常熟から

江蘇省常熟にて


テーマ:

自分の開いている小葵花(AOI)なる教室で中国語の先生をしてもらう人には毎年しっかりトレーニングをしています。以下は今年の先生の卵のみなさんにお伝えしたことです。

 1984年夏、もちろんまだ君たちは生まれていない遠い昔のことだ。アメリカ西海岸サン・ディエゴのマクドナルドで銃乱射事件があり、19名の方が亡くなった。私はすでに学生であったからよく覚えている。大きな事故であったし、この事故に関し新聞だったかに書かれていた論説によって、私自身深く考えさせられた。それは次のようなものであったと記憶している。

  アメリカは銃社会である。規模の大小を問わずこのような銃乱射事件は頻発する。ただ今回の事件が米国国民にとって、他の事件とは比較できぬほどショッキングな事件であるのは、起った場所がマクドナルドであるからだ。様々な社会問題を抱えるアメリカには、一般市民が安心して一息つける場所すらない。女性の夜歩きなどとんでもない。そんなアメリカにあって、実はマクドナルドとディズニーランドだけは、たとえ日が暮れてからであっても、安心して小さな子供を連れてやって来て、ささやかなご馳走楽しむことができる場所だったのである。問題は、その安全なはずのマクドナルドでこのような凄惨な事件が起きてしまったということなのである。

  なるほど、アメリカにおけるマクドナルドとはそのような存在であったのかと、妙に衝撃を受けたことを覚えている。
 

160818

  
  私が初めて中国語を習った先生は、東京の大手中国語学校の主任をしていた。時を経て彼女と教室を離れ食事をご一緒した際、彼女はこう語ってくれた。一般的に言うと日本人は決して中国人を友好的な目では見てくれない。ありていに言うと日本社会は中国人を差別する。ほとんどの日本人が中国人を自分たちより一段劣った民族と見ている。少なくとも私はそう感じる。そんな中、中国語教室の中にいる限り、そこにやってくる日本人は例外なく自分たちを差別的な目では見ない。だから中国人にとって、中国語教室というのは、この東京の中で、唯一、安心できる場所なんですよ。そうなのだ。異国の大都市東京に住む中国人にとって、中国語教室とはそのような場所であるのだと、これまた妙に私は感銘を受けた。

  上の二つの例とも“妙”に感銘を受けてしてしまったのはなぜか。それは私が、安全が当たり前、そして右も左も同じ日本人の超平等社会の中で、環境に対して何の恐れを抱くことなく、または何の引け目を感ずることもなく、生き続けてきたからなのだ。そしてそういう脳天気な社会観を持っているのは、日本生まれの日本人であれば、私以外にも大勢いるのだ。

  さてそのような日本人が中国にやってくると、まあそれなりにストレスも感じる。そのような日本人にとって、この場所は、この教室は、ちょうど米国における、ディズニーランドとは言わないまでも、マクドナルドのような、ある種ほっと一息つけるような場所であって欲しいと思うのだ。そういう場所を私は作りたかったのだ。そしてその雰囲気を演出するのが、君たち中国語講師の、教学の技術以外の、いわば隠し味的技能であってほしいと、実は切実に思っている。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
人前であいさつするのはとても緊張します。
だいたい以下のようなことを言いました。

   私は、今から10年以上前の2004年某企業の海外事業担当として、中国に子会社を設立する仕事を始めました。そして2004年中国法人立ち上げ直後の半年間に二人の赴任者を亡くすという経験をしました。いずれも赴任直後の事故で、一人は業者との飲み会の後、帰宅就寝後おう吐物による窒息死。一人は飲食店で中国人と日本人のケンカに巻き込まれ転倒した際の頭部打撲により、植物状態となり数か月後に死亡という事故でした。
  
  南通で亡くなられた総経理の訃報を名古屋のご家族にお知らせに上がった時の奥様の表情、男の子、女の子のお二人のお子様が、私に背を向けて、泣きながら夕食を食べられている光景に接した時、またもうお一方は、植物状態となられ帰国させることもできず上海の病院で数か月入院後、やっとのことで帰国が実現し、奥様と対面された時、おそらく何も見えていないと言われていたその目から、大粒の涙をぽろぽろと流され、ほどなくお亡くなりになったということを聞いた際、私自身、将来は中国赴任者となり、中国で働いておられる日本人の方々の、少しでもお役にたつような仕事がしたいと考えました。

