幻覚

テーマ:

目を閉じる。


何も考えない。



意識が遠のいていく。




しかし息苦しさと体中の痛みと波打つ鼓動は収まらない。





夢と現(うつつ)の狭間にいるときに、

目を開けると魑魅魍魎が部屋の中を跋扈していた。


(なんだこれは?あれか、これが幻覚というやつか)


意外と冷静に状況を分析できたが、

その魑魅魍魎を追っ払う気力がないのでもう一度眠ることにした。


それにしても39.5度の熱がこれほどのものとは思わなかった。









二度と風邪にはかかりたくない。

だがもう一度、あの魑魅魍魎を目撃したい。

AD

コメント(5)