ポチっとやってちょ! バイク乗りのブログいっぱいですよ。 にほんブログ村 バイクブログ モタードへ
にほんブログ村 にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-02-19 12:42:54

バンコクレポート 2月4日

テーマ:旅行・出張
 
 
まもなく、バンコクの日の出です。
宿泊したホテルからの画像です。
目の前のカマボコみたいな建物は、タイ国鉄のファ・ランボーン駅です。
MRTのファ・ランボーン駅の出入り口もこの画像内に写っています。
こんな近くだったのに、反対側へ散歩に行ってしまった・・・・・・^^;
商業的な中心地は、高層ビルが建ち並んでいるあたりで
国鉄の中央駅付近なんだけど、なんか下町っくなカンジがします。
でも鉄道でアクセスが可能で、便利なところでしたよ。
2名、4泊朝食付きで、¥11108でしたよ。
1泊1名あたり、1388.5エン!驚きの価格で泊まれます。
シャワー、トイレ、ベッド(シングルx2)、冷蔵庫、エアコンと
必要最低限のモノは装備されていました。
五つ星、四つ星ホテルから、私が泊まったクラスまで
予算次第で、どうとでもなります。
バックパッカーな私たちにとっては、バンコクステイのベースとして
充分満足できるホテルでした。
さて本日は、本格的な観光に出掛ける計画です。
 
 
 
 
 
タクシーを拾って王宮にやってきました。
チケットの購入にチャレンジします。
2person
1thousand 
1000バーツ紙幣を出して、チケット2枚ゲットです。
 
 
 
 
 
 
ゲットしたチケットです。
この時点で、どのチケットが王宮のチケットなのか解ってナイ。
さらに、3ヶ所のチケットがセットで500バーツだったみたい・・・・・。
解ってないので、王宮のゲートで全部出して、必要なのを千切ってもらいました。
 
 
 
 
 
とにかくキンキラキンです。
お寺さんなんですが、金ピカです。
日本のお寺とは似ても似つかぬ景色に、ちょっとビックリです。
それと、とにかく暑い、汗が噴き出てきます。
 
 
 
 
アジアチックな建物、建築の構造的にはわからんですが
権力の象徴として、圧倒させられる建造物群でした。
 
 
 
 
プミポン国王が昨年死去されて、まだ喪に服しているようで
あちらこちらに肖像が掲げられております。
黒い礼服を着た参拝の方たちが、この王宮にも大勢いらっしゃいました。
私たち外国人は普段通りの観光をするのですが
前国王がいかに国民に慕われていたのか、わかる気がしました。
宮殿?この建物にも、国王の肖像が中央扉の上に掲げられています。
 
王宮(GRAND PALACE)の入場で1枚千切られました。
次の1枚は、隣接する貨幣博物館に入場できました。
ピンク色のチケットで、
これは、案内表示に気づいて、自力で入場できました。
が、あと1枚がどうしてもわからない・・・・・・・・。
なので、貨幣博物館の受付の女性に
Where ticket use?
と、残った1枚を示して尋ねました。
案内図で、hereと指し示してくれました。
正しく使えなくても、何とかなるモンです。
自分がどうしたいか、何がしたいか伝わればそれで良いワケです。
シリキット王妃の衣装にまつわる展示館でした。
(QUEEN SIRIKIT MUSEUM OF TEXTILES)
これで王宮見学はミッション終了です。

 
 
 
 
 
 
 
隣接するワットポーに徒歩で向かいます。
途中、以前の記事にも挙げましたが警備詰所みたいなところがあり
ポリスが沢山詰めていました。
CBR300とか、アクラポビッチを取り付けたヤマハの車種不明なんですが
塗装がカッコ良くないですか?
ポリス用の塗装?市販車塗装色?
日本でいう白バイに相当するの?
これで交通取り締まりするの?
それともポリスマン個人の車両?
でもナンバー無いし・・・・・・・。
気になる~~~~~~~~(笑)
 
 
 
 
 
ワットポーです。
横になった仏さまがいるお寺です。
とにかくデカイ・・・。
確か入場料は100バーツだったと思います。
 
 
 
 
 
サイズ感わかりますか?
パンフレットなどでは見たことあったのですが
ここまでデカイとは、想定以上でした。
それと、金ピカです。
 
 
 
 
 
