あるあるさがし情報局 局長☆HIROのブログ

「お話し」・・・情報に心を込めて発信します!

NEW !
テーマ:

とりあえず、こんばんわ。主です。

サッカーの天皇杯で、アスルクラロ沼津が

J2の京都に完封勝利という金星を上げました。

次回の試合は、J1の横浜Fマリノスとの試合らしいですが

もし、この試合も勝ったら大金星ですねぇ。

それはそうと、やはりJ3沼津のサポーターの中には

ラブライブサンシャインのファンもいるみたいですね・・・

 
というわけで、前回の続きでも。
祇園四条から近鉄に乗って三条京阪へ、
そしてそこから地下鉄東西線で東山に向かった主。
地下を少し見てまわり、地上へと出てきた主は
集合場所までの道のりを早歩き気味で見て行く事に・・・
 
地下鉄東山駅をパチリと、駅の外観はシンプルでしたね。
他の地下鉄路線でも、こういうシンプルなのは多いですね。
 
そんなわけで、この東山駅から集合場所でもある
よしもと祇園花月へと少し早歩き気味に向かいます。
実はこのとき、時間がちょっと微妙な感じでもありました。
ただ、余裕がないわけではないので大丈夫ってところか・・・
 
それはさておき、よしもと祇園花月のある道が分からず
主は小道へとそのまま入って行く事となります・・・
 
そこは、小さい川が流れるちょっとおしゃれな街・・・
観光地って感じでもないが、この真ん中に川が流れていて
その両側に道と住宅があるというのは良いですね。
 
真ん中を流れている川は、白川という川でした。
5年前の4都市縦断でGT5のフォトモード巡礼において
うーむ、ここも夜になると良いムードが漂う場所になりそうだな。
 
石碑に関しては不明ですが、恐らく歴史あるモノかと(おい)
そして、ここを左に曲がると『明智光秀の墓』があります。
明智光秀というと、歴史上では織田信長を裏切っており
比叡山延暦寺で信長を自害させました。
本能寺の変で知られている、『三日天下』の人物ですね。
 
信長を裏切り、秀吉にやられるというイメージが付いた明智光秀ですが
一方で内政手腕に優れ、領民を愛して善政を布いたそうです。
亀岡市では、光秀を偲んだ祭りが行われるほどですが
実は亀岡市や細川ガラシャゆかりの長岡京市など京都府7市町が
大河ドラマの誘致をしているという話もあるらしいです。
 
エミリー「明智光秀主役の大河ドラマってどんな感じなんでしょう・・・」
主「うーむ。脚本は某Mがやるとなると脚色も強くなりそうだな」
奈緒「でも、史実通りやと秀吉にやられてるんやったっけ?」
エミリー「秀吉に負けたのち、最後は自害するんです」
奈緒「へ・・・へぇ・・・エミリー詳しいなぁ」
主「さすが親日家だねぇ。とはいえ光秀主役のドラマも悪くなさそうだな」
 
ちなみに、光秀そのものを取り扱う大河ドラマは無いですが
主役として登場したのならば、1973年に放送された大河ドラマの
『国盗り物語』にて光秀が信長と斎藤道三と共にメイン扱いされました。
 
ところで、大河ドラマの誘致は今も他のところでやってますよね。
主の親父は、柴田勝家で大河ドラマ作れとか言うてるし・・・
そういや、柴田勝家は戦国BASARAなどの武将ゲーで
現代になってかなり有名になった戦国武将だと思われます。
しかし、勝家の最期って確か・・・
 
その近くで見つけた『白川庵』という旅館をパチリと。
暖簾には、『1日1客』と書いてあるので少し気になりました。
調べてみると、どうやら1棟貸しの旅館みたいですね。
9名以上OKなので、スクールアイドルをやろうとするグループ1組なら
ここでお泊りして京都の街でトレーニング・・・
なーんて贅沢な事が出来ちゃったりするかもよ!?
 
百合子「9名宿泊だと・・・63000円するみたいですけど」
主「1人7000円で計算してるみたいだからねぇ。ちなみに人数が多いと安くなるシステムらしいぞ」
杏奈「それじゃあ・・・学生でも大丈夫・・・って事?」
主「かもねぇ。割り勘で行けば良いかもな」
翼「だったら、主の奢りでここ泊まりましょうよぉ~!」
主「その時は主も入っていいのかにゃ?」
百合子・杏奈・翼「「「ダメです」」」
主「ちぇー。ってか主のカネが吹っ飛ぶからやめて」
 
9名宿泊、63000円は食事なしの素泊まりでの料金です。
朝食付きだと75000円になるみたいです。
ちなみに、朝食付きにすると1名様8333円となってますが
やはり人数分で割っていて、多ければ多いほど安くなるみたいです。
ただ、10名以降は電話でのお問い合わせが必要になるようです。
 
白川で野鳥をパチリと、こういうの見てると癒されますね。
ちなみに、この川は水深が浅いというか水辺みたいな感じなので
鳥が泳ぐにはちょっと深さが足りない気もしますね。
というか、右にいる鳥は立っちゃってるしねぇ。
 
石で出来た『一本橋』をパチリと1枚。
『古川町橋』と呼ばれ、一本橋は別名でありますね。
この橋、『日本百名橋』の番外で選ばれました。
 
この橋は、白装束を纏った比叡山の阿闍梨修行で
千日回峰行を終えた行者が、栗田口の尊勝院の元三大師に
報告してから京都の街に入る際に最初に渡る橋みたいです。
このため、行者橋とも阿闍梨橋とも言われるとのことです。
 
琴葉「千日回峰行?」
主「修行の1つみたい。特に、可奈と百合子お勧めしておくぞ」
可奈「なんで私にお勧めするんですか?!」
百合子「でも、修行って何か良いですよね~・・・」
主「この千日回峰行、調べると内容がすごかったぞ」
恵美「どんな感じなの?」
主「多分、可奈と百合子は長くて3日でダウンしそう」
可奈「そんなにキツイんですか・・・」
主「修行だからねぇ」
百合子「それで・・・どんな感じなんですか?」
主「えーっとだなぁ・・・」
 
千日回峰行は7年間にわたって行われる回峰行であり、
この千日回峰行の拠点である無動寺にて勤行を行ってから
深夜2時に出発し、真言を唱えながら東塔・西塔・横川・日吉大社など

260ヶ所を礼拝し、30kmの行程を6時間かけて巡礼するのである。

 
主「ちなみに、続けられなくなったら自害する必要があるのでご注意を」
可奈「自害って・・・自殺するって事ですか?!」
主「そういうこった」
百合子「こんな修行怖すぎますよ・・・」
主「今現代でも成し遂げた人はいるけど、自害とかは無くなったやろなぁ。このご時世だし多分・・・」
 
さらに、この回峰行で5年700日を満行すると
この回峰行で最も過酷な『堂入り』が行われる。
やる前に、生き葬式をしてから無動寺明王堂で
足掛け9日間(丸七日半ほどらしいが)に渡って・・・
断食・断水・断眠・断臥をするとの事。
 
