一日一回脱原発 & デモ情報in大阪

大きなことはできません。でも一日一回、小さなことでも脱原発に役立つことをしよう。そういう思いを込めてタイトルをつけました。脱原発デモ・イベント情報と、原発&放射能に関するお役立ち情報を掲載します。



テーマ:
★2/20追加情報
●2/24までのイベント情報を追加しました。


【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。


映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-95.html




■2月20日(月) 深夜午前00:55~01:25 読売テレビ、日本テレビ系列
NNNドキュメント「“夢の原子炉"は夢だった もんじゅ廃炉の内幕」」
高速増殖炉「もんじゅ」の廃炉が決まった。22年間で1兆円以上かけて稼働したのはわずか250日。使った以上の核燃料が取り出せるはずの「夢の原子炉」はなぜ夢に終わったのか?政治家、官僚らの生々しい取材メモ。一方で夢を信じて振り回されてきた福井・敦賀市の地元。そして大きな岐路に立たされた核燃料サイクルはこのまま進むのか…ちょっと待て、このままでいいのか?
http://www.ntv.co.jp/document/



憲 法
●2月20日(月) 午前10時~12時 大阪クリスチャンセンター(地下鉄玉造駅(長堀鶴見緑地線)①5分 JR玉造駅10分 http://www.osakachristiancenter.or.jp/map.html)
第31回学習会
①水草修治著「憲法と王と平和」輪読(84ページ~100ページ)
 水草修治:1958年生まれ日本同盟基督教団小海教会牧師
②山下國明兄感想文(1月16日学習会)を前提に討議
③パワーシフトについて
費用:500円



■2月20日(月) 午後10:00~10:25 NHK総合
クローズアップ現代+
特集トランプのアメリカ “不寛容の超大国”~バノン氏の思想的源流~

就任直後にトランプ大統領が発した中東など7カ国の人の入国を一時的に禁止する大統領令。その後、司法判断で執行が停止されたが、政権側は新たな大統領令を出すことを示唆するなど、米国内で激しい議論を巻き起こしている。こうした政策に大きな影響を与えていると言われるのが、大統領の上級顧問を務める政権の“黒幕”スティーブ・バノン氏。元保守系ニュースサイトの経営者で、移民に極端に厳しい立場をとるとされる人物だ。番組では、バノン氏の思想的源流をたどり、トランプ政権中枢が目指す「内向きで排他的なアメリカ」の思想の全貌に迫る。さらに、フリン大統領補佐官の辞任など政権内部で起きている混乱がトランプ政権に何をもたらすのかを分析、トランプ政権の今後を読み解く。
http://www.nhk.or.jp/gendai/schedule/



●2月21日(火) 18:30~ハートピア京都 京都府立総合社会福祉会館(地下鉄「丸太町」5番出口すぐ/市バス・京都バス・JRバス「烏丸丸太町」下車 烏丸丸太町下ル東側 075-222-1777 http://www.heartpia-kyoto.jp/access/access.html
めだかの学校・2月学習会
「京都府の原子力防災~最新事情を学ぶ~」

お話:府民生活部防災・原子力安全課専門職員(京都府専門職員の出前語らい)
参加費:500円
連絡先:075-602-1183 山本(20時~23時)
http://blog.goo.ne.jp/543142011/e/f7f85599f1f6e5488e2948716d6470d3



気候変動
●2月21日(火) 午後6時半~エルおおさか704(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
ATTAC学習会~気候変動・パリ条約と日本の課題
持続可能な世界のために、今しなければならないこと

講師:田浦健朗さん(気候ネットワーク事務局長)
地球温暖化の抑止のための国際的な取り組みは今、どこまで進んでいるのか? もっとも大きな影響を受ける「南」の国々は公正な気候変動対策(クライメート・ジャスティス)と「システムの変革」を求めています。COP21で合意されたパリ条約の意義、16年にモロッコで開催されたCOP22から見えてきた課題などについて報告していただきます。
米国・トランプ大統領の登場で、米国のエネルギー産業が活気づいており、オバマ政権が中止を決断したガス・パイプライン建設が再開されています。公正な気候変動対策(クライメート・ジャスティス)のために、今しなければならないこと、できること・・・田浦さんの報告をもとに、いっしょに考えたいと思います。
資料代:500円
主催:ATTAC関西グループ
連絡先:06-6474-1167(喜多幡)
http://attackansai.seesaa.net/article/445935140.html



朝鮮高級学校無償化
●2月21日(火) 12時~1時 大阪府庁南側通用出入口前(谷町4丁目駅1A出口から北東、天満橋駅3番出口から南東、いずれも徒歩約7分)
朝鮮学校への補助金復活を求める火曜行動
主催:朝鮮高級学校無償化を求める連絡会・大阪



■2月21日(火) 午後10:00~10:25 NHK総合
「クローズアップ現代+ 特集トランプのアメリカ 我が国を白人の手に取り戻せ」
もうひとつの“トランプ現象”がアメリカ社会に暗い影を落としている。「アメリカを白人の手に取り戻せ」という運動が激しさを増し、人種や思想が異なる人たちの間で激しい衝突が起きている。“白人至上主義”を掲げる団体は全米でおよそ500。番組では、今最も注目されている リチャード・スペンサー氏に密着し、もうひとつのトランプ現象を見ていく。アメリカが世界を 牽引してきた自由や平等、民主主義といった理念はどうなるのか、徹底検証していく。
http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3938/index.html?1487323044



■2月21日(火) (再放送)午後11:00~11:50 NHK BS1
BS世界のドキュメンタリー「強制収容所のマエストロたち」
14万以上のユダヤ人が送り込まれたチェコのテレジン収容所では、多くの音楽家が犠牲となった。極寒の中、命のともし火が消えるまで曲を書き続けた作曲家もいる。またスロバキアでは、収容所での過酷な日々や家族への思いが代々歌い継がれている。フランチェスコは死と隣り合わせの極限状態の中で生まれた美しい楽曲を収集してきた。その音楽を演奏することで、曲に込められた音楽家たちの思い、平和への願いを現代に伝える。
http://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=170221



■2月21日(火) (再放送)午後11:45~00:45 NHK BSプレミアム
アナザーストーリーズ「誕生!日本国憲法~焼け跡に秘められた3つのドラマ~」
今年、施行70周年を迎える日本国憲法。その成り立ちは実に複雑である。GHQが作成した草案がベースになったが、実は、日本の民間人が作った草案もGHQ案に影響を与えた可能性があること。また当時世界でもまれな「男女平等」を実現し、その背後に若き女性の献身的な努力があったことなど、あまり知られていないことも多い。さらに伊豆大島には島民が作った幻の憲法も存在した…。日本国憲法誕生の舞台裏を3つの視点で描く。
http://www4.nhk.or.jp/anotherstories/x/2017-02-21/10/17442/1453050/



●2月23日(木) 19:00~市民環境研究所(叡山本線 元田中駅徒歩1分 左京区田中里ノ前21石川ビル305 http://www13.plala.or.jp/npo-pie/access.html
放射性廃棄物拡散問題に関する第6回学習研究会
主催:NPO法人・市民環境研究所
呼びかけ:石田紀郎(市民環境研究所代表理事)守田敏也(フリーライター・市民環境研究所研究員)
参加費:若干のカンパをお願いしています。
連絡先:090‐5015‐5862(守田)
https://houteisien.wordpress.com/kyoto/



戦争法
●2月23日(木) 15:00~16:30 神戸三宮マルイ前
戦争法廃止、沖縄基地建設強行反対
改憲策動許さない街頭宣伝活動

主催:安保法制関連法廃止市民の会
http://jiyuuzinn.jugem.jp/?eid=48



植村裁判 慰安婦問題
●2月23日(木) 18:30~KCC会館大ホール(地下鉄今里駅10分 https://www.mapion.co.jp/m2/34.66154532,135.54164079,16) 
植村隆裁判と日本軍「慰安婦」問題の今
「日韓「合意」と「少女像」をめぐって」
報告:方清子(パンチョンヂャ)さん(日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワーク)
「ソウルから見た日韓の現在」
報告:植村隆さん(元朝日新聞記者)
「植村裁判の今」
報告:殷勇基(ウンヨンギ)さん(植村弁護団)
会場協力費:500円
連絡先:080-3777-2566
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1362458890464565&set=a.206025479441251.51035.100001014018811&type=3&theater



朝鮮史
●2月23日(木) 神戸学生青年センター(阪急六甲駅北3分/JR 六甲道駅北15分 078-851-2760 http://ksyc.jp/facilities/map/
朝鮮史セミナー2017 著者が語るシリーズ<全3回>
第3回「安重根と東洋平和論」
(編著・李泰鎮+安重根ハルピン学会、監訳・勝村誠+安重根東洋平和論研究会)(2016年9月、 日本評論社)
立命館政策科学部教員 勝村 誠さん
1909年、前韓国総監・伊藤博文を射殺した大韓帝国時の独立運動家・安重根が獄中で記した「東洋平和論」。日中韓の研究者が安重根の思想の今日的意義を共同研究。/第1部 安重根の独立戦争をめぐって、第2部 安重根と東洋平和論、第3部 安重根と中国・日本(日本評論社HPより)
参加費:600円
主催:神戸学生青年センター
http://ksyc.jp/seminar/ts-201701-02/
http://ksyc.jp/wp-content/uploads/2016/11/ts201701-02.pdf



民族教育
●2月23日(木) 13:30~16:45 ドーンセンター(京阪・地下鉄「天満橋」1番出口東へ350m http://www.dawncenter.or.jp/shisetsu/map.html
同胞保護者会・民族教育をすすめる連絡会 2016年度大阪府との交渉
1 卒業証書や入学志願書・外国籍教員の本名原則の徹底
2 大阪府から大阪市への税源移譲に関わる民族講師の位置付け、覚書講師の消滅
3 ヘイトスピーチ等への対応
その他、社会や道徳についての教科書選定等についても話し合います。
どなたでも参加いただけます。参加希望者はできれば事前にご連絡いただけるとありがたいです。
連絡先:民族教育をすすめる連絡会 郭政義(クァクチョンイ)さん
kwakmb1★jcom.zaq.ne.jp 090-4569-7677



展覧会
●2月23日(木)~3月16日(木) 平日10:30~18:30 兵庫県国際交流協会交流ギャラリー(HAT神戸 県立美術館の西隣ビル2階)(阪神岩屋 http://www.hyogo-ip.or.jp/modgmap01_10968/)
「アジア子ども絵日記フェスタ」パネル展
【内容】アジア子ども絵日記フェスタは、アジアの国と地域の6歳から12歳までの子どもたちに呼びかけ「絵日記」を集めています。今回は、第12期(2015年-2016年)の応募作品の中からグランプリ作品をパネルにして展示します。それぞれの作品は、豊かな色づかいや個性あふれる方法で描かれ、すばらしい自然や文化、習慣、伝統など毎日の生活を表現しています。ぜひ、アジアの子どもたちの世界をのぞきに来てください。
入場無料
問合せ先:兵庫県国際交流協会 企画広報課 078-230-3267
主 催:兵庫県国際交流協会企画広報課 078-230-3267
http://www.hyogo-ip.or.jp/plaza/modtreepage01_7092/index.html#section23072
http://www.hyogo-ip.or.jp/pdf/usr/default/0g8-f-6-1.pdf



●2月24日(金) 関西電力本社前(JR「大阪駅」阪神・阪急「梅田駅」徒歩約15~20分 「北新地駅」徒歩10分「淀屋橋駅」徒歩約10分 「肥後橋駅」4番出口徒歩約5分「渡辺橋駅」徒歩約4分 http://www.kepco.co.jp/corporate/profile/community/honten.html
関電本店前包囲行動 17:00頃~19:30頃 関西電力本社前(南西角)
http://stop-kanden.seesaa.net/
関電前星空交流会 19:00~20:30 関西電力本社前(北西側)
【星空交流会】
http://zenkopeace.blog.so-net.ne.jp



●2月24日(金) 18:00~19:00 阪急茨木市駅東口  
再稼動反対、全ての原発をゼロに」茨木金曜日行動



●2月24日(金) 17:00~京都関電前(京都駅前北西)
関電京都へのスタンディングアピール(キンカン行動)
毎週キンカン行動は午後5時から午後7時まで



●2月24日(金) 18:00~関電神戸支店前 19時~パレード予定(「三宮駅」南へ約1km、神戸税関交差点を西へ約15分 http://www1.kepco.co.jp/office/kobe/kobe.html
カンキン行動(関西電力神戸支店前抗議行動)&三宮駅までのパレード



●2月24日(金) 17:30~関電姫路支店前→piole前 (山陽電車姫路駅 http://www.kepco.co.jp/corporate/info/community/himeji/index.html
関西電力抗議金曜姫路行動 脱原発にむけてあなたの声を関電に!
先週も寒かったで~。暖かい格好で、ヒカリモノで元気に!脱原発の願いを込めて 音楽・アート大歓迎。手作り看板・鳴り物持参で。福島のこども達のための街頭カンパもやってます!再稼動許さないの声をもっと!
https://www.facebook.com/events/417963405218329/



このほか大阪茨木市、羽曳野市、寝屋川市、京都、兵庫、滋賀、奈良、三重、和歌山など各地の関電支店前やその他の場所で全国一斉金曜行動が行われています。
全国の金曜抗議行動をまとめたサイトはこちら。
 ↓ ↓ ↓ 
全国金曜抗議一覧  
http://demojhks.seesaa.net/article/296349527.html



映画上映会
●2月24日(金) 19:00~猪飼野セッパラム文庫(近鉄上本町六丁目駅8分・地下鉄谷町九丁目駅10分 環状線・地下鉄・近鉄鶴橋駅15分 ドンキホーテ上本町店から東へ、セブンイレブン角を右へ約100m、左側3軒目 ※道に迷われる前にお電話ください。 http://www.mapion.co.jp/m2/34.66158997553531,135.5232413888889,16
猪飼野セッパラム文庫「映像で見る朝鮮韓国在日」第16回上映会 
追悼・姜輝鮮(カンフィソン)さん
『アリランのうた―オキナワからの証言―』
(朴壽南(パクスナム)監督、1991年、100分)記録映画『アリランのうた―オキナワからの証言―』は、在日朝鮮人二世の朴壽南監督によって、一九九一年夏に完成しました。沖縄戦で犠牲になった朝鮮人「慰安婦」・軍夫に関する証言を掘り起こし、フィルムに収めた作品です。
一九九一年夏といえば、金学順さんが日本軍元「慰安婦」として初めて名乗り出られた年です。被害女性が名乗り出られたことによって、この問題は日本中の注目を集めました。映画『アリランの歌』も、謝罪と補償を求める運動の力によって、全国各地で上映運動が開催されました。この年、金学順さんの存在と共に、この映画が運動を揺り動かしたと言っても過言ではありません。(http://www.jca.apc.org/stopUSwar/Our_actions/arirang080127.htmより)
入場無料 定員15名 要予約
主催:猪飼野セッパラム文庫 https://sepparam-bunko.jimdo.com/
協力:アリランのうた製作委員会
問合せ:猪飼野セッパラム文庫 TEL.090-9882-1663 Email.masipon@nifty.com
http://www.jkcf.or.jp/calendar/modules/piCal1/index.php?smode=Daily&event_id=0000025934&caldate=2017-2-19



写真展
●2月24日(金)~3月2日(木) 午前10:00~午後6:00 最終日 午後3:00 日曜・祝日休館 オリンパスギャラリー大阪(本町駅22番・23番徒歩2分 https://fotopus.com/olympusplaza/showroomgallery/access_map/map_osaka.html
川上 讓治 写真展
釜ヶ崎劇場 2011-2015【吾亦紅ありたい】

写真展案内
この5年間、大阪市西成区の一角に住み込んで撮った写真を、釜ヶ崎劇場 2011-2015【吾亦紅ありたい】と題してまとめた。
釜ヶ崎はあいりん地区とも呼ばれる。日雇い労働者が職を求めて集まる地だ。「ドヤ」と通称されてきた簡易宿所に泊まり、日々、路上を行き交う人々とすれ違う一瞬に、すりとるようにシャッターを切る。宿所の窓を開けると、この街独特のにおいを感じる。そんな時、長く興行師として過ごしたすとりっぷ劇場を思い出す。伝説の踊り子、一条さゆりが晩年を過ごしたのもこの地だった。私にはこの街も「劇場」に思えて仕方ないのである。人生の光と影、表と裏の凝縮したような「舞台」。たとえ福祉という衣装をまとっていても、むき出しの生の緊張感がある。もし、路上で不用意に人々へカメラを向けると、「仲間を撮るな」とすごまれる。「撮り逃げ」は許さない。
「吾亦紅」は、バラ科・ワレモコウ属の植物である。一説によると、「我もこうありたい」と、はかない思いをこめて名付けられたという。その由来から作品の画題を命名しました。
入場無料
出展作品数:モノクロ 約40点
オリンパスギャラリー大阪
TEL 06-6535-7911 FAX 06-6535-7274
https://fotopus.com/event_campaign/showroomgallery/detail/c/393



クリックして応援お願いします!

にほんブログ村


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
★2/19追加情報
●2月19日(日) 16:00~東大路丸太町交差点、熊野神社前西へ50メートル(京阪神宮丸太町)
戦争法廃止!左京みんなのデモ
●2月19日(日) 16:30~京都市役所前 17:00~デモ出発
「自衛隊は南スーダンから撤退せよ!沖縄新基地建設反対!戦争法廃止を!2・19京都デモ」
●2月19日(日) 13:00~14:45 京都弁護士会館3階会議室(地下鉄丸太町)
福知山射撃訓練場はどうなっているのか 日米共同使用の実態と問題
■2月19日(日) 午後07:00~08:50 NHK BS1
「BS1スペシャル ノーベル文学賞作家 アレクシエービッチの旅路」


【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-95.html




●2月19日(日) 13:30~16:30  阿倍野市民学習センター(あべのベルタ 3F)(地下鉄谷町線「阿倍野」駅7号出口方面からあべのベルタ地下2階通路を通りエスカレーターで3階へ/「天王寺」駅徒歩8分http://osakademanabu.com/abeno/access
福島原発事故6年 避難者こども健康相談会おおさか
-活動5周年 避難者と共に、原発事故を考える集い

第一部:健康相談会活動5年をふり返って
1)健康相談会活動が果たす役割、期待されるもの
2)福島からの避難者の訴え
第二部:記念講演
「ベトナムの原発計画-その問題点と白紙撤回の理由を探る-」
講師:吉井 美知子 氏(沖縄大学教授)
2011年3月11日の東日本大震災と福島第1原発事故から約6年が経過します。福島原発事故は、いまだに莫大な放射性汚染物質をまき散らしており、終息への見通しも全く立っていません。そして、残念ながら明白な甲状腺がん異常多発と周産期死亡の増加など健康障害が認められています。福島原発事故後、子どもたちを放射線被ばくから守るため関西地方に避難して来られた家族を対象に、「避難者こども健康相談会おおさか」を開始し、避難者家族の声に耳を傾け、悩みや健康不安を受け止め、必要な家族へ医療機関紹介や避難生活に伴う相談の機会を設けてきました。数多くのボランテイアスタッフによって支えられ開催5年の節目に際し、果たしてきた役割と今後に期待されることを整理し、多くの方々に相談会活動を知っていただく機会として“集い”を企画いたしました。
政府は、避難指示解除や賠償の打ち切りを進めています。
原発事故の区域外避難者への住宅無償提供が本年3月で打ち切られようとしています。いのちと避難生活をまもり、事故原因の究明と、賠償、「避難の権利」を認めさせるために、避難者は取り組みを進められています。避難者の方から訴えをお聞きします。
さらに第二部として記念講演会を設けています。
昨年11月22日、ベトナムの国会が原発建設計画の中止を正式に議決しました。日本の同国への原発輸出の破談が決まった瞬間でもありました。この計画ではベトナム南部、ニントゥアン省にロシアと日本が輸出するベトナム初の原発2ヶ所ができるはずでした。このベトナムの原発建設計画は、2010年に日本が受注し、積極的に推進してきたものでした
2011年の3.11を機に開始し、2012年のベトナムでの原発反対の署名運動を経て、苦節5年の反対運動の末に勝ち取られた成果です。
この運動のなかで重要な役割を果たされた日本人の方々がいらっしゃいます。今回講演をしていただきます吉井美知子先生もそのひとりです。吉井先生は、ベトナム人が集まる国内外の様々なセミナ-や講演会などの機会で、「日本からの教訓」と称して、福島での子どもたちが被ばくを強いられている状況について、事例をあげて報告をされてきました。
政府や地元自治体からは必要な情報がほとんど提供されなかったこと、被ばく者の保養の実施や市民による線量測定、多く被災者が避難生活を強いられ困難に遭遇していること、自主避難者への支援を市民社会が担っている現状等多くを話されています。ベトナム有力紙へのベトナム語での投稿「フクシマ事故後のわたしたちの生活」では、自らの日本で安全な食材探しに苦労しながら子育てをした経験談など、・・。それは、福島第一原発事故の被害の惨状であり、故郷を奪われた被災者たちの叫びでした。
この様に、原発事故の被害や故郷を奪われた避難者たちの声がベトナムにも届き、原発計画白紙撤回の大きな力になったと言えます。ベトナムでの日本の同国への原発輸出の破断や台湾での脱原発の流れは、国内で原発再稼働を進め、海外ではインドやトルコなどへの原発輸出を推進する政府に対する一つの大きな壁になりえるのではないでしょうか?
-講師紹介-
1988年よりベトナムに長期滞在、ストリ-トチルドレンン問題に取り組む施設を運営、
“「路上の子」に温かな家を”とロ-カルNGO活動に取り組んでこられる。日本でのベトナムNGOに関する研究と実践の第一人者。2008年から三重大学教授、2014年より沖縄大学教授。日本に戻って2年半で、3・11に遭遇され、日本がベトナムに原発を輸出すると聞いて仰天。「これはあかんわ。止めよう」と決意される。
参加費:800円 避難者・学生 500円
連絡先:避難者こども健康相談会おおさか事務局 髙松昌子
masako-ta@luck.ocn.ne.jp osaka.soudankai@gmail.com
http://osakasoudankai.blog.fc2.com/



東日本大震災避難者
●2月19日(日) 15:00~まち・コミュニケーション御蔵事務所(高速長田 http://www.mapion.co.jp/address/28106/84:5:20:2/
【勉強会】(仮)県外避難者の今~東日本大震災から6年~(第43回御蔵学校)
講師:石東直子氏(暮らしサポート隊・都市プランナー)
東日本大震災から、6年をむかえようとしています。福島県はじめ関東一円からも、遠く県外に避難された被災者がおられます。慣れない地で、現在も避難生活を送っておられます。避難生活を続けざるを得ない県外避難者の実態を支援者の立場から報告していただきます。
受講料:1,000円(大学生500円・高校生以下無料)
※準備等のため事前に申し込みにご協力お願いします。
講師プロフィール:
阪神・淡路大震災時は、まちづくり支援等を実施。コレクティブハウジング事業推進応援団を組織し、復興公営住宅での事業化に向けて支援、事業化後の居住サポート支援。著書に、コレクティブハウジング ただいま奮闘中(学芸出版社)東日本大震災後は、神戸・兵庫県に避難して来られた方々へ、「ここに、避難してきて、ほんとうによかった」と、思っていただけるように、暮らしのサポートをされてきました。
参考:東日本大震災・暮らしサポート隊
http://www.geocities.jp/kurasapotai/0_home.html
企画・主催:認定特定非営利活動法人 まち・コミュニケーション
Tel:078-578-1100  Fax:078-576-7961 m-comi@bj.wakwak.com
https://www.facebook.com/events/1196035330509824/



