今すぐできる*体を変える食べ方


 7つのポイント無料メールセミナー


 無料メールセミナー&メルマガ登録 受講はコチラから


NEW !
テーマ:

家族みんなの毎日と未来を明るく元氣に

愛と笑いの栄養士セラピスト、岡田のりこです。


コチラの記事の続き。




今回のロンドン旅行に向けて

英語をいろいろ調べて

初めて認識したこと。


世界共通の英語なんて
ない!!!





{E8100E1E-01EC-464C-BB2E-CA3B39E61890:01}


iPhoneのSiliだって

こんなに国ごとの

設定があるんだよ。


イントネーションや

発音が違うだけじゃなくて

単語もだいぶ違う。


例えば、

アメリカ英語は

紙幣が Bill

伝票は Check

イギリス英語では

紙幣が Noto

伝票が Bill


イギリス英語とアメリカ英語の違いまとめ - NAVER まとめ



「バイリンガルです」

って言われると

単純にすごい~!!

って思っちゃってたけど

他の地域や国の人からは

「訛ってんなぁ」

って思われてるかも

しれないんだね!!


それも、日本語みたいに

「標準語」という存在がない。


お互いに「訛ってる」って

思いあってるわけね(笑)


それがわかったら

「英語しゃべれる人も

困る時は困るんだなぁ」

って、なんか開き直れた(笑)




今はスマホが訳してくれたり

日本語と英語が

一緒に書かれている

本があったり、

喋れなくても

なんとかなるんだろうな

って思ったら

今まであんなに

怖がってたのが

嘘みたいに、

海外に行くのが

楽しみになったのでした♪


つづく


いいね!した人  |  リブログ(0)