甘味生活*育児絵日記

言葉がおそいだけと思っていた息子(小1)は、まさかの発達障がいでした。



テーマ:

◆~◆~◆~◆~◆ ♪まずはうれしいお知らせ♪ ◆~◆~◆~◆~◆~◆

「まいほーむ ほぼ毎日四コマ」の、きのかんちさんと、
「ehonmamaの読み聞かせ日記」の、ehonmamaさんが、
ブログで本の感想を書いてくださいました。
ありがとうございます(´∀`)

そしてコメントをくださった皆様、ありがとうございます!
お礼が遅くなってしまいすみません!

  
「うちの子は育てにくい子 ~発達障害の息子と私が学んだ大切なこと~」
(KADOKAWA) 1100円(税別)

 ★amazonで購入する
 ★楽天で購入する 
 ⇒電子書籍版あります

◆~◆~◆~◆~◆~◆~◆~◆~◆~◆~◆~◆


発達障がい(自閉症スペクトラム)の息子ヒルマは小学2年生になりました。
入学前には支援級か通常級か迷いましたが、
発達検査の結果、通常級に通っております。

四月にはクラス替えがあり、担任の先生もかわりました。
「やさしい先生」と息子は言っておりまして安心していたのですが、
──残念なお知らせがあります。


先生の話がわからないそうです。

わたしは「やっぱり、そうか!」と納得しながら、
ヒルマにはちっとも何でもないふりをして、
おかあさんもそういうときあるんだよ、困るよね~ と話しました。
(↑こういうとヒルマは安心するので)

それから──


大慌ての日々(笑)
対応を模索しておりました。

いや~、2年生になってから何かおかしかったのですよ。
ヒルマの言っていることが理解できなかったり。
もともと会話のうまい子ではないのですが、それにしてもかみあわない。

忘れ物も増えたり(プリントや連絡ノートに書いてある物は用意できるけど、
先生が口頭で伝えた持ち物はほぼ覚えていない)、
体調面にもたびたび異変があらわれたり……。

担任の先生に説明したり、本を読んだり、主治医に相談したり、
検査を受けたり、ペアレントトレーニングに参加したり、
療育を受けることにしたりと、バタバタと過ごしておりました。


 (このとき買った本)
 ひといちばい敏感な子 [ エレーン・N.アーロン ]

 ※随分時間がたちましたがまだ読み切れず(笑)

五月になった現在では、ヒルマも新しい環境に慣れてきたのか、
親子間の会話は以前のリズムを取り戻しました。
会話についても少しずつ、レベルアップが必要だと考えているところです。

そして先日、2年生になってはじめての授業参観でした。
いや~、う~ん、なるほど~って感じでした(笑)
それもまた残念なお知らせになるわけですが、
また次回お話したいと思います。

なかなか更新できずすみません!


  
   

「うちの子は育てにくい子 ~発達障害の息子と私が学んだ大切なこと~」
(KADOKAWA) 1100円(税別)

 ★amazonでの購入はこちら
 ★楽天での購入はこちら 

 ★電子書籍版あります★



◆~◆~◆~◆~◆~◆~◆~◆~◆~◆~◆~◆





いいね!(1325)  |  リブログ(0)