のほほん生活のおススメ

ぐ~たら生活満喫人のお気楽な日々
おいしいもの探しとお出かけ!!格安ツアーで行くおもしろ体験も。。。

 星  星  星  星  星  星  星  星  星  星  星  星  


 σ(^_^)のブログを見つけていただいて、ありがとうございます!!

 福岡~静岡~福岡~兵庫を経由、

 2013.4月から岡山のとある田舎で暮らしています。

 お出かけ大好きでおいしいもの大好き!!

 σ(^_^)のお気楽な毎日、コメントもらえたらうれしいな\(^o^)/

 

 σ(^_^)のもう1つのお部屋「のほほん生活のおススメ」

  旅のレポート・グルメレポートなどなど。。左上矢印クリックしてね!! 


       よろしくお願い致します ぺこ 


 星  星  星  星  星  星  星  星  星  星  星  星


NEW !
テーマ:
お盆に帰省した時のことです。
こちらに戻ってくる時ちょっと遠回りして、
以前から行きたかった「石見銀山」に寄ってきました。

石見銀山があるのは島根県で、つまり日本海側!!
岡山は瀬戸内海側になるので、ちょっとというよりかなり遠回り。
それでも、家からわざわざ行くことを考えると
帰りに寄る方が合理的!!

石見銀山とその周辺は、車の乗り入れができないらしく、
「石見銀山世界遺産センター」に車を止めて
バスに乗り換えて向かいます(バス料金は片道200円)
石見銀山1

大森というところでバスを降りたσ(^_^)。
石見銀山に行く前にこの辺りをちょっと散策。
大森は、昔の街並みの残るところ。
武家屋敷や代官所跡、石見銀山で栄えた豪商の住宅など、
歴史的な建造物や文化財、当時の面影を残す町並みです。
石見銀山2

のどかな景色です。
石見銀山3

懐かしいポストが残っていますポスト
石見銀山4

古民家を利用した雑貨屋さん。
石見銀山5

縁側に作られた木の柵をつたう朝顔がいい雰囲気です。
石見銀山6
ここで町の散策は終り、いよいよ石見銀山に向います。

途中の道沿いにこんなかわいいタヌキが並ぶお宅が!!
石見銀山7
道に向かって並べられてるということは、
銀山へ行く人を応援してるんだろうなと勝手に解釈するσ(^_^)。

というのも、石見銀山へはここから2.5kmの道のりを
歩かなきゃいけないんだ!!(40~50分の道のりです)
レンタサイクルがあるけど、悲しいかな自転車に乗れないσ(^_^)。
2.5kmを歩くことに。。ラスカル2
石見銀山8
実はこの日、朝は晴れてたのに、
世界遺産センターに着いた頃から、パラパラと雨が降り出し
石見銀山に着く頃は、結構な雨になったんだ。
そのせいか、レンタサイクルの人は少なかったな。

山の景色を見ながら歩くのがいいんだと思うけど
今にも大雨になりそうな雰囲気だと、急ぎ足になってしまう。
石見銀山9

*ここで、行ったから分かるプチ知識なるほど!
 石見銀山への行き道は、上り坂になっています。
 レンタサイクルを借りるなら電動がおススメなんだけど、
 観光客の数に対して、電動を含む自転車はやや少なめです。
 早めに行って確保するのがよさそうです。

石見銀山・龍源寺間歩の入り口に着きましたホッ
石見銀山10
料金は400円ですが、ワオンがあると300円になりますヨ!!☆
*ワオンは、イオンの電子マネー。
 ワオンは、龍源寺間歩以外でも使えます。
 世界遺産センターでワオンのチャージができるので、
 バスに乗る前にワオンの残高を確認するといいですよ。

龍源寺間歩
石見銀山11
間歩(まぶ)とは、銀鉱石を採掘するための坑道で、
石見銀山には大小合わせて600を超える間歩がある中、
龍源寺間歩は、昭和18年まで稼働していました。

