常熟から

江蘇省常熟にて


テーマ:
  あまり出歩かない方なので気がつかなかったが、常熟にもメイソウという店ができている。この店が日本でどの程度知られているのかよく知らない。ネットで調べてみると、『ダイソーっぽくてユニクロ風味、それでいて無印良品』などと揶揄され、ニセモノ天国中国を象徴する悪玉代表のような存在だ。

  商品の裏には、ご丁寧に東京都中央区銀座云々なる架空の本社所在地が印刷されており、かなり手の込んだニセモノぶりとでもいうか。驚いたことに、この店は東京にも実体店舗を持っているらしい。あきれてしまうが、逆によくそんな店を開くことが可能だったものだと感心する。

  実は言いたいことは別の部分である。ネットでの評判をいくつか見てみると、このメイソウなる店、ダイソー、ユニクロ、無印良品の3つの良いところをすべてパクっているから、罪は3倍であるかのような批判である。しかしこれは違うと思うのだ。罪は3分の一というべきだろう。

     なぜか?

160215


  確かに物真似はよくない。ただ私はこのように思う。本当にオリジナルなものという物は、そうやすやすと生み出されるものではない。私は自然科学出身だが、何か一つの分野を研究し、新しい成果を目指そうとする場合、最初の段階は既存の研究成果を徹底的に調べる。つまりは勉強する。これに膨大な時間を費やす。そして実際はその分野を下調べ、つまり勉強している間に、幾多の先行研究の組み合わせの中から未だ前人未踏の新しい領域、研究テーマを見出すのである。

  これは実感として言うのだが、オリジナルな仕事というのも、あちらこちらから自分なりの観点で、集めた既存技術の組み合わせの塊の上に、自分のアイデアという実に薄い皮を乗せたものというだけのものなのである。科学というものはそうやって進歩してきた。iPhoneが初めて発売されたとき、どこに革新技術があったのだろう。私はその方面に暗いが、そのほとんどは既存の技術の組み合わせだったのではないだろうか。

  少し極端な言い方を許していただきたい。過去の日本がそうであり、現在の中国がそうであるように、先進の技術や文化を徹底して研究し真似ることはオリジナルへの、唯一かつ必須のステージであるとさえ私は思うのだ。それは単一のモノの模倣に始まり、やがて複数の良い物の組み合わせへと進化する。その複数が2つが3つ…と増え、仮に100レベルのものが組み合されれば、それはもはや模倣ではなく、オリジナルなものとなる。

  メイソウという店も、もちろんそれ自体は好ましいとは言えないが、今までの中国にはなかったやや進化した模倣の姿を示しているのかもしれない。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
今年の新入生へのあいさつではおおよそ以下のようなことを言った。かなり過激である。   

 ようこそ、常熟理工学院へ。まずは入学おめでとう!皆さんの中で常熟出身の人はどのぐらいいるか?あまりいないようだ。5%程度。ということは、ここにいるほとんどの人は、わざわざ故郷を離れてこの常熟へ、日本語を勉強しにやってきたわけだ。では皆に聞こう。常熟理工学院の日本語学科というのは、そうまでして、つまり大切な家族の元を離れてまでして、学ぶ価値のある場所か?

    私は大阪人だ。しかし大学は東京の東京大学を選んだ。ただ東京大学は私を選んではくれなかった(笑)。つまり入学試験に失敗したということだ。周囲の人も自分も、絶対大丈夫だと思っていたので、ずいぶんショックだった。人生最初の挫折というやつだね。そして結局東京大学は最後まで私を選んでくれなかったので、私は次の年、地元の大学へ入った。

    もう数十年になるが、東京大学の合格発表の日、掲示板に自分の受験番号が抜けていた光景を、はっきりと覚えている。ずっと覚えている(笑)。

160210



    覚えているからこそ、今の自分があると思っている。断っておくが、東京大学というのは日本で一番優秀な大学だ。日本の高校生は皆その大学を目指すといってもいい。卒業すれば、それなりのいい人生が送れる、と言われている。私はその東京大学に入ることができず悲しかったし、ずっと応援してくれていた両親、特に母親に大変すまないと思った。私は悔しかった。そして負けてなるものかと思った。

    そして今。残念ながら自己評価だが、私は東京大学で学び、卒業した人々よりも、ずっと充実した人生を送ることができた、と思っている。

    推測でこんなことを言って申し訳ないが、皆さんの中で本当にこの常熟理工学院に入りたかった人は少ないと思う。上海外国語大学や蘇州大学の方が良かったのではないか。さらには本当は日本語学科に入りたいと思っていなかった人も、いることだろう。

