邦ロック好きBOSSの独り言5

Art Town Music代表の独り言/日々精進、日々感動、日々反省!


テーマ:
今どこで何をしてるの? 愛されているの?
どんな色の街に住んでいるの? 星は近くに見えるの?
僕の耳に届く 君の噂さえも
いつしか途絶えて しまったけど

君と出逢えた街 君と愛した街
僕は永遠に 忘れないよ

君を感じた街 君を映した街
永遠に忘れたりしないよ

僕らしく忙しく毎日を 過ごしているよ
君がくれたヘッセの詩集が 今も本棚にあるよ
「白い雪が似合う 街で暮らしたい・・」と
それが君のいつもの 口癖だった

君によく話した 僕が生まれた街
いつの日にか君に 見せたかった

そっと目を閉じると 面影の君へと
今も心が旅するよ

想い出はいつか 綺麗になるから
微かな傷みを 今は抱きしめて

君と出逢えた街 君と愛した街
僕は永遠に 忘れないよ
君を感じた街 君を映した街
永遠に忘れたりしないよ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
騒めく交差点 君に似た横顔
振り返り淡い記憶 抱きしめてた

夕暮れの教室 二人だけの空へ
ラクガキと恋を乗せた 紙飛行機を飛ばした

あの頃 君によく聴かせた
未来には まだ僕はいないね

もう一度 この胸に 溢れる願い
夢を描いた 紙飛行機 大空へ飛ばそう

卒業式の夜 最後のキスをした
それぞれの胸に募る 夢とさよなら選んだ

ため息 つくたび傷み出す
あの夜の 温もりと約束

もう一度 この胸に 溢れる願い
夢を描いた 紙飛行機 大空へ飛ばそう

いつか笑顔で 君に会いたい
あの日の答 今も捜してる 今も

もう一度 この胸に 溢れる願い
夢を描いた 紙飛行機 大空へ飛ばそう

戻りたい 戻れない 解ってるけど
君と僕の 紙飛行機 あの夏へ飛ばそう
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
代アニの生徒達とイベントをやる

事務所から番組を毎週出してる
必然的に触れ合う時間が出てくる

日曜日もフライヤー配布をしてくれた子が
夕方、事務所に寄ってさあチャンと打合せしてた

打合せ後の雑談タイムに参加
気がつけば数時間、授業のように語ってた

知りたい事、知らない事が山ほどある様子
こちらは答えられる事、教えられる事が山ほどある(笑)

総てはタイミング

この業界の基本は義務じゃない事

歌う事、創る事、演奏する事、演じる事、喋る事

誰かに言われて、懇願されてやる事じゃない
頼まれてもいないのに勝手にやる事(笑)

資格があるわけでもないし、いるわけでもない
誰だって、名乗ったその日から
アーチスト・クリエーター・ミュージシャン・アイドル・プロデューサー(笑)

日々の中で
どうやって自分のスキルや英知を磨くか?

答は簡単

自分より少しでも経験豊富な人と係わる事
成功も失敗も含めて、答やヒントを持ってるはずだから

総ての答が正しいわけでもない
どちらかと言うと成功よりも失敗のエピソードに
大事なヒントがあるような気がする

成功体験から、他人は学び辛い
失敗体験は、汎用性が高い(笑)
訊き辛い事を訊ける関係を構築する事が大事

自分の羅針盤の精度を高める事かな

総てはタイミング

チャンスを掴む、運を掴む
相手があっての話
自分だけではどうにもならない

相手とのタイミングをアジャストする才能
それも意識して日々鍛えると
タイミングが良くなったりする(笑)

タイミング=間

だとしら

歌だろうが演奏だろうが・・・
オールエンタメの必須条件になる

間の悪い奴は、エンタメに向かない(笑)

この歳になっても常に、間、間合いを気にしてる
歌で言うと、歌ってない時の間が大事
映像編集で言うと、カット割りの間が大事

一瞬の「無」や「無心」状態
その瞬間にこそ、心にイメージはパッと拡がり滲み込む

出逢いや、会話もきっと同じ

タイミングが大事

雑談や音楽談義の中で
意図せずともDaikiのライブや楽曲の話になる
若い子達にどう受け止められているのか?

的確な答が返ってくる

目を細めて頷いて訊いている(笑)

その後で、何故そう感じたのかのロジックや
ネタバラシの秘伝・奥義の話を語ってあげる

目を見開いて頷いて訊いている(笑)

どう感じて欲しいかへの執着が半端ないのがプロ
感じたポイントへの明確な理由を隠し持ってるのもプロ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


四半世紀以上も経つのに
話題にしてくれてるとは
嬉しいやら恥ずかしいやら(笑)

Daikiの新曲のアイデアで
ふと想い出した曲があって
美保の2枚目のアルバムの
「君が抱く僕の想い出は君の中」
の音が無性に聴きたくなって
検索して発見した

過去に係わったCDを
意外と持っていない(笑)

当時、26歳くらいだったかな?
友人の作曲家と当時高校生だった
美保をオーディションで見つけて
デビューを目論んで事務所を立ち上げた

ワーナーと契約して89年に無事デビュー
87年には日浦さんテイチクからデビュー
88年には太田っちがワーナーからデビュー

メジャーとの契約の仕組みや
プロダクションの仕事や
原盤制作やプロモーションの動きも
何となく見ていたから、ここは一つ
自分達で全部リスク張ってやってみようと

売れたらボロ儲けじゃんと甘い夢を見た(笑)

ワーナーでシングル4枚、アルバム2枚
その後、BMGビクターに移籍
移籍ついでにレーベルまで立ち上げた(笑)

丁度、30歳の頃

業界はまだバブル景気で
レコード会社から
億単位の金が引っ張り出せた(笑)

美保デビューでは強気の交渉をして
自分達で好き勝手に原盤制作をやった
デビューシングルとデビューアルバムとで
レコーディングだけでも1500万くらい使っちゃった(笑)

全作詞、全制作、プロデュースは初めての経験だった
勿論、事務所でもある訳だから宣伝もやらなきゃならない
何から何まで初めての事だらけだけど必死でやった(笑)

こりゃ~人手が足りないと・・・
アルバイト募集してスタッフを増やしてね

学生バイトで来たKが
後にビギンや福山のチーフマネになったり
スタッフでGtのIが後にデフテック育てたり
他にも沢山、今もバリバリやってる仲間が集ってた

机上の空論より実践
色んな経験が出来た

アーチストマネジメントが
どれだけ大変か
どれだけお金が掛かるのか
も良い経験をした(笑)

運良く、クリエイター達の集団だったので
他の原盤制作とかで稼げたからセーフだった

まぁ20代の若さゆえの怖いもの知らずだったから(笑)

振り返れれば
20代半ば~30代半ば頃が
一番、刺激的で楽しかった気がする
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。