いよいよ中に入りますよ~
石見銀山12

入ったとたんにひんやり~
石見銀山13
涼しいというより寒いの方が正しいかも。。

幅が狭いので一人ずつ歩きます。
石見銀山14
壁には、ノミで掘った跡がそのままの状態で残ってて、
当時の様子を知ることができます。

ところどころ補強されています。
石見銀山15

低いところは160cmくらい。
石見銀山16
伸長160cmのσ(^_^)がすれすれだったから、
男の人だとかがんで歩くことになります。

ひおい抗
石見銀山17
岩石の隙間に固まってる鉱物の層(鉱脈)を追って
掘り進んだ小さな坑道をひおい抗というそうです。

歩き進むと、ところどころ横に入るようになった場所があり
↑と同じく、ひおい抗というものなっだろうけど、
狭い場所での作業は苦労しただろうな。
石見銀山18

新坑道
石見銀山19
この道を進むと出口になります。
出口付近の壁には「石見銀山絵巻」があり
当時の採掘の様子が分かりやすく描かれていました。

出口
石見銀山20

現在一般公開されているのは龍源寺間歩ですが、
龍源寺間歩に行くまでの道のりやその周辺には
↓のような間歩の入り口らしきを数多く見ることができます。
石見銀山21

石見銀山は、2007年に世界遺産に登録されました。
自然と共生した鉱山運営をしたことが特に評価され
鉱山遺跡としては、アジアで初めてのことになります。

石見銀山について一言言うとしたら。。。
片道2.5km(往復5km)の道は、かなり厳しい!!
行きの道のり2.5km+銀山の坑道を歩いた後の
帰りの道のり2.5kmは、ヘロヘロ以外のナニモノでもない。
自転車に乗れない子供や年配者のことを考えると
シャトルバスなどがあればいいなと思った。


しまね観光ナビ




 ************************
   
  読んでいただいて、ありがとうございます。
 *感想など、コメントいただけるとうれしいです!!
  
      読者登録してね


にほんブログ村 ←
              応援いただけると励みになります

にほんブログ村←

ここまでお付き合いいただいて、ありがとうございました。
         
************************

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
いつものJAで買ったお野菜で、おいしいご飯ができました。
鶏肉と夏野菜の中華風炒め物
夏メニュー1
トマトとカラフル野菜のパプリカがいい感じでしょトマトかカキ パプリカ 黄

コチラ は、お野菜たっぷりの天丼
夏メニュー2
左側のちょっと分かりにくいのは、エビのかき揚げ。
衣にベランダではびこってる大葉を混ぜてみました。
大葉の香りが効いてて、正解だったな。
奥に見えるのは、カボチャのスープ。

普段からお野菜が大好きなσ(^_^)んちですが、
夏野菜のおいしい今の季節は、さらにパワーアップ!!☆
さてさて、今日は何をして食べようかな?

これ↓ 何と思う?
なす
色白だけど、一応ナス!!
もともとこ~ゆ~美白ナスだから、これで食べごろらしい。
それにしてもこのナスちゃん。
何やら手のようなものまで付いてるよ~



 ************************
   
  読んでいただいて、ありがとうございます。
 *感想など、コメントいただけるとうれしいです!!
  
      読者登録してね


にほんブログ村 ←
              応援いただけると励みになります

にほんブログ村←

ここまでお付き合いいただいて、ありがとうございました。
         
************************





AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
姫路にあるローストビーフ丼のお店に行ってきました。
みゆき通りの中ほどにある「一乃屋」
一乃屋1

メニューは、ステーキ丼とローストビーフ丼の2つのみ。
一乃屋2
*飲み物はいくつかありました。

ローストビーフ丼を頼むことに。。
一乃屋3
あっさりなお味で一気に食べちゃいました。
当然のことなんだけど。。。
ローストビーフって、揚げたりしてない分油っぽくなくて、
女の人でもペロリと食べれるから人気になったんだろうな。
次回は、ステーキ丼も食べてみたい!!