寝仏の裏側に来ました。
建物内にシャリン、シャリンって音がしていたのですが
これです。
0.1Bコインを順番に投げ入れていきます。
多分、願い事を念じながら投じるのではないか、と思えたので
家内安全、交通安全、商売繁盛、ボーナス増額、バンコク旅行安全
宝くじ当選・・・・・・・・思いつくだけ念じてきました(笑)
1カップ20Bだったのですが、200枚もあったかなぁ~
でもかなりありましたよ。
銅製の壺?に投げ入れるので、シャリ~ン、シャリン、シャリンという音が響きます。
 
 
 
 
 
 
 
ワットポーの入場券には、水のペットボトルが1本付いていました。
寝仏を見学して建物の外に出て交換してきました。
そのペットを撮影したつもりなんですが
奥の女性にピントが合っている写真になりました。
カメラもその方がgoodだと認識したんでしょう・・・・・・・(笑)
 
これでワットポー見学ミッション終了デス。
 
 
 
 
 
 
次に向かう先は、チャオプラヤ川を渡ったところにあるワット・アルン
三島由紀夫の小説『暁の寺』の舞台となったことで有名らしいです。
ワットポーから徒歩で5~6分、路地の奥に渡し舟乗り場があります。
この人がチケット売りと思われる女性に
指を2本立てて、2personと云ったら理解してもらえたようで
4Bx2=8B払って渡し舟に乗り込みました。
 
 
 
 
 
 
 
チャオプラヤ川、バンコク観光ではとても重要な役目をはたします。
色々な船が行き交っています。
向こう岸までは、ほんの数分でした。
 
 
 
 
 
 
ワット・アルンの入場券をゲットしました。
50B、160エンです。
チケットのゼロに写ってるのは10B硬貨、
10B硬貨が5ケ、解りやすいですね。
 
 
 
 
 
補修工事をやってるみたいで
足場が塔の頂上まで組んでありました。
塔の装飾部分、けっこう丁寧な仕事がしてありましたよ。
 
 
 
 
普段なら、塔の中段くらいまでは登れるそうなんですが
工事中のため最下段まででした。
ここワットアルンでは、お坊さんが無料で密封カップの水を配っていました。
とにかく暑いので熱中症防止用に水分補給して下さい、ということですね。
2本いただき、1本はその場で飲み、
もう1本はペットボルトに移し替えて携行用にしました。
水を携行していないと、喉の渇いた時に困ってしまいます。
ホテルを出るときに部屋に補充される水を2本持参して出かけます。
 
この時点で17時くらい。
次はちょっと離れたところにある、
カオサンロードというところに行こうと思います。
移動手段は成り行きで、特に考えていませんでしたが
改めて地図を確認すると、
チャオプラヤ川で移動するのが便利のようです。
どこから何行きの船に乗ればよいのか・・・・・・???
 
尋ねるしかありません。
「Where for Khaosan RD.」
手で方向を示され、「No2」
「thank you」
乗り場に行って
「Khaosan RD. 2person」
「eighty」
 
80B支払って目的達成
 
 
 
 
 
チャオプラヤ・ツーリストボート
この船で向かいます。
結構細かなサイクルで運行しているみたいで
5分程待ったら来たようで、先ほど料金を支払った方が
合図をしてくれました。
 
 
 
 
 
 
ちょっと離れた位置からの遠景が、ワットアルンってよくわかります。
ワットアルン船着き場を離れます。
 
 
 
 
 
 
船の様子はこんなカンジです。
結構大きな船で、100名くらいは乗れそうに感じました。
風を感じて、渋滞も喧騒もなく気持ち良かったです。
 
 
 
 
 
 
運行案内板が掲示してありました。
上側の4本の経路図がチャオプラヤ・エクスプレスボート
どちらかいうと市民の脚、もちろん観光客も利用可能です。
下側の1本が、チャオプラヤ・ツーリストボート
今回乗船した船で、その名の通り観光客向けの移動手段のようです。
見渡したところ、地元民は見当たらず、100%海外からの客人でした。
また運行速度もゆっくりで、案内のアナウンスを流して
周囲の説明をしているようでした。
ようでしたというのは、アナウンスはもちろんタイ語と英語で、
細かな内容は理解できず、なんとなくここの案内なんだろうな~・・・。
海外に来るといつも思うのですが、
英語で普通に会話出来るようになりたい・・・・・。
でも何にもしませんけど・・・・・^^;
 
 
 
 
 
 
 
 
画像データから、乗船時間はおよそ10分
カオサンロード最寄りの、
Phra Arthit (プラアーチット)に着きました。
 
 
 
 
 
