Siempre ○ Domingo!!

しえんぷれ えん どみんご


テーマ:

3月8日 前岳 位牌岳


寝坊してしまい、山神社から歩き始めたのは11:00近かった。

駐車場からいきなり雪道で、テンション上がるけれど、かなり積もっている。

25年ぐらい前から愛鷹は歩いているけれど、この積雪量は初めてかもしれない。


前岳方面への分岐に入ると、マイナールートなのに、先行者(1人)の足跡が。

時折腰近くまで踏み抜きながらのトレースを追う。



山頂直下の急登で、先行者が下ってきた。

前岳だけでやめたという。

確かにここまで来るだけで、2番手の僕でさえ、けっこう疲れた。



目指す位牌岳は正面に見えているし、稜線上を歩けば着くのはわかっていたので、

行ける所まで行ってみることに。

トレースは全く無く、時々、太もも辺りまで踏み抜きながら、頑張る。



ふぅ~、着けた・・・

袴腰岳方面からは、数人が来たトレースがあった。


越前岳と、その向こうの富士山


帰りは、雪が緩んで更に足の負担が増え、、太ももが攣りそうになりながらも、15:00頃に下山。



3月9日 越前岳 呼子岳


前日の疲れはあるものの、ちぷと、また愛鷹。

今日もマイナールートで、勢子辻から越前岳を目指す。



また、出発早々からトレース無し。

このルートは僕は初めてで、ちぷは一度歩いた事がある。

マーキングが少ないので、ちぷの記憶も参考にしながら、慎重に。



黙々と歩き、最後の崩壊地の急登を頑張ると・・・



十里木からのメジャールートとの合流地点に着いた~。

ここまで来れば、越前岳まで、あとちょっと。

多くの人が歩いているので、バッチリ踏み固められたトレースは、楽チン♪



樹氷が美しい山頂には、多くのハイカーさん達がいた。

写真を撮っていただいた直後、女性の団体さんが、ゾロゾロと富士見峠方面から到着したので、

ヒロちぷ、休憩をやめて、さっさとその場を離れた。

(もう少し、静かにしてもらえませんかねぇ・・・)



高場所方面への分岐を通り過ぎて、呼子岳まで足を伸ばす。



昨日歩いた前岳、位牌岳。


分岐まで戻り、勢子辻まで下山。

このルートも僕は初めてで、マーキングが少なく、先行者(1人)さんのおかげで、

迷うことなく下山できたけれど、もしトレースが無かったら、積雪状態では道がわからず、

地図とコンパスを使いながらで、時間がかかったと思う。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

2月8日~9日 恒例の雪中キャンプ


今回は、大雪の為に2名が参加できず(現地まで辿り着けなかった)

呑んだくれ登山隊+こむちゃんの4名で遊んできた。



まずは、国道299号の冬季閉鎖ゲート前から、麦草峠までハイキング。

スノーシュー、ワカンが大活躍してくれた。



時々、国道を外れてショートカット。

ズボズボ埋まって大変なんだけど、でも、これが楽しい。


麦草峠に到着。

ちょっと吹雪く中、昼食を食べて、来た道を戻る。


テントを張って、飯食って、宴会突入。

前半は外でやっていたけれど、後半はハイエースの中に移動。



翌日は、のんびり撤収して、温泉でまったりして、

渋滞にハマりながらも、夕方には無事帰宅し、ヒロ亭でまた宴会。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
1月25日