実は、少し前神戸に行った時
三ノ宮にあるローストビーフ丼の人気店に行ったんだけど、
とにかくすごい行列になっててね。。。
時間の関係で待つことができず、食べられなかったんだ!!
以後、ローストビーフ丼への思いはつのるばかり。。。
人気店には、またの機会にいくとするかな。

食後は、サンマルクカフェのかき氷かき氷。 かき氷
かき氷
右がσ(^_^)のマンゴーかき氷で、おやじがいちごかき氷。
フルーツの粒々が入ってておいしかった~


ステーキ丼・ローストビーフ丼 一乃屋




 ************************
   
  読んでいただいて、ありがとうございます。
 *感想など、コメントいただけるとうれしいです!!
  
      読者登録してね


にほんブログ村 ←
              応援いただけると励みになります

にほんブログ村←

ここまでお付き合いいただいて、ありがとうございました。
         
************************





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
息子②にもらったお土産「うみゃーっ手羽」
土産1

箱の中は、こんな感じ
土産2
ピリ辛味・八丁味噌味・しょうゆ味、
2個ずつパックになったものが6つ。

3人で分けていただきました。
土産3
袋のままボイルするだけなので、すぐに食べられます。
味が濃くて、ご飯のおかずにピッタリウマッm
お酒を飲む人には、おつまみにもイケる。
うみゃーっ手羽って名前は本当でした!!☆

サゲサゲ↓ は、σ(^_^)が買ったもの
土産4
明太子を練り込んだ「めんべい」っておせんべいがあってね、
これがウマウマで、お土産にも喜ばれるものなんだけど、
今回のは、そのめんべいをふりかけにしたもの。
明太子の辛さとめんべいのカリカリがおいしい!!



 ************************
   
  読んでいただいて、ありがとうございます。
 *感想など、コメントいただけるとうれしいです!!
  
      読者登録してね


にほんブログ村 ←
              応援いただけると励みになります

にほんブログ村←

ここまでお付き合いいただいて、ありがとうございました。
         
************************


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
帰省した翌日、山口県にある「秋芳洞」に行きました。
息子②から、九州に行く旨の連絡を受けた時から
おやじと2人で考えてた場所です。
↓ ココが入口、大きな岩にぽっかりと穴が開いています。
秋芳洞1

入ったところから外を眺めたところ。
秋芳洞2
秋芳洞は、日本屈指の大鍾乳洞で国の特別天然記念物です。
総延長8.9kmの中で観光できるのは約1km、高低差は約40m。
道内の温度は四季を通して約17℃と一定してるので、
夏は涼しく冬は暖かく、年中快適です。
   やじるし3が、σ(^_^)が秋芳洞をお出かけ先にした理由。

この暑さだと、どこにも出かけられないもんね~
σ(^_^)たちが行った日、中の温度計は15℃を指してました。

洞内の様子、暗くて分かりにくいかな?
秋芳洞3

黄金柱 
秋芳洞4
高さ15m、幅4mの巨大な柱です。
天井の岩の間から流れる地下水によって作られました。
秋芳洞のシンボル的存在で、チケットにも印刷されています。

巌窟王
秋芳洞5

くらげの滝のぼり
秋芳洞6
クラゲの大群が上を目指して上ってるように見えるな。

ここはすごく天井が高い!!
秋芳洞7
岩と岩の間にも不思議な形が形成されてる。

傘づくし
秋芳洞8
洞内で一番と思われる広い空間にある鍾乳石の大群。
天井から数えきれない数の鍾乳石が垂れ下がっています。
あっとおどろく光景に、多くの人がカメラを構えています。

百枚皿
秋芳洞9
黄金柱に並ぶ人気の「百枚皿」
黄金柱とともに、秋芳洞の観光ガイドに載せられるので、
見たことがある人もいるかもしれませんね。

百枚皿と言いつつ、実際には500枚以上あるそうで、
地下水が波の形に沿って長い年月をかけて固まったもの。
お皿の中の水がエメラルドグリーンで、とてもきれいです。

コチラ は、秋芳洞の上に広がる秋吉台。
秋芳洞10

日本最大級のカルスト台地です。
秋芳洞12
ウィキによると。。。
カルスト地形とは、石灰岩など水に溶けやすい岩石で構成された
大地が雨水・地表水・地下水などによって侵食されてできた地形。

