甘味生活*育児絵日記~発達障がいな息子とのささやかな日々のキオク。

言葉がおそいだけと思っていたら、まさかの発達障がいでした。
自閉症スペクトラム(ASD)な5才息子とのささやかな日々のキオク。

NEW !
テーマ:


この記事はヒルマが2才のとき、発達障がいと判明したときのお話です。





前回のつづきです。翌日、さっそく発達支援センターに電話しました。これでヒルマの発達障がいの正体がわかるのだと思ったら─




思っていたのとちがいました。時間をかけて様子を見る必要があるし、診断できるのは医師だけで、しかも3ヶ月待ち。すっかり見放された気がしました。ワタシタチハ コレカラ ドウスレバイイノ?

 【関連記事】発達検査後のモヤモヤ(2011/10/31)

「発達支援センターの療育クラスに空きがあるので参加してみませんか?」こうして療育に通うことになりました。療育が何かは知りませんでしたが、発達障がいについて学べるにちがいないと期待は高まりました。




それから、ばあちゃん(わたしの母)に電話しました。




こちらも思っていたのとちがいました(笑) 離れて暮らす孫がかわいくて仕方ないようです。フッと笑いかけて、そういえば昨日から笑ってなかったことを思い出しました。

「じいちゃん(わたしの父)には内緒にするわ。がっかりするから」ばあちゃんの何気ない台詞が小骨のようにちくりと刺さりました。がっかり、かあ…。

つづきます。。。

↑もしもよろしければ押してもらえるとウレシイです。いつもありがとうございます :)  男の子のための子供服「GLAZOS」の人気アイテムが最大50%OFFです!←さっそく長袖Tシャツ買いました♪


一度はいたらやみつきに!速攻美脚メイク激ノビウルトラストレッチデニム