甘味生活*育児絵日記

言葉がおそいだけと思っていた息子(小1)は、まさかの発達障がいでした。



テーマ:

◆~◆~◆~◆~◆ おしらせ ◆~◆~◆~◆~◆~◆

「まこの読書感想文」の、まこさん
本の感想を書いてくださいました。ありがとうございます(´∀`)
⇒みなさまの感想はこちらから


生後から小1までの葛藤の日々と
実体験を通して学んだ親子が笑顔でいられる習慣や
暮らしの工夫をまとめたエッセイ本発売中です。

  

「うちの子は育てにくい子
~発達障害の息子と私が学んだ大切なこと~」
(KADOKAWA) 1100円(税別)


◆~◆~◆~◆~◆~◆~◆~◆~◆~◆~◆~◆


★このブログは言葉が遅いだけと思っていた息子が
発達障害(自閉症スペクトラム)だったことが発覚し、
試行錯誤しながら暮らしているアマミ家の日々の記録です。


発達障害のヒルマの話す言葉はたいてい謎めいています。

会話の途中でまったく関連のない話題について話しはじめたり、
どういうシチュエーションだったのか(誰が言ったのか、場所はどこか)など
記憶も曖昧でつかみどころがありません。

朝食時、とつぜん「さくらんぼブロック、おかわり!」と言われました。


わたしは「さくらんぼブロック」という料理を知りません。
もしかしたら「おかわり」ではなく、何か別の要求なのでしょうか。
さくらんぼブロック……、さくらんぼブロック……、あ、もしかして!



……「スクランブルエッグ」のことでした。
こういう自由なところが一緒に居てたのしくて、
同時にしんどいところだと思う。

  
   

「うちの子は育てにくい子 ~発達障害の息子と私が学んだ大切なこと~」
(KADOKAWA) 1100円(税別)

 ★amazonでの購入はこちら
 ★楽天での購入はこちら 

 ★電子書籍版あります★



◆~◆~◆~◆~◆~◆~◆~◆~◆~◆~◆~◆





いいね!した人