秋吉台は、北東方向に約16km・北西方向に約6kmの広がり、
台地上の総面積54km²・石灰岩の分布総面積93km2。
こんな難しいことをしのこの言っても分かりにくいよね。
まっ、ひと言で言うと、とんでもなく広い!!ってこと(笑)

石ころありすぎでしょ。
秋芳洞11

ランチに寄った、ブーランジェリーくら
秋芳洞13

こちらがランチのセット 880円
秋芳洞15
ワンプレートと言われればワンプレートだけど、
あまりのボリュ~ミ~さに、一同唖然(笑)


美祢市観光サイト・カルストドットコム


ブーランジェリーKURA




 ************************
   
  読んでいただいて、ありがとうございます。
 *感想など、コメントいただけるとうれしいです!!
  
      読者登録してね


にほんブログ村 ←
              応援いただけると励みになります

にほんブログ村←

ここまでお付き合いいただいて、ありがとうございました。
         
************************





いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
毎日暑いですね~
外に出ただけで汗が出ます。
この暑さ、いつまで続くんだろう?と思いながら
エアコンのきいた部屋でダラダラと過ごしております。

お盆休み、σ(^_^)の実家のある福岡県・北九州市と
おやじの実家のある山口県・下関市に行っておりました。
実は、お盆の予定は未定だったところ、
息子②夫婦から「おばあちゃんちに行こうと思ってるんだけど。。」
との連絡をもらってね、便乗する形で行くことにしたのよ。
とはいえ、息子②夫婦は名古屋から新幹線しんかんせん
σ(^_^)とおやじは、高速を走ることに。。くるま。DASH!DASH!

ここに来られてる方には、留守の連絡もなしですみません。
とりわけコメントをいただいた方には、
お返事が遅くなったこと、申し訳ありませんでした。

コレ は、「春帆楼茶寮」というお店の“ふぐ御膳”
春帆楼茶寮
このお店の本店「春帆楼」は、日清講和条約(下関条約)
の締結会場としても知られるところで、
伊藤博文により解禁となった、ふぐ料理公許第一号店です。

本店は、そういう歴史的背景もあって
地元民もちょっと近づきにくいところがあるんだけど、
こちらのお店では、気軽にふぐを楽しむことができます。

それにしても、ふぐって冬のものとばかり思ってたら
めちゃ暑の季節にもあるのね~ふぐ
ふぐのお刺身にふぐの天ぷら、ふぐ入りお味噌汁・ふぐご飯と
ふぐ尽くしのご飯をいただきました。

おやつに寄ったコメダ珈琲で、“アイスココア”
コメダ
名古屋から来て、何でコメダ?って。。
・・・そこにコメダがあったから(笑)コメダ

ちなみに。。。
σ(^_^)のアイスココアに隠れてるのが息子②
クリームコーヒーが彼のコメダでの定番らしい。

矢印 は、ステーションホテル小倉の「八くら」で食べた“天そば”
八くら
右上の器は、冷やしぜんざい。
この冷やしぜんざい、お餅の代わりにさつまいもが入ってた。
それはそれでおいしかったんだけど、「白玉じゃないの~」って
ガッカリする人が約1名。。。σ(^_^)の母だけどね(笑)


春帆楼茶寮・下関大丸店

和食・串やき「八くら」





 ************************
   
  読んでいただいて、ありがとうございます。
 *感想など、コメントいただけるとうれしいです!!
  