 
カオサンロードにプラプラと歩いていく道すがらMSX125を発見。
旧型で基本的には我が家のグロムと同じ型です。
ほぼノーマルですが、一部タイ仕様で細かな部分でグロムとは違います。
 
 
 
 
 
 
小腹が空いたのと、一休みするためにお店に立ち寄りました。
解放感あるオープンな店構えで、
欧米人が沢山いて雰囲気がとても良かったです。
先に飲み物が運ばれてきました。
 
 
 
 
 
細い路地に面していて、喧騒もなく落ち着けて、
路地に対して幅が広く、奥行きもあり
とてもリラックスできる空間でした。
宿泊も出来るようなので、次の機会があれば、ここでも良いなと思いました。
 
 
 
 
 
 
名前は忘れましたが、パイナッポーチャーハンとでも言いましょうか。
美味しかったです。
ビール大瓶1、オレンジジュース1グラス、パイナッポーチャーハン1
合計で330B(1060JPY)、安いです。
 
 
 
 
 
 
バンコクなんだけど、欧米人率高く、ここはドコ?
ゆったりとした時間が流れています。
 
 
 
 
 
 
ニューMSX125発見!
なぜナンバー無いの?
 
 
 
 
 
 
パイナッポーチャーハンでは少し物足りず
2軒目に寄りました。
トムヤムクン、
辛味と酸味、複雑な香りが特徴的な、有名なタイ料理です。
ちょっと酸味が強く、食べられないことはなかったけど
美味しいとは感じませんでした。
でも食べないとわからないし、本場に来たなら食べたいですよね。
 
 
 
 
 
 
 
欧米女子が写真付きメニューで検討中です。
私たちも、こんなカンジで食べられそう、値段も手ごろ
雰囲気も良し、で入ってきました。
なので注文は、指さしでOKです。
 
 
 
 
 
 
欧米人率高いです。
 
 
 
 
ホテルに帰ることにしました。
ツゥクツゥクが客待ちしていましたので、
iPhoneで地図を見せて行先を示して、行けるか?と尋ねて
okとのことなので値段交渉です。
How much?
200B(ドライバー)
No No discount please 100B
150B → 120B → 130Bで握手しました。
この値段交渉、iPhoneの電卓機能を使って行いました。
使えるものは何でも使います(笑)
 
 
 
 
 
 
交差点を曲がっている最中に、スケボーの少年が車体のポールを掴んできました。
遊びなんだろうけど、ドライバーは全くお構いなし!
こっちも酔っ払いなので、こんなのアリ~~!と叫んで・・・・
 
 
 
 
 
 
しばらく引っ張ってもらって、離脱していきました。
少年、わたしの合図に手を挙げて笑ってましたよ。
私たちも良い経験をさせてもらいました。
生のバンコクを感じられたひと時でした。
 
 
 
 
 
ツゥクツゥクは初めて乗りましたが、解放感がとてもgoodデス。
風と音と車体も小さいので、速度以上に速く感じます。
トランスミッションは前進4段、後退1段だそうです。
ドライバーに尋ねてみました。
このマシンは4サイクルエンジンでサイレンサーから
低い良い音がしていました。
街中で見かけたのですが、2サイクル車(のように聞こえた)も
走っているようで、この車両は惚れ惚れするような良い音でした。
 
 
 
 
 
ホテル到着です。
初ツゥクツゥク、少年のおかげもあって結構エキサイティングでした。
とってもフレンドリーなドライバーで、写真撮っていいよと言ってくれたので
こんな1枚も撮ることが出来ました。
130Bで握ったのですが、140B渡してきました。
改めて、生のバンコクを感じることが出来て
良い時間を過ごすことが出来ました。
2日目の、全ミッション終了デス、でも疲れた・・・・・・^^;
 
 
 
 
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-02-18 13:54:29

バンコクレポート 2月3日

テーマ:旅行・出張
 
 
 
現地、バンコクのホテルからタブレットにて2回アップしましたが。
自分の覚えとして、何回かに分けてレポ記事をアップいたします。
長くなると思いますので、興味の無い方は
流すか、飛ばすかでお願いします。
今回から、iPhoneを投入いたしますので
まずWiFiをレンタルいたします。
改めてですが、ネットは便利ですねぇ~。
必要事項を記入し、カード決済手続きをすれば何でも手配できます。
このイモトのWiFiも、ポチッとして、空港で受け取るだけでした。
目的は現在地確認と情報検索なので
3Gプラン、2/3~/7の5日間で3940円でした。
 
 
 
 
 
