筑後市の基礎医学を大事にする かげ○接骨院、整体院/5万人以上の患者様に対応の実績   

急なケガや長年の身体の不調にお悩みの方専門の接骨院、整体院です。


テーマ:

 

こんにちは。ニコニコ

 

 

かげ○接骨院・整体院の鹿毛です。

 

 

ボディスーツを日ごろから着用している方がたまにいらっしゃいます。

 

 

様々なタイプのがあるみたいですが

 

 

おおよそ胸部から骨盤まですべてを覆うタイプが一般的でしょうか。

 

 

聞けば身体が締まるので安定するとのこと。

 

 

確かにそういった良い面もあるのでしょうが、締めが強すぎると逆に悪い影響も与えかねないのでその部分を把握しておくことも大事です。

 

 

それではどのようなマイナス面があるのでしょうか?

 

 

ボディスーツを使用されている方で最も違和感を感じるのは

 

 

肋骨と背中に縦に走る筋肉の異常な硬さ。

 

 

特に肋骨に関しては下部の硬さは抜きんでています。

 

 

結果、下部の肋骨の内部にある横隔膜と言われる呼吸時に重要な筋肉の硬さも見られます。

 

 

軽くでいいので一番下の肋骨の直下から指を内臓の方に入れてみてください。

 

 

弾力性がありますか?

 

 

適度に奥に入ってくれますか?

 

 

 

もし上記のようにならないのであれば

 

 

腹部の中から外側に与える圧が強すぎる可能性があります。

 

 

これでは内臓をはじめ腰の骨、股関節に対するストレスがいかばかりか。

 

 

少し話が逸れますが

 

 

体幹を強くすることが重要

 

 

と昨今よくいわれますが、

 

 

反面、体幹の筋を強くするということばかりに目がいってしまうことで

 

 

腰痛、ぎっくり腰の発生の確率を高める危険性がある

 

 

ともいわれています。

 

 

その理由としては上記に書きました

 

 

肋骨、横隔膜の柔軟性の有無

 

 

です。

 

 

ボディスーツは体を安定させる反面、

 

 

必要以上の固定化状態にしてしまう

 

 

可能性があることも視野にいれておかなければいけません。

 

 

頼りすぎには十分注意してくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

こんにちは。ニコニコ

 

 

かげ○接骨院、整体院の鹿毛です。

 

 

今回は40代女性の方の声です。

--------------------------------------

 

◆氏名

陽子様


◆年齢

46歳


◆性別

女性

 

 

◆来院される前、どんなことで悩まれていましたか?

腰痛、仕事中ただ立っているだけで痛かった。
背中の痛み
右肩が下がっていること

 

 

◆どこで当院をお知りになられましたか?

職場の同僚から「おすすめだよ」と言われました。

 

 

◆当院を知ってすぐに連絡されましたか?
されなかった場合なぜですか?

知って1か月半くらいしてから連絡
年末年始で忙しかったため

 

◆何が決めてとなって当院を選んでいただきましたか?

職場の同僚の体験談
痛いことをしないこと

 

 

◆実際、当院に来られてみていかがですか?

2回来院したあと、仕事中の腰痛がなくなり、

あきらかに効果があっていると感じられる。
右肩下がりも気のせいか少し

良くなっているように感じる。
体が整う感じもしています。

----------------------------------------

 

各箇所の関節に動きがみられず、

 

 

身体全体が捻じれたような状態になっていました。

 

 

ご本人は自覚はなかったのですが、

 

 

検査時に説明しながら行い、

 

 

実感をしていただきました。

 

 

上記で言われていますように、3回目の来院時に

 

 

2回目の施術翌日より腰痛、

 

 

背中の痛みがなくなったとのことで

 

 

本当に良かったです。

 

 

ただ、捻じれ具合がひどい状態だったので、

 

 

痛み等がぶり返さないように

 

 

ご自宅でのセルフケアの部分を含めて

 

 

定期的にケアしていくようにしている現状です。

 

 

後から聞いたのですが、

 

 

片頭痛の回数も格段に減り、同時に

 

 

痛み止めを飲む回数も減っていった

 

 

とのことでしたので、

 

 

なによりの報告でした。

 

 

*陽子さんご協力ありがとうございました。

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

こんにちは。

 

