2006年04月30日(日)

まずは丁寧なプログラミングを

テーマ:ブログ
子供の頃、習字や図画の時間には、「下手でもいいから丁寧に書(描)け」とよく言われたものだ。

「丁寧に」という言葉は、仕事の正確性や確実性を求めるものではあるが、それだけではない。むしろ、人間の精神面を重要視しているといってもいいだろう。つまり、「心を込めているかどうか」ということである。

と言うと、コンピュータ業界には似合わない言葉のように思われるかもしれない。実際、開発現場で「丁寧なプログラミングを」といった言葉はあまり聞かないようだ。しかし、ソフトウェアの開発はほとんど手作りと言ってよい。プログラミングという仕事ほど、丁寧さが求められるものはないのではないだろうか。


「美しいコードを書け」という言葉は聞くし、私もよく使う。しかし、考えてみれば、「美しいコード」とはどういうことかが分からない人には、意味が分かるはずもない。全くの初心者プログラマには伝わりにくい言葉だろう。

しかし、「丁寧に書け」と言われれば、少しは分かるだろうし、実践することもできると思う。冒頭の言葉からも分かるように、「丁寧さ」は技術力とは無関係だからだ。

例えば、変数や関数にきちんとした名前をつけることは初心者でもすぐにできる。このブログのエントリで言えば、「あなたにもできること」、「もっとコメント論」、「インデントについて考える」などに書いたこともそうだ。

つまり、それを読む人に懇切丁寧に内容を説明するつもりでコードを書くことである。「心を込めているかどうか」というのは、ソースコードを読む人のことを考えているか、ということと言ってもいいだろう。


もちろん、構造化やクラス設計が上手く出来なければ、美しいプログラミングはできない。しかし、書き方に丁寧さが欠けていても、やはり美しくないのである。初心者プログラマには、まず、意識して丁寧なプログラミングを書くことから始めて欲しいと思う。


クリックお願いします →



■関連記事
誰のためのコード?
インデントについて考える 前編
インデントについて考える 後編
あなたにもできること
省略してはいけないものもある
コメント論
もっとコメント論 ~その1~ コメントとは何か
もっとコメント論 ~その2~ 見出しとしてのコメント
もっとコメント論 ~その3~ 注釈としてのコメント
もっとコメント論 ~その4~ システムの開発や保守のために
もっとコメント論 ~その5~ コードが求めるコメント



職人学
職人学
posted with amazlet on 06.04.30
小関 智弘
講談社 (2003/11)
売り上げランキング: 29,032
おすすめ度の平均: 5
5 職人の世界っておもしろい
5 本物が語る本物
5 ふわふわ浮いていたい夢想家は読むべきではない


美しいC++プログラミング見本帖
柏原 正三
翔泳社 (2004/10/09)
売り上げランキング: 64,672
おすすめ度の平均: 5
5 2冊目に読む本

argvさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。