1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-10-20 10:58:22

トレーナー留学から通訳という道もある。[トレーナー留学]

テーマ:スポーツ留学体験談:トレーナー留学

長期トレーナー留学プログラム生の慶二郎君の近況報告ありました。

今シーズンはなんとアリゾナダイアモンドバックスと仕事してたそうです!

球団スカウトから声がかかり、マイナーに所属の中後選手の通訳として帯同していたとのことでした。

 

「最終的には3Aまで行きました!シーズン通して僕は楽しくやらせてもらいました。中後さんが下から3Aまで駆け上がってくれたので、マイナーは一通り見る事ができて良かったです。

グリンキーが3Aに来た時は、ビックリしましたね。」

 

マイナーの下のほうからどんどん上がっていくというのはなかなかない経験ですね。

 

シングルAとトリプルAは施設や環境もそれなりに違うと思いますので。

 

海外トレーナー留学生は、トレーナー+通訳という二役ができるので、日本人選手の通訳職に就くチャンスがより大きいといえます。

 

また、秋はアリゾナ教育リーグで元巨人の仁志さんのコーチ留学に帯同したそうです。そういえば、仁志さん、フェイスブック上で熱く長いコーチ留学体験記を毎日書いていましたが、その背景に慶二郎君がいたんですね!

 

慶二郎君もとても勉強になった、と言ってました。

 

来シーズンのことは未定だそうですが、中後選手と一緒にメジャー経験、ということになったら、なかなかメジャーの現場を経験することはまれなので、うらやましいです。

 

一方、トレーニングの勉強もまだまだしたいと意欲的でした。

 

慶二郎君は今年の日ハムアリゾナキャンプのお手伝いもしたそうで、アメリカ留学のアドバンテージをフルに生かして、いろんなところで積極的に活動しているようです。

 

積極的に動いてるからいろんな話が舞い込んでくるというのもありますが、

来たチャンスに対し行動し、着実につかんているという点も素晴らしい

 

そうした積極性、行動力そして向上心はアメリカスポーツ留学で成功している人の共通点ですね。

さらなる活躍を期待しています。

 

慶二郎君はここから始まった!

実践的長期トレーナー留学インターンシッププログラム

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-03-24 12:00:20

アメリカでプロ野球キャンプを手伝う! [トレーナー留学]

テーマ:スポーツ留学体験談:トレーナー留学
東京はまた冷え込みましたが、プロ野球は明日からいよいよ開幕!

メジャーはもう少し後ですが、スプリングトレーニング・オープン戦も終盤に入ってます。

メジャーリーグ、スプリングトレーニング拠点が集まるアリゾナ。
そのキャンプ地にごく近い大学で
長期トレーナー留学中の貴志君に近況を伺ったところ、こんな返事が来ました。

↓ ↓

お久しぶりです!

元気に頑張っています!

(この春)日本ハムファイターズのキャンプのお手伝いをさせていただきました。

プロ野球選手に会えたのも感動したのですが、

パドレスのクラブハウスに入れて

自分専用のロッカーを貸していただけたのが

すごく嬉しかったです!


貴志君


↑↑

日本ハムファイターズのアリゾナピオリアでのキャンプの様子は日本でも報道されていましたが、そのキャンプを手伝っていたんですね!

そのピオリア。
前職、そして今の仕事になってからもよーく行きましたが、
いいところですね~

雰囲気が好きですね~







今回の手伝いはどういう経緯かを尋ねたら、以前、同じプログラムでトレーナー留学をし、今もアリゾナに在住していてつながりのある慶ニ郎君から、今回の手伝いの話が来たそうで、

「いい経験でした!」

とのことでした。



広いアメリカですが、意外と横がつながりやすかったりします。

実は日本以上に向こうにいるとそういう話やチャンスが転がり込んできやすかったりします。

それはまさに海外組のアドバンテージのひとつです!



