カメラ初級者でもダンス撮影が上手くなる!さらに、カメラで稼ぐ方法や、プロカメラマンになる方法まで教えます

カメラ未経験から1年でプロカメラマンになったからわかる、稼げるカメラマンまでの「最短の道」をあなたに教えます。これまで多くの生徒さんが、稼いだり、プロになったり、コンテストで入賞したりしてます!

NEW !
テーマ:


撮っていて、楽しいカメラ。

自分でどんどん腕前が上がっていくことも実感できるのも魅力です。

 

 

良い写真が撮れるようになってくると

 

◆「自分の力で、世の中の役に立たないか?」

◆「今まで機材にお金をかけたので、少しくらいは取り戻したい」

◆「もっと自信を持って撮れるようにしておきたい」


そう思うようになりませんか?

 

 



 

でも、そう思っても、ほとんどの人が、その実現できるフィールドを目の前にして

・自分の知っている技術だけで出来るのか?

・自分の経験値で足りるのか?

・どうすれば、本当に人の役に立つようになれるのか?

 


など悩んで、前に進むのを止めてしまいます。

 

 

 

 

さらに、ネットで調べたりして、

「カメラマンになるのは大変だよ~」

という意見ばかりが目についてしまい

 

最後には

「いやいや~、自分には出来ないな~」と、

カメラマンになることに対して非常にネガティブな感想を持ってしまい、諦めてしまうのです。

 

 

 

もし、悩んだ時に

●「この技術があれば充分です」

●「ここで経験すれば大丈夫です」

●「人の役に立つようにするようには、こうすれば良いですよ」

 

など、あなたが悩んだことの答えがわかり、さらに、どのように進めば良いかなどのロードマップがあったら、すぐにでも一歩進めるようになると思いませんか??

 



 


たった1人では踏み出すことの難しい最初の一歩も


ほんのちょっと背中を押してくれる誰かがいることで

その道をいくことが出来るのです。

 

 

 

私があなたの背中をしっかり押せるように

 

◆1年でプロになってわかった、こればあれば充分という技術と心構え

 

◆ベテランを飛び越えて、どんどん活躍するテクニック

 

◆SNSなどに顔を出さずに、会社員を続けながらもカメラマン活動を拡大するノウハウ

 

◆とにかく現場経験が大事なので、本当の現場をつくり込んでご提供!

 


などなど、あなたの想いを、絶対に実現させるべく全力で教えます!

一切手抜きなし!

 

 

 

また、講師も全4名であなたをサポート!

 

◎好きなライブ撮影を続けて、プロになったYAMAO氏

 

◎社会人を続けながら、プロとしても活躍の幅を広げるエリノリ氏

 

◎自信を持てるノウハウなど多くの人に伝える心理カウンセラー三木氏

 

それと、私です。

 



 



 

 

『イベントカメラマン養成講座』で得られる

4つの自信が、カメラマンとしてあなたを強くします。

 

◆撮影で必要とされる技術を知っているという自信

 

◆現場での経験があるという自信

 

◆プロと肩を並べる方法がわかるという自信

 

◆撮影で悩んだときに、すぐに解決できるという自信

 

この4つの自信が得られるように

12コマの講座をご用意致しました。

 

 

 

【全体の流れ】

(※流れは、多少前後することがございます)

テクニック編・カメラマンPR基礎

・1コマ目:レンズワーク、失敗しない撮影方法
・2コマ目:好きなことと世の中をつなぐための基礎知識
      Facebookとブログの関係(Amebloをやってみよう)
      機材はこれがあれば大丈夫
      スマホに負けない一眼の強みを活かす
      画像編集基礎
・3コマ目:動きもの基礎
・4コマ目:動きものしっかりダンスが撮れるまで
・5コマ目:ストロボオンシュー
・6コマ目:ストロボオフシュー基礎


実践編・カメラマンPR応用

・7コマ目:ホールでピアノ発表会、ダンス発表会、セミナー撮影模擬体験
・8コマ目:日中シンクロ
      自分がやっていることをWhyから伝え、人の心を動かす
・9コマ目:ライブハウスでライブ撮影。一歩進んだ表現まで
・10コマ目:Lightroomで画像編集
・11コマ目:体育館を使って運動会模擬、動きものおさらい
       カメラで稼ぐ種類のご紹介
       自分に出来ることで価値を創造し、独自の強みにしていく方法
・12コマ目:ストロボ多灯

