同じ気持ちで

テーマ:

ここのところ、何となくブログやその他、
インターネット関係の更新が出来ずに
いました。

仕事以外の時間を自分の趣味に費やして
おります。例えば映画を見るとか、
本を読むとか、その他あれこれ…すっぽりと
自分の世界に入り込んで過ごすことの
楽しさ…小さな頃から今もなお、愛して
やまないひとりの時間。わたしはネクラ
なのかも知れません。笑

でも、あまり更新しないのも、みなさまに
忘れられてしまいそうで怖いので(笑)
こちらの方も頑張って参ります!



{C7CE3978-6C8B-46BA-97A7-95450BF718EF:01}


デザートの写真…この前も載せました。
しかも同じだ…
お皿が違うので許してください(^◇^;)

お店をオープンした当初は、結構
凝った飾り付けをしていたシェフ。
ソースも2色使いとか、飴糸を飾るとか…

でも、かなり前から、このシンプルな
盛り付けになりました。

2人で営業しているし、特にランチは時間の
ないお客様もたくさんいらっしゃるので、
お待たせするよりは…ということもあり
ますし、シェフがこういうシンプルな
スタイルが好きだということもあります。

多分、凝った美しい飾り付けのデザートの
方が、お客様の反応はいいのだとは思うの
ですが…。


ただ、シンプルな盛り付けでも、絶対に
忘れないことがあります。
お客様が召し上がるのだということ。
衛生面と、それから、シンプルでも美しく、
ということ。

今はスタッフがいないけれど、いた時には
みんなに伝えていたこと。


まず、お皿に指紋は付けないように!

粉糖は、たくさんかければいいってものじゃ
ないから、程よく、きれいにね。

ミントの葉っぱは、お客様の方を向けて、
まるでそこに生えているようにね。

シャーベットは、フチがちょっと、ヒラヒラ
となるように…ほら、スヌーピーの漫画に
出てくるアイスみたいに、おいしそうにね!



シェフに教わったこと、わたしが盛り付ける
時は毎回思い出しながら。
単純な盛り付けだけど、必ず守っています。

そして一体何千回、何万回盛り付けたか
わからない(同じような。苦笑) 、デザートが
出来上がった時、いつもいつも新鮮な
感動があります。



このところ、オープン当初からよく来て
くださっていたお客様が、ちょっと久し振り
にご来店ということが重なってありました。

お店は古くなって行くし、オープンの頃の
きれいな感じではなくなっているでしょう。
わたしたちも、そしてもちろんお客様も
若い頃とは違っているし、
子供達は見違えるように大きくなって、
全く同じという訳には行きませんが…

それでも、お馴染みのお客様をお迎えする
時は、当時も今も同じ、嬉しい気持ちです。

同じ気持ちでお客様と笑顔を交わすことが
出来、盛り付けの終わったデザートを
きれいに出来た!と同じ気持ちで喜ぶことが
出来ることは、なんと幸せなことなの
だろうか…とふと思った、ある日の夜でした。









AD