可奈「断食とか断水って無茶ですよ~!!」
百合子「そうですよ!無茶苦茶じゃないですか・・・」
主「でも、成し遂げた人もいるんだ。お前らなら出来るだろ?」
可奈・百合子「「無理ですっ!!」」
主「まぁ、主もこんなん耐えられんけどな」
 
とにかく、この千日回峰行はすごい修行みたいですね・・・
それはさておき、この橋って渡ろうと思えば渡れそうですが
ちょっとヤバそうなのでやめておきました・・・ええ、主はチキンっす。
 
車が通れる橋をパチリと、こういう感じの橋も良いよね。
とりあえず、ここを右に曲がって通りへと出ることに・・・
 
その前に、知恩院の古門をパチリと1枚。
知恩院の正門こと『三門』とは違って控えめですね。
ちなみに、時間があったら見逃した青蓮院へ行こうと思いましたが
この時点で集合時間も迫ってきたのでパスすることに・・・
 
ちゅーわけで、東大路通へと出てきました。
この通りに、最初は出たかったわけですけども
主のルート選択ミスで小道を歩くことになったんですよね・・・
でも、意外な発見が出来て何よりって感じだな。
 
ループバスらしいが、なんちゅう名前か忘れてしまった・・・_| ̄|○
流し撮りになっちまってて、文字が読み取れませんね。
しかし、京都の通りはマジでバスで溢れてますねぇ・・・
 
集合場所へ向かう途中で面白そうなのパチリと1枚。
『ひやかし』入店お断りなショップですね・・・
何だか、こういう感じの店は独特な雰囲気を持ってますよね。
 
お店は小さいですが、独特な雰囲気出しまくってます。
これも夜に訪れ、そして『愉しむ』グッズを買うんですよね・・・
しかも、夕方から深夜まで営業しているみたいです。
 
主「地下鉄に乗るっ!のギャルゲが出たらこういう店も出してほしいよな。好感度マックスで行ける店としてさ」
百合子「そんなの入れたらレーティング上がるじゃないですか・・・」
杏奈「それに・・・誰もそんなの・・・求めてないよ・・・」
主「とりあえず、欲しい人は求めてるっ!そんなわけでまずはメインヒロインである太秦萌の好感度がry(年齢制限に引っかかるので省略)」
翼「えー・・・ここから主がまた変な事を喋り始めたので私達で締めちゃいますね」
 
――――――――――
 
翼「というわけで!」
杏奈「ここまで・・・」
百合子「ではではっ!!」
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

とりあえず、こんばんわ。主です。

湾岸マキシで使用中のエボⅩ、分身トロフィー500個突破!

次はGDBツリ目インプのトロフィーも500個突破させるぞ。

 
というわけで、前回の続きでも。
祇園四条から京阪に乗って三条まで行った主。
隣の駅まで乗ったわけだが、ここからさらに電車を乗り換え
目的地の最寄り駅まで短い距離だが向かう事に・・・
 
乗り換えるため、地下通路をひた歩きます。
ここでは、地下鉄東西線と京阪京津線が利用できます。
前者を使い、太秦天神川まで乗ると映画村へと行けます。
ちなみに、後者の京阪京津線の『大津・びわ湖方面』と書いてありますが
京津線には『大津』や『びわ湖』なんて名前の駅はありません。
 
静香「それって初めて来た人は分からないんじゃあ・・・」
主「ちなみに、大津は大津でも浜大津という駅はあるみたい」
恵美「それじゃあ、びわ湖はあるの?」
主「調べてみたけど今現在はないねぇ。2018年に浜大津駅を『びわ湖浜大津』にする予定だけど」
静香「じゃあ、どうしてびわ湖・大津方面って書いたのかしら・・・」
主「そっちの方が分かりやすいからじゃない?京津線の滋賀県区間は大津市内にあるし、琵琶湖もそこから近いし」
恵美「だからって『大津・びわ湖』方面にするって大雑把な気もしない?」
主「シンプルで分かりやすいと思うけどねぇ」
 
この京津線は、滋賀県内の浜大津~上栄町までの区間が
関西の私鉄では異例の路面電車と同じように走る区間があります。
道の真ん中に線路がある、併用軌道区間を走行しているのが
この浜大津~上栄町までの区間となります。
普通の路面電車ではなく、私鉄の普通電車が走るので
その大きさと言い走っている姿は異様にも思えてきます。
 
主「ちなみに、主は以前の記事で市電が消えたことで京福しか路面電車をやってないと書いていたが・・・あれには補足事項がある」
百合子「補足事項って・・・まだ何かあったんですか?」
主「うむ。調べてみると、東山三条~蹴上までは1997年まで路面電車みたいな感じだったのだ」
翼「それって、道の真ん中を走ってるアレですよね」
主「そう、1997年に東西線開業で駅は地下へと移動しました。その際に駅も京阪から京都市営地下鉄の名前になりました」
 
このほか、京阪の京津線は京都市営地下鉄東西線にも乗り入れ
これ1本で太秦~浜大津まで向かっちゃったりできます。
映画村で楽しんだら、琵琶湖を見て癒されるのにもピッタリですね(違)
 
京都で見かけるジャイアニズム的な広告をパチリと。
多分、こんな広告があるのは京都だけだと思います。
 
リニアを京都に是が非でも引っ張ろうという宣伝広告。
JR東海は奈良県を通るルートで決めているはずですが
それでも京都は納得する気はさらさらないみたいですね。
奈良県はこれに対して、憤っている様子を見せていたりします。
なんせ、京都を経由すると奈良県に通らなくなるからですね。
 
ただ、現実的に奈良ルートが多く支持されており
京都駅経由ルートは京都だけという状態ですね・・・
哀しいけど、主もリニアは奈良ルートで良いと思います。
 
主「というか、京都は以前にも北陸新幹線のルートで揉めたよな」
美奈子「確か・・・舞鶴へ行くルートを出したことでしたっけ?」
主「そうそれ。舞鶴ルートって誰得なのか分からないんですが・・・」
このみ「でも、最後は小浜ルートで決着したそうじゃない」
主「うむ。主的に滋賀県と京都府がすぐに納得してくれれば工期とかも早まったと思うんだよねぇ」
 
京都市営地下鉄って、こういうキャラ多くありませんか?
上にある女の子のイラスト、これは京都市交通局が出している
『地下鉄に乗るっ』のキャラで、名前は太秦麗ですね。
アニメ風味・・・というかラノベの挿絵に描かれてそうなキャラですが
萌えに媚びず、万人向けのイラストにして京都の光景に
マッチするようなキャラとして描かれたそうな。
 
この『地下鉄に乗るっ』は、男性キャラも追加されています。
両サイドのポスターに描かれたキャラの名は小野陵で
『地下鉄に乗るっ』で最初に登場した『小野ミサ』の兄ですね。
大学生でデザイン系の勉強をしており、デジタルガジェットに
精通しているギーク(多分オタク)ですね。
 
