はじめての株式投資で損失、失敗、投資で損失ばかり、株式投資初心者が儲かるために!

初めての株式投資、FX投資、初心者が投資に失敗しないために、利益を積み上げ、儲かるために何をするべきか、サラリーマン、女性、専業主婦が投資を取り入れて失敗しない、損をしない、将来設計を応援する


テーマ:

ファンダメンタルズ分析は政治経済の状況、

 
株式投資においては企業業績の状況、
 
特に現在の企業業績から未来の業績、
 
企業の実力をを予想して、業績に対して適正な株価かどうか?
 
その企業の理論株価と言うものを考えます。
 
そして企業が持つ本来の実力ならもっと株価が高いはずだと思えば
 
今の株価は安いと判断できます。
 
今が安いと言うことは将来に向かって株価の値上がりを期待出来る。
 
そうを考えて、株を買うか判断をしていきます。
 
しかし、業績が良くても、理論株価が安くても
 
その株価が上がるとは限りません。

 

情報、材料は株価に織り込み済みと言われるように

 

投資家の期待値が既に株価に反映されて

 

高い位置にあるかもしれません。

 

業績が良くても

 

タイミングを間違えると損をしてしまう可能性もあるのです。

 

業績や投資家の期待値も含めて

 

包括的に株価を分析する方法がテクニカル分析です。

 

テクニカル分析ではチャートを使用します。

 

最大の特徴は過去の値動きが分かることにあります。

 

株価は買い手と売り手の攻防です。

 

買う人が多ければ株価は値上がりし、

 

売る人が多ければ株価が値下がりします。

 

その売買を行っているのは今も昔も人間です。

 

世の中の経済が良くなろうとも、悪くなろうとも、

 

世の中の仕組みやシステムが最新になろうとも、

 

人間の欲や心理が変わるものではありません。

 

ですから過去の値動きを見て未来を予想する。

 

値動きのパターンや株価の上げ下げの流れを見て

 

未来株価の動きを予測する考え方なのです。

 

どの銘柄でも良いですが、過去のチャートを良く見ると

 

同じような値動きが繰り返されているのが分かります。

 

例えば、

 

300円で買った株が600円になった。

 

株価が倍になったのだから売って利益確定しよう。

 

倍にならないにしても利益が出たら売ろうと考えるのは

 

30年前も、50年前も同じです。

 

逆に600円で利益確定した人がしばらくして株価を見たら

 

どんどん売られて株価は下落し、300円になっていた。

 

前回買った時と同じ価格だから

 

この水準まで下がれば買っても良さそうだ。

 

そう考えるのも30年前も50年前も同じです。

 

株価が下がれば割安感を感じた投資家が買います。

 

株価が上がれば含み益が膨らんだ投資家は売ります。

 

この需給のバランスによって

 

株価は上げ下げを繰り返すのです。

 

このように株価チャートの値動きは

 

株価の動きそのものですが、

 

実際は投資家の心理が株価に反映されて

 

上げたり下げたりして動いていると

 

そう言い替えても過言ではありません。

 

だからこそ過去のデータが非常に重要なのです。

 

次回の記事につづく....

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。