馬と鞭 vol.5 ~完結

テーマ:

気分はHigh!!ハ━(*゚∀゚)ノ━イ!


テンション↑↑(゚∀゚)


焼肉屋の駐車場から助手席ではなく


社長席(運転席のうしろ)に乗り込み


運転手のシートをガシガシと蹴りまくる。


運転者は後頭部に強い刺激を受け


奇妙な笑い声をあげながらの運転




楓果汁「いちいちキモぃんだYO!!」



相手「ぁ、すいません」




謝ってばっかりのその言葉にも腹が立ち


後部座席から喉仏を突っつく。




楓果汁「ちゃんと運転しろよ?【*゚Д゚】



相手「げふっ・・・で、できませんよぉ><」



楓果汁「できませんじゃぁ~なぁぁぁぁぁあぃ!!やるんです!事故ったら燃やすからね?
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽ」



相手「は、はぃ。」





そして楓果汁宅に到着


散らかり放題の部屋はいつものこと。


物事を忘れっぽい楓果汁はMEMOを貼る 癖がある。


それを見つけた相手は




相手「なにこれ!!(乾蕎麦・中濃ソース・キッチンハイター89円・・・)
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽ生活感ありすぎで怖い。メモ用紙・・・何枚貼れば気が済むんだYO!」


楓果汁「・・・・。言葉使いには気を付けろ( ゚Д゚)ドルァ!!」



相手「ぅぎゃは!!ごめんなさい・・・・」





あまりにも言い方がムカついたので腹に「キック 」してやった。








そして1時間後・・・・








楓果汁「じゃ、実行しようか。」



相手「・・・。」





PC起動・・・メッセIN。



それと同時に奴らを呼び寄せる




楓果汁「ぉつかれぇ~!!あのねぇ~ペット飼ったのぉ!!」


メッセ友T「ぉお!何ぃッ?」


メッセ友Y「キャハ━━━━(#゚ロ゚#)━━━━!!!!!!犬ですかぁ?」


楓果汁「見たい?!ってか、見て!!」


T「ぉお!見るぞ!!」


Y「見たいぃぃぃぃぃ!!(*´益`*)ドキドキ」


楓果汁「じゃぁついでにskpINしょうか。」


T「ぉおぅ!OKッ!!」


Y「(*>д<)ノハーイ」






楓果汁「じゃぃくよvvぅちのペットちゃん公開ぃ~v」




そしてメッセのビデオチャット開始・・・



二人のメッセ友達は画像を見るなり



T&Y「!!!!!」


T「ゴフッ!工エエェ工エエェ(゚Д゚(゚Д゚)゚Д゚)ェエエ工ェエエ工???」


Y「な、何?!何か居る!!!」


楓果汁「見えたぁ?!」


T「ペットって・・・?ぇ?!」


Y「し、縛られてる!!(_≧Д≦)ノ彡バンバン」


楓果汁「ぇへへへっ」


楓果汁「お前らメッセINしてくるの待って1時間放置( ゚∀゚)アハハ八八ノヽ」


T「ペットって男かYO!!しかも、1時間もその体勢で居た事に爆笑!!」


Y「(*≧∀ノ[◎]ゝ     必死です!!」


楓果汁「。:゚(*ノ∀`*)σゥヶルーヒャヒャヒャ!!  Yが絶対カメラマンになると思い参加させた件」


Y「(*´益`*)」



そこからTとYはこのペットに色々な体勢注文・・・。





T「縛られてそれだけ?!芸がないペットだなぁ~。なんかやれYO!!」


楓果汁「ぁあ~この状態じゃ何も出来ないだろうから特別手伝ってやるよ。」





と、あれよこれよと始まったわけで・・・




まずは仕事バックから「鞭」登場!




楓果汁「これどぅ?!」


Y「使ってみてぇぇぇ~?!」


楓果汁「ぅふふふ。いい音するわよぉ~」


「パーン!! (#゚Д゚)
      ⊂彡☆))Д´)」


ペット「ぎゃぁぁあ!痛い!いてててててヾ;(;(;*;゚;∀;゚;);););ノ゙アーッヒャッヒャッヒャッヒャァー」


T「叩かれて笑ってるぞ・・・。」


Y「す、すごぃ・・・。」





「パシーン!バチバチ!!!」


連続鞭攻撃・・・。





T「ぉおぅッ!鞭の動きが早すぎて落としか聞こえない件」


Y「ぅ・・・うん・・・でも撮ってる( *´艸`)」





そして・・・


引きずり落としてみた。




T「うがはははっはは。辛そうだ!!でも喜んでる!!!」


Y「しゃちほこだぁ~(*≧∀ノ[◎]ゝ」


楓果汁「これも使ってみる!?」



蝋燭キタ━(*´∀`)━!!