(コマの順番は、変わることがございます)

 

 

【補足】

◆出席出来ない回は、次期に受けることが出来ます

◆模擬体験は、実際にカメラマンに依頼が多いものを選んでいます

◆コストかかり過ぎで、この期以降は価格UPさせていただく予定です

 

 



 


実際に、受講生の方に話を聞くと

この講座を通じて

 

□「これまで写真でお金をもらったことなかったけど、この講座中に、初めてお金をもらう経験をしました」

 

□「自分の写真をいかに世の中に公表していけばいいかを考え、ワクワクするようになりました」

 

□「撮るのが今まで以上に楽しくなりました」

 

□「プロの現場で撮影をはじめました」

 

□「プロカメラマン事務所に登録して、これから活動します」

 

 

修了生の感想をまとめてあるので、ぜひ、お読みになってみてください。

↓↓↓
修了生の感想

 



 

 

【各自ご用意いただくもの】


・カメラ機材
 (どんな機材を揃えていくのが良いかを初回に行います)
  ※マップレンタルなどで借りてもOK

 
 カメラはエントリー機でOK
 一眼レフでも、ミラーレスでもOKです。

 レンズは、キットレンズ、望遠レンズ
 F値が小さい、通しレンズがおススメですが、必ずしも必要というわけではございません。

 


・ノートPC、スマホ
 (編集ソフトはLightroomを使います。購入されない場合、体験版で進めます) 

 


・クリップオンストロボ
  実は、ストロボは最重要です!
 (カメラと同メーカー純正のフラッグシップか、その1つ下のモデルがおススメ) 
  例:Canonでしたら430EX以上、NikonでしたらSB-700以上がおススメ

  ※マップレンタルなどで借りてもOK

 


・Facebookのご利用
 伝達事項など、Facebookの専用ページで行いますので、Facebookのご利用をお願い致します。

 

 



 

 

「あなたに撮って欲しい」と声をかけられた時に

即座に、「はい!お任せください!」と

そう自信を持って言えるように、ぜひ、ここで一緒に学びませんか??

 

撮影依頼は、明日来るかもしれません。

依頼者は待ってくれません。

 


だから、一日でも早く、準備をしておくことをおすすめ致します!

 

 

↓↓↓

 



 

【補足】

◆出席出来ない回は、次期に受けることが出来ます

◆模擬体験は、実際にカメラマンに依頼が多いものを選んでいます

◆コストかかり過ぎで、この期以降は価格UPさせていただく予定です

 






引用元:受けるなら、「今でしょ!」~今後は値上げ予定(;'∀')
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:


カメラマンとしての腕前があるのに

仕事が振れないのには、理由があります。

 

 

その理由は

「自信の無さ」

です。

 

 

なぜだと思いますか??

 

 

それは、仕事を振る側になってみるとわかりますよ。

 

 

実は、仕事を振る側は、もう、カメラマンの腕前は把握しているんですよ。

その上で、自信があるかどうかを見てます。

 

 

自信が無いと

・連絡しても自信が無いので回答が遅い

・依頼する側が不安になるようなことが文面に出てしまう

・やたら言い訳な感じの表現でいっぱいになる

・お金をもらうのを、申し訳なく感じる

 

もし、相手に、この中のどれか1つでもあると、撮影の話を振れません。

 

 

つまり、

「自信の無さ」

が、あなたのチャンスを奪っているのです。

 

 

本当に、自信のないカメラマンさんが多いんですよ~

・いっぱい、学んできている

・すでに、充分な能力がある

・撮影もたくさんしている

それなのに、自信が無い。

 

 

このことをなんとか解決し

あなたの人生を、より良いものにするために

なんと、PhotoFanには、カウンセラーも招き入れることにしました!

