のコンセプトが崩れてしまうのは、日本人には好きな形というものがあるのでしょう。   それは、本の中にある海外の寒冷地の住宅はポツ窓と言われる小さい窓だが、日本の家はデカ窓が多いという話が該当します。どうして日本人は窓がデカイ事を喜ぶのでしょうか?   i-cubeが発売された時は、高高住宅らしい家だなと思っていたのですが、その後に大きな窓を付けた、i-smartが出てきて、日本人好みのアレンジがされたと思いました。   日本人が大きな窓を好むのは理由があると思うのです。また、高気密高断熱住宅の先進国である寒冷なドイツなどとは建物の歴史が違うのでしょう。   では、ドイツの古い家をみてみましょう。こちらから画像を拝借しました ⇒ 無料壁紙   窓が必要な方向には多めに付いてますが、掃出しや引違窓がないため、窓は小さいです。やはり、引き戸でなくドア文化だからでしょう。ポツポツと窓があり、なるほどポツ窓です。   窓が必要のない方向に関しては徹底して窓が少ないようで、一面壁ですね。     一方、我がジャパンの家は大きな掃出窓や引違窓が付いた家が多いですが、要因は日本の窓は障子の延長だからではないか?という説が本の中にあり、うなづけます。   この画像はWikiからですが、紙を貼った明かり障子が室内にあり、縁側廊下の外にガラス障子がある構成になってます。ガラス障子は紙障子の発展形な訳で、引戸の文化ですね。   こちらの外観は、元三井家のお屋敷で、現在は啓明学園にある北泉寮という建物です。ほぼ全面が開口部になっていて、これが日本人が好きな家でしょうか。美しい建物です。   ここからは私の推測ですが、日本の昔の建築には貫工法というラーメン構造があり、この伝統工法の場合は開口部が大きく取れた事が大きな窓になった要因だと思います。   古いお寺などは貫工法なので、壁があまりなくて柱と障子ばかりですよね。釘がなくても継ぎ手が緩まないように接合できる、技術があったればこその建築だと思います。   明かり障子により、日中は室内が明るくて風が防げる一方で保温性が悪いため、お隣の韓国のようなオンドルといった本格的な床暖房が普及せず、暖房は火鉢になったのでしょう。   そして、戦後の住宅不足の中で貫工法が失われ、継ぎ手と筋交いを使った家が在来工法と言われるようになっても、日本人のデカ窓を好む意識は継承したのでしょうね。   ただ、最近の在来工法はドリフトピン工法といって、柱と梁を金物で剛接するラーメン構造に回帰してきたため、耐震性を確保しつつ、大きな窓や車庫の家が可能になりましたね。   画像はラーメン構造の住友林業殿のビックフレーム工法です。こんな柱と梁だけの壁のないスカスカな状態ですが接合部が緩まない剛接になっているため耐震性は良いのです。   この形がお寺などで見る日本の建築本来のラーメン構造であり、大きな障子⇒大きな窓という形に発展した理由でしょう。日本人のデカ窓好きはラーメン構造から来ていると思います。   ただ、高高住宅において、住み心地を求めるにはデカ窓があると、春~秋は家に熱が籠り、冬は窓から冷気が降りてくるため、設計に注意を要するのですよ。   以上、日本人はデカ窓とラーメンが大好きの巻でした(*^ー^)ノ

      6
      テーマ:
  • 12 Jan
    • インフルエンザと湿度の関係は薄い?