 

かげ○接骨院・整体院の鹿毛です。

 

 

過去の交通事故、ケガで治りが悪い、それ以来調子が悪い方が

いらっしゃいます。

 

 

いわゆる

 

 

古傷

 

 

というものです。

 

 

その中で、痛み、不調の残りが極端に強い方がいらっしゃいます。

 

 

学生時代に

 

 

反射性交感神経性ジストロフィー

 

 

という言葉を耳にしました。

 

 

これは、上記症状に困っている方に当てはまるケースがあります。

 

 

例えば、強い症状が残存している方で、これまでに、

 

 

・車から飛び降りた際の衝撃で、右下肢の強い痛みが長年とれない

 

 

・交通事故で左ふくらはぎから足部まで常にしびれて、ちょっと触るだけでも痛みが走る。

 

 

などの状態の方がいらっしゃいました。

 

 

そのような症状を生み出す可能性のある

反射性交感神経性ジストロフィーと

どのようなものなのか。

 

 

少し難しい言葉も入るかもしれませんが

 

 

なるべくわかりやすいように説明しますね。

 

 

まず、

 

 

理解しにくい慢性的な痛みとして治療の難しい疾患とされています。

 

 

加えて、ケガにより引き起こされた末梢神経といわれる

身体の端(手、足)の部分の神経の焼けつくような痛みを感じる

 

 

といわれていますが、

 

 

原因となる明確なケガがない場合でも起こりうるとされています。

 

 

流れをあらわすと

 

 

ケガ(例えば強く手を衝き骨折)
            

手から頸、胸の高さあたりの背骨近辺の筋肉の瞬間的収縮
      

自律神経を締め付け
      

運動神経が周りの筋肉を固める(体を守るための防御反応)
      

上記関連筋肉が少しのきっかけで収縮しやすくなる(異常な感受性の上昇)
      

血管が締め付けられ該当場所に栄養が行かなくなる

 

 

という感じです。

 

 

この過程の中には

 

 

痛み
  

痛みサインが大脳に伝達
  

交感神経興奮(戦う時に作用する神経)
  

慢性的緊張状態
  

痛み、不調の慢性化

 

 

という流れも入ってきます。

 

 

通常、衝撃後は、防御反応のために血管、筋肉は収縮したあと

 

 

一応の役目を終えたら、ゆっくり弛緩、拡張していきます。

 

 

血管で言えば栄養を患部に送るためにそうなっていくんですね。

 

 

しかし、許容を超える強い衝撃やなんらかの要因によって

 

 

それら通常の過程がみられないことがあるんです。

 

 

そうすると、上記のような負の流れができてしまいます。

 

 

おおよそ、多いのは交通事故、スポーツ中など不意な際におこるケガですが、

 

 

心因性(強い精神的ショック)での報告もあるされています。

 

 

うなづける部分がありますね。

 

 

それでは、このような経過をたどらないようにするにはどうしたらよいのか?

 

 

ということになるのですが、

 

 

大事なのは初期の対応だと思っています。

 

 

その1つのポイントとして

 

 

背骨と付近の調整

 

 

は必須です。

 

 

見落とされがちな部分ですが、

 

 

先述しましたように、強い衝撃で、背骨付近の筋肉は過緊張を起こしています。

 

 

これらを愛護的、ただ愛護的に調整し緩めていくことはとても重要で、

 

 

可能ならば早い段階でケアしていくことが

 

 

後々の経過に良い影響を与えます。

 

 

それにより背骨周辺から末端につながる神経、血管への

トラブルが回避される可能性があるんですね。

 

 

何事も初期動作です。

 

 

よく軽い事故、軽い衝撃だった

 

 

ということでそのままにされている方がいますが、

 

 

思っている以上に身体には強いストレスがかかっています。

 

 

これは子供でも大人でも一緒です。

 

 

例えば一生のうちで3,4回の強い衝撃があれば

 

 

筋肉の受容性が何百倍も上がる

 

 

ということもあるそうです。

 

 

それに加えて医療機関を受診しても、湿布・電気だけで様子見ということも多々あります。

 

 

長期的にみれば後悔しない対応が求められます。

 

 

早い段階で必ず、身体(背骨)の調整をされておくことをお勧めいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。