伊豆・伊東市 障害者・高齢者・車椅子バリアフリー旅行          青いかば旅行社のブログ

静岡県伊豆半島伊東市にある障がい者夫婦が設立したちいさなちいさなバリアフリー旅行会社です 障がい者その家族だから感じる事わかる事を形にし、伊豆旅行の幸せづくりのお手伝いが出来たら嬉しいです  HP http://aoikaba.main.jp/
 MAIL info@aoikaba.main.jp


テーマ:
昨年度のいとう創造大賞の企画、
今年度事業化し、まだ手探り部分もありますが
という企画を出しましたが、まずは初年度
(次年度以降も継続を希望しつつ)

小中学校や、生徒さん達に向けて
福祉の職場体験ができる施設を明確に出来るよう
職場体験を受け入れる施設を
データベース化し市のHPに掲載する事になりました。

今まで、中学校の職場体験は
親の知人を頼ることが多く
福祉関連の体験に興味があっても
知り合いがいないと頼みづらいし
内容が不明確という状況がありましたし、
小学生の職場体験などは無かったと思います。

学校側でも、生徒さんに紹介するのに
内容や受け入れ人数等が明確になっているので
職場体験のメニューの中に
福祉の職場を入れて頂きやすくなります。

小中学生には、福祉職を意識するというよりも
福祉の職場体験によって
立場や世代や障がいのある無しを超えて
人と接する事で、相手への思いやりを
育む事が出来るのではないかと思っています。

その中で、興味を持てば
「福祉関連の仕事って素敵だな。」って
思い、将来の職業の選択肢の一つになれば
嬉しいなあと思います。

まだやりたいことはありますので
少しずつ提案していきたいと思っています。
そして、次年度は高校生以上の
福祉職を意識した世代の企画へと繋げていきたいです。 こうして形に出来るのも 市役所社会福祉課Iさんのご尽力と 教育指導課、社会福祉協議会、 障害者・高齢者施設の皆さまの お知恵とご協力のおかげです。 感謝の気持ちでいっぱいです☆
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
伊東市社会福祉協議会主催の社会福祉大会で
尊敬してやまない、元社会福祉課Kさんの
熊本地震の支援活動報告を聞いてきました。


市から派遣され益城町で家屋調査をされたそうで
現状と今後の課題についてお話を伺いました。

Kさんは福祉課時代、職務を超えて
おひとりおひとりの課題に丁寧に接し、
サポートしてくださっていたので
私が思うに、時間の限られた支援業務の中で
家屋の倒壊判定をしなければならず
とても辛かったのではないかと思いました。

家屋調査中、少しだけお話を聞く事が出来た
介護職員の娘さんとお母様の事を例に話してくださり
話を聞く事、震災で辛い状況にある方が
それを気兼ねなく話せる他人 (知人では無い人)がいる事は、 すごく必要だと感じたとお話しされていました。

Kさんに涙を流しながらお話をしたご高齢のお母様は
話をする中で少し穏やかなお顔になったそうで
やはり熊本でも震災を受けた方々の気持ちに
寄り添いお仕事をされたのだなと
あらためて感動しました。

きっとこういう場ですから
感じたままの気持ちを言葉にして
お話しできなかったと思うので、
いつかじっくりお話を伺いたいなと思います。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
一か月前に書いた独り言ブログなのですが
やっとアップしようかと・・・お付き合いください
(;^_^A

中学生の長女が夏服に衣替えし
アイロンがけを毎日するようになったのですが

いつもその脇にはラジカセを置き
(ってもう今の若者世代は見た事も聞いた事も無いかも?)
私が小・中・高校時代に聴いていた
ダビングしたカセットテープで
昔の音楽を聴くのが楽しみなのですが
(;^_^A

ここ最近は、尾崎豊を聴いています
今まで聴き流していた曲に
すごく引っ掛かっていて
なんやらかんやらと考えてしまう訳です

傷つけた人々へという曲

『刹那に追われながら傷つく事恐れる僕は
あの日見つけたはずの真実とはまるで逆へと歩いてしまう


曲名に歌詞のリンクを張りましたが
何て言うのか、この曲を尾崎さんは
十代で書いていて、本当に考えられない天才ですね

ところで皆さんは音楽は音で聴きますか?
言葉で聴きますか?
どちらも必要ですか?