映画上映
●2月19日(日) 午後1時10分開場 アスピア山城(448席)(JR棚倉駅東側から北西へ徒歩5分 http://www.city.kizugawa.lg.jp/index.cfm/8,2501,37,306,html
「マーチング」上映
・地元2中学の吹奏楽部合同演奏(30分程度)学校の生徒、先生のコメント
・避難者の話・監督のお話
・「マーチング-明日へ-」上映(2時間)
木津川市立木津第二中学校と奈良市立平城東中学校の吹奏楽部による約70人の合同演奏会と、映画『マーチング』の上映会。映画『マーチング』は、原発事故により避難した高校生と避難先の学校での音楽を通し、震災復興と応援の想いを描いたストーリー。
複雑になってきた原発事故後の今、たくさんの方に観て、聴いていただきたいイベント。
参加費:1000円(予約800円)子ども料金あり
主催:「マーチング」上映高の原実行委員会
チケット等問い合わせ 080-5338-0339 事務局 梅谷さん



NEW
戦争法
●2月19日(日) 16:00~東大路丸太町交差点、熊野神社前西へ50メートル(京阪神宮丸太町駅東へ徒歩約5分 https://kanko.city.kyoto.lg.jp/detail.php?InforKindCode=1&ManageCode=1000048)
戦争法廃止!左京みんなのデモ
戦争法(安保法制)を廃止するまで、立憲主義、民主主義を取り戻すまで私たちの歩みは止まりません。
京都マラソンの交通規制がいつものコース上(平安神宮付近)にかかるので、集合場所と順路もいつもと全然違うので注意を。
京都市役所前での「自衛隊は南スーダンから撤退せよ!沖縄新基地建設反対!戦争法廃止を!2・19京都デモ」(午後4時30分京都市役所前集合、午後5時デモ出発に)に左京から合流します!
https://www.facebook.com/events/489556211433445/



NEW
戦争法
●2月19日(日) 16:30~京都市役所前 17:00~デモ出発
自衛隊は南スーダンから撤退せよ!沖縄新基地建設反対!戦争法廃止を!
2・19京都デモ

主催:戦争をさせない京都1000人委員会
https://www.facebook.com/events/1121067334682997/



NEW
在日米軍
●2月19日(日) 13:00~14:45 京都弁護士会館3階会議室(地下鉄丸太町駅から徒歩7分・バス停「裁判所前」から徒歩1分他 https://www.kyotoben.or.jp/access.cfm
福知山射撃訓練場はどうなっているのか
日米共同使用の実態と問題

講師:水谷 徳夫さん(福知山平和委員会)
航空自衛隊経ヶ岬分屯地が日米共同使用となり、隣接地に米軍Xバンドレーダーが配備され2年、2016年11月には陸上自衛隊福知山射撃場で、十分な説明もないまま米軍の使用が始まりました。陸上自衛隊福知山射撃場は、今どのようになっているのでしょうか。福知山平和委員会の水谷徳夫さんにお話ししていただき、私たちにできることを一緒に考えましょう。
参加費:500円
https://www.facebook.com/events/416734438670961/



パレスチナ
●2月19日(日) 14:0~神戸市勤労会館(JR阪神阪急三宮駅東南5分 http://bb-building.net/tatemono/hyogo/h098.html
平和をめざす朗読集団 国境なき朗読者たちが贈る
朗読劇 The Message from Gaza ガザ 希望のメッセージ

2014年の夏、パレスチナのガザ地区は、イスラエルによる、言語を絶する大量破壊、大量殺戮に見舞われました。攻撃は51日間に及び、2200名もの命が奪われました。その大半が民間人、500名以上が子どもです。そして、50万もの人々が家を追われました。 
ガザに対する大規模軍事攻撃は、これが初めてではありません。8年前の2008年12月、ガザ地区全土に対し突如、イスラエル軍による一斉攻撃が始まりました。完全封鎖され逃げ場のない150万の住民たちの頭上に、22日間にわたりミサイルや砲弾の雨が降り注いだのです。世界がクリスマスの余韻に浸り、新年を祝っていたそのとき、ガザの人々は一方的な殺戮と破壊にさらされていました…。私たちの朗読劇「The Message from Gaza ガザ 希望のメッセージ」は、この出来事に対する応答として、2009年に誕生しました。 
この朗読劇は、4つのテクストから構成されています。一つは、空爆下のガザから連日連夜、世界にメールを発信し続けたサイード・アブデルワーヘド教授の『ガザ通信』、
1972年、36歳の若さで爆殺されたパレスチナ人作家ガッサーン・カナファーニーの短編「ガザからの手紙」、2003年、占領下のパレスチナ人住民の人権擁護活動のためガザに赴いたアメリカ人女子大生レイチェル・コリーがガザからアメリカの家族に書き送った電子メール、そして攻撃のさなかガザで活動を続けた、「インターナショナルズ」と呼ばれる世界の若者たちの証言です。 
私たち、平和をめざす朗読集団「国境なき朗読者たち」は、この朗読劇を上演するため、つばめクラブのプロデュースにより、2009年、京都の市民・学生有志をメンバーに結成されました。以来、京都を中心に、広島、東京、大阪、三重などで上演を重ね、このたび、神戸で公演の運びとなりました。 
停戦になり、一時に大量に人が殺されるという事態がなくなると、マスメディアは報道しなくなります。しかし、ガザでは依然、封鎖が続いています。家を失った何十万もの人々が、今、瓦礫の中で、冬の寒さを耐え忍んでいます。「過ちは二度と繰り返しませんから」という私たちの誓いをあざ笑うかのように、繰り返されるジェノサイド……。
いくたび破壊と殺戮に見舞われようと、生を愛し、「人間の側に踏みとどまり続け」ようとするガザの人々の闘い。
不正と暴力に抗するために、朗読というアートを通して、ガザと私たちを、「想像力」という人間の力によって架橋します。
肉声を通して語られるガザの声に触れ、今もなお完全封鎖のもとに置かれているガザへの思い、そして私たちが生きるこの世界への思いを新たにしてください。
参加費:事前予約1500円(障がいのある方および介助の方・学生1000円)/当日2000円(同1500円)
予約・お問合せ(12月予約受付開始) 080‐5314‐1539(つくい)tsubamegekidan@gmail.com(つばめ劇団)
制 作:市民社会フォーラム、つばめクラブ  
協 力:アムネスティ西神戸グループ、劇団どろ、神戸学生青年センター、神戸YWCAピースブリッジ、兵庫教職員組合
国境なき朗読者たちHP
http://readers-without-borders.org/
https://www.facebook.com/events/1255225577881963/



9条
●2月19日(日) 13:00~西区民センター2階なでしこホール(西神中央駅 http://www.music-mdata.com/maps/direction.aspx?st=9964509&i=23414
西神ニュータウン9条の会10周年記念の集い
『音楽・文化で世界の輪、池辺さんが奏でる第9条』

講師:池辺晋一郎さん(作曲家)
オープニング:合唱、ハーモニカ演奏
参加費:¥1000 高校生以下無料
連絡:078-991-1955
http://www.labornetjp.org/EventItem/1484686481370staff01/event_view



学生の貧困
●2月19日(日) 14:00~16:00 神戸市勤労会館308号(JR阪神阪急三宮駅東南5分 http://bb-building.net/tatemono/hyogo/h098.html
市民デモHYOGO
学生の貧困問題 奨学金を考えよう学習討論集会

講演「学生の貧困問題ー奨学金を考える」
講師:佐野修吉さん「奨学金問題と学費を考える兵庫の会(兵庫・奨学金の会)」事務局長
終了後デモあり(反貧困、沖縄、原発、安保法制反対…)センター街を通って大丸前まで。
参加費500円
主 催:こわすな憲法!いのちとくらし!市民デモHYOGO
http://shimindemohyogo.blog.fc2.com/blog-entry-31.html



リニア新幹線
●2月19日(日) 14時00分~17時00分 Studio Citizen スタジオ シチズン(阪急電鉄千里線「関大前駅」北改札→北東出口→関大を目指して徒歩5分 サンシャイン関大前3階/Tel.06-4860-6756 http://ameblo.jp/griripon/image-12104035947-13489027111.html)
「間違いだらけのリニア新幹線」
講師:春日直樹さん(リニア市民ネット・大阪)
リニア新幹線をめぐる沿線でリニア反対の動きがあります。報道されないのはなぜでしょう。不都合な事実が隠れています。
参加費:500円



福祉医療
●2月19日(日) 午前10時~12時 阿倍野区民センター大ホール(地下鉄谷町線、阪堺上町線「阿倍野」下車 徒歩2分 http://www.city.osaka.lg.jp/shimin/page/0000016671.html)
大阪の福祉医療、いまこそ拡充を!2・19府民大集会
記念講演:「カジノより福祉に!住民投票から始まった市民共闘のこれから」

講師:冨田宏治氏(関西学院大学教授) その他、リレートークなど
主催:福祉医療の拡充を求める大阪実行委員会
http://osaka-srk.xtr.jp/?p=1228
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0219-1.pdf



チャイナタウン見学会
●2月19日(日) 11:30~16:30 (11:00にJR元町駅東口集合)
コリアン・マイノリティ研究会第158回月例研究会
神戸市立海外移住と文化の交流センター・移住ミュージアム
 &神戸華僑歴史博物館特別展「仁川(インチョン)チャイナタウン」見学会

1908年に神戸から初めてのブラジル移民の船「笠戸丸」が出た。それから20年後の1928年に神戸に移住者施設として「国立移民収容所」が誕生。移住者はブラジルに行く前の約1か月をここで過ごした。1971年に閉鎖されるまで、「神戸移住センター」として利用された。2009年に「神戸市立海外移住と文化の交流センター」としてリニューアルオープンした。現在、1/2階に「移住ミュージアム」が併設されている(解説:天辰(あまたつ)充幸さん[同館専門調査員])。3階には「関西ブラジル人コミュニティ(CBK)」「兵庫県在日外国人研究協議会」の事務所も入居している。
神戸南京町で昼食をとった後、「神戸華僑歴史博物館」に移動し、神戸開港150年記念春節祭特別展2017年「仁川チャイナタウン」と常設展を見学する(解説:安井三吉さん[神戸大学名誉教授・同館研究室長])。奮ってご参加ください。
①神戸市立海外移住と文化の交流センター・移住ミュージアム(解説:天辰充幸さん[同館専門調査員])
http://www.kobe-center.jp/
②神戸南京町(昼食)http://nankinmachi.or.jp/
③神戸華僑歴史博物館(解説:安井三吉さん[神戸大学名誉教授・同館研究室長])http://nankinmachi.or.jp/http://kochm.org/
※道に迷われる前や緊急の場合にお電話ください。090-9882-1663 
参加費:800円・大学生400円(会員200円引き)・高校生以下無料
※神戸華僑歴史博物館入館料300円含む。
※配布資料準備の都合がありますので、必ずご予約ください。
当日の飛び入りも歓迎!
終了後、「岩崎塾」元町店で懇親会(実費)。
主 催:コリアン・マイノリティ研究会 
http://white.ap.teacup.com/korminor/
http://www.labornetjp.org/EventItem/1486812599954staff01



資本論
●2月19日(日) 午後2時~4時 堺市総合福祉会館(南海高野線・堺東駅 700m)
第21回 今こそ「資本論」を読もう!
段落毎読み・解説・質問と討論 参加費:無料
主催:資本論読む会(堺)
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0219.pdf
http://www17.plala.or.jp/kyodo/



NEW
■2月19日(日) 午後07:00~08:50 NHK BS1
「BS1スペシャル ノーベル文学賞作家 アレクシエービッチの旅路」
2015年ノーベル文学賞を受賞したベラルーシの作家スベトラーナ・アレクシエービッチ。「核と人間」「国家と個人」の問題を考え続けてきた彼女は、昨年11月に福島の原発事故の被災地を訪ね、人々の声に耳を傾けた。前編では、チェルノブイリ原発事故の被ばくで苦しむ人々を訪ね、埋もれていた声を記録する取材に密着。後編では、福島の被災者を訪ね、人々の心の叫びに耳を澄ます。2つの原発事故から浮かび上がった思索とは。
http://www4.nhk.or.jp/bs1sp/x/2017-02-19/11/16479/3115116/





クリックして応援お願いします!

にほんブログ村


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報


『スノーデン』
たったひとりの若者が世界中を震撼させた!史上最大の内部告発〝スノーデン事件″の衝撃的な真実
それは、まさしく世界中に激震が走った瞬間だった。2013年6月、イギリスのガーディアン紙が報じたスクープで、アメリカ政府が秘密裏に構築した国際的な監視プログラムの存在が暴露されたのだ。匿名ではなく自らカメラの前に立ち、エドワード・スノーデンと名乗って素性を明かしたその青年は、なぜNSAやCIAから得られる多額の報酬と輝かしいキャリア、恋人と築き上げた幸せな人生のすべてを捨ててまで重大な告発を決意したのか。はたして彼は英雄なのか、国家の裏切り者なのか。ハリウッドきっての社会派の巨匠オリバー・ストーンが史上最大の内部告発“スノーデン事件”の全貌に迫った問題作、それが『スノーデン』である。
公式サイト:http://snowden-movie.jp/#home
●~2/? TOHOシネマズなんば・本館(御堂筋線難波駅すぐ http://eiga.com/movie-theater/81862/27/270103/5024/)
上映スケジュール:http://eiga.com/movie-theater/81862/27/270103/5024/
●~2/? 大阪ステーションシティシネマ(大阪ステーションシティノースゲートビル11F)(大阪駅 http://www.osakastationcitycinema.com/site/oscc/access.html) 
上映スケジュール:http://www.osakastationcitycinema.com/site/oscc/detail.html?cinemaid=T0021410&type=0101
その他、上映中の映画館:https://hlo.tohotheater.jp/net/movie/TNPI3060J01.do?sakuhin_cd=013964



ドキュメンタリー映画『ヘイトスピーチ』
差別なのか?言論なのか?
2014年大阪、在日特権を許さない市民の会(通称:在特会)が大阪のメインストリート御堂筋を中心に街宣活動を行っていた。「朝鮮人を大阪湾にたたきこめ!」デモ隊は進んでいく。
それに抗議するカウンターと呼ばれる人々。
在特会、カウンターはなぜぶつかりあうのか。何が起きているのか。2014年の大阪での彼等の動きを、学生2人が真っ向から見つめたドキュメンタリー。美しい国、日本。その現状がここにある。
公式サイト:http://hatespeech-film.net/
●~2/24(金) シネ・ヌーヴォー(阪神九条 地下鉄九条 http://www.cinenouveau.com/access/access.html) 
上映スケジュール:http://www.cinenouveau.com/schedule/schedule1.html
http://www.cinenouveau.com/sakuhin/hate.html



『クワイ河に虹をかけた男 』 (2016年/日本/119分)
第90回キネマ旬報ベスト・テン文化映画ベスト・テン第5位 受賞
たった一人の戦後処理。
アジア太平洋戦争下、旧日本軍が建設した泰緬鉄道――
その「死の鉄道」の贖罪と和解に生涯を捧げた永瀬隆 20年の記録
1942年7月、旧日本軍はタイとビルマを結ぶ泰緬鉄道の建設に着手した。ビルマ・インド方面への陸上補給路を確保するのが目的である。建設工事にはイギリス・オーストラリア・オランダなどの連合国捕虜6万人余と25万人以上の現地アジア人労務者を動員。20世紀初頭にイギリスが「10年はかかる」として断念した415kmのルートをわずか1年3カ月余りで完成させた。だが、食糧・薬品不足の中の長時間労働に加え、コレラ、赤痢などの伝染病が蔓延。捕虜約1万3千人、労務者推定数万人の犠牲を出した。
永瀬隆さんは陸軍通訳としてタイ側の鉄道建設の拠点カンチャナブリ憲兵分隊に勤務。戦後まもなく連合軍が派遣した墓地捜索隊に同行し、悲劇の全容を目の当たりにする。この経験が永瀬さんを鉄道建設の犠牲者の慰霊に駆り立てた。一般日本人の海外渡航が自由化された1964年以来、妻の佳子さんと二人三脚で巡礼を開始。タイ訪問は生涯で135回を数えた。1976年にはクワイ河鉄橋で元捕虜と旧日本軍関係者の和解の再会を成功させ、旧連合国でもその名を知られる存在となった。
2017/2/18(土)~シアターセブン (阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
日替わり上映 http://www.theater-seven.com/2017/sp_tvdoc.html 
■2/18(土) 満田康弘 監督 舞台挨拶予定
http://www.theater-seven.com/2017/movie_kuwai.html


『放射線を浴びた[X年後] 』 (2012年/日本/83分)
2012年 第86回キネマ旬報ベスト・テン 文化映画ベスト・テン第8位受賞
『放射線を浴びた[X年後]2 』 (2015年/日本/86分)
2015年 第89回キネマ旬報ベスト・テン 文化映画ベスト・テン第7位受賞
『放射線を浴びた[X年後] 』
3.11後の日本に投げかける衝撃の告発~ 地方ローカル局が追った渾身のドキュメンタリー
2012年1月に「NNNドキュメント」(日本テレビ系列)で全国放送され反響を呼んだ『放射線を浴びたX年後』に新たな映像を加えた映画化。
『放射線を浴びた[X年後]2 』
「父は なぜ死んだのか?」
半世紀前の太平洋核実験 漁師たちが伝える無言のメッセージとは――?
日本の繁栄を支えた海の男たちが自ら死を通し送り続けるメッセージに、地方TV局のディレクターが迫った渾身のシリーズ第二弾!
●2017/2/18(土)~シアターセブン (阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
日替わり上映 http://www.theater-seven.com/2017/sp_tvdoc.html 
http://www.theater-seven.com/2017/movie_xnengo-17.html



『0円キッチン Wastecooking』 (81分 オーストリア 監督:ダーヴィド・グロス、ゲオルク・ミッシュ)
世界から食料廃棄をなくす旅。キッチン付き廃油カーでヨーロッパを巡り廃棄食材料理を届けるエンターテイメント・ロードムービー!
『0円キッチン』はジャーナリストで“食料救出人”のダーヴィドが食料廃棄をなくすため、廃油で走るキッチン・カーでヨーロッパ5ヶ国を巡り、廃棄食材クッキングの旅に出るエンターテイメント・ロードムービー。各地で食に関するユニークな取り組みを行う人々と出会いながら廃棄食材料理を振舞い意識変革にチャレンジするダーヴィドの『0円キッチン』の旅から食の現在と未来が見えてくる。
●2017/2/18(土)~終映日未定 大阪ステーションシティシネマ(大阪ステーションシティノースゲートビル11F)(大阪駅 http://www.osakastationcitycinema.com/site/oscc/access.html) 
2/18(土)~2/24(金) 12:55 /18:10 (~19:35終映)
http://www.ttcg.jp/cinelibre_umeda/nowshowing#i111946
http://www.ttcg.jp/cinelibre_umeda/week



●2月18日(土) 午後2時~尼崎 女性センター・トレピエ(阪急神戸線武庫之荘駅南出口南へ240m http://www.amagasaki-trepied.com/
「太陽の蓋」尼崎上映会
2011年3月11日、東日本大震災の中で多くの人々の命が失われました。同時に起こった福島第一原発の事故は真相がなかなか明かされませんでした。今でも完全に解明されたとは到底言えません。この映画は、“あの時“総理官邸、福島第一原発で何が起こっていたか?菅直人、枝野官房長官、福山官房副長官など実名で登場させ、原発事故に直面して総理官邸はどう動いたのか?東電は何をしたか?メディアは?住民は? 戦後最大の危機を俯瞰する意図を持った映画です。
映画の評価はそれぞれと思いますが、当時現職の国会議員でまじかに見られてきた服部良一さんをお迎えし懇談を行います。参加をお待ちしています。
入場料:500円
主催:さいなら原発尼崎住民の会
http://sainara-genpatsu.blogspot.jp/



●2月18日(土) 午後2時~4時 日本キリスト教団東梅田教会(大阪市北区野崎9-6 06-6311-8894 http://www1.odn.ne.jp/higashiumeda/access.index.html
公開講演会
「本当に重要なことを見分けるために」~福島からのメッセージ~

講師:片岡輝美さん(会津放射能情報センター代表)
参加費:500円
主催:大阪教区核問題特別委員会
問い合わせ:06-6834-0922 横内いづみ
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-1403.html



●2月18日(土) 13:30~16:30 高槻市生涯学習センター第2会議室 高槻市総合センター3階(JR京都線「高槻」下車松坂屋側 http://ticket-search.pia.jp/pia/venue/venue_access_map.do?venueCd=TSGS
~警告 原発部品強度不足問題 講演会~
フランスで起きたことと日本の原発におけるリスク

講師:ショーン・バーニー氏(グリーンピース・ドイツ)
フランスで、日本のメーカーが供給した原子炉圧力容器、蒸気発生器といった非常に重要な機器の部材において、規格を上回る炭素濃度が認められ、強度不足のリスクのため、現在、原子炉を停止するなどして、詳細な調査・検査が行なわれています。
これを受けて、8月24日、日本の原子力規制委員会は、電力会社に対し、部材のメーカーや炭素濃度について報告を指示しました。10月31日、電力会社が、問題はないとする報告書を提出しました。11月22日、原子力規制委員会は、強度不足の恐れはないとする調査結果を取りまとめました。
しかし仏放射線防護原子力安全研究所(IRSN)は、この強度不足により、破壊、炉心むき出しから溶融にまでつながるリスクを有すると警告しています。慎重な判断が求められます。
今回、発覚当初から本件に欧州で取り組んできたグリーンピース・ドイツのショーン・バーニーが、フランスでの欠陥発覚の経緯や、フランスの原子力規制当局の対応の詳細について話します。(グリーンピース・フランスは規制当局と電力会社との会合にも参加しています)
入場料:500円
共催:グリーン・アクション / 美浜の会
協力:グリーンピース・ジャパン
問い合わせ:グリーン・アクション
TEL: 075-701-7223 FAX: 075-702-1952 メール: info@greenaction-japan.org
http://greenaction-japan.org/jp/2017/01/1964



●2月18日(土) 午後1時30分~午後4時 大阪南YMCA(JR天王寺駅北口より東へ5分 http://www.oospo.net/ymca-minami/access
平和憲法とこの国の自立を考える
①「脱原発と平和の憲法理論」の輪読&解説
講師:澤野義一氏(大阪経済法科大学教授)
著者 澤野義一教授による解説
②日常テーマ(BDS運動&パワーシフト)について
参加費:500円
主催:いのちと平和
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0218-2.pdf
http://www17.plala.or.jp/kyodo/annai1.html



●2月18日(土) 13:30~JR膳所駅前集合(JR改札出て右手の広場)
21世紀第57回 脱原発 市民ウォークin滋賀
コース:ときめき坂 ~ 西武百貨店前 ~ 関電滋賀支店 ~ びわ湖
主 催:21世紀 脱原発市民ウォーク in 滋賀 実行委員会
呼びかけ人:池田進(原発を知る滋賀連絡会 電話077-522-5415) 岡田 啓子(ふぇみん@滋賀 電話077-524-5743) 稲村 守(9条ネット・滋賀 電話080-5713-8629)
http://blog.goo.ne.jp/datugenshiga/e/412247e21d7b20fdfec5017f4dbe03fe