      おはようさんです(・∀・)   本日はインフルエンザと湿度の関係です。インフルエンザは湿度を高くすると予防できるという常識は本当にそうなのでしょうか?   厚生労働省のHPによると、インフルエンザの予防には適度な湿度の保持が効果的であると以下のように記載されています。 空気が乾燥すると、気道粘膜の防御機能が低下し、インフルエンザにかかりやすくなります。特に乾燥しやすい室内では、加湿器などを使って適切な湿度(50~60%)を保つことも効果的です。   その根拠となるのが、よく見るこのグラフの湿度とインフルエンザウィルスの生存関係です。画像は東京都健康安全研究センターから拝借させて頂きました。     これをみると、インフルエンザウィルスは低温と乾燥状態で生存率が高いと読み取れます。でも、高温多湿な熱帯の沖縄(鹿児島も)では夏にもインフルエンザが流行するんです。   そして、世界では熱帯や亜熱帯でインフルエンザが発生しているのです。厚生労働省のHPには以下のように記述があります。 「熱帯・亜熱帯地方では国や地域により様々で、年間を通じて低レベルの発生が見られる地域や、複数回流行する地域もあります。」   高温多湿な熱帯・亜熱帯で流行してるって言ってるやん。。で、一方で冬は家の中が乾燥するから加湿しろってどういうことやねん・°・(ノД`)・°・   ただ、現状では、なんか矛盾しているぞと、一部の専門家が気が付き始めている段階です。もしかしたら、定説が覆って新たな説が出てくるかも知れません。   湿度を高くすると何のメリットがあるのでしょうか?調べるとこのようなものが出てきます。 1.喉の粘膜を乾燥から守る 2.インフルエンザウィルスが水分を含み浮遊し難い 3.インフルエンザウィルスが空気中の水分に触れて床に落ちる   もし、高湿度な状態が喉の粘膜を保護したり、インフルエンザウィルスの飛散を予防するのであれば、   高温多湿な熱帯・亜熱帯ではインフルエンザは流行しないはずですヽ(`Д´)ノ   では、高温多湿な沖縄で、なぜ夏にインフルエンザが流行できるのでしょうか?高湿度に強い新型であるとなれば本州の夏にも流行するはずですが、そういった情報もありません。   一説には近年、沖縄にもエアコンが普及して室内が低湿度になっているという珍説がありますが、沖縄でエアコンで除湿しても室内が冬のように乾燥するなんてありえると思いますか?   本州の冬の外気の絶対湿度は4g/m3程度ですよ。この説は絶対湿度の量がどの程度あるのかの理解が足りていないのではないかと思います。   沖縄のインフルエンザは熱帯の旅行者が持ち込んだ新型で免疫を人間がまだ持っていないという説がありますが、湿度が高いのにインフルエンザが流行できるのは不思議です。   インフルエンザウィルスは湿度50%以下と湿度100%に近い状態で流行するという説がありますが、気温の高い沖縄の湿度は年間を通じて60%~80%程度なので該当しません。   さて、今の家に引っ越してから幸いに家族はインフルエンザに罹ってません。なので、冬季の湿度が30~40%程度の我が家でインフルエンザに罹るというのはピンときてないのです。   我が家以外にも部屋の湿度は30%台だけどヘッチャラだよって方、結構いませんか?   ただ、湿度は20%未満だとドライノーズ(乾燥性鼻炎)になるようなので、湿度が20%以上は必要だとは思っています。   色々調べてみると、人間の免疫力や紫外線の強さと湿度がインフルエンザの流行に影響しているようなのです。相対湿度ではなく絶対湿度が影響するという説(?)もあります。   まず、沖縄以外では、冬季は気温が大きく下がり、人間が体調を崩しやすい季節と言えます。また、沖縄の夏季は気温と湿度が高いため、夏バテしやすいのでしょうか(?)。   インフルエンザは紫外線によって死滅すると言われていますが、冬季は紫外線が弱く、寒さで人間が体調を崩しやすく、空気が乾燥するという、最適な条件が整っていると思います。   でも、そうなると沖縄の夏にインフルエンザが流行する理屈が説明できないのです。よって、仮説にすぎませんが、インフルエンザの予防効果は以下の順なのではないかと思います。   免疫力>紫外線>>>加湿   恐らく、インフルエンザウィルスは感染力が強いため、室内の乾燥の有無よりも、人間が体調を崩しやすい季節に流行するのだと思います。もちろん個人毎の体の強さにもよります。   よって、まずは手洗いうがい、睡眠、栄養やビタミン等の摂取による免疫力向上が必要だと思います。さらに喉の粘膜を傷めないように、口内環境の改善、口呼吸が効果的でしょう。   残酷ですが、マウス実験等で免疫力の下がった個体と元気な個体に対して、湿度ごとにインフルエンザに罹るか実験すると湿度との相関が分かるかも知れません。   高気密高断熱住宅とインフルエンザの関係はデータがないので、なんとも検証しようもないのですが、冬に暖かくてぐっすり眠れる家は免疫力向上に役立つのではないでしょうか。   冬季においても、湿度60%以上だとカビとダニが増えやすいため、湿度は20%~50%(寒冷地は40%)までが最適なのではないかと思います。   そして、将来に開口部の性能がもっと上がって、窓や玄関ドアの結露の心配がなくなれば、室内の湿度を50%程度に保って、喉などの乾燥を抑えるという事は良いと思います。   本件は今後、何十年か掛けて解明されていくと思いますが、インフルエンザと湿度の関係はまったく関係がないとは言えませんが、関係は薄いのではないかと私は推測しています。   病院に行っても、判を押したように部屋を加湿して下さいと言われると思いますが、医師も高湿な沖縄でインフルエンザが流行する理由をまだ説明できないと思います。   恐らく、インフルエンザ対策が一大産業になっているため、我々民衆を恐怖で扇動しているのかもしれません。政府や空調メーカーの陰謀でしょうか(;・`ω・´)UFO?   本日は何が言いたいかというと、インフルエンザ予防のために過度に湿度に反応するより、日々の健康法が大事だと思うのです。   私も昔は冬に肺炎か?と思うぐらい風邪で咳込んでましたが、今はうがい手洗い徹底と体が冷えたと思った時はお風呂で温まってから良く寝るというだけの健康法をしています。   皆様もお体をご自愛くださいませ(・∀・)   以上、熱帯にインフルエンザが流行する理由が分からないの巻でした(*^ー^)ノ

      7
      テーマ:

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。