最近やたらと小鼻縮小のX-Plastyの手術が多いのですが、多分「どうしても見えるところは切りたくない。でも少しでも小鼻を小さくしたい。」と思っていらっしゃる方が色々と検索してX-Plastyという方法にたどり着き、X-Plastyを行っているクリニックは限られているので当院にお見えになるのだと思います。まずは手術前のお写真です。

IMG_7810.JPG

患者様は40代の女性です。小鼻に対しては粘膜内のX-Plastyを行い、プチ鼻尖は鼻の向きを下げる方向にルルコ(溶ける糸)を3本、鼻先を細くする方向に3本挿入しました。術後6日後のお写真です。

IMG_8031.JPG

写真のサイズが同じではなく大変申し訳ございません。鼻先の向きはイイ感じに下に下がり、鼻の穴が目立たなくなったと思います。手術前の下からのあおり写真です。

IMG_7812.JPG

術後6日後の下からのあおり写真です。

IMG_8034.JPG

これもまた写真のサイズが同じではないのですが、鼻先が少し尖って鼻の穴の形が変わっているのがお分かり頂けるでしょうか?手術前の横顔です。

IMG_7816.JPG

術後6日後の横顔です。

IMG_8037.JPG

横顔の写真だと鼻先が下に向いて尖ったのが良くお分かり頂けると思います。今後の経過もアップします。

 

X-Plastyを希望する方はとても多いのですが、通常の小鼻縮小術と比べて出来る形が限定されてしまうので、本当は私としてはX-Plastyよりも普通の小鼻縮小術をお勧めしたいところです。X-Plastyが適しているのは、鼻の穴は大きくなく、小鼻の下の方は狭くて鼻翼の真ん中が膨らんでいるタイプの方です。ご自分がどの方法が向いているのかわからない方にはきちんとカウンセリングでご説明を致しますので、お気軽に無料のカウンセリングにお越し下さい。

 

プチ鼻尖は、糸を挿入する方向によって主に鼻先を細くするか、鼻先を下に向けるか、糸を重ねることで少し鼻を高くするかを選んで頂くことが出来ます。鼻のヒアルロン酸注入での合併症報告があり、溶ける糸で鼻を高くするというのはそのような合併症の危険もなく良い方法だと思います。糸が半年くらいで完全に溶けてしまっても、糸の周りに出来たご自分のコラーゲンは残っているので、全く元に戻ってしまうわけではありません。

 

当院では小鼻縮小術は25万円(税込み27万円)、X-Plastyは15万円(税込み16万2千円)、プチ鼻尖は20万円(税込み21万6千円)で施術を行っておりますが、いつものお約束通り(笑)「ブログを見た」と言って頂ければ10%オフにて施術致します。また、この患者様のように患部のお写真を提供して頂ければ施術費用が30%オフとなるモニター患者様も募集しております。

 

この施術に関する過去の症例記事がございます。左カテゴリーより選択の上ご覧下さい。

 

あきこクリニックTEL03-5717-3444またはメールinfo@akiko-clinic.comまでご連絡お待ちしております。当院ホームページはhttp://www.akiko-clinic.comです。

ランキングに参加していますので
こちらをクリックして下さい★
↓↓↓↓↓↓
http://beauty.blogmura.com/  

AD

昨日も月曜日の休日を返上してJAAS東京ライブフォーラム2日目に行ってきました。昨日は私は発表もライブサージャリーもなかったので、ひたすらお勉強です。DRXヒラハタクリニックの平畑先生のがん遺伝子に関するお話も興味深かったですし、アクアリフト・アクアフィリングの安全性に関するお話や、聖心美容クリニックの木塚先生によるアクアフィリングの臨床経験に関するお話も、その後のライブサージャリーも大変勉強になりました。

 

木塚先生のライブは、「このオペをいっぱいやっている先生!!」という感じの手際の良さで、私にとってのスレッドリフトのオペのような感じでした。一昨日のライブの池田先生の切らない眼瞼下垂(LT法)の手術も、すごく簡単そうにとっても難しいことを軽やかになさるので、見ているだけだと「私にも簡単にできるのではないか?」と勘違いしそうになりますが、実は切らない眼瞼下垂の手術を確実に戻らないように行うのはすごく難しいのです。

 

手術の上手な人というのは、すごく簡単そうにきれいにオペをするので、外から見ているだけでそのオペをやったことがない人は「なんだ簡単じゃん‼」とすぐに自分も出来る気になってしまうのですが、実際に自分がやってみるとその難しさに狼狽えてしまいます。

 

オペに限らず、本当にすごい人というのは「白鳥」なので、水面下でバタバタと足を動かしていることは周囲に気付かせずに悠然と美しい姿だけを人前に見せていると思うのです。私は未熟者なので、バタバタともがいている様子を周囲の人に見せてしまうのですが、本当にすごいのは努力していることを周囲に悟らせない脇田加恵先生(毎朝5時に起きて英語の論文を2~3本読むことを自分に義務付けています)や池田欣生先生(一昨日のライブでもLT法の難しさについては一言も触れませんでした)のような人だと思います。私ももっと精進しないと!!一昨日・昨日に学んできたことをすぐに今日からの診療に活かしますね。

 

お昼は学会のお弁当では味気ないので、みーちゃんと千香先生とイタリアンに行きました。

iPhoneImage.png

品川に勤務している主人に教えてもらったイタリアンは、レディースランチがとても美味しかったです♡

 

あきこクリニックTEL03-5717-3444またはメールinfo@akiko-clinic.comまでご連絡お待ちしております。当院ホームページはhttp://www.akiko-clinic.comです。

ランキングに参加していますので
こちらをクリックして下さい★
↓↓↓↓↓↓
http://beauty.blogmura.com/  

AD

昨日は日曜日の休診日を返上して、品川で行われた「第7回JAAS東京ライブフォーラム」に行ってきました。私は午前中に「ヒアルロン酸注入のトレンドと優位性について」という発表を行い、午後にはヒアルロン酸注入のライブを行いました。

iPhoneImage.png

発表は実は5月に行われた日本美容外科学会の時の内容と全く同じなのですが、あの時は持ち時間が少なくてマシンガントークになってしまったので、今回はゆっくりわかるようにやって欲しいというご要望があり、パワポは全く同じで講演させて頂きました。なかなか好評のようだったので、良かったです。

 

眼瞼下垂に関する柿崎先生のご発表や、韓国の先生方のご発表も大変勉強になりましたし、開業に関するフリートークでは仲良しの脇田加恵先生や以前の職場でお世話になっていたゴールドマンクリニックの高橋金男先生のお話がとても面白く、参考になりました。開業医は良き医師であるとともに良き経営者でなければなりませんからね。

 

学会終了後は懇親会です。

iPhoneImage.png

その後は仲良しの長崎の千香先生と加恵ちゃんとみーちゃんと一緒に河岸を変えて飲み直しました。

iPhoneImage.png

ムール貝の美味しいお店でした。

 

本日も頑張って一日お勉強してきます。

 

あきこクリニックTEL03-5717-3444またはメールinfo@akiko-clinic.comまでご連絡お待ちしております。当院ホームページはhttp://www.akiko-clinic.comです。

ランキングに参加していますので
こちらをクリックして下さい★
↓↓↓↓↓↓
http://beauty.blogmura.com/  

AD