病院に長く通院しているあなたへ

勉強・体のことなど


テーマ:
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

あなたの痛みや悩みを解決したい!
歩きとからだ本舗 http://www.arukitokarada.com/
オーダーメイドインソール はりきゅう治療 整体
皆様を 歩苦(あるく)から歩喜(あるき)へ
できるようにしていきます。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 
息子がインフルエンザにかかりました。
 
自分の部屋に隔離してます。
 
インフルエンザで思い出すことがあります。
長女が生まれる年のことですが、
私はインフルエンザにかかりました。
 
近くの女医さんがいるクリニックに行って診てもらいました。
インフルエンザ流行の時期だったので、熱があると言ったら別室へ連れていかれて検温し、検査を受けました。
結果、インフルエンザでした。
 
女医さんに
「もうすぐ子供が生まれる妻がいます。」って言ったら
女医さん
「それは大変だ、すぐ産みなさい。」って
「えっ!とりあえず妻に電話してみます。」
 
妻に
「インフルエンザだった。で、お医者さんからすぐ産んだ方がいいって言われたんだけど・・・。」と言うと、
「そんなすぐ産めるわけないじゃない。」と返ってくる。
当たり前の反応なんですけど、一応かかっている産婦人科に電話してみることに。
 
ご主人を隔離しなさい。マスクとうがいを忘れないように。消毒などの注意もありました。
これが当たり前の答えなんじゃないかな。
 
まー子供をすぐ産むってことにはなりませんで、予定日にしっかり産まれました。
インフルエンザの季節になると、あの女医さんの言葉を毎回思い出します。
 
「すぐ産みなさい!」
そりゃないでしょ。
 
 
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

あなたの痛みや悩みを解決したい!
歩きとからだ本舗 http://www.arukitokarada.com/
オーダーメイドインソール はりきゅう治療 整体
皆様を 歩苦(あるく)から歩喜(あるき)へ
できるようにしていきます。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 

 
中敷き(なかじき)とは、に使われているクッションのことである。インソールともいう。
(Wikipediaより)
では特徴は
SORBOTHANEという商品では、
①衝撃を吸収
②耐圧分散
③捻じれやズレを吸収
④長時間長持ち
⑤抗菌衛生とあります。
 
SUPERfeetという商品では、
①衝撃吸収
②機能的にサポートする
③足骨格の不要なねじれを補正するとあります。
 
シダスというメーカーは、
①体の方向性を決めやすくする
②力の伝達をしやすくする
③快適さを増す
④衝撃分散
⑤疲れの軽減
⑥無駄な動きを制御
⑦血行促進とあります。
 
インソールの特徴は、すべて当てはまるでしょうね。
ほとんどのメーカーさんは、既製品のものがありそれを微調整する方法、長さを合わせたりする方法だったりします。また、足の形を採型して作成していく方法(止まっている状態)だったりすることが多いのではないでしょうか。
 
靴はどういったときに使用するものなのかを考えてみると、”歩く”こと”走る”ことなど2本の足で移動することを行っている時を変えたい場合、動いている時に症状が出ている場合などは、動きを見て作成していく必要があるのではないでしょうか?止まっている状態で、足の形を採型して作成しても止まっている時はいいかもしれませんが、動き出したらよくないということが良くあります。
 
膝が痛くなって病院に行ったとしましょう。
「どこが痛いですか?」と聞かれたとき「膝が痛みます。」
と答えるでしょう。
「何をしてる時痛みますか?」「歩いている時に痛みます。立ち上がる時に痛みます。」
と言ってるんじゃないでしょうか?
「ではレントゲン撮ってみましょう。」
「軟骨がすり減ってます。注射しましょう。」
それもいいかもしれませんが、
「歩いている時に痛みます。立ち上がる時に痛みます。」
って言ってるから、歩き方や立ち上がり方を診ないといけないのではないかな?
と疑問に思います。
で、動きの中でどう動いているから痛みが出るのか、どう動けば痛みが出なくなるのかを評価していかなければよくはならないと思います。
 
入谷式足底板療法(足と歩きの研究所 入谷誠先生)は
病態診断をもとに、テーピングやパッドを用いて、歩いてもらったり、動作を見て足部関節の形および高さを決定して作成していきます。
身体全体の動きを制御することを目的としているため、左右両側に作成していきます。
また、体の運動を無意識の下でコントロールし、効率的な運動を可能とし、またある程度動きや症状を管理することができます。
 
