先週、このような記事を書きました。
ええ。今回の旅行は4年越しの約束を果たすため。

アトム電器栃木駅前店の石橋社長に同じ時期に生まれた大植さん家の息子さんと、我が家の娘に送って頂いた木札を持たせて写真を撮ろう、とお約束していたのでした。

豊岡劇場でのコムサポセミナーの翌日、アトム電器豊岡南店さんをご訪問。ご家族総出で出迎えて頂きました。

image

同じくセミナーに参加されたアトム電器鳥羽南店の角前さんもご一緒されて、賑やかな店内になりました。

では早速、撮影タイム。

こんなメッセージまで用意する念の入れように大植さん達にも若干呆れられた気もしますが、そこはスルーで(笑)

image

パシャリ。

無事ミッション終了となりました。

その後もお店の歴史を伺ったり、子ども達で一緒にお絵描きさせて頂いたり、にすっかり長居していました。この居心地の良さも繁盛の秘訣かな、と感じたり。

大植さん達もその日の内にブログアップされていました。早っ。


撮った写真はお約束通り石橋社長にもお送りさせて頂きました。おかげ様で2人ともすくすく育っています。というか子供の成長はあっという間です。

ボクも大植さんも誰かにそうやって喜ばせて頂いたことを、また誰かにやってあげているだけ。

商売には全く繋がらないことですが、こうやって人と人、ブログとブログをつないだり、誰かを喜ばせるために一生懸命になるのも大切かな、と思います。そういう普段の姿が結局、日々お客様に向き合う態度にも表れるものですから。

写真を受け取ってくれた石橋社長も喜んでくれて何よりです。

4年越しのミッションはこれにて一旦終了。子ども達にも人を喜ばせる楽しみを感じてくれればなー、と思います。

それでは今日も良い1日を☆

この記事を書いた人:メオマサユキ

meomasa地域電器店専門の販促・経営アドバイザー。
1972年大阪生まれ。大学卒業後、会計事務所に約12年勤務。2009年より町の電器屋さん「アトム電器」を展開する㈱アトムチェーン本部に勤務。 2012年より始めたご加盟の電器店さんとの個別経営面談会もおかげさまで200件を越えました♪(プロフィール
今週、家族旅行を兼ねて豊岡でセミナー講師をして来たんですが、どういう旅行にしよう?というのがあったんです。

鳥取と言えば砂丘ですが子供は楽めるかなぁ?周辺でいくつか候補を出していたんですが、今一つ絞り切れずに居ました。

候補の中の1つを見て思い出したのが、今回一緒に講師をしたアトム電器豊岡南店さんのニュースレター。

image
セミナーでも紹介された裏面の「電器屋の休日」

鳥取市郊外の賀露(かろ)港の「かにっこ館」で子供さんが大いに楽しんだ、と書かれた回がありました。大植さんは近い年齢の子を持つ子育て世代。

子供も面白そう、という反応だったので立ち寄って来ました。

image

かにっこ館は「かろいち」という海鮮市場に併設されたカニを中心に展示したミニ水族館。県営なので入館料無料なのも有難い。

image

話題の「すなば珈琲」もあります。

本当はここから鳥取砂丘を見学して豊岡に向かう計画だったのですが、娘が気に入り過ぎて昼食後まさかの2度目の入館で結局、鳥取滞在の殆どをここで過ごしたのはご愛嬌(笑)

カニや魚の水槽の他、ぬり絵や折り紙で作った魚釣りなど、子供達が喜びそうなコーナーばかりなので仕方ないですね。天気が良ければ周りの芝生広場でも遊べるようです。さすが同じ子育て世代の方の情報に外れはないな、と納得なのでした。

■「情報を提供する」より「同じ体験をしてもらう」ニュースレター
ニュースレターと云うと「定期的に情報提供して、お客様に忘れられないようにしよう」とテクニック的な面が語られますが、大植さんのレターはこうやって「自分たちも行ってみよう・やってみよう」と同じ体験をしてみるお客様が多いんだろうな、と思いました。

普段からそんな大植さんだから気軽に相談出来るし、同じ買うのだったら大植さんから買おうとなり易いんだと思います。

翌日はとあるお約束があって、豊岡南店さんに家族でご訪問。(「ある約束」のお話は別に書きます)

その日は雨で元々の計画が崩れてしまったので「出石そばを食べに行ってみようと思うんです」と雑談交じりにお話ししたら、「それならココがいいですよ」と勧められたのがこちらの「登城」さん。


もう大植さんのこと信頼していますからね。その足で行ってみましたよ。

image

本当に美味しかったし、気持ち良い接客をされるお店でした。

後で聞いてみると、子供の頃からのご友人だそうでオススメの理由も納得。いい人はいい人とつながっていますね。大植さんとお知り合いの皆さん、出石に行かれるなら「登城」さんですよ!(←宣伝(笑))

自分の大切なつながりに大切なお客様も乗ってもらう。ニュースレターというかお客様が商売人とお付き合いする意味って本来そういうところにあるのかも知れません。そんな追体験をさせて頂いた2日間になりました。

大植さん、ホンマにお世話になりました!