私はどちらかと言うとメロディー主導ですが
尾崎さんの歌詞、とても素直で素敵です
どんな人だったんだろう?ってすごく知りたくなります

言葉のチカラって普段とても感じていることで
こうしてブログに書く事も
人に何かを伝えるにもすべて
自分の中から出てくる言葉なんですけど

それを会話で相手に伝えて
そしてその表情や返って来た言葉や反応で
一喜一憂するのですよね

今、要約筆記者養成講座に通い始めたのですが
聴覚障がいをお持ちの方々の中には、
書いて伝えることが言葉を聴く代わりになる人もいます

それは会話の言葉ではなく
文字としての言葉になっていて

例えば、講演会や会議を聴くのに
ただ話している事を要約するだけではなく
その人の本質や、言いたい事を踏まえて
文字にし伝える必要があり
要約筆記者の大変さは想像以上ですが
必要性もあらためて感じました

『どれだけ言葉費やし君に話したろう
どんな言葉でも言い尽くせなかった事の答えも
ひとつしかないはずと
傷つけた人々歌詞より

言葉にはならない本質的な事を
文字にして伝える事が要約筆記者にとって必要な事

う~ん、自分で書いていて何が言いたいのか
なんだかよくわからなくなってきました~
σ(^_^;)

運動会の振り替え休日、お父さんのリハビリの待ち時間に次女と一緒にお勉強

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
5月末の宇佐美フェスでのツアーは
無事に終了する事ができました

募集人数に足りないと聞き
起業当初から応援して下さっているご夫妻が
当日参加してくださったり

色々な方々のあたたかいお気持ちに支えられて
ツアーを行う事ができました
本当にありがたく思っています

話は変わり先月末、とてもお世話になった
伊東市社会福祉協議会のMさんが退職されました

私達に社協の事業に関わらせていただく
きっかけを作ってくださったかたです

お話を聞くところ、たまたまブログで
青いかばの活動を見つけて下さり

伊東市にこういう取り組みをしている夫婦がいる
という事を知り、社協へご縁を繋いでくださったのです

起業し、今まで感じなかった人とのご縁の大切さを
初めて知ることが出来たと感じていますが

偶然(と言っても、きっと必然)に出会い
そこから先にご縁を繋げようとして下さる
お気持ちがとても嬉しいです

このきっかけを作ってくださったからこそ
新たな目標や楽しさを見つけることが出来ましたし

夫も今のようにやりがいを持って
仕事を続けていくことは
出来なかったのではないかと思います

夫の体調が維持できているのは
Mさんが繋いでくださったからかもしれません

子どもの頃なりたかった教師という職業に
今なる事は出来なくても

福祉の授業を通じてそういう視点で
大好きな子どもたちと関わり
一緒に考えることが出来ているのは
私にとって、とても嬉しいことです

ご縁を繋いでくださったMさんに
心から感謝ばかりです☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
29日(日)の宇佐美フェスでのツアー
まだ数人余裕がありますので宜しければ・・・

詳しくは前回のブログをご覧くださいm(_ _ )m

次女が凧の試作品と宣伝書いて写真を撮り「これで宣伝したら?」と
(^▽^;)


さて、今年度もいとう創造大賞の募集が始まりました
今年は
移住・定住~若年層の市外流出抑制と
新規転入の促進~

という内容のようです


私は前年度の企画で受賞
今、毎月一回のペースで先日5回目
(今年度の事業としては2回目)の会議が行われました
ふぅ・・・産みの苦しみの最中です
(゚_゚i)

自分の想いが詰まった企画を実際に行政として取り組む
というのは、確かに思い描いていたことで

自分が思っている事を前に進める為には
行政のお力を借りないと出来ない事や
進めやすく、時間が短くなるなど
メリットもたくさんありますので
本当にこういう機会はありがたい事なのですが

今回私が企画を出し、それを進めるにあたり
感じているのは
【企画に対して強い想いがなければ出来ない】
という事です

企画を出したのは私自身
それに対しての強い思いがあるのも私
行政の方は準備やサポートを本当に一生懸命してくださり
関わってくださる福祉施設関係者の皆様も
いろんな提案やヒントを頂きありがたく思っていますが

一方で実現に向けて私自身があれこれ提案し
先導して進めなくてはうまくいかないのではないか
というのはつくづく感じているところです

やっぱり単年度で終わらない
今後に繋がる良い事業にしたいですし
自分目線では無く、福祉施設の方が求めているもの
福祉のインターンシップをやってみたいと
思えるような学生が参加してくれたらなあと思います

現時点までの打ち合わせの中では、当初の想い通りに
福祉を知る機会を広げるという意味合いで
小中学校での総合的な学習の時間の中の
福祉の授業の推進、福祉の職場体験の
明確な内容の公開と周知の方法など