山好きな方々が集まり、ヒロ亭で新年会。
楽しかったけれど、呑み過ぎて・・・途中から記憶が全くない・・・

皆さん、また遊びに来てください!
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

1月18日

ちぷが、こむちゃんと雪山講習で赤岳に登るというので、まーくんと僕も便乗。

ちぷ達は赤岳鉱泉の小屋泊まりだけど、おやじ2人は行者小屋でテン泊。


0930頃、美濃戸口に車を止めて、林道歩き開始。

途中で、ガイドさんの車に乗ったちぷ達に抜かれる。



お山が見えてくれば、小屋は近い。



1300前、行者小屋に到着。



テントを張ったら、すぐにビールで乾杯♪

その後、夕方まで昼寝。


晩飯を食べていると、雪が降り出してきた。

吹流しで、ストックを使って「なんちゃって前室」を作った。


ビール→ワイン→ウィスキーと、順調に酔っ払って、2000頃就寝。



雪は一晩中降り続いたようだ。




1月19日

予報では荒れると言っていたけれど、思ったほど酷くない。

0615頃、とりあえず行けるところまで行こうと、出発。



文三郎尾根は、雪でトレースが完全に埋まり、風も出て来た。

ラッセルしながら登る先行のパーティーに追いつき、

その後は僕らが先頭になってしまった。



分岐まで登ると、猛烈な風で、どうしようか悩んだけれど、

少し進むと、位置的に風の影響が少なくなり、ちょっと休憩。


後続のパーティーは、どうやら僕らを先に行かせたい感じなので、

まーくんと、時々膝下ぐらいまで雪に埋まりながら、岩場を登る。



0815 登頂できちゃった・・・



山頂付近は風はあまり強くなかったし、景色は最高だったけれど、長居は無用。

写真だけ撮って、すぐに下山開始。



とりあえず、営業している赤岳天望荘(写真中央右側)へ、一気に下る。

その先の地蔵峠でお地蔵さんに手を合わせて、地蔵尾根へ。

風で飛ばされた雪が顔にバチバチ当たり、痛い・・・

フカフカの雪で、ほとんど「駆け下りる」感じで、あっという間に樹林帯まで。

樹林帯では、時々「尻セード」(ボブスレーしてるみたいな感覚だった)


これまたあっという間に高度を下げると、ちぷ、こむちゃん、ガイドさんが居た。

ここでアイゼンを付け、アンザイレンして山頂を目指すという。

数分間の準備中、話をして、出発する3人を見送った。

(ちぷ、こむちゃん共、無事に登頂できた。おめでとう~!)


テン場に戻ったら、撤収して、来た道を戻って、1215頃、美濃戸口着。

温泉に寄って、遅い昼飯を食べて、ノンアルで乾杯。


風と寒さは大変だったけれど、心強い相棒も一緒だったし、楽しかった。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

1月12日 麓登山口から登り、地蔵峠経由で下山。









雪遊びもできたし、富士山もきれいに見えたし、新しいテルモスの性能にも満足したし、

山頂ビールも美味かったし、チェーンアイゼンの有効性もわかったし、充実した山歩きだった。

ただ、相変わらずキツい山です、毛無山。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 

 

 

 

 

 

 

12月31日~1月2日の2泊3日で南アルプスへ。
今回は地蔵岳まで行く計画だったけれど、年末年始は荒れそうな予報。
3日以降は良くなりそうなので、日程を遅らせることも考えたものの、
予定通りに南御室小屋のテン場で年越しとした。

強風の為、また薬師岳だけになったけれど、観音、地蔵は、また次回。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
12月14日
みずがき山荘から富士見平小屋へ。
短い距離だから、ザックの重さは気にならないけれど、
大量の落ち葉で道が見えず、ちょっと苦戦。


前回と同じ場所に設営。
ものすごい霜柱で、地面の状態は良くない。


今回、僕が担いだお酒。
(結局、ウィスキー以外は、全部なくなった。)

 
雪はないけれど、気温はどんどん下がっていく。
負けないように、とにかく食べる!

 
日が暮れると、更に気温は下がり、ちぷはテントへ避難。
オヤジ2人は、相変わらず、外で飲む。
ビールがシャーベット状に凍り、飲み難い。
昔はガスランタンの上に置いて、溶かしながら飲んだのだけど、
今はLEDランタンなので、それもできず。

12月15日
寒波の影響で風が心配だったけれど、
テン場の状況から「行ける!」と判断して、明るくなってから出発。
気温はマイナス11℃。

 
雪が出始めてからも、ツボ足で。

 
砂払いの頭に到着。
ラッキーなことに、風はそれほど強くない。

 
雪が少ないので、岩の露出が多くて、アイゼンを付けるくタイミングが難しい。
岩の状態を見計らって、稜線の途中で付けることにした。
ちぷ、初の12本爪。


低い雲の隙間から、景色が見えたのは嬉しい。
富士山も、良く見えた。

 
まーくんのアドバイスがありがたいね~。

 
無事に登頂できました。
気温はマイナス12~13℃ぐらい。

 
正しい記念写真

 
呑んだくれ登山隊バージョン

 
山頂ビール、2本担いできたけれど・・・寒くて・・・
岩陰でテルモスのお湯でスープとコーヒーを飲み、来た道を戻る。

 
富士見平小屋に戻り、テントを撤収してみずがき山荘へ。
温泉に寄って、帰宅。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
11月15日に富士山に降った雪はかなり積もったようで、
25日に閉鎖されるはずの富士山スカイラインが通行止めに・・・
その日の夜、ヘッドランプを付けて、まさお号をスタッドレスに入れ替えたものの、
16日の朝、行ってみると、まだ解除されていなかったので、水ヶ塚に。
須山口登山道で6合目まで歩いてきた。

 

 

詳細は・・・もうおわかりですね?(笑)
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。