ちなみに、妹の小野ミサは高校で軽音楽部に所属し
ギターを担当しているという設定ですが
なぜ軽音部に入ったのかという理由まで書いてあります。
それは『あるアニメに影響されたから』だそうです。
あるアニメ・・・か。それってもしや『け〇〇ん!』じゃ・・・
 
そして、真ん中に描かれているのは十条タケルですね。
高卒後、パン職人を目指してパン屋で働いてます。
うん・・・パン屋で働いてる男の人のイメージというのは
体格の良し悪しはともあれ、明るい感じなのが多いですね。
小野陵とは友達みたいな間柄、駅構内でパンが買える
地下鉄の駅が好きみたいですね・・・。
 
エレナ「そういえば右下にキャラクターがいるネ」
ロコ「ホントですね!トレインの形をしたアートですか!」
主「こいつは『都くん』。モグラをイメージしたそうで、京都市営地下鉄東西線開業記念に描かれた奴なんだ」
エレナ「どうしてモグラをイメージしたノ?」
主「地下鉄は地下を走るからじゃね?」
ロコ「なるほどー・・・」
 
そんなわけで、東西線三条京阪駅のホームへと来ました。
この東西線は、全線ホームドアが設置されていますが
駅で電車を撮影したい人にはかなり残念な感じになってます。
実は東西線のホームドアは、転落防止のために
画像のようなちょっと大きめなホームドアが設置されているからです。
撮るには撮れますが、映りはイマイチな感じですね。
 
京都市営地下鉄東西線開業後、お隣の駅である東山は
地上駅時代だった東山三条から名前を変えました。
今回は、京阪から市営地下鉄への乗り換えというわけですが
先もって言っておくと、地下鉄も一駅しか乗らなかったりします。
ただ、集合時間の事もあるので安全マージンを取るべく
ここは地下鉄を使って移動することとなるのだ・・・
 
海美「走ればいいじゃん!距離的に近いんだしさぁ!」
紗代子「そうですよ!走ればその体も痩せますよね!」
主「走るなんて無理やっちゅーねん・・・」
 
東西線各駅には、こんな感じで東西線各駅の
階段の場所やドアの開閉位置などが表記してあるポスターがあります。
これなら、初めての人が降りても迷うことはないですね。
あと、各駅の周辺にある観光地・商業施設・行政&公共機関・金融機関に
他に乗り換える鉄道があるなら、駅名の下に乗り換える鉄道事業者や
路線名などがハッキリと記されています。
 
また、改札に近いドアやエレベーターに近いドアを
色分けして載せているなど優しい仕様となっています。
 
何だか、ややこしくなりそうなポスターをパチリと。
これ、要約すると山科駅へ向かう場合において市営地下鉄か
京阪かどちらかを使う事で運賃に違いが生じるらしいのです。
これは、部分廃止となった京阪京津線と後に建設された
京都市営地下鉄東西線には重複区間があり、
それが三条京阪~京阪山科というわけなのです。
 
恵美「え、京阪京津線って今ある路線みたいな事言ってなかった?」
主「廃止されたのは京津三条~御陵だけど、乗り入れている京阪の線路自体は建設された京都市営地下鉄東西線に移動しただけなんだ」
琴葉「御陵駅まで廃止・・・でこの駅は地下鉄に変わったって事ですね」
主「そうなるな。さて、ここからが本題なんだ」
 
地下鉄東西線に当初、乗り入れ予定だった京阪京津線。
予定では地下鉄への接続は、京阪山科からだったそうですが
線形が合わないという理由から御陵になりました。
これにより、『京阪の山科』と『市営地下鉄の山科』の2つが出来ました。
前者は既存の駅、後者は地下鉄東西線で新設された駅です。
つまり、御陵~京阪山科までは地下鉄の路線が
私鉄の路線と並行しているというわけなのです。
 
そして、京津線が東西線へと相互乗り入れへの話になりますが
この重複路線のせいで京都市営地下鉄東西線の客が
京阪の電車に乗って山科で降りて追加料金を請求されるという
ちょっとした事が起きていたりします。
 
恵美「それって、地下鉄の駅から京阪の電車に乗った人が京阪山科で降りると別料金になるって事?」
主「山科に向かう人限定でね。地下鉄と京阪は路線も経由駅も違うから山科以外で降りる人は実感がないかもしれないなぁ」
環「なんだか分かんないぞ!たまきにも分かりやすく教えてよ!」
主「うーん・・・例えばの話、京都市営地下鉄の京都市役所前から山科へ向かいたいとするわな」
環「うんうん」
主「そこで浜大津行きの京阪の電車が来て、それに乗って山科へと向かうわけだ」
琴葉「それで京阪山科で降りて、改札通らないから駅員に聞くと追加で料金を請求されちゃうって事なの」
環「そっかぁー!都会は大変だなぁ・・・」
主「これ、山科に行く人限定だけど初見は絶対分からんくなると思う」
恵美「で、京都市役所から山科へ行く場合はどっちが安いの?」
主「市営地下鉄の方が安いらしいぞ」
 
2つの山科駅問題とも言われているそうですが、
これは、京都~竹田間における京都市営地下鉄烏丸線と
そこに乗り入れている近鉄京都線においても同様の事が起きており
分からずに来た観光客などが困惑しているケースがあるらしいです。
 
そんなわけで、地下鉄に乗って揺られること数分・・・
地下鉄の外観は、やはり東西線のホームドアでは撮り辛いな。
なので、今回は地下鉄の外観はカットしておきます。
 
それはさておき、地下鉄にあった広告をパチリと。
『みやこめっせがあるじゃないか』、みやこめっせの広告です。
京都市勧業館の別名で、1996年に建てられました。
平安建都1200年の記念事業の1つだったそうです。
この平安建都1200年の記念事業のリストの中には
1994年に世界遺産登録された古都京都の文化財や
1997年に改修された京都駅もリストに入っています。
 
そんなわけで、東山駅で地下鉄を降りましょかー。
んにしたって、このホームドアを見ていると
動画サイトでたまに話題に出る、ピーチライナーを思い出しますね。
ピーチライナーは駅のホームが東西線チックでしたね。
 
こういう心がけは良いっすよネ。
主も去年の研修で、目が見えない人の体験をしたことがありますが
目が見えなくなるというのがどんだけ怖いか分かりましたね・・・
 
東山駅周辺の地図をパチリと、近くには知恩院とか
みやこめっせやら京都市美術館やら京都市動物園があります。
特に、京都市動物園は日本で2番目に古い動物園で
繁殖に力を入れていたりする動物園でもありますね。
 
『ひとりじゃないよ。』のポスターなどなどをパチリと1枚。
前の方にいる3人の左にもう1人見切れているようですが
その子に関しては『ひとりですよ。』的な存在ですか?
それにしても、主の高校時代は友達少なかったなぁ・・・
というか、同じ科で友と呼べる人はいなかった。
 