憲 法 
●2月18日(土) 午後2時~4時 エルおおさか南館5階ホール(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
~理不尽な改憲をぶっ潰そう~憲法改悪に反対する講演集会
講演:「憲法審査会の動向と私たちの立場」
講師:辻元清美 衆議院議員(衆議院憲法審査会幹事) 
「緊急事態条項徹底批判」
~お試し改憲は、大規模災害の復旧を妨げる~
講師:永井幸寿 弁護士
安倍政権はオスプレイの給油訓練再開を容認し、また、事実上の内戦状態にある南スー ダンでの PKO 活動を中止せず、新たに駆付け警護の任務を追加するなど本末転倒の作戦命 令を出しました。さらに衆参両院で 3 分の 2 超の議席を背景に憲法審査会を再開し、改憲 の動きを強めています。こうした状況を踏まえ、戦争をさせない 1000 人委員会・大阪は「理 不尽な改憲をぶっ潰そう―憲法改悪に反対する講演集会」を開きます。多数のご参加を!
入場料:無料 
主催:戦争をさせない1000人委員会・大阪 
協賛:おおさか総がかり行動実行委員会
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0218-1.pdf



戦争国家
●2月18日(土) 18:30~エルおおさか南ホール(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
福島みずほさんを 囲むつどい~軍隊のいる島へ 沖縄-宮古・八重山~
第1部 福島みずほさんを囲むつどい
第2部 「2017 ZENKO in 東京」関西実行委員会
安倍政権により戦争国家づくりが進められています。奄美大島から沖縄島、宮古島、石垣島、与那国島をすべて軍事要塞化されようとしています。
沖縄島は、すでに航空自衛隊を含む自衛隊が大幅に強化され、辺野古・高江・伊江島など米軍基地も機能強化が狙われています。加えて宮古島700~800名、石垣島で700~800名、与那国150名、奄美大島550名の自衛隊の配備が計画されています。南西諸島の軍事要塞化が進め、周辺国との軍事的緊張を煽っています。一度紛争が発生すれば南西諸島は、戦場と化してしまいます。
沖縄の闘いと連帯して、安倍政権の戦争・改憲路線を止めていきましょう。
参加費:500円
主催:「2017 ZENKO in 東京」関西実行委員会
連絡先:090-8162-3004(川島)
https://www.facebook.com/events/1815755888699275/
http://www.zenko-peace.com/archives/4929



憲 法 
●2月18日(土) 13:30~神戸アートビレッジセンター(神戸高速「新開地駅」東出口より徒歩約5分 「JR神戸駅」より徒歩約10分 http://kavc.or.jp/map/index.html
劇団あすわかひょうごの自主公演~シン・ケンポウ~
第1部
「せんそうがおきるまで」13時半~
劇の上演後、脚本家吉田や劇団あすわかひょうごのメンバーによるアフタートーク(劇の解説)があります。特別映像ゲストあり!!
第2部
「憲法が起きるまで」16時半~
劇の上演後、「聴け!若者の声」という企画を予定しています。特別ゲストとして津久井進弁護士が出演予定!!
参加費:1部 600円 2部 600円 1部・2部 1000円
問い合わせ先:神戸あじさい法律事務所 078−382−0121
チケット取扱:神戸アートビレッジセンター 078−512−5500
http://blog.goo.ne.jp/kin_chan0701/e/4724190bd93a59497739d6c30ca529c3



●2月18日(土) 14時~16時 西宮市大学交流センター講義室1(阪急西宮北口駅より北東へ徒歩2分 ACTA西宮東館6階 http://www.nishi.or.jp/contents/0002719800040008800519.html
西宮女性9条の会 学習のつどい
「女性の生き方と憲法について考える」

お話:渡辺和恵さん(大阪弁護士会 子どもの権利委員会所属、NPO「女の駆け込み寺 生野学園」代表、きづがわ共同法律事務所)
主催:西宮女性9条の会 喜田 0798-67-8812



戦争法
●2月18日(土) 15:00~17:00 神戸YWCA会館5Fチャペル(神戸市営地下鉄「新神戸」駅より徒歩5分 「三宮」駅より徒歩15分 http://www.kobe.ywca.or.jp/top/access
いま会いたい、私らしく生きる女性たち☆
第4回「だれの子どももころさせない?思いひとつでつながろう」

ゲスト:羽田尚子さん(安保関連法に反対するママと有志の会@兵庫代表)
「すべての女性が輝く社会」に白々しさを感じる女性も多いはず。
私たちが変えなきゃ、社会は変わらない。でもね・・・
「あら、こんなカタチで社会とつながっているひとがいるんだ」
自分らしくしなやかに生きる女性たちに出会い、
私たちもエンパワーされたい!
そんな思いでこのトークイベントを企画しました。
トークの後は、交流会でつながりを深めましょう。
ゆるやかなつながりで、人生がキラリ☆
第4回は・・・「だれの子どももころさせない?思いひとつでつながろう」
安保関連法に反対するママと有志の会@兵庫代表の羽田尚子さんがゲスト。
日々暮らしていると政治はとても遠く思えた。2015年夏、安保法案審議中に自分の思いとかけ離れていく政治に不安を感じ、SNSでママの会を知り@兵庫を立ち上げ、見知らぬ者同士あっという間につながった。
一人ひとりが自分の言葉で考え表現することを大切に、またそれをつなぐ場をまだまだ悩みながら模索中。
トークのあとの交流会は、三宮周辺のお店で、にぎやかに楽しみましょう!
お申し込みをお待ちしています!
参加費:一般1,000円(交流会別途)、小学生200円(小学生未満は無料)、中学生・高校生500円
お申し込み:公益財団法人 神戸YWCA tel. 078-231-6201 fax. 078-231-6692
office@kobe.ywca.or.jp ※締切り2/15 ←過ぎてます…当日参加OKかどうか問い合わせてください。
http://www.kobe.ywca.or.jp/top/events/womentalk/



パレスチナ
●2月18日(土) 18:30~神戸市勤労会館(JR阪神阪急三宮駅東南5分 http://bb-building.net/tatemono/hyogo/h098.html
平和をめざす朗読集団 国境なき朗読者たちが贈る
朗読劇 The Message from Gaza ガザ 希望のメッセージ

2014年の夏、パレスチナのガザ地区は、イスラエルによる、言語を絶する大量破壊、大量殺戮に見舞われました。攻撃は51日間に及び、2200名もの命が奪われました。その大半が民間人、500名以上が子どもです。そして、50万もの人々が家を追われました。 
ガザに対する大規模軍事攻撃は、これが初めてではありません。8年前の2008年12月、ガザ地区全土に対し突如、イスラエル軍による一斉攻撃が始まりました。完全封鎖され逃げ場のない150万の住民たちの頭上に、22日間にわたりミサイルや砲弾の雨が降り注いだのです。世界がクリスマスの余韻に浸り、新年を祝っていたそのとき、ガザの人々は一方的な殺戮と破壊にさらされていました…。私たちの朗読劇「The Message from Gaza ガザ 希望のメッセージ」は、この出来事に対する応答として、2009年に誕生しました。 
この朗読劇は、4つのテクストから構成されています。一つは、空爆下のガザから連日連夜、世界にメールを発信し続けたサイード・アブデルワーヘド教授の『ガザ通信』、
1972年、36歳の若さで爆殺されたパレスチナ人作家ガッサーン・カナファーニーの短編「ガザからの手紙」、2003年、占領下のパレスチナ人住民の人権擁護活動のためガザに赴いたアメリカ人女子大生レイチェル・コリーがガザからアメリカの家族に書き送った電子メール、そして攻撃のさなかガザで活動を続けた、「インターナショナルズ」と呼ばれる世界の若者たちの証言です。 
私たち、平和をめざす朗読集団「国境なき朗読者たち」は、この朗読劇を上演するため、つばめクラブのプロデュースにより、2009年、京都の市民・学生有志をメンバーに結成されました。以来、京都を中心に、広島、東京、大阪、三重などで上演を重ね、このたび、神戸で公演の運びとなりました。 
停戦になり、一時に大量に人が殺されるという事態がなくなると、マスメディアは報道しなくなります。しかし、ガザでは依然、封鎖が続いています。家を失った何十万もの人々が、今、瓦礫の中で、冬の寒さを耐え忍んでいます。「過ちは二度と繰り返しませんから」という私たちの誓いをあざ笑うかのように、繰り返されるジェノサイド……。
いくたび破壊と殺戮に見舞われようと、生を愛し、「人間の側に踏みとどまり続け」ようとするガザの人々の闘い。
不正と暴力に抗するために、朗読というアートを通して、ガザと私たちを、「想像力」という人間の力によって架橋します。
肉声を通して語られるガザの声に触れ、今もなお完全封鎖のもとに置かれているガザへの思い、そして私たちが生きるこの世界への思いを新たにしてください。
 ①2月18日(土)18:30開演(17:30受付開始 18:00開場 20:15終演)
 ②2月19日(日)14:00開演(13:00受付開始 13:30開場 15:45終演)
参加費:事前予約1500円(障がいのある方および介助の方・学生1000円)/当日2000円(同1500円)
予約・お問合せ(12月予約受付開始) 080‐5314‐1539(つくい)tsubamegekidan@gmail.com(つばめ劇団)
制 作:市民社会フォーラム、つばめクラブ  
協 力:アムネスティ西神戸グループ、劇団どろ、神戸学生青年センター、神戸YWCAピースブリッジ、兵庫教職員組合
国境なき朗読者たちHP http://readers-without-borders.org/
https://www.facebook.com/events/1255225577881963/



辺野古新基地問題
●2月18日(土) 15時30分~(毎週土曜日)JR大阪駅南バスターミナル
「辺野古に基地を絶対つくらせない大阪行動」
辺野古の海が埋め立てられないように活動しています。
お時間の許す範囲で、少しでも皆様のご参加お待ちしています。
http://blogs.yahoo.co.jp/henoko_osaka



辺野古新基地問題
●2月18日(土) 13:00~14:00 神戸マルイ前
HENOKO NO! 沖縄に基地はいらない 
   辺野古の海に基地をつくらせない神戸行動

沖縄県民に対する不正を止めるために、共に声を上げて下さい。
ツイター・FaceBookで情報発信中{辺野古・神戸}で検索して下さい。
土曜の午後はいつもの時間、いつもの場所で、はじめての方、ちょっとだけ参加、見学、大歓迎。
https://twitter.com/kobekodo/



辺野古新基地問題
●2月18日(土) 毎週土曜日17:00~18:30ごろ 京都市 三条河原町交差点(三条河原町商店街のアーケード前スペース)
沖縄・辺野古への新基地建設に反対し、
     普天間基地の撤去を求める京都行動

アピール、チラシ配り、新基地建設に反対する署名集めなどなど
http://kyoto-action.jugem.jp/?pid=1
https://twitter.com/ALALALED/status/551165696185344000



竹 島
●2月18日(土) 14:00~17:00 PLP会館4階中会議室(JR天満駅・地下鉄扇町駅徒歩5分 http://www.mapion.co.jp/m/34.698775_135.5148611_8/v=m5:%EF%BC%B0%EF%BC%AC%EF%BC%B0%E4%BC%9A%E9%A4%A8/
第13回「竹島の日」を考え直す集い
「島根県の「竹島の日」制定の理由と主張を糺す」

講師:黒田伊彦さん
「続外務省見解に基づく領土教育批判と尖閣=釣魚諸島問題」
講師:久保井規夫さん
参加費:500円・会員無料
主 催:「竹島の日」を考え直す会 kuboi★ybb.ne.jp 
共 催:韓国慶尚北道独島財団
http://www.freeml.com/kdml/10507/latest



えん罪
●2月18日(土) 14:30~兵庫県私学会館2階(JR・阪神元町駅東口徒歩2分 阪急三宮駅徒歩7分、花隈駅徒歩7分 地下鉄県庁前駅徒歩3分 http://www.hyogo-shigaku.or.jp/map.html
「世界に広がるイノセンス運動」笹倉香奈講演会
サブ報告:狭山事件「万年筆は偽物だった」
主 催:狭山再審を求める市民の会・こうべ
http://kakukyodo.jp/shukai.htm



君が代問題
●2月18日(土) 午後6時~8時半 エルおおさか南館734(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
第5回Tネット総会 西原博史さん講演会
ポスト2011~2012年最高裁判決の「君が代」強制問題

—大阪条例と教師の良心の自由
講師:西原博史(早稲田大学:憲法学)
資料代:¥500
http://blog.goo.ne.jp/zaza0924/e/54d1d643014fcfe59c8836807dccaa32



朝鮮半島
●2月18日(土) 14:00~京都市国際交流会館(地下鉄「蹴上駅」 http://www.kcif.or.jp/HP/access/jp/index.html
留学同京都 総合文化公演2017『メアリ~統一を歌って~』
~『메아리(メアリ)』とは朝鮮半島で反響、木霊という意
発した音や声がはね返って聴こえてくる現象を指す~
日本の植民地支配、そしてアメリカ、ソ連を筆頭とする大国の思惑によって朝鮮半島に深い線が引かれてから、すでに70年近い時が経とうとしています。
裂かれ広がった傷口が自然とつながろうとするように、統一を望む「声」は長い年月のなかで絶え間なく、いたるところで響きわたってきました。
しかし現在、北南両政権は依然として軍事境界線を境に対立し、韓米による対朝鮮を想定とした合同軍事演習、それらに対抗する朝鮮の核開発は年を追うごとに苛烈になっています。韓国において国家保安法は依然として無秩序な暴力を振りかざし、統一を望む人々に対して「沈黙」を強いつづけています。そんな中、私たち在日朝鮮人の多くはどうでしょうか。どこか対岸の火事のように朝鮮半島をみるその眼差し。分断線が長い年月を経て私たちの精神世界にまで深く刻まれてしまったせいでしょうか、もしくは日ごとに「朝鮮」よりも「在日」の部分が大きくなりつつある結果なのでしょうか。
そんな分断と沈黙の時代に、人知れず「声」をあげつづけた人々がいました。韓国において「政治犯」とされる人々です。彼・彼女らは国家保安法によって鎖につながれた囚人たちでした。劣悪な環境に閉じ込められ、満足な衣食も与えられず、拷問といった暴力にさらされながらも、それでも自身の良心を守り、理不尽に抗い、「民主化」「祖国統一」の実現を希求し檻の中でひたすら闘いつづけた人々。その中には私たち在日朝鮮人も確かに存在したのです。
彼・彼女らの叫びは、後に韓国をはじめとした世界中の朝鮮民衆たちに伝わり大きな「메아리」を生むことになります。2000年代に北南両首脳によってだされた「6.15北南共同宣言」「10.4宣言」これらは朝鮮民族の血の滲むような闘いと統一への思いが結実したまさに画期的なものでした。2016年に行われた韓国の青年学生たちによる「8.15青年学生統一文化ハンマダン」、朝鮮の「朝鮮青年統一大会合」開催の提案において海外青年たちに「統一」を呼びかけたように、6.15、10.4の精神は現在も広く息づき、分断線を消し去る可能性を秘めています。檻のなかで北、南、在日の線を越えて出会い、ともに声をあげつづけた政治犯たちのように、私たち在日朝鮮人もまたともに声をあげ、朝鮮半島の叫びに対して応える必要があるのではないでしょうか?
このような思いのもと、本公演はタイトルを≪메아리~통일을 노래하며(統一を歌って)~≫と題しました。本公演を通じて一人でも多くの方に、統一の必要性と、過去から現在に至るまで、それを希求し闘いつづけた同胞学生たちの気概を感じてもらえれば幸いです。
入場料:1000円・高校生500円・中学生以下無料
主 催:在日朝鮮留学生同盟京都府本部 http://rhtkyoto923.wixsite.com/official
https://www.facebook.com/events/1834771800114765/



医 療
●2月18日(土) 13:00~16:30 大阪弁護士会館203会議室(京阪「なにわ橋駅」出口1徒歩約5分 地下鉄・京阪「淀屋橋駅」1号出口から徒歩約10分 地下鉄・京阪「北浜駅」26号階段から徒歩約7分 http://www.osakaben.or.jp/06_access/index.php
<シンポジウムin大阪>
「医療の安全」を妨げているものは何か?
~医療機関・法律家のあり方を問う!~

講演とパネルディスカッション
医療事故調査制度が始まって1年。事故報告数が想定よりもはるかに少ない中、医療者を対象にした医療安全の研修では、医療事故被害者遺族を「遺『賊』」と呼び、医療事故調査をしないためのノウハウが語られている。
『医療安全とは何か』加藤高志(大阪弁護士会)
『医療側弁護士の困った事例』岡本隆吉(当会世話人)
『患者側弁護士の困った事例』篠原聖二(医療過誤原告の会)
『患者・遺族・医療者を置き去りにしない医療安全』岡本左和子(奈良県立医大講師)
『医療事故調査制度で医療界は自律できるか』石川寛俊(大阪弁護士会)
コーディネーター:勝村久司(当会世話人)
参加費(資料代含):1000円
主催 :「医療情報の公開・開示を求める市民の会」
(URL)http://hkr.o.oo7.jp/simin/
(mail)h-katsumura@nifty.com (tel)090-4546-4377
共催 : 「医療過誤原告の会関西支部」「患者の視点で医療安全を考える連絡協議会」「薬害・医療被害をなくすための厚生労働省交渉実行委員会」
http://hkr.o.oo7.jp/simin/sympo/sympo20170218poster.pdf
http://hkr.o.oo7.jp/simin/



奈良公園
●2月18日(土) 18:30~奈良県文化会館 小ホール(近鉄奈良駅東改札口1番出口東へ 徒歩約5分 http://www.pref.nara.jp/22520.htm
「奈良公園の環境を考えるシンポジウム」
基調講演:辰野 勇(モンベル代表)
ゲスト:嘉田由紀子(前滋賀県知事)山村さちほ(奈良県議会議員)田中幹夫(弁護士)寮美千子(作家)
定員:300名(申し込み先着順)
要予約
予約方法:Eメール(narapark.mamoru@gmail.com)FAX(06-6531-5536)
※申込者氏名、電話番号、参加人数を明記しお申し込みください。
料金:無料
主催:奈良公園の環境を守る会・高畑町住民有志の会
お問い合わせ:narapark.mamoru@gmail.com
http://www.nara-park-mamoru.jp/news/article253



ミツバチ
●2月18日(土) 14時~15時30分 阿倍野市民学習センター 講堂(あべのベルタ3階)(地下鉄谷町線「阿倍野」駅7号出口方面から、あべのベルタ地下2階通路を通りエスカレーターで3階へ http://osakademanabu.com/abeno/wp-content/uploads/sites/4/2016/08/abeno_yasasii.pdf
「みつばちが幸せへの道を教えてくれる」
内容:メッセージ動画上映&船橋康貴さん講演
船橋さん×映像作家 岩崎靖子対談
今、みつばちは世界的に絶滅の危機に瀕しています。私達の食糧70%は虫たちの受粉によって実がなっています。みつばち絶滅は、人類の危機でもあります。その現状に立ち向かおうと、社長から養蜂家に転身した船橋康貴さん。これまでの人生で感じたことがないほどの幸せを感じているそうです。その幸せはどこからやって来るのか?その鍵を存分に
お話いただきます。
パリのオペラ座といきなり姉妹提携してしまったり、アメリカトップ企業と連携への摸索も始まりました。何のコネもないゼロからの数々の奇跡と思える出来事。何がこの奇跡を起こしているのか?船橋さんのお話から、その原動力が見えてきますよ。
また、みつばちの現状や船橋さんの活動を広く伝えるための、10分ほどのメッセージ動画を制作しました。この日は初お披露目です。どうぞ皆様、お越し下さい。
費用:前売り1,000円 当日1,500円 小学生以下無料
(ハートオブミラクル会員前売り券900円 当日1400円 1万円以上映像ご寄付の方は無料)
お申込みフォーム:https://ssl.form-mailer.jp/fms/c87c4ee5482771
(チケットの発行はありません。参加費は当日受付でお支払下さい)。
インターネットがご利用できない場合は、
メール(event@heartofmiracle.net)かFAX(045-624-5727)にて、
①ご参加イベント名「みつばちイベント関西」②お名前 ③ご参加人数 ④連絡先 ⑤ハートオブミラクル会員あるいは映像制作に1万円以上ご寄付の方はその旨を記入
をご連絡下さい。FAXでお申込みの方はFAX番号もご記入下さい。
メッセージ動画制作費へ1万円以上ご寄付の方は、本イベントは無料です。
また本イベント開始前、イタリアン クアトロあべのキューズモール店にて、12時~船橋さんを囲んでのスペシャルランチ会にもご参加いただけます。
こちらは参加費がお料理代として2,000円となっています。
ご寄付は3000円から募っています!詳しくはこちらをご覧下さい。
http://www.ee-pro.net/movie/mitsubachi.html
☆主催&お問合せ先:NPO法人ハートオブミラクル 担当 三浦
080―3848―9401(10時~17時 水・日・祝日休)https://www.facebook.com/events/1831186503791184/



防 災
●2月18日(土) 10:00~17:30 中崎町ホール( 谷町線中崎町駅4号出口 徒歩2分 阪急梅田駅茶屋町出口より東へ10分 https://nakazakistyle.jimdo.com/%E3%82%A4%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%88%E4%BC%9A%E5%A0%B4/
Visionsアジアレジリエンスフォーラム in 大阪中崎町
~2017 防災マッピングと街づくり~

「懐かしい未来」に向かって~
中崎町には東北大震災を機に生まれた天人元気届隊という復興支援チームがあります。その「GO STAY BACK」というコンセプトは、日常のコミュニティづくりにも活かさる生活と防災を切り離さないライフスタイルを提案しています。
まちづくりは人づくり。さまざまな震災がつづくいま、有事に助け合うコミュニティづくり、ネットワークづくりは、町の持久力、安心安全の縦糸です。
そして防災レジリエンス(震災直後48時間以内の回復力)として正確な現状把握と正確な状況判断のためにオープンソースであるオープンストリートマップを使った地図づくり、アプリケーションの活用は、町の瞬発力、安心安全の横糸にあたります。縦糸と横糸の綾なす模様こそ生きた地域活性化の岩盤にあたるものだと確信しています。ぜひ中崎町で行われている街づくりの社会実験の最先端を体験してください!!
https://www.facebook.com/events/1244981862222340/



アスペルガー
●2月18日(土) 13:00~16:00 中津ぱぶり家(阪急中津駅徒歩2分 地下鉄中津駅から徒歩5分 中津商店街の南側(阪急中津駅に近い側)から入って左手3軒目 https://sites.google.com/site/nakatsu3chome/contact
アスペルガーについて話す会
アスペルガーに限らず、広く発達障害を持つ人の会です。当事者はもちろん、周りから発達障害なのではないかと言われたことのある方、身近に発達障害を持った人がいるけどどのように接してよいのか分からないという方、ぜひお越しください。みなさんの悩みを共有しましょう。
参加方法:予約不要ですが、差し支えないようでしたら参加表明をしてもらえると助かります。
参加費:500円(学割300円)
※ 初めての方も大歓迎です。皆さんお気軽にお越し下さい。
https://www.facebook.com/events/662473363932572/



コスタリカ
●2月18日(土) 11:00~12:30 神戸学生青年センター 喫茶室(阪急六甲駅北3分/JR 六甲道駅北15分 078-851-2760 http://ksyc.jp/facilities/map/
第27回「コスタリカの歩き方 プーラビーダ!幸せな人々」
お話:池上智恵子さん(JICA兵庫シニアOV会)
「コスタリカの歩き方」と題して池上智恵子さん(JICA兵庫シニアOV会)からお話をうかがう。池上さんはコスタリカで日本語学習支援をしてきた。コスタリカの人々の生活とは? 楽しいお話がきけそう。30分程度話を聞いたあと、各自持ち寄りのお弁当を食べて12時半ごろ解散。味噌汁は学生センターが用意する。お弁当を持って気軽に参加しよう。
料金:100円、学生無料
問い合わせ先:神戸学生青年センター TEL078 -851 -2760
http://www.yukoyuko.net/guide/event/P28/S280001/EV10231342/?id=WG02106
http://ksyc.jp/seminar/other-seminar/



クリックして応援お願いします!