    この大学の日本語学科は決して中国一ではない。でも日本語というのは、外国語というのは、頭の良し悪しはあまり関係なく、最高レベルに達することが可能なのだ。これが物理や化学と違うところだ。がんばった者、情熱をもって継続的に取り組んだ者が一番になれる。ほかの大学に行った人たちに負けまいとがんばりなさい。苦しくなったら、怠けたくなったら、小さいときからずっと、君たちの厳しい受験戦争を応援し続けてくれた両親のことを思いなさい。あなたを支えてくれている人のことを思いなさい。そして常熟理工学院に入って良かったと思って卒業していきなさい。良かったと思える人生を送りなさい。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

    昭和30年代生まれである。仲間内ではよく話題に上るのだが、我々世代のネットとの付き合い方というのは、他の世代とは本質的に異なる特性がある。我々の学生時代というと1980年代であるからインターネットなどというものは影も形もなかった。つまり人と人が、卒業等で一旦離れ離れになると、親しい友人以外とは、ほぼ永遠の別れとなるケースがほとんどであった。


    これに対して、学業を終える年代にすでにネット時代に突入していた現在の40歳前後以降の方々にとっては、人と人とのつながりは、文字通り好む好まざるにかかわらず、切っても切れないものになる。ネット時代は、つながる時代であると同時に、切れない時代でもあるということだ。であるから“今生の別れ”などというものは実質存在しない。


    その“今生の別れ”最終世代である我々は、別れと出会いの絶え間ない繰り返しの中で、自分の生きざまを形作ってきた最後の世代なのである。その我々が、今のように皆がネット上でつながる世界が実現してみると、かつて、もうこの人とはほぼ永遠に会えない、連絡はつかないだろうと思っていた知人と、実に容易に再びのコミュニケーションができてしまうということになってしまうのである。これは実に実に便利なことであり、同時にある部分では少し気恥ずかしいことでもあるのだ。


 

    最近、ちょっとした遊び心で“禁煙ブログ”と称して、自分の完全禁煙に至るの記録をつけてみようと一つのブログを立ち上げた。第1日の記事をFacebookで共有したところ、思いもかけず、35年間ほぼ音信の途絶えていた女性Kさんから“いいね!”クリックの励ましがあった。


    大学院時代、将来研究者の道へ進む予定であった。が、母親の急な病によりあわてて就職の道を選んだ。我儘勝手に生きてきた自分にとっては人生初の挫折であり、やや気分は荒んでいた。彼女とはそう長いお付き合いではなかったが、自身がそのような人生の分岐点に差し掛かった時点で、知己となった人物ということで長く印象は消えない人となった。


    そろそろ卒業で離ればなれとなるという頃、彼女の赤い車を運転させてもらって、ドライブにでかけた。彼女は奈良、私は京都であったから、行先は神戸を選んだ。海を見て、兵庫の摩耶山、六甲山を縦走した。私も彼女も当時、オフコースだの、来生たかおだのの音楽が好きであった。それ以外のことは覚えていない。


    後日、彼女から封書の手紙が来た。中には奈良東大寺のお札がある。もともと東大寺は病気快癒を願って建立されたもの、私の難病の母にとのことであった。女性らしい情感のこもった手紙で、しばらく保存していたのだが、度重なる引っ越し人生、今はもうどこかへいってしまった。


    学生時代は、体育会系運動部にいたので煙草は吸わなかった。喫煙習慣は大学院で研究生活を送るようになってからのことであるから、Kさんとの出会いの時期であろう。当時は煙草を吸うのが、なんとなく格好いいと思われた時代である。


    彼女の手紙の中に確かこのようなことが書いてあったことを、実は彼女のいいね!で思い出した。「昨日はとても楽しかった、ありがとう。今日車のドアを開けると、あなたの香りがした。」若い男性がもらうと少し嬉しくなる表現である。続いてこうあったように思う。「あなたの香りと思ったのは、実は煙草の臭いでした。」要は、愛車を煙草の臭いで汚染されたことが、少々気に食わなかったのかもしれない。


    実は彼女からいただいた東大寺のお守りは効き目がなかった。    

   35年目のいいね!クリックは多少なりとも効果があることを祈っている。

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。