それはさておき、お隣には痴漢対策のポスターがありました。
今のご時世、痴漢冤罪とかそういうのもあるので
これの痴漢冤罪版でも作ってください。
 
主「そういえば、当たり屋的な痴女もいるみたいやしな」
琴葉「どんな人なんですかそれって・・・」
主「琴葉や恵美みたいな子が自分の身体を触ってほしくてすり寄ってきたり」
恵美「もしもし警察ですか?」
主「あーやめて冗談なのにー!」
杏奈「主が言うと・・・冗談に聞こえないよ・・・」
翼「というか狙ってるんじゃないんですか~?」
百合子「そうそう。通勤電車に乗ってる子見たりしてさ」
主「そんなに怪しい人に見えるかァ?主はそんな人じゃねーよ・・・」
 
市バスのオリジナルグッズにチョロQがあるんすねぇ。
昔、バスのチョロQなら地元のコミュニティバスのを
どっかで買ってきたような覚えがあります・・・
そのバスが運行されて間もない頃に買ってきたんだよな。
 
主「うーむ、市バスのチョロQは欲しかったなぁ」
百合子「主って本当にそういうの好きですね」
主「こういうチョロQはご当地感があるからな!」
翼「そこでしか手に入らない、ってやつですか?」
主「まぁそういうこった」
 
東山駅にて、『地下鉄に乗るっ』のメインの子がポスターに。
太秦萌、デザインがフィギュアっぽいですね。
と思ったら、本当にこの子のフィギュアが発売されてました。
海洋堂×BOME EDITIONというコラボになってるようですが
作りがめっちゃ精巧ですんごくイイ感じです。
 
主「ちなみに、お値段も良い感じです」
可奈「それっていくらなんですか?」
主「税込み864000円」
未来「ちょっ・・・!86万円もするんですか?!」
主「主もケタ間違えてるんじゃないかと思ったんですが・・・事実でした」
 
今のフィギュアは数千円~数万円程度だったり
10万クラスでも10万円代というのなら多いと思いますけど
このフィギュアは86万4千円もするという代物。
一生モノのお宝にでもしたくなるレベルの値段ですが
桁2つぐらい下げれば主は買ってたと思う(笑)
 
4種類のポスターをパチリと1枚。
描かれているのは、太秦萌のいとこの『太秦その』ですね。
これは、京都学園大学とのコラボポスターとして登場しました。
これも癖のない、中々可愛いキャラクターですね。
設定は大学生で、最近ではアサギマダラという蝶の研究をしてるとか。
 
このアサギマダラ、2011年に和歌山県からマーキングした個体が
2500kmも離れた中国の香港で捕獲されており
長距離の移動をした蝶として世界で第2位になりました。
 
そして、そのの従姉妹で高校生の萌をパチリと。
媒体によって若干イラストが違う気もするけど
主的にこれは素朴な可愛さがあるなぁって思いますね。
 
主「これの恋愛ゲーでも出来たら即攻略してやるぞ!」
杏奈「そして・・・シマリスを肩に乗せた男に人の世話に・・・なるんだね」
主「もしかしてだけど、その人はおじゃる警部じゃないかー♪」
百合子「ノリノリですけど・・・その歌なんでしたっけ?」
主「とりあえず、ググろうか」
 
というわけで、ここまで。ではでは
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

とりあえず、こんばんわ。主です。

職場というのは時に理不尽な事が多いですね。

そういや、ようやくですが主の地元も梅雨入りしました。

ちょっといつもより遅いと思うずら。

 
というわけで、前回の続きでも。
地上→地下→地上へと気まぐれに歩く主。
四条大橋で、中国で作られたバスを見た後は
目的地へ向かうためにある電車を使うことに・・・
 
そんなわけで主は、京阪本線・鴨東線・中之島線の駅である
祇園四条駅の入り口へとやってきました。
そう、次に乗るのは京阪というわけですね。
 
京阪の祇園四条駅は阪急河原町駅と同じく地下にあるので
階段を下りて地下ホームへと向かっていくわけです。
ちなみに、初発・最終電車の案内板が設置されていますが
中之島線の方に『淀ゆき 0:25』と書かれていますけど
この淀駅のすぐ近くに京都競馬場があります。
 
奈緒「あれ?ICOCAはどうしたん?」
主「持ってきてたけど、パスケースないから敢えて切符で」
未来「パスケースって私たちのですよね?」
主「そう、コトメストームのな」
未来「乙女!オ・ト・メ、です!!」
奈緒「しかし、主ってそういうのネタにするよなぁ」
主「ああいうの見てるとネタにしたくなるんだわさ」
 
それはそうと、駅の券売機で切符を買う事に。
一番安い150円のにし、次の目的地まで京阪で向かいます。
パスケースは持って来てませんでしたけども、
ICOCAに少しだけチャージしてあったんですよね。
では、なぜ京阪だけ切符を買ったんでしょーか。
 
答えは簡単、ただ主が切符で行こうという気まぐれです(おい)
 
歩きスマホはいろんなところで注意喚起がされてますね。
ホント、歩きスマホとか控えましょうというかやめましょうって事かな。
まぁ・・・これで厳つい兄ちゃんにぶつかったりすると、
『どこ見て歩いてんじゃクルァ!』ってなことになるしねぇ・・・
特に、人混みのある所では歩きスマホは危ないってこった。
 
主「そういう事です。分かりましたか沢志保さん」
志保「分かりましたから、その言い方で呼ぶのやめてください」
主「うーむ。北沢志保じゃなくてこれじゃ『塩(対応)沢志保』だな」
志保「どこが塩対応なんですか。全く意味が分からないんですけど」
 
祇園四条駅の発車標をパチリと1枚。
時間は午後の16時34分ぐらい、集合時間は確か17時半だったから
ちょっくら時間が押してきたという感じですね。
 
ちゅーわけで、主は三条・出町柳方面の電車が入線する
1番ホームの階段をちょいと急ぎ気味で下りて行く事に。
ちなみに、京阪というと天満橋駅は結構良いアングルでパチリと撮れる
 
主「日本経済新聞大阪本社ビルすぐ近くだぞ!忘れるなっ!」
百合子「でもどうして天満橋駅なんですか?他でも撮れるじゃないですか」
主「天満橋駅前の橋で電車がゆっくり走るのと、なにより風景が良いからだ」
杏奈「どんな感じで・・・?」
主「それは自分で行って確かめるべし。主的に春は良いぞぉ」
 
そんなわけで、祇園四条駅で電車を待つことに・・・
こうしてみると、京都市営地下鉄みたいな感じですね。
ちなみに、京阪本線は一応三条までとなっており
三条~出町柳までは鴨東線という別の線になっています。
ただ、多くの電車が出町柳~淀屋橋まで通しで走るので
鴨東線を走っているという実感はないかもしれません。
 
そんなわけで、ここでちょっとした主マメでも。
京阪本線は現在、淀屋橋まで走っているんですが
この2つ手前の天満橋駅にて中之島線と分岐しています。
中之島線は天満橋~中之島までを結ぶ大阪市内完結の路線です。
この路線、利用客数の予測は72000人を想定していましたが
実際は3万人台で需要予測とは裏腹の少なさです。
 