歩き方を変えたり、動きを変えることで痛みや症状を軽減させることが期待できます。
なんでもいいというわけではありませんよ。
自分に合ったものを選ぶようにしましょう。
 
 
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

あなたの痛みや悩みを解決したい!
歩きとからだ本舗 http://www.arukitokarada.com/
オーダーメイドインソール はりきゅう治療 整体
皆様を 歩苦(あるく)から歩喜(あるき)へ
できるようにしていきます。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 

からだ全体の骨は206個あります。
そのうち足には1対で56個。
からだ全体の約1/4が集中しています。


足は7個の足根骨と5個の中足骨と14個の趾骨および数個の種子骨があります。
(※手の指は、手偏ですが足の指を表現するときは足偏になります。)

親趾は(末節骨と基節骨)
あとの4本は(末節骨、中節骨、基節骨)で14個。
足根骨は親趾側から楔状骨3つ横に並んで、小趾側に立方骨、
楔状骨に舟状骨がついて距骨、踵骨(踵の骨)で7個となります。

種子骨は、足の趾の付け根のところにあります。

足だけに体全体の1/4の骨が集まっていることを考えても大事な部分なんだとわかります。


1月19日は家庭消火器点検の日です。

全国消防機器販売業協会が1991(平成3)年に制定されました。
1と19で「119」となることから。
11月9日が消防庁が定めた「119の日」であるため、1月19日を記念日とされました。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

あなたの痛みや悩みを解決したい!
歩きとからだ本舗 http://www.arukitokarada.com/
オーダーメイドインソール はりきゅう治療 整体
皆様を 歩苦(あるく)から歩喜(あるき)へ
できるようにしていきます。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 
 

 

よくクライアントさんから「あしが痛いんです。」
と言われます。
よくよく聞いていくと、大腿部(もものところ)辺りが痛む。
ってことがあります。

 

「あしが痛む。」と聞くと、『足』と思ってしまいますが、
『脚』もあしと読みますし、「あし」ですね。

違いを考えてみましょう。

 

『足』は、漢字辞書で調べると、
①動物の胴体から分かれ、からだを支えたり歩行に使ったりする部分
②物の本体を支える、突き出た部分
③くるぶしから先の部分
となってます。

 

『脚』は、
①ひざから下の足。転じて、足全体
②ある範囲の下側
③支えとなるもの。物事の根拠

となってます。


読みは一緒ですけど、
『足』はくるぶしから先に部分
『脚』は膝から下の足。転じて、足全体
ということになってます。

 

場所によって、『脚が痛む。』もしくは『足が痛む。』
書き方変えないといけないんですね。


1月18日は118番の日です。

海上保安庁が2011(平成23)年から実施されました。
海上保安庁への緊急通報用電話「118番」を広く知ってもらうための活動が行われるようです。
尖閣諸島問題もあり海上保安庁の方々がんばってください。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

あなたの痛みや悩みを解決したい!
歩きとからだ本舗 http://www.arukitokarada.com/
オーダーメイドインソール はりきゅう治療 整体
皆様を 歩苦(あるく)から歩喜(あるき)へ
できるようにしていきます。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 
 

以前病院で勤務してた頃の話です。
「腰が痛い。」という高校生が来院しました。

レントゲン撮ったり、検査をして腰痛と診断。
その後リハビリの処方が出てリハビリ開始。


まず気になったのが、
革靴のかかとを踏みつけて履いている。
革靴をサンダルのような感じで履いていました。
(15~16年位前の関東での話)

そのころ高校生ではやってたのかな?
革靴をこんな履き方するなんてと思いました。

まずやったこと
「靴を買い替えてきなさい。こんな靴を毎日履いていたら腰痛にもなる。」
と言って説明だけして帰しました。

1週間後、靴を買い替えて来院。
腰痛は軽減したとのことでした。
まだ、体幹と下肢の動きが悪かったのでリハビリをし完治しました。


靴を変えるだけで症状は変わります。
靴の履き方を変えるだけで症状は変わります。


まずはいつも使ってる靴を見てみましょう。
それだけで症状が軽くなることも多いですよ!

 

1月17日は防災とボランティアの日です。

1995年1月17日午前5時46分、淡路島北端を震源とする兵庫県南部地震が発生した。
阪神・淡路大震災では、政府や行政の対応の遅れが批判された一方で、学生を中心としたボランティア活動が活発化し、「日本のボランティア元年」と言われた。
これをきっかけに、ボランティア活動への認識を深め、災害への備えの充実強化を図る目的で、1995年12月の閣議で制定が決定され、翌1996年から実施されました。

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。