にほんブログ村


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
戦争あかん!ロックアクションのブログより引用
http://himitsulock.hatenablog.com/entry/2017/02/11/222957


現在、共謀罪について国会で審議中です。あきれたやりとりにうんざりしてしまっている人も多いかもしれません。
現在の審議で何が問題になっているか、永嶋弁護士がわかりやすくまとめてロックアクションの集会でアピールしてくださっていますので、是非ご覧ください。


音声はこちらから。
 ↓
https://dl.dropboxusercontent.com/u/149608139/170206%E6%B0%B8%E5%B6%8B%E5%BC%81%E8%AD%B7%E5%A3%AB%E7%99%BA%E8%A8%80.MP3



◆大阪弁護士会 永嶋靖久弁護士のアピール◆


(2017年2月6日 戦争あかん!ロックアクション集会&デモ より文字起こし)

『日刊ゲンダイ』が共謀罪について「壮大なペテンだ」と書きました。今、国会で審議しています。毎日審議しているんですが、日々壮大なペテンが明らかになっています。

★ひとつめのペテン
テロ等準備罪=共謀罪が毎日毎日新聞に載っていますけれど、みなさんは、条文を見たことがありますか? 条文をまったく明らかにしないで議論しています。法律というのは条文があってはじめて、どんな場合にその法律が適用されて、どんなふうになるかわかるんです。それがいまだに全くあきらかにされない。3回も廃案になった法律を通すのにいまだに法律の条文を明らかにしないで、夏には都議選があるから「早期成立」とか言ってるわけです。これがひとつめのペテン。

★ふたつめのペテン
「今度の法律は(対象は)組織的犯罪集団だけで、かつ準備行為があって初めて処罰するから共謀罪とは全然違います。一般人には関係ありません」と言っています。けれども、組織的犯罪集団というのは、共謀したら、そこで(その時点で)できるんですよ。だから「テロ組織だとか暴力団に入っていないから関係ありません」というふうにはなりません。

それから「準備行為」のことですけど、人を殺したら殺人罪、物を盗んだら窃盗罪、通貨偽造を準備したら通貨偽造準備罪というんです。人を殺すとか、物を盗むとか、通貨偽造を準備するというのを構成要件、「それをしたら罪になる」というのを構成要件というんです。で、政府が「準備罪、準備行為」と言ってるから、国会で福島瑞穂さんとか民進党の議員が政府に尋ねたんですよ。「準備行為が構成要件なのか」「準備罪になるというのなら、準備行為が構成要件か」と聞いたら、政府は答えない。福島さんが「構成要件だ」と言いなさいよと言ったんだけども法務大臣は「今はそれは明らかにする段階ではない」というんですよ。つまり、準備行為というのは犯罪行為の部分ではないんです。あくまで(準備行為よりも手前の時点にあたる)共謀・計画が犯罪になるんです。だから今回の法案は(以前の)共謀罪法案のままなんです。

「一般人に共謀罪は関係ない」のではなくて、共謀したら(その時点で)「一般人」ではなくなるということなんです。

★みっつめのペテン
政府は「テロ対策の条約を締結するために共謀罪が必要」と言っています。しかし、ちょっと前まで外務省のホームページに「テロ関連条約」というページがあって、そこには「国連では13のテロ対策の条約があり、日本は全部締結しています」、こうはっきり書いてあった。テロ対策の条約は全部締結していると、外務省はずっと言ってきた。それが今、外務省ホームページのその部分を見たら「13のテロ対策の条約を締結しました」と書いて、それまでは「13で全部」と書いていた部分を消している。1月27日にホームページを書き換えました。これはインターネットアーカイブというホームページにいって、外務省のURLを打ち込んだら1月26日まであったホームページがはっきりわかります。ホームページを書き換えるという、そんな姑息なことまでしています。

★4つめのペテン
「テロ対策が不十分。このままでは東京オリンピック、パラリンピックができないといっても過言ではない」と総理大臣は言いました。けれども、この国にはテロ対策というのは十分すぎるほどの法律があります。そもそも総理大臣はオリンピックの招致演説をしたときに「Tokyo is the one of the safest cities in the world 」東京は世界で一番安全な街ですよと言って、オリンピックを招致してるんですよ。それがいまになってこんなことを言い出している。このようにペテンにペテンを重ねている。市民をだまして、その政治的自由を奪おうとしている安倍政府こそが組織的詐欺の犯罪集団だ、そういうふうに言ってもいいと思います。

今朝の日経新聞の社説をご覧になりましたか? 政府のやっていることが理解に苦しむ、何をしたいのかわからない、条約に便乗していっぺんにいろんなことしようとしている、そこまで日経の社説で書かれているんです。
いままでは、これはどういうことかわからなかったから反対の声も広がりにくかったけれども、実際にテロ等準備罪=共謀罪が何なのかということが皆の目にわかれば、絶対に国会提出は阻止できると思います。周りに広げていってほしいと思います。


★大阪では大阪弁護士会が3月10日夜に民主党時代の法務大臣だった平岡さんを呼んで集会をします。3月13日には、昼間12時ですが、弁護士会館前からデモをおこないます。多くのみなさんのご参加を呼び掛けたいと思います。がんばりましょう。
(アピールここまで)



◆関連記事
「今国会でついに「共謀罪」(=テロ等準備罪)提出へ。知っておこう危険な共謀罪のこと」
http://himitsulock.hatenablog.com/entry/2017/01/26/020416


●3月10日(金) 18時30分~大阪弁護士会館2Fホール(京阪「なにわ橋駅」出口1徒歩約5分 地下鉄・京阪「淀屋橋駅」1号出口から徒歩約10分 地下鉄・京阪「北浜駅」26号階段から徒歩約7分 
http://www.osakaben.or.jp/06_access/index.php
共謀罪名前を変えてもレッドカード
~共謀罪法案の問題点を浮き彫りに~

ゲスト:平岡秀夫氏(元法務大臣・弁護士)
主催:大阪弁護士会

●3月13日(月) 12時~大阪弁護士会館前~大阪市役所前
共謀罪反対デモ
主催:大阪弁護士会




クリックして応援お願いします!

にほんブログ村
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
★2/15追加情報
●2月17日(金)
  19:00~ハートピア京都 視聴覚室(地下鉄「丸太町」)
『憲法ゼミナール』第3回
●2月17日(金) 19:00~京橋(JR・京阪連絡広場)
稲田防衛大臣の辞任と南スーダンからの自衛隊撤収を求める緊急街宣
●2月17日(金) 12:00~地下鉄あびこ北口 他
安倍政権の暴走を許さない!「野党と市民で共に闘う大阪第3区共同街宣」
★2/12追加情報
■2月13日(月) 午後11時00分~11:50 NHK BS1
BS世界のドキュメンタリー「ゴミ処分場のオーケストラ(前編)」
■2月14日(火) 午後11時00分~11:50 NHK BS1
BS世界のドキュメンタリー「ゴミ処分場のオーケストラ(後編)」
●2/17(金)までのイベント情報を追加しました。


【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。


映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-91.html




●2月13日(月) 12:10~弁護士会館前(京都地裁隣り) 14:00~京都地裁101号法廷(地下鉄烏丸線 丸太町駅1・3・5番出口から徒歩5分 http://www.geocities.jp/genkokusien/kyototisai.htm)
大飯原発差止訴訟 第14回口頭弁論
※傍聴席抽選のリストバンド配付は13:20~13:35
全体的なタイムテーブル●
・12:10…弁護士会館の前に集合。
・12:15…裁判所の周辺のデモに出発。30分程度。
・13:20…裁判所による傍聴券の抽選リストバンド配布開始@京都地裁正面玄関前
・13:35…裁判所による傍聴席の抽選リストバンド配付終了。直ちに抽選→傍聴券の配布。
抽選にもれた方,入廷を希望されず模擬法廷に参加される方は,
・14:00までに弁護士会館・地階大ホールの模擬法廷へどうぞ。
・14:00…開廷,弁論開始。
(同時刻に弁護士会館・地階大ホールで模擬法廷を開始)
・15:00ごろ…閉廷後、弁護士会館・地階大ホールで報告集会。30分程度です。
◇模擬法廷 14:00~京都弁護士会館地階大ホール
・入廷を希望されない方,原告席や傍聴席の抽選にもれた方は,弁護団による模擬法廷にご参加ください。
・実際の法廷よりもわかりやすく,弁護団が解説します。
・事前に提出されている被告側書面があれば,その解説も行います。
◇報告集会 15:00ごろ~京都弁護士会館地階大ホール
http://nonukes-kyoto.net/?p=1465



都構想     
●2月13日(月) 午後6時30分~エルおおさか606号室(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
「総合区」「特別区」って何?「大阪都」構想、民営化、万博・カジノ・・・ 
2.13 いま大阪のあり方を問う学習集会

講演:中山徹さん
・「大阪都」構想って、住民投票でヤメになったんと違うの?
2015年5月、大阪市民は住民投票を通して、橋下市長(当時)と維新の会がすすめようとした「大阪都」構想=大阪市解体に対して、きっぱりと「No!」を突きつけました。これで「大阪都」構想には終止符が打たれたはずでした。ところがダブル選挙のあと、その約束を反故にして「特別区」設置を再浮上させ、2018年にもう一度住民投票をおこなうと言っています。
・民営化って、市民の共有財産を金もうけのために売り渡すことやんか!
2月議会において、吉村市長は、市営交通の事業廃止条例を提案しようとしています。水道の民営化も議会で継続審議の状態です。民営化とは、市民の共有財産である地下鉄・バスや上下水道を民間企業の金もうけの手段にして、自治体が責任を負うべき公的サービスを放棄することです。
・万博・カジノで大阪の人々の暮らしがよくなるんか?
「大阪経済の活性化」のためと称して、「万博」「カジノ」を夢洲に誘致することが目論まれています。「万博」での経済活性化など過去の遺物でしかありません。また、「カジノ」=ギャンブルで景気をよくしようなんて、誰が望んでいるのでしょうか?
・住民不在の都市政策はもうゴメン!の声を大きく
私たちは、2015年住民投票や知事・市長ダブル選挙をはじめ、維新の会の暴走をとめるために、多くの市民とともに活動してきました。2018年にも想定されうる再度の住民投票に向けて、今こそ「特別区」設置や民営化の問題点、「万博」「カジノ」による景気浮揚の欺まんについて、学習を深め、闘いのための広範なネットワークを作っていく必要があります。そのために、学習集会を企画しました。ぜひご参加下さい。
タイムテーブル    
 18時35分~講演 中山 徹さん
 19時35分~質疑応答
 20時05分~アピール(水道の民営化問題・IR・カジノ問題・入れ墨処分問題)
講師紹介:中山 徹さん
奈良女子大学教授<都市計画学・自治体政策学>、大阪自治体問題研究所理事長
著書「人口減少と地域の再編 地方創生・連携中枢都市圏・コンパクトシティ 」(2016)「大阪市解体 それでいいのですか?-大阪都構想 批判と対策」(2015、共著)など
維新の会による「大阪都」=大阪市解体構想に反対する理論的中心として、集会や学習会での講師、雑誌への寄稿など積極的な発信を続けておられます。
主催:2.13学習集会実行委員会
連絡先:大阪府・市の労働と人権問題を考えるネットワーク 電話06-6355-3101
https://www.facebook.com/events/1198429926919628/



NEW
■2月13日(月) 午後11時00分~11:50 NHK BS1
BS世界のドキュメンタリー「ゴミ処分場のオーケストラ(前編)」
パラグアイにあるゴミ処分場の町を訪れた元音楽教師が、ごみから楽器を作り、貧しい子どもたちに演奏を教えようと大奮闘。廃品楽団はやがて世界中で注目を集める。(前編)
首都アスンシオン郊外のカテウラでは、ゴミの山からリサイクル可能な物を集めて収入を得る住民がほとんど。仕事で町を訪れたファビオは、学校に通えない子どもたちに音楽の楽しさを知ってもらおうと活動を開始する。高価な楽器を買う予算はないが、大工のコーラはドラム缶や水道管、フォークやスプーンを使って、美しい音色を奏でるチェロやバイオリン、フルートなどを作り出した。子どもたちは、めきめきと演奏の腕を上げていく。
http://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=170213



●2月14日(火) 11:00~16:00 モモの家(阪急吹田駅から歩いて5分 JR吹田駅から歩いて12分 http://www.momo-family.org/?page_id=9
かえるCafe (毎月第2・4火曜日に開きます)
東日本大震災で避難してこられたみなさん そして心をよせる関西のみなさん
ほっとして 出会って 語りあって つながろう
草木染や手仕事などもやってます。
飲み物:300円
Menu:デトックス茶 有機栽培コーヒー 黒煎り玄米コーヒーなど
※避難者さんは交通費半額補助します
http://happy.ap.teacup.com/momonoie/



●2月14日(火) 午後6時~午後8時 阪急上牧駅駅前広場
原発ゼロ上牧行動(雨天中止)
アピール、ビラまき、コール、ポスティング、ストリートオルガン。
多彩なアクションですが、参加の人数が減ってきて大変なんです。
少しの時間でも参加していただければ嬉しいです。
http://takatukigomi.sblo.jp/article/178624566.html



●2月14日(火) 19時~21時 西宮大学交流センターセミナー室2(阪急西宮北口駅北出口直結 ACTA西宮東館6階 http://www.actafan.com/map.html
連続勉強会第1回 「チェルノブイリとフクシマ」
ゲスト:阪田 晃一 氏(神戸YMCA)
聞き手:赤松 由梨(神戸YMCAリーダー会)
チェルノブイリ原発事故から25年後に福島第一原発事故は起こった。国際原子力事象評価尺度(INES)で最も深刻な「レベル7」に分類されている。その事故の脅威は、廃墟となった街や人々の健康被害に現在も尚影響 を及ぼしている。私たち日本人はチェルノブイリ事故から何を学ぶか。チェルノブイリの教訓からフクシマを考える。そして6年前、福島で起こった原発事故により、16万人以上が県外へ避難するという選択をした中、生まれ育った故郷に残るという選択をした人々も多い。避難指示区域から同じ福島県内の別の地域に避難されている方も多くいる。そのような現状の中、福島の中で起こっている分断。2016年秋に福島県南会津を視察し、保養のあり方を考えます。
参加費:100円
事前申込: ksakata@kobeymca.org までメールでご連絡ください
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-1404.html



朝鮮高級学校無償化
●2月14日(火) 12時~1時 大阪府庁南側通用出入口前(谷町4丁目駅1A出口から北東、天満橋駅3番出口から南東、いずれも徒歩約7分)
朝鮮学校への補助金復活を求める火曜行動
主催:朝鮮高級学校無償化を求める連絡会・大阪
http://gildong.hatenablog.com/entry/2014/06/06/103000



NEW
■2月14日(火) 午後11時00分~11:50 NHK BS1
BS世界のドキュメンタリー「ゴミ処分場のオーケストラ(後編)」
ゴミ処理場で拾った廃品で楽器を作り、演奏する“ランドフィル・ハーモニック(埋め立て地の交響楽団)”。練習を重ねて演奏に自信をつけた子どもたちは、SNSの投稿をきっかけに活動の場を拡大していく。やがて世界ツアーを行うようになり、有名アーティストとの共演も果たした若き演奏家たちは自信に満ち、彼らの笑顔は生まれ育ったごみ処理場の町に希望をもたらす。
http://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=170214



共謀罪
●2月15日(水) 18時30分~尼崎市立小田公民館(JR尼崎駅北側徒歩5分 http://www.city.amagasaki.hyogo.jp/map/institution/05_009.html
テロ等組織犯罪準備罪「共謀罪の勉強会」
講師:弘川欣絵弁護士(明日の自由を守る若手弁護士の会) 
政府は「共謀罪」の対象は市民ではないと言います。でも沖縄の山城さんはどう考えても不当逮捕され、罪名がころころ翻って長期拘留されています。原発震災後に放射能汚染ガレキがあちこちで処分されようとしたときに、これに反対する関西の人たちも長期拘留されました。政府の方針に反対するのも市民ですよ。もちろん賛成するのも市民です。でも当たり前に考えて自分が正しいと思い行動する市民を権力が抑圧した事実がすでにあるのではないでしょうか。共謀罪のターゲットは私たちかもしれません。
会場費:500円
主催:戦争・原発・貧困・差別・を許さない尼崎共同行動
連絡先:尼崎市職員労働組合気付 06-8482-0066
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=594927020710766&set=a.449349808601822.1073741827.100005804200038&type=3&theater



武器輸出
●2月15日(水) 10:10~阪神青木(おおぎ)駅集合
2.15 武器よりも愛を 
新明和さん川重さん 死の商人にならないで! 神戸・東京 同日アクション

スケジュール(予定)
10:10~阪神青木(おおぎ)駅集合 
   ※赤いものを身に着けてきてください♪
10:30~新明和工業 航空機事業部へ申入れ
11:30~昼食
13:30~川崎重工 神戸本社に申入れ
(11:30~武器輸出反対ネットワーク[NAJAT]メンバーが川崎重工東京本社に申入れ)
2014(平26)年4月1日、安倍政権は信じられない閣議決定をしました。約40年間、武器輸出を禁じてきた「武器輸出三原則」を撤廃して「防衛装備移転三原則」を発表し、国会での討議もせずに、武器輸出を解禁してしまったのです。
2016年はオーストラリアに4兆円を超える潜水艦輸出事業が持ち上がりましたが、日本(三菱重工、川崎重工)は選考に漏れました。しかし安倍政権は諦めるどころか、ますます武器輸出を進めようと躍起になっています。
今年2017年は、インドへの救難飛行艇(US-2)輸出の動きが大詰めを迎え、ニュージーランドへのP-1哨戒機(潜水艦を探査できる飛行機)やC-2輸送機の輸出が進められていると報じられています。
私たちKOBEピースiネットは、イラク戦争反対や安保法制反対など、神戸から平和を求める活動を行ってきました。安倍政権によって、私たちの愛する神戸が死の商人の本拠地となってしまう前に、救難飛行艇を製造している新明和工業 航空機事業部と、哨戒機・輸送機の製造の中心を担っている川崎重工の神戸本社に「死の商人にならないで!」と申入れを行うことにしました。
主催:KOBEピースiネット    
参加申込・お問合せ:mail:namiho4@gmail.com TEL070-1308-7717(松本)
https://www.facebook.com/events/1245959605439830/



朝鮮学校無償化裁判
●2月15日(水) 15:00~大阪地裁(地下鉄淀屋橋より北東へ8分 大阪市役所の北側、橋を渡り直すぐ http://www.courts.go.jp/osaka/about_tiho/syozai/osakamain/)
大阪無償化裁判第16回口頭弁論(結審)
http://blog.goo.ne.jp/gekkan-io/e/b2bd2e693a11f81c4bacab7ed3a3b0e6



●2月16日(木) 16時~19時 滋賀県庁正面噴水前(JR大津駅から徒歩5分 大津市京町四丁目1番1号 http://www.pref.shiga.lg.jp/guide/chosha/index.html
滋賀県庁前すわりこみ
http://nonukesiga.exblog.jp/23820204/



難 民
●2月16日(木) 14:00~17:30 17日(金) 10:00~17:30 大阪大学中之島センター(京阪中之島線中之島駅徒歩約5分 阪神福島駅徒歩約9分 JR東西線新福島駅徒歩約9分 http://www.onc.osaka-u.ac.jp/others/map/index.php
国際難民法シンポジウム    
現在、国際社会をおおいに揺るがしている「難民」に着目し、国際協力、公共倫理の観点から難民の法的保護につい て議論します。難民認定は、高度な専門性と知識を必要とする専門的な手続きです。今後、日本の難民保護制度がどの ように進むべきか、英国、ニュージーランド、オーストラリアから難民法判事を迎え、各国の経験をお話いただき、日 本の可能性を一緒に考えてみませんか?本学学生をはじめ、どなたでも参加できます。奮ってご参加ください。
登壇者:Judith Gleesonさん(英国移民上訴法廷副所長)Martin Treadwellさん(ニュージーランド移民・難民保護法廷副所長) Linda Kirkさん(元オーストラリア難民法廷・現オーストラリア国立大学)駒井知会さん(関東弁護士連合会外国人権利委員会元委員長)
言語:英語(逐次通訳あり)
参加:学生・一般、要事前申込み ※2/14締切り
主催:大阪大学大学院国際公共政策研究科
http://www.osipp.osaka-u.ac.jp/inamori/news.html



●2月17日(金) 関西電力本社前(JR「大阪駅」阪神・阪急「梅田駅」徒歩約15~20分 「北新地駅」徒歩10分「淀屋橋駅」徒歩約10分 「肥後橋駅」4番出口徒歩約5分「渡辺橋駅」徒歩約4分 http://www.kepco.co.jp/corporate/profile/community/honten.html
関電本店前包囲行動 17:00頃~19:30頃 関西電力本社前(南西角)
http://stop-kanden.seesaa.net/
関電前星空交流会 19:00~20:30 関西電力本社前(北西側)
【星空交流会】
http://zenkopeace.blog.so-net.ne.jp



2月17日(金) 18:00~19:00 阪急茨木市駅東口  
「再稼動反対、全ての原発をゼロに」茨木金曜日行動



●2月17日(金) 17:00~京都関電前(京都駅前北西)
関電京都へのスタンディングアピール(キンカン行動)
毎週キンカン行動は午後5時から午後7時まで



●2月17日(金) 18:00~関電神戸支店前 19時~パレード予定(「三宮駅」南へ約1km、神戸税関交差点を西へ約15分 http://www1.kepco.co.jp/office/kobe/kobe.html
カンキン行動(関西電力神戸支店前抗議行動)&三宮駅までのパレード



●2月17日(金) 17:30~関電姫路支店前→piole前 (山陽電車姫路駅 http://www.kepco.co.jp/corporate/info/community/himeji/index.html
関西電力抗議金曜姫路行動 脱原発にむけてあなたの声を関電に!
一年中で一番寒い季節です。暖かい格好で、ヒカリモノで元気に!脱原発の願いを込めて 音楽・アート大歓迎。手作り看板・鳴り物持参で。福島のこども達のための街頭カンパもやってます!再稼動許さないの声をもっと!
https://www.facebook.com/events/1392026040815753/



このほか大阪茨木市、羽曳野市、寝屋川市、京都、兵庫、滋賀、奈良、三重、和歌山など各地の関電支店前やその他の場所で全国一斉金曜行動が行われています。
全国の金曜抗議行動をまとめたサイトはこちら。
 ↓ ↓ ↓ 
全国金曜抗議一覧  
http://demojhks.seesaa.net/article/296349527.html


NEW
憲 法
●2月17日(金)  19:00~ハートピア京都 視聴覚室(地下鉄「丸太町」5番出口すぐ/市バス・京都バス・JRバス「烏丸丸太町」下車 烏丸丸太町下ル東側 075-222-1777 http://www.heartpia-kyoto.jp/access/access.html
『憲法ゼミナール』第3回
「アベノミクスと日本経済の行方」

講師:奥田宏司さん(立命館大学特任教授)
憲法施行70年の今年は、改めて日本国憲法の価値を現実の政治状況の中で検討しつつ、その価値実現の運動を進めていく必要があると思われます。京都憲法会議では昨年、改憲論に理論的に対峙するための「改憲問題研究会」を発足させましたが、今年からより多くの市民に参加いただき学習討論できる形(「憲法ゼミナール」)にして行うことといたします。
特定秘密保護法や安保関連法など、国民の多数が反対したにもかかわらず、選挙ではそれらを推進した勢力が国会での多数派を占めています。選挙になると、どうしても経済政策が大きくクローズアップされますが、では、安倍政権の経済政策(「アベノミクス」)は成功しているのでしょうか。憲法ゼミナール第3回は、日本国憲法にもとづく経済政策とはいかなるものなのか、検討することにしたいと思います。そこで、「アベノミクスと日本経済の行方」というテーマで、奥田宏司さん(立命館大学特任教授)にご報告いただきます。
主催:京都憲法会議事務局 info@kyoto-kenpokaigi.com
https://www.facebook.com/1661580800766981/photos/a.1662819360643125.1073741828.1661580800766981/1853847081540351/?type=3&theater
http://www.kyoto-kenpokaigi.com/KaikenmondaiKenkyukaiChirashi_pdf/KenpoSeminar3_20170217.pdf



