東京都文京区の成沢広修区長(44)が自治体の首長としては異例の育児休暇を取ったことに絡み、同区は、特別職が育児休暇を取った際の給与などについて定めた「文京区長及び副区長の出産、育児及び介護の期間中の公務に関する条例」案を6月区議会に提案することを決めた。

条例案では、区長、副区長が育休と介護休暇を取った場合の給与は「半額」とした。区は、提案理由について、「区長と副区長が公務と家庭生活の両立を図ることで、広くワーク・ライフ・バランスを推進するため」としている。

「地方公務員の育児休業等に関する法律」では、特別職は「育休」の対象外。こうした条例は珍しい。成沢区長は4月に約2週間、「育休」を取ったが、期間中の給与は全額支給された。

300mひきずり死、自転車ごと火花散らし(読売新聞)
<カンヌ映画祭>最高賞にタイ映画の「アンクル・ブンミ」(毎日新聞)
カルテ開示、年30件未満が7割超(医療介護CBニュース)
北海道アイヌ協会 加藤理事長が辞意 「健康上の理由」(毎日新聞)
小沢氏、再び不起訴 検察と検審、分かれた証拠評価(産経新聞)
AD