気まぐれ本棚~がんばらない横浜暮らし

ベスト・セラーじゃなくたって・・・・
表紙の手ざわりていどの本の紹介とか、暮らしのかけらとか。

「いいね」や「ペタ」はお返しできないことが多いのですが、
ご容赦ください。
相互読者登録のご期待にはそいかねますのでご了承ください。


NEW !
テーマ:



このところ私の眉間にジワが寄り、
見るからに不機嫌そうな表情にちがいありません。

仕事がうまくいっていないから?
  妻のサマンサと折り合いが悪いから?
東アジアの緊張状態を憂えているから?
  日本の戦前回帰傾向の歯止めを考えているから?
横浜DeNAの成績がいまひとつだから?

この眉間のジワはあと数か月は消えそうにありません。


   ◆      ◆      ◆

4月の下旬から9月の上旬あたりまでの間、
外を歩いていると眩しくてしかたがないのです。
たぶん紫外線のせいだと思います。

私の瞳がブルーやグレーといった薄い色である訳でもないのに
日向がとても眩しいのです。
道のセンターラインや横断歩道の白は
刃物のような鋭さで私の目に迫ります。
日向でなくても、ガラス張りのビルが並ぶオフィス街はだめです。


   ◆      ◆      ◆

眉間にシワが寄らないように眩しさを防げばいいのですが、
短髪に短いあごヒゲにサングラスでは、
サングラスをかければ眉間のシワは消えても人相が悪くなります。

えっ?
それじゃあ、サングラスをとっても、眉間のシワがなくても
人相が悪いだろうだって?

嘘をつきたくないので、話の流れを変えましょう。
人相の話ではなく、眩しい季節だという話でです。


   ◆      ◆      ◆

眩しいのは道路の白やガラスの反射光ばかりではありません。
街で見かけはじめた半そでからのぞく腕の白さも眩しいんです。

これは7月頃になると小麦色の腕が増え、
夏も終わろうとする頃になると腕の白さも影をひそめてきます。

その時季になれば腕を見ても眩しくなくなるだろうと思うと、
そうではないんです。まだ眩しいんです。

腕の白を見かけるようになる時期と紫外線の増す時期が同じで、
どちらも眩しいからといって紫外線のせいではありません。
腕を見て眩しいのはあの若さのせいです。


   ◆      ◆      ◆


  若葉萌えTシャツから出た腕白し
  ()は上着からサングラス出す

              i-CHIHIRO



[end]


*****************************
作家別本の紹介の目次なら
日本人著者はこちら

海外の著者はこちら
*****************************


<----左側の
①「ライブラリーを見る」をクリックし、
②ライブラリの各本の"LINK"をクリックすると
 その本を紹介した記事にとびます。

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:



この小説を読みながら
禍々(まがまが)しい」という言葉をふと思い浮かべました。
悪いこと、不吉なことが起きそうな空気が付きまといます。

果たして、読み終えた時に救いは見いだせるのだろうか、
と心配になりました。


   ◆      ◆      ◆

 

サロメ サロメ / 原田マハ (文藝春秋)
1,400円、Kindle版1,200円
2017年刊

 


義父に当たる国王を魅惑的な踊りで魅了し、
処刑を躊躇していた預言者を王に殺させた少女が聖書に登場します。
少女の名は通称サロメ。
預言者を殺す場面は読むのもタブー視される向きもあるのだとか。

そのタブー視されている場面を戯曲にした作家がいました。
オスカー・ワイルド(1854-1900)です。
紆余曲折を経て発売されるなり、大評判となりました。

評判となった要因は、その妖艶な挿絵にありました。
挿絵の作者は、オーブリー・ビアズリー、21歳。
その直前まで無名といっていい画家でした。


   ◆      ◆      ◆

オーブリー・ビアズリーとオスカー・ワイルドの出会いと
「サロメ」の誕生を、原田マハはオーブリーの姉メイベルの視点で
小説に書きました。

メイベル自身女優志望でしたが、結核のオーブリーの絵の才能を
世に認めてもらおうと弟に寄り添い奔走します。

オーブリーの才能の第一の理解者であったメイベルが、
弟とオスカー・ワールドの関係に対する嫉妬をきっかけに、
徐々に変貌しはじめます。


   ◆      ◆      ◆

19世紀末のイギリスはまだ保守的でした。
宗教的倫理観に反することは犯罪で、犯せば捕らえられました。

オスカー・ワイルドは服装も奇抜で、男色の噂もありました。
「サロメ」のオーブリーの挿絵も妖しさで人目を惹くものでした。
姉メイベルの心配と嫉妬は、やがて別の執着へと変貌します。