 
去年4月の台湾以来の、中部国際空港です。
JALの搭乗受付カウンターです。
春節の終わりかけで、
またJL883上海、JL821台北の出発と重なった時間帯なので
中国の方で激込みの搭乗受付カウンターです。
 
 
 
 
 
 
JL737バンコク線のエアークラフト
機体記号JA825J、ボーイング787-8です。
翼端が少し跳ね上がった形状が特徴的ですね。
中部国際空港にはその初号機を展示する複合型施設が
2018年夏にオープン予定だそうです。
その初号機、画像左奥上側に小さく写り込んでいますよ。
 
 
 
 
 
 
私たちが乗ったJL737が滑走路手前で待機している時
偶然ですが、ドリームリフターが着陸してきました(驚)
787の胴体の一部、翼だったりを
米国シアトルまで輸送するボーイング社の貨物機です。
 
 
 
 
 
 
セントレアの駐機スペースでは、よく見かけるのですが、
動いているのを見るのは初めてかも・・・・・。
ずんぐりむっくり、なんかツチノコみたいですね。
ドリームリフターの着陸待ちだった、JL737ですが
バンコクに向けて離陸です。
 
 
 
 
 
 
 
787の機内、エコノミークラスの座席の様子です。
2+4+2の6席、通路2本です。
国際線の機体には、パーソナルモニターが標準でセットされています。
また、787はタッチパネル方式で、リモコンは見当たりませんでした。
 
 
 
 
 
 
 
翼端が美しいです。
高度11000m付近を飛行中です。
パーソナルモニターには様々な情報を出すことが出来るのですが
今回ちょっとびっくりしたのは、向かい風207km/hという情報。
西から東にジェット気流が流れているのは知っていましたが
207km/hならジェット気流という呼称が相応しいんですね。
207km、その昔乗っていたGOLF GTI16Vなら出せましたが・・・。
元保有マシンでは、到底ムリです・・^^;
 
 
 
 
 
 
 
沖縄本島付近を飛行中の12;30頃に機内食が出ました。
私のは、豆ごはんと肉じゃが、サラダ、野菜のあえ物、フルーツ
食後にはハーゲンダッツも出ましたよ。
飲み物はお替り自由なので、サッポロ派の私は
エビスを合計3本、赤ワインを1本・・・・沢山いただきました・・^^;
 
 
 
 
 
 
 
 
カミさんのは、ナポリタンスパ+ハンバーグ、ロールパン付き。
他は同じで、カップに入ったお味噌汁がなかなか良い味でしたよ。
 
 
 
 
 
 
宮古島と石垣島の間にある、
多良間島(中央)と水納島(右上方)
 
 
 
 
 
 
 
台湾島の最南端部をかすめて飛行中です。
 
 
 
 
 
 
 
一旦、海上に出てUターンしてきました。
バンコク、スワンナプーム国際空港に着陸直前です。
 
 
 
 
 
 
「微笑みの国・タイランド」到着です。
もちろん、初タイ、バンコクになります。
バンコクの玄関口・スワンナプーム国際空港のイミグレーション
パスポートコントロールです。
すごい人でした。
微妙にじゃなくて、かなり蒸し暑い・・・・(υ´Д`)アツー
そして、日本のニオイじゃない。
普段はニオイなど意識することは無いのですが
海外にくると、何となく感じます。
 
 
 
 
 
 
イミグレを通過、スーツケースをピックアップして
空港内に出てきました。
そして、今回の旅行も自力で何とかしないと前に進めません。
台湾の時もそうでしたが、まず外貨両替をしなくてはいけません。
事前リサーチで、空港内鉄道駅近くのここのお店が
レートが良いという情報でしたのでやってきました。
 
money exchange please
諭吉さん4人を出します。
パスポートの提出を求められます。
すると計算書を作って、これにサインしてください、と渡されます。
漢字で署名して戻します。
レシートとタイのお金を渡されます。
thank you!
 