NEW
稲田防衛大臣
●2月17日(金) 19:00~京橋(JR・京阪連絡広場)
稲田防衛大臣の辞任と南スーダンからの自衛隊撤収を求める緊急街宣
自衛官の命と、国の最高法規である憲法にかかわる問題で、言葉遊びに時間を浪費する稲田防衛相と安倍政権はあまりにも酷い。有志で、大阪でもやります。
https://twitter.com/DoubleAnti/status/831343165361659904



NEW
野党共闘
●2月17日(金) 12:00~地下鉄あびこ北口 他
安倍政権の暴走を許さない! 
「野党と市民で共に闘う大阪第3区共同街宣」

①12:00~12:30 地下鉄あびこ北口
②13:00~13:30 玉出交差点(四つ橋線玉出 http://loco.yahoo.co.jp/place/g-FyikjhxYq86/map)
③14:00~14:30 大正区役所噴水広場前(バス停大正区役所前 JR・地下鉄大正駅よりバス http://www.city.osaka.lg.jp/taisho/page/0000077091.html
④15:00~15:30 花園イズミヤ前(四つ橋線花園 http://www.izumiya.co.jp/shop_map/post_29.php)
共謀罪、労働法制改悪…安倍政権は今国会でも、国民の声に耳を傾けようとせず、国会をないがしろにした強引な運営を行おうとしています。担当大臣のふざけた答弁に、怒りを通り越してあきれかえっている人も多いはず。
こんな政治を許しておいていいはずがない!
ミナセン大阪では、多くのみなさんに政治をもっと身近な、自分たちの生活に直接関わるものと感じてもらうためにも、選挙区ごとのローカルな街宣を行っていきます。
まずは大阪第三区(大正区・住之江区・住吉区・西成区)で市民と野党共同の街宣を行います。
参加予定弁士:共産党 わたなべ結・社民党 服部良一・自由党 渡辺義彦・新社会党 山下けいき・緑の党 
呼びかけ:みんなで選挙☆ミナセン大阪
https://www.facebook.com/groups/948742081903286/



監視カメラ
●2月17日(金) 午後6:45~8:45 蛍池公民館第一講座室(阪急・モノレール「蛍池」駅西側陸橋直結「ルシオーレ」5F) 
あっちにカメラ、こっちにもカメラ・・・街じゅう監視カメラだらけ!
「防犯カメラ」で地域は安全になるのか?講演・報告集会
講師:大川一夫弁護士 
豊中市はいま、市内に1,230台(1小学校区30台×41)もの監視カメラを設置する事業を進めています。刀根山地区でもこの春から設置されようとしています。箕面市や伊丹市など近隣都市でも、同じように監視カメラを街じゅうに設置しています。24時間365日監視カメラに見張られ、知らない顔を見かけたら不審者として即、警察に通報。プライバシー侵害や「窮屈で息苦しい」と訴えると、「後ろ暗いことがあるのでは?」と疑われる・・・。そんな世の中が、果たして「安全・安心」なのでしょうか? いつも、誰かに見られていて気持ちは悪くないですか。実は防犯効果が定かではない「防犯カメラ」が野放図に増え続ける今、改めて、この問題を考えてみませんか? 講演・報告集会にぜひご参加ください!
大川一夫弁護士:大阪弁護士会副会長、大学講師などを歴任。釜ヶ崎監視カメラ撤去訴訟で代理人弁護士を務め、一部撤去させる判決を勝ち取る。豊中市在住。著書に『裁判と人権』など。
報告:豊中市の現状……木村真豊中市議
   箕面市の現状……中西智子箕面市議
   伊丹市の現状……大津留求(おーつる・もとむ)伊丹市議
会費:300円(運営協力費)
主催:「見守りカメラ」事業の見直しを求める刀根山住民の会(準) 管理監視社会化に反対する大阪ネットワーク
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0217.pdf
http://www17.plala.or.jp/kyodo/annai1.html



監視カメラ
●2月17日(金) 午後6:45~8:45 蛍池公民館第一講座室(阪急・モノレール「蛍池」駅西側陸橋直結「ルシオーレ」5F) 
あっちにカメラ、こっちにもカメラ・・・街じゅう監視カメラだらけ!
「防犯カメラ」で地域は安全になるのか?講演・報告集会
講師:大川一夫弁護士 
豊中市はいま、市内に1,230台(1小学校区30台×41)もの監視カメラを設置する事業を進めています。刀根山地区でもこの春から設置されようとしています。箕面市や伊丹市など近隣都市でも、同じように監視カメラを街じゅうに設置しています。24時間365日監視カメラに見張られ、知らない顔を見かけたら不審者として即、警察に通報。プライバシー侵害や「窮屈で息苦しい」と訴えると、「後ろ暗いことがあるのでは?」と疑われる・・・。そんな世の中が、果たして「安全・安心」なのでしょうか? いつも、誰かに見られていて気持ちは悪くないですか。実は防犯効果が定かではない「防犯カメラ」が野放図に増え続ける今、改めて、この問題を考えてみませんか? 講演・報告集会にぜひご参加ください!
大川一夫弁護士:大阪弁護士会副会長、大学講師などを歴任。釜ヶ崎監視カメラ撤去訴訟で代理人弁護士を務め、一部撤去させる判決を勝ち取る。豊中市在住。著書に『裁判と人権』など。
報告:豊中市の現状……木村真豊中市議
   箕面市の現状……中西智子箕面市議
   伊丹市の現状……大津留求(おーつる・もとむ)伊丹市議
会費:300円(運営協力費)
主催:「見守りカメラ」事業の見直しを求める刀根山住民の会(準) 管理監視社会化に反対する大阪ネットワーク
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0217.pdf
http://www17.plala.or.jp/kyodo/annai1.html



こどもの居場所
●2月17日(金) 14時~17時 リバティおおさかホール(定員270名)(JR環状線「芦原橋駅」下車、南へ約600m http://www.liberty.or.jp/guidance/index.html
「食」のある、こどもたちとの居場所 トークセッション
食べることは、生きる楽しみであり、作る人と食べる人との心のつながり。
心のつながった人との食事は心も身体も癒します。
人どうしがつながるきっかけが、こども食堂にはあります。
広島のあのばっちゃんが大阪に!
元保護司であり、多くの非行少年に対して自宅を開放して、30年以上もご飯を作り続けながら生き直しを支えてこられた、中本忠子さんの講演。
13:50~14:15 合唱 大阪市立鶴見橋中学校 第70期生
14:20~15:20 基調講演 中本忠子37年の歩み
15:30~17:00 クロストーク こどもをまん中に今私たちができることを考える
動画:「ばっちゃん~子どもたちが立ち直る居場所~」
https://www.dailymotion.com/video/x57qvku_%E3%81%B0%E3%81%A3%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93-%E5%AD%90%E3%81%A9%E3%82%82%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%8C%E7%AB%8B%E3%81%A1%E7%9B%B4%E3%82%8B%E5%B1%85%E5%A0%B4%E6%89%80-20170107_tv
主催:特定非営利活動法人 ヒューマン地域振興協会・にしなり☆こども食堂
後援:大阪府(申請中)、大阪市教育委員会(申請中)、西成区役所、こども食堂ネットワーク関西
協力:西成教育サポート6校連絡会、NPOごはんを食べて語ろう会、子育ち・子育て「みんなの結び」(NPO申請準備中)  
申し込み:http://kodomo-silyokudou.jp/0217.html#join
http://kodomo-silyokudou.jp/0217.html



クリックして応援お願いします!

にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。


映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-91.html




●2月12日(日) 14時~16時 大阪府社会福祉会館405(地下鉄谷町線・長堀鶴見緑地線「谷町六丁目」駅4番出口(谷町筋を南に250m)http://www.fine-osaka.jp/syakaifukusi/map.html)
3.11原発事故のその後と自主避難ママの声を聴く学習会@大阪府社会福祉会館
参加費:無料
http://sandori2014.blog.fc2.com/page-4.html



●2月12日(日) 13:30~伏見港公園(京阪中書島から徒歩3分)14:00~スタート 
さよなら原発、ふしみパレード
2月は「梅の花」パレードです。梅の花などのグッズを片手に伏見の町から脱原発の声をあげましょう。
コース:京阪中書島駅~龍馬通商店街~納屋町商店街~大手筋商店街~御香宮神社
主催:ふしみ原発ゼロパレードの会
連絡先:京都南法律事務所(075-604-2133 [吉田 or 溝江]?)
http://nonukesfushimi.blog.fc2.com/



●2月12日(日) 14:00~企業組合しんまち(下京区新町通七条下ル,関電京都支社の北西 https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1456206934620758&set=p.1456206934620758&type=1&theater
「福島を忘れない」福島から避難されている方は今
お話し:萩原ゆきみさん(原発賠償京都訴訟 原告団共同代表)ほか,関東から避難されている方々
福島原発事故後、住み慣れた福島から京都に避難された萩原ゆきみさんより、原発事故直後のことや避難のこと、京都での暮らし、原発賠償裁判についてお話して頂きます。ぜひ聞きに来てください。
参加費:無料。支援カンパの訴え
主催:下京原発ゼロネット
連絡先:寺野哲也090-3993-1849
共催:洛央ゼロネット,植柳ゼロネット
https://www.facebook.com/events/1819411145004399/



ビキニ水爆実験
●2月12日(日) 14:00~16:00 ヒロセビル会議室(中京区烏丸通り二条下ル西側)
レイチェル・カーソン関西セミナー(第12回)
ビキニ水爆実験と「X年後」

講演(1)ビキニ水爆実験と日本の原水禁運動 
 講師:小杉 功(原水爆禁止京都協議会事務局長)
講演(2)ビキニ水爆実験とレイチェル・カーソン 
 講師:原 強(レイチェル・カーソン日本協会関西フォーラム代表)
『沈黙の春』で化学物質による環境汚染について警鐘を鳴らし、『センス・オブ・ワンダー』で自然とのふれあいの喜びを語ったレイチェル・カーソンの生涯や思想に学び、現代に生きる私たちの責任として現代の環境問題の解決の方向を考えあうために、連続セミナーを開催します。
第12回セミナーは、「レイチェル・カーソン生誕110年記念のつどい」<2017年5月14日(日)開催>における映画「X年後」の上映を前に、ビキニ水爆実験のもたらしたさまざまな影響について、ごいっしょに考える機会にしたいと思います。
参加費:500円。
連絡先:レイチェル・カーソン日本協会関西フォーラム。
075-251-1001,JRCCアットmb6.seikyou.ne.jp
http://rcpt.kyoto-bauc.or.jp/info_seikyou/JRCC/info.php?mode=detail&id=163



極右の台頭
●2月12日(日) 午後2時~同志社大学今出川キャンパス良心館207(「今出川」駅から徒歩1分 http://www.doshisha.ac.jp/information/campus/access/imadegawa.html
グローバル・ジャスティス研究会2月の企画
カオス化する世界を見据え、希望を見い出すための講演会

アメリカ、ヨーロッパ、日本の極右の台頭。世界は分断・差別・憎悪・不寛容に突き進むのか?
注目のウォルデン・ベロさんの講演、いよいよ今週末です。日本滞在中の最後の講演会です。ぜひ、ご参加ください。
講演:ウォルデン・ベロさん(京都大学東南アジア研究所客員研究員、元フィリピン下院議員)<英⇔日通訳付き> 菊池恵介さん(同志社大学大学院グローバルスタディーズ研究科・准教授)
※どなたでも参加できます。
料金:学生以外の方は資料代500円(割引希望の方は受付でお申し出ください)
講演会終了後、午後5-7時、「グローバル・ジャスティス運動全国交流会」(グルーバルジャスティス研究会/ATTAC関西グループ共催)を開催します。時間のある方はこちらにもご参加を。
グローバル・ジャスティス研究会は、公正な世界の実現に関わるさまざまなテーマについて話し合うスペースとして16年1月からスタートしました。最近取り上げたテーマ:⑪新自由主義的グローバル化の現段階(11月13日)⑫[特別企画]12月11日、「ルワンダの悲劇から22年」。通常は月1回、どなたでも参加できます。
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0212.jpg
http://www17.plala.or.jp/kyodo/



三里塚
●2月12日(日) 13:30~大阪市立港区民センター・ホール(地下鉄中央線・JR環状線弁天町駅 徒歩7分 http://www.osakacommunity.jp/minato/access.html
国策とたたかう農民・農地を守ろう! アベ政治を許さない! 
~三里塚50年にさいして~

三里塚では、20年も前に土地収用法が失効しました。そのため国と空港会社は、ほんらいは農地を守るための「農地法」を悪用し裁判で農地を取り上げようとする「国策裁判」がおこなわれています。10月25日には最高裁判所が上告を棄却し、市東孝雄さんの農地が強制収用されようとしています。
また、首都圏空港容量の拡大が叫ばれ、1000ヘクタールもの用地拡張による第3滑走路の建設、暫定滑走路の1000メートル北へ延伸、そして空港離着陸時間規制の大幅緩和などが目論まれています。地元住民をまったく無視した、新たな空港建設であり、くらしといのちを奪うものと言って過言ではありません。
呼びかけ:安次富浩 大野和興 金城実 趙博 永井満 西山直洋 山元一英 米澤鐡志
http://kakukyodo.jp/shukai.htm

 

毛皮反対
●2月12日(日) 13:00~(12時からok)愛染公園(地下鉄堺筋線 恵美須町駅 http://www.mapion.co.jp/phonebook/M04010/27111/KP706801/)14:00~出発 15:30頃元町中公園にて解散
GO GO NO FURパレード3@大阪
まさかこれがお洒落だなんて。動物を犠牲にしているファッションにあなたは加担しています。
コート、襟巻、マフラー、帽子、鞄、靴、ベルト、キーホルダー、シュシュ、手袋、アクセサリー
etc。毛皮の生産方法を一度 検索してしっかりと 考えてみてください。私たちにできることは、お店や企業に意見を届ける毛皮製品を購入しない。周りの人に伝え広める。そして毛皮反対デモ行進に参加する!!!GO GO NO FUR パレードをします!!一人でも 多くの方に参加していただきたいと思っています!!
動物たちを助けたい!人間のために犠牲になる命をなくしたい!
そうお思いの皆さん、私たちと一緒に歩きませんか?
★「毛皮(リアルファー)の作られ方をまだ知らない方々に伝えましょう」
毎年ファッションのために生まれさせられては犠牲になる命があります。
フードや袖口、バッグ、キーホルダー、ヘアゴムなどについているフワフワの飾りが、命を犠牲にして作ったものだとは知らずに購入している方々に、リアルファーの真実を伝えましょう。
買う人がいなくなれば、犠牲になる命を救えます。
★「ファッションブランドに、毛皮の取り扱いをやめてほしいとお願いしましょう」
すでにリアルファーの取り扱いをやめてくれたお店もたくさんあります。ブランドさんにも、命に優しい選択をしてくださるよう、みんなでお願いしましょう。
私たちは動物の犠牲がなくても、ファッションを楽しんだり、温かく過ごすことができます。代わりの素材もたくさんあり、わざわざ命を犠牲にして衣料を作る必要は全くないのです。世界では毛皮禁止の流れが加速しています。そのことを大阪の皆さんに、みんなで伝えていきましょう!
【注意事項】
※リアルファー、レザーなどの動物性素材を着用してのご参加はご遠慮ください。
(フェイクファーも誤解を招きやすいためお断りしていますが、アニマルコスプレをされる方のフェイクファーは問題ありません)
※約1時間半ほど歩きます。歩きやすい靴でお越しください。
※動物を連れてのご参加はご遠慮いただいています。ご了承ください。
※行進中、終了後、写真や動画を撮ります。顔出しされたくない方は、サングラスやマスクなどのご準備をお願いします。
https://www.facebook.com/events/1824920994427929/



■2月12日(日) 午後09:00~09:50 NHK総合
NHKスペシャル
「見えない“貧困”~未来を奪われる子どもたち~」

子どもの6人に1人が「相対的貧困」と言われる日本。しかし、具体的に何に困り、どういった支援が必要なのか明らかにされてこなかった。今年度、自治体や国が初めて大規模調査を実施。調査から「新しい服が買えない」「アルバイトで家計を支えている」など具体的な状況が初めて可視化された。「見えない貧困」の実像に迫り、子どもたちにどのような支援が必要なのか、解決の道筋を探る。
http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20170212



■2月12日(日) 午後11:30~00:00 NHK Eテレ
サイエンスZERO「シリーズ原発事故(16)最新報告 汚染水との戦い」
事故から丸6年。福島第一原発では汚染水対策が正念場を迎えている。敷地内の巨大タンクに貯まった量は100万トン。建屋に流れ込む地下水が地下部に溜まった汚染水と混じり、膨大な量になっているのだ。地下水流入を止める切り札が凍土壁。ほぼ凍結が完了し、一定の効果が見られるものの、期待には届いていない。さらに既存の浄化装置では除去しきれない放射性物質・トリチウムの対策も課題だ。汚染水対策の現状と課題に迫る。
http://www.nhk.or.jp/zero/contents/dsp572.html



クリックして応援お願いします!

にほんブログ村
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
★2/11追加情報
●~2/24(金) シネ・ヌーヴォー(阪神九条 地下鉄九条) 
ドキュメンタリー映画『ヘイトスピーチ』
●2月11日(土) 13:00~京都府部落解放センター4階ホール(地下鉄「鞍馬口駅」下車、北へ5分)
「紀元節・日の丸・君が代」とたたかう2・11京都集会
■2月11日(土) 午後02:00~02:50<字幕スーパー> NHK BS1
「殺人者34万人の帰郷~ルワンダ虐殺 22年目の“声”~」
■2月11日(土) (再放送)午後03:00~03:50 NHK BS1
BS1スペシャル「美術家たちの太平洋戦争~日本の文化財はこうして守られた~」


【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報


『スノーデン』
たったひとりの若者が世界中を震撼させた!史上最大の内部告発〝スノーデン事件″の衝撃的な真実
それは、まさしく世界中に激震が走った瞬間だった。2013年6月、イギリスのガーディアン紙が報じたスクープで、アメリカ政府が秘密裏に構築した国際的な監視プログラムの存在が暴露されたのだ。さらに驚くべきは、ガーディアン紙に大量の最高機密情報を提供したのがたったひとりのNSA(米国国家安全保障局)職員であり、よくスパイ映画に登場するような厳めしく年老いた人物ではなく、ごく普通の外見をした当時29歳の若者だったことだ。
 匿名ではなく自らカメラの前に立ち、エドワード・スノーデンと名乗って素性を明かしたその青年は、なぜNSAやCIAから得られる多額の報酬と輝かしいキャリア、恋人と築き上げた幸せな人生のすべてを捨ててまで重大な告発を決意したのか。はたして彼は英雄なのか、国家の裏切り者なのか。ハリウッドきっての社会派の巨匠オリバー・ストーンが史上最大の内部告発“スノーデン事件”の全貌に迫った問題作、それが『スノーデン』である。
 2004年、9.11後の対テロ戦争を進める祖国アメリカに貢献したいと考えて軍に志願入隊したスノーデンは、足に大怪我を負って除隊を余儀なくされる。失意のさなかCIAに採用された彼は、持ち前のずば抜けたコンピュータの知識を教官に認められ、2007年にスイス・ジュネーヴへ派遣された。しかしそこで目の当たりにしたのは、アメリカ政府が対テロ諜報活動の名のもと、世界中のメール、チャット、SNSを監視し、膨大な情報を収集している実態だった。やがてNSAの契約スタッフとして東京の横田基地、ハワイのCIA工作センターへと赴任し、民主主義と個人の自由を揺るがす政府への不信をいっそう募らせたスノーデンは、恋人のリンゼイをハワイの自宅に残し、命がけの告発に踏みきるのだった……。
公式サイト:http://snowden-movie.jp/#home
●~2/17(金)? TOHOシネマズなんば・本館(御堂筋線難波駅すぐ http://eiga.com/movie-theater/81862/27/270103/5024/)
上映スケジュール:http://eiga.com/movie-theater/81862/27/270103/5024/
●~2/17(金)? 大阪ステーションシティシネマ(大阪ステーションシティノースゲートビル11F)(大阪駅 http://www.osakastationcitycinema.com/site/oscc/access.html) 
上映スケジュール:http://www.osakastationcitycinema.com/site/oscc/detail.html?cinemaid=T0021410&type=0101
その他、上映中の映画館:https://hlo.tohotheater.jp/net/movie/TNPI3060J01.do?sakuhin_cd=013964



NEW
ドキュメンタリー映画『ヘイトスピーチ』
差別なのか?言論なのか?
2014年大阪、在日特権を許さない市民の会(通称:在特会)が大阪のメインストリート御堂筋を中心に街宣活動を行っていた。「朝鮮人を大阪湾にたたきこめ!」デモ隊は進んでいく。
それに抗議するカウンターと呼ばれる人々。
在特会、カウンターはなぜぶつかりあうのか。何が起きているのか。2014年の大阪での彼等の動きを、学生2人が真っ向から見つめたドキュメンタリー。美しい国、日本。その現状がここにある。
公式サイト:http://hatespeech-film.net/
●~2/24(金) シネ・ヌーヴォー(阪神九条 地下鉄九条 http://www.cinenouveau.com/access/access.html) 
上映スケジュール:http://www.cinenouveau.com/schedule/schedule1.html
http://www.cinenouveau.com/sakuhin/hate.html



教 育
●2月11日(土) 13:15~大阪市立港区民センタ(地下鉄中央線、JR環状線「弁天町」下車 徒歩7分 http://www.city.osaka.lg.jp/shimin/page/0000016613.html
『戦争する国』はゴメンダ! 今、教育に問われるもの 2・11集会
講演「オリンピック・愛国心教育と『戦争する国』」(仮題)
講師:高嶋伸欣さん 
浪花の歌う巨人パギやん・ミニライブ 
ティーチイン「教育に問われるもの」
資料代:700円(学生500円、その他事情のある方はご相談に応じます)
手話通訳あり 
主催:「日の丸・君が代」強制反対・不起立処分を撤回させる大阪ネットワーク
http://www7b.biglobe.ne.jp/~hotline-osaka/170211tirasi.pdf
http://www7b.biglobe.ne.jp/~hotline-osaka/



憲法カフェ
●2月11日(土) 11時半~Vegitarian Cafe Mint( W/ A Man To Bar 朱夏、天劇キネマトロン)(地下鉄中崎町駅 http://www.mapion.co.jp/address/27127/35:1:1:10/
ベルばら憲法カフェ@中崎町
ママの会&あすわか大阪の憲法カフェ第2弾。今回はコープ自然派ぽっぽくらぶも共催。
・11時半~ランチしながらお話し
・12時半~14時 講演
フードはカレーを2種類用意!。ドリンクもいろいろ\(^o^)/♪
ベルばら(ベルサイユのばら)の時代に「日本国憲法」があったらどうなっていた? ドキドキわくわく興味津々♪憲法にはあまり興味はないけれど、「ベルばら愛は誰よりも~」という方でも楽しめます!ぜひご参加ください(*´∀`)ノ大阪中崎町のステキな古民家カフェで、ランチしながらお話しましょう♪
講師:内山宙弁護士
参加費:1000円+ワンオーダー
要予約:090-4299-6860
https://www.facebook.com/events/1656265127998503/