それでは今日も良い1日を☆

この記事を書いた人:メオマサユキ

meomasa地域電器店専門の販促・経営アドバイザー。
1972年大阪生まれ。大学卒業後、会計事務所に約12年勤務。2009年より町の電器屋さん「アトム電器」を展開する㈱アトムチェーン本部に勤務。 2012年より始めたご加盟の電器店さんとの個別経営面談会もおかげさまで200件を越えました♪(プロフィール
2日間ブログをお休みさせて頂きました。心配して下さった方が居たら、今日からまた元気に更新して行くのでよろしくお願いします。

一昨日は以前こちらでも簡単に告知していた、豊岡市内でのセミナーに招いて頂いて講演して来ました。

呼んで下さったのはこちらのご夫婦。


ボクはアトム電器の社員なので、基本でんきやさん関係以外の講演はしない(出来ないとも言う(笑))んです。今回は同じ地域のアトム電器豊岡南店さんの活動を通じて、地元但馬を良くしたいという今井さん達の想いに共感して、お受けすることになりました。

そんな訳で会社とは一線引く意味で有給を取り、折角だから家族旅行を兼ねて豊岡に向かいました。夕方に主催のガクこと今井学さんのお宿「かどや」さんに妻子に先にチェックインしてもらい会場へ移動。本当なら仕事している姿を見せたかったんですけど、夜のセミナーなので致し方なし。

会場はこちら。

image

一度閉館した映画館をクラウドファンディングによって再生させた、という豊岡劇場。レトロ感を活かしてむしろ格好よさが漂います。こういう魅せ方って街の電器屋さんにも通じるものがあるなー。

image

講演中の様子。お話しした内容は、普段街の電器屋さん向けにお話ししたり、このブログで発信していることなので、詳細は主催のコムサポ・今井ひろこさんのブログに譲ります。

セミナー後半のアトム電器豊岡南店・大植さんのニュースレター座談会では、講師を交代してボクは黒子役に回ります。

image

薄々気付いてたんですが(笑)自分の箇所で時間を食い過ぎてしまい、この部分での大植さんのニュースレターの話が駆け足になってしまいました。このアドリブ力の無さはまだまだ自分の課題かな。

大植さん、人前のお話しこそ経験が少ないので緊張気味でしたが、何しろやられていることが圧倒的。あっという間に会場の皆さんが引き込まれていました。

やはりビックリしたのはA3裏表のニュースレターをイラストレーターとフォトショプ(※パソコンソフトの名前です)を使って1時間程度で作るというお話。参加されていたアトム電器加盟店さんから「大植さんと本部の販促担当者で、イラストレーターでニュースレターを自作する講座やってもらえたら嬉しい」という話が出ましたが、それ実現したらボクも聞きたいです(笑)

あの内容をたった1時間で?!と聞くと、ハードル高すぎて意欲が萎える人が多いんですけど、大植さんも最初はA4片面で商品や仕事のこと中心で載せるのが精一杯だったそうです。やはりお客様との関係が出来るに従って、成長するのがニュースレターというものなんですね。

街の電器屋さんのことを他の業界の方が聴いて参考になるのかな、と探り探りでしたけど「具体的で分かりやすかった」と言ってもらえ良かったです。

image

逆に大植さん含め、アトム電器加盟店さんが4店参加されていましたけど、自分達の話を他の業界の人が認めてくれる。こんな刺激もなかなかないと思います。来られた方はラッキーでしたよね。

やはり業界の常識は異業種の非常識。自分たちの常識に捉われず、行動を起こす人がお客様に選ばれ続け、成長する人なんだな、と感じた1日でした。

それでは今日も良い1日を☆

この記事を書いた人:メオマサユキ

meomasa地域電器店専門の販促・経営アドバイザー。
1972年大阪生まれ。大学卒業後、会計事務所に約12年勤務。2009年より町の電器屋さん「アトム電器」を展開する㈱アトムチェーン本部に勤務。 2012年より始めたご加盟の電器店さんとの個別経営面談会もおかげさまで200件を越えました♪(プロフィール