それと併せて高校生以上の福祉のインターンシップの
仕組みの確立と充実など
二本立てで進めていく方向になりそうです

実はネットで調べていくと
京都府では数年前からインターンシップ制度に
取り組んでいるようです

実際に担当部署さんに☎して聞いてみました
親切に教えて下さいました

予算も莫大!方向性もしっかりしていて
継続して、メリットも得られている事業のようです
大学が多い京都府ならではですから
それと同じことはこの伊東という小さい町で
出来るわけがありませんが

見習う事は本当にたくさんあって
良いものは取り入れつつ
伊東らしさを重視した
施設も学生や女性にも
今後の伊東市の為にもメリットになる企画を
なんとか生み出せたらいいなと思っています

話は反れましたが、そのくらい
この企画は自分の想いをかたちに出来る
素晴らしいものだという前提で

行政を頼り過ぎず、自分自身で作り上げていく
覚悟を持って企画をどんどん出して
伊東をより良い街になるように!!
皆さんもたくさん提案して頂きたいなあと思います☆
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ツアー募集のお知らせですσ(^_^;)
5月29日(日)宇佐美の留田浜辺公園
年に一度、地域の方が企画実行している
UsaMIフェスが行われます
フェイスブックページはこちらです

多くの飲食やイベントが行われる中で
今年も青かばツアーを企画予定です
今回で4回目だったかな?
いつもお世話になっています☆

今回は、「うさみんぽ&凧あげよっ!」
と題して、宇佐美の町をお散歩(うさみんぽ)して
浜辺で自分で絵を描いて凧揚げをする企画です


お父様が和菓子、息子さんが洋菓子の修行をし
和菓子も洋菓子も両方楽しめる
とても美味しい鹽瀬菓子店のプチチーズケーキ付き


街歩きはのんびりと1時間
会場まで歩いて、会場すぐの浜辺で凧あげをします



お体が不自由な方は街歩きも
凧のお絵かきや凧揚げも
青かばサポーターの皆さんや
地元宇佐美中学校の有志の生徒さん達がお手伝いします


車椅子で浜辺に降りる事、潮風を波打ち際で感じる事
そんな些細な事が夫が車椅子になってから
難しい事なんだって気づきました
人混みのイベントに行く事も躊躇ってしまうんですよね


それを普通に出来ることや
障がいのある、無しなんて何も関係ないんだ
っていう事が、このツアーで感じてもらえたら嬉しいです


宇佐美のこの空気感がまた気持ちいいので
ぜひご参加検討ください

詳細はフェイスブックページをご覧ください
お申し込みは☎又はメールにて
返信致しますのでそれが届いてから受付となります
よろしくお願い致しますo(^-^)o

青いかば旅行社 企画担当 長谷川
☎090-9198-9290
メール info@aoikaba.main.jp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
すっかりブログもご無沙汰で、フェイスブックもそうですが
皆さんのブログも投稿も何も見ることなく
しばらく過ごしています
不義理ですみません・・・
m(u_u)m

先月末に行った伊東市役所での青かばツアーは
時間が足りずに慌ただしくなってしまい
皆さまには申し訳なく思っていますが
無事に終える事が出来ました

市役所の職員の皆さまにもとてもお世話になり
重岡先生の木彫を見せて頂いた関係で重岡先生の
ポストカードもお土産に頂く事が出来ました
議場にも入らせて頂き、自由に席に座る事ができたり
本当に感謝のツアーとなりました

なんと市のフェイスブックページにもその様子を
ご紹介いただきました!
詳しくはまたブログに書きたいと思っています

更年期なのか、太り過ぎたからか
(゚_゚i)
何が悪いっていう訳ではないのですが
体調もなんとなく不安定でスッキリしないのです

新学期になり娘の心配事や認知症の母の症状が進むと
気持ちの余裕も無くなってくるもので

この際、無理な事はやめてみよう!
と、自分なりに決めていたルールも無視して
ちょっと気持ちだけでも身軽になってみようと
ブログもフェイスブックも離れているという訳です

なんとなく、なんとなくですが少し気持ちも解放されて
心の負担も少なくなった感じがします

とはいえ、基本何でも楽観的に考えてしまうタイプなので
課題は色々あるのですが、追いつめられてはいません
(;^_^A

ここ最近の様子は、公私ともいろいろありますが
母の認知症が進んでいる事で
今までの感覚で物事を進められなくなったというのが
一番困っているところです

でもこれからどんどん厳しくなっていくこの状況で
今出来る事はやっておきたいという事で
σ(^_^;)

家族や妹、義母にも少し頼らせてもらって
来月から要約筆記者の養成講座を受ける為に
三島市に月に3~4回、12月まで通う事にしました
パソコンコースを選びました
早打ちにどこまでついていけるか不安ですが
(゚ー゚;