 

 

こちらに詳しく書いてます

↓↓↓

心理カウンセラー三木ヒロシさんのこと

 

 

 

 

なんで、今回、こんな記事を書いたかというと

撮影依頼で、「カメラマンさん3名来るようにしてもらいたいです」

と、ありがたいオファーを頂き

誰に、依頼を振ろうか考えた時に

「写真は上手いけど、あの人は自信が無いからな~」

という人が数名いたからです。

 

 

今回のブログ見て

「自分に任せてください!」

と言ってきてくれたら、おそらく仕事振りますよ~

 

※もちろん、腕前を判断してですけどね~




引用元:自信の無いあなたに、仕事が振れない理由
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


■社会人でも主婦でも、無理せず、プロになれる(プロ志向でなくてもOK)

■撮影の自信が持てる

■写真で稼げるようになれる

■もっと多くの人に喜んでもらえる写真が撮れるようになる

 

 

 

こんなカメラマンを願いを実現させるための

『イベントカメラマン養成講座』

が、7月2日からスタートになります。

 

 



 

 

この講座で、客員講師としてお呼びしている講師の1人が、心理カウンセラーの三木ヒロシさんです。

 

※他に、ライブカメラマンのYAMAO氏、社会人兼プロカメラマンのエリノリ氏がおります。

 



 

心理的な側面から

■カメラマンとしての自信をつけること

■自分の性格を読み解いて、ステップアップしやすい方法を見出す

など、普通のカメラ教室にはない方法で、あなたをレベルアップさせます。

 

 

 

その三木先生が、イベントカメラマン養成講座でなく

単発の講座として、7月9日に、京橋区民館にて

『コーチ・カウンセラーになって、楽しく稼ごう』

を開催します。

 

 

午後は、私が主催で、私とビジネス起業塾の坂本先生がお話しする

『カメラで楽しく稼ごう』

がございますので、心理学に興味をお持ちの方、午前午後と、両方ご参加されてはいかがでしょうか?

 

 

 




引用元:自分の性格を読み解いて、進みやすくする方法
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


・カメラ教室に高い費用をかけて学んだ

・プロ講座を時間かけて通い続けた

そんなカメラマンさんが、現場に入った時に、まったく学んだことが役に立たないと嘆く時があります。

 

なぜなら、通ってきた教室、プロカメラマン講座で教わることと、実際に出向いた現場で求められる技術が異なっているからです。

 

このことについて、今回解説します。

 



 

先日

「あなたの通った教室やプロカメラマン講座で、プロになれましたか?」

というアンケートを取らせて頂きました。

 

すると、まったくもってプロになれてない方がほとんど。

プロ講座で高い費用が全く役に立っていないのです。

 

 

それは何故か?

その理由は、自分自身がプロカメラマンとして、活動するようになってわかりました。

 

カメラマンを目指すと言っても、大きく分けると以下の2つに分かれるかと思います。

それぞれで、目指せるものがある程度決まってしまいます。

■(A)仕事を完全にやめて、平日に動けるカメラマンさん

■(B)今は平日仕事をしていて、まずは週末の空いた時間からチャレンジしたいカメラマンさん

 

つまり、

あなたの状況と、進む方向にミスマッチがあると、せっかくお金と時間をかけても、役に立たないわけです。

 

 

さらに詳しく解説しましょう。

 



 

===

自分の今ある状態に照らし合わせてみてください。

===

 

■(A)仕事を完全にやめて、平日に動けるカメラマンさん

 ◎対談撮影

 ◎社員証撮影

 ◎スクール系で、平日の幼稚園の昼間の活動スナップ

 ◎ネット通販などの商品撮影

 ◎結婚式の前撮り

 ◎ヘアサロン撮影

 ◎雑誌社などのカメラマン

自分が最も得意とするジャンルで勝負!

面接では、他のカメラマンさんとクリエイティブさを比較するためブックが重視される

 

このような方におススメの講座は

・ライティングでモデルさんを撮る講座

・ライティングで料理を撮る講座

・ライティングで商品を撮る講座

自分の進みたい分野ズバリの講座が役に立ちます。

 

 

 

 

■(B)今は平日仕事をしていて、まずは週末の空いた時間からチャレンジしたいカメラマンさん

 ◎ブライダルスナップカメラマン

 ◎パーティー撮影

 ◎ダンスイベント撮影

 ◎スクール系で土日のイベント撮影

 ◎ライブ撮影

 ◎七五三撮影

 ◎お宮参り撮影

 ◎個人作家の商品撮影

 ◎個人作家の料理撮影

動き回る人物が撮れる動体撮影の技術

人と顔を合わせる場面が多いことから、面接では、意外に人柄が重視される

 

このような方にオススメの講座は

・結婚式場を使って、本番さながらに撮る講座

・パーティー会場の照明を再現して学べる講座

・動きものを撮るテクニックを学べる講座

・体育館やホールなどの施設を使って運動会など撮る講座

デジタル一眼をやっていると、多くの人が声をかけられる分野です。

 