      読者登録してね


にほんブログ村 ←
              応援いただけると励みになります

にほんブログ村←

ここまでお付き合いいただいて、ありがとうございました。
         
************************


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
ランチの後で向かったのは「吉田神社」
「茂庵」から歩いて行けるらしいということだったけど、
これまた道なき道を行く!!てな具合で、厳しかった~つかれた
吉田神社
双葉1

双葉2
吉田神社は貞観元年(西暦859年)平安京の守護神として創建。
厄除け開運の神様として崇敬篤き神社です。

吉田山に広がる境内には、全国の神々を祀る大元宮、
料理の神様・お菓子の神様など、様々なご信仰のお社が、
点在しています。

実はσ(^_^)、京都に来たら必ず寄るお店があってね、
そのお店に行くには、今来た道を戻るしかないことになり、
暑い中、ゼィゼィ言いながら引き返すことに。。

ここがそのお店「出町ふたば」 豆大福で有名なお店。
双葉3
この暑さだと、豆大福を食べたいって人も少なかろう
などと見くびってはいけません。
お店の前は、いつもながらの大行列状態ドキッ!!!
自分も並んでいながらいうのもなんだけど、
思わず、アンタも好きねぇ~って言いたくなった。

やじるし がお目当ての豆大福。
双葉4
お塩の加減がちょうどいい感じ
いつもながら、ウマウマじゃな~デリシャス!


吉田神社



 ************************
   
  読んでいただいて、ありがとうございます。
 *感想など、コメントいただけるとうれしいです!!
  
      読者登録してね


にほんブログ村 ←
              応援いただけると励みになります

にほんブログ村←

ここまでお付き合いいただいて、ありがとうございました。
         
************************







いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
京都でのランチは、以前から気になってた
吉田山山頂にあるカフェ「茂庵」

お店のHPによると。。。
山頂(お店)を目指すルートは、主に4通りありますが、
初めての方は、神楽岡コースをお勧めします。
散策がてら楽しめるので、ごゆるりと歩いてきて下さい。
う~ん、このアクセス方法だけでしんどさが伝わるな~

お店の方のお勧め通り、神楽岡コースを選んだσ(^_^)だけど
神楽岡コースの入り口が分からず
たまたま通りかかった地元の人に聞いてみると
「えっ!!茂庵ですか!!この山の山頂ですよ~
 少し先に入口の看板がありますよ。頑張って下さい」

親切に教えていただいたんだけど、その口ぶりは
「アンタ、マジで茂庵に行くのかね!!
 茂庵はこの山の山頂だよ~頑張っておくれ!!」
と言わんばかり!!☆
でもさ~ここまで来て引くわけにはいかないのよん。

・・というわけで、ここが入口らしい。
茂庵1

まずはこの階段を上ります。
茂庵2
写真では少なく見えるけど、
写真に入りきれなかっただけで、見た目よりもしんどい。

石の階段を登り切ると、民家の並ぶ細い路地に出ます。
茂庵3

路地を進むと、つきあたりに茂庵の表札と小さな門。
茂庵4
ここがお店の門と思ったら大間違いドキッ!!!

門の先にあるトンネルのような細い道に入ります。
茂庵5

建物が見えてきたよ~と思ったら、またも大間違い
茂庵6
どうやら、茶室らしいな~
ところどころ分かれ道になってるところがあるけど、
標識があるので、それに従って進みましょう。

さっきより大きな建物が見えてきたゾ!!
茂庵7

建物の中に明かりが見えるから、これに間違いなさそう。
茂庵8

こちらがお店の入り口
茂庵9
暖簾がかかってる大きな木の扉を開けて中に入ります。
1階は待合室で、2階がお店。
お店へは靴を脱いで上がります。

カウンター席からは京都の町が見えます。
茂庵10

σ(^_^)は月替わりランチ 1400円
くるみ味噌のお茶かけそば 
鶏肉と夏野菜のしょうが塩焼き 豆乳豆腐 
茂庵11
くるみ味噌ってどうなんだろう?と思いながら頼んだけど、
食べてみてびっくり!!
くるみ味噌に大根おろしのさっぱりが合っておいしい~
これにして正解だったな~

おやじはピタパンサンド(スープ、豆のマリネ付)1300円
*ピタサンドの中身は、4種類の中から選ぶことができます。
茂庵12

お店の横から見たところ
茂庵13
先に書いた京都の町が見えるカウンター席はこちら側。

こちらのお店、森の中の隠れ家カフェって感じで
知る人ぞ知るってお店と思うのに、
σ(^_^)が行った時も満席状態で、
その後の途切れることなく入ってくるお客さん。
みんなちゃんと調べてるんだな~
お店については、「茂庵」のHPをご覧下さい。

  ↓
茂庵




 ************************
   
  読んでいただいて、ありがとうございます。
 *感想など、コメントいただけるとうれしいです!!
  
