跡部蛮の「おもしろ歴史学」

歴史ファンの皆さんとともに歴史ミステリーにチャレンジし、その謎を解き明かすページです(無断転載禁止)


テーマ:

 当時、高齢に達していた直茂は、勝茂への家督継承を図ろうとしていましたが、世間はその勝茂を事実上の佐賀藩主とみていました。

 

 たとえば、江戸幕府から命じられた城普請の現場で、龍造寺家の受け持ち区域は「鍋島信濃守(勝茂のこと)丁場」などと呼ばれているのです。

 

幕府も龍造寺高房を正式な佐賀藩の藩主とは認めず、慶長一二年(1607)、そのことに憤慨した高房は妻を殺害してみずからも自殺未遂を図り、その傷が元で亡くなってしまいました。

 

当主が不慮の死を遂げ、龍造寺の嫡流が絶えたわけですから、藩そのものが取り潰される恐れもありました。

 

しかし、そうはなりませんでした。

 

幕府が直茂を事実上の藩主とみなしていたからです。

 

その三年後、勝茂が鍋島家の家督を継ぎ、初代佐賀藩主となります。

 

以上みてくると、禅譲か、簒奪かという問題より以前に、そもそも「下剋上」とはいえないように思えます。

 

直茂は隆信の「弟」で、いわば龍造寺一族です。

 

事実、隠居した龍造寺政家は鍋島に龍造寺姓を与えようとし、一時、勝茂は龍造寺姓を名乗っていました。

 

つまり、同じ一族間での政権移譲とみられ、下剋上とは別物。順当な家督継承とみなすことができます。

 

ただし、直茂が幕府や世間にそう思わせるように仕向けた一面があったことだけは付記しておきたいと思います。

 

 

 

 

サブブログもぜひご覧ください。

http://ameblo.jp/omosirorekisigaku/

※ホームページを開設しました。執筆・出演依頼などはホームページよりお申し込みください。


テーマ:

島津義久が秀吉に降伏したのち、龍造寺は秀吉の知行割に従い、肥前一国のうち七郡が安堵されます。

 

直茂は秀吉にも能力を認められ、天正一八年(1590)に病がちだった当主の政家が隠居すると、いよいよ龍造寺家内での直茂の立場は確固たるものとなります。

 

秀吉も、事実上、直茂を当主として遇することになりますが、龍造寺家の当主はあくまで、わずか五歳で父政家から家督を継いだ高房でした。

 

このことは、秀吉の所領安堵状が龍造寺高房宛てであることからも分かります。

 

ただし、高房の名代であるとはいえ、直茂は朝鮮出兵で龍造寺軍団を率いて奮戦し、この朝鮮出兵によって、直茂は龍造寺家臣団を完全に掌握します。

 

その間、龍造寺家臣団は当主の高房のみならず、直茂とその嫡男の鍋島勝茂に忠誠を誓う起請文を出しています。

 

表看板は龍造寺家の単独政権に見えつつ、実際には「龍造寺・鍋島連合政権」であったといえるでしょう。

 

慶長三年(1598)八月、朝鮮出兵中に秀吉が死去すると、直茂はその年の一二月に釜山から帰国しました。

 

二年後の関ケ原の合戦では西軍に与した嫡男の勝茂を佐賀へ呼び戻し、危ういところで龍造寺家が改易となる窮地をしのぎました。

 

 天下分け目の関ケ原の勝者となった徳川家康も秀吉と同じく、直茂を龍造寺家の当主として扱います。

 

 

(つづく)

 

 

サブブログもぜひご覧ください。

http://ameblo.jp/omosirorekisigaku/

※ホームページを開設しました。執筆・出演依頼などはホームページよりお申し込みください。


テーマ:

  五ヶ国の主という意味で「五州太守」と称した隆信は、たしかに一代の英傑といえます。

 

 しかし、その隆信も晩年は酒食に溺れ、肥満して馬にも乗れなかったと伝えられています。

 

 天正一二年(1584)には、大友氏の凋落によって、九州で龍造寺勢が敵対する大勢力としては薩摩の島津だけになっていました。

 

 ところが、隆信は、沖田畷の合戦(島原市)で島津勢らを前に、あえなく討ち死にしてしまうのです。

 

当時、筑後の柳川城を与えられ、筑後の安定につとめていた直茂は龍造寺家臣団の動揺を鎮め、宿敵となった島津の侵攻をおさえました。

 

一方、直茂は隆信敗死の前から織田信長・羽柴(豊臣)秀吉という中央勢力とも通じていました。

 

そこで直茂は上方へのぼり、秀吉に支援を乞います。

 

そうして天正一五年(1587)、秀吉の九州侵攻、つまり、島津討伐がはじまりました。

 

このとき、龍造寺家を継いでいた政家(隆信の嫡男)は、父の仇を討つべく先陣を買って出ます。

 

秀吉は、隆信の母で直茂の義母にもあたる慶誾に、

 

「島津一類の首を刎ねてみせるつもりだから、鬱憤をお晴らしなさい」

 

という手紙を送っています。

 

(つづく)

 

 

サブブログもぜひご覧ください。

http://ameblo.jp/omosirorekisigaku/

※ホームページを開設しました。執筆・出演依頼などはホームページよりお申し込みください。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。