自然体である事

テーマ:

選ばれし中二病いう謎キーワードいただきつつ。うんたしかに、何か見える>特別ななんだかんだ。みたいな、もしくは、あの人たちは選ばれしなんだかんだと思いがちなんだけど。

 

どうしても、誰かに勝たなきゃとか、なにかと区別するために特別にならなきゃ。とか、選ばれた何かになろうとしてるときほど、本来の自分よりも、どこか盛ってるってことはある。

中二病も思春期にはありがちな、自分は本当はなんだった。みたいに妄想しちゃう。みたいなね。

 

実はどの段階、どのレベルにおいても、道は開かれてるし、自由に行ける。高難度の進学校に努力していったけれど、学力のレベルが追い付かない。という話はよくあるし、行ける学力があっても、様々な事情で行けないとかもある。

 

同じ難度で、どうして差が出るかっていうのは「その難度に到達したり、やってる時は自然体かどうか」なんだよね。ものすごい努力していても、それが無理してたら、それは自然体ではないってこと。

 

上手くいかないなあってときは、選ばれしなんだかみたいに、どこか無理やりやってたりするところはあるだろなあっと。

 

高いレベルを出そうとして無理してるもあったり、周りが低いから、自分を抑えようとしてることもあったり。本来の姿、本来の状態っていうので、引っ掛かりがある人多いのかなっと。

 

心屋さんの前者後者の話の時も、「本来の自分のベース」を無視して、色々とくっつけたり、我慢したり、何かのふりしてるからしんどくなるんだよ。という話だったりね。

 

私自身も、自分の体力無視して頑張ろうとして、ダウンして高熱みたいなのは、よくやらかすんだけど、それは本来の自分のベースではなく、周りに合わせすぎた結果だったりするなあっと。

 

見えるようになるが特別な能力だとしたら、周りがみんな見える人になったら何にも特別じゃない。しかも、視力と一緒でレベルはそれぞれ変わるわけだし。選ばれしが付くときも大概、過小評価か過大評価のどっちかがついっちゃったりして、難しいよなあっと。

 

自然体でいるかどうか、それが、続くポイントかもしれない。

AD

ちょうど神楽のお部屋は、風の通り道なのか、他の部屋は全然なのに、風がごうごうと吹きまくっていたり、今日も、凄いなあ。って思ってたら、窓際に積んでた色々がどんがらがっしゃん。

・・・・・今まで、確かに、そんだけ風ふいても良く吹っ飛ばなかったな。というのが見事に吹っ飛ぶ。

 

・・・で、ちょうど「これ、もう使えないじゃないか」というフロッピーやら、買ったはいいが、wiiuには、別なのあてがっちゃったし使わないなあというUSBメモリー(未開封新品)は、パソコン作業で忙しい父上にはい。としつつ。フロッピーはさくっとばいばい。

・・・・ま、昔、ワープロで書いてた小説やら入ってるけど、ま、いいやーと。

 

もしも、で、また書くとしたら、設定も含めて、新しく書き直すだろうしねー。ということで、素直にバイバイ。

 

いつか、サロン開いたら使うんだーというのもちょっと整理しなきゃなあっと。なんかねー。こう、田舎の縁側みたいに、気楽に来て、まったりできるような場所を、いつか作りたい。

と、夢を描きつつ、どんな未来になるのかわからないけどねー。

きっと、パートナーさんができたら、一緒に作り上げていくのかなという気がする。

 

さて、古いエネルギーで、持ち合わせている知識とかで、だいたい子供のころにこうなんでしょっていうので、大人がこう言ってるに引っ張られてたりして、大抵、間違ってたりするし、合ってるんだけど、そもそも今とあの時と状況が違うよねと。

 

それは、もう古いエネルギーで、使えないエネルギーということ。

 

過去、どうだった、ああだった、も、今はどうなの?そうなの?で、違うわけで、もういいんだよ。頑張ったね、自分と、手放してあげる。評価は、いらない。でも、その時周りにいた人達ではなく、今の自分なら、あなたの事理解してあげるよっというのは、過去の自分に言えるかなあ。

 

ちゃんと一つ一つの物語にハッピーエンドをあげるために、自分を成長させよう。と思って、今、だけど、ずいぶん違う方向に来ちゃったけどね。自分自身をハッピーエンドにしたい。と思えて、今かなあ。今までそういえば、それなかったわ。

 

石たちも、昔の作品で、変わらず使えるのと、作り直して。てのもあるのは、エネルギー変わったり、方向が変化してるのもあるしねー。ずいぶん変わったもん。

 

で、今まで使えないやん。がびーんって思っていて眠らせてたUSBが、実は使えるとかなってたりね。なんだったんだろ。使えないって思ってたのがいつの間にやら、対応してくれるようになってて使えるようになっていたり。

 

同じドラマでも、何度も見てるんだけど、感想が変わる。とかもあったりね。それは、成長した証拠だったり。感情移入するキャラクターが変わることある。前は分からなかったけど今はわかるとかね。

 

古いエネルギーでも「まだ、俺たちの戦いは終わってない」みたいな感じで、まだ闘い中の人もいると思うから、この辺「それなりに自分に対して肯定的に」とか、色々と見方が変わってるかどうかが肝かもしれないねえ。

 

新たな段階に行くのかなってことで、断舎利がんばってきますわー。これからの新しい自分を生きるための準備しないとね。

 

AD

意識的と無意識と

テーマ:

神楽自身が「ものごっつい、思考型人間」なんで、油断してると、ものすごい精密に計算して、その中で、自分がベストな選択をしなければ。ってなっちゃう。

 

ただ、現実は、そんな計算通りにいくわけがなく、ちょっとのつもりでおいたバケツがひっくりかえて、どっぱーとか、いろいろなアクシデントやハプニングがあってだなあっと。

 

で、思考型人間なので「このハプニングが起こることを織り込んだうえで」・・・・とかやってたら、そりゃ、疲れますよね。

 

人によって、単純に、複雑に、そういう感じで「自分の行動を考えて決める」というのが「意識的に決める」

 

で、良く、無意識っていうのが、流れに身を任す。

運命のーとか、よくいうので「自分が思っていた流れと、まったく違う流れ」が、予想外の所から、運命が流れてくる。とかはよくある。

運命から受け入れるか逃げるかってのも、まあ、自由じゃない?って思うけど、この運命の流れって、意外と激流なんで、人が考えて、こうするべきと建てた橋をぶちこわし、世間的にこれがベストだわっはっはーと、町を建てたら、濁流にのみ込まれ。

・・・みたいに、あんまり逃げてると、そうなるってことは多い気がする。

 

なんでそうなるのっていうとき、思考で意識的に、自分の立ち位置から逃げてたり、本来、違う人が立つべき場所にこだわって立とうとしてる。でも、そこは、自分が思って考えた結果、よさそうだから、そこに立とうとしてるんだけど、実際は違うことが多いんだよなあっと。

 

でも、実際は、本当にいるべき場所って、どっしゃあって流されても、行きついたりするから、無意識ってすごいよねえっと。

 

本当に願いを叶える行動があるとしたら、無意識の「よくわからんけど」のほうの選択のほうが正解だったりするよなあっと。

考えて計画たてて、じゃなくて、本当に、思わぬところから、ポンッと入ってくる。

 

意外とあーだこーだ考えるの辞めてみた時に、自分の願ってた事かなってるやんってことは多いかもなあ。

 

AD