神戸のタロット占いと講座!恋愛も仕事も充実させるタロット活用術

兵庫県神戸市・明石市でタロット鑑定と講座をしています。
タロットカードの世界観、メッセージを一枚一枚お伝えします。
今、抱えている悩みの本質を一緒に見つめてみませんか?
あなた自身が納得して、自分で答えを出せるタロット占いです。


テーマ:
● 人のことを占うのは難しいと感じますか?


こんばんは、キョウコです。

花粉症の症状が辛くて、毎日寝不足です( p_q)

ようやく暖かくなってきたのに、花粉症の人にとっては本当にしんどい時期ですよね(><;)

この時期だけは早く過ぎてほしいと思ってしまいます・・。



写真だけでもすがすがしく^^


では本文です。

タロットで自分以外の人を占う時に大切なことは、出たカードをそのまま伝えることです。

そのまま伝えると言われても、そんなの当たり前だと思いますよね・・。

だけど、これが意外と難しいんです。なぜなら占う側にも「想い」や「主観」が存在するから。

というのも、カードには文章が書かれているのではなく「絵」が描かれています。

その絵を見て、そこからカードをどう読んで解釈するのかは占う側しだいです。

そしてこの「解釈」がくせものなんです。

読み手しだいでどうとでも読めるということですね。


ここで読み手の「想い」「主観」が加わると、そのまま伝えることができなくなってしまいます。


とくに占った結果がどうも良くないことになりそうな場合・・
そのまま伝えるということは「それ無理ですよ」と相手に伝えることになりますよね。

それをなんか言いづらいな~と感じてしまうと、遠回しな言い方になったり希望を持たせるような言い方になることがよくあります。


先日、生徒さんからの質問でラインでやりとりしていた際にも、

「いい結果にならない感じで言葉を濁してしまう」
「やっぱ、どこかで期待に応えようとしている自分が出てきます」

という一文がありました。

これ、よくわかります!!


相手はうまくいくことを期待しているだけに「ダメですね」とは言いづらいんですよね。

ガッカリさせたくないし、何だか申し訳ない気持ちになってしまうのもわかります。


だけど、ここで占う側の想いを入れてはだめなんですね。


カードは「無理」だということを受け入れることを伝えてくれています。

無理だからやり方を変えるのか、考えを変えるのか、そもそもあきらめた方がいいのかはわからないですが、とにかく今のままではうまくいかないことを伝えてくれているんですね。

もちろんそれをそのまま伝えることでガッカリされるかもしれません。だけど、そこを受けいれることによって、先に進むことができるということなんです。

なのに、ここで読み手側の想いが入ると、カードを都合よく解釈してしまったり伝え方があやふやになってしまいます。

人を占うのが難しいと感じるというのは、こういったところが大きいのではないかな~~と思うんです。

実はカードが読めないのではなく、伝え方がわからないのかもしれないですよ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。