足を細くするエクササイズ

テーマ:

部分痩せができないということは知っているけれど、足が太いのをなんとかしたいと考えている人は少なくないはずです。足を細くするのが難しいのは、足が太い原因が分からないままエクササイズやマッサージ、運動を行っているからかもしれません。足を細くしたいのであれば、まずは足が太くなっている原因を知ることが大切です。その上で、足が太くなる原因に合わせて、足をすっきりさせる対策を実践してみましょう。また下半身が痩せない原因は、骨盤が歪んでいるせいだとか、冷えのせいだとか色々言われていますが、これらを改善するのって時間も労力も結構かかるものです。地道に改善していくことがダイエット成功への近道でもあり、大事なことなのは百も承知ですが、先の長さを思うだけでやる気が失せてしまいますよね。食事制限よりもきつい運動よりも、数値や見た目に変化が無いのが一番辛いと感じるのは著者だけではないはず。停滞期にダイエット挫折者が多いのもこの為ではないでしょうか。筋肉太りタイプの人は、筋肉の中の脂肪を燃焼しなくてはいけないので激しい運動や筋トレなどの無酸素運動を行うのは逆効果!

 

■おすすめの脚を細くするエクササイズ

仰向けに寝ころびます。手は体の横へ。そのまま脚を天井に向けて持ち上げます。床と足が垂直(L字型)になるようにしましょう。この時両かかとをくっつけて、つま先を外側に向けます。脚を持ち上げたまま。出来る限り大きく左右に開きます。開いたら今度はゆーっくり閉じて元の位置へ。太ももの内側に力を入れる感覚でゆっくり行うとより効果が期待できます。[開いて閉じる]を1回として30~50回くらい繰り返します。

 

これらのエクササイズを行うだけでも、筋肉ができて代謝がアップしていくはずですが、更に食事も意識することでより健康的なメリハリボディを手に入れる事ができると思います。お肉は太ると思われがちですが、タンパク質は筋肉を作るのにとっても大切。唐揚げやトンカツなどはあまり良くないですが、鶏のささみなどヘルシーな部分を摂ると良いですね。鶏ささみは茹でて、薄く切り、冷やしてサラダに乗せると美味しいですよ。炭水化物の摂り過ぎは厳禁ですが、一切抜くということはしないようにしましょう。炭水化物を抜きすぎると、エネルギー不足になって体や脳の活動が鈍ってしまいます。


●参考サイト 脚やせ方法を徹底比較!脚やせの神様 4meee! モデルプレス 東京デトックス アンチエイジングネットワーク

 

20代、30代になってから出現する難治性の“大人ニキビ”が多くなっているようだ。もう10年間もこの大人ニキビに苦痛を感じ続けている人が当院に救いを求めてやってくる。 日中なのに普段あまりむくまない顔や手に酷いむくみが見られた、十分寝ているのに下肢のむくみが取れない、などは疾患が潜伏しているかもしれないので主治医の適切な処置が必要になります。 意識していなくてもパソコンやスマホの画面に集中してしまい、眉間に縦ジワを寄せ、その上にへの字口(余談ですが私はシルエットから取って「富士山ぐち」と勝手に名付けました)になっているのではありませんか?これはお肌の大敵です。 洗顔せっけんなどで隅々まで丁寧に汚れを洗い流す必要があります。ソープは肌に合ったものを使いましょう。自分の皮膚に合っていれば、安い石鹸でも構いませんし、固形の洗顔石鹸でもOKです。 このコラーゲンとは、UVに当たったり合わない化粧品などによるダメージを与えられてしまったり、人間関係などのストレスが積もり積もって、失われ、更には作ることが難しくなっていくのです。 頬やフェイスラインのたるみは実年齢より年上に見える原因です。お肌の弾力や表情筋の硬化が弛みへと繋がりますが、それに加えて普段おこなっているささいな習慣も誘因のひとつです。 皮ふが乾燥する誘因の一つである角質層の細胞間脂質と皮脂の下落は、アトピー患者などの先天性の要素によるものと、逃れようのない加齢や洗浄料などによる後天性の要素によるものの2種類に分かれます。 美容とは、整髪や化粧、服飾などの手段によって見た目を更に美しく見せるために形作ることをいう。この言葉、江戸時代には化粧(けわい)と一緒の意味を持つ言葉として使用されていたという記録が残っている。 ホワイトニングというのは、メラニン沈着が少ない、より一層白い肌を志すというビューティーの価値観、またはそのような状態の皮ふのことを指す。主に顔面の皮膚について使われる。 メイクのメリット:容姿が美しくなる。メイクもたしなみのひとつ。本当の年齢より年上に見せることができる(あくまで24才以下限定の話です)。自分のイメージを毎日変えられる。 ネイルケアというのは爪をより一層健康的な状態にして保つことを目標に掲げている為、爪の変調を知る事はネイルケアのスキルアップに必ず役立つし無駄がないということができる。 美容外科(plastic surgery)は、由緒正しき外科学の中の一分野で、医療目的の形成外科(plastic and reconstructive surgery、plastic…形を作る、reconstructive…復元する)とは別種のものである。更に、整形外科学とも間違われがちだがまったく分野の違うものである。 あなたには、自分自身の内臓が元気だと断言できるほどの自信がおありでしょうか?“ダイエットしても痩せない”“肌が荒れる”といった美容に関するトラブルにも、なんと内臓が健康かどうかがキーポイントなのです! ここ数年で一気に市民権を得たデトックスとは、体の中に蓄積された毒を体外に出させるという健康法のひとつで誰にでも行える代替医療に分類されている。「取り除く=解毒」という意味を持つ「detoxification」の短縮形だということはあまり知られていない。 スカルプのお手入れの主なねらいとは健康的な毛髪を保持することにあります。髪に水分がなくパサパサしたり抜け毛が増え始めるなど、大勢の人が髪の毛の困り事を持っているようです。

 

 

 

AD