 

 

※他に、プロフィール写真、PIXTAなどでの写真販売がありますが、(A)(B)両方の方が出来ると思います。

 

 

このように、自分がどういう状況にあるかを考えて

教室や、プロ講座をチョイスしたいですね。

 

 

~~~

ちなみに

PhotoFanがご提供する

「イベントカメラマン講座」は

(B)今は平日仕事をしていて、

まずは週末の空いた時間からチャレンジしたいカメラマンさん

こちらにベストマッチした内容にしております。

 

 

動きものの撮影テクニックを中心に、実際に多くのカメラマンさんが求められる



・体育館での運動会

・ホールでのピアノの発表会

・ステージでのダンス発表会

・ライブハウスでのバンド演奏

・セミナー会場での講演風景の撮影

・ライティングを組んで人物撮影

・ライティングを組んで商品アクセサリー、ネイル撮影

 



 

これらを、

実際に施設を貸し切って撮影の実践練習します。

 

これによって、本番の撮影で

・カメラマンが、どこから、何を使って、どう撮れば良いか?

・どう動いて、どう振る舞えば良いか?

・いかに簡単に、プロっぽく、相手が喜んでくれる写真が撮れるか?

などなど、わかります。

 

 

日常的に多いイベントでキレイに撮れるということもあるので

お友達、同僚からも、「頼られるカメラマン」になれます。

 



 

ここで自信を付けた方は、先日説明会をやって頂いたスクールフォトのカメラマン事務所に行っても、ほぼ即戦力になっています。

もちろん、それ以外の分野でも活躍しています。





 

7月2日にスタート!!

カメラマンとして活躍したいあなたを、確実に導きます!!

↓↓↓






引用元:「カメラで稼ぎたいな~」「プロになりたいな~」「撮影の自信が・・・
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


PhotoNextが今日から横浜で始まりましたが、行ってる時間無いし、セミナーも初回からどんどん魅力なくなってるし、まあ、行かなくてもいいや~

 

さて、写真を撮ってて、誰かの「イイね」ばかりを気にしている自分に気づいたこと、ありますか??

 

そんな自分に気づいて悩む。これは、みんな通るところだと思います。

 

自分はカメラマン的に考えると

■自己満足で終わってしまうカメラマンよりは良い

■写真の仕事は、自分の想いより、クライアントの評価が大事

などなどという観点から、他人の「イイね」気にするカメラマンの方が良いかと思ったりもします。

 

 



(※インスタでいいねが付くと嬉しいものです)

 

ただ、行き過ぎた承認欲求に陥ると困ったものです。

度が過ぎた承認欲求は、「承認欲求こじらせ系」と言われたりします。

 

少し前にツイッターや、インスタグラマーなどで、こんなことありましたよね。

・コンビニのアイスの冷凍庫に入ってそのコンビニを閉店に追い込む

・高所に上って写真を撮ろうとして転落

 

承認欲求をこじらせて、事件になることもあるので、承認欲求をコントロールすることも考えなくてはなりません。

 

 

承認欲求をコントロールするには、「他人の目を気にせず、正直に生きる」という考えが必要だと言われます。

イチローは、スイングのスタイルを周りからいろいろ言われても、変えなかったことで知られてます。

まあ、一般的に、自分の心が強い人に限られたりするわけで。。。

 

 

なので、凡人の我々は

「承認欲求は絶対あるものだ」

「承認欲求のコントロールはなかなか難しいものだ」

と認めて生きましょうね~

 

 

とにかく、こじらせないようにすればいいわけです。

こじらせそうになったら、どうするか??

 

 

簡単です

SNSを見ないこと。

SNSに感情を込めないこと。

 

 

カメラマンさんの皆さんにおススメ!!

承認欲求をこじらせないための方法です。

・Facebookはカメラマンとしての自分をPRするためのプラットフォームと考える

・ブログを更新すると自動的にFacebookにUPされる。でも、見る必要はない。

・コメントも受け流す。嫌なことを書かれたらサラッと消す

・クールにブロックを使う

・見ていて承認欲求を掻き立てられる人が居たら「フォローしない」を使い、表示させない

 

これがおススメです!!

 

 




引用元:自己満足より良いじゃん~カメラマンはみんな承認欲求のカタマリ・・・
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)