T「でたぁぁぁあ!!熱くないの?それ」


楓果汁「ペットに聞いてみな」


T「ぉお!で、どうなの?ペット!!」


ペット「ぁっちーちちちちちっ!! ぎゃはっははっはっは
Y「わ、笑ってる・・・・。」


楓果汁「笑ってるんじゃねーYo。もっと悲痛な顔みせてみろ!」


ペット「うはっ!だって・・・。あちちちち!!!!」




すでに服従状態のペット・・・。




あまりにもきもぃ笑い声を上げるので


罰として生肌に蝋 をたらしてやった。


大量に溜めに溜めて・・・・ボトッ・・・と・・・チクビに狙い撃ち


それにはさすがに悲痛な顔をしたので


その顔に垂らしてやろうかとさえも思ってしまった。


でも、さすがに素人だし・・・・。




その後もめくるめくプレイが続いた。


こうしてプライベートレッスンは


ペットとなった相手の奇妙な笑い声とともに消えていった・・・。





追伸



その後は深夜の4時をまわっているにもかかわらず・・・


楓果汁「じゃ、お疲れさん。お帰りはあちらです」


と、強制的に部屋を追い出した。


ペット「ぇえ!ひどい!!わぁぁぁぁあん_ト ̄|○」


そんな声は楓果汁の耳には届きません。



こっちは本気なのにペットが笑うから!!!!


お前が爆笑でもコッチは面白くねーYO!!


キィィィィィィィィィィィィ(# ゚Д゚)


ぶっ叩いておきながら半切れの楓果汁



もっと真面目に楓果汁ジンジンさせてくれるようなペット募集(ぁ





馬と鞭---完


AD

馬と鞭 vol.4

テーマ:

洋式の便座に腰を掛けたのは良いが
個室が狭すぎる!!!
ドアを閉めると膝がドアに当るってドダナダズ!!

キィィィィィィィィィィィィ(# ゚Д゚)



そう思いながらもアルコールを抜いた後は
「ふぃ~っ」と、気の抜けた声が漏れる。
同じトイレに人が入ってきたらマズ恥ずかしいだろうな。


そしてトイレのドア(?!)に頭を強打!!!

ぃ、痛ぁぁぁぁぁぁあ!!!

コブできるよコブ!!

それでも気分の良い楓果汁は

頭を打ったことに笑いながら席に戻った。

他人様から見たらタダの酔っ払いだな( ゚∀゚)アハハ八八ノヽ


で、席に戻ると相手の姿が見当たらない

どーーこいったぁぁぁぁあ

ぁ!!見つけた!!

先に精算を済ませてたらしい
必死でキャンペーンのくじを引いていた(_≧Д≦)ノ彡バンバン



その必死さに何だかムカついて
背後から猛ダッシュ&ケツにとび蹴り!!!


楓果汁「何してんだぁぁぁぁあ!ぇ?レジのお姉さんにナンパ?!」


相手「ぐぁっ!痛てぇ~!ぁはははははははは」


ホロ酔いでいい気分の楓果汁はその相手にバシバシと何度もパンチ&キック
それでも怒らず笑ってばっかりの相手・・・。


(本物なのかな・・・・)


内心ちょっと心配になった心優しい楓果汁。


でも手と足は止めませんww
だってぇ~私生活でこんなにオモイッキリ人をひっぱたくって事ないじゃん?w


ここぞとばかりに・・・・d(゚ー゚*)ネッ!
( *´艸`)クスクス


楓果汁「ぁ!!コレ 友達にも見せない?!」


と思いつき発言をしてみた。


相手「な?何をですか??」


楓果汁「ぇ?何をって決まってるジャン!この風景。叩き役と叩かれ役w」


相手「ぇぇぇぇぇえ!!!イイですよ。面白そう!」


楓果汁「いいのかい!!。:゚(*ノ∀`*)σゥヶルーヒャヒャヒャ!!じゃぁ決定ねwww」


と、強制でも何でもなくスンナリ企画OK

そして・・・・

あの・・・企画が始まったのです・・・。

AD