160728

   そのようなことで、語学研修を通じて日本人と中国人が、少しでもコミュニケーションを深めることができるようにと、ここ常熟で教室を開かせていただいて3年。まだまだ皆様のお役にたつ水準にはたっしていないかもしれません。しかし今後も皆様のご指導ご鞭撻を仰ぎつつ精進してまいりたいと考えております。どうぞよろしくお願い申し上げます。
  
  私はまた、常熟理工学院で日本語教師を勤めております。私どもの教室で教師をしているのは、ほとんどが私の教え子です。中国語教師としては、あまりにも経験が浅く、たびたび生徒の皆様からお叱りを頂戴いたします。お金を頂戴している分際でこのようなことは誠に失礼ではございますが、どうか彼女たちを暖かく見守ってやってください。
  
  なぜなら。今、日本と中国は決して良い関係とは言えません。決して友好的な関係とは言えません。大多数の日本人は中国という国を快く思わず、逆に多くの中国人は日本や日本人を心の底では嫌っています。そんな中、彼女たちは、子供の頃から、日本という国にあこがれ、日本のアニメや漫画を見て育ち、SMAPや嵐が大好きで、そうして日本語を専攻して勉強した人たちです。そして実際の日本人と交流することを長く夢見て生きてきた中国の若者です。どうか大切にしてやってください。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
  あまり出歩かない方なので気がつかなかったが、常熟にもメイソウという店ができている。この店が日本でどの程度知られているのかよく知らない。ネットで調べてみると、『ダイソーっぽくてユニクロ風味、それでいて無印良品』などと揶揄され、ニセモノ天国中国を象徴する悪玉代表のような存在だ。

  商品の裏には、ご丁寧に東京都中央区銀座云々なる架空の本社所在地が印刷されており、かなり手の込んだニセモノぶりとでもいうか。驚いたことに、この店は東京にも実体店舗を持っているらしい。あきれてしまうが、逆によくそんな店を開くことが可能だったものだと感心する。

  実は言いたいことは別の部分である。ネットでの評判をいくつか見てみると、このメイソウなる店、ダイソー、ユニクロ、無印良品の3つの良いところをすべてパクっているから、罪は3倍であるかのような批判である。しかしこれは違うと思うのだ。罪は3分の一というべきだろう。

     なぜか?

160215


  確かに物真似はよくない。ただ私はこのように思う。本当にオリジナルなものという物は、そうやすやすと生み出されるものではない。私は自然科学出身だが、何か一つの分野を研究し、新しい成果を目指そうとする場合、最初の段階は既存の研究成果を徹底的に調べる。つまりは勉強する。これに膨大な時間を費やす。そして実際はその分野を下調べ、つまり勉強している間に、幾多の先行研究の組み合わせの中から未だ前人未踏の新しい領域、研究テーマを見出すのである。

  これは実感として言うのだが、オリジナルな仕事というのも、あちらこちらから自分なりの観点で、集めた既存技術の組み合わせの塊の上に、自分のアイデアという実に薄い皮を乗せたものというだけのものなのである。科学というものはそうやって進歩してきた。iPhoneが初めて発売されたとき、どこに革新技術があったのだろう。私はその方面に暗いが、そのほとんどは既存の技術の組み合わせだったのではないだろうか。

  少し極端な言い方を許していただきたい。過去の日本がそうであり、現在の中国がそうであるように、先進の技術や文化を徹底して研究し真似ることはオリジナルへの、唯一かつ必須のステージであるとさえ私は思うのだ。それは単一のモノの模倣に始まり、やがて複数の良い物の組み合わせへと進化する。その複数が2つが3つ…と増え、仮に100レベルのものが組み合されれば、それはもはや模倣ではなく、オリジナルなものとなる。

  メイソウという店も、もちろんそれ自体は好ましいとは言えないが、今までの中国にはなかったやや進化した模倣の姿を示しているのかもしれない。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。