辺野古新基地問題
●2月11日(土) 15時30分~(毎週土曜日)JR大阪駅南バスターミナル
「辺野古に基地を絶対つくらせない大阪行動」
辺野古の海が埋め立てられないように活動しています。
お時間の許す範囲で、少しでも皆様のご参加お待ちしています。
http://blogs.yahoo.co.jp/henoko_osaka



辺野古新基地問題
●2月11日(土) 13:00~14:00 神戸マルイ前
HENOKO NO! 沖縄に基地はいらない 
   辺野古の海に基地をつくらせない神戸行動

沖縄県民に対する不正を止めるために、共に声を上げて下さい。
ツイター・FaceBookで情報発信中{辺野古・神戸}で検索して下さい。
土曜の午後はいつもの時間、いつもの場所で、はじめての方、ちょっとだけ参加、見学、大歓迎。
https://twitter.com/kobekodo/



辺野古新基地問題
●2月11日(土) 毎週土曜日17:00~18:30ごろ 京都市 三条河原町交差点(三条河原町商店街のアーケード前スペース)
沖縄・辺野古への新基地建設に反対し、
     普天間基地の撤去を求める京都行動

アピール、チラシ配り、新基地建設に反対する署名集めなどなど
http://kyoto-action.jugem.jp/?pid=1
https://twitter.com/ALALALED/status/551165696185344000



日本会議
●2月11日(土) 午後2時~4時 解放県民センター4階大ホール(JR膳所駅より1㎞)
島薗 進さんが語る
日本会議と安倍政権-それをささえているもの-

講師:島薗 進さん
協力金:1000円
http://nonukesiga.exblog.jp/23826948/



ドキュメンタリー上映
●2月11日(土) 18時半~大阪市北区民センター(地下鉄堺筋線「扇町」2号-B出口北へ3分/JR環状線「天満」西へ3分 北区役所隣 http://www.osakacommunity.jp/kita/b1_hall.html)
ドキュメンタリーを視て語るつどい
「揺らぐ外国人労働者の町~押し寄せる韓国経済のひずみ」と「憲法改正と日本会議」を上映。
会場費:300円
主催:映像で現代を語る会(090-5151-9763中森)
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0211-2.pdf



建国記念の日
●2月11日(土) 午後2時~日本キリスト教団 洛陽教会・地下ホール(神宮丸太町 寺町通丸太町上る東側 http://www.its-mo.com/c/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9F%BA%E7%9D%A3%E6%95%99%E5%9B%A3%E3%80%80%E6%B4%9B%E9%99%BD%E6%95%99%E4%BC%9A/DIDX_DKE,3735050/access/
第38回目「紀元節(建国記念の日)」を考える2・11京都集会
講師:池田浩士さん(京都大学名誉教授)
会場カンパ:800円 
共催:日本キリスト教団京都教区「教会と社会」特設委員会 京都「天皇制を問う」講座実行委員会 反戦・反貧困・反差別共同行動(きょうと)
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0211.pdf



NEW
●2月11日(土) 13:00~京都府部落解放センター4階ホール(地下鉄「鞍馬口駅」下車、北へ5分)
「紀元節・日の丸・君が代」とたたかう2・11京都集会
参加費:800円
主 催:天皇制の強化を許さない京都実行委員会 075-415-1030



戦争死者
●2月11日(土) 14:00~16:00 京都YWCA(地下鉄丸太町2番出口より北へ5分 2つ目の信号を左折 http://kyoto.ywca.or.jp/access/index.html
2.2.11集会「戦争死者のゆくえ」
国家は戦争死者をどのように弔ってきたのか。それを考えることは、新たな戦争に抗するための一つの方法である。
話題提供者:片岡 英子さん(京都YWCA平和委員)
参加費:300円
※当日は飲み物と手作りお菓子の販売があります。
申込み・問い合わせ:京都YWCAまで電話、メールまたはFAXにて
TEL 075-431-0351(代) FAX 075-431-0352  office@kyoto.ywca.or.jp
主 催:京都YWCA平和委員会
http://kyoto.ywca.or.jp/event/%E4%BA%AC%E9%83%BDywca-2-11%E9%9B%86%E4%BC%9A%E6%88%A6%E4%BA%89%E6%AD%BB%E8%80%85%E3%81%AE%E3%82%86%E3%81%8F%E3%81%88/



資本論
●2月11日(土) 10時~11時半 京都市下京いきいき市民活動センター第2会議室(JR京都駅(北側)塩小路通りを東に約15分 京都市下京区上之町38番地 http://www.city.kyoto.lg.jp/bunshi/cmsfiles/contents/0000099/99788/simogyo-map.GIF
「資本論」を読む会・京都 
第3章「貨幣または商品流通」の続き
参加費:100円
主催:「資本論」を読む会・京都(090-5241-5052)
http://www.kinyobi.co.jp/event/20170203_002224.php



公 害
●2月11日(土) 10:30~18:30 懇親会19:00~21:00 12日(日) 9:30~17:30 あおぞら財団(JR東西線「御幣島」駅 11番出口すぐ  あおぞらビル4階 http://aozora.or.jp/accesscontact
実践から学ぶコミュニティ・オーガナイジング!
~西淀川の人々は、どのように公害問題を解決したか?~

NPOや地域団体で活動していて
「もっと地域全体を巻き込むにはどうしたらいいんだろう?」と感じられている方にオススメ!
「西淀川の空はなぜ青いのか?」と聞かれると、「えっ?どういうこと??」と思われるかもしれません。日本が「公害列島」と言われた頃、阪神地域でも大気汚染公害が発生し、「手を渡したいのは青い空」といった言葉が出されるほどに、空は汚れていたのです。
この公害の中で公害患者の人々は専門家と連携し、様々なアプローチをとりながら、原因企業や地域の人々との対話をすすめて、問題解決へと進んでいきました。現在の同地域のまちづくりにもつながっている、この地域を大きく動かしたムーブメントは、力をもったエキスパートではなく、「普通の市民」によって起こされたものでした。
本講座では、地域の問題解決に向けて人々を組織化していく「コミュニティオーガナイジング」の実践的なポイントを、西淀川の事例に関わった人々の語りを直接聞きながら学びます。
コーディネーター:川中大輔氏(シチズンシップ共育企画代表)
<スケジュール>
◇2月11日(土)
10:30−12:30 アイスブレーク
12:30−13:30 昼食休憩
13:30−16:00 フィールドワーク
(国道43号、千北診療所、あおぞら苑、公害医療センター、大野川緑陰道路など)
16:00−16:30 休憩
16:30−18:30 ヒアリング(予定:患者会リーダー、企業担当者)
19:00−21:00 交流会
◇2月12日(日)
9:30−12:30 ヒアリング3名 (予定:弁護士、公害患者、地域の方)
12:30−13:30 昼食休憩
13:30−15:30 整理
15:30−15:45 休憩
15:45−16:45 アクションプランづくり
16:45−17:30 分かち合い、クロージング
※2016年度地球環境基金助成事業
参加費:15,000円(学生8,000円) 2日間の弁当、1日目の懇親会費込み
定員:15人(先着順)
・宿泊はゲストハウス(一人一泊 3,000円)の紹介が可能です
・フィールドワークに自転車を使います。苦手な方はタンデム自転車で対応します。
申し込み:webmaster@aozora.or.jp
名前・所属・住所・電話番号・FAX・メールアドレスをお知らせください。
事務局:公益財団公害地域公害地域再生センター(あおぞら財団)
TEL:06-6475-8885 FAX:06-6478-5885
http://aozora.or.jp/archives/27718
http://aozora.or.jp/wp-content/uploads/2017/01/chirashi.pdf



NEW
■2月11日(土) 午後02:00~02:50<字幕スーパー> NHK BS1
「殺人者34万人の帰郷~ルワンダ虐殺 22年目の“声”~」
ノーナレーションで伝えるシリーズの2回目。1994年、ツチ族とフツ族の対立によって80万人以上が殺されたルワンダ虐殺。死刑制度のないルワンダでは今、虐殺に関わった重罪犯たちが刑期を終え次々と釈放されている。その数、およそ34万人。ルワンダは虐殺の加害者と被害者遺族とが隣り合って暮らす特異な状況となっている。番組では釈放された虐殺犯の帰郷に密着。被害者遺族との初めての面会から和解までの全貌を記録。
http://www.nhk.or.jp/docudocu/program/92515/2515631/index.html?c=housou



NEW
■2月11日(土) (再放送)午後03:00~03:50 NHK BS1
BS1スペシャル「美術家たちの太平洋戦争~日本の文化財はこうして守られた~」
世界の観光客が訪れる寺社など日本の文化財。太平洋戦争をどう生き延びたのか、知られざる物語。法隆寺に魅了された米・美術家が中心になり、守るべき日本の文化財リストを在米日本人も協力し、極秘に作成。攻撃計画する米軍に送られた…。戦後も日本の文化財は被害の賠償として奪取される検討が。国際舞台や米政府内での激論に立ち向かったのも美術家だった…戦中戦後の極秘活動を取材。遺族や関係者、米軍機密資料から明らかに。
http://www4.nhk.or.jp/bs1sp/x/2017-02-11/11/15182/2515630/



クリックして応援お願いします!

にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
★2/10追加情報
■2月10日(金) 午後1:00~3:36 NHKBS
「ヒトラー ~最期の12日間~」
■2月11日(土) (再放送)(金曜深夜)午前00:00~01:00 NHK Eテレ 
「ETV特集「北方領土 重い扉を開く ゴルバチョフが明かす日ソ交渉舞台裏」

★2/9追加情報

●2月10日(金) 19:30~20:30 メディアスタジオSANA(地下鉄玉造駅)
『南スーダン自衛隊を撤退させよう』
★2/7追加情報
■2月7日(火) 午後11時00分~(再放送)午後11:00~11:50 NHK BS1
BS世界のドキュメンタリー選▽ムクウェゲ医師の闘い~コンゴ性暴力犠牲者癒やす
●2/10(金)までのイベント情報を追加しました。


【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。


映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-88.html

※追加の映画情報あります。
『スノーデン』ただいま大阪・神戸・京都で上映中。


戦争法・秘密法
●2月6日(月) 18時半~大阪市役所前(淀屋橋①) 19時20分~デモ出発(西梅田公園まで)
戦争あかん!ロックアクション集会&デモ@大阪市役所前
これまで3度も廃案になった共謀罪が、「テロ等準備罪」と名前を変えて、ふたたび国会に提出されようとしています。そして労働法制の改悪。
今国会でも安倍政権は、わたしたちの暮らしに大きな影響を当たえる法案を、ろくな審議もせず、数の力で強行可決してしまおうと目論んでいます。
もはや国会はまともな機能を果たしていません。
こんな国会でいいのでしょうか? 
こんな独裁政権に日本を任せておいていいのでしょうか?
今回からいつもの水上ステージではなく、大阪市役所前に集合して、大半は無関心に、あるいは無関心を装って、足早に通り過ぎていく人々にアピールしながらの集会を行います。
テレビも大新聞も安倍政権の本当の姿を伝えなくなったいま、街頭へ出て直接私たちの思いを訴えましょう!
集会後、いつもの通り西梅田公園までデモをします。
先月で4年目に突入したロックアクション。安倍政権の打倒を目指し、これからも声を上げ続けます。
★サウンド隊大募集!
http://himitsulock.hatenablog.com/entry/2017/02/03/174638



共謀罪
●2月6日(月) 17:30~マルイ前 19:30~21:00 ひと・まち交流館京都(京阪電車「清水五条」徒歩8分/地下鉄烏丸線「五条」徒歩10分 京都市下京区河原町五条下ル http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html)
秘密保護法廃止京都府有志ロックアクション・京都 街頭宣伝&学習会
17:30~18:30 街頭宣伝 ※いつもより30分早めです。
19:30~21:00 学習会 とんでもない!共謀罪
講師:岩佐英夫弁護士
資料代:500円
https://www.facebook.com/events/729054347263867/



ファシズム
●2月6日(月) (毎月第一月曜1) 18時半~西宮市民交流センター(阪急西宮北口駅東改札口から東出口を出ます。但馬銀行横の通りを東に約300mほど行った左側。徒歩約5分。http://shimin-koryu.net/access/)
第9回『日本・ドイツ現代史研究会』1月例会
テーマ「なぜこの国に、形を変えて国家改造論が生じるのか」

テキスト:加藤陽子『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』(新潮文庫)第3章
16年4月から西宮で石田勇治『ヒトラーとナチ・ドイツ』(講談社現代新書)をテキストに始まった日本・ドイツ現代史研究会。1920年~30年代にナチスが台頭したと同じ状況が全世界を覆いはじめるなかで、新たなファシズム的潮流(アベ政治・橋下維新、トランプ型保護主義)に打ち勝つ道を探ります。
5回のドイツ30年代研究と10月には木戸衛一阪大准教授の講演会をおえ、11月からは日本の1920年~30年代史研究を開始しました。テキストは加藤陽子東大教授の『それでも日本は「戦争」を選んだ』(新潮文庫)。
イデオロギーに依拠した歴史観によるのではなく、事実に基づきファシズムと戦争への道を拒否する道を探ります。研究のテーマは「なぜこの国に、形を変えて国家改造論が生じるのか」。戦前の軍部・政党・天皇=宮中勢力の果たした役割と戦争への道を実証的に研究・学習します。
なお、加藤陽子のテキストは3月・4月で終えて、4月・5月には「今天皇制を問う」と題して、特別学習と講演会も企画します。講師・テキストは未定ですが、「天皇退位論」が議論される中で、これを奇貨として天皇制の強化を狙う勢力がいます。これと対峙し、天皇制廃止=共和制の道を論議します。
http://hanshin204.cocolog-nifty.com/blog/2017/01/2-92b8.html



カジノ
●2月7日(火) 午後6時~8時 高槻市立総合市民交流センター(クロスパル)8階・イベントホール(JR高槻駅中央改札口を右へ出て京都方面線路沿い http://loco.yahoo.co.jp/place/g-6msUDgCskbU/)
<学習会>~とばく依存に未来なし~大阪にカジノはいりません!
講演「カジノ推進法の問題点と社会的影響」
   鈴木嘉夫さん(弁護士、大阪弁護士会消費者保護委員会)
講演「カジノで大阪経済は再生できない」
   桜田照夫さん(阪南大学、カジノ問題を考える大阪ネットワーク代表)
資料代:500円
主催:市民連合高槻・島本(shimin.takatsuki.shimamoto@gmail.com)
https://dl.dropboxusercontent.com/u/58404626/170207%E3%82%AB%E3%82%B8%E3%83%8E%E5%95%8F%E9%A1%8C%E5%AD%A6%E7%BF%92%E4%BC%9A.pdf



大阪市地下鉄・市バス民営化
●2月7日(火) 6時半~東成区民センター2階大ホール(今里②(大阪市営)徒歩約2分 http://loco.yahoo.co.jp/place/g-kV172cgVuZc/?utm_source=dd_spot
なくすな!大阪市 売りとばすな!地下鉄・市バス
講演:中山徹さん(奈良女子大学教授)
山中智子市会議員から議会報告
主催 大阪市対策連絡会議/大阪市営交通の会/大阪市をよくする会
http://www.yokusurukai.com/?p=3777



朝鮮高級学校無償化
●2月7日(火) 12時~1時 大阪府庁南側通用出入口前(谷町4丁目駅1A出口から北東、天満橋駅3番出口から南東、いずれも徒歩約7分)
朝鮮学校への補助金復活を求める火曜行動
主催:朝鮮高級学校無償化を求める連絡会・大阪



NEW
■2月7日(火) 午後11時00分~(再放送)午後11:00~11:50 NHK BS1
BS世界のドキュメンタリー選▽ムクウェゲ医師の闘い~コンゴ性暴力犠牲者癒やす
コンゴのルワンダに隣接する地域では、内戦によって引き起こされた住民の虐殺や女性に対する残虐な性犯罪が横行。妊娠できなくなったり、エイズに感染するケースも多いという。被害者の治療と支援を続ける産婦人科医・ムクウェゲは、国際社会に向けて窮状を訴えるなどの活動をしたことによって政府や武装勢力の標的にされ、一時は亡命も余儀なくされた。現在は再び現地で活動を続けるムクウェゲと、紛争地の非情な現実を追った。
http://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=160824



弁護士
●2月8日(水) 18:30~京都弁護士会館3F会議室(地下鉄丸太町駅から徒歩7分・バス停「裁判所前」から徒歩1分他 https://www.kyotoben.or.jp/access.cfm) 
セミナー《シリーズ:当番弁護とわたし》
弁護士になろうと思った理由 刑事弁護をやろうと思った理由 パートⅢ

お話:髙山 巌さん(弁護士・大阪弁護士会) 
参加費無料
主催:京都当番弁護士を支える市民の会
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0208.pdf
http://www17.plala.or.jp/kyodo/annai1.html



多文化共生
●2月8日(水) 19:00~アジア図書館(阪急淡路駅下車徒歩3分 http://www.asian-library-osaka.org/access/
「東アジアを考える-戦後71年、アジアと日本の現実」(第4期)
第9回「多文化共生人権教育 トッカビ子ども会」

講師:朴洋幸(パクヤンヘン)さん(トッカビ) 
大阪で身近に暮らすアジアをルーツの人たちの生の声を聞き、支えあいのアジア・ネットワークをつくりましょう。
トッカビ子供会は、1974年八尾市の被差別部落で中学生の非行問題がおきるなかで生まれた。生徒の1割はコリアンの生徒たちが占め、今では中国、ベトナム、そのほかのルーツの生徒たちがふえている。
参加費:1000円・定員30人
主 催:大阪自由大学 http://kansai.main.jp/ アジア図書館
http://kansai.main.jp/#content_1_8



春 闘
●2月9日(木) 18時半~エル大阪南館ホール(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
2017春闘決起集会
主報告:韓国の朴大統領辞任運動(在日韓国研究所の金光男さん)
サブ報告:労働法制改悪の現状(大阪労働者弁護団)
主催:おおさかユニオンネットワーク
http://www17.plala.or.jp/kyodo/annai1.html



沖縄高江
●2月9日(木) モモの家(阪急吹田駅から歩いて5分 JR吹田駅から歩いて12分 http://www.momo-family.org/?page_id=9
おきなわ茶会
ドキュメンタリー映画「いのちの森 高江」を上映します。観たあと参加者みんなで感想などゆんたく(おしゃべり)しましょう。戦後、やんばるの森が見続けてきたものは・・・
参加費:500円+ワンオーダー 予約不要
問い合わせ・申し込み:chstyshd@gmail.com 090-9043-0791(よしだ)
http://happy.ap.teacup.com/momonoie/



ピースおおさか
●2月9日(木) 午後2時~大阪地裁202号法廷(大法廷)(15分前に法廷前に集合)(地下鉄淀屋橋より北東へ8分 大阪市役所の北側、橋を渡り直すぐ http://www.courts.go.jp/osaka/about_tiho/syozai/osakamain/)
2/9ピースおおさか裁判 原告陳述!
大法廷を傍聴者で埋め尽し徹底した審理を要求しよう。
「ピースおおさか」は設立以来、被害だけでなく加害の展示を行い、2度と戦争を起こさないための平和教育の場として機能してきました。橋下元市長と大阪維新は「ピースおおさか」を攻撃し、昨年4月のリニューアルによって、加害展示や、広島・長崎・沖縄等の展示が撤去され、教育勅語や奉安庫が無批判に展示されています。多くの平和組織と市民が、戦争の悲惨さの展示と加害展示を含む戦争の実像を展示することを当局に要求し申し入れてきました。
しかし当局側は一方的にリニューアルを進め、市民の要望や質問に答えようとしませんでした。竹本さんが「情報公開」を請求しましたが、当局側は情報公開をせず、異議申請も無視しました。これに対し、竹本さんが一昨年8月に、ピースおおさかと大阪府・市を相手取って、情報非公開損害賠償請求を提訴して闘ってきました。
対ピースおおさかの裁判は続いています。原告本人尋問が認められ、2月9日午後2時から202号法廷(大法廷)で行われます。
竹本さんは、尋問を通じてこれまでの主張を展開します。「ピースおおさか」が被害だけでなく加害の事実も展示していることの意義」「情報公開なしには民主主義的なリニューアルが行なわれないこと」「異議申し立てについての条例違反」などを含めて発言します。
裁判官に民意を示す為にもぜひ皆さんの傍聴をお願いします。
◆裁判後、総括会を行います。 報告:竹本昇さん(リニューアル裁判原告)
解説:大前治さん(弁護士)
連絡先:「ピースおおさか」の危機を考える連絡会 080-3822-0404
https://drive.google.com/file/d/0B6EQ5_tZOVZcLTREdFc2YUNvdzQ/view
http://list.jca.apc.org/public/cml/2017-February/046766.html



戦争法
●2月9日(木) 15:00~16:30 神戸三宮マルイ前
戦争法廃止、沖縄基地建設強行反対
改憲策動許さない街頭宣伝活動

主催:安保法制関連法廃止市民の会
http://jiyuuzinn.jugem.jp/



奨学金
●2月9日(木) 10時~12時 キャンパスプラザ京都(ビックカメラ前、JR京都駅ビル駐車場西側 http://www.consortium.or.jp/about-cp-kyoto/access
奨学金制度の実態と今後の日本の奨学金のあり方について考える学習会
講師:大内裕和(中京大学教授)
主催:京都生協、京都府生協連、大学生協関西北陸ブロック、京都労福協 
申し込み:京都生協組織運営部07-5672-6304
https://twitter.com/ouchi_h/status/826441742320668672



ナムナム集会
●2月9日(木) 1:00~5:00 ひと・まち交流館京都 (京阪電車「清水五条」徒歩8分/地下鉄烏丸線「五条」徒歩10分 京都市下京区河原町五条下ル http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html)
ナムナム大集会 濁世それでも・ミンナニナルナヒトリニナレ
シンポジウムゲスト:稲垣えみ子・上山 慧・片岡英子・知花昌一
なむなむ集会では、この国に危機感を持ちながら、諦めずに、自分の声を発する人とつながり、ともに考えることをやめず、声を発していきたいと願って集会を開催いたします。
ナムナム大集会10(法難810年)
『濁世』-それでも・ミンナニナルナ ヒトリニナレー
「ナムナム大集会」とは、真宗大谷派僧侶を中心に、多方面で活動される方々に呼びかけた集まりで、宗祖親鸞の生涯をかけた歩みにおいて見出された真実、願いに気持ちを寄せる有志が企画・実行している集会です。
後鳥羽上皇による親鸞流罪から800年の2007年2月9日、東本願寺での法要と講演・シンポジウムを第1回として行われ、以来、9回の大集会と2回の臨時集会(裁判員制度が施行された2009年5月と、東日本大震災直後の2011年5月)を継続してまいりました。
今回、「ナムナム大集会10」開催にあたり、テーマを『濁世』-それでも・ミンナニナルナ ヒトリニナレーといたしました。
一人ひとりの生きた人間の姿が、また、次の時代に伝わっていく。生きることが困難な時代であっても、また、共に行き合える世を求めて生きる。挫折し、時に間違いを犯しながらも、あきらめずに、そのように生きようとする姿が、同時代に生きる人に、共感を呼び、生きる力になっていく。それが、次の時代に生きる人たちの道になっていくのでしょう。
https://www.facebook.com/events/370614589968899/
http://moja.asia/namunamu10kokuchi/