耳が遠くなってきた母は
テレビを見るときは必ず字幕を表示させています
今まで字幕を出す設定にするなんて
気にしたことも無かったんですけど
これが無いとテレビの楽しみは半分以下になります

尊敬しているある方は、聞こえが悪いので
会議が苦手だとおっしゃっています
せっかく良い意見を持っていらっしゃるのに
全力で参加出来ないのは本当にもったいない事です

今まで伊東市での講演会などで
手話通訳が入っていらっしゃることはあったのですが
聴覚が不自由な方はかなりの割合で
手話が出来ないかただと思うのです
高齢者が増えていくこれからを考えると尚更です
必要性をとても感じます

生きていると皆さん人それぞれ
困難な事や課題が目の前に立ちはだかると思うのですが
それを辛いなあと捉えず
出来るだけ前向きに捉えていきたいなと思います
時には人の力を借りてでもいいんじゃないかなと・・・

結局人が何かを気づくには経験が一番で
いろんな困難な経験をすることは
自分の成長にもなるはずですから
今出来る状況なら、やってみたいことは
やった方が良いのかなと思っています

いづれにしても、人生いつ終わるかわからない訳ですから
楽しいと思う事、やりたいと思う事を実現させたいです

しばらくはこんな感じで、ブログの更新も
書きたいときに書きたいことを・・・となりそうです
(^▽^;)
決して強い人間では無いですが
気持ちを良い具合にそらすのも良いのかも知れません

あ、まだ内容は決まっていないのですが
5月29日(日)はUsamiフェスにて
青かばツアーを企画予定です
地元宇佐美中の生徒さんに案内してもらいたいと
思っていますので宜しければ
日程空けておいていただけると嬉しいです
(^-^)/

我が家のスズランが咲き始めました♪大好きなお花です☆

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:
この話は前にも書いたことがあるかもしれませんが
今回の市役所のツアーに向けて準備しているなかで
ヒシヒシと感じている事があり書いておきたくなりました
どうぞお付き合いください
σ(^_^;)

ツアー企画をするにあたりいつも考えている事があります
それは・・・

●お客様の障がいのある無し関係なく
  安全で安心して楽しんで頂けるか?


●関わってくださる方(参加者さん、サポーターさん、
  関係業者さん等)全てが喜んでくださる内容か?


●参加しやすい料金で魅力ある内容か?

そしてこれも私にとっては重要な事で

●ツアーをやる目的とそれによる社会的効果は?

もちろん、全てできている訳ではないので
「全然違うよ~!」という声が聞こえてきそうですが
(;^_^A
出来るだけこうありたいと思って努力しています

そして今回の市役所のツアーは特に
目的と社会的効果に関して重点を置いています

市役所でのツアーはずっとやってみたかった企画です
というのは、やはり市役所という場所が
市民にとってもっと活用されるべき場所でもあり
人が集まる場所であって欲しいという思いと

手続きでもお散歩でも差別なく利用できる 
バリアフリーな場所であって欲しいからです

素晴らしい市庁舎、多くの美術品、隣接する公園、
昔伊東家の屋敷があったとされる場所の
ひとつだとも言われている歴史ある場所に
市役所があるわけですから
ぜひ市民の方に魅力を知ってほしいと思います

ツアーをおこなう事でそんな魅力を
再認識してもらいたいですし

ユニバーサルツーリズムという
障がいのある無し関係なく楽しめる街歩きを
行政の方にも来庁しているかたにも
見て感じて頂きたい

何より中学生がお手伝いし
頑張っている姿を多くの方に見てもらい
周囲の方から励ましの言葉を頂けたら・・・

きっと自信がつき、人としても
成長してくれるような気がしていますので
見かけた方は生徒さんに
ぜひ「がんばってるね~!」と
お声を掛けてあげてください

今回の企画、市役所の担当者さんに
ご相談させて頂くたびに
いろいろ実現させてくださっています

ちょっとネタバレさせてしまうと
(*゚.゚)ゞ
普段入る事はなかなか無いだろうという所として
議会の議場内と市長公室(市長と面会するお部屋)や
その周辺に入らせて頂けます
重岡先生の日展初入選の木彫があるんです

生徒さんには、市長が不在の為、副市長より
励ましのお言葉を頂けることになりました
o(^-^)o

お願いを聞き入れてくださる
市役所の皆様に感謝ばかりです

こうして、ツアーを通じて
行政の皆さんがユニバーサルツーリズムの
重要性を感じて頂けたら
今後の伊東市が青いかばが目指している
「住みやすく訪れやすい街」に向かっていくのでは?
と思っているのです
この部分が社会的効果です