恵美「3万人って・・・予測の半分しかいないんだね」
亜利沙「どうしてこんなに外れたんですか?!」
主「繁華街が遠い事、中之島自体が発展してないことがあるんだと」
奈緒「そういえば、大阪ちゅうと繁華街は難波とか天王寺とか梅田とかやもんなぁ」
主「そういうこった。あと、市営地下鉄が3路線も中之島を経由していたり、中之島線そのものが地下鉄の最寄り駅&各施設の最寄駅から遠いこともある。住宅街はない感じだから通勤通学利用客は見込め無さそうだし」
 
そんなわけで、電車に揺られること数分。隣の駅の三条へ。
いや~・・・電車というのはやっぱ快適ですね。
 
海美「三条って・・・地図で見たけど結構近いじゃん!」
環「そうだぞ!!少し歩こうよ~!!」
主「主は疲れたの!それに京阪に乗りたかったの!」
奈緒「主らしい理由やな・・・」
百合子「全くですね・・・」
 
出町柳の文字を見ると、やっぱり5年前を思い出しますね。
京阪に乗って出町柳で降り、そして叡山電鉄で修学院へ・・・
プチ聖地巡礼でしたが、結構楽しめたと思います。
 
さーて、三条にて京阪電車がいろいろ停まってるようなので
ちょっくら次の地下鉄に乗り換える前にパチリとしときましょか。
まずは、京阪の2400系電車をパチリと1枚。
この電車は、関西の私鉄で初めて車内に冷房装置を設置しました。
2200系の増備として1969年に登場した車両ですね。
シンプルなデザインで、レトロな感じもするんですけども
新塗装色でその古さが消えている感じもしますね。
 
ちょっと引き気味で、一番左のホームに停車しているのは
京阪の7000系電車ですね。トップナンバーかは不明ですけど。
1989年に京阪の鴨東線が開通した時に投入され、
京阪で初めての『VVVFインバータ制御』が搭載されました。
 
星梨花「ところで、トップナンバーって何ですか?」
主「簡単に言えば一番最初に作られた電車って事」
星梨花「わぁ!それって見つけられたらすごいって事ですか!」
主「そうなるわなぁ。鉄道好きはこれを狙う事もある」
杏奈「でも・・・トップナンバーってそう簡単に出会えない事も・・・あるよね・・・?」
星梨花「そうなんですか・・・残念です」
主「そう気を落とすなって。元からの編成が少なかったら確率も高くなるし」
杏奈「うん、主も京急で音の鳴る電車に乗るために・・・30分品川で待ったくらいだし・・・」
 
ちなみに、画像でも分かるように京阪の現在の電車は
こんな感じの配色になってるんですが
これは2008年に『新塗装』されているんですね。
それ以前の色合いは、京都市バスの電車版みたいな感じで
緑色を多用しており白とかは入っていませんでした。
 
さぁ、地下ホームに京阪特急が入ってきたぞ!
京阪8000系電車をパチリと、8003となっているので
新塗装ですが1990年に製造された車両ですね。
元は1989年に登場した、京阪の特急電車であり
初代3000系の置き換えとしても使われました。
 
その3000系は、富山で現在も活躍中です(クリックで飛ぶよ!)
 
1編成につき1両、2階建ての車両を連結しています。
シート配置も、ここに停まっている京阪グリーンの列車と違い
JRなどの一部特急電車と同じシート配置となりました。
ただ、優先席部分はロングシートみたいな感じです。
元はテレビカーとして活躍した3000系の後継ですが
この車両にもテレビカーは導入されていました。
しかし、2013年にテレビカーは全廃されました。
 
1番ホームにも8000系が入ってきたのでパチリと。
この車両には、他の京阪電車と差別化された部分があり
配色だけでなく前に『ハト』のマークが付いていたりします。
 
ロコ「ピースフルの象徴ですね!」
主「うむ。ちなみに、この電車の先代である3000系が伝書鳩と勝負したことがあるんだよな」
ロコ「ハトとバトルしたんですか・・・なんかすごいですね・・・」
百合子「それでどっちが勝ったんですか?」
主「両者同時に三条駅を出発し、ゴールに先に着いたのは3000系でした。営業運転前の事で、一応面目は保たれたって事になるねぇ」
百合子「でも、なんで伝書鳩と勝負をしたんですか・・・?」
主「この京阪特急に付いているハトマークから、だそうだ」
 
また、このご時世で今そういうことをする人はいないと思いますが
貫通幌の車内側に、トイレで使う防臭玉を目に付かない位置で
夏は5~6個ほど、冬は2~3個ほど密かに置いていたそうです。
これは、京阪特急の停車駅が少なく無停車区間の距離も長いので
乗客が密かに用(主に小だとか)を足していたそうで
それの対策でそんな事をしていたそうです。
 
海美「えぇ・・・なんか信じられないんだけど・・・」
主「昔は大らかだったんだなぁ」
奈緒「大らかすぎるわ!」
主「ところで、大阪出身の奈緒はしてたんやろ?」
奈緒「してへんわ!そんな恥ずかしい事出来るかー!!」
海美「そうだよ!主ってデリカシーないよね!」
主「(´・ω・`)」
 
そんなわけで、三条で降りた主。中の広告等をパチリと。
『枚方のスター』とキャッチコピーで出ていますが
これは『ひらパー』こと『ひらかたパーク』のポスターですね。
『園長』と文字が出ている星の着ぐるみを着ているのは
V6のメンバーで枚方市出身の岡田准一ですね。
 
ひらパーというと、そういうネタ路線がイメージに浮かびますが
これを岡田准一がやる前はブラックマヨネーズの小杉竜一が
担当していたことがあり、それでひらパーの人気が上がったんだとか。
大阪にある遊園地としては、USJに次ぐ第2位の入場者数がいます。
遊園地そのものは、目新しさはないらしいですが
遊具を綺麗にしたりすることで信頼を得てる部分もあるみたいですね。
 
ちなみに、『京阪乗る人、おけいはん』の『おけいはん』は
現在6代目だそうで、名前は『出町柳けい子』です。
名前には法則があり、簡単ですが名字は変わってますけど
下の名前だけは『けい子』で統一されています。
初代は終点の淀屋橋から付けられた、『淀屋けい子』でした。
5代目までは大阪府内にある駅から名字が取られてましたが
6代目で初めて京都府内の駅の名前から名字がとられました。
 
うーん、とりあえずおけいはん!(意味不)
 
というわけで、ここまで。ではでは
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

とりあえず、こんばんわ。主です。

昨日、病院へと診察に行ったら採血された・・・

「確認したいから、1本打っとく?」的な感じでさ。

先延ばししてもアレなので、とりあえず打ってきたわけです。

しっかし、最近の注射の形状って変わってるのねぇ。

 
というわけで、前回の続きでも。
寺町京極&新京極にてお買い物をしてきた主。
集合地点へと向け、主は市内をさらに歩いていくぞ。
 
新京極の四条通側へと出てきました。
左手に見える大き目な建物は、『藤井大丸』という百貨店ですね。
それにしても、休日の京都は人混み3倍増しって感じですねぇ。
こう、にぎやかだと却って歩きづらい事もありますよ・・・
 
