旅の記録 アロマ編②

テーマ:
こんにちは天使の羽天使の羽 
Aroma & Herb プレゼンター Angel moon のkeikoです月のおじ


旅の記録の続きを・・・と思いながら
イギリスのEU離脱のニュースに驚いて・・・!
そのままになっていました汗



今回旅行の日程が決まったのが わりとぎりぎりで
最初は愛犬ミルキィを長期預けることに 不安もあったので
前向きに下調べする気持ちが 湧きあがらず
サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局も
建物を見るのが目的で 行けたら良いな~くらいだったので



何を買っていいか 迷う迷う
どんどん 閉店時間が近づいてくる
英語ならまだしも イタリア語は ? ? ?
お店の人は 英語も通じるので
どれも 試す事が出来るのですが なんせ語学力が・・・顔



ローズウォーターは 普段私が使っている
健創医学舎のほうが いい香りに思えたし


TOKIOという香水も 購入するほどではなかったので



{9FC0A7A3-841D-4153-8F67-FC2E176A22CE}

少し前の時期に行かれたアロマの先輩の話から
ミルラのチンキと
リップクリームにしました



ミルラは カンラン科の植物で
その樹脂は 古代から香料や医薬品として
使用されてきた歴史があり
ミイラを作る時に 利用されたことでも 知られています


このチンキは マウスウオッシュ用


抗炎症作用 抗ウィルス作用
鎮痛作用 抗感染作用
などに 優れている点を利用しているのですね



使ってみると ミント系のとはまた違う気持ち良さ
歯ぐきも引き締まるようで いい感じです(*^。^*)





リップクりームは バニラのような 甘~い香り 星
濃厚で生クリームみたい
この大きさで 19ユーロくらいなので
リップにはもったいないかな
目元用のクリームにしても 良いかも?



今回 GW後夏休み前という時期的なこともあるのか
イギリスでもイタリアでも 日本人が とても少なかったです
良く見かけたのは 韓国人の女の子ひとり旅とか
賑わしい中国のグループとか

ここでも 中国人の方がかなり買っていました



フィレンツェといえば
世界史では ルネサンス=人間復興
メディチ家 ということで
建造物にしても 絵画にしても メディチ家なしでは
語れません



ここもメディチ家御用達ということで
博物館のような内部は 見応え充分でした キラキラ

{ECA09E10-2E84-4603-ABFC-3AC50804F827}

キャンドルや
今はやりのアロマワックスバーも~
(まるで 同じですね)
もっと 写真を撮りたかったけれど
さすがに バシャバシャ撮れませんでした
(今思うと 旅の恥はかき捨てなので
もっと 撮ってくれば良かったです )



ガイドブックにも載っているので
お店自体は やや観光地化しているという印象を受けました
(こちらには お客様は神様ですという発想は
ないそうで、 店員さんサービス精神あまりなしぷぷ
お値段も いいので
地元の人は あまり買わないかもしれません



他にも ハーブのお店は色々お店があるようで
もう少し 生活に根ざしたアロマ&ハーブ事情を
知りたかったのですが 余裕がなくて周れず


寄れただけでも 運が良かったのですから
満足 満足 きらり'n きらり'n きらり'n



{990B28A8-B619-42A0-A4A6-BABDF58C5BFE}

ロンドンでは コッツウォルズにも行きました。
続きます♪
AD