こんなやり取りで、ミッション終了です。
40000エン/12380バーツ=3.23円/バーツ
というレートでした。
参考までに、セントレアでの交換レートは3.75円/Bでした。
40000/3.75=10666バーツ
12380-10666=1714バーツも差がでます。
海外に行くとき、日本の空港での外貨両替
私は余りお勧めしません。
 
この時点で、15:45(BKK時間)なので
ホテルを目指します。
 
 
 
 
 
 
スワンナプーム国際空港には鉄道が乗り入れてます。
そのシティーラインで、スワンナプーム国際空港→マッカサン駅、
連絡通路を歩いて
MRT(地下鉄)にてペチャブリ駅→ファ・ランポーン駅
と乗り継いで来ました。
ファ・ランポーン駅の出口です。
切符の購入、改札のくぐり方、案内表示・・・・
事前リサーチ済みとはいえ、相変わらずの突撃移動です(笑)
でも何とかホテル最寄りの駅に到着しました。
ここまで特に問題なく来れたのは出来過ぎかも・・・。
 
が、ここで大問題が発生。
この場所からホテルはどっちだ?
iPhoneで位置確認はできたのですが、
何と全く反対側に歩き始めてしまいました・・・・・・・・。
行けども行けども、リサーチした景色は現れない。
こりゃおかしゾ!反対じゃね!
180度反転して、今まで歩いてきた道を戻りました。
なんと、リサーチ済みの景色は建物の影に隠れていただけ・・・(´_`。)
最新機器を投入したつもりが、大チョンボでした。
私はアナログ的に行動するのが合ってるかも・・・と思いました。
 
結局、ファ・ランポーン駅の出口からホテルは5~6分だったのですが
スーツケースを引っ張って、約1時間バンコクの街を散歩!してきました(笑)
で、ホテルチェックインです。
私の、ナンチャッテ・ワンフレーズ・イングリッシュで手続き完了!
最上階、715号室でした。
荷ほどきして、着替えて中華街に出ようと思い
とりあえず一息つくべく、暑かったのでエアコンを付けようと
リモコン、ピッ・・・・・・・・・・・・・・・付かない、何で・・?
EV前に兄ちゃんがいたので、
リモコン持って、エアコン付かないよ!NG・・・!
とアピールしたら、どこからか電池を持ってきて交換、しかしNG
すると隣の部屋からリモコン2、3個持ってきて、ピ・・・・・。
おぉ~~、ついたぁ~~!
サンキュー、サンキュー・・・・・・・・・(^_^;)
バンコククオリティーの小さなハプニングでした。
 
 
 
 
 
 
 
1時間の散歩、エアコンハプニングでちょっと海外らしくなって疲れましたが
夕ご飯を食べに出ないといけません。
歩いてすぐのところに、ヤオワラート通りという中華街があり
散策がてら出掛けました。
中華街は世界中こんなカンジです。
エネルギッシュでごちゃごちゃしてて、何でも売っていて
路上で調理してて、何となく独特なニオイがしてきます。
 
 
 
 
 
食べられそうなモノを探して歩くのですが・・・・・
これなら食べられそう、串パイナッポーです。
5,6本で20バーツ、65円ほどでした。
加糖されてない、果物としての味でなかなか良かったです。
 
 
 
 
 
 
とても美味しそうで、食べたかったのですが、
かなり並んでいたので、やむなくスルー
 
 
 
 
 
 
パートンコー
バンコク名物らしく、揚げパンとのことです。
美味しそうだったので買ってみることにしました。
指さしで1つ下さい、との合図で通じたようで
必要数量を揚げてくれてます。
トッピングは何にする?
と聞かれたような雰囲気がしたので、ミルクと
カタカナ日本語発音で云ったら通じました。
 
 
 
 
 
意外と、というかメッチャ美味しいです。
値段は30B、100円くらいでした。
サクッと揚がっていて、コンデンスミルクが良く合う!
で、肝心の夕飯は、食べられそうなのを見つけられなくて
バンコクまで来て、セブンイレブンにてカップ麺、ビール
パンなどを調達して、結局ホテルで食べました・・・・^^;
 
 

 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-02-05 23:00:25

バンコクで見かけたバイク

テーマ:旅行・出張
 
 
police と書かれている、CBR300
なぜかナンバーが付いて無いのです。
 
 
ポリスマンの2ケツ走行です。
これは、王宮周辺の一般車封鎖中道路で撮影しました。
 
 
 
ショッキングイエローのMSX125、和名グロムです。
こんな色って日本で発売されてましたっけ?
何気に目立ってカッコ良いです。
 
 
 
これも目立つ!
 