それはさておきね・・・これで何度目なのか『ゆう薬局』
四条通を通るラッピングバス、しかも通常カラーの市バスと
すれ違いというバスマニアにとって必見(?)な光景に。
 
ところで、ゆう薬局のラッピングバスを何度も見かけたので
その薬局をネットで調べると、京都で最も店舗の多い薬屋さんでした。
ちなみに、長野県と愛知県にも1店舗ずつ出店しています。
同じような名前の薬屋が他にもゴロゴロ出てきていますが
恐らく京都の『ゆう薬局』とは関連性はないと思います。
 
新京極の四条通側の入り口をパチリと1枚。
寺町京極よりも狭い通りでしたが、人がたっくさんいるんですよねぇ。
通りの幅が狭いから、混雑度が高いのかもしれませんけど。
 
さて、新京極の四条通側のすぐ近くに見たことのある文字が・・・
『KOMEHYO』、これってもしやと思って調べてみると
京都に名古屋のお店がやって来てるだでよ。
そう、名古屋に本店を置く『コメ兵』が出店してるだでよ。
これも、画像を編集している段階で主が気づいたんだがや。
 
百合子「途中で名古屋弁を入れるのはなぜ・・・」
奈緒「ってか、語尾に『だでよ』と『だがや』入れてるだけやけどなぁ・・・」
主「名古屋弁って関西弁に比べると、うーんみたいな感じだし。でも語尾にこういうのを使うのは知ってるだがや」
百合子「名古屋の人、これ見て怒りませんかね・・・」
主「大丈夫だでよ。ラブライブを批判しまくった某週刊誌にすら、『魅力ない』ってコケにされてるから慣れてると思うがね」
奈緒「うーん・・・内心は怒ってるんとちゃうん?」
主「名古屋の人も納得してるみたいだでよ。でも主的に名古屋は少なからず主の地元より素晴らしい都市だと思うんだがや」
 
しかし、『コメ兵』ではなく『KOMEHYO』という表記になっているので
最初見た時、『京都にある洒落た店かなぁ』って思っていたけど
読んでみて『これってもしかして・・・』と思って調べたらビンゴでした。
こうして表記すると、『名古屋らしさ』が無い感じで
どっか別のお店みたいだなと一瞬勘違いしてしまいますね・・・
ほら、『コメ兵』って書いてあると名古屋の店だと分かるのにさ。
 
ちょいと歩くこと数分、四条河原町の交差点へと戻りました。
目の前に写っているのは、京都マルイですね。
元々は四条河原町阪急だったのですが閉店した後に
マルイがこの場所に出店しています。
ちなみに、このお隣に阪急京都線の河原町駅がありますね。
 
では横断歩道を渡っていきましょうか・・・
交差点の向かい側にあるのが、阪急河原町駅ですね。
ちなみに、阪急電車の駅は京都にいろいろあるけども
阪急が閉店したことで沿線に『阪急百貨店』がないのは京都だけに。
大阪と兵庫には阪急百貨店が営業しているところがあります。
 
奈緒「でも、東京に阪急があるってのは不思議やなぁ」
紗代子「最近では博多にも出店したって聞いたけど・・・」
恵美「博多にもあるの?!ってか東京とか福岡って阪急関係ないような・・・」
主「ちなみに、横浜にもありますね」
琴葉「阪急っていろんなところにあるんですね・・・」
主「名鉄系の店が金沢にあるから気にならんけどな」
 
阪急が東京・神奈川・福岡にあるのは既に御存知の人もいるかもですが、
名鉄のお店が実は金沢にあるってのは知ってました?
『めいてつ・エムザ』、これは名鉄グループが運営する百貨店です。
関係ない話ですが、一応参考までに書いておきますね。
 
京都マルイにて、『アイカツスターズ!オフィシャルショップ』があったので
行こうかと思って探したけども見つからなかったことや
時間がやや押してきた感じなので今回はパスすることに。
ちなみに、京都マルイに出店していたアイカツのお店は
現在は閉店しているので、行くなら東京とか大阪などの
やっているお店をサイトで検索してから行きましょう。
 
それはさておき、阪急河原町駅の地下をパチリと。
ここから梅田に行けると思うと、ちょいと行きたくもなるけど。
そーいや3年前に、阪急の電車に乗って梅田まで行ったなぁ。
 
古い感じの方向を記した案内板を見つけたのでパチリと。
これなら方向音痴な人も多分・・・多分分かると思います。
 
あずさ「あら~?ここはどこでしょう。河原町通りに行こうと思って向かったらヨドバシカメラ京都店に着いちゃいました~」
主「気づこうよ!どう考えても地下だけで行けるルートじゃないよね!」
美也「おやおや~?河原町通に出たと思ったら嵐山に出ました~。不思議ですねぇ~」
主「キミも気づこうよ!どう考えてもわざとだよね?!」
 
ちょいと古めな京都の地図をパチリと1枚。
古いといっても、地下鉄東西線の『太秦天神川』や
京福の『嵐電天神川』の表記があるので、そこそこ新しい模様です。
これ、よく見ると地図の下の部分が『北』で上の部分が『南』です。
なんか変わった印象を受けるんですが・・・
 
こちらは市バスのマップ、金沢以上に込み入っています。
京都の大通り(四条通・河原町通などなど)を歩いていると
見かけない事は無いとも言えるぐらいにバスが走っています。
この地図も、先ほどのと同じく京都駅が上に来るようになってます。
 
気まぐれに歩き、地上へと出てきたわけですが
どうやら橋の近くの交差点へと出てきた模様です。
ほんのちょっと、地下を歩いただけみたいですね・・・
 
そんなわけで、四条大橋を渡っているときにパチリと1枚。
赤いバス、ちょっと見たことない特徴的なやつですねぇ。
バスの窓枠の上には、『このバスは電気で走行しています』との表記。
デザインはヨーロッパで見かけそうな路線バスと似てますね。
ただ、製造国を聞くと『大丈夫なのか?』or『珍しいねぇ』という
答えが返ってきそうな国で作られたバスだったりします。
 
このバス、運営会社は寝屋川市にある『プリンセスライン』が持つバスで
そのうち、京都市内ではこういった路線バス事業も行っています。
会社自体は、冠婚葬祭の為の送迎を中心としたバスの運行や
小規模の貸し切り輸送を行う企業だったりします。
 
ちなみに、この会社は2009年に『京急バス』と名乗ったそうですが
本家の京急が抗議してきたので、社名を『京都急行バス』に変更。
しかし、2015年に京都市内のバス路線名にちなんで社名も
『プリンセスライン』という名前に変更されました。
 
このバス、最初はヨーロッパかどこかの製造かと思ってたけど
調べてみると中国の自動車会社が製造していました。
中国とは、中華人民共和国で首都は北京のあの国です。
最近では尖閣諸島を狙ってたりしてるあの国ですよ~。
ちなみに、竹島を狙ってるのはこのバスを作ってる国ですね。
 