特にアリゾナは、トレーナーや球団関係者も、よく行き来しているので、
貴志君には、これからさらにつながっていって、活動の場を広げ、経験を積んでいっていただければと思います。







以前に紹介しましたが貴志君は秋はアメフトの現場を体験。

この数ヶ月本当にあっという間でした。 それだけ充実していたのだと今は感じます。


貴志君のようにアメリカスポーツ界の現場でトレーナー体験を積みたい方、
現場体験の積める、この長期トレーナー留学プログラム定員が決まっています。

この夏出発の枠はかなりギリギリです。


興味ある方は今すぐご連絡を

長期トレーナー留学プログラム


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-02-09 10:18:36

長期トレーナー留学2016-17年度生 残り1名

テーマ:スポーツ留学体験談:トレーナー留学
2004年から始まり、プロ野球某球団で働くトレーナーも輩出している長期トレーナー留学プログラム、2015-16年度は貴志君、謙太君がいままさに春の本格シーズンに向けて奮闘中といったところです。

秋はアメフトシーズンなので、いきなりフル加速で、いろいろな業務をこなし、いろいろな体験をされたことでしょう。


この数ヶ月本当にあっという間でした。 それだけ充実していたのだと今は感じます。




20数年ぶりのプレーオフ進出に立ち会うことができとても貴重な経験となりました




そしてこの夏から留学の2016-17年度生。

枠があと1名となっております。


すでに興味をお持ちの方も何人かいらっしゃってますが、先着順とさせていただいております。


アメリカの大学スポーツの本場で英語を学びながら本場のトレーナー経験を積みたい人は、まずはご連絡ください


長期トレーナー留学



*短期希望者、高校生は短期プログラムがあります!トビタテ留学JAPANにも対応したプログラムです!

現場体験トレーナー留学短期(高校生、大学生、社会人向け)








AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-12-09 10:40:49

この数ヶ月本当にあっという間でした。 それだけ充実していたのだと今は感じます。

テーマ:スポーツ留学体験談:トレーナー留学

今日も、現場体験長期トレーナー留学参加者からの現地レポート。
今日は、別の受入校のアメリカの大学スポーツの現場でトレーナースタッフの一人として活躍中の貴志君からのレポートです。

↓ ↓ ↓


11月にフットボールが終わり、今は男子バスケと女子バスケをサポートしています。


フットボールは残念ながらプレイオフに進むことは出来ませんでした。


ですが、日本では経験できないような事をたくさん経験する事が出来たと思います。


先日今学期のトレーナー活動が終了しました。


この数ヶ月本当にあっという間でした。

それだけ充実していたのだと今は感じます。


学校も後2週間で終わってしまいます。



今はファイナルテストに向けて毎日勉強しています。


貴志君


↑ ↑ ↑








現場の写真はやはりなかなか迫力ありますね。

貴志君のように現場に入れるチャンスがそこにあります!

現在、2016年6月または8月からスタートの次年度生の受付中! 枠に限りがありますのでお早めに!

*短期希望者、高校生は短期プログラムがあります!トビタテ留学JAPANにも対応したプログラムです!
現場体験トレーナー留学短期(高校生、大学生、社会人向け)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-12-03 16:03:07

20数年ぶりのプレーオフ進出に立ち会うことができとても貴重な経験となりました

テーマ:スポーツ留学体験談:トレーナー留学
現場体験長期トレーナー留学でアメリカ大学スポーツの現場でトレーナースタッフの一人として活躍中の謙太君よりレポートが届きましたので紹介します。

↓ ↓ ↓

お久しぶりです。

フットボールのシーズンも終わり、今は女子のバスケットボールをサポートしています。

語学学校は、月曜~木曜毎日9時~15時まで授業があり(途中昼休憩2時間)、月に2回金曜日も授業があります。

授業後はフットボールの練習、土曜日は毎週ゲームがあり隔週で月に2回はアウェイゲームというスケジュールでした。

幸運なことに全てのアウェイゲームに連れて行ってもらうことができました。

また50数年ぶりのカンファレンス2連覇、20数年ぶりのプレーオフ進出に立ち会うことができとても貴重な経験となりました。

英語のクラスはとてもレベルが高くついていくのが精一杯ですが、選手とコミュニケーションを少しずつとれるようになり、今はフットボールが終わってしまいとてもさみしいです。

18日まで授業があるので、後2週間ファイナルテストにむけて忙しい日々を送っています。






↑ ↑ ↑ ↑ 

語学クラスでも、渡米一年目から、現場の一員として活動に加われるという特徴そのままの体験をしているようです。
写真からも充実ぶりがうかがえますね。

すべてのアウェイゲームに帯同も、アメリカでは全く当たり前のことではありません。謙太君が日ごろから一生懸命やってることの現れでょう

現在、2016年6月または8月からスタートの次年度生の受付中です! 枠に限りがありますのでお早めに!

