『美術商の鑑定日記』

美術・骨董アンティークモールを運営する
店主が綴る日記です。


テーマ:

先日、中国の爆買い失速”などのニュースの中に、また一つあまり良くないニュースが入ってきた。

 
『中国人収集家、乾隆帝の印章を約26億円で落札も代金未払い』

フランスの競売で26億円で落札された玉璽(印章)の支払いがされていないというものだ。清朝の皇帝・乾隆帝が使用したもので希少性が高く、人気の品の一つである。


参照元:レコードチャイナ
http://www.recordchina.co.jp/a159791.html
 
またこの記事は 約1億円以上の入札で、ちゃんと支払っている人はわずか47%にとどまっている、ともある。
 
支払い率が47%というのは日本のオークションでは考えられないような数字である。
 
しかも一度、外国に古美術品を持ち込むと、国外へ持ち帰るという事は不可能に近い。
 
中には日本人古美術商が中国に販売目的に持ち込んだが、売れずに持って帰ろうとしたところ、税関で没収されたといった類の話は昔からよく聞く話だ。


この様な情報から見えてくるのは、中国人富豪層の欲望とそれを取り巻く人々の欲望だ。富豪層は、とにかく見栄が欲しい。地位や名誉なようなもので、ここでは皇帝が持っていたものを所有する満足感や見栄である。
またバイヤーの存在も重要だ。高額商品になれば、なるほど得られる手数料は増え、支払いはクライアントの富裕層に任せるといった立場である。

ところでマカオなどの中国人の来るカジノには「大小」というゲームがある。三つのサイコロの数字が大きいか?小さいか?当てる単純なゲームだ。
未払い47%というのはその数字を彷彿とさせる。このゲームに匹敵するくらいの割合でしか大金を得られないというのは、まさに博打的な仕事である。もちろん世界の商人といわれる彼らはその中をたくましく生き抜いているのだ。

幸いにして我々の会社で行なっている日本での売買では、こうした未払いの壁に当たったことはない。それだけでも幸運と思わなければいけないのだろう。


本郷美術骨董館・中国オークション
 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

以前から注目し、出演を依頼していた写真家、ヨシダナギさんの収録が完了した。


美人写真家、裸になって写真を撮ることばかりメディア等で取り上げられるが、駆け出しのころ、周りからは理解されなかったこと、少数民族に馴染めなかったことなど、苦悩が続いたという。


インタビューをして以外に感じたのは、彼女が写真を見せたいのは、

 

『アフリカに興味の無い人々』 

 

 

だという。

 

 

今回の収録、彼女の写真をテレビの画面上で遜色なく表現するため、技術スタッフは相当悩まされた。

 

少数民族への思い、アフリカの秘境で輝く極彩を見ていただきたい。







毎週火曜 21:55〜22:00
BSフジ《ブレイク前夜》次世代の芸術家たち

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

この3カ月間は色々な番組インタビューの依頼が舞い込んできた。


一番多かったのは舛添知事が買った美術品の鑑定依頼。


当然ながら知事を辞職したと同時に依頼もなくなった。




その他に約3カ月にわたってドキュメンタリー番組の取材が入っていた。



番組内容は海外に流出した、または盗まれた 日本の美術品の行方を追うという企画である。


ある日、ディレクターから日本の国宝・重要文化財級の美術品を盗んだ外国人窃盗団との接触に成功したとの電話が入った。


私も含め、皆、色めき立った。


放送前なので、詳しい事は述べられないが、世界を舞台にした

盗難美術品の奪還劇、是非、見ていただきたいと思います。






予告動画

http://www.dailymotion.com/video/x4jc2ar_7%E6%9C%883%E6%97%A5-%E6%97%A5-%E3%82%88%E3%82%8B7%E6%99%82%E3%81%AF-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E3%81%8A%E5%AE%9D%E3%82%92%E5%8F%96%E3%82%8A%E6%88%BB%E3%81%9B-%E5%85%88%E5%87%BA%E3%81%97%E8%A6%8B%E6%89%80%E6%BA%80%E8%BC%89sp-2016%E5%B9%B407%E6%9C%8801%E6%97%A5_tv




【番組概要】

フジテレビ 日曜ファミリア 7月3日(日) 19:00~20:54


日本が誇るお宝の流出が、深刻な状況に陥っている。この番組では、ナビゲーターに俳優の要潤を迎え、海外に流出したお宝の行方を追って、韓国、イギリス、アメリカ、イスラエルなどで大規模なロケを敢行。

2002年、兵庫県加古川市の鶴林寺で盗難事件が発生。重要文化財の仏画など、数点が韓国人窃盗団によって持ち去られた。命がけで犯人側と向き合った住職は、聖徳太子の一生を8幅で構成した「聖徳太子絵伝」を取り戻すことに成功。しかし、同時に盗まれた「阿弥陀三尊像」は行方が分からないまま。その「阿弥陀三尊像」の行方を追って韓国に飛ぶ。


かつて、「琉球王国」と呼ばれた沖縄。そこには多数のお宝が存在していたが、終戦と共に、それらが大量流出していた。番組では、地元から流出してしまったお宝を取り戻すことに人生をかけた男の活動を追っていく。男の名前は、喜舎場静夫。喜舎場が追い続けるお宝は、琉球王朝の王冠と首里城周辺の寺にあった鐘の2つ。喜舎場の追い求めるお宝の行方を追って、彼と共にアメリカへ。そこで待ち受けていた衝撃の結末とは!?


番組では、上述した「お宝奪還劇」を、硬派で濃密なドキュメンタリー映像と共に次々に紹介していく。日本、韓国、イギリス、アメリカ、イスラエルなど、世界を舞台に繰り広げられた「お宝奪還劇」が導き出した、驚くべき結末に乞うご期待!


http://www.fujitv.co.jp/nichifami/index.html







いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)