奈緒「そんな言わんでも分かるわ!」
主「ほら、中国というと日本には岡山・広島・山口・島根・鳥取が属する中国地方というのがあるしな」
杏奈「まぁ・・・それは置いといて・・・中国って車作ってたんだ・・・」
主「中国の自動車メーカーは日本の数十倍以上あるからねぇ。ただ、実態は合弁企業と、昔の日本がやっていたことと似てることをしてるからねぇ」
可奈「それで、車名とか分かったんですか?」
主「うむ・・・」
 
このバス、中国の比亜迪汽車で製造されたK9というバスでした。
電気バスで、騒音・排ガスを出さないのでエコロジーです。
 
翼「それって、まるで電車が道路を走ってる感じですね」
主「平たく言えばそうなるな」
可奈「すごいよ!日本でこういうのが走ってるなんて!」
主「そうかぁ。日本では既に実用化してるし、世界各地でも走ってるしなぁ。そもそも中国がこんなバスを作ってたのが初耳だったわ」
奈緒「中国車ってテレビとかでも聞かんしなぁ」
杏奈「そんなに・・・人気ないの・・・?」
主「中国の車は当たり外れが極端だからなぁ。一部は走る棺桶だし」
未来「それじゃあ・・・このバスに乗ってたら死んじゃうの?!」
主「それは大丈夫やろ・・・ただ、実態は不明だねぇ」
 
物珍しいバスを見た主、集合場所へと歩いていきます。
そうそう、先ほどのバスは四条大橋を渡って河原町へ向かう際に
1回見かけたバスでして、その時はシャッターチャンスを逃しましたが
まさか集合場所へ向かう道中でもう一度遭遇できるとは・・・
これは奇跡だよ!と思える瞬間でしたね。
 
というわけで、ここまで。ではでは
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

とりあえず、こんにちわ。主です。

スーパーGTの2014年シーズンの第1戦と第2戦を

動画サイトで見たんですが、参加していた音ノ木坂ポルシェって

ラブライブが世間で注目されてた割にスーパーGTだと

実況の人が順位等でチーム名・車種を言うだけに留まったり

他車が追い抜いたときとかにチラって写るのみなので

アニメで例えるならモブみたいな存在ですね。

やはり、痛車仕様で有名なのはエヴァか初音ミクなんだな・・・

 
というわけで、前回の続きでも。
次なる目的地である京都のメロンブックスに向かい、
そこでお買い物をちょっとしてきた主。
次は、寺町京極から新京極方面へと向かっていくぞ。
 
寺町京極と新京極の間、六角通りの広場にあるオブジェ。
謎オブジェでして、主も今のところよーく分かりませんなぁ・・・
見たところ、豚っぽい感じがするんですけど(笑)
 
この場所、憩いの場というか待ち合わせの場というか
いろんな人たちがここで他愛もない会話をしていたり
買ってきた食べ物をを食べていたりしていますね。
ちなみに、この辺りはハトが多く見られますけど
人慣れしているのか、いきなり逃げるとかそういう様子はないですね。
 
前回の記事にて紹介した、『京都オリンピア』のある場所は
こんな感じで3軒ほどゲーセンが連なるところです。
右に写っているのは、行列ができているたこ焼き屋ですね。
それにしたって、UFOキャッチャーやらプリクラやら
こういうのが多くなっていますよねぇ・・・
 
主の地元にも、駅前にアーケード版のクレタク3が出来る
ゲーセンが1軒ありましたが、いつの間にかプリクラのみになり
極め付けが確か男性のみの利用禁止だったような・・・
 
主「なんでプリクラのみあるゲーセンとかって男子禁制なんやろかねぇ・・・とりあえず異議申し立てをする!」ヽ(`Д´)ノ
翼「主みたいな人がいるからですよ・・・」
主「主はそんな危ない人じゃないわい!!」
恵美「プリクラしている女子のスカートの中を撮影したりとか・・・」
主「しないわい!」ヽ(`Д´)ノ
桃子「じーっ・・・怪しい」
主「ひどいよ・・・マジでひどいってばよ」
 
そして新京極へ、通りの道幅は寺町通を基とする寺町京極に比べると
やや狭く、人通りも多いので混雑度は高いです。
この新京極は、『らき☆すた』の修学旅行回にて登場していたので
知っている人もいるのではないかと思います。
実際、寺町通同様に修学旅行生が多いらしいです。
 
主「なんつーか?京都でお買い物できるゾーンだしなぁ」
杏奈「アニメイトは・・・この通りにあるんだよね・・・」
奈緒「でもなぁ、京都に行ってアニメイト行く人なんておるん?」
主「ここにいる!」
奈緒「はぁ・・・そうやったな。主は京都遠征とかしてるもんなぁ」
杏奈「仕方ないよ・・・主だもの・・・」
主「旅に遠征と買い物は付き物だからな!」
 
とあるお店をパチリと、こういうお店って意外にあるんです。
その中で、『金のう〇こ』が店内にあるみたいですけど
そういうのって金運アップ狙いで買う人おるかもしれませんが
とりあえずは主は買う勇気がありませんね・・・
 
それはそうと、画像編集の段階で気づいたんですけど
画像に写っているTシャツにアディ〇スの文字を弄った
『azi-desu』とか『Kazides』ってのがあるんですね・・・
ネタTシャツですが、摘発とかされないんでしょうか。
ほら、大阪の方でアンパンマンなど有名キャラの顔をいかつくした
Tシャツを売っていたお店が摘発されたらしいから・・・
 
主「ちなみに、『私は知りません』というTシャツは隣の寺町通で買いました!文字を自分で選べるのは良いよね!」
百合子「職場で着て行って注目されましたよね・・・」
主「いかにも!旅行先でも着て行くほどでしたから!」
琴葉「恥ずかしくないんですか・・・?」
主「別に。ネタだし良いかなーって」
恵美「そういうTシャツを着て街中歩けるのに、なんで金の『あれ』を買う勇気はないの?」
主「それはそれ。これはこれだからだ」
杏奈「ちょっと分かんない・・・です・・・」
主「いずれ分かるさ」
 
そんなわけで徒歩10分ちょい、もうちょっと掛かってるかな。
目的地である新京極のアニメイトへと到着しました。
ここは、『らき☆すた』の修学旅行回において登場したお店で
こなたが、かがみ達いつもの4人組を連れて
このお店へとやって来るシーンで登場しました。
寺町通に移転する前のゲマズも、アニメにて登場してましたね。
 
星梨花「細かいところも見ているんですね!」
静香「何というか・・・確からき☆すたってアニメは10年前のですよね?よく覚えてますね・・・」
主「覚えてるもなにも、らき☆すたはDVDで何度も観てたからな」
 
そんなわけで、この階段を上っていきましょ。
メロブ寄ったらアニメイトもついでに寄るって感じでなぁ。
 
アニメイトの入っているビルの他テナントはこんな感じです。
2階にアイドル写真館という、アイドル専門のブロマイド写真が
売られているショップがあるのでアイドルファンの方はどうぞ。
ただ・・・AKBとか女性のがあったのかは見てなかったなぁ。
 
