大丈夫。

テーマ:

 

大丈夫。

 

自分の中にも外にも

流れはある。

 

流れにも色んな種類があるんだろう。

 

その都度、翻弄されるけど、

慌てず、落ち着いて、深呼吸。

 

どんなに長~く感じる流れでも、

永久に同じ流れって事はない。

 

 

全然流れを変える気力が起きなくても、

ひたすら沈み込んだまま過ぎている様に感じても、

 

日々、ちょっとずつ変化あるよ。

 

毎日、同じ自分じゃないのだから。

目に見える変化じゃなくても、

ちょっとを大事に。愛そう。

 

 

 

イライラしたり落ち込んだり、

そんな時こそ、やけに大幅アップ(変化)を

期待してないかい?

 

 

何もする気が起きない自分を責めることなく

良しとし、忍耐強く温かく見守る精神で居られたら

開けてきたよ。はーと はーと

 

 

だから、大丈夫。

 

 

 

 

AD

当事者意識を持つ。

テーマ:

 

当事者意識を持つ。

 

 

誰々のせいにするのではなく、

自分がしっかりと【選んだという意識】を持つ。

 

つい、あの人が・・・、あの状況が・・・、

あの環境が・・・と、何かのせいにしたくなるが、

自分の行動や行為は自分が決めている。

「何もしていない」のも、自分が選んでいる。

 

 

つまり、当事者意識が薄いと

責任の所在がフワフワだ。

 

 

簡単に人のせいに出来ちゃう。

自分の責任だと思ってないから、罪悪感も無い。

寧ろ、甘えて言いたい放題、やりたい放題の事もある。

 

 

自分がやっている事に、後からブーブー文句を

垂れるのは反則だ。

 

それは、まるで後出しジャンケンの様。

 

どんな理由であれ、自分が「やる」を選んだ以上、

それを果てしなく文句を言い続けるのは格好が悪い。

 

(どうしても)モヤッと来たからちょっと吐き出してみるなど、

自己調節が大事。

 

溜めることはない。

ただ、垂れ流しがみっともないって事なのだ。

 

 

どんな事にも創意工夫が大事だね。

 

 

愚痴も不満も不安という感情も、

自分のアレンジで新たに変えて行きたいね♪

 

 

 

 

 

 

AD

 

表には直接出してなくても、

自身の凄い醜い部分(感情)を実感して

しまうと、苦しくなる。

 

でも、(一時的とは言え)正直な気持ちだと

思うと、否定は出来ないし、

だからこそ余計にモヤモヤが募る。

 

・・・・認めたくないんだな、この自身の醜さを。

 

 

感情として在るという意味で認識はしているけど、

丸ごと受け容れたら、自身の醜さに耐えきれなくて

叫びたくなってしまうから、、、

 

だから、認めているけど否定したい。

 

そんな微妙な位置で佇んでいる。

 

 

突発とは言え、自身の醜い感情に落ち込んでいる。

・・・・そんな感じ。

 

自身の酷さにショックを受けると言うのか。

 

自身を責める気持ちよりも、失望が勝る。

 

 

そうなんだ。自分にガッカリする。

特別に素晴らしい人格者まで期待していなくても、

最低限の人としての資質と言うのか、優しさだったり、

思いやりだったりは無くしたくない。

 

忘れたくない。

 

 

ちょっとの間とは言え、心の中の暴風に

すっかり自分が参ってしまった。

 

自分か他人か関係なく、どんな人や事に対しても

「攻撃」は自分を打ちのめす。

 

心の中で暴れただけでも、これほどの打撃だもの。

 

実際に傷つけたり、痛めつけたら、

償いきれないものだと思う。

 

 

・・・それぐらいの意志を持って、

改めて自身の感情の後始末を入念にするのであった。

 

 

 

☆反省として生かす!!☆

 

 

 

 

AD