*短期希望者、高校生は短期プログラムがあります!トビタテ留学JAPANにも対応したプログラムです!
現場体験トレーナー留学短期(高校生、大学生、社会人向け)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-09-02 16:08:30

アメリカに行ってみて今までより視野が広がりもっとたくさんの経験を積んでみたいと思うようになった

テーマ:スポーツ留学体験談:トレーナー留学
アスレティックトレーナー短期留学プログラム に参加した SOさんの感想と活動の様子の写真が届きましたのでシェア致します。


感想

私は今回一週間の短期プログラムに参加しました。

英語が全く話せない状態での参加だったのでとても不安でしたが、現地の中村さんをはじめ周りのトレーナーさんや選手の方などがサポートしてくださり充実した一週間になりました。

現地では、選手の練習前後のストレッチなどのケアや練習中のサポートをしました。
初めて見たフットボールの練習では、選手と直接触れ合うこともできとてもいい経験になりました。

現地に行き日本との違いを感じたところは、選手に対するケアの違いです。

練習前後のケアを行うトレーニングルームでは、様々な機械がそろえてあり症状に合わせたケアができ、またトレーナーの方々も選手と体の状態を話しながらストレッチを行うなど、選手に対してのサポートが充実していました。また、アメリカの大学ではスポーツ選手に対しての奨学金などがあり、様々な面でバックアップしていることがわかりました。

アメリカに行ってみて、今までより視野が広がりもっとたくさんの経験を積んでみたいと思うようになりました。また、英語力も向上させたいと思いました。

とても充実し、成長できた一週間でした。


SOさん(長崎県 大学生)

  ***

実際に行ってみることで
視野が広がり、もっともっと経験したくなる。


人は、無意識のうちに、自分自身で視野を制限し、自分のリミットを設けてしまう傾向にあるように思えます。


海外に行くと、短期間でも、食事、ことば、人、まったく違う雰囲気、慣れない場所にいるだけで神経が緊張することでしょう。普段していないスポーツをすると、普段とは違うとところが筋肉痛になるように、普段使ってないいろんなところが刺激を受け、それにより、いろんなことに気づいたり、普段見ない側面から物を見るようになり、視野が広がっていくんだと思います。


学生の時に、行けるときにどんどん行って、どんどん視野を広げて行ってほしいですね。


大人になっても、短期間の海外出張として仕事で行っても、大いに刺激を受けてきます。
書いているうちに次の出張が待ち遠しくなってきましたw


今年の秋の参加、まだ間に合います!
おはやめに!
  ↓











いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-08-21 08:18:23

秋学期、トレーナー現場実践いよいよスタート!

テーマ:スポーツ留学体験談:トレーナー留学

長期トレーナー留学現場実践プログラム
に参加、留学中の貴志君から、現地レポートが来ましたので紹介します。

↓ ↓ 

アメリカに来てもう少しで2ヶ月が経ちます。

アメリカでの生活にも慣れ毎日充実しています。

最初の1ヶ月私はウエストバージニア大学の語学学校に通いました。

まだまだ英語力は足りませんが、この1ヶ月で英語に慣れることは出来たと思います。

語学学校を終え、トレーナー実践活動の受入先であるアリゾナに移動して来ました。

暑いことは知っていたのですが、予想以上の暑さでまだ慣れることが出来ていません。

トレーナー活動は学校が始まると同時にスタートします。

あと1週間出来る限りの準備をし、初日に臨みたいと思います。




まもなく、こちらのトレーナールームを拠点に、フィールド、コート、体育館、アウェイゲーム等での現場実践に入って、かけずりまわることでしょう。





長期トレーナー留学現場実践プログラム
2016年度生募集中です。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-04-10 15:08:43

アメリカのトレーナーの現場を体験できるプログラムとは。。。

テーマ:スポーツ留学体験談:トレーナー留学
少し経ってしまいましたが、
春休みに
アスレティックトレーナー短期留学プログラム
に参加した YK君の様子の写真が届きましたのでシェア致します。

