1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年06月26日 18時57分31秒

企画をつくるときに大事にしていること

テーマ:若者の活動
学級委員長の佐川です。

 

今日は、茨城県三の丸庁舎での、
女性・若者企画提案チャレンジ支援事業のプレゼンテーションに
ブラッシュアップ支援員として出席をしてきました。

プレゼンを聴いて、ふと、「企画をつくるとき大事にしていること」ってなんだろうな
と思ったので、後半にそれをまとめてみました。


昨年は、企画提案チャレンジ支援事業に応募する団体の呼びかけや
応募のサポートなどを中心に携わっていましたが、
今年は、提案した団体のブラッシュアップ支援員として参画させていただきました。

今回、ブラッシュアップ支援ということなので、
「各団体・組織が力をつけていくために
 一人ひとりが役割を担い能力を高めていくために
 自分がどのように関われるか」
という視点で各プレゼンテーションをみていきました。

2日間で44団体がプレゼンテーションを行う過酷な審査会(汗
2日目の今日は28団体がプレゼンテーション!
1団体の持ち時間はたったの5分!この5分にかける熱量がすごい!
プレゼンテーションも審査も真剣、本気!

それぞれの団体が、自分の身の回りの社会問題に向き合って
解決していくためにアクションを起こしていることや、
自分の持っている特技を生かして地域活性にチャレンジしていることなど
みんな、この地域をなんとかしたい、という熱い、前向きな想いを持った方々で
聴いている方が刺激を受け、ワクワクした1日となりました!

そして、女性の多くの団体が、子育て支援の企画を提案していて
改めて、身近な課題なんだと実感したところです。


一方で、
プレゼンテーションを聴いていて、何か足りないもの、
まだまだブラッシュアップが必要なものも、いろいろありました。

ふと、
こういうことが大事なんじゃないかと思ったことがあるので
自分が企画をつくるときに、こういう柱を立てて考えている
ということも含めて、自分の思考整理も兼ねてまとめてみました。

******************************************************************

1)身の回りの問題や社会課題を的確にとらえている

2)ビジョンが描かれている

3)課題の解決に向けて、斬新だったり的確な方法がとられている

4)解決までのプロセスがわかりやすい

5)余裕を持ったスケジュールが組まれている

6)その後の展開が用意されていたり、発展性がある

7)予算や人員の配分が適切

8)周囲(同志や専門家、民間、公的機関など)の協力・協働体制がある
 (そういった情報や人脈を持っている)

9)再現性がある(他の地域や団体でも真似やカスタマイズができる)

******************************************************************

あとは、とてもいい企画なのに、準備不足や企画の練りのあまさ、
プレゼンテーション力など、本当にもったいないと思ったものもありました。

来年、もし同じような事業があるときは、ぜひ、
提案予定の団体に向けて、提案前のブラッシュアップ、
企画書の作り方、プレゼンテーションの仕方をやって
「これがやりたい!」「この取組が必要!」という、
想いや熱意を一緒に育てていくことができたら、
より良い事業になると思いました。

関係者のみなさま、ぜひによろしくお願いします。



今回プレゼンテーションをした44団体のうち、
採択されるのは40団体で、4団体が不採択となります。

担当者には、
「不採択になった4団体にも、企画のブラッシュアップができる機会をつくってほしい」
ということを伝えさせていただきました。

採択されなかったからやらない、というわけではなく、
今回の基準に合致しなかっただけで、
企画自体はとてもいいもの、必要なものである可能性もあります。
せっかく取り組みをしようとアクションを起こしたその一歩を
しっかり後押しできる支援事業であってほしいと思いました。


◆女性・若者企画提案チャレンジ支援事業とは◆
女性や若者が活躍することで地域の活力を出すために、
活動のきっかけづくりや、リーダー育成、団体の組織強化、地域活動の活性を目指し
女性・若者団体が、様々な事業を提案して、それを支援する事業です。
今年のキーワードは「イノベーション」「デザイン」「チャレンジ」だそうです。


7/10(日)あしたの学校 オープンキャンパス
ホームページ http://www.ashitanogakkou.jp/2016opencampus/849
facebook https://www.facebook.com/events/523569497849963/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年06月26日 02時12分26秒

学生時代にしかできない無茶や冒険やチャレンジがある!

テーマ:若者の活動
子ども大学を終えた後は、
加賀屋さんを囲んで交流会&プチ講演会!
 