      読者登録してね


にほんブログ村 ←
              応援いただけると励みになります

にほんブログ村←

ここまでお付き合いいただいて、ありがとうございました。
         
************************







いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
ダリ展を見た後、美術館近くの平安神宮へ。。
平安神宮1

兵庫県に転勤してきて、京都に行く機会に恵まれたσ(^_^)。
有名な場所はほとんどっていうくらい見られたことは、
本当にありがたいことと思っています。
それが、岡山に引っ越してからは京都も少し遠くなったことで
行く機会も少なくなっていました。
そんな久しぶりの京都で、平安神宮にお参りしていくことに。。
平安神宮2

明治28年、平安遷都1100年を記念して創建されました。
平安神宮3
朱塗りの建物が美しい平安神宮は、海外からの観光客にも
人気のスポット。

国の重要文化財である大極殿
平安神宮6

大極殿前の広場は今、ポケモンGOのスポットらしいなピカチュー
平安神宮4
σ(^_^)もここでピッピピッピをGETしたゾ(笑)

緑とマッチしてきれいな平安神宮ですが、
一番は、なんといってもお花見の季節!!
平安神宮5
次回は桜の季節に行けるといいな。


平安神宮




 ************************
   
  読んでいただいて、ありがとうございます。
 *感想など、コメントいただけるとうれしいです!!
  
      読者登録してね


にほんブログ村 ←
              応援いただけると励みになります

にほんブログ村←

ここまでお付き合いいただいて、ありがとうございました。
         
************************





いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
めちゃ暑の中、京都に行ってきました。
目的は ↓ 京都市美術館で開催中の「ダリ展」
ダリ展9
日本でダリ展が開催されるのは10年ぶりらしい。
実はσ(^_^)、10年前のダリ展にも行っててね、
あれからもう10年経ったんだ~って思うと感慨深いうなずく☆
*10年前に行った時の記事はこちら
 σ(^_^)がネットを始めた頃はまだブログなんてなくて
 こちらはHPから。。
 画像もイマイチだけど、歴史も感じるでしょ。
  
京都市美術館に着きました。
ダリ展1
歴史を感じる門やね~

コレ が美術館の建物。
ダリ展2

建物の壁にはダリ展のポスター
ダリ展3

玄関を入ったところ。
ダリ展9
1933年に開館されただけあって、レトロ感いっぱい!!

いよいよダリ展会場に入ります。
ダリ展4
ここからは、カメラ撮影禁止撮影禁止

・・・と思ったら。。。
ココだけはOK!!の撮影ゾーンが設けられてました。
ダリ展6
キラキラ矢印 の不思議モノを向かいの鏡に映すと。。

矢印 こんな感じになります!!ってことらしい。
ダリ展5
どっちにしても不思議には変わりないけど。。
*ちなみにカメラを構えてるのはσ(^_^)っす。

素晴らしいというよりすごいという表現が正しい作品の数々。
京都市美術館のHPに一部が載ってるので
よかったらそちらでご覧いただければと思います。

2階から見たところ。
ダリ展7

玄関から入ったところを2階から見ると。。。
ダリ展8

京都の後、9月14日から東京の国立美術館で開催されるダリ展。
ダリの絵って、不思議ワールド的に表現されることが多いけど
そんな不思議ワールドに魅了される人で会場は大混雑!!
今回は、舞台衣装や挿絵など幅広い創作活動を見ることができる
貴重な機会となりました。
次回は是非、現地スペインで見てみたい!!


京都市美術館



 ************************
   
  読んでいただいて、ありがとうございます。
 *感想など、コメントいただけるとうれしいです!!
  
      読者登録してね


にほんブログ村 ←
              応援いただけると励みになります

にほんブログ村←

ここまでお付き合いいただいて、ありがとうございました。
         
************************


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。