キャシのブログ

ー あなたの本質に向けて ー 
  こころなぞとき 

NEW !
テーマ:

おまけされちゃう、かわいらしさ

 

 

わたしはなかなかに、おまけをされる人間です。^^

 

で、コミュニケーションの取り方、なんですが、

大事なことは、ちゃんと思ったことを口にするということなんですね。

 

しかしここにもんのすごーーーーい誤解があるんです

なんだか、思ったことをいう、というのが、

思った文句を言うとか、言わないで考えたところをいうとか。

 

そうではないんですね。

 

先日、スーパーのお魚屋さんで、

豆味を買ったんですね。

小さな魚ですよ。

 

で、内臓とぜいご(しっぽの固いところ)

をとってもらえるかなーと思って

聞いてみたんです。

 

「お魚のぜいごをとっていただけますかー?」と

聞いたときに沸いたのが、「こんなに小さな魚の内臓を取ったり

ぜいごをとるのは嫌じゃないかしら?」でした。

 

で、ですね。恋愛でもなんでも皆さん、

「嫌だろうから言ってはダメだ、でも言いたい、あでも」って

考えているんですよね。瞬間瞬間。そして聞くときには

遠慮して、、、とってもらえるかなー、という感じで、

「嫌だろうな、嫌がっているんだろうな」というような

自分が勝手に相手がそうだと思っている部分には何も触っていないんです。

 

そういうときに、とても簡単にコミュニケーションをとれると

多くの問題が素晴らしく改善をするんです。

 

でその時に、私は、「ぜいごってとってもらえますか?」

「こーんなにちっちゃいから、大変ですかねー」と

聞いているんです。

 

面白いんですが、「相手が嫌がるんじゃないか」「でも言いたい」という

葛藤がないと、相手の心が開くんっです。

 

ほらほら、皆さんも恋愛で経験があるでしょう?

小さな一言が相手の心を開いたり、ふと相手が笑ってくれたりという、

瞬間ですね。

 

それで、「大変かな―いやがるかなー」というのを聞いているから

相手とコミュニケーションができるわけです。

 

わかりにくいですかね?

「こういうのがしたい」という部分でコミュニケーションをとっちるんじゃなくて、

「相手がこういうふうに感じていると思う私は、」という部分を聞いている、ということなんですが

 

その人が、ぜいごだけではなく、小さなお作家なの内臓も

おまけにとってくれた後で、わざわざ私の前に来てくれて、

「このお魚の料理の方法」まで丁寧に説明をしてくれたことを

付け加えておきます。

 

こういったことはよく起きるんですね。

いろんな人と親しくなるのは、

いうということは、

 

「これって嫌じゃないの?あの時はそうだったの?

わたしはどうしたらいいの?}という深刻な話ではなくて、

 

その前に、小さな違和感がわいたときに

その、「相手がこうに決まっている、いやに決まっている」という「私はあなたがこう感じていると思っている」という

部分をスマートに聞けちゃうコミュニケーション力です。

 

  • 自分の中で勝手にこうかな、ああかな、と考えているところを探してみよう。

  • それを、どうなのかなーと気軽に聞いたり、そこから出てきた答えから

    また会話が始まるということを経験をしてみよう。

 

http://www.acoreading.com

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。