あんくら島田のブログ

『安心して暮らせる島田を作る市民の会』
私たちは静岡県島田市での「震災がれき広域処理」への疑問から活動を始めた年齢や立場・市内か市外かなどの「枠」にこだわらない個人有志の集まりです。


テーマ:

 
↑ご協力有難うございます☆-( ^-゚)v



10/1、とうとう催告書の期限が過ぎました。

真夏が戻ったような台風明けの日

島田市最終処分場の入口に立ち入り禁止の看板が立てられました。




どうしよう、、、

なんか、顔が笑っちゃうんだけど (*´pq`*)ムフッ
(とりあえず先へ進みます)




そして、地権者さん達は市役所へ再質問書の提出。

今日の読売新聞にそのことが出ていました。


10/5が回答期限です。

いったいどんな返事が返ってくるのでしょう。


素人目に見ても、島田市の主張は苦し紛れ。

地権者さんのおかげでこのまま焼却はストップするのかな。

そうだといいな。


ここでもう少し、

島田市の最終処分場のこと説明しますね。

__.JPG


島田市の最終処分場の位置はこんな感じ。

一級河川である大井川のすぐ横です。



__.JPG


周囲はお茶畑。

傾斜地にあり、大雨の日には浄水施設を通らずに

直接焼却灰を含んだ泥水が大井川に流れ込んでいます。

市は貯水池を増設したと言っていますが、

かつてないゲリラ豪雨がしょっちゅうある昨今、

とても十分とは思えません。




写真中央に見えるブルーシートは

5/25に行った焼却灰を埋めることもできずに

仮置きしているものです

その右手向こうに見えるのが大井川と島田の市街地です。



振り返るとお茶畑と

その農家の方々の住む谷口地区。




ここの方達は市のゴミを26年にもわたって受け入れて来ました。

どうかこれ以上こじれずに

島田市が震災がれきの受け入れを

中止してくれることを願います。



白いところの多い看板に

応援メッセージを書き込みました。

冒頭で笑ってしまうと言ったのは、

今は文字でも何でもPCでカッコ良く作れるものを、

この手作り感あふれる看板に

何とも言えない心意気と温かみを感じたからでした。




帰りに敬満神社に詣でて感謝の祈りを。

この境内にある集会場で全ては始まりました。

地域を守ってくれる神様に挨拶して

谷口地区を後にしました。


このブログを見ている皆さん。

どうか地権者さんを、谷口地区の人を応援して下さい。

(*m_ _)m{{宜しくお願いします。



 
↑ご協力有難うございます☆-( ^-゚)v


PR
いいね!した人  |  コメント(4)

[PR]気になるキーワード