まずいきなりの写真ですが、
バスケ部の公式戦で、お手伝いを務めました。


一般的な短期でプログラムでは、通常得られない体験です。






アメリカの大学のトレーニング施設に入り、実際に使ってみる


これは日本ではなかなかない機器だそうです。

アメリカ人アスリートのストレッチの手伝い



テーピングもやります。

英語の授業も体験


ちょうどやっていたNBAマブスのホームゲームにも行ってきたそうです! うらやましい~。

(ただし、プログラム参加の毎回必ずNBAのゲームに行けるわけではありませんのでご了承ください)
 





最後はトレーナースタッフチームとチームショット




充実した経験ができたようです。


ただいま秋学期参加者募集中です!
少人数制ですので、枠が埋まり次第終了です。
 ↓
アスレティックトレーナー短期留学プログラム




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-01-13 12:29:34

トレーナースタッフとしてバレー、バスケ、アメフト、そしてMLBキャンプ体験も

テーマ:スポーツ留学体験談:トレーナー留学
先日、現在長期トレーナー留学 中の智司君が一時帰国中ということで、会って現地情報いろいろ話を聞きました。

トレーナースタッフの一員として、大学アスレティックトレーナーの現場を体験できるのがこのプログラムの特徴。

トレーナールームでの現場業務だけでなく、部への帯同も合流直後から行っているそうです。バレー、バスケなどは、そこまで大忙しではないそうですが、アメフトチームは、プレイオフまで進んだ強豪ということもあり、また、試合、練習の前には必ず全員がテーピングを巻き、練習・試合後にはそれを解くという作業があり、なかなかの忙しさだそうです。

学校のあるアリゾナ州は、メジャーリーグキャンプや秋季リーグが行われ、また、マイナーリーグ球団があり、それらの球団でトレーナーをしている日本人が智司君が、渡米前に想像していた以上にいるそうで、そうしたアメリカで頑張っているトレーナー達との横のつながりは、どんどん広がってきているようです。

また、日本語を学んでいるアメリカ人の友達の輪も広がり、彼らといろんなところに遊びに行ってるとのこと。
そのグループ内にいる日本人の女性と、アメリカ人の男性カップルが、先日結婚。日本で式を挙げたそうでその式にも参加してきたそうです。


トレーナー関係に話を戻すとトレーナーつながりから、メジャーのAAAのオールスターでのトレーナーインターンの話が来たそうですが、アメフトの帯同が忙しく、お断りしたそうですが、そのような話は、野球の盛んなアリゾナではよくあるようです。 特に来月からはアリゾナは各地でメジャーリーグ球団がスプリングキャンプを行います。

智司君のところにも、大学のヘッドトレーナーのつてで、学校から30-40分のところにあるスコッツデールで行われるサンフランシスコジャイアンツのキャンプでのトレーナーインターンの話が来ているそうです。

今後についても、いろいろ動いているようで、NATAの資格を取るために院に進もうと考えているとのことです。
考えてるだけでなく、行動もしていて、車で約150マイル、2時間半ほどのところにあるNATA認定校の院のプログラムのデイレクターところに自ら出向いて、プログラムのことを聞き、そして、そこに入りたいと直接訴えたところ、トフル点を条件ではありますが、

「ぜひ来てください」と言われたそうです。

最初は、「トフルなくてもいい」とまで言われたそうで、それは、入試を扱うアドミッションという別の部署に聞いたら、

さすがに「やっぱりダメだった。トフルがいる」

とディレクターから言われたもののそれでも、トフルをとって申し込みすれば入れる、という通常で考えると、かなり異例の待遇です。


これは、今の学校のヘッドトレーナーの出身校で、そのヘッドから智司君が「普段からしっかりやっている」という評価がいってるからではないかと想像されます。
そして、もちろん、直接言った積極性、会った時の印象、前向きさ、も評価されていることでしょう。

プログラム後の進路について、NATAの資格を取ることはそこまでこだわってなかったそうですが、アリゾナに行く前に語学の勉強をしたウエストバージニアで会ったトレーナーに刺激を受け、院に行って、NATAを取ることを決意したそうです。

