甘味生活*育児絵日記

言葉がおそいだけと思っていたら、まさかの発達障がいでした。
自閉症スペクトラム(ASD)な5才息子とのささやかな日々のキオク。

NEW !
テーマ:


きのうはパソコンでなんとなくHuluのトップページを眺めていたら、「泣ける映画特集」に大好きな「I am Sam アイ・アム・サム」を見つけました。久しぶりに見てみたら、もう涙ボロボロです。知的障害のある父親サムと、7歳になった娘ルーシーのお話。

随所に盛り込まれたビートルズの音楽も心に染みます。やり手の弁護士リタとその息子との関係も身につまされます。独身時代に何度も観た映画ですが、当時から何か予感するものがあったのかもしれません(笑)

そしてきょうは、こちらのブログで紹介していた動画「あなたならどうする?食堂での自閉症差別」にもう、もう・・・・感激の涙ですよ。

自閉症児もその家族も、苦情をいう男性客も役者さんです。わたしは一般市民を巻き込んだどっきり系の番組はキライなのですが、こちらは「実際にこういうことが起こっているから」という調査番組であり、それを見て笑う主旨ではないので別。

つづけて「あなたならどうする?スーパーの障害者差別」も見たのですが、こちらにも心を揺さぶられました。ツラそうで見たくないという方もいらっしゃるかもしれません。わたしもそう思いました。でも、見て良かったです。感動しすぎて放心状態(笑)



PR

[PR]気になるキーワード