朝鮮史
●2月9日(木) 午後7時~8時半 神戸学生青年センター(阪急六甲駅北3分/JR 六甲道駅北15分 078-851-2760 http://ksyc.jp/facilities/map/
朝鮮史セミナー2017 著者が語るシリーズ
『われ、大統領を撃てり―在日韓国人青年・文世光と朴正煕狙撃事件―』 (2016年10月、花伝社)
講師:高祐二(コウイ)さん(兵庫朝鮮関係研究会)
(第3回 2月23日(木)
『安重根と東洋平和論』監訳者:勝村誠さん(立命館大学))
「母よ、息子よ、騙された私が馬鹿だった」──そう言い残して在日青年は、刑場の露と消えた/日本の警察から奪った拳銃で母国の大統領を狙撃し、日本と韓国、北朝鮮を揺るがした在日韓国人青年・文世光。/革命の英雄に酔いしれた在日青年は、絶望と慚愧の中で最期に何を訴えたのか──/朴槿恵・韓国大統領の父親、朴正煕は、1974年8月15日の光復節祝賀行事において、一人の在日韓国人青年に狙撃される──/在日社会のタブーとして顧みられることのなかった狙撃犯・文世光の人間像にスポットを当て、歴史の闇に呑み込まれようとする世紀の大事件の真相に迫った、本格ノンフィクション!(花伝社HPより)
参加費:600円
主催:神戸学生青年センター
http://ksyc.jp/seminar/ts-201701-02/



●2月10日(金) 関西電力本社前(JR「大阪駅」阪神・阪急「梅田駅」徒歩約15~20分 「北新地駅」徒歩10分「淀屋橋駅」徒歩約10分 「肥後橋駅」4番出口徒歩約5分「渡辺橋駅」徒歩約4分 http://www.kepco.co.jp/corporate/profile/community/honten.html
関電本店前包囲行動 17:00頃~19:30頃 関西電力本社前(南西角)
http://stop-kanden.seesaa.net/
関電前星空交流会 19:00~20:30 関西電力本社前(北西側)
【星空交流会】
http://zenkopeace.blog.so-net.ne.jp



●2月10日(金) 18:00~19:00 阪急茨木市駅東口  
「再稼動反対、全ての原発をゼロに」茨木金曜日行動



●2月10日(金) 17:00~京都関電前(京都駅前北西)
関電京都へのスタンディングアピール(キンカン行動)
毎週キンカン行動は午後5時から午後7時まで



●2月10日(金) 18:00~関電神戸支店前 19時~パレード予定(「三宮駅」南へ約1km、神戸税関交差点を西へ約15分 http://www1.kepco.co.jp/office/kobe/kobe.html
カンキン行動(関西電力神戸支店前抗議行動)&三宮駅までのパレード



●2月10日(金) 17:30~関電姫路支店前→piole前 (山陽電車姫路駅 http://www.kepco.co.jp/corporate/info/community/himeji/index.html
関西電力抗議金曜姫路行動 脱原発にむけてあなたの声を関電に!
一年中で一番寒い季節です。暖かい格好で、ヒカリモノで元気に!脱原発の願いを込めて 音楽・アート大歓迎。手作り看板・鳴り物持参で。福島のこども達のための街頭カンパもやってます!再稼動許さないの声をもっと!
https://www.facebook.com/events/1392026040815753/



このほか大阪茨木市、羽曳野市、寝屋川市、京都、兵庫、滋賀、奈良、三重、和歌山など各地の関電支店前やその他の場所で全国一斉金曜行動が行われています。
全国の金曜抗議行動をまとめたサイトはこちら。
 ↓ ↓ ↓ 
全国金曜抗議一覧  
http://demojhks.seesaa.net/article/296349527.html



●2月10日(金) 18:00~三宮花時計前
住民の生命とくらしを守れ 兵庫県に原発反対を求めるパレード
主催:憲法が輝く兵庫県政をつくる会 原発をなくし自然エネルギーを推進する兵庫の会
連絡:078-335-3770
http://www.k2.dion.ne.jp/~kenpouhg/osirase.html



立憲主義
●2月10日(金) 18:30~西宮市立勤労会館(阪神西宮駅より徒歩5分/阪急今津駅より徒歩8分 https://maps.google.co.jp/maps?q=34.736244,135.345064
立憲主義と平和を守る西宮の会 講演会
『日本の憲法・・今、国会で論じられていること』
講師:長岡 徹さん(関西学院大学法学部教授)
主催:立憲主義と平和を守る西宮の会
後援:西宮市、朝日新聞阪神支局
資料代:\500・学生無料
連絡:0798-26-0537
http://www.k2.dion.ne.jp/~kenpouhg/osirase.html



NEW
南スーダン
●2月10日(金) 19:30~20:30 メディアスタジオSANA(地下鉄玉造駅1出口徒歩5分大阪女学院北側 http://peacetv.bex.jp/mediastudio/map.html
『南スーダン自衛隊を撤退させよう』
内戦状態の南スーダンで戦後初の武力行使の実行をするために自衛隊が駐留している。南スーダンの市民が国連軍の撤退を求めて抗議のデモや要請行動を行なっている。武力で平和はつくれない思いをつなげましょう。マスコミが隠す南スーダン派兵の実態を学習し、緊急署名をひろげ、3月末の自衛隊駐留延長させない声を広げましょう。
参加費:500円 学生・障がい者・失業者 300円(飲み物付き) 
主催:イラク平和テレビ局inJapan 090-3966-0604(森) http://peacetv.jp/



NEW
■2月10日(金) 午後1:00~3:36 NHK BS
「ヒトラー ~最期の12日間~」
歴史家ヨアヒム・フェストの同名ノンフィクションとヒトラーの個人秘書ユンゲの回顧録を原作に、ドイツ人の映画監督オリバー・ヒルシュビーゲルが、ヒトラーの人間性を真摯(しんし)に描き論争を巻き起こした問題作。ヒトラーがベルリン地下の要塞で過ごした最期の12日間をドキュメンタリータッチでつづり、歴史的独裁者の知られざる側面を浮き彫りにしていく。ヒトラーを演じるのは「ベルリン・天使の詩」のブルーノ・ガンツ。
http://www.nhk.or.jp/bs/t_cinema/



NEW
■2月11日(土) (再放送)(金曜深夜)午前00:00~01:00 NHK Eテレ 
ETV特集「北方領土 重い扉を開く ゴルバチョフが明かす日ソ交渉舞台裏」
1991年4月、ゴルバチョフがソ連の最高指導者として初の訪日を果たす。海部首相との会談では、領土問題は存在しないというソ連の立場を大きく変え、4島の北方領土問題を初めて認めた。しかし、そこまで。日本が期待するように進まなかったのはなぜか。当事者たちが、初めて交渉の舞台裏を明かした。鍵は、交渉のタイミング、領土問題と経済協力の関係、そして首脳同士の信頼。これからの進展につながるヒントを探っていく。
http://www4.nhk.or.jp/etv21c/x/2017-02-10/31/10762/2259576/



クリックして応援お願いします!

にほんブログ村




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-88.html




●2月5日(日) 13:15~15:30 ドーンセンター大会議室3(京阪・地下鉄「天満橋」1番出口東へ350m http://www.dawncenter.or.jp/shisetsu/map.html
【公開学習会】新たな原発・東電救済策の問題点
原発の廃炉費用、事故処理、賠償費用、 国民負担 ・東電支援の仕組と狙い

講師:大島堅一(立命館大学教授)
国が、原発の廃炉や福島原発の事故処理・賠償のための費用の負担について、新しい仕組みを作ろうとしています。その中身は、今後生じる費用の負担を、国会での承認もなく、電気料金その他の仕組みを使って、際限なく私たち国民に負担させる危険な内容だと指摘されています。国の狙いを読み解き、原発に頼らない社会に向けた正当な負担のあり方を考えましょう。
資料代:500円
要申し込み:大阪消団連 *準備の都合上、2/1(水)までにお申し込み下さい。 ←過ぎてます…問い合わせてください。
Fax06-6941-5699、o-shoudanren@mb8.seikyou.ne.jp
主催:関西消費者団体連絡懇談会・全大阪消費者団体連絡会
http://ksueda.eco.coocan.jp/0205.pdf
http://ksueda.eco.coocan.jp/0205.pdf



●2月5日(日) 13:30~守山コミュニティーホール(セルバ守山の3階)(守山駅 改札をびわ湖側に進み、突き当たりを右へ20mでマンション「セルバ守山」の2階につながります 077-514-3765)
住宅請願は何を生み出したか
「避難者の住宅支援を継続させる」請願。昨年10月22日の会結成から2か月間のとりくみでしたが、県下の地方議会に、ある種の旋風を巻き起こしました。多くの地方議会で避難者・被曝の実態と国の酷さが真剣に討論され、多くの保守議員も賛同。7議会が請願を採択、3議会は1~2議席差での否決でした。各地域で豊かな経験が生まれました。
2月5日(日)に、まとめの集いを行い、この運動が生み出したものを共有します。
13:35~ 講演「被曝と避難の現状とたたかい」
 講師井戸謙一弁護士
14:05~ 議会請願にとりくんで
 参加者からの報告
15:00~ 休憩
15:10~ とりくみの総括提案と討論



共謀罪
●2月5日(日) 14時~NSビル9階(1Fにスターバックスのあるビルです 谷町4丁目 1A番 出口・谷町筋沿いを北へ3分 天満橋 3番出口・谷町筋沿いを南へ5分 http://www.mapion.co.jp/address/27128/38:2:2:6/)
緊急学習会「共謀罪」
講師:伊賀興一弁護士(大阪弁護士会共謀罪対策PT座長)
1月20日(金)より始まる通常国会で、政府与党より提出が予定され、日本維新の会代表の松井大阪府知事も、既に賛意を示している、組織犯罪処罰法改正案。
「テロ「等」準備罪」として要件を厳格化したので、過去に3度廃案になった「共謀罪」とは違うのだ。国際条約を批准するために、オリンピックを安全に開くために、テロを抑止するためには不可欠な法案なのだ。・・・こんな言説が与党方面から聞こえてきます。
しかし、いくつもの疑問や懸念はぬぐえません。「一般人は対象にならない」というけど、そもそも一般人と決めるのはだれなのか。どんな基準で決めるのか。「準備段階で罪を問える」ということだけど、準備段階で摘発するためには、際限のない盗聴や盗撮等が許容されはしないか。そして、こういった法が作られ、運用されていくなかで、私たちの思想や信条の自由が自己規制されていくのではないか。
というわけで、緊急に学習会を開くことになりました。「共謀罪」って何?からはじめて、ではテロ対策をどうすればいいのか、国際条約との関係はどうするのか、という、「テロ等準備罪ならいいんじゃないの?」という疑問への解まで、伊賀弁護士に様々聞いていきたいと思います。
私たちの今後の生活、そして私たちだけでなく、未来の世代へも禍根を残しかねない法案について、国会開会後の早いタイミングで、ぜひ一緒に学びましょう!
入場料:500円(学生無料)
申し込み:facebookかtwitterのDM、もしくはSADL公式メールにてご予約をお願いします。
主催者: SADL 民主主義と生活を守る有志
https://www.facebook.com/events/1020042794767167



貧困問題
●2月5日(日) 18:30~ひと・まち交流館京都 3F第5会議室 (京阪電車「清水五条」徒歩8分/地下鉄烏丸線「五条」徒歩10分 京都市下京区河原町五条下ル http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html)
ふつうに働き ふつうに生きたい 追いつめられる若者と社会の構造
~みんなの未来を変えるために生活困窮・貧困問題を考える~

「下流老人」「貧困世代」の著者、藤田孝典さんが京都にやってくる!
講師:藤田孝典さん(社会福祉士、「下流老人」「貧困世代」の著者)
代わりはいくらでもいる労働力となり、がんばっても普通に暮らせない。睡眠を削って収入を増やすしかない。ケガや病気で生活困窮に急落する可能性は誰にでもある。
戦争をする国、軍事基地が増え、原発や武器でもうける国に本格的になっていなく、憲法も変わっていない今においても、すでに生き方働き方を選べない若者、こどもたち。この現状をどうすることもできないのだろうか。
これから社会を担う若者のおかれている状況を世代を越えて考えたいと思います。そして、社会構造を変えみんなの未来をみんなでつくるためにどうしたらよいか考えるきっかけにしたいと考えています。
参加費:500円(割引希望される方は受付で申し出てください)
共催:アジェンダ・プロジェクト グローバル・ジャスティス研究会  
https://www.facebook.com/events/368801676825726/



経済成長
●2月5日(日) 午後2時15分~午後4時30分 国労大阪会館3階中会議室(天満駅出口から徒歩約2分 http://loco.yahoo.co.jp/place/g-1hwEthTP5Ko/map/)
公開トークセッション『経済成長は人を豊かにするのか?』
speaker:長谷川 羽衣子さん(緑の党共同代表)&髙坂 勝さん (緑の党初代共同代表)
今回のトークセッションでは、緑の党グリーンズジャパン初代共同代表の髙坂勝さんと、初代から現在の共同代表を務めている長谷川羽衣子さんを迎え、これからの日本が進むべき未来像について、みなさんと一緒に考えてみたいと思います。
経済成長至上主義を掲げる安倍政権はアベノミクス第三の矢として成長戦略を推し進め、首相官邸HPでも「アベノミクス 成長戦略で明るい日本に!」と謳っています。しかし、20世紀の「経済成長」路線が「21世紀」の現在に通用するのか、人口の減少と資源が限界を超えた今、「経済成長」が人にとっても地球環境にとっても、今でも必要なのか、改めてこれからの世界の姿を考えてみることはとても重要です。みなさん一緒に考えてみませんか?
《 長谷川 羽衣子さんプロフィール 》
緑の党グリーンズジャパン共同代表、緑と市民とネット運動・e未来の会共同代表、NGOe-みらい構想代表。
著書に『原発ゼロ‐私たちの選択』(共著)、「原発ゼロをあきらめない」(安冨歩編)
《 髙坂 勝さんプロフィール 》
緑の党グリーンズジャパン初代共同代表。脱成長ミーティング発起人。執筆や講演多数。1970年生まれ。30歳で大手企業を退社、1人で営む小さなオーガニックBAR「たまにはTSUKIでも眺めましょ」を開店。NPO法人SOSA PROJECTを創設し、「自給/自立/自信」をテーマに、米と大豆の自給や、移住者の支援活動を行なっている。著書に『減速して自由に生きる ダウンシフターズ』、新著『次の時代を先に生きる~まだ成長しなければ、ダメだと思っている君へ』
資料代:800円 ( 申し込み不要 )
連絡先:mail : midoriosaka7@gmail.com
TEL 090-3260-5297(山口)
主催:「緑の大阪」
https://www.facebook.com/events/1261584557244975/



格差と貧困
●2月5日(日) 午前10時~12時  淀川区民センター(阪急・十三駅西口下車5-7分 http://www.osakacommunity.jp/yodogawa/access.html
連続学習会:「石油・武器・麻薬」第5回
テキストの第5章「暴力の拡散と貧困・格差の連鎖」
初めての方も歓迎、テキストはお持ちでなくてもかまいません
主催:ATTAC関西グループ
http://www17.plala.or.jp/kyodo/annai1.html



憲法カフェ
●2月5日(日) 午後3時~午後5時 茨木市立男女共生センター.ローズWAM(阪急茨木市駅西へ約500メートル JR茨木駅東へ約800メートル http://www.city.ibaraki.osaka.jp/shisetsu/siyakusyo/wam_s.html )
憲法24条を考える憲法カフェ
講師:橋本智子
今週号の『週刊金曜日』のテーマは、国家による“家族”の支配です。
結婚や出産をじわじわと推奨することを筆頭に、「あるべき家族」像や、「あるべき親」像の押しつけは、どんどん広がっていっています。自民党があたためている家庭教育支援法案の危険性について、女性週刊誌でも特集が組まれるようになりました。
不思議なのは、こうした話題は「女性の問題でしょ」と関心を持たない男性が少なからずいるという現実です。...
パートナーの女性(奥様や彼女)は、自分(夫・彼氏)よりも劣った存在でしょうか。女性だから、男性とは対等ではない存在でしょうか。娘さんは、結婚したら夫にかしづいて3歩うしろを歩くべきでしょうか。「そうです」と答える方は、めったにいないと思います。
でも、女性が男性と同じくらい自由に自分らしい人生を歩めない社会を「仕方ないよ」と放置することも、時代に逆行して女性に「あるべき女性・妻像」を押しつけるような政策に無関心でいることは、言ってみれば、そういう流れを“消極的に応援している”のと同じです。
それに、男性自身の問題でもあるのです。「男たるもの、強くあるべし。」というこの社会の空気が、どれだけ男性自身を苦しめていることか。自由に自分らしく生きていいのに、世間から求められる「男らしさ」が、いつの間にか自分の「こうあらねばならぬ」という物差しにもなっている人は、少なくないのではないでしょうか。
なんでしょう…たとえば、肉体的に力強かったり?マッチョな?「男は黙ってサッポロビール」的なw?
いやいや違うか、波平さん的な?男性だって、育児・家事が得意な人はたくさんいるでしょうし、バリバリ働くよりも主夫の方が性に合っている人もいるでしょう。「あるべき夫」像、「あるべき父親」像を押しつけてくる権力の動きは、男性にとっても大問題です。
ぜひ、自分と大切な家族の未来のために、学んでみてください☆
主催:サポートユニオンwithYOU
http://www.asuno-jiyuu.com/2017/01/blog-post_30.html



障害者問題
●2月5日(日) 13時~16時半 ドーンセンター(京阪・地下鉄「天満橋」1番出口東へ350m http://www.dawncenter.or.jp/shisetsu/map.html
第2回 風よ吹け!未来はここに!!
ドキュメンタリーDVD上映会&講演会in大阪

人工呼吸器をつけて暮らしている人たちに触れませんか?
1時~上映
2時10分~講演
「康裕くんとゆかいな仲間たち」
3時~講演
「障害者差別解消法と ともに生きる社会」
人工呼吸器をつけて暮らしている人たちに触れませんか?
参加費:無料(事前予約優先)
問い合わせ:バクバクの会
~人工呼吸器とともに生きる~
連絡:072‐724‐2007 bakuinfo@bakubaku.org
https://www.bakubaku.org/イベント/第2回風よ吹け上映-大阪/



障害者問題
●2月5日(日) 午後2時~4時 ドーンセンター5階大会議室2(京阪・地下鉄「天満橋」1番出口東へ350m http://www.dawncenter.or.jp/shisetsu/map.html
シンポジウム「障害者の投票について考える」
【問題提起】
1.上脇博之さん(神戸学院大学法学部教授)
2.渡邊充佳さん(大阪市立大学都市文化研究センター研究員、社会福祉士)
3.障害者の代理投票に合理的配慮を!国賠訴訟」弁護団より(たぶん池田直樹弁護士になる予定)
昨年7月の参院選で、豊中市在住の中田泰博さんは、選管から投票を拒否されました。脳性マヒで字がうまく書けない中田さんが、ヘルパーに代筆を頼もうとしたところ、公選法により代理投票は投票所の係員に限るとされていることから、選管が中田さんの投票を認めなかったのです。
投票所の係員は、いわば公権力を行使する側であり、そういう人に対して、どこの誰に投票するかという、極めて個人的な情報を明かすことは、中田さんにとって受け入れがたいことです。「参政権」と「投票の秘密」との二者択一を迫られること自体が、障害者に対する差別ではないか? 自分のプライバシーを誰に明かすかを決められるのは自分だけ。投票事務従事者を介してしか代理投票できないのはおかしい・・・。そう考えた中田さんは、国を相手に損害賠償訴訟の準備を始めました。
趣旨に賛同し、訴訟を支援してくれる人を募る中で、障害者と選挙の投票をめぐって様々な問題があり、それらは半ばタブーとなっているということが分かって来ました。重度障害者の家族が、本人の意思を確認することなく“勝手に”投票してしまうことがしばしばあったり、高齢者・障害者が施設で投票する際には、投票の秘密がほとんど守られていないことや、重度障害者の意思表示を、初対面の係員が理解できるのか?・・・・等々です。
今回のシンポジウムは、中田さん投票拒否事件を中心に、これまで隠されてきた障害者と参政権・選挙の投票をめぐる様々な問題について、考えるきっかけをつくろうと企画したものです。障害当事者・支援者の方はもちろんですが、選挙制度は議会制民主主義の基礎です。民主主義を信じる全ての方のご参加をお待ちしています。
また、集会の賛同人も募っています。下記までご連絡ください。
運営協力費:5百円
主催:「障害者の代理投票に合理的配慮を!国賠訴訟」を支える会(準)  
連絡先:06-6844-2280(TEL/FAX)メール ra.senkyo.2016@gmail.com
https://www.facebook.com/coop.shizenha.osaka/posts/1248155388602591
https://twitter.com/SappDasKapital/status/826038994206986240



アイヌ
●2月5日(日) 午後2時~5時 国労大阪会館1階ホール(天満駅出口から徒歩約2分 http://loco.yahoo.co.jp/place/g-1hwEthTP5Ko/map/)
「北方領土の日」反対!アイヌ民族連帯!関西集会
講演:葛野次雄さん「葛野辰次郎、アェィヌ精神文化を学ぶ会」代表 三木ひかるさん ピリカ全国実、史的唯物論研究所 
参加費:1000円 
主催:「北方領土の日」反対!「アイヌ新法」実現!全国実行委員会・関西
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0205.pdf
http://www17.plala.or.jp/kyodo/annai1.html



森林破壊
●2月5日(日) 18:30~20:45 ひと・まち交流館京都 会議室1,2 (京阪電車「清水五条」徒歩8分/地下鉄烏丸線「五条」徒歩10分 京都市下京区河原町五条下ル http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html)
☆インドネシアゲスト特別講演会 in 大阪、京都、東京☆
NGOが語る!熱帯林のリアルな現状~ボルネオの森林破壊と村人の暮らし~

2015年、インドネシアを中心に起こった大規模森林火災により、関西エリアとほぼ同じ面積の熱帯林が失われました。インドネシアの国立公園(ボルネオ島)で森林再生を行っている「ウータン・森と生活を考える会」は、日本のみなさまに多大なご支援をいただき、いち早く現地NGOや地域住民とともに消火活動、再植林、そして今後の火災対策に取り組んできました。
今回、ゲストとして、最前線で消火活動を行ったイサムさんに現場のリアルな状況をご報告いただきます。現地の村で生まれ育ったイサムさんは、熱帯林が切り開かれて周りが一面のプランテーションになっていく場所で、自然と共にアグロフォレストリー、有機農業をもくもくと続けている心優しい青年です。はるばる日本へやってきた彼の生の声を聞くまたと無い機会です。
導入では昨年3ヶ月現地を訪れたドキュメンタリー作家中井信介さんによる現地の紹介映像を流し、後半は森林火災の原因ともなっているパーム油を消費する私たちがこの問題にどう向き合えばいいのか、日本の熱帯林保護NGOが共同で最新情報を提供しているウェブサイト等を紹介しながら共に考えます。ぜひご参加ください!
当日のスケジュール:
1.ドキュメンタリー映像作家中井信介さんによる現地の紹介映像
  「ボルネオ島でのNGO・村人による森林再生」上映
2.現地講演「森林火災と泥炭湿地について」
  西岡良夫(ウータン・森と生活を考える会 代表) 
3.現地講演「アブラヤシプランテーション拡大の要因と影響」
  武田裕希子(ウータン・森と生活を考える会)
4.ディスカッション「日本に暮らす消費者の私達にできること」
  「プランテーション・ウォッチ」ウェブサイトの紹介を交えて
参加費:500円(資料代として)
お問い合わせ先: info@hutangroup.org (担当:石崎)
※開催費用の一部は、2016年度公益信託地球環境日本基金の助成金を使用しています。
主催:ウータン・森と生活を考える会
共催:熱帯林行動ネットワーク(JATAN)
協力:サラワク・キャンペーン委員会、熱帯林保護団体、パプアニューギニアとソロモン諸島の森を守る会、地球・人間環境フォーラム、環境市民、A SEED JAPAN(予定)、FoE Japan(予定)、気候ネットワーク(予定)
https://www.facebook.com/events/1303182779705146/
http://www.interpeople.or.jp/owf/


クリックして応援お願いします!