聖書のサロメの怪しさ、
  オスカー・ワイルドの奇抜さ、
    オーブリー・ビアズリーの鬼気迫る絵への執着と歓び、
  ビアズリーの描くサロメの挿絵の妖艶さ、
姉メイベルに潜み、徐々に表面化する強い業・・・・・・。

原田マハは、19世紀の常識を打ち破るかのように、
禍々しさを息もつかせず積み重ねてストーリーを進めます。


   ◆      ◆      ◆

この小説を読み進むにつれ、
オードリー・ビアズリー、オスカー・ワイルド、メイベル3人の
狂気にも映る常識に挑戦する姿の向こうには、
表現する歓びが見えてきました。



[end]


*** 読書満腹メーター ***
お気にいりレベル E■■■■□F
読みごたえレベル E■■■■□F


*****************************
作家別本の紹介の目次なら
日本人著者はこちら

海外の著者はこちら

*****************************

 

 

 


<----左側の
①「ライブラリーを見る」をクリックし、
②ライブラリの各本の"LINK"をクリックすると
 その本を紹介した記事にとびます。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



毎週土曜日、近所のジムで軽く汗を流しています。
マシンを使って体力維持程度の筋トレもしています。

マシンにしても、私は使わないダンベルやバーベルも、
充分そろえられているのですが、物足りなさを感じています。

近ごろ強化したいと考えている筋肉を鍛えるマシンがなくて・・・・。


   ◆      ◆      ◆

こんな筋肉を鍛えたいと思っているんです。

福筋(フッキン):幸福を呼ぶ筋肉。
 (腹筋と似ているので注意)

やはりまず、この筋肉を鍛えておきたいですね。
ネットを調べても鍛え方は出ていないし、
トレーナーに聞いても「私が知りたい」という始末です。
この筋肉を鍛えて宝くじを買おうと考えています。

ハイ!!筋(ハイキン):肯定的に受け止める筋肉。
 (背筋と似ているので注意)

あれこれ文句や言い訳を口にしたり、ノーと拒んでばかりじゃ
なにも変わらず、なにも始まりません。
なにか頼まれたら「ハイ!!」と前向きに受け止めるように
なりたいですね。

今日筋(キョウキン):日々を精一杯生きる力を生む筋肉。
日々の努力を積み重ねる時にも使う。
 (胸筋と似ているので注意)

一日一日をきちんと生きていけば、その蓄積は何年も経って
思わぬ違いを産み出すに違いありません。
苦手なんです、毎日コツコツと積み上げる努力が。


   ◆      ◆      ◆

こうした筋肉の鍛え方をきちんと教えてくれるトレーナーが
いるジムをさがさなくては。

きちんとトレーナーにつかないと、身体を傷めたり、
誤ってちがう筋肉をつけたりしてしまいます。
間違ってこんな筋肉をつけたら大変です。

大凶筋(ダイキョウキン)
 (大胸筋と似ているので注意)

せっかく福筋を鍛えても、この筋肉をつけたら帳消しです。
福筋と間違って付けようものなら、女難や水難などが押し寄せ
たいへんなことになります。

だいたい筋(ダイタイキン):何事も大雑把に済ませる筋肉。
 (大腿筋と似ているので注意)

精密な作業や緻密な思考を妨げます。
ただし、ストレスが溜まったら、これを鍛えることもお勧め。


   ◆      ◆      ◆

ね、まちがったら厄介そうでしょう。

みなさん、身体を鍛える時には、
ちゃんとトレーナーの指導を受けましょう。



[end]


*****************************
作家別本の紹介の目次なら
日本人著者はこちら

海外の著者はこちら
*****************************


<----左側の
①「ライブラリーを見る」をクリックし、
②ライブラリの各本の"LINK"をクリックすると
 その本を紹介した記事にとびます。

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(2)

テーマ:



この小説を読み終えて、
「嘘」というタイトルに納得した後、
「罠」と書き換えたい気持ちが湧き起りました。
なぜなら・・・・・・・・


   ◆      ◆      ◆

 

嘘 (幻冬舎文庫) 嘘 / 明野照葉 (幻冬舎文庫)
文庫 704円、Kindle 324円
文庫化2016年

 


由紀と美玖は12年前両親を事故で亡くし、二人で暮らしてきました。
姉の由紀は32歳。銀座の老舗画廊で評判のスタッフ。
来春、他の銀座の画廊の跡取りの悠介と結婚します。

