さきほど急変して、ティーダがなくなりました。
享年、9月のお誕生日を前にして、の12歳10か月でした。

病院から帰ってきて、調子が悪くなっていたんですけど、さきほど1時間前くらいに急変して、あっという間でした。

思えば薬イヤイヤもトイレをしにお外に出たりするのも、彼なりの頑張りだったのかなって思います。

インターチャンピオンのヤマトとすきっぱーの娘キアラの愛息でした。
この2頭の交配はとにかくなぜか満面の笑顔で、それを見た富岡さんが「きっといいのができるよ」っていって、生まれたのが彼でした。

彼自身とてもヤマトにそっくりでした。

いつも一緒で、パートナーのような子でした。
べったりしないけど、つかず離れず、いい距離感で、
優しい子でした。

ティーダお疲れさま。

12年10か月一緒にいてくれてありがとう。
大好きだよ!
またいつか帰っておいで!

AD