 


ディズニーのサービスや経営を学びたい学生を呼びかけたところ
こんなに集まっていただきました。
(一部学生でない人が混じってるけどさ。笑)
 
学生で現役のディズニーキャストも来てくれて
賑やかで学びの多い時間となりました。

 
キャストをあきらめかけていたけど、今日の出会いで、
この夏、キャストへの挑戦という目標ができた学生もいて
嬉しくなっちゃいました。
子ども大学でも加賀屋さんが言っていたことだけど、
やってみる前に出来ないって決めつけるんじゃなくて、
まずはやってみることが大事。
そして、絶対にあきらめないこと。
 
それが学生に届いた瞬間。
 
人生一度きり!
学生の時間は長いようで短い。
社会人になってからもいろんな挑戦はできるけど、
学生時代にしかできない無茶や冒険やチャレンジがある!
だからこそ、今この瞬間を精一杯過ごしてほしい!
 
これからも、学生や若手の背中を押して
一歩踏み出す関わり合いをしていきたいと思います。
 
ということで、一歩踏み出したいけど躊躇しちゃう方、
7/10(日)のオープンキャンパスへ!
https://www.facebook.com/events/523569497849963/
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年06月25日 22時53分24秒

無理だできないと言わず、絶対にあきらめないこと

テーマ:イベント

 


今日は、茨城大学の講堂で、
いばらき子ども大学の合同開校式でした。
なんと、講堂満席の500名もの子どもたちが出席。
(応募は600名を超えたとか)
  
  
今年の合同開校式では、
日米のディズニーでキャスト経験を持ち、
ディズニー博士の加賀屋克美氏が特別授業を担当!

授業のテーマは、
「夢を持つこと、夢に向かって挑戦すること、あきらめないこと
 働くって楽しいんだよ!!」
です。
 

 


オープニングはいつものジャングルクルーズから始まり、
加賀屋さんがディズニーランドのキャストを目指した理由
ディズニーで働く人がなんでこんな楽しそうに働いているのか
働く目的は、ゲストにハピネスを
本気とは、本当の気持ち
当たり前のこと(安全、挨拶、整理整頓、準備)
プラスの言葉、プラスの考え(スプラッシュマウンテンの話)
じゃがいもとストロー
と、90分盛りだくさんの内容でした。
 
 
ディズニーランドオープン初日に来園していた加賀屋さん、
そこで働くお兄さんお姉さんがとにかく笑顔で優しくって、
自分もなりたいと、その夢をあきらめないで持っていたことから18歳でキャストに。
スプラッシュマウンテンのキャスト、海外でのキャスト、
アトラクションのメンテナンスの仕事、何にしても、
自分が決めたことを必ずやり遂げてきた加賀屋さん。

子どもたちに、
やってもいないのにできないと決めつけないでまずはやってみること
自分で決めたことは必ずやること
無理だできないと言わず、絶対にあきらめないこと
その姿を見て、周りが応援してくれるし、夢が実現できる
そんな熱いメッセージを伝えていました。


終了後は、
質問やサインの行列ができ、50名以上は居たと思います。
「こんなに行列ができたのは初めて」と
主催者も驚いていました。
 

 
この授業が子どもたちの心にずっと残っていって、
将来の進路選択や就職、仕事につながていくと嬉しいです。
 
いばらきこども大学
http://kodomodaigaku.org/


その後は、ディズニーに興味のある学生を集めて、
加賀屋さんを囲んでのプチ交流勉強会!
ディズニーが働く上で大切にしていること、人の育て方をたっぷりとお話いただきました。


さぁて、久しぶりに、ディズニー勉強会・バスツアー企画しようかな!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年06月06日 00時48分55秒

7/10(日)第七期オープンキャンパスは茨女の川井真裕美さんの特別授業!

テーマ:オープンキャンパス
今日は、オープンキャンパスで特別授業をしてくださる
茨女の川井真裕美さんと、水戸のオシャレカフェで
授業の打ち合わせをしてきました!