ここまでは、

「ほんとにいろんなことが楽しく、充実している」、

本当に楽しそうに語っていました。


アメリカに参加する前、本プログラムの相談の時から、智司君の前向きさ、積極性は感じていましたが、「アメリカでの出会いや出来事の一つ一つを大切にしている」という言葉通りの留学生活を送っていて、それがいい方向に進んでいるようです。

もちろん、きっと、大変なこともたくさんあるのだろうけど、ネガティブな言葉は発せず、たいへんなことをすべて前向きに捉え、プラスに変えている、そんな様子が伝わって来る、成功する留学生の見本のような留学生活を送っているようでした。

以前の投稿でも紹介しましたが、

東京オリンピックで働きたい!


智司君が、渡米前の相談の時に語ってたのは、投稿のタイトルにもある通り、


「トレーナーとして東京オリンピックに関わりたい」

という夢。



さまざまな経験、勉強の出来るアメリカで、その夢に向かって、これからもどんどん突き進んで行ってください。


智司君のようにアメリカのトレーナー界の現場に入り、コネを作り、夢に向かって進みたい人

2016年度生募集中!
2015年渡米希望者もまだギリギリ間に合います!

長期トレーナー留学









いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-12-11 10:17:33

いつのまにか某メジャーリーグ傘下球団に

テーマ:スポーツ留学体験談:トレーナー留学
前回、教え子が、bjリーグのスタッフになったという投稿をしましたが、

日本のバスケットボール業界は大荒れですが、現場サイドで盛り上げる様に努力していく所存です



今度は、弊社アスリートブランドの長期トレーナー留学 生のH君が、某メジャーリーグ傘下球団のトレーナーをしているというニュースが舞い込んできました。

一時期からさっぱり音信が途絶えていたのですが、つい先日、フェイスブックで連絡が来て、近況を聞いたところ、現在はマイナーリーグでトレーナー として働いているとのことで、チームが、現在、ドミニカで開かれているウィンターりーグに出場ということで、チームといっしょに、ドミニカから連絡を頂い た次第でした。


Hくんは、もう、創業初期の長期トレーナー留学 プログラム生。 非常に熱心で、アグレッシブで、プログラム受け入れ校のヘッドトレーナーから高く評価されていただけでなく、自ら積極的に、外にも活動の場を求め、NFLのサマーキャンプでインターンをやらせてくれと、キャンプ地に出向いて、直談判し、そしてインターン枠をその場で勝ち取ったなど、とてもアグレッシブで熱い学生でした。


長期トレーナー留学 に参加する方はみんな真面目で、熱心ですが、それは、受け入れ側のアメリカ人たちには、なかなか伝わりにくかったりします。

いくら熱心で真面目といっても、英語ができない日本人を現場に受け入れてくれない、アメリカのアスレティックトレーニング部はたくさんあります。いや、大多数がそうでしょう。


ラッキーにも、ある受入先がスタッフとして現場に入らせてくれることを認めてくれ、プログラムがスタートしました。

Hくんや初期のKくんなど、初期の頃の学生たちが、それを、実際に現場で実践し、チーム、アスレティックトレーナー部隊に献身的な貢献をしてくれ、信頼の土台を作り上げてくれたおかげで、今では、「日本人はすばらしい。ぜひもっとどんどん送ってくれ」と言われるようになりました。

この初期のKくんとは、Hくんの前に、プログラムに参加した生徒ですが、彼は、今シーズン、某メジャーリーガーのパーソナルトレーナーとして活躍。頻繁に日米を行き来していたそうです。

そうした、プログラムの土台を作り上げた、初期の学生たちが、その土台から飛び立ち、現在、世界を舞台に羽ばたいている。
そんな話を聞くだけで、嬉しく、ワクワクしてきます。

そして彼らに感謝の気持ちでいっぱいです。


Hくんに、一時期途絶えていた音信不通時代の事を聞くと、
「ここ(FBメッセージ)では書ききれません。スカイプしましょう。」
と言われました。

チャンスがあれば、スカイプでなく、直接会って、ビールでも飲みながら、その時代の話を聞きたいですね~


1年目から現場に入れる長期トレーナー留学

当時のHくん↓









いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。