にほんブログ村



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。


映画情報


NEW
『スノーデン』
たったひとりの若者が世界中を震撼させた!史上最大の内部告発〝スノーデン事件″の衝撃的な真実
それは、まさしく世界中に激震が走った瞬間だった。2013年6月、イギリスのガーディアン紙が報じたスクープで、アメリカ政府が秘密裏に構築した国際的な監視プログラムの存在が暴露されたのだ。さらに驚くべきは、ガーディアン紙に大量の最高機密情報を提供したのがたったひとりのNSA(米国国家安全保障局)職員であり、よくスパイ映画に登場するような厳めしく年老いた人物ではなく、ごく普通の外見をした当時29歳の若者だったことだ。
 匿名ではなく自らカメラの前に立ち、エドワード・スノーデンと名乗って素性を明かしたその青年は、なぜNSAやCIAから得られる多額の報酬と輝かしいキャリア、恋人と築き上げた幸せな人生のすべてを捨ててまで重大な告発を決意したのか。はたして彼は英雄なのか、国家の裏切り者なのか。ハリウッドきっての社会派の巨匠オリバー・ストーンが史上最大の内部告発“スノーデン事件”の全貌に迫った問題作、それが『スノーデン』である。
 2004年、9.11後の対テロ戦争を進める祖国アメリカに貢献したいと考えて軍に志願入隊したスノーデンは、足に大怪我を負って除隊を余儀なくされる。失意のさなかCIAに採用された彼は、持ち前のずば抜けたコンピュータの知識を教官に認められ、2007年にスイス・ジュネーヴへ派遣された。しかしそこで目の当たりにしたのは、アメリカ政府が対テロ諜報活動の名のもと、世界中のメール、チャット、SNSを監視し、膨大な情報を収集している実態だった。やがてNSAの契約スタッフとして東京の横田基地、ハワイのCIA工作センターへと赴任し、民主主義と個人の自由を揺るがす政府への不信をいっそう募らせたスノーデンは、恋人のリンゼイをハワイの自宅に残し、命がけの告発に踏みきるのだった……。
公式サイト:http://snowden-movie.jp/#home
●~2/17(金)? TOHOシネマズなんば・本館(御堂筋線難波駅すぐ http://eiga.com/movie-theater/81862/27/270103/5024/)
上映スケジュール:http://eiga.com/movie-theater/81862/27/270103/5024/
●~2/17(金)? 大阪ステーションシティシネマ(大阪ステーションシティノースゲートビル11F)(大阪駅 http://www.osakastationcitycinema.com/site/oscc/access.html) 
上映スケジュール:http://www.osakastationcitycinema.com/site/oscc/detail.html?cinemaid=T0021410&type=0101
その他、上映中の映画館:https://hlo.tohotheater.jp/net/movie/TNPI3060J01.do?sakuhin_cd=013964



『追憶』 (日本/2015年/76分)
1944年、海岸線は血に染まり、1万を超える命を奪い去った。
南太平洋パラオ諸島に浮かぶ美しき小さな島、ペリリュー島。
忘却の彼方に浮かぶペリリュー島の記憶が、平和への思いを紡ぎ出す――
第二次世界大戦終結から70年を迎えた2015年4月9日、天皇・皇后両陛下がパラオ共和国ペリリュー島で戦没者を追悼された。日本軍約1万人が戦死したペリリュー島に建てられた「西太平洋戦没者の碑」に、日本から持参された白菊の花束を手向け、深々と一礼された後、海の上はるか先に望むアンガウル島の戦没者にも拝礼された。
1944年9月15日から11月24日、ペリリュー島では70日に及ぶ激戦の末、日本軍、米国軍合せて1万2千におよぶを超す命がこの地に散った。
現代に残された資料映像、多角的な証言から綴る、ペリリュー島の「追憶」――
本作は米国防総省、米海兵隊歴史部、米国立公文書館に保存されている膨大な映像と、日本の自衛隊第8師団、NHKに残る貴重な資料により、ペリリュー島の真実が描き出される。これほどまでの膨大な日米双方からの資料映像が見られる作品はいままでに前例がなく、歴史的にも大変意味のある作品となっている。かつて血に染まった海岸線は美しい姿を取り戻したが、弾薬、戦車、司令部跡、島の至る所には戦争の痕跡が時代を越えて鎮座している。資料映像と現在のペリリュー島の風景で綴る映像により、70日間に及ぶペリリュー島の戦いの記憶が蘇る。
ペリリュー島の戦いを生き抜いた元日本兵、アメリカの元海兵隊兵士、島民の貴重なインタビューにより、そこで、その時、何が起き、「指揮官は、兵士は、民間人は、何を思ったか」と言う視点を通して日米に甚大な惨劇を生んだ戦場の島を見つめる。
公式サイト:http://www.tsuiokutegami.net/
●1/14(土)~2/10(金)? シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
上映日程
2/4(土)~2/10(金) 11:20(~12:41終)
http://www.theater-seven.com/2017/movie_tsuioku.html



特集上映
東海テレビドキュメンタリーの世界

★16プログラム・21作品を日替わり上映
◇東海テレビドキュメンタリー劇場
――何度でもみんなで観てほしいからDVD化はしない。
A 平成ジレンマ(2010年/98分)
B 青空どろぼう(2010年/94分)
C 死刑弁護人(2012年/97分)
D 長良川ド根性(2012年/80分)
E 約束 名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯(2012年/120分)
F ホームレス理事長 退学球児再生計画 2016年版(2013年/112分)
G 神宮希林 わたしの神様(2014年/96分)
H ヤクザと憲法(2015年/96分)
I ふたりの死刑囚(2015年/85分)
◇「司法シリーズ」傑作選
――おそらく、観る前のあなたには、もう戻れない
K 光と影 ~光市母子殺害事件 弁護団の300日~(2008年/47分)
L 裁判長のお弁当(2007年/47分)
◇劇場初公開テレビ作品集
――時代を越えて積み重なった取材のひろがり
M 路上のカルテ(2009年/47分)
N 四季 純情の里(2012年/51分)
O 熱中コマ大戦 全国町工場奮闘記(2013年/51分)
◇シリーズ『戦後70年 樹木希林 ドキュメンタリーの旅』
P 第4回『村と戦争』(2015年/123分)
Q 第5回『いくさのかけら』(2015年/98分)
●1/21(土)~2/10(金) シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
上映スケジュール詳細はこちら↓
http://www.theater-seven.com/2017/movie_tokai-tv.html



『アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男』  (105分 ドイツ 監督:ラース・クラウメ)
アイヒマンを捕獲せよ!歴史的な大作戦の裏に隠された驚くべき真実
第2次世界大戦後、海外へと逃亡したナチスの戦犯アドルフ・アイヒマンの捕獲作戦を実現へと導いたドイツ人の検事長フリッツ・バウアーにスポットを当て、バウアーがいかにしてアイヒマンを発見し、追い詰めていったのかを描いた実録ドラマ。
1950年代後半のドイツ・フランクフルト。ナチスによる戦争犯罪の告発に執念を燃やす検事長フリッツ・バウアーのもとに、数百万人のユダヤ人を強制収容所送りにしたアドルフ・アイヒマンの潜伏先に関する情報が寄せられる。ナチス残党が巣食うドイツの捜査機関を避け、イスラエルの諜報機関モサドと接触したバウアーは、アイヒマンを追い詰めていくが、同じ頃、バウアーの失脚を狙う者たちが策略をめぐらせていた。
●1/?(土)~2/10(金) シネ・リーブル梅田(JR大阪駅・地下鉄御堂筋線梅田駅・阪急梅田駅から徒歩約9分 http://www.ttcg.jp/cinelibre_umeda/access/
2/4(土)~2/10(金) 09:45 (~11:35終映)
http://www.ttcg.jp/cinelibre_umeda/nowshowing#f4192



●2月4日(土) 14:00~17:30 京都精華大学 明窓館 M-201(大教室)(叡山電鉄「京都精華大前」駅より歩2分または京都市地下鉄「国際会館」3番出口よりスクールバスで6分(当日はシャトルバスを増発、約5分おきに運行 http://www.kyoto-seika.ac.jp/about/access/
映画『太陽の蓋』上映会(130分)
公式サイト:http://taiyounofuta.com
予告篇(動画2分):http://youtu.be/ewMezmcazsM
※地震の場面がありますので、御注意ください。
座談会(16:20?17:30)登壇者
  菅 直人(元内閣総理大臣)
  橘 民義(『太陽の蓋』制作プロデューサー)
  細川 弘明(京都精華大学 人文学部 教員)
  西田 彩(京都精華大学 ポピュラーカルチャー学部 教員)/司会
主催:『太陽の蓋』自主上映実行委員会
共催:京都精華大学 人文学部
http://itacim.blogspot.jp/2016/12/nuke.html
http://www.kyoto-seika.ac.jp/info/event/event/2017/02/04/41038/



●2月4日(土) 13:00~エルおおさか南館5階ホール(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
第45回 公害環境デー大阪府民集会 「いま、あらためて原発を問う」
2017年2月4日(土)の公害環境デーでは、午後の全体会で、テーマ 「いま、あらためて原発を問う」を行います。
基調講演:「福島原発事故の現状を今後の課題」公害環境デー実行委員長・医師 金谷邦夫氏
特別報告:「原発再稼働差し止め訴訟」弁護士 井戸謙一氏
特別報告:「原発賠償訴訟の現状と展望」弁護士 白倉典武氏
訴え:「原発賠償訴訟原告団の訴え」原告団代表 森松明希子氏
http://oskougai.com/modules/kougaiday/content0162.html



●2月4日(土) 14:30~16:30 兵庫県保険医協会5階会議室(元町駅から南 徒歩10分 http://www.hhk.jp/pages/access.php
非核の政府を求める兵庫の会第31回総会記念講演会
「非核芸術へのお誘い」

講師:岡村幸宣さん(原爆の図丸木美術館) 
広島・長崎への原爆投下以後、脈々と受け継がれてきた「非核芸術」の系譜をたどり、「非核芸術」とは何か、そして、その多様な表現をもたらすものの意味について、
「3.11」後を生きる私たちの現在と未来を照らしつつお話しいただきます。
岡村幸宣(おかむら・ゆきのり)さんご略歴
1974年東京都生まれ。東京造形大学造形学部比較造形専攻卒業。同研究科修了。
2001年より原爆の図丸木美術館に学芸員として勤務し、丸木位里・丸木俊夫妻を中心にした社会と芸術表現の関わりについての研究、展覧会の企画などを行っている。
著書に『非核芸術案内―核はどう描かれてきたか』(岩波書店、2013年)、『《原爆の図》全国巡回―占領下、100万人が観た!』(新宿書房、2015年)。
主な共著に『「はだしのゲン」を読む』(河出書房新社、2014年)、『3.11を心に刻んで 2014』(岩波書店、2014年)、『山本作兵衛と炭鉱の記録』(平凡社、2014年)など。     
主催・連絡先 非核の政府を求める兵庫の会 http://shiminshakai.net/post/1944
shin-ok@doc-net.or.jp 電話078-393-1833
http://shiminshakai.net/post/1944



改憲 憲法24条
●2月4日(土) 14:00~ドーンセンター大会議室3
―おんな・こどもをなめんなよ!―★憲法24条をどうする気?★
「立憲主義と両性の平等~自民党はなぜ憲法24条をターゲットにするのか?」
講師:吉田容子さん(弁護士)
資料代:800円・学生・障がい者400円
主 催:おんな・こどもをなめんなよ!の会(旧「慰安婦」・性暴力発言を許さず橋下市長の辞任を求める会」osakadanjo★aol.jp
https://wan.or.jp/calendar/detail/4412



南スーダン駆けつけ警護
●2月4日(土) 午後2時~東淀川区民会館・会議室(阪急「淡路駅」東口南へ700m http://www.kyoiku-shinko.jp/higashiyodogawa/access/
うずみ火講座2017
南スーダン駆けつけ警護~武力行使の無力性と憲法の有効性~
講師:元自衛官の泥憲和さん
南スーダンでのPKOで、安全保障関連法に基づく新しい任務「駆けつけ警護」が追加されました。現地で戦闘になったら自衛隊はどう戦うのか、そもそも「駆けつけ警護」とは何なのか、南スーダンの平和に貢献できるのかなどについて、元自衛官の泥さんを迎え、考えたいと思います。
泥憲和さん:
1954年兵庫県姫路市生まれ。1969年陸上自衛隊入隊。少年工科学校(現在の陸上自衛隊高等工科学校)を経てホーク地対空ミサイル部隊に所属。1978年工場経営。1992年神戸及び姫路の弁護士事務所に勤務。現在は集団的自衛権、改憲問題、人種差別など様々な社会問題に体を張って取り組んでいる。
資料代:読者1000円、一般1200円、学生・障害者700円。
主 催:新聞うずみ火 大阪市北区芝田2-4-2 牛丸ビル3F
申込み・問い合せ 電話06-6375-5561 FAX06-6292-8821 Mail uzumibi@lake.ocn.ne.jp
http://shiminshakai.net/post/2120



カジノ
●2月4日(土) 13:30~16:30 大阪産業創造館 (さんそうかん)4Fイベントホール(堺筋本町①または⑫ https://www.sansokan.jp/map/img/map.pdf
ギャンブル依存ゼロの大阪をめざして~それって個人の責任?
基調講演(1)尾上毅氏(精神科医・熊本菊陽病院副院長)
基調講演(2)滝口直子氏(大谷大学文学部教授・ギャンブル問題研究者)
体験報告(依存症当事者、家族)
https://www.facebook.com/events/969522743178013/



特別区、総合区
●2月4日(土) 18時30分~アベノ市民学習センター 第2研修室(地下鉄谷町線 阿倍野駅7番出口 あべのベルタ3階 「天王寺」駅・「大阪阿部野橋」駅徒歩8分 http://osakademanabu.com/abeno/access
どうする、どうなる大阪市。特別区、総合区を知る学習会
GUEST
別当 良博 さん(大阪市政調査会)
武 直樹 さん (大阪市会議員)
大阪市の吉村市長、大阪府の松井知事は、いわゆる都構想の新たな設計図を話し合う「法定協議会」設置議案を、2月の府市両議会に提案する方針です。一昨年の5月の住民投票によって、大阪市廃止・分割は否決され、決着済みになっています。なぜ、もう一度、蒸し返されるのでしょうか。一方で、「総合区」について、大阪市が24区内で説明会をしていますが、多くの市民にとってはわからないことだらけです。大阪をめぐる最近の動向と制度論を知るとともに、住民に寄り添った街づくりを考えます。
ご参加を、お待ちしております。
参加費:500円(予約不要)
主 催:尾辻かな子事務所
問い合わせ先:06-6606-1225 info@otsuji.club
https://www.facebook.com/events/243718996054822/



辺野古新基地問題
●2月4日(土) 15時30分~(毎週土曜日)JR大阪駅南バスターミナル
「辺野古に基地を絶対つくらせない大阪行動」
辺野古の海が埋め立てられないように活動しています。
お時間の許す範囲で、少しでも皆様のご参加お待ちしています。
http://blogs.yahoo.co.jp/henoko_osaka



辺野古新基地問題
●2月4日(土) 13:00~14:00 神戸マルイ前
HENOKO NO! 沖縄に基地はいらない 
   辺野古の海に基地をつくらせない神戸行動

沖縄県民に対する不正を止めるために、共に声を上げて下さい。
ツイター・FaceBookで情報発信中{辺野古・神戸}で検索して下さい。
土曜の午後はいつもの時間、いつもの場所で、はじめての方、ちょっとだけ参加、見学、大歓迎。
https://twitter.com/kobekodo/



辺野古新基地問題
●2月4日(土) 毎週土曜日17:00~18:30ごろ 京都市 三条河原町交差点(三条河原町商店街のアーケード前スペース)
沖縄・辺野古への新基地建設に反対し、
     普天間基地の撤去を求める京都行動

アピール、チラシ配り、新基地建設に反対する署名集めなどなど
http://kyoto-action.jugem.jp/?pid=1
https://twitter.com/ALALALED/status/551165696185344000



政 治
●2月4日(土) 13時30分~16時 アバローム紀の国(JR和歌山駅からバス15分南海和歌山市駅からバス10分 http://www.avalorm.com/accessmap.html
森ゆう子参議院議員を迎えてのシンポジウム
主な内容
・4野党挨拶
・自由党渡辺大阪府連代表、自由党真白候補も参加。森ゆう子参議院議員と市民とのパネルディスカッションなど
参加費 無料
主催:実行委員会
問い合わせ:あすか法律事務所
073-433-3980または内海090-7757-1959



LGBT
●2月4日(土) 13:30~16:30 尼崎市立地域総合センター神崎(阪急神戸線「園田」駅(南)23番「阪神尼崎」行き JR神戸線「尼崎」駅(南)阪神バス23番「戸ノ内」行き  阪神電車「尼崎」駅(北)23番「戸ノ内」行き「遊女塚」下車。徒歩約4分 http://www.city.amagasaki.hyogo.jp/map/institution/01_052.html
「性は多様でええねんで~」って尼のこどもたちに伝えたい!オトナのための交流ミーティング。
昨年度実施した講演会「”LGBT”ってしってますか?」に引き続き、「性の多様性」について考える第2弾!今回は、盛りだくさん&ネットワーキングの3時間!
映画『カミングアウトストーリー』上映
セクシュアルマイノリティのこどもたちの居場所づくり
にじいろi-Ruのいっぽさん、コンちゃんの講演会
参加したみんなでの交流座談会
ただ単に知識を深め、啓発して終わる場ではなく、目の前にいるこどもたちに、どうやって「性の多様性」に関するポジティブなメッセージを伝えていくか、そんなことを、みなさんといっしょに考えたいです!
ご参加おまちしています!
定員:申込み先着50人、参加費100円
※手話通訳等が必要な方は、お手数ですが、1月20日(金)までにその旨、お申込みください。
※駐車場は車いす用しかありません。その他の方は、近くのコインパーキング等をご利用ください。
※大雨または暴風警報が発令された場合は、事業を中止します。
https://www.facebook.com/events/1252754964760484/



えん罪
●2月4日(土) 午後2時~午後4時30分 ドーンセンターセミナー室(京阪・地下鉄「天満橋」1番出口東へ350m http://www.dawncenter.or.jp/shisetsu/map.html
和歌山カレー事件 林眞須美さんの再審を開始しろ!
―Ⅹ線鑑定データの捏造をあばく

・再審弁護団から
・「X線鑑定データのねつ造をあばく」河合潤(京都大学教授)
参加費:500円 主催:林眞須美さんは無実! あおぞらの会
http://www17.plala.or.jp/kyodo/annai1.html



Xバンドレーダー
●2月4日(土) 16:30~19:00 京都府部落解放センター4階ホール(地下鉄鞍馬口駅下車・北へ徒歩5分東側)
米軍Xバンドレーダー基地反対・近畿連絡会 新年旗開き
参加費:1500円(お酒を飲まない方は1000円)
※旗開きの前に総会が行われます。
https://no-xband-radar.jimdo.com/



森林破壊
●2月4日(土) 15:30~17:30 メビック扇町交流スペース2(大阪市北区扇町2-1-7 カンテレ扇町スクエア3F)(地下鉄堺筋線「扇町」駅 2号出口すぐ JR環状線「天満」駅 西へ徒歩 http://www.mebic.com/access/
☆インドネシアゲスト特別講演会 in 大阪、京都、東京☆
NGOが語る!熱帯林のリアルな現状~ボルネオの森林破壊と村人の暮らし~

2015年、インドネシアを中心に起こった大規模森林火災により、関西エリアとほぼ同じ面積の熱帯林が失われました。インドネシアの国立公園(ボルネオ島)で森林再生を行っている「ウータン・森と生活を考える会」は、日本のみなさまに多大なご支援をいただき、いち早く現地NGOや地域住民とともに消火活動、再植林、そして今後の火災対策に取り組んできました。
今回、ゲストとして、最前線で消火活動を行ったイサムさんに現場のリアルな状況をご報告いただきます。現地の村で生まれ育ったイサムさんは、熱帯林が切り開かれて周りが一面のプランテーションになっていく場所で、自然と共にアグロフォレストリー、有機農業をもくもくと続けている心優しい青年です。はるばる日本へやってきた彼の生の声を聞くまたと無い機会です。
導入では昨年3ヶ月現地を訪れたドキュメンタリー作家中井信介さんによる現地の紹介映像を流し、後半は森林火災の原因ともなっているパーム油を消費する私たちがこの問題にどう向き合えばいいのか、日本の熱帯林保護NGOが共同で最新情報を提供しているウェブサイト等を紹介しながら共に考えます。ぜひご参加ください!
当日のスケジュール:
1.ドキュメンタリー映像作家中井信介さんによる現地の紹介映像
  「ボルネオ島でのNGO・村人による森林再生」(仮題)上映
2.特別講演「インドネシアNGOが語る!熱帯林のリアルな現状」
  ゲスト:イサムさん(Friends of the National Parks Foundation)
3.ディスカッション「日本に暮らす消費者の私たちにできること」
  「プランテーション・ウォッチ」ウェブサイトの紹介を交えて
参加費:無料
※*西日本最大の国際協力イベント「ワン・ワールド・フェスティバル」内で講演します。2月4日と5日10時~17時は、ブース展示もしておりますのでぜひお立ち寄りください。
※開催費用の一部は、2016年度公益信託地球環境日本基金の助成金を使用しています。
主催:ウータン・森と生活を考える会
共催:熱帯林行動ネットワーク(JATAN)
協力:サラワク・キャンペーン委員会、熱帯林保護団体、パプアニューギニアとソロモン諸島の森を守る会、地球・人間環境フォーラム、環境市民、A SEED JAPAN(予定)、FoE Japan(予定)、気候ネットワーク(予定)
https://www.facebook.com/events/715579328616522/
http://www.interpeople.or.jp/owf/



フェスティバル
●2月4日(土)・5日(日) 10:30~カンテレ扇町スクエア・北区民センター・扇町公園(地下鉄堺筋線「扇町」駅 2号出口すぐ JR環状線「天満」駅 西へ徒歩 http://www.mebic.com/access/ 地下鉄堺筋線「扇町」2号-B出口北へ3分/JR環状線「天満」西へ3分 北区役所隣 http://www.osakacommunity.jp/kita/b1_hall.html)
第24回「ワン・ワールド・フェスティバル」
西日本最大!世界につながる国際協力のお祭り
http://www.interpeople.or.jp/owf/%E7%AC%AC24%E5%9B%9E%E3%83%91%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88.pdf



■2月4日(土) 午後11時00分~ 午前0時00分 NHKEテレ
「北方領土 重い扉を開く ゴルバチョフが明かす日ソ交渉舞台裏」
ロシア・プーチン大統領の訪日で関心が高まる北方領土問題。26年前の日ソ首脳会談に交渉進展の手がかりを探ると、鍵となるポイントと、問題の複雑さが改めて見えてきた。
1991年4月、ゴルバチョフがソ連の最高指導者として初の訪日を果たす。海部首相との会談では、領土問題は存在しないというソ連の立場を大きく変え、4島の北方領土問題を初めて認めた。しかし、そこまで。日本が期待するように進まなかったのはなぜか。当事者たちが、初めて交渉の舞台裏を明かした。鍵は、交渉のタイミング、領土問題と経済協力の関係、そして首脳同士の信頼。これからの進展につながるヒントを探っていく
http://www4.nhk.or.jp/etv21c/



クリックして応援お願いします!

にほんブログ村


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。