邦ロック好きBOSSの独り言5

Art Town Music代表の独り言/日々精進、日々感動、日々反省!


テーマ:
ソロ活動半年で迎えたワンマン
全20曲(2曲はEC再演)を
集中力を持って演りきれた

楽曲制作、デモレコーディング
Acoustic対バン   4回
Acousticワンマン 6回 
Band対バン     9回
Bandワンマン    3回
ゲスト           1回
カラオケ         1回
24回のステージをこなした
アコ対バンは長めのステージで
一番血肉になった経験だったと思う

その他にラジオ収録、レッスン、
駅前でのチラシ&CD配布、等々

かなりハードに駆け抜けた
濃い目の半年だったと思う

本当は
ストリートも加えたかったが(笑)

まずは「歌う意味」と「楽曲」
その準備に大半の時間を費やした
その武器を持たない事には始まらない

楽曲も今回のワンマンに向けて
30曲以上は準備していた
年内で50曲は仕上げたい感じ

狙い撃つ新曲三部作も鋭意制作中
9月のワンマンには披露したい

楽曲も生き残る作品と
お蔵入りする作品も出てくる

今回も新曲
3連シャッフル「魔法の夏」
激速パンク「I&I」
アートプログレ系「Paper Moon」
の3曲を演ってみた

どれも違うタイプだったがGOOD
今後の作品創りの目安になった

まだまだヴァリエーションを増やしつつ
共通のメッセージや美学を絞り込む

今後、アコでも
泣き歌、究極のラブソング領域に
チャレンジする予定

3月のワンマンと比べて
明確な違いは
歌に魂が宿ってた事

これは単に我武者羅に歌えば宿るのとは違う
プロの領域のシビアさ厳しさに目覚め
自分の力の無さ、甘さに向き合った結果

お金を頂く歌・音楽は
半端な想いや努力や準備では
お客様に失礼極まりない(笑)

そんな歌の本質に気づけたのも
アコースティックでの長尺10回の経験

30分の勢いだけの対バンを100回経験するより
本質や大切なものや精神をグッと鍛えられる

その究極がストリートライブ(笑)

道端でただ歌うんじゃなく
現象を起こすストリート

ストに出るにも
究極の飛び道具の楽曲がいる

その検証も含め
ゾロ目では生歌にもトライした

十分いけると確信した(笑)

そして
今回のワンマンの一番の産物は
バンドサウンドになってきた事

これにも沢山の要素が複雑に絡み合ってる
まぁ、一番は必ずやる濃い打上げかな(笑)

人が集まると役割分担も自然と決まってくる
その為には半年の時間は必要だった

新メンバー投入や新地域でのライブ等々
次のロードマップをひた走る下半期(笑)

<後日談追記>
終演後から周りからは概ね高評価を頂いた
半年間と言う短いスパンでの成長率は大したもんだと

が、日を追う毎に本人は悔しさの塊になった(笑)

もっともっと出来たはず・・・

その明確な悔しさを見出せ持ち続けられれば
必ず匍匐前進でも日々成長、進化していくだろう

そして
後から募る悔しさとは別に
バンド、お客、スタッフが一つになった
儚い一瞬の花火のような会場の空気感と
もう二度と再現不可能な心震える時間に
一番感動したのも本人のようだ

やり切った達成感と共有感

この感覚を求め続ける事こそが
頑張り続けるモチベーションになる

常にスクラップ&ビルド

努力を楽しめる才能が覚醒・開花したONE MAN NIGHT

本人からのメッセージはコチラ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
新曲「ONE HEART~世界が終わっても~」
初披露の名古屋ライブ音源を期間限定で公開

正直、たいしてリハもしないで勢いで演った(笑)

この作品はライブで成長するタイプの楽曲
その進化を共有する為にも1stテイクを公開した

ラヴコメの「強い花になりたい」
ストベリの「明日に向かって」
も、ライブ毎に楽曲が進化していった

テンポ、アレンジ、歌い方等々
ライブで育つタイプの楽曲ってある

オーディエンスの反応によって
楽曲に不思議なエッセンスが加わる

ONE HEARTも名古屋で演って
早速、ガラリとアレンジ変更

原盤制作とは違う発想、感覚で
付き合っていくタイプの作品

メンバーの直感の手数・フレーズも
ライブ毎に変化、絞り込まれていくだろう

よりパンキッシュな直情型に変貌すると思う
が、メロは流麗でポップでキャッチー
カラオケでガンガン歌うと気持ち良さそう(笑)

パンク、フォーク、ポップ、プログレ・・・
色んなエッセンスがミクスチャーされたArt Punk
ラブプロテストソング

そして野外が似合う作品でもある

色んな要素を練り込んで狙い澄ました作品(笑)

この作品が生まれるには
「Sweet Heart」
「誰にも譲れない夢がある」
「明日に向かって」
「星の王子様」
のDNAが必要だった

そして.ASIAのメンバー達の音楽歴、人間性
鳴らす音、センスの総ても必要だった

アッキーお見事、良い仕事をした(笑)

Daikiにとってターニングポイントになる作品だと思う
この原石が、ライブを重ねてどう変わるか楽しみ



君と僕にシアワセが 永遠に降りますように
君と僕にサヨナラが 永遠に来ないように

穏やかな風が吹く 街は色彩づいてゆく
どこまでも歩きたい この手を繋いだまま

目に映るモノ総てを 二つのココロに刻んで
泣いて笑ってキスをして 君とココロ一つになりたい

君と僕のオモイデが 永遠に消えないように
君と僕のトキメキが 永遠に続くように

僕がお道化てみせる 君がクスッと笑う
愛で満たされてゆく 言葉なんていらない

斜め右の横顔が たまらなく愛おしいから
ギュッと肩を抱き寄せて 君の熱い鼓動を確かめた

君と僕にシアワセが 永遠に降りますように
君と僕にサヨナラが 永遠に来ないように

核爆弾が落ちても 君だけを守るから

泣いて笑ってキスをして 君とココロ一つになりたい

君と僕にシアワセが 永遠に降りますように
君と僕にサヨナラが 永遠に来ないように

君と僕のオモイデが 永遠に消えないように
君と僕のトキメキが 永遠に続くように

核爆弾が落ちても 君だけを守るから
核爆弾が落ちても 君だけを守るから

黒い雨が世界を溶かしても WowWowWow
君と僕のココロは離れない WowWowWow

黒い雨が世界を溶かしても WowWowWow
君と僕のココロは離れない WowWowWow
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ソロ活動半年、節目のライブに
素晴らしい先輩方と一戦交えた

長年積み重ねてきた経験とキャリア
どうあがいても同じ歴史・時間は手に入らない

今の自分達を曝け出して挑むしかない
メンバー全員で意思統一してのオンステージ

先輩対バン出演者達から貰えるギフト
それはライブに対する目に見えない哲学

また逆の発想もある

諸先輩方の若き日に想いを馳せる

夢に向かって必死で挑んでた頃
どんなライブをやってたんだろうか?
どんな想いで歌っていたんだろうか?

きっと、半端ないエネルギーで
世に出ようと突き進んでたはず

結果を掴み続け、その延長線上に
今の匠のステージクオリティーは存在する

世代を越えた対バンは
先輩方の“今”と“過去の幻影”と
一戦交えられる魅力がある

現状ベストが出せたライブ

セッションでは
軽くいなされてしまったが(笑)

通過点の記録としてダイジェスト動画をUP

半年後、一年後、数年後、観返すのが楽しみ



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。