 
珍しいっていうか私は初めて見ました。
CRF250RALLY。
 
バンコクでは比較的中、大型バイクを目にします。
しかもかなりカスタムしてあり、爆音で走り抜けていきます。
 
半分以上はスクーターなんですが、4人乗りを目撃しましたので
中国同様、定員は乗れるだけのようです。
MSX125は生産国だけあってよく見ます。
取り留めもなく書きましたが、
バンコクでは、2輪車の市民権はかなりあると感じました。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-02-05 08:54:26

STAY IN BANGKOK

テーマ:旅行・出張
 
 
 
 
 
久しぶりの更新になります。
只今、バンコクに来ております。
相変わらず、何とかなるだろう精神の突撃旅行です。
何度か、あぶら汗はかきましたが、何とかなっています。
バンコク観光の定番観光施設、王宮です。
キラキラです。
 
 
 
         
 
 
年休をいただきまして、2/3(金)~/7(火)の予定で来ております。
暑くて暑くて、もう大変です。
 
 
 
 
 
ポリスがこんなバイク乗ってます。YAMAHAの何でしょう?
HONDAのCBR300も乗ってました。
ちゃんとPOLICEって書いてありましたよ。
 
 
 
 
 
ワットポー、超巨大な横になっている仏さまです。
 
 
 
 
チャオプラヤ川を渡って、ワットアルンに向かいます。
 
国際観光都市バンコク、エネルギッシュな都市です。
欧米人観光客がとても多く、タイなんだけど
アジアチックなんだけど、ブロンドの美女がメッチャいる
なんか無国籍な雰囲気がします。
ただ2月なんですが、真冬の日本から来た身には暑すぎです。
湿度もあり、熱が上手く放熱できずに
顔が火照ったように赤くなっています。
ガイドブックでは、英語は余り通じないとの記述もありましたが
意外と通じましたよ。
なので、私の怪しい英単語並べるナンチャッテ英語で
今日も突撃観光に行ってきます。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-12-23 15:31:09

タミちゃん

テーマ:日々の覚え

 

 

タミフル 最後の1カプセルです。

本日夕方に飲んで、終わりになります。

 

インフルエンザでダウンしていました・・・・・・・・(´д`lll)

ウイルスの餌食になったと疑われるのは

先週の土曜日に行った親戚の告別式で、

ほぼ間違いないです(自覚あり)

夕方帰宅後、「アレ、何かおかしいなぁ~」

念のため、手洗い、うがい、鼻孔洗いをしたのですが

どうも手遅れだったようです。

本格的に症状が出始めたのは、翌日曜日のお昼ごろから・・・・・。

急速に、悪寒、全身の節々が痛い、内臓のあっちこっちが痛い、

発熱(max 37.8、平常時36以下)等

過去に経験したことのない状況になってきました。

「コレはヤバイかも、ひょっとしてインフルもらってきた・・・?」

日曜の夜は朦朧として、でも寝てしまいました。

 

明けて月曜、家人が出払った後、全身が痛む中で支度をして

キュートなオレンジエッセ号で、かかりつけの医院に行きました。

ですが、週末明けで激混み・・・・、受付けのみ行い、一旦帰宅しました。

2時間後に出直しで、処置室に隔離、診察1分

鼻孔にインフル検査用綿棒のようなものを突っ込まれ

陽性判定、インフルエンザA型とのことでした。

「5日間は外出せずにじっとしていて下さいね カナヘイハート

チョー美人の受付のお姉さんに言い渡されましたので、素直に

「インフルエンザウイルスと戦うため(笑)、今週いっぱい休みます。」

のTELを上司にして、ぐーたらな休暇に入った次第です。

 

インフルエンザウイルスが暴れ回ったピークは

日曜お昼頃~火曜日いっぱいくらいでした。

で本日、まだなにかおかしいですが、とりあえず動けるようになりました。

私はグータラしてただけですが、前述のタミちゃんが

インフルエンザウイルスの制圧に成功したっぽいです。

 

だがしかし、私、インフルエンザの予防接種、しております・・・・・^^;

調べてみると、ワクチン接種は、感染予防より重症化の予防に重きがあるらしく

 

>健康な成人でも感染防御レベルの免疫を獲得できる割合は70%弱

>感染防御レベルの免疫を得られなかった者の中で発症しても

>重症化しないレベルの免疫を獲得している割合は80%程度とされる

(以上、wikiより引用)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%AB%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B6

 

重症化、どこから重症なのかですが、

私的には、ここ数十年生きてきていちばんヤバイかも・・・・って思いましたので

重症の部類に混ぜてもらってもいいと思うのですが・・・・・・・。

っていうことは、ワクチン接種、まったく効果無し!の6%の人たち・・・・・・・・・(´_`。)

(残30% x 残20% = 6%)

週末2日間静養して、月曜から出勤しますが、

水曜(12/28)から冬休みなんですよねぇ~・・・・・・・。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。