三味線ロックバンドURUSHIの
フロントを務める
津軽三味線奏者、大野敬正さんの
独演会を聴きに行きました。


{1583571E-8ADB-4E73-96EC-E8EAB7B708B9}

人気の公演で、予約のとき
二等席しか残ってなかったのですが
真横から、めっちゃいい感じで
鑑賞できる場所で
かえっていい感じ・・・でした。



初代高橋竹山師匠の教えを受け継ぎつつ
12歳で名取となり、14歳で竹山節本流継承者となる。
新しい伝統へと邁進する大野ケーショーさん、
世界28ヶ国で演奏されてきた実績があります。

お話しも分かりやすくて
三味線のことも、
津軽のことも大阪のことも
日本や世界のことも
へ~って感じで勉強になりました。



特に印象に残った曲は
「十三の砂山」

【じゅうそう】じゃない、
【とさ】の砂山です。

青森の十三湊に
かつて津波がやってきて
あとには瓦礫の砂山のみ・・・
これがお米ならよかったのに、
という哀愁帯びた節です。



そして、師匠の遺作でもある
「岩木」

青森の雪深い山、
岩木山の四季を表現している
激しく力強く多彩な表情が盛り込まれた
印象深い曲でした。



いずれも曲の骨格は決まってるけど
オリジナルのアドリブを交えて
その時にしかない演奏へと
昇華させるのだそうです。



それにしても、
演奏前に襷をかけるのが
またカッコいい~。

調絃からの、曲に入るタイミングとか
お客様とのやりとりの間とかも
西洋音楽の感じとまた
全然ちがって、おもしろかったです。


{058925FB-96B0-414A-B932-F98E1AAF6E4B}

伝統曲が入ったアルバムを入手。
授業でも、鑑賞で使おう~。


{3BB4D90D-4F91-412D-B6DE-BAF4412E98F5}

URUSHIはこの夏
オーストリア・ウイーンでも
liveされるそうです・・・うらやましい。
その凱旋公演@大阪8/7(日)も
楽しみです。



AD

花盛り

テーマ:
タミーノ写真館。

母タミーノの庭は
相変わらず賑やかなようです。


〇カシワバアジサイ
{119B2798-A33E-4CC3-9141-4DC3393650BB}


〇孔雀サボテン
{AA92490E-A701-48A1-AB8D-3D91BECCB7D0}



〇ゴテチャ
{15B088C2-8801-4D9A-AB28-E7FD62ED2AC3}



〇さくらさくら(ペチュニア)
{E946491A-1EA4-43A3-B6F2-F6C8037757CC}



〇バラ(ピエール・ドゥ・ロンサール)
{D1E590A7-DA45-4214-84CE-2A3944F37D17}



〇原種のデンドロニューム
{839B5578-5D31-45A8-B924-04488AE987D9}



AD
今日は、
天満橋の中川弦楽器さんで
生徒の持ってる古いマンドリンが
直るかどうかを診てもらって
(残念ながら、無理でした…)

inks music salon 
のお隣にできた居酒屋「ドラ猫ロック」で
ステーキ丼をいただき、

inksで、伴奏合わせをして

天満橋キャッスルホテルでの
打ち合わせを経て

京都で合唱団の伴奏でした。

===

で、合唱団の休憩時間に
話題にのぼったのが
先日のN響定期演奏会での
ピアニストのこと。

わたしは番組を観てないのですが
ノーミス・ノーブラ・ノーパン(たぶん)の
印象的な衣裳の女性ピアニストが
ものすごかった、ということで
指揮者もお客さんも、みんななんか
うれしそ~に観てて、
これからは、あーいうパフォーマンスが
必要なんかね、ということを
ひとしきり話してました。

シューマンのピアノ協奏曲だったそうですが。



というわけで
帰り道の電車の中で、
最近、気になるもう一人のピアニストと
比較してみましょう。


画像はすべて
その辺での拾いものです。


{D44DF50C-D6B3-4589-8A89-F2847DE1D24B}

カティア・ブニアティシヴィリ
Khatia Buniatishvili
1987年ジョージア(旧称グルジア)トビリシ生まれ。


背中が、レース仕立てで
ばっくり開いてるドレスに
髪を振り乱して演奏する様子だそうで
近いうちに動画を観てみようと思います。


===


一方、ミニスカの女王と称される
ユジャワン。
ものすごいテクニックで、
モーツァルトのトルコ行進曲を
超絶技巧なアレンジで弾いてる動画を観て
若干、吐き気をもよおしました・・・
(すごすぎて)


彼女には
アルマーニもついてます。


{71A7BD55-2CA8-4AAD-ADFE-D85B16485A7B}

ユジャ・ワン
王羽佳, Yuja Wang
1987年、中国北京生まれ。

そのスリット
右側に入れちゃいますか・・・
さすがですね。


それにしても
なんと同い年ですね、彼女ら。


***


さて、ここで問題です。

来年1/28(土)にピアノリサイタルを控えている
佐野真弓は、どんな衣裳を着るでしょうか?


それは、まだわたしも分かりません。

ちなみに2009年の1回目のリサイタルは
あまりのプレッシャーで急激に痩せました。
その後すぐに戻ったけど。


またリサイタルダイエットできるかも!
とか言って期待してた
2回目の2013年は全く痩せず。
目論見が外れました。


そして3回目の2017年は、
もしうまくいったら・・・

でもミニスカは無いなー。



まぁ、衣裳も含めて
皆様にお楽しみいただけるよう
準備を進めたいと思います。
AD