結婚を控え、由紀は自分探しの旅と称して、
行先や同行者の有無も告げず旅に出てしまいます。


   ◆      ◆      ◆

連絡一つ寄こさないまま、予定の日数を過ぎて帰ってきた
姉由紀の姿を見て美玖は驚いてしまいます。

髪を短く切り、化粧も変わり、清楚な印象から発な感じに。
さらにそれまでの服を捨て、新たに買い直しました。
見た目ばかりでなく、態度も別人のように変わり、
つきあう友人もそれまでとは別世界の人たち。

何が由紀を変えたのか、由紀は本当にあの姉なのか。
結婚直前になって、由紀のあまりの変貌ぶりに
戸惑っているばかりでははじまりません。
美玖と由紀の婚約者悠介は調べ始めます。


   ◆      ◆      ◆

二人で暮らしていた相方が豹変したら、驚くばかりでしょう。
それが結婚直前の姉だとしたら、
独身最後のヤンチャなのか、あるいは心の病かと
あれこれ考えを巡らせるものの、それだけでは解決になりません。

元の姉に戻ってほしいと思いつつ、
豹変後の姉を受け入れなければならないとも考え始めるでしょう。
婚約者にしても、妹にしても、
自分の方まで変わる覚悟などそう簡単にできないでしょう。
まずは原因を知りたい、という共通の気持ちが、
冷静になれば二人の間で連携プレーの機運も産まれそうです。


   ◆      ◆      ◆

最後まで読んで、意外性は感じませんでした。
作者が書いた以上に由紀は、
わずかな可能性にも賭けた部分がありそうな気がします。

必ず実現したかった未来と、
美玖が望めば選択可能な未来と、 ふたつの未来を由紀は描いていたのではないかと。



[end]


*** 読書満腹メーター ***
お気にいりレベル E■■■□□F
読みごたえレベル E■■■□□F


*****************************
作家別本の紹介の目次なら
日本人著者はこちら

海外の著者はこちら

*****************************

 

 

 


<----左側の
①「ライブラリーを見る」をクリックし、
②ライブラリの各本の"LINK"をクリックすると
 その本を紹介した記事にとびます。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:



私が通勤で家を出る時刻が一定ではありません。
駅までの道で見かける顔もまちまちとなります。

大方は一人で駅に向かう人たちです。
たまに駅の方から歩いてくるのは、初老のスーツ姿の男性や、
若い女性、自転車に乗った眼鏡など限られています。
一人でないのは通勤の父娘や夫婦、幼い子を連れた人たちです。


   ◆      ◆      ◆

こうして顔を見かける中でここ何年か目にすることが増えたのは
保育園に向かう親子連れです。
駅近くにも、家の近所にも新たに保育園が増えました。
駅の方へも、駅の方からも、双方に見かけます。

ベビーカーを押す夫婦、両手を娘&坊やと手をつなぐ母親、
自転車にヘルメットをかぶせた女の子を載せた母親、
片手で娘の手をひきもう片手に小さなリュックを持つ父親 etc.

歩く人はみんな他の通勤の人たちよりゆっくりしたペースです。


   ◆      ◆      ◆

先週、いつもと異なる光景の父子が駅の方から来ました。

スーツ姿のお父さんが、1歳児ほどの坊やを肩車していたのです。
坊やはお父さんの額に両手を回し、ごきげんな表情です。
父親の体格がいいので、さぞかし見晴らしもいいのでしょう。

それにひきかえ、お父さんの方は真面目な表情で足早です。


   ◆      ◆      ◆

おそらく時間が押して急ぐので、坊やの歩調に付き合いきれず、
ひょい、と肩の上に載せて急いだのでしょう。

無理に親が子の手を引いたところで、
1歳児の急ぎ足などたかが知れています。
それどころか、坊やは痛がってぐずりはじめるかもしれません。

肩車なら坊やはごきげん、歩調はお父さんの思うまま。
やりますね、このおとうさん、win-winの解決策です。
今朝は晴れていてよかったね、パパさん。


   ◆      ◆      ◆


  わあ高い、ボクはごきげん 肩車
  足早に育メン向かう保育園

             i-CHIHIRO



[end]


*****************************
作家別本の紹介の目次なら
日本人著者はこちら

海外の著者はこちら
*****************************


<----左側の
①「ライブラリーを見る」をクリックし、
②ライブラリの各本の"LINK"をクリックすると
 その本を紹介した記事にとびます。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。