 
川井さんは、自分の持った悩みや戸惑いを
同世代に話したことから、「茨女」誕生の小さな種をつかみ、
徐々に今の形に育ててきました。
 
今の茨女のような、
「こんな情報が欲しいな」といろいろと探してみるけど
「でも見つからない」
「じゃぁつくろう!」
と、「自分が必要だ」と思ったものを創り始めました。
 
 
最初からこれだ!と完成形があったのではなく、
自分の中にぽっと湧き出た、小さな想いを大事に
「やってみよう」と一歩足を踏み出したことから
始まりました。
 
 
そして、茨女を創っていく中で、
「何かを始めた」という人に出会うようになり、
なぜ、やりたいと思ったことを始められない人が多いのか、
そんな疑問が湧き始めました。
 
始めた人たちの話を聴いていると、
ある共通点が見つかったと言います。
授業では、そんな話もしていただきます
  
 
また、茨女をデザインする際に、
どんなビジュアルイメージにするのかの話で、
「好きな人ができたときにどうするか」
という例え話は面白く、ためになる、
川井さんらしいお話で楽しかった!
「ターゲットに好かれる」ためにはどうしたらいいか、
特別授業ではそんなことも学べるかも!?笑
 
 
オープンキャンパスの授業では、
一方的に川井さんがお話するだけでなく、
参加いただいた方ともお話をしながら、
全体で楽しめる授業づくりを考えています。
 
 
大きなことをしでかそうとしている人にとってだけでなく、
自分の中で「これをやってみたいな」と湧き出た
小さな気持ちを大切にして、新しいことを初めてみたい
そんなあなたにとって、勇気をもらえる授業です。
 
どうぞ、お楽しみに!


特別授業に参加希望の方は、以下からお申込みください。

1)メール
 以下メールアドレスに、お名前・所属・年齢を添えて
 メールをお送りください。

 ashitanogakkou★gmail.com
 ※★を@(アットマーク)に変更してお送りください
 
2)facebookのイベントページ
 下記、イベントページで参加をクリックするだけで申し込み完了です。
 https://www.facebook.com/events/523569497849963/
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年04月27日 23時18分28秒

夢が現実になる日!5/14(土)茨城総合物産音楽フェス2016開催!

テーマ:イベント
茨城の美味しい食と音楽の祭典、
「茨城総合物産音楽フェス2016」
新しいポスターが完成!

 
水戸市から千波湖の素敵な写真の提供がありました!!
千波湖畔の満開の桜に青空!
一面に広がる湖面!
これ以上ない!というくらい素敵な千波湖の写真!
 
県内外から1,000人の人を集めることができる磯山さんの
さらなるチャレンジがいよいよ来月実現します!
 
 
  I.S.O.フェス http://isofes.com/          https://www.facebook.com/isofes/(facebook)  
 
フェスに共感していただいたアーティストたちが
(磯山君自らアーティストに交渉!)
千波湖畔という最高のロケーションで
この水戸で歌うんですよ!すごいことです!
あの一青窈さんも出演するんです!
ハナミズキ、きっと歌うと思います。
絶対に見ないと損です。 ライブエリアに入るにはチケット購入が必要ですが フードエリアは誰でも無料で入れます♪
 
水と緑に囲まれながら、緑のかおり
水のせせらぎ、公園を通り抜ける風を感じ、
茨城の美味しいものに舌鼓を打ち、
音楽とフェスの雰囲気にひたる。
こんな贅沢な時間の過ごし方はないでしょう。
 
水戸市・茨城県の人はもちろん、
県外からもたくさんの方が訪れるし、
訪れて欲しい!
 
そして、千波湖を中心とした
水戸・茨城の魅力に少しでも触れて
もっと水戸や茨城のいいとこに行ってみたい、
って、次また水戸に来てもらいたい!
 
磯山さんの夢は、僕の、僕らの、夢でもあります。
この夢が現実になる日が5/14!
 
磯山さんやその音楽仲間、
協賛してくださっている方々、
茨城で活動している多くの方々、
行政や警察のみなさん。
実に多くの人の理解と協力で成り立っているフェス。
一人からスタートしてここまで来るなんて、すごい。
自分には無理。だから、磯山君を応援する。
 
このフェスを続けて、大きくしていくためにも、
まずこの第1回がとても大事!
 
磯山さん一人からスタートしたフェスが
こんなに大きくなりました。
あと一押し二押しもう何押しも必要です。
 
なにより、チケットが売れて
お客さんが来ることが一番大事!
ぜひ、イベントの情報を拡散して
もっと多くの方にこのフェスを知ってもらい
当日足を運んでもらいたいです!
ぜひお越しくださいませ!
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。