亜利沙「なんで寄らなかったんですか!!」(`ε´)
主「いや、特に寄る用事もなかったし・・・」
亜利沙「それがダメなんですよ!京都に来て、アイドルちゃんを取り扱うお店に行かないなんて勿体ないです!!」ヽ(`Д´)ノ
主「熱心だねぇ・・・」
 
そんなわけで、アイドル写真館は機会があったら寄るとして
新京極にあるアニメイトへと入って行く事に。
店内は広く、やはりアニメイトクオリティとやらなのか
アニメのグッズはいっぱい置いてありますね。
これを外国への旅行で例えるなら、メシに困ったり不安になったら
とりあえずマックかスタバに行っとけという感覚になります。
 
それはさておき、新京極のアニメイトにはこんなのがありました。
『アイドルガチャ』・『声優サインコレクションガチャ』。
他にも、こんなのがあと2つ別の種類であったんですが
アイドルガチャの方が気になって見切れちゃいました・・・
 
このアイドルガチャ、アイマスとラブライブの2強が出ていますねぇ。
果南に『ガチャしたいの?いいよ、おいで』って言わせてるけど
あれってラブライブサンシャインにネタとなったセリフありましたっけ・・・?
『歌もガチャも頑張ります』の元は、しまむーのセリフなのは分かるけどさ。
 
作品を超えた歌姫たちが夢の共演、というのがテーマですけど
だったらアイマスも紅白に出してくださいと思うんですよ、ハイ。
ラブライブが成し遂げられなかった武道館ライブもあと1回やるんだし、
そろそろNHKはアイマスに目を向けないとって思います。
 
みく「それで、このガチャは回したのにゃ?」
主「回してませんが」
みく「なんで回さなかったにゃ!こんな主は猫ぱんちじゃなくて本当のグーパンチをくれてやるにゃ!」
ちひろ「そうですよ!勿体ない・・・」
主「い、今邪心なオーラを身にまとった事務員が」
ちひろ「何か言いましたか?」(#^ω^)
主「べ・・・別に何でもないぞ・・・!」
 
だが、ここで何も買わないわけではないぞ!
前回の沼津旅で、ラブライブサンシャインにもハマってる主。
ここでCDとか少し買って行ったぞ。
 
・ミリマスTF01(サンシャインリズム)
・ラブライブサンシャインCD(ギルキス1stシングル)
・デレマスクリアファイル(まさかの佐久間まゆ!歓喜・・・っ!)
 
あじゃじゃしたー
 
アニメイトを出た主。他にもいろいろ行きたい場所もありますが
集合時間の件もあるので集合場所に向かいながら
新京極を闊歩していくこととなります。
そもそも、目的とやらは割と達成したしねぇ。
 
安くてゴメンネ!!なお店、『コポ』をパチリと1枚。
靴下の専門店で、いろんなのがあるので見ていくといいかもね。
それはさておき、この『コポ』の看板に描かれたイラストを
よーく見てみると立ちションしている構図なんですよね・・・
ネタ的には良いけど、こんなんええんかと思ったり。
 
未来「ホントだ・・・これってよく見ないと分かりませんね・・・」
可奈「確かに・・・」
志保「ってか、なんでこんなイラストなんですか?」
主「主も知らん。その店の人に聞いてくれ」
 
新京極にある錦天満宮をパチリと1枚。
知恵・学問・商才の神が祀られ、全国から参拝客がやってきます。
『錦の天神さん』という愛称で親しまれていますね。
牛の像があるのも、この錦天満宮だったりします。
 
ちなみに、新京極にはここを含めて1つのお宮と
7つのお寺がある事から『新京極8社寺』と言われています。
 
星梨花「他にどんなお寺があるんですか?」
主「ここ以外に、誓願寺・安養寺倒蓮華・誠心院・善長寺・西光寺・蛸薬師堂永福寺・染殿院の7つがあるぞ」
星梨花「そんなにいっぱいあるんですか!知らなかったです!」
主「ちなみに、染殿院は安産祈願の為か女性の参拝者が多いぞ」
 
その寺社が壁面にて地図で出ていたのでパチリと。
御朱印巡り、そういえばテレビでやってましたねぇ。
あれってブームになったそうですが、今はどうなっていることやら。
主の職場の上司がこの御朱印巡りをしてみたいとか言ってたよな・・・
 
新京極は有名な会社、松竹が発祥した地でもあります。
ここに、『京都阪井座』という劇場があり松竹の創業者である
大谷竹次郎がこの劇場を買収したことから松竹の歴史は始まりました。
また、この場所は昭和50年代まで多くの映画館が密集しており
今の新京極とは思えないぐらいの『興行街』と呼ばれるほどでした。
 
主「ちなみに、現在新京極にある映画館は松竹のシネコンでMOVIX京都のみになりました」
このみ「この1つにまで減っちゃったのねぇ・・・」
 
ちなみに、新劇場版・イニシャルDシリーズや
ラブライブの劇場版は松竹から配給されています。
このうち、ラブライブは2015年度の興行成績にて
28.6億円を記録して2015年度のトップともなりました。
 
うーん・・・主的にストーリーはイマイチに感じますね。
面白いけども、何度も観ようと思う気にはなれません。
2期見ていないせいもあるけど・・・
もし2期を見ているならば、その評価は変わるのだろうか。
 
それはそうと、新劇場版イニDは曲が良い感じですね。
中里編で使われた2曲は実に素晴らしいです。
 
右の映画のポスター、『黒子のバスケ』の劇場版ですね。
上に描かれた2名は悪役チックに見えますね。
バスケに悪役もクソもあるのかと思ってちょっと調べてみると
ストーリー内で差別的発言をしたという設定があるみたいです。
というても、ワイスピで『日本車はV8に勝てない』みたいな
そういう感じのセリフだろうと思ってますがね。
 
ちなみに、バスケを取り扱った漫画・アニメは多いですが
その中でも異色なのが『DEAR BOYS』という作品。
アニメでは、頭文字Dに次いでユーロビートを劇中で流すという
変わった作品だったりします。曲は放送された当時にリリースされていた
SEBで構成されており、特にイニDアケステ3ファンの方は
思わず『この曲土坂の曲やん!』という人も居そうですね。
 
翼「そんな有名な曲を使ってるんですか?」
主「PAMERAとかFALL IN THE WEB OF DESIREとか」
百合子「そんなの知らないですよ・・・」
主「無理もねぇか。曲まで知ってる人いないしなぁ」
杏奈「確か・・・イニシャルDで使われた・・・らしいね」
主「うむ。ゲーセン版でだけどな」
 
花見小路ではなく、『花遊小路』をパチリと1枚。
元々は、ここに『花遊軒』という精進料理のお店があり
大正時代になって、その店があった場所にちなんで
この商店街の名前が『花遊小路(かゆうこうじ)』となりました。
 
調べてみると京都一短い商店街として
オフィシャルサイトでは前面的に出していますね。
通りの幅も新京極以上に小さく、小路っぽさが出てますねぇ。
しかし、人通りはあんまりいないようです・・・
 
というわけで、ここまで。ではでは
 
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。