思うようにはいかないかもしれませんが
地道にツアーや活動を通じて
そこに向けて一歩一歩進んでいきたいです

という事で、長々と私の独り言にお付き合いいただき
ありがとうございました
(´∀`)
ツアーの当日がお天気になりますように☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
3月7日(月)は伊東市社会福祉協議会さん主催で
小中学校の先生と福祉事業所の職員の皆さんが集まる
福祉教育懇話会の事例発表と意見交換会に
夫と二人で参加させていただきました

伊豆新聞さんも取材に来ていらっしゃり
翌日8日の伊東版の記事に載っていました
詳しくはこちらから


この会の目的は福祉教育推進についての
理解を深める為(だと私は思っていますが・・・)
そんなつもりで私なりの意見をお伝えし
意見交換をしました

一昨年、宇佐美中学校1年生の総合的な学習の中の
福祉に関わる講演を夫とさせて頂き
その後も社協さんのご配慮や
先生方のご理解をいただき
宇佐美地区の車椅子での街案内の授業をお手伝いしました

今年は宇佐美中学校として2年目でしたので
1年目の流れから取り組んだ事例発表が
担当の先生からありました

お話を聞いていて、確実にこの取り組みが
生徒さんたちに何らかの気持ちの変化を生んでいる
という事が感じられました

単に車いす乗車体験、アイマスク体験、という
日常とかけ離れた体験だけではなく
今回のように事前に自分の街を調べ
障がいを持っているかたや
地域の人に車椅子に乗っていただき案内することで
自分には何が出来るのか?と考え
そして自分がしたことで相手に喜んでもらえたと感じ
自分に自信も持てたのではないかと思います

先生方や福祉事業所の職員さんとの意見交換会では
総合的な学習の中で福祉をやってみての感想や
取り組むにあたっての課題、
取り組んでいない理由、
職員さんにとっての福祉施設への
見学等の受け入れについてなど
様々なご意見を伺う事ができました

福祉ってあらためて授業にする事ではないと思うのです
普通に身近にある事です
いわゆる思いやりの気持ちだと思っています

思いやりは相手の気持ちがあって
こちらが出来る事は何かを考える事
そして行動する事ではないかなと思います

こういう取り組みに否定的な考えをお持ちのかたも
いらっしゃいましたが、それはあくまで個人の意見
少しでも前向きに捉えて頂けるよう
私も頑張って取り組んでいきたいと思いました

街歩きのツアーをはじめて4年
福祉の授業に関わらせて頂いて3年
進行性難病の夫と糖尿病で認知症の母のサポート
観光と福祉、介護、子育ても含めて
いろんなことが見えてきました
そして今も進行形で自然に経験を積んでいます
大変な事も多いですけど、有意義な事ばかりです

これが街づくりプロジェクトにも
いとう創造大賞のインターンシップの企画にも
繋がっていくと思うので
少しずつ経験を積み上げていって
伊東市が誰にとっても優しい街になるように
思いやりあふれる人がたくさん増えていくように
活動していきたいと思います
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
伊東祐親・日蓮上人と市庁舎アート♪
~市役所で何も見ないなんてもったいない!~

と題して下記お散歩ツアーをおこないます

【日時】   3月25日(金)9時45分集合 12時解散
      (少雨決行、荒天中止)
【場所】   伊東市役所 玄関前(駐車場側)
【参加料金】 1,300円
      (天狗の詫び状羊羹一本お土
産付)
【募集人数】 15名


今年初の青かばツアーは市役所とその周辺
(お隣の佛現寺の境内や物見塚公園)
のラクチン散歩を行います

市役所って用事が済むと帰ってしまう
ってかた多いのではないでしょうか?
伊東市役所はアートがいっぱい!
当時の資料が不足していますので
十分な解説は出来ませんが
市役所の見どころをご紹介したいと思います

サポートを学生さんにもお願い予定です
障がいのある無し関係なく
世代間を超えた交流もして頂けたら嬉しいです

車椅子ご利用のかたも、杖ご利用の方も、
歩きやすく距離も短い内容ですが、
お申し込みの際はお体の事等
伺わせて頂く事がございますのでご了承ください

お申し込みは
青いかば旅行社 企画担当長谷川まで
メールか電話でお申し込みください
折り返しお返事を差し上げてから
お申し込み受付とさせて頂きますので
よろしくお願い致します

メールアドレス info@aoikaba.main.jp
☎ 090-9198-9290
ツアー企画担当 長谷川


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。